妊婦 寿司食べたい。 妊娠中だけどお寿司を食べました!私が食べたネタを紹介

【季節別】妊婦が食べても大丈夫な寿司ネタ!回転寿司で安心して食べるポイント!

妊婦 寿司食べたい

神奈川県立保健福祉大学卒業後、予防医学に興味を持ちドラッグストアへ就職。 その後独立し、現在はフリーランスの管理栄養士として特定保健指導、ダイエット指導、コラムの執筆、企業様での研修などを中心に活動。 「妊婦さんは刺身や寿司を食べない方がいい」という話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 妊娠したら、お腹の中の赤ちゃんに影響がある食べ物について、しっかりと知っておきたいですよね。 今回は、妊娠中に刺身や寿司を食べてもいいのか、妊婦が生魚を控えたほうがいい理由、刺身や寿司を食べるときの注意点についてご紹介します。 妊婦は刺身や寿司を食べてもいいの? 結論からいうと、妊娠中に刺身や寿司を食べることは禁止されていません。 魚は、たんぱく質やDHA、カルシウムを豊富に含んでいるので、妊娠中の食事に欠かせない食材のひとつです。 ただし、妊娠中に刺身や寿司を食べるときは、魚の種類や鮮度に気をつけなくてはいけません。 生魚を食べる量や頻度にも注意が必要なので、刺身や寿司は妊娠前よりは控えたほうがいいでしょう。 妊娠中に刺身や寿司を控えたほうがいい理由は? 妊娠中に刺身や寿司を控えたほうがいい理由は、下記の2つです。 妊娠中は免疫力が低下していることから、普段であれば問題のない食材でも、食中毒にかかるリスクが高くなります。 妊娠中に刺身や寿司を食べて食中毒になった場合、飲める薬が限られてしまうのも難点の一つですが、嘔吐や下痢などの症状がひどいと、胎児の発育に影響が出てしまう可能性もあります。 もし、妊娠中に生の魚介類や寿司を食べるのであれば、信頼できるお店で鮮度が良いものを選び、食べすぎないようにしましょう。 自宅に刺身や寿司を持ち帰って食べるときは、保冷剤を添えてもらい、帰宅後はすぐに冷蔵庫で保存して早めに食べ切ってください。 関連記事 妊娠中は生魚を1週間にどれくらい食べられるの? 妊娠中に刺身や寿司といった生魚を食べるときは、食べる量に注意しましょう。 胎児に影響を与える水銀量を考慮して、厚生労働省が注意喚起している1週間の摂取上限量を守ってください。 妊娠中に水銀を含む魚を食べて胎児に悪影響を及ぼすのは、摂取上限量を超えて食べ続けた場合です。 1週間に1回、1人前のマグロや金目鯛を食べるくらいであれば問題はありません。 水銀の影響がないといわれている魚でも、妊娠中に刺身や寿司など生で食べるときは、食中毒の危険性を考えて、新鮮なものを少量食べるようにしましょう。 関連記事 妊娠初期は刺身や寿司を食べてはいけないの? 妊娠初期は流産のリスクが高いため、食べたものによって、流産のリスクが高まったり、胎児に影響を及ぼしたりするのでは…と心配になりますよね。 しかし、妊娠初期の流産は、ほとんどが胎児側の染色体異常が原因で起こるとされています。 刺身や寿司を妊娠初期に食べたからといって、流産の確率が上がるわけではありません。 ただし、刺身や寿司を食べて食中毒になると、前述の通り、胎盤や胎児へ感染して流産につながる可能性もあります。 また、つわりの症状で辛いときに寿司や刺身を食べて食中毒になると、余計に体力が消耗されてしまいます。 妊娠初期に刺身や寿司を食べるときは、特に鮮度や量に気をつけるようにしましょう。 妊娠中に生魚を食べるときの注意点は?おすすめの調理法は? 妊娠中に刺身や寿司を食べるときは、鮮度が良いものを選び、食べすぎないことが大切です。 確実に食中毒や感染症を防ぐためには、しっかり火を通して食べるようにしましょう。 特に、夏場は温度や湿度が高く、食べ物が傷みやすいので、生ものは避けたほうが無難です。 定番の焼き魚やムニエルは調理が簡単で、しっかり火が通るのでおすすめの調理法です。 新鮮な魚であれば、蒸してさっぱり食べるのもおいしいですね。 少々手間がかかりますが、梅干しや生姜と一緒に煮た魚は、つわりによる吐き気を和らげる効果や、体を温めてくれる作用が期待できますよ。

次の

妊娠中お寿司を食べる前に知っておきたいルール

妊婦 寿司食べたい

主に理由は水銀と食中毒の2つだよ よく妊娠中に寿司や生魚はダメと言いますが、主な理由は 食中毒と水銀のリスクです。 加熱していないので、菌やウイルス等を殺菌できていないので、万が一何かあったらお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすかもしれません。 それに妊娠中は特に免疫力が低下しているので、食中毒のリスクがそれだけ高まります。 そして水銀ですが、 食物連鎖って言葉、聞いたことはありますか? 自然界において、動物や魚たちが食べたり食べられたりする関係性を指した概念です。 食物連鎖(しょくもつれんさ、: food chain)とは、内でのの(食べる)・被食(食べられる)という点に着目し、それぞれの生物群集における生物種間の関係を表す概念である。 上位の魚、つまり食用ですと マグロやメカジキやキンメダイがそうです。 (シャチ、サメ、クジラは食べないでしょう笑) この水銀の特徴は、体に入るとなかなか排出されないので 上位になればなるほど水銀が貯まっていきます。 このあたりは後の方で改めて解説しますね。 マグロはマグロでも何種類か存在していて、 大型に分類される本マグロ、メバチマグロ、ミナミマグロは避けた方が無難です。 中型に分類されるキハチマグロやビンナガマグロはOKです。 スシローならマグロの種類が記載されてますが、心配ならマグロ全体を避けましょう。 7皿程度がちょうどいいよ お寿司はお米がありますから当然炭水化物がありますし、お酢も使っているので糖分だって入ってます。 とは言っても生きていく上で(赤ちゃんのためにも)必要な栄養素です。 妊娠中の必要な摂取カロリーは1日に 2000~2400calと言われています。 それを3食で割ると、700~800cal。 寿司1皿だいたい100calなので、 7~8皿くらいがベストです。 ちなみに厚生労働省が定めている水銀の摂取目安量というものがあります。 食物連鎖の上位の魚(クロマグロやメカジキ)は週80g未満ということなので、絶対食べてはいけないというわけではありませんので、安心してくださいね。 妊婦は新鮮な寿司ネタを食べよう やっぱり食べるなら新鮮なものがいいよね~ 魚や寿司にしてもとにかく 鮮度が命です! 僕が回転寿司で働いていて感じたのは、 ほとんどのお客さんが回っているお寿司よりタッチパネルで注文する人の方が多かったことです。 回っているお寿司は結局、乾きますからね・・・ そのニーズを汲んでか、最近 フルオーダー式が出始めてます。 全てタッチパネルからの注文で、 レーンにはお寿司が回ってないのです。 もはや回転寿司ではないですね(笑) あと、スーパーでは鮮魚が夕方になると見切り品となって割引されますが、僕は妊婦の方には鮮度を重視してほしいから、あまりそういったものを買うことはオススメしません。 なかでもカツオは魚の中でも劣化のスピードが断トツです。 お寿司でも鮮魚でも新しいのを選びましょう!.

次の

妊娠中だけどお寿司を食べました!私が食べたネタを紹介

妊婦 寿司食べたい

つわり中は、好きなものを食べて乗り切ろう! つわりは、非常に個人差が大きいものです。 妊婦さんならほとんどの人が経験することではありますが、症状も程度も人それぞれ。 とにかく食べ物を受け付けず嘔吐を繰り返す人もいれば、食べないと気持ちわるくなって過食気味になってもしまう人もいます。 同じつわりでも症状は180度違ってくるのです。 食欲が変化するだけでなく、つわりは次のような特徴があります。 ・妊娠2か月程度から感じ始める。 ・4か月頃にはおさまる人が多い。 ・においに敏感になる。 ・胃部不快感がある。 ・よだれの分泌が増える。 ・ひどいものを妊娠悪阻 おそ という。 ・車酔いは船酔いのような感じがする。 症状を挙げたらきりがありませんが、妊娠初期の体調不良全般を「つわり」と呼びます。 私がもらった医師からのアドバイス わたしもつわりがひどかったので、初めての検診でお医者さんに相談しました。 「気持ちが悪くてあまり食事がすすまないのですが。 」 すると先生から、 「何でもよいから、食べられるものを口にしてください。 」 とのアドバイスが返ってきました。 妊娠中だと、赤ちゃんのためにバランスのよい食事をしなければと必死になっていたので、意外な返答でした。 もちろん、食べられるなら色々な食材をいただくのがベストなのでしょうが、気持ち悪くて食べられないのですから 「好きなものを、好きなだけ食べよう!」と気持ちを切り替えました。 妊娠中にお寿司を食べても大丈夫? ですが、やっぱり気になるのが、胎児への影響です。 当時、つわりがひどかった時期に食べられたのが以下のものでした。 ・すっぱいもの ・フルーツ ・冷たいもの ・冷えたごはん ・汁物 ・海藻 そして、お寿司を無性に食べたくなったのを覚えています。 「酢飯が食べたい!」 と冷たい酢飯を作って、毎日酢飯を食べていました。 もちろん、その上にまぐろやサーモンをのっけたいところでしたが、予備知識として「生ものは危険」という思いもありました。 妊娠中の生ものは危険…ホントだった! 何となく生ものはいけないのでは…という考えは実際正しいものでした。 マタニティ教室で、次のような注意点が書かれたパンフレットをもらったのです。 ・妊娠中はリステリア菌に感染しやすくなる。 ・トキソプラズマにかかると胎児の発育に影響がある。 ・生ものは避け、衛生管理に気を付けること。 『産前産後のヘルスケアシリーズ』社会保険出版社 このように、妊娠中の食中毒や感染症について大きく警告してありました。 つわりの時期は特に注意! そして、つわりが起こる妊娠初期の食中毒はさらに怖いことを教えられました。 妊娠初期は流産が最も起こりやすい時期です。 全体の妊娠10~15%がつわりのひどい妊娠初期に起こります。 この時期の流産は、ほとんどが受精卵の染色体異常によるものです。 ですが、初期に食中毒を起こし、母体の体調がすぐれなければ、流産した場合に自分を責めてしまうかもしれません。 「大切な時期に食中毒を起こした自分がいけないんだ…。 」 と、自分を責める材料になってしまうことも。 また、妊娠15週までは赤ちゃんの大切な臓器ができるころです。 お母さんの血液を通して色んなものが運ばれる時期でもあり、赤ちゃんが最も影響をうけやすい時期だとされています。 この時期は、お母さんが服用した薬や、一種のウイルスや細菌感染が悪影響を与えることがわかっています。 アニサキスによる食中毒の危険! 魚介類は良質なたんぱく質が含まれているため、妊娠中も積極的にとりたい食材ですが、食中毒が怖い食材でもあります。 最近では、「アニキサス」という寄生虫の危険も叫ばれています。 寄生しやすい魚として ・サケ ・サバ ・アジ ・イカ ・タラ が挙げられます。 加熱が不十分なまま食べると感染する恐れがあります。 感染すると、激しい腹痛や嘔吐、下痢などを引き起こします。 新鮮な魚であっても、やはり生食は危険です。 関連記事: それでも、つわり中にお寿司が食べたい! そんな人は、生ものを避けてお寿司を楽しむようにしてください。 例えば、こんなものがあります。 ・シーチキンのマヨネーズあえ軍艦 ・鮭のほぐし身の手巻き ・いなり寿司 ・五目寿司 ・かにかま寿司 生ものでなくても、お寿司の雰囲気は味わえますよね。 わたしも妊娠中は、回転ずしの生ものでないシリーズを楽しみました。 普段は食べないようなサラダ軍艦などを食べてみると、意外に美味しくて新たな発見ができますよ。 意外と知らない!スモークサーモンの危険! 生ものでない食材でお寿司を楽しんでいたのは、つわりの時期。 そのうちに食べたいものを食べたいと強く思うようになっていました。 そこで手を出そうとしたのが下記のものです。 ・スモークサーモン ・しめ鯖 ・ローストビーフ これらは生ものなのでしょうか。 食べても安全なのでしょうか。 答えはノーです。 これらは加熱が不十分な食品、加工品です。 生ものと同等の食中毒リスクがあるので十分に注意しましょう。 生もの以外にも気を付けたい食材 上記に挙げたもの以外にも気を付けるべき食材があります。 ・ナチュラルチーズ ・生ハム ・パテ ・シーフードサラダ 『産前産後のヘルスケアシリーズ』社会保険出版社 ポイントは、未加熱・未殺菌のものに気を付けることです。 燻製・酢漬け等の加工肉は加熱が不十分となっています。 また、未殺菌の乳にも気をつけたいところ。 生乳で作ったソフトクリームやチーズにも注意しましょう。 ナチュラルチーズについては、過去記事『』にて詳しく紹介しています。 生野菜もよく洗ってから食べるようにしてください。 最近の回転すし店ではバラエティに富んだ種類のものが多くあるので、お寿司を食べるときはこれらの点にも気をつけるようにしましょう。 魚を食べるときは? お寿司を食べるときに生魚は避けることとお伝えしましたが、では、生でなければ魚を食べてもいいのでしょうか。 実は加熱をしていても食べる量に気をつけたい魚があります。 魚は自然界に存在する微量の水銀をとりこんでおり、普通の大人が食べる分には問題ないのですが、お腹に赤ちゃんがいる場合は悪影響を及ぼしてしまうのです。 魚全般が危険なのではなく、食物連鎖の頂点にいるマグロや、クジラなどは週に何度も食べるのはやめましょう。 水銀を多く含む魚は、 ・キンメダイ ・メカジキ ・クロマグロ ・メバチマグロ ・マッコウクジラ ・キダイ ・ミナミマグロ ・ユメカサゴ などです。 一方、特に注意が必要のない魚は、 ・キハダ ・メジマグロ ・サケ ・アジ ・サバ などです。 マグロは種類によっては食べられるものもあるので、どうしても食べたい場合は加熱できる調理法で食べると良いですね。 赤ちゃんのためにちょっと我慢! つわりの時期だけでなく、妊娠中は生ものを食べないのがベターです。 中には、「わたしお寿司食べまくってたけど、健康な赤ちゃんを産んだよ。 」という先輩ママもいるでしょう。 勿論、そういった方々がほとんどだと思います。 しかし、生食が危険であることを知った上で、万が一食中毒を起こし、赤ちゃんに影響があった場合は、自分以外だれが責任をとってくれるのでしょうか。 『避けられるリスクは避ける。 』 これが鉄則だと思います。 わたしは、妊娠中は大好きなお寿司を我慢しました。 そのお蔭か、出産後に好きなものを食べられる喜びも強く、食材選びの意識も上がりました。 つわりだけでなく、妊娠中は我慢することが多いですが、赤ちゃんと自分の健康のために前向きに乗り切りましょう。 まとめ 今回は、つわりと妊娠中のお寿司について解説してきました。 伝えたかったのは、次の4つです。 ・つわりは、好きな食べ物で乗り切ること。 ・でも、つわり時期の生ものは特に注意が必要なこと。 ・お寿司は、アニキサスの危険もはらんでいること。 ・生もの以外にも未殺菌、未加熱の食材が危険なこと。 我慢すれば、その後の喜びは大きいものです。 赤ちゃんをその手に抱くまでの辛抱です。 生食の危険性や食中毒については、生まれた後も大切な知識です。 この記事が、つわりに悩み、お寿司を食べてよいのか悩んでいる妊婦さんのお役に立てば嬉しいです。

次の