れ いわ 2 年 干支。 子年|2020年の干支の【運勢・相性・神社】 | 今年の干支は?【性格・相性】が分かる

1966年のうま年は『丙午(ひのえうま)』。人口激減のこの年に生まれた女性に迷惑な迷信とは??

れ いわ 2 年 干支

年賀状に書き添えられる干支の文字やイラストで「2020年の干支は子 ね・ねずみ なんだな」と気づく人もいらっしゃるのではないでしょうか? 自分の生まれた年の干支は覚えているけれど、ほかはちょっと・・・とか、最近では自分の干支も知らない人もいらっしゃるとか。 ここでは、干支の順番の由来と覚え方について調べていきましょう。 干支とは? 「干支(えと・かんし)」は、紀元前1600年ごろから中国で使われており、日本には、553年に伝来したと言われています。 干支とは十干 じっかん と十二支 じゅうにし を組み合わせた60を周期とする数詞のことで、暦を始めとして、時間、方位などに用いられています。 十干は、 甲 きのえ・こう 乙 きのと・おつ 丙 ひのえ・へい 丁 ひのと・てい 戊 つちのえ・ぼ 己 つちのと・き 庚 かのえ・こう 辛 かのと・しん 壬 みずのえ・じん 癸 みずのと・き の10種類からなり、 十二支は、 子 ね 丑 うし 寅 とら 卯 う 辰 たつ 巳 み 午 うま 未 ひつじ 申 さる 酉 とり 戌 いぬ 亥 い の12種類からなっております。 これらを合わせたものが干支です。 干支の1番目は「甲子(きのえね)」、2番目は「乙丑(きのとうし)」、3番目は「丙寅(ひのえとら)」・・・11番目「甲戌 きのえいぬ 」と続き、60番目が「癸亥(みずのとい)」となります。 全部で60番目までありますので一巡するには、日に当てはめると60日、年に当てはめると60年かかることになります。 60歳を祝う還暦ですが、干支の組み合わせを60年で一巡して還ったというお祝いなのです。 2020年の干支は 「庚子 かのえね 」になります。 私達が普段「干支」と呼んでいる『子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥』と言うのは実は十二支のことだったのですね。 十二支の順番とその由来 十二支の「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」が年月日や時間、方位を表すことはすでに説明しました。 ですがそれでは 覚え辛いということで、一般庶民に浸透させるために動物が当てはめられたといわれています。 そのため、動物の順番に特に意味はないそうですが、日本に古くから伝わる民話として十二支の順番が決まる話が語り継がれています。 一体どんな話なのでしょうか? むかしむかし、大昔。 年の暮れに神様が動物たちに「元日の朝、新年の挨拶に来たものから十二番目まで、順にそれぞれ一年間動物の大将にしてやる」とお触れを出します。 動物たちは自分こそ一番になろうと元日になるのを待っていました。 ところが、ネコはいつ神様のところへ行けばいいのか忘れてしまったのでネズミに尋ねました。 ねずみはわざと一日遅れの日を教え、ネコはネズミが言うことを信じてしまいました。 ウシは「自分は歩くのが遅いから早めに出発しよう」と、夜のうちから支度をし、暗いうちに出発しました。 牛小屋の天井でそれを見ていたネズミはウシの背中に飛び乗りました。 背中にネズミが乗っていることを知らずに、ウシが神様の御殿に到着するとまだ誰も来ていません。 「一番乗りだ!」と喜んだウシの背中からネズミが飛び降り、ウシよりも先に神様のところへ行き、一番になってしまいました。 そのため、ウシは二番目に。 ウシは「モウモウ!」と悔しがったそうです。 それからトラ、ウサギ、龍、ヘビ、ウマ、ヒツジ、サル、トリ、イヌ、イノシシの順で神様の御殿に到着しました。 途中、サルとイヌは大喧嘩をはじめ、トリはそんな二匹の上を飛んで追い抜いたそうですが、ギリギリのところでサルが先に到着。 そのため、順番がサル、トリ、イヌとなりました。 13番目になってしまったカエルは「もうカエル」とがっかりして帰っていったそうです。 12匹と神様は酒盛りをし、大いに盛り上がりましたが、その時もまだサルとイヌは喧嘩を続けていたそうです。 そのため、今でも「犬猿の仲」と言われているそうです。 そして酒盛りが終わってみんなが帰った1月2日の朝、ネコが神様の御殿にやってきます。 一日遅れの日にちをネズミに教えられたことに気づいたネコは怒り、ネズミを追いまわしました。 現在もネコがネズミを追いまわすのはこのときの恨みからだと言われています。 十二支の覚え方 「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥(ねずみ・うし・とら・うさぎ・たつ・へび・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・いのしし)」このままでは少し覚え辛いですね。 「ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、い」とリズムに乗って覚えるといいようですよ。 十二支の動物に特に意味はないと言われていますが、語り継がれる民話のようになぜネコがいないのか、なぜネズミが一番なのかを知ると、楽しく覚えることができそうですね。 また、子供向け番組では十二支の歌が作られ、歌っているうちに十二支の順番を覚えることができます。 十二支全部を覚えるのは大変・・・と思っていても、歌や民話を知ることで、いつの間にか覚えているというのはうれしいですね。

次の

年齢早見表2020年(令和2年)|見やすい無料!

れ いわ 2 年 干支

<2020年干支・ねずみ年 目次>• 十二支としての子 ねずみ について• 十二支の1番目 子が十二支(子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥)の1番目になった理由を表す民話があります。 詳しくは「」で解説。 子の方位は、北• 子の刻は、深夜0時を中心とする約2時間(23時~1時頃)• 子の月は、旧暦11月• 陰陽は陽、五行は水気 2020年干支の「子 ねずみ 」という字の成り立ち 「子」という字は、頭部の大きな幼児の形からきた象形文字です。 中国の『漢書』では、「子」は、繁殖する・うむという意味をもつ「孳」という字からきておており、新しい生命が種子の中に萌(きざ)し始める状態を表しているとわれています。 中国伝来の十二支は、もともと植物が循環する様子を表しているので、十二支の一番目にそのような意味をもつ「子」がくるのです。 2020年干支の「子年・ねずみ年」特徴 子年は新しい物事や運気のサイクルの始まる年になるといわれています 植物が循環する様子を表している十二支の1番目に「子」がきているように、子年を植物にたとえると新しい生命が種子の中にきざし始める時期で、新しい物事や運気のサイクルの始まる年になると考えられています。 また、株式相場には、「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ、戌笑い、亥固まる、子は繁栄、丑つまずき、寅千里を走り、卯跳ねる」という干支にちなんだ格言があります。 ねずみはたくさんの子を産むことから繁栄の象徴とされ、「子年は繁栄」で上げ相場になると言われています。 子年・ねずみ年生まれの人の特徴、性格 世の中にはさまざまな見解がありますが、子年(ねずみ年)生まれの人の特徴についてまとめると以下のような特徴になります。 ねずみが「寝ず身」になるように、真面目にコツコツと働き、倹約家でもあるので、若いうちからお金もたまります。 しかし、不要なものにはお金を使わないので、度を越すとケチとみられてしまうことも。 勘が鋭く、ひらめきもあるので、それを活かすと難を逃れられます。 また、適応能力が高く、コミュニケーションもうまいので、周囲の人を惹きつけます。 2020年干支の鼠(ねずみ)についての豆知識 ~文化的特徴~ 古くから人の周りにいるネズミには、文化的な物事もたくさんあります 【ねずみということばの語源】 ねずみの語源は諸説あるので、いくつかご紹介します。 『古事記』に、大国主命が根の国(根之堅州国。 黄泉の国ともいう)を訪れたときに、危ないところをねずみに助けてもらったという話があり、根の国に棲むことから「根棲み(ねずみ)」になったという説。 また、根の国の「根」には暗いところという意味があり、暗いところに棲む動物なので「根棲み」になったという説もあります。 「穴棲み(あなずみ)」の音が変化したという説。 人間の周りにいて食料を盗む生き物なので「盗み(ぬすみ)」が転じたという説。 夜行性で人が寝ている間に食料を盗むので「寝盗み(ねぬすみ)」が転じたという説。 【鼠は大黒天の使い】 神話に大国主命が鼠に助けられたという話があります。 神仏習合後、大国主命が大黒天と習合されると、鼠は大黒天の使いであると言われるようになり、五穀豊穣や実り、財力の意味をもつようになりました。 【鼠は子孫繁栄】 鼠は多くの子を産むため、子孫繁栄を意味するようになりました。 【四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)】 日本の伝統色は微妙な色の差を区別し、それぞれに名前がつけられています。 とくに茶系統、鼠系統の色のバリエーションが多いので、「四十八茶百鼠」と言われています。 四十八や百は色数ではなく多色という意味で、実際にはもっと多いです。 「窮鼠反って猫を噛む」ともいう。 和算の一に、「正月にひと組みの鼠が子を12匹生む。 そして親と合わせて14匹になる。 毎月それぞれが、また12匹ずつ子を生むとすると、12月には鼠は何匹になるか」という問題があり、276億8257万4402匹になる。 このように鼠算の結果は膨大な数となるため、「急激に数が増えること」を「鼠算式に増える」と表現することがある。 また、鼠算的に会員を増やすことで利益を分配する無限連鎖講のことを「ネズミ講」と呼ぶ。 【関連記事】•

次の

2020年(令和2年)の干支

れ いわ 2 年 干支

<2020年干支・ねずみ年 目次>• 十二支としての子 ねずみ について• 十二支の1番目 子が十二支(子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥)の1番目になった理由を表す民話があります。 詳しくは「」で解説。 子の方位は、北• 子の刻は、深夜0時を中心とする約2時間(23時~1時頃)• 子の月は、旧暦11月• 陰陽は陽、五行は水気 2020年干支の「子 ねずみ 」という字の成り立ち 「子」という字は、頭部の大きな幼児の形からきた象形文字です。 中国の『漢書』では、「子」は、繁殖する・うむという意味をもつ「孳」という字からきておており、新しい生命が種子の中に萌(きざ)し始める状態を表しているとわれています。 中国伝来の十二支は、もともと植物が循環する様子を表しているので、十二支の一番目にそのような意味をもつ「子」がくるのです。 2020年干支の「子年・ねずみ年」特徴 子年は新しい物事や運気のサイクルの始まる年になるといわれています 植物が循環する様子を表している十二支の1番目に「子」がきているように、子年を植物にたとえると新しい生命が種子の中にきざし始める時期で、新しい物事や運気のサイクルの始まる年になると考えられています。 また、株式相場には、「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ、戌笑い、亥固まる、子は繁栄、丑つまずき、寅千里を走り、卯跳ねる」という干支にちなんだ格言があります。 ねずみはたくさんの子を産むことから繁栄の象徴とされ、「子年は繁栄」で上げ相場になると言われています。 子年・ねずみ年生まれの人の特徴、性格 世の中にはさまざまな見解がありますが、子年(ねずみ年)生まれの人の特徴についてまとめると以下のような特徴になります。 ねずみが「寝ず身」になるように、真面目にコツコツと働き、倹約家でもあるので、若いうちからお金もたまります。 しかし、不要なものにはお金を使わないので、度を越すとケチとみられてしまうことも。 勘が鋭く、ひらめきもあるので、それを活かすと難を逃れられます。 また、適応能力が高く、コミュニケーションもうまいので、周囲の人を惹きつけます。 2020年干支の鼠(ねずみ)についての豆知識 ~文化的特徴~ 古くから人の周りにいるネズミには、文化的な物事もたくさんあります 【ねずみということばの語源】 ねずみの語源は諸説あるので、いくつかご紹介します。 『古事記』に、大国主命が根の国(根之堅州国。 黄泉の国ともいう)を訪れたときに、危ないところをねずみに助けてもらったという話があり、根の国に棲むことから「根棲み(ねずみ)」になったという説。 また、根の国の「根」には暗いところという意味があり、暗いところに棲む動物なので「根棲み」になったという説もあります。 「穴棲み(あなずみ)」の音が変化したという説。 人間の周りにいて食料を盗む生き物なので「盗み(ぬすみ)」が転じたという説。 夜行性で人が寝ている間に食料を盗むので「寝盗み(ねぬすみ)」が転じたという説。 【鼠は大黒天の使い】 神話に大国主命が鼠に助けられたという話があります。 神仏習合後、大国主命が大黒天と習合されると、鼠は大黒天の使いであると言われるようになり、五穀豊穣や実り、財力の意味をもつようになりました。 【鼠は子孫繁栄】 鼠は多くの子を産むため、子孫繁栄を意味するようになりました。 【四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)】 日本の伝統色は微妙な色の差を区別し、それぞれに名前がつけられています。 とくに茶系統、鼠系統の色のバリエーションが多いので、「四十八茶百鼠」と言われています。 四十八や百は色数ではなく多色という意味で、実際にはもっと多いです。 「窮鼠反って猫を噛む」ともいう。 和算の一に、「正月にひと組みの鼠が子を12匹生む。 そして親と合わせて14匹になる。 毎月それぞれが、また12匹ずつ子を生むとすると、12月には鼠は何匹になるか」という問題があり、276億8257万4402匹になる。 このように鼠算の結果は膨大な数となるため、「急激に数が増えること」を「鼠算式に増える」と表現することがある。 また、鼠算的に会員を増やすことで利益を分配する無限連鎖講のことを「ネズミ講」と呼ぶ。 【関連記事】•

次の