与える 意味。 「予断(よだん)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

「心証(しんしょう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

与える 意味

前回に書いたとおり、勤務先の会社が変な方向へいこうとしていたので、問題提起を行い、只今会社全体の組織改革、意識改革の実践フェーズに突入しています。 久しぶりに、7時出の23時帰りという年齢的にも主婦的にも厳しい日々を送っております。 さらにダンナさんには色々我慢していただいており、恐縮しております。 会社自体が良い意味でも悪い意味でも会社らしくなく、スタッフも会社らしい会社に務めたことのない人間ばかり。 組織らしい組織もなく、業務も整理されておらず、責任範囲も曖昧で同時に給与・評価制度も明確ではありませんでした。 きちんとした組織を構成するために、管理職を作り、各スタッフの責任範囲を明確にし、責任に見合った報酬を与えるよう変えてもらうことになりました。 それと同時に、管理職になるであろう人間への意識改革が重要となります。 まだまだうちの(次期)管理職の人間の意識の中には「スタッフの意識を変えなければ」「会社の仕組みを変えなければ」「業務を効率化せねば」といった発想が多いのですが、私はそうではないと思っています。 まずは「自分がとことん反省すること」。 全ての元凶は、管理職である自分自身のせいだと捉え、何が原因だったかを反省する必要があります。 それは部下が働かないからでもなく、会社の仕組みが整っていないせいではありません。 全て、自身自身の行動が起こしたことです。 その次に「自分はどう変わるべきか」。 まずは自身の反省点をふまえ、周りの人間に「なんか最近あの人変わった」と思わせるぐらいに変わる必要があります。 それは周りを変えるより先に、変える必要があります。 そして、認識しなければいけないのは、「周りが変わったところで、人(自分も含め)は変わらない」こと。 悪いことが起こった場合、よく人は周りのせいにします。 「環境が悪い」「あの人が悪い」など。 たとえそのような原因があったとしても、その点を予測し、リスクを回避する策を打ち、コトがうまく進むよう手を打たなかった自分に責任があります。 自分が変わること。 まずはそこの意識改革が第一です。 そして私が1番重要と考えているのは「自分で気づくこと」。 自分の課題を自分で気づき、自分が変えるべき点ややるべきことを自分で気づくこと。 そこは本人以外の誰かが教える(指示する)点ではないのです。 私がやるべきことは、そこを気づくためのヒントを与え続けるところだと考えています。 わかっている人間が答えだけを与え動かせば、的確でスピードのある改革ができるのでしょうが、それでは後に続きません。 また、ヒント自体の出し方も大事ですよね。 口で言うだけでなく行動で見せる必要もあります。 また、ヒントを出す人間自身の人間性や信頼性も大事です。 どちらにしても、やっぱり最後は「自分はどうあるべきか」。 そして、それを「ブレずに」「継続する」ことが何より大事なんですね。

次の

「与/與」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

与える 意味

本来は行政分野や法律分野でよく使われてきた言葉ですが、近年ではビジネスの世界でも意思決定に関連して頻繁に聞くようになりました。 ビジネスの世界では、「自由裁量」や「個人の裁量に任せる」などといった表現でよく用いられます。 ビジネスの世界における「裁量」 会社という組織では、特に大企業になればなるほど、些細なことでも上司や上部組織(例えば取締役会など)の意向を確認し調整(いわゆる「稟議」)したうえで、意思決定をすることが求められます。 この方法では、チェック機能が働いたり責任の所在を明らかにするというメリットがあるものの、意思決定のスピードが損なわれるというデメリットも存在します。 一方、ベンチャー(スタートアップ)企業や革新的な企業の中には、スピードを重視し、意思決定を個人や下部組織の「裁量」に任せているところも少なくありません。 個人や下部組織に「裁量」が大きく与えられることは、ビジネスパーソンにとって大きな魅力になりますが、その反面、(特に失敗した際の)責任も大きくなるということは忘れてはならないでしょう。 「裁量」の基本的な使い方(文例) 「裁量」という言葉を用いた、具体的な文例についても見てみましょう。 「裁量」を用いた具体的な文例• ベンチャー企業の魅力のひとつは、個人に与えられる 「裁量」の大きさである。 スタートアップ企業のA社では、インターン生にも大きな 「裁量」が与えられている。 A社は各店舗の店長に自由 「裁量」権を与えているため、店舗ごとに個性的なキャンペーンが導入されている。 中小企業では中間管理職の 「裁量」範囲はかなり広い。 休診日や診療時間の設定は医療機関の自由 「裁量」である。 任命権者が分限処分を行うにあたり、いかなる処分を行うかは任命権者の 「裁量」に委ねられている。 多国籍軍とは、国連安全保障理事会決議などの国際合意に基づき各国が各々の 「裁量」において派遣した軍のこととされている。 このように「裁量」という言葉は用いられます。

次の

「与える」の類語・熟語・上から目線なのか・例文・読み方・対義語

与える 意味

「つかえる」とは、とどこおっている状態を指し、 「物に妨げられて、先へ進めない状態になる。 」という意味です。 漢字では「支える」と書きますが、 日常では「つかえる」と平仮名で書かれることがほとんどです。 そのため、「支える」という漢字表記である場合、ほとんどの場合は「支(ささ)える」という意味であると考えてよいでしょう。 邪魔をしているものが主語になる場合と、邪魔をされるものが主語になる場合があります。 例えば、「排水管が詰まって、水がつかえている。 」という状況の場合、「排水管がつかえている。 」「水がつかえている。 」と主語を変えても意味は変わりません。 【使い方】• ピアノが玄関に支(つか)えてしまって入らない。 正月早々、もちがのどに支(つか)えて大騒ぎになってしまった。 仕事が支(つか)えているので、そろそろ失礼させていただきます。

次の