いい湯だな 歌詞。 私立恵比寿中学 いい湯かな? 歌詞

いい湯だな (ビバノン・ロック)/ザ・ドリフターズ

いい湯だな 歌詞

いい湯だな 歌詞の意味・由来 群馬県の温泉ソングがドリフで全国版に 『いい湯だな』は、1967年(昭和42年)6月にリリースされたザ・ドリフターズの。 作詞:永六輔、作曲:いずみたく。 バラエティ番組「8時だョ! 全員集合」や「ドリフ大爆笑」のエンディングで使用され、国民的な温泉ソングとして定着した。 「ドリフ大爆笑」ではカバー曲『さよならするのはつらいけど』として歌われた。 レコーディングの際に加藤茶がアドリブで入れたとの解説もネットで見かけた。 「バンバン」の由来については、筆者は最初スパイダース『バン・バン・バン』から影響を受けているのではと考えたが、よく調べてみるとこの曲は1967年10月リリースで、ドリフ版『いい湯だな』はその4か月前の1967年6月に発売されている。 時系列から言えば、「バンバン」のルーツはドリフ版『いい湯だな』ということになるが、両曲は時期的にも近く、狭い音楽業界における情報網の存在を考えれば、「ドリフが先」であると断定できないかもしれない。 その語源・由来については、まず「ビバ」と「ノンノン」を分けて考える必要がある。 「ビバ VIVA」は、イタリア語やスペイン語で「万歳」を意味する単語。 英語の文中でもそのまま使われる。 「ノンノン」については、フランス語で否定の「いいえ」を意味する「ノン non」や、英語の「ノー no」などが語源として考えられる。 筆者の私見では、ドリフ版『いい湯だな』がリリースされた前年に大ヒットしたスパイダースのシングル『ノー・ノー・ボーイ No No Boy』が何らかの影響を与えていると推測している。 ちなみにヤフー知恵袋によると、ドリフがよく行ってたクラブやキャバレーでホステスたちが使っていた合いの手だった、との情報もあった。 真相やいかに。 関連ページ 『草津節』、『貝殻節』、『山中節』など、温泉地に関連した日本の民謡・有名な歌まとめ 津軽じょんから節、ソーラン節、ちゃっきり節など、日本全国各地の民謡・ご当地ソングまとめ.

次の

いい湯だな (ビバノン・ロック)/ザ・ドリフターズ

いい湯だな 歌詞

ババンバ バン バン バン ババンバ バン バン バン ババンバ バン バン バン ババンバ バン バン バン いい湯だな いい湯だな 湯気が天井から ポタリと背中に つめてエな つめてエな ここは北国 登別の湯 ババンバ バン バン バン ババンバ バン バン バン ババンバ バン バン バン ババンバ バン バン バン いい湯だな いい湯だな 誰が唄うか八木節が いいもんだ いいもんだ ここは上州 草津の湯 ババンバ バン バン バン ババンバ バン バン バン ババンバ バン バン バン ババンバ バン バン バン いい湯だな いい湯だな 湯気にかすんだ 白い人影 あの娘かな あの娘かな ここは紀州の 白浜の湯 ババンバ バン バン バン ババンバ バン バン バン ババンバ バン バン バン ババンバ バン バン バン いい湯だな いい湯だな 日本人なら浪花節でも うなろかな うなろかな ここは南国 別府の湯 ババンバ バン バン バン ババンバ バン バン バン ババンバ バン バン バン ババンバ バン バン バン ザ・ドリフターズについて日本のミュージシャン、後にコントグループである。 略称「ドリフ」。 1970年代から1980年代中頃をピークに、TBS系の『8時だョ! 全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活躍した。 一般的には、いかりや長介が正式リーダーになった1964年のドリフ再結成以降(新生ドリフ)が知られているが、結成は1957年(1955年または1956年の異説あり)。 結成当初からいかりやがメンバー入りするまでは音楽バンドとして活動していた。 楽曲主体による音楽ネタなどを得意としており、テレビや映画出演が多くなるにつれ、コミックソング、コントやギャグが主体となっていった。 いかりやが正式リーダーに就任した2年後の1966年にはビートルズ日本公演の前座を務め、僅か40秒の演奏時間ではあったが、前座用のステージが別に作られていたにもかかわらず、ドリフターズだけはビートルズと同じステージで演奏した。 これをきっかけに、ドリフが注目されるようになる。 なお、加藤茶は、ビートルズの前座はしたものの、警備が厳しくビートルズのメンバーには会えなかったと語っているが、いかりやは自著で(ドリフ側が)舞台から退場するときにすれ違ったと記している。 コント55号(萩本欽一・坂上二郎)、三波伸介、笑福亭仁鶴、桂三枝、横山やすし・西川きよしと共に1970年代から1980年代にかけて日本のお笑いをリードしてきたエンターテイナーである。

次の

いい湯だな (ビバノン・ロック)/ザ・ドリフターズ

いい湯だな 歌詞

いい湯だな 歌詞の意味・由来 群馬県の温泉ソングがドリフで全国版に 『いい湯だな』は、1967年(昭和42年)6月にリリースされたザ・ドリフターズの。 作詞:永六輔、作曲:いずみたく。 バラエティ番組「8時だョ! 全員集合」や「ドリフ大爆笑」のエンディングで使用され、国民的な温泉ソングとして定着した。 「ドリフ大爆笑」ではカバー曲『さよならするのはつらいけど』として歌われた。 レコーディングの際に加藤茶がアドリブで入れたとの解説もネットで見かけた。 「バンバン」の由来については、筆者は最初スパイダース『バン・バン・バン』から影響を受けているのではと考えたが、よく調べてみるとこの曲は1967年10月リリースで、ドリフ版『いい湯だな』はその4か月前の1967年6月に発売されている。 時系列から言えば、「バンバン」のルーツはドリフ版『いい湯だな』ということになるが、両曲は時期的にも近く、狭い音楽業界における情報網の存在を考えれば、「ドリフが先」であると断定できないかもしれない。 その語源・由来については、まず「ビバ」と「ノンノン」を分けて考える必要がある。 「ビバ VIVA」は、イタリア語やスペイン語で「万歳」を意味する単語。 英語の文中でもそのまま使われる。 「ノンノン」については、フランス語で否定の「いいえ」を意味する「ノン non」や、英語の「ノー no」などが語源として考えられる。 筆者の私見では、ドリフ版『いい湯だな』がリリースされた前年に大ヒットしたスパイダースのシングル『ノー・ノー・ボーイ No No Boy』が何らかの影響を与えていると推測している。 ちなみにヤフー知恵袋によると、ドリフがよく行ってたクラブやキャバレーでホステスたちが使っていた合いの手だった、との情報もあった。 真相やいかに。 関連ページ 『草津節』、『貝殻節』、『山中節』など、温泉地に関連した日本の民謡・有名な歌まとめ 津軽じょんから節、ソーラン節、ちゃっきり節など、日本全国各地の民謡・ご当地ソングまとめ.

次の