ミルダム お金。 【Mildom】ミルダム公認配信者になる方法!新ランキング制度とは?

ゲーム配信でお金を稼ぐ!?Mildom(ミルダム)の波に乗れるギリギリのチャンスかもしれない話|Tomoyuki|note

ミルダム お金

審査の結果、申請が通りました。 詳細はこちらの記事で書いてます。 どうも。 鳥の爪団 総統です。 筆者は をしています。 現在のチャンネル登録者数は約60000人です。 興味を持った方は是非見に来てくださいね。 Mildomは500円の配信者報酬をこの業界を大きくするきっかけと考えています。 日本に根付き始めたe-Sports・ゲーム配信の文化を大きくするために力を注いでいます。 好きなゲームで生きていく時代のために、皆様のご参加をお待ち致しております。 【目次】• Mildom ミルダム とは ゲーム配信に特化したライブ配信プラットフォームです。 中国のライブ配信アプリ「DouYu」を日本版に改良し、高画質・低遅延の配信を可能にしました。 誰でも時給500円がもらえ、投げ銭システムもあります。 中国の「DouYu」と日本の「三井物産」が手を組み、このMildomが設立されたようです。 本当に時給500円がもらえるのか? どういった仕組みで企業に利益が発生するのか気になるところですが、中国の配信プラットフォームということなので、初期投資として巨大な資金を利用していそうです。 BuzzVideo、オープンレックなどもそうでしたが、動画配信プラットフォームに参入する企業は、初期にお金をばらまくような戦略で知名度を上げることが多いです。 以前取り上げたバズビデオに関してはこちらの記事も参考にどうぞ。 ミルダムのビジネスモデルとは ミルダムに関しても、まずは知名度を向上させてから 「投げ銭の手数料」や「広告枠を企業に売る」などして利益を上げていくのではないでしょうか。 時給システムということは裏を返せば、 「どんなに配信に人が集まっても配信者の収入に大きい変動がない」ということになります。 YouTubeとは違い、配信できる時間や人数にはある程度限りがあるので、どれくらい経費が必要になるか目処が立ちやすいシステムだと言えます。 また、ミルダムはeスポーツ分野でのビジネスチャンスを狙っているようですね。 審査基準・応募方法は? ミルダムの審査基準は比較的甘いようです。 YouTubeで生放送経験のあったチャンネル登録者100人未満の方でも審査を通過した事例もあると言われています。 ゲーム配信でお小遣い稼ぎをしたい方必見です。 応募条件・ルールは以下のとおり。 応募条件 性別・年齢不問 (未成年の人は必ず保護者の同意が必要) 配信ルール 無言配信は禁止。 視聴者と積極的にコミュニケーションを取ること。 ・配信時間:15歳未満は5時~20時まで 18歳未満は5時~22時まで 配信報酬• ・配信 1時間毎に500円• ・時給500円からのスタート、配信者のパフォーマンスに応じて、 最大時給1,500円まで昇給• ・1日 最大4時間分までが支払い対象• ・1日 最低1. 5時間以上の配信が支払い条件• お支払い方法:別途銀行口座を登録 実際に応募してみました 筆者も実際に応募してみました。 審査には数日かかり、後日入力したメールアドレスに審査結果が届くようです。 審査結果が出たら後日記事などにしようと考えています。 詳細はこちらの記事で書いてます。 視聴者数に関係なく、配信をするだけで稼げるのはいいですね。 まとめ いかがだったでしょうか。 今回ご紹介したミルダムはまだ始まったばかりのサービスですが、既に5000人以上の応募が集まっているとのことです。 配信者の応募がおかげさまで5,000人に到達しそうです!皆様のご応募ありがとうございます!審査結果に関しては通過された方からご連絡差し上げております。 稼ぐという点においては、こういったプラットフォームは初期に波乗りした方がよい事例が多いので、気になった人は要チェックです。 日本のeスポーツ分野が今後どんな発展をしていくのか目が離せませんね。 今回は以上です。 是非こちらもチェックを。 記事の更新告知は でしています。 こちらも是非フォローお願いします。 また別の記事でお会いしましょう。

次の

初心者にミルダムはおすすめ?他配信サイトの比較

ミルダム お金

配信者のルール• 無言配信は厳禁。 放置などもダメ。 視聴者も無視しないこと。 時給は500円• 1日あたり1. 5時間の配信が必須• 時給は4時間分まで• 4時間以上配信してもOKだがそれ以上配信してももらえるお金は変わらない• でもその保証も2020年になって崩壊することに。 増えすぎた公認配信者とその代償とは? ミルダムはでっかい広告を打たない代わりに公認配信者をたくさん増やして認知度を上げるマーケティング戦略をとったんだ。 その結果ミルダムでは「加藤純一」がNGワードとかいう噂もwww で、変な広告を打つよりも効果があったためか、多くの配信者がミルダムに集まってきたわけですよ。 そうすれば質の低い配信者や超不人気配信者でもルール通りにゲーム配信していれば時給を払わざるを得なくなるわけで。 ある程度人が集まるようになって認知度も上がったためか、2020年になってついに配信者にふるいをかけようとしているのだ!その結果運営は次に紹介するシステムを生み出した。 このL1ランキングで上位400人に入賞できないと報酬剥奪という恐ろしい状態になる予定。 この上位400人ってのは俺が調べてわかった数字だから実際本当なのか確信は持てないけど、運営のさじ加減だからどんどん絞られる可能性もあるってことを頭に入れておいて欲しい。 これまでは時給500円をもらえていた無名配信者は根こそぎここで脱落ってわけ。 逆に言えば一応ランキング上位に入れれば新入りでも公認配信者になれて時給ゲットできるわけだけど、それは夢物語でしょw 軽く応募してちょっと審査に通れば公認になれた時と比べれば、ハードすぎるってわけです。 ミルダムでのお金稼ぎはやめるべき理由 ここまで来ればもうわかっていると思うけど、ミルダムが甘かったのは2019年末まで。 2020年からは新体制となって報酬制度が別物になったから本当に厳しい。 でもさ、よく考えてみるとこれまでの時給500円も相当やばいと思う。 そもそも時給500円って底辺 「ミルダムがおすすめ!」みたいな記事を見ると お金のない大学生にぴったりだとか書いてある。 でもちょっと待って欲しい。 本当にお金のない大学生にぴったりの仕事なのか?冷静に考えてみよう。 そもそも4時間で2000円しかもらえない最底辺の報酬• ゲームをしながらちょっと話すだけなので社会で使えるスキルはほぼ身につかない• 好きだったゲームに義務感が生まれるので楽しめる要素が少なくなる 貴重な時間を無駄にしていないか? お金のない大学生や20代のピチピチの若者が4時間ゲームして報酬2000円? あなたの4時間ってそんなに安いの? まぁ確かにちょっと喋りながらゲームしているだけで貰えるって考えると一瞬お得なように思えなくもないけど、 あなたのその4時間はハッキリ言ってこんな目先の500円に縛られるような安いものではないです。 お金が欲しくてやっているんだったらもっとお金になることっていっぱいあるしスキルの身につくものだってたくさんあるでしょ。 こんなのに固執しているとお金ない状態から脱出なんてマジで出来ないよ。 ビジネスとして考えている?それならミルダムなんてプラットフォームをメインに利用しようとするのが間違い。 ゲーム配信をビジネスとして行うなら今はYouTubeを柱にするのが好ましいっす。 視聴者の絶対数や 収益の上限幅がまっっっっっったく段違いだよ。 そもそもミルダムの配信者の上位陣はYouTuberとして掛け持ちしているしな。 「毎日4時間ゲームやるより資格の勉強したり英語の勉強してた方がよかった!」ってならないようにしような! 何事も仕事になると楽しさは優先できない やっぱり仕事って「楽しい」よりも優先するべきことって多いじゃん。 俺もスロットでがっつり稼いでた時期あるけど、あの時も好きな台は打てないから義務感がかなりあったね。 そして勝つのが当たり前になると打つのが苦痛でしかたなかったw それはゲーム配信でも一緒。 楽しいよりもまずたくさんの視聴者にみてもらうことが重要だから、自分の1番好きなゲームではなく視聴者が興味のあるゲームを選ぶ必要がある。 加藤純一とかもこうクラスになればマイナーゲームでも人集められるけど、無名配信者は絶対にムリ。 トレンドにのってまずは知名度を上げないとだよね。 ミルダムは視聴する側なら優秀なサービス.

次の

【Mildom】ミルダム公認配信者になる方法!新ランキング制度とは?

ミルダム お金

はいどうも!俺僕です!今回は雑記になります!! 皆さんは「 Mildom ミルダム 」をご存知でしょうか? Mildom ミルダム というのは、 動画 ライブ 配信サイトになります。 まだあまり知名度は高くないと思います。 というのも、 今のライブ配信のプラットフォームや有象無象のごとく様々な媒体が群雄割拠しているからですね。 そしてこのMildom ミルダム というのは 最近登場したばかりの後発組のプラットフォームになります。 現時点では、YouTubeの一強であり、ゲーム分野に特化した場合はTwich、また日本ではニコニコもありますしね。 今回Mildom ミルダム をあえて取り上げようと思ったのには勿論理由があります。 それは、、、 ゲーム配信するだけでお金 時給 が貰える!!! からです。 ゲームするだけでお金を貰える、まさに夢のような話ですね 笑 しかし現実なんです。 そこで今回は、 Mildom ミルダム の配信でお金を稼げる? Mildom ミルダム の概要 まずMildom ミルダム の 概要について話しましょう。 いくら稼げたとしても、怪しいサイトは使いたくないですよね 笑 Mildom ミルダム の運営母体は、 中国の「 Douyu」( 斗魚直播)という会社です。 聞いたことがある人もいるかもしれないですね。 何故なら、 中国ナンバーワンのライブ配信プラットフォームであるからです。 つまりMildom ミルダム というのは、中国の配信サイトDouYuの 日本移植版になります。 Mildom ミルダム =Douyuだと考えて良いです。 中国はその人口の多さから、独自の商圏を築いていますよね。 そんな中国で最もシェアを占めている会社であるので、 世界シェアもこれから伸ばしていくことでしょう。 YouTubeに取って代わるという可能性も0ではないと思います。 日本進出もその第一歩と考えられるでしょう。 このことから、決して怪しい会社が運営しているわけではないことをわかってもらえたかと思います。 因みに本家本元の「 Douyu」( 斗魚直播)がどういうサイトなのか気になる人は覗いてみてください。 中国人が日本のゲーム実況していて面白いですよ 笑 Mildom ミルダム の応募方法 では次に皆さんが一番気になるであろうMildom ミルダム の 応募方法や申請方法について書きます。 応募は応募ページから飛んで登録フォームに情報を記入することで申請して審査を受けることができます。 そうです。 審査があるんです。 配信ルール無言配信は禁止で、視聴者と積極的にコミュニケーションを取るようお願いします。 15歳未満の配信者の配信可能時間は5:00~20:00の間、18歳未満は5:00~22:00の間となります。 その他詳細については申込ページにある配信者規約をご参照ください。 配信報酬配信1時間毎に500円1日以内に最低1時間以上の配信をすることがお支払い条件です。 1日の配信時間が1時間未満の場合は、報酬カウントされないので、ご留意ください 1日最大4時間分までお支払い致します。 4時間を超える配信を行っても、4時間分までのお支払いとなります 配信時間は1時間単位でシステム上計算されますので、ご留意ください。 これなら誰でも、更には未成年の学生であっても応募することはできますね! 因みに上記にもありますが、 稼げる額としては、 現時点では 時給500円で、 一日最大4時間までとなっています。 因みに大事な大事な 応募期限ですが、今のところ 年内 2019年12月31日 までとなっていました! 申し遅れないようお気をつけを!! 本当はライバル増やしたくないからあまり広めたくないんだけど…笑 因みに最初期は審査がゆるゆるだったそうですが、現在は申し込みが殺到していることもあり、審査が厳しめになっているようです…! 僕はまだ審査結果待ちです Mildom ミルダム の配信方法 PC、スマホ、PS4 は? それでは最後にMildom ミルダム の 配信方法について書こうと思います。 配信手段としては大まかに PC、スマホ、PS4やニンテンドースイッチ等の家庭用ゲームから直接配信が考えられますね。 現時点では、 家庭用ゲームからの直接配信昨日は備わっていないようです。 その為YouTubeやニコニコ動画、Twichのようにアカウント連携してPS4から 直でのブロードキャスト配信はできません。 ただ直接配信機能は 検討中とのことなので、今後このMildom ミルダム のシェアが拡大すれば、今後発売されるゲーム機 例えばPS5 等に直接配信機能が備わっている 可能性はありそうです。 が 今のところは直接配信はできないので他の手段を使いましょう。 そうなると、基本的にはPCからの配信が考えられますね。 これは PCゲームを配信しろという意味ではなくて、恐らく家庭用ゲームからの直接配信以外を経験したことがある人ならわかると思いますが、 キャプチャーボードを使ってPCを経由しての配信となります。 つまり、 キャプチャーボードを使えるゲームであればどんなゲームでも配信可能です。 それは先ほど公式サイトからの引用文にも明記されていましたね。 因みにMildom ミルダム の場合は「 OBS Studio」を使っての配信となるそうです。 最後、スマホでの配信ですが、これは非常に簡単です。 Mildom ミルダム の スマホアプリがあるので、それをダウンロードしてその アプリから直接配信すれば良いだけです。 最も簡単で手軽ですね。 ただ勿論アプリの場合 配信できるゲームはスマホゲームオンリーとなりますが。 以上になります。 いかがでしたでしょうか? まさにゲーム実況配信サイト プラットフォーム 業界の ダークホースとなりそうですね 笑 僕も応募してみたので、合格通知が来たらまた続きの記事を書きたいと思います。 もし続きの記事が無かったら察してください 笑 それではここまでご覧いただきありがとうございました! Mildomは500円の配信者報酬をこの業界を大きくするきっかけと考えています。 日本に根付き始めたe-Sports・ゲーム配信の文化を大きくするために力を注いでいます。 好きなゲームで生きていく時代のために、皆様のご参加をお待ち致しております。

次の