大型 犬 種類。 大型犬の種類|画像つき人気ランキングで紹介!飼いやすい犬種って?|いぬのきもちWEB MAGAZINE

人気の大型犬ランキング!種類ごとの特徴や性格について紹介

大型 犬 種類

都道府県 :• 全国の大型犬• 山形 0• 新潟 0• 福井 0• 島根 0• 9 カテゴリ :• 全ての里親募集• 447• 全国以外の都道府県から探す :• 全国の大型犬• 山形 0• 新潟 0• 福井 0• 島根 0•

次の

大型犬|里親募集|ジモティー

大型 犬 種類

com ゴールデン・レトリーバーは、鳥を狩るときに人間とともに働く鳥猟犬として活躍してきた犬種です。 長めで豊かな被毛を持ち、垂れ耳でなおかつ、なんとなく垂れ目に見える容貌から優しい印象を与えてくれます。 バランスがよく均整のとれた体格で、活動的なのも特徴です。 原産国 イギリス(スコットランド) 体高 51~61cm 体重 25~34kg 平均寿命 11~13歳 毛色の種類 ゴールド/クリーム ゴールデン・レトリーバーの性格 ゴールデン・レトリーバーは見た目の優しげな雰囲気そのままに、性格も温和で優しい犬種です。 ほかの犬や子ども、知らない人にも友好的に接することができるため、初心者にも飼育しやすい犬種だといえるでしょう。 子犬のときは多少やんちゃなところがあるかもしれません。 しかし、介助犬や警察犬として人間と一緒に仕事ができるほど賢く、しつけするうちに落ち着くことがほとんどです。 また水鳥を回収してくる仕事を担っていただけあり、水遊びが好きな性格の子も多くいます。 もっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。 ゴールデン・レトリーバーのしつけや飼育時の注意点 ゴールデン・レトリーバーは頭がいいことで知られています。 また、猟犬として活躍していたことから主人の命令を待つ忍耐力や従順さを持ち合わせており、しつけはしやすい犬種です。 ただし、体が大きいうえに人にもフレンドリーであるため、思わぬときにリードを強く引っ張ったり人に飛びついてしまったりするかもしれません。 犬自身は遊びのつもりで悪気がなくても、人を驚かせることや怪我につながる危険もあるため注意しましょう。 里親の選択肢も視野にいれよう しつけもしやすく性格も温和なゴールデン・レトリーバーは里親として家族に迎え安い犬種のひとつです。 成犬ならすでにしつけがしっかりされていることも多く、飼いやすい犬種だといえます。 com ラブラドール・レトリーバーは盲導犬として活躍していることがよく知られている犬種です。 もともとはカナダのニューファンドランド島にあるラブラドール半島周辺で、漁師の魚を回収するのに活躍していた犬種が祖先といわれています。 その後イギリスに渡って水鳥を回収してくる鳥猟犬として改良が進みました。 原産国 イギリス 体高 54~57cm 体重 25~34kg 平均寿命 10~15年 毛色の種類 イエロー/ブラック/レバー/チョコレート ラブラドール・レトリーバーの性格 ラブラドール・レトリーバーは、賢いうえに優しくて温和な性格をしているため、はじめて大型犬を飼う人にも飼いやすい犬種です。 知らない人や犬以外の動物に対しても警戒心や闘争心がなく、フレンドリーに接することができます。 飼い主に対して従順なことも特徴的であり、盲導犬や介助犬として活躍できる資質を備えた犬種であるといえるでしょう。 鳥猟犬として活躍していたときの名残から、水遊びやボール遊びが好きなことも多いです。 もっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。 ラブラドール・レトリーバーのしつけや飼育時の注意点 ラブラドール・レトリーバーは基本的に温和な性格です。 基本的には頭がよく、飼い主の命令もよく聞く従順さがあるため、しつけは難しくありません。 ただし、遊び好きで活動的なこともあり、子犬のときはやんちゃな側面を発揮することがあります。 そのまま大人になると落ち着きがなく、むやみにリードを引っ張ったり人に飛びついたりしかねません。 体が大きいだけに、ちょっとしたいたずらでも家具が破壊されることもあり得ます。 子犬のときから主従関係を構築して「待て」が確実にできるようにし、してはダメなことはしないように覚えさせておきましょう。 里親の選択肢も視野にいれよう 賢くて飼い主にも従順なラブラドール・レトリーバーは、大型犬でも飼いやすい犬種です。 里親として子犬から育てるのも難しくありません。 すでにしつけされている成犬ならば、なおさら飼いやすい犬種ですから、里親という選択肢も視野に入れやすいでしょう。

次の

優しくてとっても従順!大型犬&超大型犬の種類38選

大型 犬 種類

紀元前にローマ人が闘犬や飼育していたモロサスタイプの犬を、牧畜犬として改良されて誕生した。 主に牛の群れを誘導する牧牛犬や、警備犬としても使役されていた。 19世紀に入り牧畜の仕事が機械化されると、警備犬としてや、軍用犬、警察犬としても仕事をするようになる。 1870年代になると、ドーベルマンの原種としてその作出に使われた事で知名度が上昇。 現在でも作業犬としてや、ペット、ショードッグとして日本をはじめ世界中で多く飼育されている。 時に幼い子供を噛むなどの事件が起きているが、基本的には正しいしつけがなされていれば、自から積極的に人を襲う犬種ではないとされるため、正しいロットワイラーの飼育知識を持つ必要がある犬種である。 8世紀頃の絵画にこの犬に良く似た犬が度々登場する事から、この4犬種のうちブリアードは最も古い犬種と考えられている。 14世紀頃にはその犬種が存在したという記録が残っている。 ブリアードは、パリ郊外の農村地帯「ブリー地方」で誕生した犬種と考えられており、当時は「ブリー地方の牧羊犬(シアン・ベルジュ・デ・ブリー)」と呼ばれていた。 1800年代に入ってようやく「ブリアード」という名前が付けられたとされる。 また、14世紀ごろ誕生した伝説に登場する犬「シアン・ド・オブリー」が由来になったという説もある。 ドッグショーには1860年に既に登場したと見られる。 当時は「ウェービー・コーテッド」と呼ばれており、絶大な人気を集めていた。 しかし19世紀後半には差異があまり無かった「ゴールデン・レトリーバー」に人気を奪われるが、乱繁殖のブリーディングをを免れ、優秀な純血統種が守られてきた。 鳥類の狩猟犬として、陸上でも水中でも獲物を回収する運動神経のよい狩猟犬として重宝がられてきた。 陽気で優しく温和な性格で、感受性も強く学習能力も高い。 狩猟犬の本能から大変活動的で走り回ったりする事を好むが、屋内などでは大人しくして過ごす事が多い。 ベルンの英語読みから「バーニーズ」と呼ばれるようになった。 別名で「ベルンナー・ゼネフンド(ベルンの山犬)」「バーニーズ・キャトル・ドッグ」などと呼ばれる事もある。 祖先犬は、ローマ帝国がスイス侵攻時に伴っていたマスティフ種と考えられている。 バーニーズ・マウンテンドッグとしての起源もかなり古く、およそ2000年以上前にさかのぼる。 当時アルプスの厳しい気候の中で、牧畜犬としての他、農産物などの運搬する仕事をしていた。 生活拠点が山岳地と限定されていたため、地犬との交配があまりなく、特徴である長く美しい被毛を維持するなど血統を守る事ができたとされる。 グレーター・スイス・マウンテンドッグをはじめ、バーニーズ・マウンテンドッグ、エントレブッハー・マウンテン・ドッグ、アッペンツェラー・キャトル・ドッグなど数種類のスイスの牧畜犬は、紀元前1世紀頃、ローマ人と共にスイスに渡ってきた大型犬が祖先と言われている。 また別の説として、さらにその何世紀も前、フェニキア人の商人が伴っていたとも考えられている。 諸説あるにせよ、外国よりスイスへ渡ってきた大型のマスチフ・タイプの犬と、スイスの土着犬との交配で誕生した犬種である事の信憑性は高い。 グレーター・スイス・マウンテン・ドッグに限定すると、原種はセントバーナードとロットワイラーであると考えられている。 英語では断尾されていることから「尻尾なし」という意味の「ボブテイル」と称される事もある。 イギリスの田舎の犬が起源とされているが、正確な事は判っていない。 1770年代に英国の画家により描かれている犬が、オールド・イングリッシュ・シープドッグの初期型だとの説や、 1800年代初期のイングランド南西部郡での牧畜犬・スミスフィールドやコッツウォルド・コーと呼ばれた犬もオールド・イングリッシュ・シープドッグの祖先である可能性などが指摘される。 しかし多くの愛好家はビアデッド・コリーが現在のオールド・イングリッシュ・シープドッグの原種の一つであるとしている。 また、サウス・ロシアン・シェパード・ドッグという種類が祖先の一つであるという説もある。 かつてローマ帝国時代にはローマへ献上された事もあった。 18世紀まではアイルランド農民に必要不可欠とされており、その大きな体でオオカミやキツネなどの襲撃から家畜や飼い主を守っていたとされている。 19世紀にアイルランドを襲った大飢饉の影響もあり、絶滅の絶滅の危機に瀕したが、19世紀後半に愛好家たちが保護し、様々なハウンド種との交配を重ねその頭数を増やし復活したのが現在のアイリッシュ・ウルフハウンドとされる。 全犬種で最も体高が高いがその体格に反し性格は繊細で穏やか。 足が速く猟犬としてとても優秀。

次の