ゼファー 400 パーツ。 ゼファー400・χ

ZEPHYR(400)

ゼファー 400 パーツ

概要 [ ] 、全盛期に、なしの懐古的なスタイルを前面に押して登場した。 これが以外の選択肢を求めるユーザーに受け爆発的な売れ行きを見せ、「ブーム」の立役者となる。 メーカーによるの上限値を意識しない出力設定は、過熱しすぎていた競争に一石を投じることとなり、ユーザーのバイク選びのスタイルが変わるターニングポイントとなった。 このゼファーのヒットは、レプリカブームにおける販売不振により撤退も検討されていたの二輪車事業を、同社の大きな収益源に生まれ変わらせる原動力ともなった。 それまでの国内二輪メーカー四社の製造するオートバイでは、燃料タンクのメーカーロゴとサイドカバーの車種名という配置が一般的な表記であったなかで、それとは逆に燃料タンクに車種名「ZEPHYR」とサイドカバーにメーカーロゴ「Kawasaki」を配したデザインも、当時は非常に新鮮であった。 当初は400ccモデルのみの計画であり、発売と同時に大量のバックオーダーを受けた際にも、「750ccモデルは出すつもりはない」というリリースがオートバイ専門誌に掲載されたが、日本国外からの要望も強く、に750ccモデルの開発が開始し 、続いて1100ccモデルの開発も開始して、に発売された。 結果的に、どちらもロングヒット車種となっている。 750ccモデルは、の教習車としても用いられている。 9月にが強化されることが決定したことから、750ccモデル・1100ccモデルともをもって一足速く販売終了となり、・の初期型モデルを髣髴させるグラフィック・パターンの「ファイナルエディション」が発売された。 車両解説 [ ] エンジン• ZEPHYR(400cc) - 46・398 - に登場した系(Z500系)を改良したエンジン「ZR400AE」を搭載。 ZEPHYR750 - 68馬力・738cc - に登場した系を改良したエンジン「」を搭載。 ZEPHYR1100 - 86馬力・1062cc - に登場したのエンジンをベースに新設計された「ZXT10CE」型を搭載。 フレーム サスペション• フロント:• 仕様沿革 ZR400C [ ] ZEPHYR• ゼファーをベースに、エンジンを2バルブ仕様から4バルブ仕様へとマルチバルブ化したことにより、46馬力から53馬力へのパワーアップを果たした。 またエンジン本体の仕上げ色が黒塗装に変更された。 1997年には、足回りを中心に多数の変更を受けた。 また、従来は単色無地だった外装に、初めてストライプラインのグラフィックが採用されている。 この節のが望まれています。 ZR400-G1(1996年)• ZR400-G2(1997年)• ZR400-G3(1998年)• ZR400-G3A(1998年 - 1999年)• ZR400-G4(2000年)• ZR400-G5(2001年)• ZR400-G6(2002年)• ZR400-G7(2003年)• ZR400-G8(2004年)• ZR400-G9(2005年)• 1990年の初期型(B1型)から1999年の最終型(B9型)まで製造された。 輸出先各国の規制に合わせてエンジン仕様が変更され、同一のモデルであってもそれぞれ出力が異なる。 仕様や仕様では50PSのフルパワーとなっており、最高出力により保険金額が異なる制度を取っていた仕様や排ガス規制の厳しい仕様では40PSに満たない出力であるなど、スペックには大きな差がある。 また、リアフェンダーの両サイドにリフレクターが装着されているのもゼファー ZR400C との相違点である。 発売当初から逆輸入車 北米仕様 が日本国内でも販売されていたが、登録台数は非常に少ない。 特に「」であるこのゼファー750は、丸みを帯びた、丸型のカバー、などの造型が、イメージモデルであるの雰囲気を連想させるものになっている。 2004年モデルのC10型では、エンジンの塗装色がそれまでの銀色から黒色に変更。 エンブレムに関しては、それまでのタンク側の「ZEPHYR」とサイドカバー側の「750」から、タンク側「Kawasaki」サイドカバー側「ZEPHYR750」に変更された。 また、マフラーもメガフォン形状のサイレンサー部分がそれまでより延長されている。 2007年1月19日には「ファイナルエディション」が発売された。 グラフィックには、をイメージさせる茶色とオレンジ色の通称「ファイヤーボール」「火の玉」パターンを施され、艶消し黒仕上げのを採用。 素材を改良されたシートや、艶有り黒塗装で仕上げられたフレーム、サイドカバーの「750 DOUBLE OVER HEAD CAMSHAFT」エンブレムなど、特別仕様となっている。 ファイナルエディション よりZ-2に近い雰囲気の派生モデルである ゼファー750RSが1996年から2003年まで併売された。 ホイールは標準仕様のキャストホイールからチューブタイヤを使用するホイールに変更。 エンブレムも標準仕様とは違い、タンク側は「Kawasaki」およびサイドカバー側は「ZEPHYR750」とされた。 初期のゼファー750では単色カラーのラインナップだったのに対し、ゼファーRSではファイヤーボール風のグラフィックが初期モデルから採用されていた。 また、1999年式・2001年式・2002年モデルでは、ゼファー750・ゼファー750RSともに共通の「タイガーパターン」風のグラフィックを採用している。 1999年式モデルではと同様の配色によるグラフィックとなっており、2002年式モデル・2003年モデルではと同様の配色となっている。 ゼファー750と比較すると、形状やフレーム構造等の点からゼファー(400cc)に近い外観となっている。 2004年モデルのA9型では、エンジンの塗装色がそれまでの銀色から黒色に変更。 エンブレムに関しては、それまでのタンク側の「ZEPHYR」とサイドカバー側の「1100」から、タンク側「Kawasaki」サイドカバー側「ZEPHYR1100」に変更された。 2007年1月19日には「ファイナルエディション」が発売された。 2002年のA7型以来の登場となるファイヤーボールパターンのグラフィックが施され(A7とは微妙に違う色構成)、同様に2004年のA9型以降では途絶えていた切削仕上げのを採用。 素材を改良されたシートや、艶有り黒塗装で仕上げられたフレーム、サイドカバーの「1100 DOUBLE OVER HEAD CAMSHAFT」エンブレムなど、特別仕様となっている。 ホイールは標準仕様のキャストホイールからチューブタイヤを使用するホイールに変更。 エンブレムも標準仕様とは違い、タンク側は「Kawasaki」およびサイドカバー側は「ZEPHYR1100」とされた。 シリーズのイメージカラーのひとつであるファイヤーボール風のグラフィックは、750ccモデルには採用されていたがゼファー1100RSでは用いられる事はなかった。 一方、B2型のパールコスミックグレーは1100RSのみに採用された専用色といえる。 なお、1999年式から2003年式のモデルではゼファー1100と共通のグラフィックが採用されていた。 初代のおよび後継ののエンジンは、ボア52. 0mm x ストローク47. 0mmの「KZ400EE」型であり、その後継となるのエンジンから、ゼファーと同じボア55. 0mm x ストローク42. 0mmの「ZX400AE」型となる。 の4バルブ1,196ccエンジンを空冷化し、ピストンストロークは共通のままシリンダーボアを縮小し、1気筒あたり2本のを使用するツインプラグ方式に変更されている。 なお、燃料タンクおよびテールカウルの上面にラインが施されたグラフィックパターンは同形式の同色が唯一の採用例となる。 出典 [ ]• (1998年1月30日時点の)• (1996年11月8日時点のアーカイブ)• - データなし(2010年8月8日時点のアーカイブ)• - データなし(2010年8月8日時点のアーカイブ) 参考文献 [ ]• 『カワサキバイクマガジン』2005年7月号、、32-33頁。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

ゼファー400・χ

ゼファー 400 パーツ

ゼファー400のフロントリップ・ハーフスポイラー ゼファー400をドレスアップしたいけど、そこまでガッツリやりたくない。 そんなときはフロントリップ・ハーフスポイラーカスタムがおすすめ。 純正バンパーはそのままに、少し付け足すことでカスタム感を確実にアップしてくれます。 Ver. 02 ハーフビキニを退役させて ビキニカウルに仕様変更。 今までのVer. 02よりも角度的にはイイかも。 しかしながら、FRPではないので重い。 走行時の振動・揺れっぷりが折れそうで怖い(笑 スクリーンもキレイで状態としては良かったんですが よーく見たらスクリーン取り付けボルト穴部が 3箇所ほどヒビっていたという・・・ ブラスタータイプ、嫌いだったけど 悪く... ゼファー400の車高調キット 車高調は車高を上げたり下げたりすることで乗り味が変わるだけでなく、とにかくカッコよくなります。 あなたのゼファー400にはどちらがピッタリ!?• 実は、当時からずーーーっと欲しくて欲しくてだった一品。

次の

ゼファー400の渋いカスタム画像やおすすめのカスタム例とは?

ゼファー 400 パーツ

宜野湾市大山の国道58号沿いにあるお店です! 県内外、離島発送、OK! 是非、ホームページの方もご覧下さい! ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキからキムコ、SYM、ハーレーダビットソンなどの輸入車をメーカー別に検索できます。 メーカーの他にもスクーター、オフロードなどのボディタイプ、価格、年式など、様々な検索が可能です。 50cc以下のバイクは普通自動車免許で、運転可能です。 クロスバイクでは50cc以下のバイクも数多く掲載しています。 また、モータースポーツ、トライアルなどのイベント情報もまとめてわかります。 そして、ヘルメット、ライト、マフラーなどのバイクパーツ情報も検索できます。 天気の良い日にはツーリングにでも!! クロスバイクで、あなたの希望にあった物件がきっと見つかります。

次の