須賀夏美 エロ。 天気の子 総評感想

『天気の子』名言・セリフ集~心に残る言葉の力~

須賀夏美 エロ

0 こんにちは! エンタメブリッジライターしおりです。 今回は新海誠最新作「天気の子」の、声優、主題歌、あらすじまでの情報をお届けします。 実際に映画を鑑賞してから、内容について深く考察した記事は下記からお入りください。 3億円のメガヒットとなった「君の名は。 」に続く今作は、その内容や評価が何倍も敏感に気になるところですよね! さらなる高みへ飛躍するか、酷評界へ下落するか・・・。 新海誠監督自身も、「君の名は。 」のヒットは予想をはるかに上回って、困惑することも多々あったそう。 それだけに今作「天気の子」の制作には、激しい緊張がほとばしったのではないでしょうか? それでは早速ご紹介しましょう! 天気の子の作品紹介を読む前に、新海誠監督の前作品「君の名は。 」をU-NEXTでチェック! 公開日: 2019年7月19日 日本 監督:新海誠 原作者:新海誠 出演者:醍醐虎汰朗、森七菜、 小栗旬 、本田翼 、倍賞千恵子、吉柳咲良、平泉成、梶裕貴。 主題歌:RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」「グランドエスケープ Movie edit feat. 三浦透子」 2. tenkinoko. まったくの素人というわけではありませんが、声と演技には大きな注目が集まっているのは確かです。 そんな新人俳優を、ベテランの豪華キャスト勢がしっかりと囲んでいます! ・森嶋帆高 (醍醐虎汰朗) 主人公で家出少年。 月間ムー(昔からあるオカルト雑誌)の仕事に誘われます。 醍醐虎汰朗さんは、2017年の舞台「弱虫ペダル」で主人公・小野田坂道を演じた経験はあるものの、芸歴は浅く声優は初挑戦という注目の新人俳優です。 ・天野陽菜( 森七菜) 18歳のマック店員。 風俗店で働こうとしていたところを帆高に引き止められる。 14歳で突然晴れ女になった、空と通じる不思議な力を持つ少女。 弟の凪と2人暮らし。 tenkinoko. 奥さんと死別、娘は妻側の両親に引き取られ、なかなか会えない。 tenkinoko. モラトリアムを自覚。 須賀との関係は「君の想像通りだよ」と予告編で「付き合ってるのか?」と思わせぶりだけど、実は姪っ子。 tenkinoko. お盆の意味などに精通しており、帆高に知恵を授けます。 tenkinoko. 帆高の陽菜への恋心を見抜きます。 tenkinoko. 良くも悪くも声優に起用した平泉成さんが渋かったです。 tenkinoko. のちに帆高を警察として追います。 tenkinoko. 」をU-NEXTで復習する! 3. tenkinoko. 天気の子、ぶっちゃけ設定は「君の名は。 」と似てます。 差別化はとしてはバイオレンス、エロネタ(ラブホや風俗などの描写もあり)が多く子供には見せたくない点…そして刑事事件を盛り込んだことが目立ちますね。 スポンサーなんだろうけど、わりと企業の固有名詞がそのまま使われていたりもします。 物語のわりと序盤に登場する、バニラの高収入を謳う求人広告車が出てきた時は思わず笑ってしまいました(笑) 私が思うに、新海誠は2013年「言の葉の庭」から作風を大衆向けに徐々にシフトしてますね。 それまでの作品(「秒速5センチメートル」「星を追う子供」など)って「わかる人にはわかる」という情緒的&古典的な、隙間産業的映画でした。 これが新海ワールドの確立に至ったのに、「君の名は。 」は大きく大衆向け・商業向けにシフトし、逆にその割り切りがすごいと思ったけど…。 「天気の子」も「君の名は。 」に追随する感じで、さらにレベルを落として低年齢のターゲット拡大を狙ったのでは?と感じずにはいられず・・・ファンであり大学の後輩でもある私は寂しさが否めないっ! 新海誠監督の前作品「君の名は。 tenkinoko. 夏休み、帆高は父親と喧嘩して殴られ、着の身着のまま「光指す方向」東京へ、フェリーに乗って家出をします。 東京は異常気象で連日雨、連続降水日数を更新中で、皆が晴れを求めていました。 渡航中、ドバっと水の塊のような雨が落ちてきて、フェリーがぐわんと大きく傾き、中年のおじさんに助けられます。 これが、のち帆高が働くことになる月刊ムー(実在する歴史のあるオカルト雑誌)のCEO須賀圭介(すがけいすけ)。 「なんかあったらここに連絡くれよ」と名刺を渡されます。 ちなみに 帆高くんYahoo! 知恵袋好きで、困ったときは知恵袋になんでも相談。 高校1年生男子です。 東京都内で割のいいバイト探しています。 学生証がなくても雇ってくれるようなところはありますか? と書き込むものの、今のところ有益な情報は得られていないもよう。 東京に着いて行く当てもなく、ネカフェ難民となり、バイトも見つからず、5日後にホームレスとなります。 ついに歌舞伎町の風俗店の前で、子猫と友達になった帆高・・・(寂しすぎ!)。 風俗店の前で座り込んでいるところを、金髪ピアス&スーツの新宿スワン的な怖いお兄さんにからまれます。 そのときゴミ箱にぶつかり、ゴミ箱ごとひっくり返して 銃を見つけてしまった帆高・・・。 このときはゴミの中から銃を見つけてしまいますが、「おもちゃだろう」とお守り程度にリュックに詰め込みます。 行く当てもなくマックでコーンスープ1杯で粘っていると、「ビッグマック、内緒ね」と差し入れをしてくれた優しい女性店員がいました。 これが、陽菜との初めての出会いです。 その陽菜こそ、「天気の子」。 いえ 「天気の巫女」です。 tenkinoko. ムーのオフィスは歌舞伎町からバスで20分ほどなのですが、オフィスに行く途中、バスで 凪という10歳のプレイボーイと遭遇します。 10歳で彼女っぽいのがたくさんいる凪・・・「東京って怖ぇ」と思う帆高ですが、実はこのプレイボーイ、陽菜の弟だったのです。 月刊ムーのオフィスに着くと、キャミ1枚の爽やかお姉さん夏美が待っていました(須賀社長の彼女と勘違いした帆高ですが、姪っ子です)。 この夏美の登場シーンでは胸がアップされてエロい描写になっていますが、ここでエロは必要ないのではと個人的に思いました。 そして、なんと帆高は 月給3千円の超ブラック待遇で、住み込みで働くことになります。 須賀はネタとして、「ネットで噂の100%の晴れ女」を提案し、目撃者らに取材を開始。 占い師、女子高生、早稲田の研究職員に取材に行く夏美と帆高。 占い師「実在します、晴れ女には稲荷系の自然霊が憑いてて、雨女には龍神系の自然霊が憑いてるのね。 今は天気のバランスが崩れてるから、晴れ女や雨女が生まれやすいの。 いわばガイアのホメオスタシスね。 で、科学と論理を信望する帆高はドン引き。 ある日歌舞伎町のお友達の猫に会いに行くと(寂しい。。 )、「ちょっとだけ試してみようよ、すぐそこだからさ」と以前からまれた金髪男に誘われている女子を見つけました。 なんとそれはマックでビッグマックをくれた陽菜で、帆高は救出に乗り出します。 思わずリュックから銃を取り出し、バーン!と発砲!! 陽菜はマックのバイトをクビになり、自ら望んで風俗嬢になろうとしていたので、帆高にブチ切れます。 代々木の廃ビルで口喧嘩になったのですが、次第に意気投合。 君、家出少年でしょ!ねえ、今から晴れるよ。 と屋上に行って陽菜が祈ると・・・ たちまち垂れこめた雲が開くように晴れ、日差しが差してきたのです。 「晴れ女~!?」と仰天する帆高。 陽菜は18歳なのですが、実は1年前お母さんを亡くしていました(お父さんも不在)。 お母さんが入院していた病院はこのビルの隣にあって、陽菜はあるときこの廃ビルの屋上に1筋の光が差し込めていたのに興味を持ったのです。 屋上で小さな神社を見つけ、ゆっくりと鳥居をくぐって お母さんの病気が治りますように、雨が止みますように・・・。 と 神様に祈ったところ、積乱雲の上まで上昇して、空と繋がったのです。 つまり、 100%晴れ女の正体とは陽菜のことだったのです。 そして、ラストまで正体はわからないんですが、この積乱雲を取り巻く水や、雨が「魚に見える」という目撃情報が相次ぎます。 この「晴れ女」をネットビジネスにすることに目を付けた帆高。 お天気、お届けします! というサイトを開設し、1ネガイ3400円で「天気を晴れにする」ビジネスを始めました。 つまり月刊ムーと掛け持ちバイト。 陽菜は依頼者のところへ赴き、フリマ、結婚式、学校行事などを次々と晴れにします。 「いやーすごい!」「ありがとう!」「この値段じゃ安すぎる!」 と大好評を得た「晴れ女ビジネス」。 なんと国立競技場の神宮外苑花火大会にまで呼ばれ、何万人もに晴れを届けます。 超能力者ってこういう能力を乱発、濫用するのを嫌がりそうですけど、陽菜は この仕事が好き。 自分の役割がわかった。 と天職級の喜び、生きがい、承認欲求の満たしを感じます。 ある日、立花冨美さんという下町のご老人から依頼を受けました。 去年亡くなった夫の初盆を、晴れにしてほしいという依頼。 あちらの人は煙に乗ってやってくる。 お彼岸、空の上は昔から別の世界さ。 と知恵をたくさん授けてくれるおばあさん。 ところで、次の月刊ムーの取材対象は、 気象を祀る神社の神主でした。 噂の100%晴れ女陽菜は見つかったにも関わらず、まだ取材は続けていたのです。 そして、この神主さんに恐ろしいことを言われます。 地上は人にとってはただの仮住まい。 しかし、天と人を結ぶほそーい糸がある。 それが天気の巫女じゃ。 物事には代償がある、天気の巫女には悲しい運命があってな・・・。 天気の巫女は人柱(ひとばしら)だ。 人柱の意味とは=人身御供の伝説の1つ。 架橋、築堤、築城などの水利、土木工事技術が未発達の時代、柱の強化の目的で、生きている人間を水底や土中に埋めたこと(コトバンクより)。 つまり神にささげる生贄ってことです。 これにビビったのは夏美と須賀社長。 それどころか帆高は陽菜にホレこんで、もうすぐ18歳になる陽菜の誕生日プレゼントに、フンパツして指輪を買います。 帆高と陽菜が並んで歩いていたとき、帆高が指輪を渡そうとすると、陽菜はふわっと宙に浮いて街灯の上まで移動していました。 陽菜はすでに諦めの感情があったのですが、帆高は「晴れの代わりに犠牲を払っていた」という事実に驚き、恐怖におののきます。 翌日、陽菜のアパートに弟と帆高と3人でいるとき、突然「ドンドン!この少年知りませんか?」とやってきた警察。 帆高は親から行方不明届が出ており、監視カメラの映像から銃の不法所持の疑いもかけられていたのです。 ついでにこの家、保護者がおらず、実は陽菜は18歳ではなく実年齢15歳であり、今までずっと嘘をつきながらバイトをして生計を立てていたのです。 翌日、 児童相談所が立ち入りに来ると言って去った警察。 このとき月刊ムーの須賀社長も、帆高を雇っていたことで誘拐の容疑がかけられてしまいました。 外は数十年に1度の大雨、気温は10度以下、夏の雪が降り始めます。 ホテルを探そうと池袋近辺をウロウロしていると警察に声を掛けられ、陽菜が神通力でドーンとそばのトラックに雷を落として大爆発を起こし逃走! 3人はラブホに緊急避難。 ラブホだからって特別エロいシーンがあるわけではないです。 このラブホの描写をこどもが見ても、お風呂がライトでキラキラ光ったりボタンを押したら泡ブクブクになって豪華なホテル。 なんか楽しそう!って思うくらいで、あからさまにラブホとは分からないように描いています。 神様どうか僕たちを、もう少しだけ、このままでいさせてください。 そんな願いもむなしく、お風呂に入りバスローブを取った陽菜は、すでに半身が透けていました。 晴れ女が犠牲になってこの世から消えることで、狂った天気は元に戻るんだって。 そんな切ない陽菜のセリフに泣く帆高・・・つられて泣く陽菜。 晴天が訪れ、半年ぶりの青空が広がります。 「ドンドンドン!」と再びラブホまでやってきた警察。 ここからは、 逃走、逃走、逃走劇です。 何としてでももう1度陽菜に会いたい帆高。 なぜ天気なんてどうでもいいって思えなかったんだろう? 晴れでも雨でも、君さえいればそれでいいのだと、なぜ思えなかったのだろう? 帆高は警察に追われながらも山手線の線路を突っ走って、「陽菜が空と繋がった」という代々木の廃ビルの鳥居を目指しました。 廃ビルまで警察は追って来ます。 須賀も来て、児相に保護された凪までやってきて、しっちゃかめっちゃかの揉み合いに! それを振り切り、非常階段をのぼって鳥居をくぐった帆高は、いよいよ 龍の絡み合う濃紺の空へ旅立ったのです! 「陽菜さーん!陽菜さーん!!」 積乱雲の草原の上、2人の願いが重なり、 彼岸=死者の世界で2人は再会しました。 ハッピーエンドです。 もういいよ!陽菜はもう晴れ女なんかじゃない!神様にだって僕は逆らう! 青空より僕は陽菜がいい、天気なんて狂ったままでいいんだ! 陽菜、飛べ! そのまま2人はピューンと天上界からジャンプして地上に帰還。 気が付いたら、あの代々木の廃ビルの鳥居に2人で寝ていました。 空は雷、豪雨が再びやってきて、この雨は3年間降り続けました。 ・・・ 18歳になり高校を卒業した帆高。 地元の離島からフェリーに乗って、2年半ぶりに進学のため東京へ向かっていました。 僕たちになにか起きたのか。 僕たちはなにを選んだのか。 僕たちは世界を変えてしまったんだ。 そんな思いを抱きつつ2年半ぶりに東京へ行きます。 帆高は家庭裁判所の3か月の保護観察処分ですみ、鳥居で警察に発見された後は離島に戻って暮らしていました。 陽菜は警察に保護されたっきり会っていません。 東京に降り立つと、降り続く雨のせいでレインボーブリッジは水没、東京の3分の1が海に沈んでいました。 そういえば存在を忘れていた「お天気、お届けします!」のサイト。 久しぶりにアクセスすると、1件の依頼があの立花冨美さんから来ていたのです。 もう下町も水没し、マンションに引っ越していた冨美さん。 東京のあの辺はさ、もともとは海だったんだよ。 江戸そのものがさ、海の入り江だったんだよ。 入り江の戸口が東京だったのさ。 その土地を人間と天気が少しずつ変えてきたんだ、元に戻っただけさ。 うなずきつつも、本当に天気は狂っていたんじゃなくて 「自分が晴れより陽菜をとった、だから世界を変えたのだ」と帆高は噛みしめます。 そして陽菜に会える奇跡を願いながら、陽菜のアパートがあった田端駅をてくてくと歩きます。 道で陽菜らしい人とすれ違ったとき、涙が溢れ出て止まらなくなった帆高。 やはり、ラストは「君の名は。 」のように、また2人は再会したのでした。 新海誠監督の前作品「君の名は。 」の内容をU-NEXTで確認する! 4. tenkinoko. 君の名は1900万人が観てくれたから、今回はもっと観てくれるんじゃないか? とインタビューで語る新海誠監督。 「すそ野を広げて間口を広げた」という試みは、一目瞭然でわかります。 天気の子は、 天気、目に見えない世界、古神道といった非常にいい題材を扱っているにもかかわらず、ストーリーはびっくりするほどレベルを下げた「あえてもっと子供じみさせた」作品。 最近の小学生も難解なストーリーに食らいつける、いや、食らいついて考えなきゃいけないのに、なぜそこに合わせるように新海監督自身のレベルを落とさなければいけなかったんだろう? こういう天気、神道、目に見えない作品を扱った作品なら、すでに小説などもっといい作品がたくさんあります。 宮崎駿は「千と千尋の神隠し」の制作時、 女性って「女のことがそんな簡単にわかってたまるか!」って言うでしょ? アニメも同じなんですよ、「そんな簡単にわかってたまるか!」って。 と言っていましたが、 新海誠監督もそれでよかったのにな、と率直に思います。 ジブリはその当たり非常にうまくて、出る作品出る作品「あっと脅かす何か」がありましたよね。 まかり間違っても「観客に寄り添う」ことから始めず、「お前らがついてこい!」的ないい意味のスポ根映画の連続、観客を高みに引き上げ、わからない自分がイケてないんだ!ぐらいに思わせる絶対に飽きさせない技術力。 新海誠も惜しみなくそういう映画作りをしたほうが才能が認めらるだろうに…ちょっと残念ですね。 「弱っちい男」と「神格化された女」が毎度出てくるのは新海作品の特徴ですが、今回の主役、帆高はさらにリアルから遠ざかった、もうゆめみるゆめこちゃんですよ。 モラトリアム、承認欲求、家庭不和、自信のなさ、絆の薄さ、美化された犠牲に待った、悪役のいない平和世界・・・といかにも思春期かそれ以下の子が悩みそうなことを全部取り入れ、 「君の名は。 」層の巨大市場の共感を得ようとした んでしょうが・・・。 いくら子供でも、心はもっと複雑だと思うし、わからないことがあるほうが好奇心や探求心をくすぐる。 そしてそのほうが絶対に楽しい。 現に、少女漫画なんてけっこう高度ですよね? 「君の名は。 」には時空のズレがあったので、まだ考える要素を残しておいてくれたのがよかったです。 今回はそれすらありません。 バレバレな伏線、すべて先が読める、考える暇もない、観ながら全部理解できてしまう・・・さすがに子供だましにもならないのではないか?って思う。。 私に言わせれば、新海ワールドは「君の名は。 」で揺らぎ、2019年「天気の子」で終わりました。 「君の名は。 」まで、2002年「ほしのこえ」~2013年「言の葉の庭」の5作品を発表し、新海ワールドを着々と確立していたのに、「天気の子」でいったん終了。 言の葉の庭までは内省的、日本文学的な作品をいろんな切り口で発表して、独特の美しさや新海監督にしかできない要素がよく伝わってきてたんですけどねぇ(多少粗っぽくてもね)。 「君の名は。 」で作風を初めてハッピーエンドにしたことで商業的成功しましたが、 天気の子がそれに続けと「君の名は。 第2部」的な作品になってしまったのは残念です。 天気の子は「感動し、泣けて、楽しい映画にすることが大前提」にしたそうですが、もうそこで観客をバカにしてません・・・? いや、私たち観客がバカになっちゃったのかな? 100歩譲って絵の上手さでそれがカバーできたとしても、その「あえての大衆迎合」は絶対にもったいない! コアなファンは「天気の子」で去りゆき、支持層はまったく様変わりするでしょう。 君の名は。 もヒットしながら酷評された。 どうせ批判されるなら、学校で教えられるような道徳的な『正しい』ことを映画にしなくていいと思う。 これは監督のインタビューですが、なんかズレてると思う。 別に映画が道徳的じゃないこと、みんなわかってると思う 笑。。。 やはり、良くも悪くもメガヒットを飛ばし、前代未聞に酷評やバッシングも経験し、今作に「激しいプレッシャー」を背負うことになってしまったのはしかたがないけど、私たちが観たいのは魂を削った新海作品。 むしろ、私たちを本当の新海誠レベルまで高めてほしい。 ゆるゆる作品じゃないんだよぉ~! 結局は「バッシングを気にしない」と言いつつ、バッシングを1番気にしたんじゃないかな、、と思います。 つまり、無難orz 君の名は。 から新海作品を見始めた層にだけ、一定数取り込めるとは思いますけどね…。 tenkinoko. 」に引き続き、新海誠監督の作品の映像美、そしてなんと言っても主題歌、挿入歌には感動されること間違いなしです!! 主題歌「愛にできることはまだあるかい」を始め、 劇中全ての音楽を担当するのはRADWIMS。 新海監督とRADWIMPSが手を組むのは「君の名は。 」に続き2度目になります。 昨年夏に新海誠監督が「天気の子」の脚本を送ったところ、再タッグのきっかけができたそうです。 その脚本を読んだボーカルの野田洋次郎さんが、映画のために新曲「愛にできることはまだあるかい」を書き下ろしたのです。 今作の新たなチャレンジとして、心の機微を神秘的に歌い上げるアーティスト・三浦透子をボーカルに迎え、複数の楽曲を制作しています。 協同合作となったその「詩」は、新海ワールドに寄り添うよう。 逃走劇も音楽があるからこそ、引き立っている感じですね! PVが解禁されたのでご覧くださいませ。 新海誠監督の前作品「君の名は。 」をU-NEXTでチェック! ネットが繋がっていれば、U-NEXTを使って無料で「君の名は。 」をスマホやパソコン、テレビから好きなタイミングで見ることができますので、ぜひ試してみてください。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 ななし うーん、、、辛口レビューって書いてあるから見てみたけども、、、 全てにおいて何様なんだろって感じですね 天気の子で新海ワールド終了とか作品レビューっていうよりもただの監督批判 観客をバカにしているっていうのも個人的な主観でしかないのに、さもすべての観客を代表するような言い方が勘に触る。 あと大学の後輩って語りが気持ち悪い。 出身校が同じって、、、ただの偶然に過ぎないのに何が何をもって残念なのやら。 悲恋やバッドエンドを漂わせる作品には考えさせられるし、琴線に触れるものがあるのもわかる。 でも監督がそれしか生み出さないことがワールドと決めつけるのはどうかと思う。 スティーブキングだってバッドとハッピー使い分けてます。 圧倒的に支持されるのはハッピーエンド。 スパイスとして古くからの新海節をたまに使うくらいが丁度いいじゃない。 それとみんながみんな伏線、ミエミエとか斜に構えた見方はしないですよ。 王道の何が悪いのか。 ネタバレ付きで学校の後輩(笑)の作品をレビューする割には全くもって応援していない。 この段階でこんなレビューをネタバレ付きでやるのはただの足を引っ張るだかでしょ。 偉そうに何かを語るなら自分も誰かを感動させるものを生み出しなさいよ。 消費するだけの愚者。 レビューという名のオナニー後のティッシュ達。 吐き気を催しました。

次の

天気の子の裏設定や伏線回収一覧の考察まとめ!原作小説のネタバレについても

須賀夏美 エロ

2019年7月19日劇場公開。 「君の名は。 」につづく新海誠監督の最新作となる映画「天気の子」。 ティーンエイジャーの心情をリリカルに描いたジュブナイルでありながら、実はけっこう大人向けともいえる本作を、「エロい」というキーワードで徹底考察していきたい。 映画『天気の子』のあらすじ(ネタバレなし) 地方の離島から単身家出した森嶋帆高は、居場所を求めて東京までたどり着いたものの、大都会の厳しさと冷たさに打ちのめされ、目的を見失ってネットカフェやファストフード店を転々とするというすさんだ日々を送っていた。 そんな毎日を変えたいともがく帆高は、高校生でありながら年齢を偽って風俗店のボーイのバイトに応募するが、面接の段階でボロが出て連日不採用。 それでも実家には戻りたくない帆高はSNS上で偶然見つけた怪しげな都市伝説を追跡し、その流れでとある弱小編集社の存在を知る。 そこは、SNSなどで拡散されている根拠不明な都市伝説に尾ひれをつけ記事に仕上げるという、何ともグレーな仕事を請け負っているライター派遣会社であった。 帆高はその編集社の編集長と名乗る須賀という男に拾われ、「ライターとして働く」ということを条件に、事務所の空き部屋にしばらく泊まらせてもらうことに。 ライターとして採用され、事務所に出入りする謎の美女・夏美と須賀の3人で取材依頼をこなしていく帆高。 実際にライターとしての報酬も支払われ、曲がりなりにも「大人として働く」ということに慣れてきた頃、須賀から単独取材の仕事を割り振られる。 少女を放っておけないと道端で偶然拾った拳銃を武器に店側の連中を撃退した帆高はさらに驚くことになる。 「何でもいいから、誰かの役に立ちたかったの」 未成年でありながら風俗店で働こうとしていた理由について詳しく知った帆高は、彼女の晴れ女の能力をさらに拡散し、ちょっとしたビジネスにつなげることを思いつく。 SNS上で晴れ女への依頼を募り、その希望にこたえて特定の日を貼れに導く。 帆高のアイディアは見事にヒットし、帆高と陽菜には毎日のようにたくさんの依頼が届くようになる。 お互いにようやく居場所を見つけ、与えられた役割を順調にこなしていく帆高と陽菜、そして弟の凪だったが、幸せな時間は長くはつづかなかった。 もはや18禁レベル?映画『天気の子』のちょいエロポイント! 表向きは正統派ジュブナイルの形をとっている映画『天気の子』ですが、フタを開けてみると大人も目のやり場に困るようなエロいシーンが満載で、もはや18禁レベルなんです! おっぱい丸見え?陽菜のオールヌードがエロすぎ! 物語の中盤、とある事情によって帆高と陽菜は警察から追われる身となり、逃避行の過程で3人そろって(弟の凪も含めて)ラブホテルに泊まることになります。 ラブホテルといっても高校生同士ですから、まあ、そういうエロいことにはならない……かと思いきや……何と、陽菜ちゃんが脱いじゃうんです! ストーリー的には陽菜が帆高に晴れ女としての哀しい運命を打ち明けるというシリアスなシーンなのですが、陽菜ちゃんの裸体があまりにもリアルで生々しすぎて、ストーリーどころではありませんでした。 謎の美女・夏美がいい感じにエロい! 帆高と陽菜を絶妙なタイミングでサポートしてくれる謎の美女・夏美。 ちょっとだけネタバレをしておくと、夏美は須賀の姪っ子、という設定なのですが、この夏美がまた何ともナイスバディで、これまたいい感じにエロいんです。 ストーリーの構図としては、夏美はまだ未成熟の陽菜との対比という役回りで登場しているわけですが、見ているほうとしてはそんなことはもうどうでもいいんです!個人的には、ストーリーのクライマックスでバイクにまたがり街中を疾走する夏美にそそられましたね! いろんな意味で大人向き!映画『天気の子』の挑戦 ジュブナイルという視点で見ると妙にエロさが際立つ映画『天気の子』ですが、エロさ以外にもジュブナイルらしくないポイントはたくさんあります。 たとえば、主人公の設定。 離島から居場所を求めて家出してきた、という帆高の設定はジュブナイルにしてはシリアスで、ここだけ見ても新海誠らしさが感じられます。 また、主人公が拳銃を撃つ、というところも象徴的で、物語のラストで帆高が警官たちに拳銃をむけるシーンは緊迫感があり、その先の展開が不安になるほどでした。 風俗店、というキーワードも特徴的ですね。 都会でバイトを探すのなら、普通にコンビニやファミレスでいいはずなのに、身分証明ができないという制約があるがゆえに風俗業以外には選択肢しかなくなる。 『天気の子』をジュブナイルの枠組みでとらえること自体、間違っているのかもしれません。 まだまだある!意外とエロいアニメーション映画! 日本のアニメーションは意外と侮れず、予期せぬタイミングでエロいシーンが出てきてびっくりすることがあります。 意外とエロいアニメーション映画をまとめてみました。 『君の名は。 』 言わずと知れた新海誠監督の大ヒット作。 主人公・宮水三葉の制服姿はもちろんのこと、長澤まさみが声優を務めるバイト先のお姉さんがたまらなく色っぽいんですよねぇ。 『ペンギンハイウェイ』 森見登美彦氏のSF小説を大胆にアニメ化。 物語のキーを握る巨乳の「お姉さん」を国民的女優の蒼井優さんがアンニュイに演じています。 『未来のミライ』 細田守監督の長編アニメーション。 ジュブナイルではありますが、高校生のミライちゃんの制服姿はやっぱり可愛らしかったですね! エロさも期待以上!映画『天気の子』は大ヒット公開中! 正統派ジュブナイルでありながら、エロいシーンも満載の映画『天気の子』。 もちろん、新海誠監督らしい繊細で緻密なストーリーとグラフィックが堪能できますので、皆さんもぜひ劇場で御覧ください!.

次の

天気の子 総評感想

須賀夏美 エロ

2016年に『』で社会現象を巻き起こした監督の待望の新作『』が7月19日に公開される。 公開前の試写を行わないなど異例の制作体制も話題となっており、いまだ謎に包まれた部分が多い『天気の子』だが、ここでは同作に登場するキャラクターを紹介する。 (編集部・吉田唯) 家出して東京にやってきた主人公・森嶋帆高 声: 主人公の帆高は、家出して離島から東京にやってきた高校生。 東京にたどりついたもののすぐに生活は困窮してしまう。 孤独な日々の果てにようやく仕事を見つけるも、それは怪しげなオカルト雑誌のライター業で、小さな編集プロダクションに住み込みで勤めることになる。 声優を務める醍醐は、ヒロイン役のとともに2,000人を超えるオーディションの中から抜てきされた。 [PR] 不思議な力を持つヒロイン・天野陽菜 声:森七菜 ヒロインの陽菜は、東京にやってきた帆高が出会った少女。 ある事情を抱えており、アルバイトをしながら小学生の弟と二人で明るく暮らしている。 本作は天候の調和が狂っていく時代が舞台となっているが、陽菜は祈ることで空を晴れにすることができるという不思議な力を持っており、帆高とともに運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択していく。 帆高を雇うライター・須賀圭介 声: 小さな編集プロダクションを営んでいるライターで、東京行きのフェリーで出会った帆高を住み込みで雇う。 声を吹き込む小栗は、キャスト発表の際に「そのままで演じられるような、僕の等身大にとても近いキャラクターで、彼には共感できる部分がいっぱいあるので、この出会いはとても嬉しいです」とコメントしていた。 須賀の事務所で働く女子大生・夏美 声: 須賀の事務所で働く女子大生。 愛車はカブで、持ち前の好奇心と探求心で取材に駆けずり回る。 夏美を演じるにあたり、本田は「生き生きとした女の子にしていきたいと思っています」と意気込んでいた。 [PR] 帆高と陽菜にある頼みごとをする老婦人・冨美 声: 帆高と陽菜にあることを頼む下町に住む老婦人。 声を吹き込む倍賞は、『』(2004)のソフィー役以来の声優挑戦となる。 陽菜の弟・天野凪 声: 陽菜の小学生の弟。 大人びた言動で、女子たちから人気がある。 吉柳はミュージカル「ピーターパン」で10代目ピーターパンを演じる若手女優で、今作が声優初挑戦。 刑事コンビ 老刑事・安井(声:) 都内で起きた事件を追って須賀の事務所を訪れる老刑事。 相棒の高井(声:) 捜査のために帆高たちの前に現れる安井の相棒。 C 2019「天気の子」製作委員会.

次の