アマゾン プライム 解約 の 仕方。 【スマホでさくっと解約!】有料のAmazonプライムを退会する方法

Amazonプライムの退会・解約方法を図解入りで紹介

アマゾン プライム 解約 の 仕方

Prime Studentとは ・Prime Studentは初回6ヶ月の無料体験ができ、その後の年会費がたったの2,450円 月額プランは250円 で利用出来ます。 パソコンやスマホからでも動画は視聴可能なので、いつでも簡単に視聴出来ますよ。 しかも、サービスに満足できなかった場合は無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。 解約しない場合は自動更新されます。 Amazonプライムビデオ・・・見放題サービス• Amazonビデオ・・・レンタルや購入ができる Amazonには見放題サービスの【Amazonプライムビデオ】、レンタルや購入ができる【Amazonビデオ】の2つの動画視聴サービスがあります。 プライム会員になると、Amazonプライムビデオで解放されている26,860本の動画が見放題です! しかし、Amazonビデオで解放されている動画はレンタルや購入がメインとなるので、しっかり理解しておきましょう。 Amazonで見たい動画を選ぶときに、左上のprimeというマークがあれば見放題のため追加料金はかかりません。 その他のprimeのマークがない場合はAmazonビデオのレンタル・購入できるサービスとなり、追加料金が発生するので注意してくださいね。 違いをしっかり理解して、Amazonプライムビデオを利用すれば追加料金が一切発生しないので安心ですよね。 primeマークがあれば、すべて見放題です。 学生にもやさしい月額料金で、たっぷり映画を観たい人ならおすすめですよ。 入会方法を画像付きで解説 ここからは、初回30日間の無料体験する際に必要なAmazonプライムビデオの入会方法を画像付きで解説していきますね。 Amazonアカウントを持っていない場合 まず始めに、Amazonプライムビデオの公式サイトに入ります。 初めての利用でAmazonアカウントを持っていない場合は、ログイン下にある 青い文字の新規登録をクリックして、アカウントを作ります。 続いて、Amazonプライム会員になるための登録方法をご紹介していきますね。 Amazonプライム会員の登録方法 Amazonアカウントを作成してログインをしたら、公式サイト右上の【今すぐ登録プライム】の次に進むをクリックしてください。 次の画面が表示されたら、左の真ん中にある【AMAZONプライムに登録する】をクリックします。 クリックすると、月額プランか年間プランを選択できるページになります。 選択したら、【AMAZONプライムに登録する】を押してください。 とにかく安く済ませたい人ならおすすめですね! 最新作の配信は遅いですが、有名な話題作やオリジナル番組も配信されていますよ! どんな映画が観れるの?! Amazonプライムビデオでは、たくさんの色々なジャンルが観れる動画配信サービスで有名です。 非常に安い月額料金で、メジャーな洋画作品をたっぷり観たい人ならおすすめですよ。 初回30日間の無料体験がある• 月額と年間プランの2つから選べる• 学生ならPrime Studentがお得 学籍番号が必要• 無料期間内に解約しないと自動更新されてしまう• Amazonプライムビデオ 見放題 とAmazonビデオ レンタル・購入 の違い 動画配信サービスの中でも非常に料金が安いことで有名なAmazonプライムビデオです。 さらに、初回30日間の無料体験もできます!無料期間中に解約すれば料金は一切発生しません。 学生にも嬉しいお得なプランもあるので、とにかく料金を安く動画配信サービスを利用したい人ならおすすめですよ。

次の

アマゾンプライムの解約を電話でする方法

アマゾン プライム 解約 の 仕方

AmazonのTOPページを見れば、プライム会員かどうかわかる プライム会員か確実に確認する方法 TOPページにprimeのマークがあるかどうかで判断するのは不安な場合は、アカウントを見ましょう。 ここで左上の会員タイプが「プライム」となっていれば、現在プライム会員です。 スマホの場合 にログインした状態で、TOPページから右上のマークをクリックします。 続く画面を下に進んで、アカウント設定の「プライム会員情報の設定・変更」をクリックします。 ショッピングアプリの場合 にログインした状態で、TOPページから左上のハンバーガーメニューをクリックします。 「カスタマーサービス」をクリックします。 アカウントから確認すれば確実 Amazonプライム会員を解約する まだプライム会員であると分かったら、解約をしましょう。 しつこく継続を促してきますが、「会員資格を終了する」をクリックします。 以上でAmazonプライム会員の解約手続きは終了です。 スマホの場合 にログインした状態で、TOPページから右上のマークをクリックします。 「カスタマーサービス」をクリックします。 続く画面の下の方で「会員資格を終了する(特典を終了)」をクリックします。 しつこく継続を促してきますが、「会員資格を終了する」をクリックします。 以上でAmazonプライム会員の解約手続きは終了です。 ショッピングアプリの場合 にログインした状態で、TOPページから左上のハンバーガーメニューをクリックします。 「カスタマーサービス」をクリックします。 続く画面の下の方で「会員資格を終了する(特典を終了)」をクリックします。 しつこく継続を促してきますが、「会員資格を終了する」をクリックします。 以上でAmazonプライム会員の解約手続きは終了です。 Amazonプライム会員かどうかを確認して無駄な会員費を防ごう このように簡単にプライム会員の確認と解約はできます。 30日間のプライム会員無料体験に申し込んだけど、プライム会員の必要がない場合は解約して無駄な支払いを防ぎましょう。

次の

電話1本で解決?Amazonプライムを電話で解約。必要なものや返金申請

アマゾン プライム 解約 の 仕方

Amazonプライム無料体験の解約方法 Amazonプライム無料体験の解約方法は、に書かれています。 その方法は、以下のようになっています。 Amazon管理画面、「アカウント設定」の欄にあるをクリックします。 すると、以下のような画面が表示されるので、「自動移行しない」をクリックします。 最後に、「会員資格を継続しません」をクリックすれば解約完了です。 とこのように、わずか3クリックほどで、解約手続きが終わってしまいます。 「会員をやめると、こんな特典が受けられないよ」といった引き止め的なものも1回しか表示されません。 「なんだ普通じゃん」と思われるかもしれません。 けれど以前、Yahoo! プレミアムの解約手続きが余りにもエキセントリックだったもので、その簡単さに驚きました。 Yahoo! プレミアム解約手続きとの比較 その、Yahoo! プレミアムの解約手続き方法の詳細は、以下に書いてあります。 2016-03-08 10:47 まーとにかく長いです。 そして途中、何回にも及ぶ引き止めページや注意事項、軽いボタントラップ、解約理由アンケートと、とにかくアトラクションが満載で、ある意味楽しい作りにはなっています。 解約方法のヘルプの違い Amazonと、Yahoo! の違いは、まずヘルプからして違います。 その見た目を、以下でスクリーンショットで比較してみたいと思います。 Amazonプライム解約方法のヘルプ で、解約をするのに読む必要がある内容は、これだけにまとめられています。 この内容に、「Amazonプライム解約方法」と「無料体験キャンセル方法」の2つの方法がまとめられています。 そして、これに書かれている通りに実行すれば、解約作業はすぐに終わります。 Yahoo! プレミアムの解約方法のヘルプ 反面、では、とりあえず、これだけの内容を読む必要があります。 こちらも「ウォレットから解除」と「プレミアムトップページから解除」の、2通りの方法が書かれていて、どちらか1つを読めばいいのかもしれません。 けれど、ユーザーとしては、どちらが自分に当てはまるのかを見きわめるため、結局全て読む必要があります。 で、書いてある通りに実行すれば、うまく行くのかといえば、そういうわけでもありません。 解約手順で比較 Amazonプライムと、Yahoo! プレミアムの解約手順の違いを比較すると以下のようになります。 Amazonプライム 以下は、プライム無料体験の解約方法です。 「アカウント設定」の欄にあるをクリック• 会員情報管理ページで「自動更新しない」をクリック• 最後の確認画面で「会員資格を継続しません」ボタンをクリック 手順通りにやれば、解約開始から3手順ほどで終わります。 通常のパソコン画面なら、スクロールの必要もありません。 Yahoo! プレミアム 対して、Yahoo! プレミアムの解約手順を箇条書きにすると以下のようになります。 (2015年1月時点)• 「」から「プレミアム会員登録の解除手続き」をクリック• 「Yahoo! プレミアム会員登録を解除いたしますと、ヤフオク!のプレミアム会員特典がご利用できなくなります。 」と軽い引き留めページをスクロールしていって最後にある「次へ」ボタンを押す• 「その他の会員特典も利用できませんよ」と引き止めページをスクロールしていって「次へ」ボタンを押す• またも「Yahoo! プレミアム会員登録を解除いたしますと、下記の特典が受けられなくなります」と表示されるので「下へ」とボタンをクリック(スクロールで飛ばせない)• 「保証の対象外になる」というメッセージが表示されるので「下へ」ボタンをクリック(スクロールで飛ばせない)• 「Yahoo! ボックスで利用可能な容量が減る」というメッセージが表示されるので「下へ」ボタンをクリック(スクロールで飛ばせない)• またも、「無料の特典が受けられない」「割引利用中のサービス料金の変更」「サービス内容の制限」に関する情報が表示されるので「下へ」ボタンをクリック(スクロールで飛ばせない)• そしてまたも「ご注意」とタイトルされた注意喚起表示がテキストで表示されるので「次へ」ボタンをクリック• 「来月無料プレゼント」情報が表示されるので、下にスクロール(これまで最大のスクロール量)していって「登録解除を続行する」ボタンをクリック(このとき、これまで次の画面に進むときのボタンの位置とは逆のボタン配置というトラップに気をつける)• 「Yahoo! プレミアムの登録解除の理由をお聞かせください」とアンケート(任意)があるので「次へ」をクリック• ようやく「ご利用の停止」画面が表示されるので「はい」を押して解約完了 とりあえず、なるべくわかりやすく書いたつもりではありますが、Yahoo! プレミアムでは、これだけの手順が必要です。 Yahoo! プレミアムの方は、とにかくユーザーの引き留めに力が入っている感じです。 何度倒しても立ち上がるJRPGのボスキャラみたいな印象です。 詳細は以下。 2016-03-08 10:47 解約手続きの動作比較 ということで、管理画面からパソコンで解約しようと思ったら必要な操作は、以下のようになります。 Amazonプライム:クリック3回• Yahoo! プレミアム:クリック11回(ボタントラップ込み)、下までスクロール3回 「ユーザーの引き留め、もしくは注意事項」が書かれたページが表示される回数は以下のようになります。 Amazonプライム:1回• Yahoo! プレミアムに関しては、2015年1月時点のものです。 まとめ とりあえずAmazonの方は、「とにかくユーザーの願い(解約)を最短距離で叶えてあげよう」という作りになっていると感じました。 反面、Yahoo! の方は、「プレミアムの利点や、解約することによるマイナス面を何度も伝えることにより、とにかくユーザーに解約という考えを止めてもらおう」という作りという印象を受けました。 結局、ユーザビリティー(使いやすさ・利便性)の感じ方は、人それぞれなので、どちらがどうあるべき、という事ではありません。 ただ、サービスによって、ここまで「解約手続きの手順」に差が出るほど、方針の違いがあるものだと思った次第です。 追記:その後、「お急ぎ便」「日時指定便」「 」が利用したくなり、結局年会費を払って加入することにしました。 これだけ特典があって年4900円なら余裕で元を取れると試算しました。

次の