ミニ 四 駆 リア バンパー。 小学4年生SiSO

オトナミニ四駆WEB 第4回 ARシャーシのセッティングに挑戦!

ミニ 四 駆 リア バンパー

ボディの塗装が乾かないので w 先に アンカーを作り直した件をば。 Youtubeなどには先行でアップしていますが、 平面時はスラダン、下から 力受けるとアンカーになる「 スライドアンカー」をつくりました。 DMなんかもいただいているので、こいつの レシピをご紹介。 材料:• バンパー用カーボン直プレート FRPでも大丈夫ですが必ず 2枚重ねで。 カーボンなら 1枚でも大丈夫だと思います。 その分、調整の自由度は高いです。 リアマルチFRP リア用マルチをアンダープレートに使います。 カーボンでもいいですが、穴位置が違うタイプだと面倒かも。 XシャーシFRP 土台用に使用します。 お椀型キャップ サイドスタビ用かな、上につく傘みたいなパーツ。 どんなものでも大丈夫ですが、たぶん 1番重要な部品です。 <アンカーの あたしは弾丸レーサー用使ってるので蛍光ピンクです w• 25mmキャップスクリュー 短いほうです。 少し切断するので、金属用のニッパーかリューターなどが必要です。 真鍮スペーサー スペーサーと書いてますが、 ・プラローラー用真鍮軸受け ・ダブルローラー用真鍮軸受け の 2種類を左右に 1つづつ使います。 ローラー 通常のアンカーはバンパープレートの上にローラーを乗せると思うのですが、こいつは挟み込むので 19mm系でも大丈夫です。 ローラーアンダーガード 付け方によってはいらないですが、このあたりは好き好きで。 あたしは滑りのいい15mmスタビヘッドをキャップスクリューが埋まるようにザグって使ってます。 各種ビスとナット 場面場面で解説します。 作り方:• バンパーを作る 直プレートの下側にボールリンクプレートをネジ止めします。 そしてボールリンク中央の四角い穴を拡張して丸くします。 少しすり鉢状になっているとベストです。 カーボンの場合、穴を開けるところからやります w 裏側写真ですが、バンパーとの接続は裏側にロックナットが来るようにしてください。 そして何も接続していない反対側にもネジをつけます。 このネジはネジ頭が裏側に来るようにしてください。 土台を作る X用FRPをこんな形に切り出します。 真ん中の5つの穴の、1つ目と 5つ目に 1. 5mmスペーサーを挟んでネジ留めしてください。 これがスライダーのスライド停止させるストッパーの役割です。 そしてシャーシ側にもアンダープレートとしてリアマルチを接続しておきます。 この形はマシンセッティングに合わせてご自由に。 そこに切り出したX用 FRP台座を乗せるのですが、少し高めにマウントするので、下にスペーサーなどを入れて高さを出してください。 高さはローラー種やマシンによって変わるので調整ください。 乗せたら真鍮スペーサーを 2つ挟んでロックナットで止めます。 下側にローラー用のスペーサーの広い部分が来るようにしてください。 軸用パーツ作成 アンカーのキモである、軸の作成です。 傘パーツをひっくり返して 2. 6mmの穴を開けます。 で、バネを接続し、裏側から 1cmほど短くしたキャップスクリューを入れて、バンパーパーツを挟み込みながら、逆さロックナットで締めます。 ローラーを接続する ローラー種によってアンダープレートとの位置関係など変わります。 うちのはこんな感じ。 15mmスタビヘッドをザグってキャップスクリューを埋め込み、 19mmをつけてます。 アンダープレートは引っ掛かり防止も兼ねてますが、これだとアンカーの旨味は少し減ります。 逆さロックナットの締め込み具合で圧力を調整したり、ボールリンクの 丸穴をすり鉢加工したりして動きを調整してください。 グリスのハードとか塗るとヌメっと動くよ w アンカーは このパーツ数で高い効果がつけられます。 poke4wd.

次の

オートトラックバンパー(ATバンパー)製作①

ミニ 四 駆 リア バンパー

レーンチェンジ 以下 LC って対策どうしてますか? あたしは復帰時、 LCが全然入らなくって、なんだこれ?ってなってたのですが、今は入らないマシンはないです。 どんな対策をしているかなど、書いておきます。 ・そもそも LCとは? スロープと同等の R 未確認 から頂点手前で左に、レーンを跨いだら右に、とジャンプしながらの連続コーナーになります。 飛び出すのは左壁に当たるときのマシンの状態が悪いときがほとんどです。 左壁に当たった時に基本、アウトリフトするはずで、このリフト 浮き上がり をどれだけ抑えられるかがカギです! ・対策 1:スラスト 基本的にはこれを見直すのが 1番。 ただしストレートの減速が問題になるのでやりたくない人も多いかと。 あたしもスラストはバンパーの基本角以上には上げたくないです。 右ローラーだけスラスト上げる、って手段もあるそうですが …試したことはないです。 ・対策 2:スタビ関連 絶対必要です。 フロントはローラー径にできるだけ近いもの。 リアは上ローラーを高め、かといってレギュギリギリだと浮いた際にレーンの上に出て吹っ飛びます。 その場合はローラー間にホイールを加工したホイールスタビなどを入れましょう。 ・ローラー位置 フロントとリア下段のローラー位置をできる限り低く。 これは特に 3レーンでは必須項目です。 なんでかというと、 3レーンは壁が柔らかく、上に行けば行くほど曲がる、しなる、たわみます。 そう言った意味ではリア上段も下げたいのですが …バランス難しいです。 ・対策 3:ローラー種類 フロントはアルミ大安定です。 径はなんでもいいですが、 13mm、 19mmがいいでしょうね。 あと 9mmもすごく噛むのでいいのですが、公式 5レーンだとちょっと辛いかな。 フロントには絶対ダメです!スラストかかる部分にゴムがあると全コーナーでがっつり減速します。 12-13ダブルのゴムはギリギリ OKです。 リアはプラでいいのですが、上下どちらかをにすると飛び難いと思います。 左壁に当たったときのアウトリフトを抑えられればいい。 下段がお勧めですが、通常ジャンプ時にもグリップして引っかかりやすく、体制を崩しやすいというデメリットがあります。 リアはゴムにしてもスラストがないので走行時の抵抗にはほとんどなりません。 LCジャンプ中、上方向への慣性でマスダンは上に上がるのですが、この時、重心も上がることになります。 通常のジャンプ後は下るだけですが、 LCは右>左>右、と空中で方向変えるんです。 ヒクオアームの「ゆるさ」も相まって、激しく揺さぶられてバランス崩すことになります。 なのでマスダンの高さと重さも適量を考察すべきです。 対策 5:姿勢 ジャンプの姿勢ですが、頭から入るマシンって実は LC得意です。 フロントのローラーがスラストかかりやすく、飛び出し防止になるからです。 ケツから入るマシンが難しいと思うんですよね …こいつに関しては調整の仕方わからないです。 これらをマシンによって組み合わせを変えて、飛び出さないようなセッティングをしています。 たとえば、 ・斬紅郎 MK2: フロント 19mmAAをできるだけ低い位置に。 シャフトより低いくらいかな。 リアは下段がプラ、上段はゴムです。 バンパーはリジッド、シャーシはフレキ。 マスダンはリアに東北ダンパーのみ。 ・鮫肌MK2 ホエイルっぽいマシンですがローラー配置を少しいじってオリジナリティを出しています w フロントヒクオ連動 ATバンパーにしてないので、 LC対策を別途行なっているんです。 フロント上段にスタビローラーとして食いつきのいい 830。 リアはひっくり返して 8-9Wが定番ですが、うちのは高めの位置にそのまま付けてます。 これで LC対策としていますです。 こんな感じ。 試行錯誤が重要で、汎用的にこれなら OK!ってのはなかったりします。 マシンにあったセッティングを見つけ出してくださいね。 ではでは。 poke4wd.

次の

ARシャーシの軽量化

ミニ 四 駆 リア バンパー

こんにちは。 ジョニーです。 今週かけてなんとかフロントができたので、作った工程を紹介したいと思います。 タイプ3シャーシの加工 ビス穴の部分をクラフトのこでカット。 ちょっと粗くなってます。。 表面を削って、カットする位置にマルチテープで印をつけます。 カットしたら、X用フロントFRPで補強するため、たがいの面をヤスリで荒らします。 瞬間接着剤をまんべんなく塗って接着します。 縦方向の補強の為、シャーシ底の形に合わせてカットしたFRPを用意します。 縦方向の補強完了! バンパーをカットして、 シャーシ底面に穴をあけて、ATバンパー用の台座を作っていったん完成! この後、ATバンパーのゴムを避けるように削ったり、台座の位置がおかしくて穴をあけ直したりいろいろやってますが、試作品なのでとりあえずこれでよし。 ATバンパー 19mmローラー仕様 まず、支点となる穴をあけます。 左右同じところに開けたかったので、マルチプレートの穴を利用してます。 19mmローラーを付けて位置を決めてカット。 X用フロントのFRPに載せて位置合わせ。 フロント提灯を取り付けるため、MSブレーキセットのヒンジ部分を利用します。 組み付けたときのイメージを確認して、提灯を作るときにどこをカットするか目処をつけます。 フロント提灯 カーボンマルチプレートを縦において、MSブレーキセットのヒンジで稼働させます。 完成形はこんなかんじになりました。 10追記 この組み方の参考にさせていただいたサイトです。 イゲオ(井桁風のヒクオ)も後日提灯になってました。 では、作り方を見ていきます。 長さを測ってカットし、横に渡すプレートを通す溝を作りました。 シャーシと干渉しないように細くするための形をマルチテープで印をつけます。 カットするとこうなります。 全て2枚重ねで作業してます。 ロゴが逆向きなのは。。 気にするのをやめますw このあと、ヒンジに組み付ける穴は2. 5mmに拡張して、ハトメを埋め込んでいます。 まとめ ここまで作るのにけっこうな時間を使ってしまいました。 加工技術が未熟なのもありますが、けっこう現物あわせしながら微調整して加工してるのが原因かもしれません。 今回はローラーを19mmにするにあたって、支点の位置とかゴムのかけ方とか強度の調整が難しかったです。 おまけ カーボンなどの切断に大活躍してくれた治具を紹介します。 SIG. WORKSの皿ビス穴加工用アジャスター こういうものです。 本来の用途は、皿ビスビットをこのように装着して使うことで、まっすぐちょうどいい深さの皿ビス穴を開けるために使います。 これを、次に紹介するビットと組み合わせるとこんな感じになります。 なお、横の穴のネジを締めてビットを固定するのですが、キャップスクリュー用の六角レンチを使います。

次の