失業給付 いつから。 失業保険の給付期間はいつからいつまで?自己都合と会社都合の違いを解説

失業保険はいつからいつまで?自己都合・会社都合の条件についても解説

失業給付 いつから

自己都合退職した場合の所定給付日数 失業保険がもらえる日数のことを「所定給付日数」といいます。 自己都合で会社を退職した場合は、どれだけの期間、雇用保険に加入していたかによって失業保険がもらえる日数が決まります。 *障碍者等就職が困難な方は、算定基礎期間が1年未満で150日、1年以上で45歳未満だと300日、45歳以上65歳未満で360日受給できます。 【スポンサーリンク】 会社都合退職した場合の所定給付日数 会社都合退職とは、倒産や解雇など、文字通り会社の都合での退職のこと。 そして、会社都合で退職した方は 「特定受給資格者」となります。 また、会社都合退職ではなくても一定の条件を満たす人は 「特定理由離職者」といいますが、その中には特定受給資格者と同じ所定日数分、失業保険がもらえる人もいます。 「特定受給資格者」、「特定理由離職者」の所定給付日数は、退職時の年齢と雇用保険の加入期間の両方によって決まります。 *退職時の年齢が65歳以上の方は、高年齢求職者給付金が支給されます。 *障碍者等就職が困難な方は、自己都合退職と同じ日数です。 このとおり、自己都合退職に比べ、会社都合退職での所定給付日数には大きな差があります。 さらに、45歳から60歳未満の退職者が一番、日数が長く設定されていますよね。 この年代で、倒産や解雇など、会社の都合で退職せざるを得ないのは、ものすごく生活に影響がある反面、年代的になかなか再就職先が決まらないという現実があるから、なのでしょう。 失業保険はいつもらえる? 受給できる期間(受給期間) 失業保険は、退職した日の翌日から1年間、「失業している状態」だと受給できます(受給期間)。 ただし、所定給付日数が330日の人はプラス30日、360日の人はプラス60日になります。 この 受給期間が過ぎると、所定給付日数が残っていても失業保険がもらえなくなるので、気をつけてください。 受給が開始される日 失業保険は、初めてハローワークを訪問し、離職票の提出と求職の申し込みを行った「受給資格決定日」をスタートとして、 「7日間の待機期間」 を経た翌日からが、支給の対象の日となります。 また、 自己都合退職した人は、3ヶ月間の「給付制限期間」があり、この間は支給されません。 <給付制限とは> 失業保険は、会社の倒産などで否応なく「失業」してしまった人の生活保障と再就職の支援を行うことが基本とされています。 しかし、自分の意志で退職した人でも、すぐに再就職できなかったら、生活に困ってしまいます。 そこで、一定の期間を設け、この期間が経過してもなお失業している場合に、その時点から支給の対象となるのです。 この一定の期間が給付制限期間となります。 なお、給付制限期間中でも、ハローワークに行って職業相談を受けないければなりません。 通常、退職してから離職票が届くまで、1~2週間はかかりますので、すぐにハローワークに行っても、初回の認定日はおよそ1ヶ月、失業保険の振込みは、その数日後となります。 ですから、 退職日から一回目の失業保険が振り込まれるまでは、会社都合退職の人で1ヵ月半、自己都合退職の人だと4ヶ月半くらい先になると見込んでおいたほうが良いですね。 【スポンサーリンク】 <失業保険関連記事>•

次の

失業保険(失業手当)はいつから貰える?金額や給付条件、手続きの流れを解説

失業給付 いつから

退職後に失業保険を受け取るまでの流れ 失業保険を貰うためにはハローワークで申請する必要がありますが、それだけで銀行口座にお金が振り込まれるわけではありません。 失業保険の受給までには次の5ステップが必要です。 退職後7~10日以内に会社から離職票1・2と雇用保険被保険者証を受け取ります。 失業保険の申請に必要なものはそれらに加えて、運転免許書かマイナンバーカード、印鑑、写真2枚、預金通帳です。 全国のから現在の あなたの住民票を管轄するハローワークに探します。 ハローワークの受付時間は平日8時30分~17時15分です。 ハローワークでは求職申込書に記入して、窓口で面接を受けます。 本人調査のために7日間の待機期間を経て、提出日の1~3週間後にある雇用保険説明会に出席します。 その1~3週間後にある第1回失業認定日で失業状態であることが認定されると、4~7日後に給付金が振り込まれます。 ただし、自己都合で辞めた人は3カ月の給付制限があり、その間は失業保険は貰えません。 あとは「複数回の求職活動をする、4週間おきに失業認定日に失業状態であることが認定される、その4~7日後に給付金が振り込まれる」の繰り返しです。 失業保険のスケジュールを自動計算する 退職理由とハローワークで 失業保険を申請する提出日を選ぶことで、待機期間、雇用保険説明会、失業認定日、振込日などの失業保険のスケジュールが、自動的に計算できます。 ただし、各市区町村によってはスケジュールが1週間前後することもありますし、該当日が祝日の場合は日付が前後にずれます。 そのため、このスケジュール通りに手続きが進むことは確定していません。 正確な日付を知りたいときはハローワークの職員に相談することが望ましいです。 再就職や失業保険の給付期間が終わるまでは、4週間に1回のサイクルで失業認定日と振込日が繰り返されます。 また、失業保険の給付額を知りたい人は、以下のページで計算できます。 自己都合で給付制限があるときの日程 自己都合とは自分の都合で会社を辞めて、転職を自分の意志で判断している人たちです。 事前に失業を想定できることから、3カ月間の給付制限が設けられていて、1回目の失業認定では失業保険が貰えません。 仮に6月1日に申し込んだ場合の日程は以下のとおりです。 一方、会社都合とは会社の都合で辞めざるを得ない人であり、例えば「会社が倒産した、リストラで解雇された、事業所の廃止で通勤が困難になった」などが該当し、1回目の失業認定から失業保険が貰えます。 仮に6月1日に申し込んだ場合の日程は以下のとおりです。 ちなみに失業保険の手続きは4週間単位で繰り返されるため、常に 同じ曜日にハローワークに訪れることになります。 例えば、失業保険の申請をした日が月曜日であれば、その後の失業認定日も原則月曜日になります。

次の

失業保険いつから、金額は?手続きを解説

失業給付 いつから

いわゆる失業給付をもらうまでの流れを説明しますと、勤務先より、雇用保険被保険者離職票が届きますので、居住地管轄のハローワークに提出します。 受給要件を満たしていることを確認した後、受給資格の決定が行われます。 その後、雇用保険受給者初回説明会に出席します。 そこで、雇用保険受給資格者証と失業認定申告書を受け取り、第1回失業認定日を教えてもらいます。 4週間に1度の認定日があり、失業の認定を受けて失業手当をもらうという流れになります。 この認定を受けるというは、就職出来る能力があり就職する意思があるにもかかわらず失業している状態をいうことなので、認定対象期間の4週間に2回以上求職活動の実績が必要になります。 ご質問のいつもらえるかということですが、ハローワークで求職の申込みを行った日(受給資格決定日)から通算して7日間を待機期間といい、その期間が満了するまで失業手当は支給されません。 会社都合の場合は、待機期間終了後から支給が始まりますが、自己都合の場合は、待機期間終了後から3ケ月間の給付制限期間があります。 したがって、自己都合退職の 場合は制限期間終了後になります。 なお、実際に雇用保険の基本手当(失業手当)として初めて現金が振り込まれるのは、給付制限のない人でも、求職の申込みをしてから数えて約1ケ月後(初回認定日の約1週間後)になります。 この初回認定日の1週間後というのは、失業認定日から通常5営業日で、指定した金融機関の預金口座に振り込まれるからです。

次の