スイマー復活 いつ。 人気雑貨店「スイマー」復活へ! しかし、ネットでは「新たな悲鳴」も!?

なくなると噂のSWIMMERスイマー(雑貨/痛バッグ)が復活って本当?閉店(終了)したのはなぜ?

スイマー復活 いつ

ばんざーい??? adolescence71 大雨警報でスイマー復活…. ? スイマー、貴様生きていたのか? — ラスベガスの男ヒスイ(ゴリラ) bakemonofrends SWIMMER復活!! 嬉しすぎるニュース? スイマーの痛バかわいいから好きなんだよなぁ? 買いに行きたかったけど? 行こうと思ったらスイマー無くなったって聞いてショックすぎた? めっちゃ嬉しすぎる? M5OZS 実は100均でスイマーっぽいもんを見つけては大人買いしてた私。。 — ペチャコ pechako9 トレンドに「スイマー復活」という文字列を見てすぐに思い起こしたもの。

次の

新生「スイマー」のディレクターが決定、ライセンス展開で再出発 (2020年5月1日)

スイマー復活 いつ

2018年1月末に終了した服飾、生活雑貨ブランドの「SWIMMER スイマー 」が復活すると言う情報が入り、話題を呼んでいます。 SWIMMERは、1987年に誕生したブランドで、レトロかわいいものを中心に動物やスイーツをモチーフのした絵柄や形の商品を売り出していた。 しかし、2018年、仕入れ単価の高騰により思うようなものづくりや価格帯の維持が難しくなったなどの理由で終了してしまいました。 そんな人気ブランドSWIMMER スイマー 復活ということで、 みなさん気になるのはSWIMMER スイマー がいつ復活するのか、また店舗はどこにできてどの商品が復活するかだと思います。 今回は、SWIMMER スイマー はいつ復活するのか、また店舗はどこでどの商品が復活するのかについてお伝えしていきます! Contents• SWIMMER スイマー はいつ復活する? SWIMMER スイマー はいつ復活するのでしょうか。 そう、少し前なんです。 そしてこの情報が公式サイトに掲載されたのが2019年5月1日です。 結構時間差がありますよね。 これは、復活が近いということを意味しているのではないかなと思います。 しかし、その情報公開からも一ヶ月以上経っています。 いつになったら復活するのでしょうか。 公式サイトにて随時お知らせするとのことなので、続報を待つことにしましょう。 SWIMMER スイマー の店舗はどこ? SWIMMER スイマー の店舗はどこになるのでしょうか。 またSWIMMER スイマー の売れ行きが好調になるとと、SWIMMER スイマー の売れ行きが好調で、専門の店も出てくるのではないかなと思います。 そうなった場合、また全国各地でSWIMMER(スイマー)の商品を買うことができるようになるのではないでしょうか。 また、現在SWIMMER(スイマー)の通販サイトも準備中なので、店舗に行かなくても購入することができるかもしれません。 これは、少し地方に住んでいる方にとっては嬉しい話ですよね。 これについても、続報を待ちましょう! SWIMMER スイマー のどの商品が復活する? SWIMMER スイマー の売れ行きが好調で、のどの商品が復活するのでしょうか。 俺についてもまだ公開されておらず、後々公式サイトにてお知らせされると思います。 SWIMMER スイマー の人気商品などは復活する可能性は高いのではないでしょうか。 Twitterで検索してみますと、どうやら「りんご王子」というキャラクターが人気だったようです。 別の会社による販売とはなりましたが、デザイナーは同じという情報がありましたので、同じようなかわいい商品が発売されると思います。 楽しみにしておきましょう! みなさんの反応 SWIMMER スイマー の復活に対するみなさんの反応をみていきましょう。 中学生だった時とかに買ったことがあり、それを懐かしんでいる方が多かったです。 また、かなり前に買ったSWIMMER スイマー の商品を今でも使っている方もいて、曽爾ような方々にとってはかなり嬉しいニュースなのではないでしょうか。 当時中高生だった方々にはウケるかもしれませんが、現在のトレンドを取り入れて今の中高生にはウケるのでしょうか。 今、SWIMMER スイマー の公式サイトも作られている段階だそうなので、もう少し待ってみましょう!.

次の

Home

スイマー復活 いつ

スイマーは1987年に代官山で誕生。 シンボルは「りんご王子」で、コンセプトは「ノスタルジックキューティ」。 企画・デザイン・生産のすべてを自社で行っていたという。 きゃりーぱみゅぱみゅさんなど青文字系モデルや若手女性アーティスト・アイドルにも愛用者が多く、何より手頃な価格帯ということもあり「ゆめかわいい」系雑貨店の代表格として人気を集めていた。 男性読者のなかにも「学生時代に女友達の誕生日プレゼントを買いにスイマーに行った」という経験がある人もいるかも知れない(筆者がそうである)。 スイマーが人気を集めるにつれて客層も拡大し、1999年にはバブル期にスイマーを買っていた世代に向けてスイマーの「お姉さんブランド」である「chocoholic(チョコホリック)」も誕生。 スイマーと同じく、レトロな「アメリカノスタルジック」をテーマにした生活雑貨を販売し人気を集めた。 2014年には代官山の本店を閉店させた一方、近年は各地のファッションビルに加えてショッピングセンターなどにも出店範囲を広げており、2017年にはブランド30周年を記念して特別ムック本が発売されるなど、当面は安泰かに思われた。 しかし、スイマーを展開する白鳳(東京都渋谷区)は、2017年7月に「仕入れ単価の高騰により思うようなモノづくりや価格帯の維持が難しくなったこと」を理由に、突然の「ブランド終了」を発表。 2017年末でオンラインショップを、2018年1月末に「chocoholic」とともに全ての実店舗を閉鎖し、惜しまれつつ「ブランド終了」となっていた。 パティズの店内。 スイマーの商品も見える(パティズ社提供)。 パティズ社は「皆様に愛されているスイマーを途絶えさせてはならないという強い想いから、 復活に向けて動き出した」といい、今後は同社がスイマーブランドの商品の企画・販売を行うという。 これでスイマーファンは一安心……と思いきや、そうではなかった。 ネット上では多くの悲鳴が飛び交う。 そう、パティズが展開するのは東日本だけ。 最も西にあるのは2018年に出店した「ルビットタウン高山店」(岐阜県高山市)で、展開地域が徐々に広がってはいるものの、3大都市圏で店舗があるのは首都圏のみだ。 SNSには「福岡は?パルコにあったのに!」「調べたけど大阪に店舗ないやん!」などといった声が飛び交う。 そこで、パティズ社に「今後の店舗展開」について話を伺った。

次の