ルンバ 充電 されない。 【ルンバのデメリット】メーカーが絶対言わない欠点を徹底紹介|実際に使って感じた注意点・弱点

ルンバのバッテリー寿命,長持ちのコツ!電池交換の目安と交換方法は?

ルンバ 充電 されない

ルンバは清掃中に何かしらの異常が起きると、エラーメッセージを本体のアイコン表示や音声メッセージでお知らせします。 例えば、ブラシに何か絡まって正常にお掃除できなくなった時は「エラー2。 ルンバのエクストラクターを清掃し、CLEANボタンを押して再起動してください。 」と言います。 エラー1~9の前編は エラーリストをクリックすると、各エラーの対処法にジャンプします。 エラーが解消されなかったり、動作に不具合があったりする場合は、までお問い合わせください。 エラーメッセージを聞く方法 エラー状態で、ルンバのCLEAN クリーン ボタンを押すと、メッセージをもう一度聞くことができます。 ルンバの電源が入っているならバンパーを押しても再生されます。 「清掃」エラーの対処法リスト エラー10 エラー11 エラー14 エラー15 エラー16 エラー17 エラー18• iRobot Appを開いてください。 対処法 車輪を押し込むように下から数回、強めに押して、本体のすき間に入り込んだゴミや髪の毛を取り除きましょう。 また、左右の車輪を素早く回して、問題なく回転することも確認してください。 対処法 内部に関わる部品の交換が必要かもしれません。 エラー11がコールされた場合は、清掃を中止し、にお問い合わせください。 エラーアイコンとゴミフルサインアイコンが点灯します。 対処法 1:ルンバ後方のダスト容器を、押しながら引き抜きます。 容器のフタを開け、ゴミ箱の上で振るなどして、内部に溜まったゴミを捨てます。 2:フィルターの目詰まりも確認できるようであれば清掃しておきましょう。 3:ダスト容器をルンバに戻すとき、下記の動画を参考に、乾いた清潔な布で、ルンバ本体とダスト容器の接続部を拭くと、エラーの改善につながるかも。 【900シリーズのリセット方法】 1:CLEANボタンを10秒間押し続けます。 CLEANボタンから指を離すと、メロディー音が鳴ります。 2:CLEANボタンを1回押し、5秒間待ってください。 2:CLEANボタンから指を放すと、メロディー音が流れます。 2:CLEANボタンが消灯するまで、SPOTボタンとDOCKボタンルンバ510の場合はDEMOボタンを同時に長押しします。 3:2つのボタンから指を放すと、メロディー音が流れますリセット完了。 対処法1 床に極端に障害物が多い場合は、床に障害物を片付けてください。 対処法2 障害物エリアにルンバが進入しないよう、バーチャルウォールを使用してください。 対処法4 清掃中に開いていたドアが、完了前に締まると、「経路を塞がれた」とルンバが認識し、エラーをコールすることがあります。 ルンバが清掃完了するまで、ドアを開けた状態にしてください。 対処法5 カメラとセンサーを柔らかい布で清掃してください。 対処法1 以下の動画 27秒 を見ながら、ホームベースを適切な場所に設置してください。 対処法2 ホームベースとルンバ本体が接続する金属部分にホコリやゴミが付着していたら、乾いた清潔な布で拭き取りましょう。 日々のルンバのお手入れが大切! ルンバの清掃機能を維持して使うためには、日々なメンテナンスが欠かせません。 ブラシやフィルターは定期的にお手入れしてください。 それでも解消しない場合は、消耗品交換が必要かもしれませんので、かまでお問い合わせください。

次の

ルンバが充電できない! 簡単に解決する3つの方法

ルンバ 充電 されない

バッテリーの寿命にも注意する 毎日会社で頑張って働いていて、家の掃除はルンバに任せている。 ところがそのルンバが充電エラーを起こしてしまってどうすればわからない、誰かなおす方法を教えて。 こんな助けを求めている働き者のあなたに、ルンバの対処法についてひとついえることはまずはエラー表示をみてください。 この記事ではルンバの充電エラーの表示について、どんな対処をすればいいかわかりやすく解説していきます。 また、他の充電トラブルとしてルンバのバッテリーの寿命があるので、これについても解説していきます。 最後まで読んでいただければ、ルンバの充電について悩むことはなくなることでしょう。 充電エラーが出た時の対処法 ここでは、あなたが今まさに助けを求めてほしいであろう充電エラーの対処法について解説していきます。 エラー番号に応じてどんな対処をすればいいのか解説します。 なお、バッテリーについては、ルンバの裏のネジ2本を外すことで取り外しが可能ですが、型番が500と600では4本になっています。 また、対処法を実行してもなおらない場合に考えられることとして、バッテリーが純正品でないことが考えられます。 対処法を実行してもなおらず、バッテリーが純正品であればカスタマーセンターにお電話してください。 【参考:】 充電エラー2が表示される 充電エラー2は、充電器もしくはバッテリーが液漏れしているときに表示されるコードになっています。 残念ですが故障しているということです。 対処法としては、液漏れであればバッテリーの端子部に緑青が出ているはずなので一度確認してください。 そして、ACアダプターが正常ならプリント基板のC122,R252の両方を交換することです。 あなた自身で対処できないときにはカスタマーセンターにお電話してください。 【参考:】 充電エラー3の場合 充電エラー3は、バッテリーの液漏れによって基盤が汚れているときに表示されるコードになっています。 これも故障ですがなおすことができるかもしれません。 対処法としては基盤をみて、液漏れを拭くことで直ることがあります。 一度ルンバのネジを外して、基盤をみて液漏れを丁寧に拭ってください。 これでもなおらないときにはカスタマーセンターにお電話してください。 【参考:】 充電エラー5の対処法 充電エラー5は、ルンバが正しく充電されていないときに表示されるコードになっています。 なお、充電エラー1と同様に純正品でないときに表示されることもあります。 対処法としては、清潔な布で充電用接続部を軽く拭いてください。 また、充電用接続部にホコリやゴミが溜まっていたら取り除いてください。 あとはルンバを充電するだけでなおります。 なお、新品であればバッテリー端子部に絶縁シートが付着しているので、それが原因のときもあるのでバッテリーをみてください。 こちらは対処することが可能です。 対処法としては、温度が室温まで下がるまで1時間以上待ってください。 その後ルンバをホームベースに戻して再度充電することでなおります。 なお、このとき室温が高温の部屋では充電しないようにしてください。 【参考:】 充電エラー7の対処法 充電エラー7は、充電されていないときに表示されるコードになっています。 こちらも対処することが可能です。 対処法としては、ルンバをホームベースから取り外し1時間以上経過させてください。 そして、再度充電させるだけでなおすことができます。 なお、充電エラー6のときと同様に充電は高温の室内ですることはやめてください。 また、バッテリーが純正品でないことが原因のことがあります。 対処法を実行してもなおらず、バッテリーが純正品のときにはカスタマーセンターにお電話してください。 【参考:】 充電エラー9の場合 充電エラー9は、センサーの故障を知らせるコードになっています。 つまり、センサーが寿命を迎えたということです。 対処法としてはセンサーを交換するしかありません。 あなた自身で対処できないときはカスタマーセンターにお電話してください。 【参考:】 そのほかの充電トラブル ここでは、充電エラーの対処ではなく、そのほかの充電トラブルについて解説していきます。 あなたのお使いのルンバの充電に関することについて解説します。 数日間充電せずに放置するとバッテリーが劣化する場合がある ルンバのバッテリーは数日間充電せずに放置するとバッテリーが劣化する場合があります。 あなたのルンバのバッテリーを長持ちさせたいのであれば、ルンバの清掃完了後は次の使用のためにすぐに充電してください。 こうすることであなたのルンバのバッテリーが長持ちします。 【参考:】 ホームベースに戻らず床で止まりルンバを充電してくださいとアナウンスが流る このときは故障の可能性もありますが対処することでなおることもあります。 対処しても直らないときにはカスタマーセンターにお電話してください。 対処法としては2つあります。 まず、バッテリーの付け直しを行ってください。 やることは解説したエラー1の対処と同様です。 ルンバの裏のネジを外してバッテリーを取り出し、バッテリー裏側にある金属端子部分を乾いた布等で拭いてください。 あとはもとに戻して充電させてください。 付け直しを行ってもなおらないときには、次にリセットを行ってください。 リセットはまずCLEANボタンを押してONにしてください。 その後に画面に文字が表示されるまで、CLEANボタンを10秒ほど押し続けてください。 文字が出たらCLEANボタンから指を離し、音が流れたらリセットは完了です。 あとは充電するだけです。 【参考:】 自力で対処できない場合 ここまでルンバの充電関連の対処について解説してきましたが、やはり機械であるので壊れてしまって、あなた自身では対処できないこともあります。 このときは残念ですがアイロボットオーナーズサポートに連絡してください。 アイロボットオーナーズサポートはアイロボット認定のサポート機関であり、あなたの大切なルンバをしっかりと修理してくれます。 最後はここを頼りましょう。 【参考:】 充電トラブルはまずはできる対応をしよう 今回はさまざまなルンバの充電についての対処法について解説してきました。 エラーコードからどう対処すればいいのか、それ以外の充電トラブルをどう対処すればいいか解説してきました。 対処法を実践してあなたのルンバは直ったでしょうか。 ルンバの充電トラブルでは、まずできる対応をすることが大事です。 あなた自身で解説した通りに対処して直せるかやってみましょう。 直らないときにはカスタマーセンターに電話するなり、解説したサポート機関に連絡しましょう。 そして、なおったルンバに活躍してもらって、また毎日仕事を頑張りましょう。

次の

ルンバのバッテリー寿命,長持ちのコツ!電池交換の目安と交換方法は?

ルンバ 充電 されない

ルンバに限った話ではありませんが、このバッテリー、大きい枠組みで分けると、密閉型蓄電池というものになります。 通常の車やバイク等で使用されるような、液の補充が出来るバッテリーではないタイプのものです。 結論から申しますと、バッテリーのメモリ効果現象と、熱による劣化の加速が絡んでいるのではないかと感じました。 この密閉型蓄電池の理想的な使用法とは、0にならないようギリギリのラインまで放電。 しかも発熱を考慮しながら。 放電から充電、充電から放電の切り替えは、十分バッテリーを常温まで冷ましてから行う。 そして、このサイクルを止めることなく周期的に行う。 事なんです。 が、現実には無理な話で、これに近づけた使用をしているバッテリーが、それなりに長持ちするというわけです。 そして、バッテリーというのは、使用して放電させていくと発熱する、充電時は満充電に近づくと発熱するという特性があります。 質問文を読ませて頂きましたが、バッテリーは十分な放電が出来ない環境にあり、ホームベースで長期間トリクル充電を行っていたと解釈致しました。 この自動掃除機というのは、センサーやモーターが複雑に絡み合い、全ての装置に満足に電力供給できなければ動かせられない、稼動に最低必要な電圧が高いので、充放電サイクルを考慮して使ってそうな人でも、稼動に最低必要な電圧以下の残容量をうまく放電させられないという構造から、メモリ効果現象という現象から逃れられない、宿命みたいなものがあるんです。 ですから、あまり使用する機会が無かったということは、メモリ効果現象がかなり浸透してしまったと考えられます。 メモリ効果現象というのは継ぎ足し充電を開始した残容量付近で急激に放電電圧の低下が起こってしまう現象で、現象が進んでいくと放電電圧低下が過敏になっていきます。 決して、バッテリーの貯めてる電気が無くなった訳ではありません。 その為、この現象がかなり進行しますと、バッテリーの放電電圧の低下値が、ルンバの稼動に最低必要な電圧を下回ることになりますので動かない。 ということになります。 熱に関してですが、トリクル充電というのは、微小な電流を流して満充電状態を維持することでして、長期間トリクル充電をするということは、先にも述べましたように、バッテリーというものは充電時は満充電に近づくと発熱するという特性がありますので、熱による劣化が起こってしまったと考えられます。 では、どのようにしたら良いのか?となると、 熱による劣化はどうすることもできませんが(熱による劣化の度合いで、かなり状況は変わってきますが)、メモリ効果現象だけは、バッテリーをリフレッシュ、又はオートディスチャージさせてやる事によって解消させることができるので、試してみる価値はあると思います。 では、その方法とは?となると、 本体からバッテリーを外して、コンピュータ充放電器 趣味でラジコンをされてる方なら御馴染みかな?の充電器 を使用してリフレッシュ、又は、オートディスチャージを行うのが簡単だとは思いますが…。 ルンバ本体でも何とかなるかな?という方法もあります。 このルンバ、バッテリーの電圧が著しく低下してると感知したときは、リフレッシュ充電を行う機能がついてるんです。 充電時、ルンバ本体中央部、CLEANボタンがオレンジ色が点滅してると思いますが、リフレッシュ充電時の点滅は通常の充電時より点滅が遅い、ゆっくりです。 バッテリーを一度強制的に放電させてから、充電しますので、終えるのに最長で16時間ほど掛かります。 ただですね…、ルンバにリフレッシュ充電させる方法というのが、任意に選んでできないので、難しいやもしれません。 とにかく、電圧が著しく低下してると感知させねばなりませんから。 CLEANボタンを押しまくって「ルンバを充電して下さい」というアナウンスを喋らせまくって電圧低下を狙っていくか 消費電力が微小なので、すんごい根気が必要かも!? 、ホームベースから離した状態で通電状態にしないで10日間ほど放置して電圧低下を狙う、ぐらいしか思いつかない…。 あと、このリフレッシュ充電というものは不必要に頻繁に行うと電池そのものの寿命を縮めることに繋がりますから、注意が必要です。 最後に、ルンバで使用されてるようなバッテリーを長期間使用しないで保管しておこうとすれば、満充電にしてから本体から外して、暗所にて保管。 使用時は、本体にバッテリーをセットして再度充電してから稼動させるのが良いと思いますよ。

次の