ある日、私は冷血公爵の娘になった 最終回。 漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」58話のネタバレと感想!あらすじまとめ

ある日私は冷血公爵の娘になった47話ネタバレ・感想!間に合ってくれ~‼

ある日、私は冷血公爵の娘になった 最終回

【翻訳】「彼女が公爵邸に行った理由」96話 ネタバレ の翻訳アプリ「」を使って翻訳してみました! 「」に頼りきった素人(韓国語はわかりません…)による翻訳です。 大体のストーリーはわかりますが、どうしても正確でしっかりとした翻訳で読みたい方は、以下の翻訳は読まずに大人気独占配信中の(24時間に1回無料で読むことが出来ます)での掲載をお待ちください。 この記事に関しては、特にノークレームでお願いします!! 「彼女が公爵邸に行った理由」は、にて大人気独占配信中の韓国の恋愛ファンタ漫画です。 毎週金曜日12時にで最新話が更新されています。 小説の中の婚約者でありレリアナ殺人事件の犯人「」との婚約破棄を目論んだ 彼女は、王位継承者序列1位の「ノア」に近づきある取引を申し込む。 今、リンヤン国から踊り子団が来日していて、建国祭で披露される公演を準備しているので、見に行きませんか?との事。 レリアナはその誘いを受けて、一緒に彼女達の踊りを見に行くのであった。 踊り子たちの舞いを見て感激するレリアナ。 その後、飴を貰ったレリアナはンにもあげようと思ったが、彼は荷物を持っているから食べさせてほしいと言う。 呆れながらも、仕方なくあげようとしたところ、突然ノアが部屋にやって来た。 飴を持っているレリアナの手を取り、その飴を自身の口に放り込むのであった。 書斎にて。 ノアがシアトリヒにため息をつきながら報告する。 「犯人に結晶石を販売したものと見られる業者の取引名簿は既に紛失されたとされています。 運搬中に強奪されたと。 」 「そうか・・・。 」 「だが、私が一番気になるところは別にある。 」 ノアと向かい合わせになりながら、話すシアトリヒ。 ノアは、 「何が気になっているのか知りませんが、聞かないで下さい。 」と返答する。 シアトリヒはとても困った表情を作りながら、 「私は蚊帳の外になっている。 」「私はこう見えても王なのだがな。 王の扱いをされていない・・・。 」 「ろくな食事も出されずに私はすぐに死んでしまうだろう。 今まで生きてきて何一つ・・。 」 「私が君にとても迷惑をかけてくたびれてしまった事は明らかだ。 」 と話し続ける。 呆れながら聞いているノアは、 「何を疑問に思っているのですか?」と尋ねる。 そして、急に表情が明るくなったシアトリヒは、 「どこまで進んでいるのか?」とレリアナとの関係について目をキラキラしながら尋ねる。 そして、ノアは 「参ります。 」と言って、ノアはさっと座っていた椅子から立ち上がった。 しかし、シアトリヒはまだにこにこした表情で 「座っていろ。 王命だ。 」と命令する。 ノアは不服そうな表情でシアトリヒを見つめながら、舌打ちした。 満面の笑みでノアを見ているシアトリヒ。 「告白はしたのか?」「まだ?」「するのが何か?レリアナ嬢は何と言っている?何も言わなかった?」と気になっていることを続けざまに問う。 「やめて下さい。 」とノア。 「は出るのか?」 「出ません。 」 「何故?」 「行く理由がありません。 」 「楽しいのではいか?もう一度考えてみてほしい。 」と困った顔で話すシアトリヒ。 「出ませんよ。 」とノア。 そして、再び椅子から立ち上がると、 「このような話だけをするならば、私は退室します。 」 「そして、」「気になる事があれば、直接尋ねて下さい。 」 「レリアナとの私生活については話をしたくありません。 」ときっぱり断りを入れる。 その言葉にきょとんと目を丸くするシアトリヒ。 そして、ノアはオブライアン伯爵(ナオミ)に挨拶をしてから退室をした。 ナオミは「どうされたのですか?」とシアトリヒに話しかける。 「突然、私はゴミみたいになってね。 」と俯きながら返答する。 「・・・?」「どうして今更?」 と平然と返答するナオミ。 「何?」 「今日のスケジュールが変更されたということを伝える為に立ち寄りました。 」 と、さらりと話を変えて、要件を報告するナオミ。 「今、何と言った?」とシアトリヒ。 「スケジュールの変更があります。 」 「そうではない。 その前にだ。 」 その言葉に対して、目を見開いきながらナオミは、 「何を言っているんですか?」と知らないふりをして誤魔化す。 レリアナは、神獣と一緒に取材を受けた時の新聞記事を読む。 幸いなことに、神獣は目覚めるとすぐによく飛び回っていた。 ノアを見ると非常に警戒をしていたが。 ノアは起きた神獣を見ながら、「昼が分かるようですね。 」と笑顔で話しかけていた。 レリアナは使用人のヘイリーにその新聞記事を見せて、 「ヘイリー、どう見える?」と尋ねる。 その記事をみたヘイリーは、 「神獣を懐に置いて撮るだなんて、本当に良いショットですね。 」と感激していた。 事実を言えないレリアナは、 「・・・そうね。 」と返事をしながら遠い目をする。 「神獣はどうでしょうか?懐で眠りにつけるから、思っていたよりも気性が荒くはないように見えます。 」とヘイリー。 「うん・・・。 可愛いですよ。 」 と、とりあえず返答するレリアナ。 ヘイリーはにこやかに、 「めでたい存在とのニュースをもたらすのでしょうか?」 と素直に思ったことを述べる。 レリアナは、泣きながら神獣がノアに対して威嚇をしている様子を思い浮かべながら、 「いや。 」 「悪いニュースを持って来なければそれで良いわ・・・。 」 と穏やかな表情で呟くのであった。 場面は変わり・・・ 紫色の液体が入った小瓶を手に持ちながらそれを見つめるベアトリス。 「あの時で終われば良かったのに。 」 以前、レリアナを殺害しようとしたフレンチ・の仲間であるジェイク・ラングストンを思い出しながら呟く彼女。 彼がフレンチ・と繋がりがあるという事実を知ったのは、数奇な偶然だった。 そして、彼らと手を結んだ。 すると、小瓶を持っていたその手が急に震え始めた。 そして、気を取り直し、目の前に座ってお茶を飲んでいるビビアンを真っすぐ見つめる。 「例の国際舞踏会の準備は、進んでいますか?」と穏やかに尋ねる。 「・・・。 」 「あなたが聞きたいことは、そのことではないでしょう?」 とお茶を啜りながら強い眼差しで返答するビビアンであった。 「彼女が公爵邸に行った理由」97話に続く・・・ hukusinoko.

次の

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」71話のネタバレと感想!あらすじまとめ

ある日、私は冷血公爵の娘になった 最終回

クロードに見初められて恋人となり,クロードの心の傷を癒してくれますが,アタナシア妊娠により争議となり歯切れの悪い中死んでしまいます。 傷ついたクロードは禁忌の黒魔法でダイアナの記憶を消し去り,『ただのシオドナの踊り子』と認識するようになります。 しかし,最後にダイアナを思い出して彼女を愛していたと認めます。 それはそれは深く切望して,アナスタシウスの差し金もあり,黒魔法に手を出します。 大好きで姉だと思っていたアタナシアは,自分が持っていないもの(家族・皇女という地位・自分の好きな人など)を全て手にしていた憎い女。 仲良くなりたいと思っていたクロードは,母を裏切った非道な皇帝。 ずっと好きだった兄のようなイゼキエルは,憎い女に想いを寄せていた。 自分に優しくしてくれた黒髪の男は,母を弄んだ低俗な父だった。 このようなことから周囲の認識が変化していき,絶望の淵に落ちてしまいます。 幸いなことにルーカスによって,黒魔法の餌食にならずに済みましたが,元の明るいジェニットの面影はなくなり,廃人の様になってしまいます。 アタナシアはそんなジェニットを,イゼキエルに託して別れを告げます。 その後は最初程とは言わなくても,関係が修繕されていくみたいです。 優秀な魔法使いには塔が任されるみたいで,ルーカスは皇宮にある塔を任されているとか。 ですから塔の魔法使いは,あながち間違っていないかと。 ちなみに44話の灰色髪の男が黒い塔の魔法使いで,魔塔の魔法使いがエヴァンエセルというルーカスが尊敬してやまない魔法使いです。 確定ではないです。 収録は30話から40話くらいだと思われます。 確定ではないです。

次の

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」48話のネタバレと感想!あらすじまとめ

ある日、私は冷血公爵の娘になった 最終回

スポンサーリンク• 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」のあらすじ 娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。 新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。 エステルの誕生日になり、アニーたちからプレゼントを貰い、おめかしをするエステル。 これまで誕生日を祝ってもらったことのないエステルはたくさんの人から祝ってもらったり、プレゼントを貰ったりと嬉しそうです。 パーティーの挨拶がうまくいかず、少し戸惑うエステルですが、お客さんたちは温かい言葉を返します。 カルルにダンスを申し込まれ踊っていると、公爵も続きます。 カルルからのプレゼントは弓矢で、使い方を教えてもらうことになりました。 公爵からは青い宝石が与えられ、役立つだろうと言われました。 ベランダに出てエメルとお話をし、エステルはダンスを申し込みます。 とにかく明日のことが楽しみなまま眠りにつきます。 しかし、なんだか肌寒く目を覚ますと、エステルはベッドではなく冷たい床に横たわっていました。 夢なのかと考えますが、あまりにもリアルでした。 そこに現れたのが魔導師。 エステルに危険が迫ります。 ネタバレ・感想まとめ.

次の