切迫早産 腹痛。 【医師監修】妊娠中期の腹痛。ズキズキ痛や下腹部痛、生理痛のような痛みも

知っていますか?!妊娠初期の出血&腹痛はこんなに危険!!

切迫早産 腹痛

2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。 沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。 産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... 妊娠すると、眠気が強くなったり、腰痛が出たり、食欲が増したりと、さまざまな体調変化が起きます。 なかでも、赤ちゃんがいるお腹の痛みには敏感になりますよね。 妊娠後期に腹痛を感じると、「陣痛かな?」「何か問題があるのかな?」と不安になることもあるかと思います。 今回は妊娠後期の腹痛について、原因や対処法、病院へ行く目安などをご紹介します。 妊娠後期は腹痛が起きやすい? 妊娠後期になって子宮が大きくなると、お腹の張りを感じやすくなります。 お腹の張りには、痛みを伴うこともあれば、全く痛みを感じない場合もあります。 また、妊娠37週以降の正産期に入れば、陣痛がいつ来てもおかしくない状態になります。 陣痛が来る前に、前駆陣痛というものが起きる人もいます。 これらの腹痛は妊娠の経過において起こるものなので、過度に心配する必要はありません。 しかし、不正出血が伴う場合や腹痛があまりにも激しい場合などは、体に異変が起きている可能性があり、すぐに病院を受診しなければいけません。 妊娠後期の腹痛にはどんな原因があり、どう対処すればいいのかを知っておくことは、お腹の赤ちゃんや妊婦さんを守るうえで大切なことです。 関連記事 妊娠後期の腹痛には慎重な判断を 妊娠後期の腹痛には、陣痛以外にもさまざまな原因が考えられます。 母体や赤ちゃんの命にかかわることもあるので、いつもと違う腹痛を感じたときは自己判断せず、医師に相談するようにしてください。 また、妊婦健診へ行くと、子宮頸管の長さや子宮口の開き具合、胎児が子宮内で下りてきているかを調べ、出産が近づいているかどうかを確認してもらえます。 切迫早産に近い状態の場合は生活指導を受けることもあるので、妊婦健診は定期的に受けるようにしましょう。 妊娠後期に入れば、赤ちゃんと対面できるまでもう少しです。 体調の変化に注意を払いながら、出産までの残りの日々を過ごしていきましょう。

次の

妊娠後期の腹痛!チクチクするのは陣痛や切迫早産?便秘や下痢?

切迫早産 腹痛

自己判断は禁物ですが、落ち着いて対処するために知っておきたいポイントについて、産婦人科医の新村朋美先生に伺いました。 「切迫流産」とは? 妊娠22週未満で、おなかの中から出血があっても正常妊娠している状態を「切迫流産」といいます。 腹痛を伴うことも多く、出血はおなかの中だけで腟外に出ない場合もあります。 流産と症状は似ていますが、超音波検査で赤ちゃんの心拍が確認できれば「切迫流産」と診断されます。 誰にでも起こりうることで、ママは何も悪くありません。 <妊娠12週未満の「切迫流産」と診断される出血の原因> (1)受精卵が子宮内膜に入り込みながら胎盤が作られる過程で、子宮内膜の血管がまだ細いので出血しやすくなっている(妊娠が順調でも出血しやすい) (2)激しい運動・・・胎盤が(1)の状態のため、激しく動くと血管から出血しやすくなっている (3)絨毛膜下血腫・・・(1)の過程で絨毛膜(赤ちゃんと羊水を包む卵膜の一部)の外側に血がたまっている状態。 血腫が大きかったり、血腫の位置によっては注意が必要です (4)前置胎盤・・・胎盤が子宮口をふさぐような位置にあり出血しやすい。 大量出血しないよう注意は必要です ただし、妊娠12週~21週の切迫流産は原因が上記と異なってきます。 ママの感染症や子宮頸管無力症などの可能性もあるので、妊娠12週を過ぎても症状が治まらない場合は、改めて受診するようにしましょう。 こんなときはすぐ産院へ 以下のような出血があったらすぐ産院へ! それ以外の出血は次の妊婦健診まで様子を見ても大丈夫ですが、不安なときは産院に電話してみましょう。 ・血の色が鮮血 ・出血量が生理2日目以上 ・かたまりのようなものが出た 産院に連絡するとき伝えること ・妊娠の週数 ・(健診で)胎嚢(たいのう)が確認されているか ・(健診で)心拍が確認されているか ・出血の量、血の色、何かかたまりが出たか ・腹痛の強さ(椅子に座っていることもできないなど) ・症状の経過(どんどん強くなっている、強い痛みが治まってきたなど) 何を検査して診断するの? 産院を受診すると、以下を検査します。 ・超音波検査で赤ちゃんに心拍があるか ・週数に見合った大きさに成長しているか ・ママの子宮頸管が開いていないか ・ママが感染症に感染していないか など 以上が大丈夫なら「赤ちゃんは元気だから切迫流産です」と診断されます。 まずは、流産のリスクが低くなるラインの妊娠12週を目指します。 特別な治療はしません 診察の結果、赤ちゃんが元気で子宮頸管が閉じていれば症状が治まる可能性が高いので、特別な治療はしません。 自宅安静や入院安静を指示されることもあります。 「治療しないで本当に大丈夫?」と心配になると思いますが、たとえ流産につながる出血だったとしても、妊娠12週までの流産の原因は受精卵の染色体異常が多く、治療して止めることは難しいのです。 妊娠12週を過ぎると流産のリスクが低くなります。 基本的に薬は処方されません 妊娠12週未満で心配のない出血なら基本的に薬は処方されません。 医師の判断で以下のような薬を処方されることもありますが、流産を止める効果が確立された薬はないのが現状です。 薬の種類 効果 副作用 ピペリドレート塩酸塩 (妊娠12週未満) 子宮収縮を抑える「はりどめ」(内服) 肝機能障害・黄疸、めまい、動悸など イソクスプリン塩酸塩 (妊娠12週以降16週未満) 子宮収縮を抑える(内服・点滴) 動悸、頭痛、顔面潮紅 塩酸リトドリン (妊娠16週以降) 子宮収縮を抑える(内服・点滴) 動悸、倦怠感、筋肉痛、肺水腫、横紋筋融解症など 黄体ホルモン製剤 子宮内膜を厚くする 血栓症、うっ血性心不全、ショック、乳頭水腫など ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)製剤 子宮内膜を厚くする黄体ホルモンや卵胞ホルモンの分泌を促す ショック、卵巣過剰刺激症候群、血栓症,脳梗塞,卵巣破裂,卵巣茎捻転,呼吸困難,肺水腫など 止血剤 出血を止める 胃の不快感、かゆみなど 自宅安静を指示されたら 「安静」といっても、日常と変わらない生活をしながら「疲れたら横になる」という軽いものから、入院安静に近いケースまで症状によって違うので、医師に確認して。 立ちっぱなしは厳禁。 トイレ掃除などおなかを圧迫する動きや、高いところに手を伸ばす姿勢も避けましょう。 症状が治まれば妊娠週数などを考慮して退院できますが、退院後も自宅安静になることが多いです。 病院内を歩き回るのはNGです 双子・高齢妊婦は特に注意 出血しやすかったり、流産するリスクが高い人もいます。 以下のママは、体の変化や出血には特に注意しながら経過をみましょう。 ・双子・・・双子は1人を妊娠しているときより流産・早産のリスクが高いので、早い段階から流産・早産対策が必要です ・高年妊婦・・・35歳未満の妊婦と比べ、年齢が上がると流産する確率が高くなります ・前置胎盤・・・胎盤が子宮口をふさいでいるので、大量出血しやすい状態です ・流産・早産経験がある人・・・流産・早産を繰り返す医学的根拠はありませんが、心配なら医師に相談しながら注意していきましょう パパに知っておいてほしいこと ・セックスは、切迫流産と診断をされているときはNG。 診断されていない場合も、ママに出血・腹痛があるときは控えて。 切迫流産の症状がおさまり、安定期に入っても、ママのおなかを圧迫するような体位は避けましょう。 また、精液には子宮収縮を促す成分が含まれているので、必ずコンドームを使用しましょう。 感染症予防にもなります。 ・自宅安静の指示が出たら、家事や上の子の世話などをどうするか、パパが率先してママや周りの人と相談するようにしましょう。 親きょうだいや家事代行サービスに頼る方法もあります。 「みんなに悪いから」とママが無理をしてしまうことがないようにしてあげて。 ママは不安で精神的にも負担が大きい時期。 メンタル面からしっかり支えてあげましょう。 疲れて免疫力が下がらないように心がけましょう ・妊婦健診をきちんと受けましょう ・むやみに人ごみに出てウイルスに感染しないようにしましょう ・妊娠12週以降の切迫流産の原因は腟からの感染症が多くなります。 妊娠初期から外陰部は清潔に保ち、排便時は前から後ろにふくように、温水洗浄器(使いすぎに注意!)も前から後ろへかけるようにしましょう 切迫流産Q&A Q:妊娠3カ月に入っても茶色い出血が続いていますが、主治医には「異常ない」と言われています。 本当に大丈夫なのでしょうか? A:「異常ない」と言われてもママは不安ですよね。 でも、切迫流産と診断されてもほとんどのママは妊娠を継続できています。 出血は安静にしていると止まりやすくなるので、心配なら体を横にしているといいですよ。 出血量が増えたり、かたまりのような出血があったら受診しましょう。 Q:流産が心配で、趣味のダンスなどの運動も控えているのですが、心配しすぎでしょうか? A:毎日を不安な気持ちで過ごしているのですね。 慎重になることでママが安心できるのなら控えても良いと思います。 妊娠中のエアロビクスやヨガなどの適度な運動はむしろ好ましいと言われているので、安定期に入ったり、ママが心配がなくなった時点で再開すると良いでしょう。 転倒・転落する危険があったり、体がぶつかり合うような運動は控えましょう。 Q:胎児心拍を確認できたあと、ゴルフの練習に励んだら出血。 切迫流産になり、自宅安静を指示されました。 ゴルフがいけなかったのでしょうか? A:妊娠経過が順調でも激しい運動をすると出血することがあります。 流産につながる出血ではないですが、出血・腹痛があるときは安静にしましょう。 Q:前回の妊娠で、胎嚢確認後、長時間立ち仕事をしたあと流産しました。 今回の妊娠は、立ち仕事を控えたほうが良いでしょうか? A:前回はつらい思いをしましたね。 妊娠初期の流産の原因は大半が赤ちゃん側の問題なので、ママの立ち仕事とは関係なかったと思いますよ。 「あれをしたから」「あれをしなかったから」と後悔しやすいのですが、異常があって医師から安静を指示されない限りは、今回もいつもの生活を送って大丈夫ですよ。 「切迫流産」を経験する多くのママが、その後も妊娠を継続できています。 残念ながら流産してしまうママは妊娠全体の15%ほど(切迫流産と診断されていない人も含む)いますが、妊娠12週を過ぎると流産の確率がぐんと低くなります。

次の

切迫早産の症状は腹痛やお腹のはりがある?胎動の変化は?

切迫早産 腹痛

切迫流産・切迫早産の先輩ママ体験談 アンケートに答えてくれた先輩ママのうち、約2割が切迫流産・切迫早産を経験していました。 ただ、「入院して絶対安静」から「切迫ぎみ」まで、症状には個人差が大きかったようです。 切迫流産になる主な原因とは? 切迫流産の原因はわかっていませんが初期流産の半数以上は、胎児側の原因によるといわれます。 後期流産は、安静と治療により避けられることもあります。 初期流産(妊娠12週未満)の主な原因 ・受精卵の染色体異常 ・母体側の原因 ・原因不明 半数以上は胎児側の要因によるため、予防はむずかしく、安静や薬服用などでも症状を抑えられないケースも。 初期流産の場合、ママの行動とは関係なく起こるものがほとんどといえるでしょう。 後期流産(妊娠12~22週未満)の主な原因 ・夫婦間もしくはママの免疫異常 ・ママの持病 ・感染症 ・子宮の異常(筋腫、腫瘍など) 免疫異常や持病、感染症などは治療を行うことで流産を防げることも。 子宮にトラブルがある場合も、超音波検査などでこまめに経過を観察していきます。 正期産よりも早い時期に出産となる「早産」。 切迫早産は、早産一歩手前の状態です。 赤ちゃんの体の機能が完成し準備ができるまでは、しっかりママのおなかの中で育ててあげたいもの。 そこで、切迫早産の症状や原因、予防法、治療法についてドクターに聞きました。 切迫早産は、切迫流産より原因や予防法がわかりやすいといえます。 医師の指示に従って安静にし、きちんとした治療を行えば、早産を防ぐことも可能です。 妊娠している状態で、出血や下腹部痛などの症状が見られた場合、「切迫流産」と診断されます。 ただし、医師の指示を守ることで、無事に妊娠が継続されることも多くあるので、心配しすぎないで。 診断されてもすぐ流産につながるわけではありません。 また、出血と腹痛の両方の症状が必ず出るわけではないため、出血がなくても「切迫流産」と診断される場合もあります。 気になる症状がある場合には受診をして医師の指示に従いましょう。 《先輩ママ口コミ》切迫流産の診断前どんな自覚症状・兆候があった? ・強い筋肉痛のようなズキズキするおなかの痛みで、前かがみにならないと歩けないほど。 (Mさん) ・下着につく程度の少量の出血が1回だけあって、子宮がキューッとなるような違和感がありました。 (Rさん) ・生理痛のような下腹部痛。 (Nさん) ・おなかの下のほうがシクシクする痛みが少しずつ強くなったような……。 (Mさん) ・生理の始まりみたいな出血があったのでビックリしました。 (Mさん) 切迫流産の治療法・対処法 基本的に安静にすること。 薬が処方されない場合もある 張り止めなどの薬が処方されることもありますが、12週未満では経過を見守るしかないこともあり、処方しない病院もあります。 感染症やママの病気が原因の場合は、抗生物質など必要な薬が処方されます。 「安静」といわれたときの過ごし方は?入院することもある?仕事にいってもいいの? 切迫流産と診断されても、安静の程度は症状によって異なります。 医師の指示に従い、わからないことは確認しておきましょう。 「出社してもかまいませんが、腹痛があれば休んでください」といわれる場合や、「自宅安静」「入院」など安静のレベルはそれぞれです。 いずれも無理は禁物です。 「自宅安静」ってどんな過ごし方?流産の予防方法と注意点 ひと口に「自宅安静」といっても、「食事やトイレ以外は寝ていて」「簡単な家事ぐらいならOK」など、安静の程度は症状によって異なるはず。 動いてしまって症状が進まないよう、具体的に確認しておきましょう。 さっとお風呂に入ったり、シャワーを浴びるぐらいなら大丈夫。 長く入っていると疲れるので短めにするのがベター。 清潔を保つためにも、きちんとしましょう。 大掃除や長い時間キッチンに立って作業するなどはやめておきましょう。 あまり根を詰めすぎないよう、疲れない程度にするなら問題ないでしょう。 どうしても使う必要がある人は、休みながらゆっくり上って。 症状がおさまるまでの間は、どうしても行かなければならない場合など、必要最小限にとどめておくのが安心です。 座って、おなかを圧迫しないように抱っこするなら問題ありません。 無理のない程度でしてあげて。 してもらえる家族がいるなら、症状があるときだけでもお願いしましょう。 重いものの買い物などは、家族に頼むか宅配などを利用し、自分で持つことはやめましょう。 スムーズな便通のために、便秘の予防・解消も大切。 おさまったあとならしても問題ありませんが、感染症を予防するためにも、必ずコンドームをつけるようにして。 《先輩ママアンケート》「自宅安静」の指示で大変だったことは? ・なるべく安静にとのことでしたが、仕事を続けていたのであまり安静にできませんでした。 (Aさん) ・動かないでといわれても、2歳の上の子がいたので、現実には不可能(Pさん) ・家事は夫もやってはくれましたが、やっぱり気になって動いてしまったことも。 じっとしているのが苦手なので動けなくてイライラしました。 (Mさん) ・家にいても仕事のことが気になって落ち着かないことも。 (Nさん) 「入院安静」ってどんな過ごし方?流産の予防方法と注意点 入院安静のときの過ごし方は、時期と症状によって4つのレベルに分けられます。 いちばん軽い「病院内安静」から、「病棟内安静」「室内安静」、そして、最も安静度が高いのが「ベッド上安静」です。 レベルによって過ごし方も変わりますし、病院の方針によっても異なるため、自分の入院している病院で、どの程度の安静なのかを確認しましょう。 子宮頸管無力症や破水の人はこのケースになることも。 精神的負担も大きく、ベッドの上で無理なくできる気分転換法を見つけることが大切です。 室内にトイレや洗面所がある場合は、自分で歩いていくことができます。 ムリのない範囲でなら、新生児室に赤ちゃんを見に行ったり、ほかの妊婦さんの部屋におしゃべりをしに行くなどの行動が可能です。 隣の棟に行く、病院の庭を散歩する、なども可能に。 入院安静が必要な症状ということに変わりはないので、動きすぎるのはNG。 入院中の身の回りのこと、どこまでOK? 室内にトイレがある場合は室内安静より軽い人はOKに。 ベッド上安静の場合は、洗面や歯みがきもベッドの上ですることになります。 スタッフに確認してみましょう。 ただし、長時間続けると疲れてしまうので、無理をしない程度に。 OKの場合も、疲れないように短時間にとどめましょう。 書くことはストレス発散にもなるため、根を詰めないよう、適度に楽しんで。 ベッド上安静の人や、室外の談話室などに行く必要のある場合は相談を。 ベッド上安静と室内安静の人は、買い物は家族などに頼みましょう。 ただし、無理すれば悪化する可能性もあるため、短時問の気分転換にとどめて。 《先輩ママアンケート》「入院安静」の指示で大変だったことは? ・食事のとき以外は座るのもNG。 重力がかかるのはよくないと、座っているのもダメだったことに驚きました。 (Mさん) ・いつ退院できるか不安でした。 つわりが続いていたので食事のニオイで気持ち悪くなったり、夏なのに退院前日までシャワーが浴びられなかったりと大変なことがけっこうありました。 (Yさん) ・つらく感じる自覚症状はなにもないのに、病室に閉じこもっていなくてはならないのが苦痛でした。 (Mさん) 切迫流産と診断されても解除されることもある? 切迫流産と診断されて「安静に」と言われても、その後、症状がおさまれば安静を解除されることもあります。 いずれにせよ、妊娠中の無理は禁物。 医師の指示に従いましょう。 《先輩ママアンケート》おさまったあとはどんなふうに過ごしていた? ・おなかの張りに気をつけながら出産5日前まで仕事を続けられました。 (Aさん) ・自分の体からのサイン(疲れや腹痛など)に注意して過ごすようになりました。 (Mさん) ・仕事は時短勤務にして、ストレスをへらす努力をしました。 (Rさん) ・体を冷やさないように、少しでも胎内環境をよくするように努めました。 (Nさん) 先輩ママの切迫流産体験談 【妊娠5週のとき】妊娠判明と同時に切迫流産と診断されました 切迫流産と言われたときは、生理痛のような下腹部痛があり「せっかく妊娠したのにダメかも」と、とても不安でした。 直前まで仕事で忙しい毎日を送っていたので、そのせいもあったのでしょうか。 夫や両親も妊娠を喜びつつも、とても心配していたようです。 妊娠14週まで張り止めの薬を飲み、「なるべく自宅安静。 長時間の立ちっぱなしや重いものを持つのはNG」という指示。 上司と相談してできる仕事は家でさせてもらい、出社した日も早く帰るように。 家についても、仕事が気になって落ち着かないこともあって困りましたが、無理しないよう気づかってくれた職場の同僚、心身ともにサポートしてくれた夫のおかげで、赤ちゃんの生命力を信じて乗り切ることができました。 (Yさん) 【妊娠9週のとき】行動的なタイプなので、動けなくてイライラも ごく少量でしたが、出血があったのですぐに病院へ行きました。 切迫流産と診断されたときは、不安と心細さと、自分の生活スタイルが原因なのかもしれないと落ち込みました。 仕事でしかたがないこととはいえ、寒いなかを歩いたり、家事や日常生活でもよく動いたりしていたので……。 自宅で1週間は、「食事とトイレ、お風呂以外は寝ていて」といわれたのですが、もともと動くのが好きなのでイライラしたことも。 家事が気になって、洗い物や洗濯などはちょっとしちゃいました。 出血は1回だけでしたが、その後は自分の体からのサイン(疲れや腹痛など)に注意しながら過ごすようになりましたね。 (Mさん) 【妊娠9週のとき】赤ちゃんからの「休んで」というサインだったのかも 職場で、いつもと違うだるさと気持ち悪さを感じて早退。 家で休んでいると、出血と子宮がキューッとするような違和感がありました。 病院に電話したら、翌日受診するようにいわれたので、翌朝、病院へ。 切迫流産と診断され、その後は1週間仕事を休み、トイレ以外は家のベッドで過ごすことに。 安静中、買い物はネットスーパーに頼み、つわりで眠い時期でもあったので、ほとんど1日寝ていました。 不安でしたが、夫の「赤ちゃんが『ママ休みなよ』といってくれているんだよ」という言葉に安心。 その後は出血などのトラブルもありませんでした。 気持ちをゆったりもって、必要なときは安静にすることが大切なんですね。 (Rさん) 【妊娠18週のとき】強い腹痛で受診し、そのまま入院に 強い筋肉痛のような、ズキズキしたおなかの痛みで受診すると、即入院に。 トイレと洗面、食事以外は1週間寝たきりで、寝るか食べるかテレビを見るかの毎日。 流産するかもという不安と、急に仕事を休んで迷惑をかけてしまう心苦しさでいっぱいなのと、まさか自分が入院なんて想像もしていなかったので、夢ならさめてと思いました。 点滴しているので着替えるのもひと苦労だし、張り止めの薬の副作用で動悸が激しくなって慣れるまで苦しかったし、いろいろありましたが、夫が仕事を早く切り上げてきてくれるのがうれしかったですね。 新生児室の赤ちゃんを見て、あらためて「赤ちゃんに会いたい!」と思い、そのためにも安静にして早くよくならなくちゃと自分を励ましました。 (Mさん) 先輩ママから切迫流産になった人へのアドバイス! ・無理はしないこと。 赤ちゃんを守れるのはママだけだから!(Yさん) ・自分ができる注意はして、あとは赤ちゃんの生命力を信じて。 あまり心配しすぎないで!(Nさん).

次の