ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について。 『ある日、お姫様になってしまった件について』を読みながら、つれづれなるままに|ToLi|note

ある日、お姫様になってしまった件について

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、皇城から出ることを禁じられたアタナシアは、令嬢達を呼んでお茶会を開く。 ジェニットも参加した。 ジェニットがイゼキエルといとこ同士だという話から、国内のイケメン男子話題で盛り上がる令嬢たち。 アタナシアはついていけず、ただ疲労するばかりだ。 お茶会が終わると、ジェニットは屈託ない笑顔で、またお会いできますかとアタナシアに聞く。 原作なんて知らなければと暗い気持ちになるアタナシアなのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」37話のネタバレ アタナシアは花束を持ち、フィリックスと散歩していた。 赤血の騎士様という呼び名を知ってからというもの、彼をその名で呼びからかう彼女。 フィリックスは顔真っ赤だ。 クロードの執務室へ行くと、彼は今日もだらしなくソファーで眠っていた。 最近はこのように疲れがたまっているようで、呼び掛けても反応しない。 アタナシアは持ってきた花をクロードの髪に刺し、遊び始めた。 花公子のイレイン公子より美しいに違いないと盛り上がる彼女。 だが、突然ものすごい形相のクロードに腕を掴まれた。 アタナシアは、花がキレイだったから、花をつけたら花公子などと焦って説明するが、クロードは、アタナシアお前かと呟くと、緊張がとけ眠い目をこすりはじめた。 パパは寝起きも素敵だねという彼女に、たわけたことを、とぼんやり返すクロード。 クロードはメイドに茶を作らせろとフィリックスに声をかけると、呼ばれて顔をだしたフィリックスは、クロードの髪に花が刺さっていることに驚愕する。 アタナシアは誤魔化すように、いい香りだよ受け取ってと言い、クロードに花束を渡す。 ラフリエが咲く時期かと呟くクロード。 フィリックスが、ラフリエは陛下にとてもよくお似合いですというので、クロードは、今日は二人とも変なことを言うのだなと言い、髪に花がついているのに気づいていない。 クロードはフィリックスに、茶のついでに花瓶も一緒に持って来いと言うので、アタナシアはそれまでにあの花をなんとかしなければと思う。 そして、クロードの背後に回り、パパはお疲れでしょう、ソファーでなくしっかり横になって休まないとと言い、肩に手を置く。 ここからどうやって花を抜き取るかだ。 ふと入口に護衛がいないと危険なのではと聞くと、クロードに殺意を持って近づくものがいれば全身がズタズタになり、苦しみながら死ぬ保護魔法がかかっているから大丈夫だと言われる。 そんな予想もしていなかった事実に、もし幼い頃に悪意を持ってクロードを傷つけたらとんでもないことになったいたのかと動揺するアタナシア。 しかもアタナシアにもその魔法がかかっているのだという。 アタナシアは動揺しながらも、それでもパパに万が一のことがあるかと思うと心配、ずっとそばにいてくれなきゃと言う。 クロードは、誰が誰を心配しているのだと言うと、お茶の準備ができたようで、ドアの向こうから声がかかった。 もう時間が無いと思ったアタナシアは、クロードに思いっきり抱き着き、お茶のあとで散歩しようと誘う。 そのタイミングで花を抜き、投げ捨てることに成功。 クロードには気づかれなかったが、ドッと疲れた彼女なのだった。 その後、アタナシアが図書館に行くと、本を読んでいるイゼキエルに出くわす。 またお会いしましたねと、眩しい笑顔の彼。 アタナシアは、ここは私専用の図書館なのに、どうして公子がここにいるのですかと驚く。 イゼキエルは、誰も制するものがいなかったから共用図書館だと思ったようだ。 ドアの前の護衛騎士は、おしゃべりに夢中でイゼキエルの侵入に気づいていないらしい。 アタナシアがいないときはサボっているようだ。 他国での生活が長かったからオベリアの地理に詳しくないと、笑顔で嘘をつくイゼキエルに、さすがアルフィアス公爵の息子だと思うアタナシア。 彼は、メイド数人と、おしゃべりに夢中で侵入に気づかない騎士達だけでは、皇室のプライベートな警備が緩すぎるのではと言う。 誰でもその気になればここに入り込める、しかも今日は護衛騎士を連れていない、これではよくない、ロベイン卿がいかに素晴らしくても、このように警備を簡素にしてはと、次々指摘する彼。 不法侵入者なのにと彼女を突っ込むが、彼はニコニコである。 それで僕を追い出すのか、罪には問えないでしょう、無断侵入であればお姫様と同じ立場ですからと言うイゼキエル。 痛いところを疲れた彼女は、言葉がでないのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」37話の感想 今回のエピソードも日常を感じられて面白かったですね。 確かにクロードは、そこらの男性とはくらべものにならないほどのイケメンです。 花もよく似合います 笑 フィリックスが余計なことを言いそうだったので、アタナシアが、黙れ赤血球の騎士と心の中で悪態をついていましたね。 フィリックスをいじりすぎた罰が戻ってきたようです 笑 今回は本当面白かったです。 クロードはわけもわからず、娘に抱き着かれキスされていましたね。 表情はほぼ変わりませんが、さぞ嬉しかったでしょう。 ラフリエという花は、ダイアナが愛した花でしょうか。 その後、アタナシアが自分専用の図書館に入ると、イゼキエルが侵入していました。 なんという行動力。 彼は積極的ですね。 そうでもなければ、アタナシアと接触する機会がないのでしょう。 天使のような顔で相手を追い詰めるイゼキエルは流石です。 ルーカスがこの場面を見てしまったら、またすごくご機嫌斜めになりそうですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

#ある日、お姫様になってしまった件について 2人でお出かけ

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について

無料漫画アプリ・、で連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、小説の中の姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、ジェニットを見たルーカスは、彼女が純粋な皇族でないことに気づく。 原作を読んだアタナシアは、それがどういうことなのかわかっていた。 ジェニットは、クロードの元婚約者フェネロペと、クロードの兄アナスタシウスの不倫と黒魔法の実験によって、誕生した娘なのだ。 だからクロードの実の娘ではない。 だがそのことを知っているのは当事者だけなので、殺そうとした弟に返り討ちにされ死んだアナスタシウスと、産後すぐ死亡したフェネロペがいない今、クロードしか知らない事実であり、皆はジェニットをクロードの娘だと思っていた。 クロードの寝室には割れたフェネロペの肖像画がまだ置いてあったので、アタナシアは、彼がまだフェネロペを愛しているものと思っていた。 だが夢を見る限りでは、ダイアナを愛しているようだ。 アタナシアは、可愛らしいジェニットを生で見たことにより、より一層クロードに甘える。 彼も無表情ながら彼女に応える。 アタナシアは父の存在が嬉しくなるのだった。 そうして数年が過ぎ、皆が成長したのだった。 玉座に座るクロードの前には、アルフィアス公爵とイゼキエルに連れられたジェニットの姿が。 クロードを見て、目が合っては顔を伏せ、を繰り返すジェニット。 俺の娘とは面白い、詳しい話は謁見室で聞くとしようと言い、クロードは席を立つ。 今日の主人公はジェニット姫あなただと言う、公爵とイゼキエル。 そしてイゼキエルは彼女に手を差し出す。 貴族たちは、新しい姫だなんて面白そうだ、真っ青な顔をみろよ、アタナシア姫のデビュタントなのに、皇帝は姫のエスコートすらしてないぞ、とヒソヒソ話し始める。 ジェニットはみすぼらしい姿でぽつんと残された、腹違いの姉妹が気になったが、彼女のためにできることはなかった。 ジェニットは赤い絨毯を踏み、彼女が元々立つべき場所に踏み出したのだ。 アタナシアはダンスのレッスンをしていた。 アタナシアのダンスを絶賛する講師は、姫様の母親が踊り子だったことはこういうときに役に立つと、いちいち彼女の出生に汚点でもあるかのように付け加える。 アタナシアは成長し、クロードに挨拶のキスをする程度には、彼とのコミュニケーションもうまくいっていた。 食事の席で、今日あったことを楽しそうにクロードに報告する彼女。 クロードは、もうすぐお前の誕生日だなと呟く。 アタナシアの誕生日は、ママの命日。 7歳の誕生日に、クロードは初めて彼女に欲しいものはあるか聞いてきた。 そのときは、以前チョコをくれ可愛がってくれた、メイドのハンナとセスを呼び戻すことにした。 前世は孤児だったのと、現世では母の命日とかぶっているため、フィリックスとリリーも盛大に祝うことができず、まともに祝ったことがなかったのに、クロードから誕生日プレゼントをもらうだなんて思いもしなかった。 ちなみに、9歳の誕生日は、面倒だからとクロードのから宝物庫の鍵を渡され、感激のあまり、クロードにチューした。 チューされたクロードは、かなりキョトンとしていた。 原作のアタナシアは、9歳でクロードに会い不幸が始まったのだが、現実の自分は、最高の9歳を過ごしていたのだ。 クロードは、今回も欲しいもの、して欲しいことがあれば言ってもいいと言うが、満足度MAXの彼女は、パパがくれるものなら全部嬉しいと答える。 欲しいものが無いのかと聞かれ、うんと答えると、クロードは黙ってしまった。 変な空気になったので、パパといるだけでも嬉しいと言うと、早く食事を済ませるよう言われてしまう。 その後フィリックスに、陛下に欲しい物を伝えたか聞かれたので、パパがくれるものなら全部うれしいと答えたと話す。 他に欲しい物はないのですかとフィリックスに聞かれ、改めて考えてみるが、宝石は十分持っているし、宝物庫の鍵もいくつかあるし、専用の図書館も建ててもらったし、バラの花園は4箇所できたし、ドレスや装飾品も十分である。 全然思いつかず悩むアタナシアに、姫様のデビュタントはもう少しだが、デビューダンスはどうされるのかとフィリックスが言う。 デビュタントのデビューダンスは、普通の貴族は家で決めた婚約者か、未婚の実兄、従兄弟等近しいものと踊るのだが、ならばと、フィリックスと踊ればいいのではとアタナシアが言うと、フィリックスが盛大に咳き込んだ。 原作ではアタナシアをエスコートしてくれる人がおらず、途方にくれていたので、今は相手を選べるようなので幸せだと考える彼女。 だがフィリックスは、恐れ多いとあたふたし、私よりも適したパートナーがいるのではと嫌がる。 まだ数ヶ月あるからもう少し考えてみるというアタナシア。 そのことをルーカスに話すと、お前はバカか、どうみてもお前の父がお前とデビューダンスを踊りたがっているだろと言われる。 デビューダンスは普通父親と踊らないよと言うアタナシアに、たまにはある、皆はダサいと思ってやらないらしいけどと言うルーカス。 お前はパパに関することは鈍いよな、そのダサいことをお前のパパはしたがっているんだと、彼は指摘する。 こんなに鈍くて何を勉強しているのだと皮肉るルーカス。 アタナシアは理解が追いつかず、混乱し始める。 ルーカスは、お前のパパは想像以上にお前が大好きなんだと言っただろと言う。 そうして後日。 庭園でクロードとお茶をしているときに、アタナシアは誕生日とデビュタントのことを彼に話し始めた。 デビュタントで誰のエスコートを受けたいか考えてみたんだけど、大切な日だから仲のいい人にお願いしたいと。 姫様その調子とこっそり応援するフィリックス。 フィリックスはどうかな、パパはどう思う、と提案するアタナシア。 びっくりして固まるフィリックス。 クロードは、フィリックスか悪くない、お前の好きなようにしろと答える。 フィリックスにも聞いたんだけど、他にふさわしい人がいないならいいと言っていたからと話すアタナシア。 フィリックスは汗ダラダラで、断ろうとするが、クロードが遮り、フィリックスがこの前お前のデビュタントのエスコート相手について、たった一度の大切な日だから心血を注いで決めるべきだと主張していたなと言う。 フィリックスも選ばれて嬉しいはずだ、そのわりに嬉しそうな顔ではないなとチクチク言うクロード。 青ざめるフィリックスは、もちろん代々受け継ぐ家門の誇りですがとしどろもどろだ。 クロードは眉間にシワを寄せてお茶を飲む。 ルーカスの言葉を思い出し、自分としてもそれなりにクロードに大切にされているとは思ってはいたがと考えるアタナシア。 するとゴーンゴーンと鐘の音が聞こえ、私の運命が開花した音かなと、アタナシアは喜ぶのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」24話の感想 エピソードの出だしは少しびっくりしましたね。 いつの間に、アタナシアの立場が逆転したのかと何が起きたのかと驚きました。 しかし原作はひどい内容ですね。 アタナシアには何の非もないのに、誰からも相手にされない人生を送っていたなんて。 現実のアタナシアは、愛嬌たっぷりでクロードにもチューするくらいになりました。 初めてチューされたクロードは、まるで乙女のようなキョトン顔でしたね。 アタナシアが憎いと思いつつ、愛しくて堪らないクロードは、デビューダンスを一緒に踊りたいけどうまく表現できません。 アタナシアは、周りにどんなに言われても、クロードに愛されているのが理解できません。 エスコート相手をフィリックスに選んだのことで、クロードは嫌味を連発した上、眉間に皺を寄せていましたが、アタナシアは気づいていないのでしょうか。 ルーカスが言うように、彼女はクロードの愛情についてだけは鈍いです。 いつものように、愛嬌ふりまいてパパが良い~と言えばいいのに、何故デビュタントだけ言えないのでしょうね。 彼女もまた原作に縛られているようです。 最後の鐘の音が、運命を開花した音ではないことが確かなのが悲しい。 エスコート相手はフィリックスで確定してしまうのでしょうか。 運命を変えるために、クロードの気持ちに応えるためにも、クロードを選んで欲しいですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

【ある日、お姫様になってしまった件について】いち早く読めるサイトは?│知識忘備録 ナレッジタワー

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について

無料漫画アプリ・、で連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、小説の中の姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、ジェニットを見たルーカスは、彼女が純粋な皇族でないことに気づく。 原作を読んだアタナシアは、それがどういうことなのかわかっていた。 ジェニットは、クロードの元婚約者フェネロペと、クロードの兄アナスタシウスの不倫と黒魔法の実験によって、誕生した娘なのだ。 だからクロードの実の娘ではない。 だがそのことを知っているのは当事者だけなので、殺そうとした弟に返り討ちにされ死んだアナスタシウスと、産後すぐ死亡したフェネロペがいない今、クロードしか知らない事実であり、皆はジェニットをクロードの娘だと思っていた。 クロードの寝室には割れたフェネロペの肖像画がまだ置いてあったので、アタナシアは、彼がまだフェネロペを愛しているものと思っていた。 だが夢を見る限りでは、ダイアナを愛しているようだ。 アタナシアは、可愛らしいジェニットを生で見たことにより、より一層クロードに甘える。 彼も無表情ながら彼女に応える。 アタナシアは父の存在が嬉しくなるのだった。 そうして数年が過ぎ、皆が成長したのだった。 玉座に座るクロードの前には、アルフィアス公爵とイゼキエルに連れられたジェニットの姿が。 クロードを見て、目が合っては顔を伏せ、を繰り返すジェニット。 俺の娘とは面白い、詳しい話は謁見室で聞くとしようと言い、クロードは席を立つ。 今日の主人公はジェニット姫あなただと言う、公爵とイゼキエル。 そしてイゼキエルは彼女に手を差し出す。 貴族たちは、新しい姫だなんて面白そうだ、真っ青な顔をみろよ、アタナシア姫のデビュタントなのに、皇帝は姫のエスコートすらしてないぞ、とヒソヒソ話し始める。 ジェニットはみすぼらしい姿でぽつんと残された、腹違いの姉妹が気になったが、彼女のためにできることはなかった。 ジェニットは赤い絨毯を踏み、彼女が元々立つべき場所に踏み出したのだ。 アタナシアはダンスのレッスンをしていた。 アタナシアのダンスを絶賛する講師は、姫様の母親が踊り子だったことはこういうときに役に立つと、いちいち彼女の出生に汚点でもあるかのように付け加える。 アタナシアは成長し、クロードに挨拶のキスをする程度には、彼とのコミュニケーションもうまくいっていた。 食事の席で、今日あったことを楽しそうにクロードに報告する彼女。 クロードは、もうすぐお前の誕生日だなと呟く。 アタナシアの誕生日は、ママの命日。 7歳の誕生日に、クロードは初めて彼女に欲しいものはあるか聞いてきた。 そのときは、以前チョコをくれ可愛がってくれた、メイドのハンナとセスを呼び戻すことにした。 前世は孤児だったのと、現世では母の命日とかぶっているため、フィリックスとリリーも盛大に祝うことができず、まともに祝ったことがなかったのに、クロードから誕生日プレゼントをもらうだなんて思いもしなかった。 ちなみに、9歳の誕生日は、面倒だからとクロードのから宝物庫の鍵を渡され、感激のあまり、クロードにチューした。 チューされたクロードは、かなりキョトンとしていた。 原作のアタナシアは、9歳でクロードに会い不幸が始まったのだが、現実の自分は、最高の9歳を過ごしていたのだ。 クロードは、今回も欲しいもの、して欲しいことがあれば言ってもいいと言うが、満足度MAXの彼女は、パパがくれるものなら全部嬉しいと答える。 欲しいものが無いのかと聞かれ、うんと答えると、クロードは黙ってしまった。 変な空気になったので、パパといるだけでも嬉しいと言うと、早く食事を済ませるよう言われてしまう。 その後フィリックスに、陛下に欲しい物を伝えたか聞かれたので、パパがくれるものなら全部うれしいと答えたと話す。 他に欲しい物はないのですかとフィリックスに聞かれ、改めて考えてみるが、宝石は十分持っているし、宝物庫の鍵もいくつかあるし、専用の図書館も建ててもらったし、バラの花園は4箇所できたし、ドレスや装飾品も十分である。 全然思いつかず悩むアタナシアに、姫様のデビュタントはもう少しだが、デビューダンスはどうされるのかとフィリックスが言う。 デビュタントのデビューダンスは、普通の貴族は家で決めた婚約者か、未婚の実兄、従兄弟等近しいものと踊るのだが、ならばと、フィリックスと踊ればいいのではとアタナシアが言うと、フィリックスが盛大に咳き込んだ。 原作ではアタナシアをエスコートしてくれる人がおらず、途方にくれていたので、今は相手を選べるようなので幸せだと考える彼女。 だがフィリックスは、恐れ多いとあたふたし、私よりも適したパートナーがいるのではと嫌がる。 まだ数ヶ月あるからもう少し考えてみるというアタナシア。 そのことをルーカスに話すと、お前はバカか、どうみてもお前の父がお前とデビューダンスを踊りたがっているだろと言われる。 デビューダンスは普通父親と踊らないよと言うアタナシアに、たまにはある、皆はダサいと思ってやらないらしいけどと言うルーカス。 お前はパパに関することは鈍いよな、そのダサいことをお前のパパはしたがっているんだと、彼は指摘する。 こんなに鈍くて何を勉強しているのだと皮肉るルーカス。 アタナシアは理解が追いつかず、混乱し始める。 ルーカスは、お前のパパは想像以上にお前が大好きなんだと言っただろと言う。 そうして後日。 庭園でクロードとお茶をしているときに、アタナシアは誕生日とデビュタントのことを彼に話し始めた。 デビュタントで誰のエスコートを受けたいか考えてみたんだけど、大切な日だから仲のいい人にお願いしたいと。 姫様その調子とこっそり応援するフィリックス。 フィリックスはどうかな、パパはどう思う、と提案するアタナシア。 びっくりして固まるフィリックス。 クロードは、フィリックスか悪くない、お前の好きなようにしろと答える。 フィリックスにも聞いたんだけど、他にふさわしい人がいないならいいと言っていたからと話すアタナシア。 フィリックスは汗ダラダラで、断ろうとするが、クロードが遮り、フィリックスがこの前お前のデビュタントのエスコート相手について、たった一度の大切な日だから心血を注いで決めるべきだと主張していたなと言う。 フィリックスも選ばれて嬉しいはずだ、そのわりに嬉しそうな顔ではないなとチクチク言うクロード。 青ざめるフィリックスは、もちろん代々受け継ぐ家門の誇りですがとしどろもどろだ。 クロードは眉間にシワを寄せてお茶を飲む。 ルーカスの言葉を思い出し、自分としてもそれなりにクロードに大切にされているとは思ってはいたがと考えるアタナシア。 するとゴーンゴーンと鐘の音が聞こえ、私の運命が開花した音かなと、アタナシアは喜ぶのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」24話の感想 エピソードの出だしは少しびっくりしましたね。 いつの間に、アタナシアの立場が逆転したのかと何が起きたのかと驚きました。 しかし原作はひどい内容ですね。 アタナシアには何の非もないのに、誰からも相手にされない人生を送っていたなんて。 現実のアタナシアは、愛嬌たっぷりでクロードにもチューするくらいになりました。 初めてチューされたクロードは、まるで乙女のようなキョトン顔でしたね。 アタナシアが憎いと思いつつ、愛しくて堪らないクロードは、デビューダンスを一緒に踊りたいけどうまく表現できません。 アタナシアは、周りにどんなに言われても、クロードに愛されているのが理解できません。 エスコート相手をフィリックスに選んだのことで、クロードは嫌味を連発した上、眉間に皺を寄せていましたが、アタナシアは気づいていないのでしょうか。 ルーカスが言うように、彼女はクロードの愛情についてだけは鈍いです。 いつものように、愛嬌ふりまいてパパが良い~と言えばいいのに、何故デビュタントだけ言えないのでしょうね。 彼女もまた原作に縛られているようです。 最後の鐘の音が、運命を開花した音ではないことが確かなのが悲しい。 エスコート相手はフィリックスで確定してしまうのでしょうか。 運命を変えるために、クロードの気持ちに応えるためにも、クロードを選んで欲しいですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の