ゴールドカード 比較 au。 au PAYゴールドカード(旧:au WALLETゴールドカード)レビュー

ゴールドカード

ゴールドカード 比較 au

『』(旧:『au WALLET ゴールドカード』)を申し込むべきか検討していますね。 9千枚のクレジットカードと比較した結果、残念ながら「年会費が高いだけでauの支払いで一般カードとポイントの付き方が変わらない」などデメリットが多かっため、おすすめはできないと判断しました。 なぜならauでの支払いや日常生活で使うのに、他にもっとお得で便利なカードがあるからです。 このページでは、大手カード会社に3社勤務した経験を活かして『au PAY ゴールドカード』について以下の流れで全てご紹介します。 全て読んでいただければ『au PAY ゴールドカード』の特徴が全て分かった上で、他にあなたの希望に合ったおすすめのクレジットカードがわかるでしょう。 au PAY ゴールドカード総評 『au PAY ゴールドカード』の特徴をまとめると以下のようになり、基本的にはおすすめできないゴールドカードです。 メリット デメリット• カードの利用金額に応じてボーナスポイントがもらえる• 有料会員制レストラン予約サイトが無料で利用• 海外旅行が快適にできるサービスが充実している• auの支払いで付くポイントが一般カードとほとんど同じ• ゴールドカードならではのauの利用がお得になる特典がない• au WALLET以外の電子マネーチャージにポイントが付かない 1-1. クレジットカード全体としての評価 クレジットカードの良し悪しを判断する評価として「ポイント還元率」「年会費」「ポイントの交換先」「電子マネーチャージ」「保険金額」の5つを挙げています。 当サイトの基準で5つの項目を数値化しました。 数字が大きいほと、利用者にとって使いやすいカードで、『au PAY ゴールドカード』は下図のようになりました。 評価項目 点数 コメント 年会費 3 10,000円(税抜)でゴールドカードの平均的な金額である ポイント還元率 3 基本還元率は1%と平均的である ポイント交換先 1 他社のポイントには3社しか交換できない クレジットカードの支払いやauショッピングモール、携帯電話の購入・修理、オプション品購入、au WALLET プリペイドカードへチャージなどにしか使えない 電子マネーチャージ 1 au WALLET プリペイドカードへのチャージしかにポイントが付かない 保険金額・条件 4 旅行保険などはゴールドカードの中では平均的な金額や補償内容である しかし、海外旅行はカードを持っているだけで航空機遅延費用 2万円 が付く 1-2. ゴールドカードとしての評価 続いて、ゴールドカードとして『au PAY ゴールドカード』はどうなのかを、「ステータス」「サポートサービス」「優待」で分析しました。 『au PAY ゴールドカード』はゴールドカードとしては以下のようにあまりおすすめできない性能のカードです。 有料会員制レストラン予約サイト「LUXA RESERVE」を無料で利用できる• 国内・海外レンタカーサービスを優待料金で利用可能• その他のカードの評価 その他のカードの評価は以下のようになります。 au PAY ゴールドカードをおすすめできない3つの理由 『au PAY ゴールドカード』は下記の3つの理由からおすすめできません。 auの支払いで付くポイントが一般カードとほとんど同じ• ゴールドカードならではのauの利用がお得になる特典がない• au WALLET以外の電子マネーチャージにポイントが付かない 2-1. auの支払いで付くポイントが一般カードとほとんど同じ 『au PAY ゴールドカード』は年会費10,000円(税抜)もしますが、年会費無料の一般カード『au PAY カード』とauの支払いで付くポイント還元率が同じなど年会費分の特典が少ないです。 au PAY カードとのポイントの違いはほとんどない 『au PAY ゴールドカード』と一般カードの『au PAY カード』のポイントの条件を比べてみました。 『au PAY ゴールドカード』 『au PAY カード』 au料金の支払い 200円 税込 ごとに2P 200円 税込 ごとに2P au WALLET Market 100円 税込 ごとに1P 100円 税込 ごとに1P auトラベル 1%特別獲得 1%特別獲得 ポイントアップ店 200円 税込 ごとに3P以上 200円 税込 ごとに3P以上 ご覧のように auに関する支払いに違いは全くありません。 違いは条件を満たすと2つのボーナスポイントがもらえることだけです。 1,000ポイント:入会後、 新規入会月の翌々月末までにショッピングで10万円以上のカード利用• 最大3,500ポイント:ショッピングの金額に応じて年間利用ボーナスがプレゼント 出典:au PAY カード ですが、せっかく年会費を10,000円(税抜)も払っているのに、auの支払いやサービスの利用でお得にならないのでゴールドカードを持つ理由にはならないでしょう。 2-2. ゴールドカードの特典でもauの利用はお得にならない ゴールドカードに付く特典も、auユーザーにとって広くおすすめできるような良い内容とは言いにくいです。 au WALLET Marketギフト券5,000円分がもらえる• 出典:au PAY カード 3,000円以上の買い物でギフト券を使うことができます。 ギフト券の有効期限は1年間なので、届いたら早めに利用しましょう。 有料会員制レストラン予約サイトが無料で利用可能 通常年会費6,000円 税別 かかる有料会員制レストラン予約サイト「LUXA RESERVE」を無料で利用することができます。 出典:au PAY カード 予約の取りにくい一流レストランや星付きレストランでも、24時間予約・変更可能です。 このように使える場所や目的があまりにも限られています。 この特典を使いたくてゴールドカードを作る人はそんなに多くはいないでしょう。 ゴールドカードとして平均的な海外旅行サポートサービス 海外旅行をサポートしてくれるサービスも付きますが、ゴールドカードとして平均的な内容です。 トラベル優待サービス 海外旅行の際に、安心して立ち寄れるアシスタンスサービスの窓口「」が世界各地に用意されています。 出典:au WALLET クレジットカード 現地情報の提供やレストランの予約など、現地スタッフが日本語で問い合わせに応えてくれます。 レンタカー優待割引 海外だけでなく国内でも優待料金 (5~25%割引)でレンタカーサービスをご利用いただけます。 海外:ハーツレンタカー・エイビスレンタカー・バジェットレンタカー・アラモレンタカー• 国内:トヨタレンタカー・ニッポンレンタカー・タイムズレンタカー・MMCレンタカー 空港ラウンジサービスの無料利用 『au PAY ゴールドカード』と、当日の搭乗券または航空券をラウンジ受付に提示することで、ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを無料で利用することができます。 出典:au PAY カード 海外旅行あんしん保険 カードに付いている保険の金額は平均的な金額です。 しかし、航空機遅延時の補償がカードを持っているだけで付いています。 下表で示す通り、一般カードの『au PAY カード』に比べて補償内容が充実しているので、安心して海外旅行を楽しむことができます。 遅延に関する保険があれば、余分や移動費や食事代・宿泊代などをカバーすることができるのでストレスをある程度減らすことができるでしょう 上記でご紹介したように、他にゴールドカードを持っていない人には使える内容かもしれませんが、他社のゴールドカードに比べて、特に優れている点がありません。 同じようなサービスはもっと年会費が安い他のゴールドカードでも利用できるため、『au PAY ゴールドカード』を選ぶ理由にはなりにくいです。 2-3. au WALLET以外の電子マネーチャージにポイントが付かない 電子マネーのチャージは下記の種類に対応しています。 au WALLET プリペイドカード• Edy• nanaco• モバイルSuica• SMARTICOCA しかし、チャージでポイントが付くのは au WALLET プリペイドカードだけです。 また、 ポイント還元率も0. 5%に下げられてしまうためお得度は低いです。 電子マネーへのチャージでポイントを稼ぎたい人は年会費が無料の下記のカードを別に1枚持つことをおすすめします。 カード名 Edy nanaco モバイルSuica 『』 0. 4〜1. 5% 0. 4〜1. 5% 0. 4〜1. 5% 『』 — 0. 2% 1. 2% 『』 0. 5〜1% — 0. 結論:auをお得に利用したい・ゴールドカードを使いたいのであれば他のカードがおすすめ このように、『au PAY ゴールドカード』は年会費分のサービスの違いが十分にあるとは言いにくく、auでの利用もお得ではないことがわかります。 au PAY ゴールドカードよりもおすすめなカード3選 2章で『au PAY ゴールドカード』が年会費の高さの割にゴールドカードとしての魅力に乏しいことを説明しました。 では、代わりにどのカードを使ったら良いか分からなくて悩みますよね。 この章では『au PAY ゴールドカード』を利用しようと考えていた3人を例に、それぞれの状況に合ったカードをご紹介します。 3-1. 「auの支払いや利用で得をしたい」場合 自分で調べた限りではあまりお得になりそうなサービスは見つからなかったのですが… この状況でおすすめするのは auの一般カード『』です。 これまでご説明してきたように、『au PAY ゴールドカード』との違いはゴールドカードの特典が付くか付かないかの違いしかありません。 『au PAY カード』はauを使い続けている限り年会費が無料なので、通常のauの支払いやサービスの利用に使うだけでauのポイントがドンドン貯まります。 さらに、『au PAY カード』で au料金などを支払うと1,000円(税抜)ごとに10ポイントがダブルで貯まります。 ポイントの対象となるのは 基本使用料・通話料 消費税・各種手数料・有料サイト利用料などを除く などの毎月の利用金額です 出典:『au PAY カード』 このように、 auの支払いで得をしたいのならauの一般カード『』がおすすめです。 3-2. 「ゴールドカードをお得に使いたい」場合 できたら、もっと安い年会費で良いゴールドカードが使えるといいのですが… この状況でおすすめするのは『 』です(30歳以上の人は『』 銀行系でステータスの高いゴールドカードでありながら、 割引を組み合わせると年会費1,500円 税抜。 初年度無料 というとても安い料金で持てます。 それでいて、サービス内容も『au PAY ゴールドカード』と同じく空港ラウンジが無料で利用できたり、旅行時に保険が付きます。 格安ゴールドカード・ヤングゴールドと呼ばれる年会費の安いゴールドカードはたくさんありますが、 年会費と内容を考えると『 』が1番良いです。 3-3. 「サービスや保険の条件が良いゴールドカードを使いたい」場合 年会費を1万円も払うならもっと良いサービスや保険が付いていると、色々な場所や機会で使えて便利なのですが… この状況でおすすめするのは 『』です。 同じ年会費の『au PAY ゴールドカード』に比べて下記の点で優れています。 実際の店舗やネットショップでポイントが多くもらえる加盟店の数が豊富• 健康・お金・フラワーギフト・ゴルフ・チケットなど様々な特典が利用できる• カードに付いている保険の条件が更に充実している JCBが直接発行している「プロパーカード」になるため、社会的に高い信頼性とステータスがあるのもメリットです。 日本国内での利用なら、 『 』を持っていて困ることはほとんどないでしょう。 まとめ 『』に関して、おすすめできない理由を解説しました。 『au PAY ゴールドカード』は、年会費の割にauの支払いや利用でゴールドカードとしての優待がありません。 そのため、一般カードの 『』でもauのポイントがほとんど同じようにたまるので、auユーザーならそちらを利用した方がお得でしょう。 Apple Payにも対応するクレジットカードであるため、使い勝手はさらに上がったでしょう。 ゴールドカードが欲しい場合は『』や『』などを使った方が年会費が安かったり特典が豊富でお得です。 お得なクレジットカードを利用することであなたの生活がより豊かで便利になることを祈っています。 カード詳細情報 この章では、現在できる限り情報を収集した上で、『au PAY ゴールドカード』についての詳細情報を表にまとめました。 上記でご紹介した他にカードについて細かい情報を知りたい人だけお読みください。 詳細情報 申し込み対象 本会員 ・au携帯電話 スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど auひかり、auひかり ちゅらのいずれかを個人契約のお客さま ・満20歳以上 学生、無職、パート・アルバイト除く ・ご本人さままたは配偶者に定期収入のある方 家族会員 ・本会員さまと「au家族割」かつ「一括請求」が組まれている、au IDにひもづくau携帯電話 スマホ・ケータイなど の家族会員さま名義 個人契約 をお持ちであること。 25%:3回 13. 50%:5回 13. 75%:6回 14. 50%:10回 14. 75%:12回 15. 00%:15回・18回・20回・24回 ボーナス2回払い 実質年率 3. 43〜8. 00% リボ払い 実質年率 15. 00% 定額方式 締切日時点でのご利用残高 毎月の弁済金 Aコース Bコース 50万円以下 1万円 2万円 50万円超100万円以下 2万円 3万円 100万円超 3万円 4万円 残高スライド方式 締切日時点でのご利用残高 毎月の弁済金 標準コース 長期コース 10万円以下 1万円 5千円 10万円超20万円以下 2万円 1万円 以降、10万円増すごとに 1万円ずつ加算 5千円ずつ加算 遅延損害金 年14. 55% キャッシング 国内利用可能枠 当社が認めた本会員に対し、カード利用可能枠の範囲内で当社が決定する金額。 融資額は、1回1万円以上1万円単位とします。 返済方式 元利一括払い 毎月元金定額返済(ボーナス併用返済、一部返済も可)(カードローン) ATM利用手数料 取引金額1万円 100円/取引金額2万円以上 200円(消費税別) 手数料 実質年率14. 95〜17. 95% 遅延損害金 年19. 入会・利用ボーナス 1,000ポイント ゴールドカード新規入会月の翌々月末までにショッピングで10万円以上のカード利用 年間利用ボーナス カード入会月から、翌年カード入会月の前月末までの間のショッピングご利用額を積算し、以下の金額を達成した月の翌月10日前後にポイント付与いたします。 ただし、日本出国日から3ヵ月後の午後12時までを限度 傷害死亡・傷害後遺傷害 最高 5,000万円 傷害・疾病治療 200万円 賠償責任 3,000万円 携行品損害 100万円(1旅行)(免責3,000円) 携行品1つ 1点または1対 あたり10万円を限度として時価額または修繕費のいずれか低い額をお支払いします。 極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい).

次の

年会費無料のゴールドカード5選 各クレジットカードのメリットを比較

ゴールドカード 比較 au

au WALLET(ウォレット)にはゴールドカードがあります。 「au PAY ゴールドカード」という名前です。 従来はau WALLET ゴールドカードという名前で、2020年に名称が変更されました。 一般クレジットカードであるau PAY カードと同様のポイント還元率・特約店でのポイントアップに加えて、ゴールドカードならではの充実した特典を加えたゴールドカードです。 au PAY ゴールドカード(旧au WALLET ゴールドカード)のメリット、デメリット、特典、お得な使い方、ポイント制度についてまとめます。 au PAY ゴールドカードとは 年会費は10,000円 税抜 であり、家族会員は1名無料、2名以降1名ごとに2,000円 税抜 です。 国際ブランドはVISA、Mastercardの二種類です。 au PAY ゴールドカードは、世界中で利用できるのが大きなメリットです。 地球上で幅広く使える圧巻の決済力があります。 JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外での利用時は使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMastercardを持たざるを得ません。 事実、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが50%で1位、Mastercardが26%で2位です NILSON REPORT 2018年4月。 この2つで約76%と圧倒的なビッグ2となっています。 飛車角です。 Visa:50%• Mastercard:26%• UnionPay 銀聯 :20%• Amex:3%• JCB:1%• ETCカードの年会費は有料のクレジットカードも多い中で無料なのは嬉しいですね。 au PAY ゴールドカードは、満20歳以上で本人か配偶者に定期収入がある方 学生・無職・パートアルバイト除く が申し込めます。 他方、au PAY カードが満18歳以上 高校生は除く で本人または配偶者に定期収入があればOKです。 一般カードは学生やパートアルバイトの方も発行可能であるのに対して、ゴールドカードの方は条件が厳しくなっています。 au PAY カードにはない、au PAY ゴールドカードのオリジナル特典は以下のとおりです。 au PAY マーケットクーポン1,000円分 毎月• 空港ラウンジサービスの無料利用(国内31ヶ所+ハワイ)• 年間利用額に応じて最大4,000Pのボーナスポイント• 充実の旅行傷害保険・ショッピング保険• レンタカー優待 以下、順に詳細をブレイクダウンして解説します。 au STARロイヤルとは、au STARに加入することによって適用されるポイントプログラムのことをいいます。 具体的にはau料金10,000円 税込 以内の支払いだと200P、以降5,000円 税込 ごとに100Pが付与されて最大800ポイント 料金が税込4万円まで となります。 auのスマホ等の携帯電話を契約している方なら、大多数の方がau STARに加入しているでしょうから、 最大で10%還元でお得です。 auとの契約期間にかかわらず、au と契約したばかりでも10%になります。 auに加入していて月額のデータ定額プランの利用料金が9,200円 税抜 の場合、年間のポイント還元が11,040円となるので、au PAY ゴールドカードの年会費をフルにカバーできます。 実質的に無料でゴールドカードを保有できると解釈することも可能です。 au STARロイヤルでのポイント付与にプラスされるので、16年以上継続の場合は、毎月1,000円 税抜 あたり180 WALLETポイントを得られて18%還元になります。 100万円利用時:1. 05%• 150万円利用時:1. 10%• 200万円利用時:1. 20% au PAY マーケットクーポン 1,000円分を毎月プレゼント 便利な総合ネット通販サイト「」での購入時に利用できる1,000円分のクーポンが毎月プレゼントされます。 au PAY マーケットの1回あたり購入額(送料、手数料等除く)が2,000円以上 税込 の場合、1,000円の割引を受けられます。 契約時だけではなく毎月なので、定期的に日用品などの購入に使うことが可能です。 クーポンは会員専用サイトのゴールドカード特典を確認するページから取得できます。 au PAY ゴールドカードを保有すると、ネット通販でお得にお買い物できます。 Reluxは価格がやや高め以上のクオリティを担保した旅館・ホテルに絞った予約サイトです。 100項目にもなる審査基準をクリアした施設が厳選して掲載されています。 キュレーション的な色彩がある旅行予約サイトです。 数多くの新聞・テレビ・雑誌・Webなどのメディアで取り上げられています。 Reluxの宿泊プランはどこで予約するよりも、お得な価格で宿泊できる「最低価格の保証」があります。 万が一、Reluxが最低価格でない場合には差額を返金してくれます。 ただし、会員限定のセールなど一般に公開されていない料金、グループまたは企業向け料金、条件が異なる場合など、最低価格保証が適用されないケースもあります。 例としては一休. comのゴールド会員以上が利用できるプライベートセールなどです。 comのプライベートセールでは、特に1泊1室6万円以上の高級ルーム、スイートルームで、時として公式サイトよりも圧倒的にお得な価格になることがあります。 おそらくホテルの稼働率が上がっているとはいえ、それは一般的な価格帯の話であり、価格帯が高い部屋は空室が多い確率が高いでしょう。 ベストレート保証を謳っているサイトは多く、公式サイトを値下げすると数多くの旅行サイトでの価格に下方圧力が及んでしまいます。 それを避けるため、値下げして空室を埋めたい場合は、一般に公開されていないプライベートセールにホテルはお得な価格を流す場合があると推定しています。 au PAY ゴールドカードの会員サイトに、Reluxのクーポンコードが掲載されているので、それを予約時に入力すればディスカウントを享受できます。 Reluxでは次回予約で使えるReluxポイントが毎回5%も貯まります。 還元率が高めなので、ザクザクとポイントが得られます。 「Reluxコンシェルジュ」というテーラーメイド型の旅行提案サービスもあります。 無料で要望に応じて一流旅館・ホテルの滞在プランを提案してくれます。 以前にReluxを利用して葉山音羽ノ森でお得に泊まったことがあります。 ウェルカムドリンクのサービスもあり、海が見えるオシャレなロビーのカフェでコーヒーを堪能しました。 記念写真プレゼントの特典もありました。 冷蔵庫のドリンクプレゼントもありました。 お酒がめっちゃ嬉しかったです^^ ディナー会場は全面ガラス張りで抜群に良い雰囲気です。 テーブルのキャンドルとお花がおしゃれです。 メイン料理は地元の食材の葉山牛ステーキも選べます。 ジュワ~っとしたたる肉汁がジューシーでした! こうした上質のホテルで快適な旅行が可能になるReluxで、5%OFFと1万円クーポンの特典を利用できるのは素晴らしいです。 空港ラウンジサービスの無料利用 国内の主要空港(全31空港)とダニエル・K・イノウエ国際空港 ハワイ・ホノルル のラウンジを利用できます。 au WALLET ゴールド本会員・家族会員が無料で利用できます。 ラウンジ受付にてau PAY ゴールドカードと、当日の搭乗券または航空券を提示すればOKです。 地域 空港名 ラウンジ名 北海道 新千歳空港 函館空港 旭川空港 東北 青森空港 秋田空港 仙台空港 関東 羽田空港 第1旅客ターミナル 第2旅客ターミナル 第3旅客ターミナル 成田国際空港 各アルコール1杯無料 中部 北陸 新潟空港 富山空港 小松空港 富士山静岡空港 中部国際空港セントレア (アルコール無料) 関西 大阪国際空港 伊丹空港 関西国際空港 カードメンバーズラウンジ 神戸空港 中国 岡山空港 広島空港 出雲縁結び空港 米子鬼太郎空港 山口宇部空港 四国 高松空港 松山空港 徳島空港 九州 沖縄 北九州空港 福岡空港 長崎空港 大分空港 阿蘇くまもと空港 (アルコール無料) 宮崎ブーゲンビリア空港 鹿児島空港 那覇空港 ハワイ ダニエル・ K・イノウエ 国際空港 ラウンジではソフトドリンクが飲めますし、電源コンセントや新聞・雑誌などが用意されており、出発までの時間を快適に過ごせます。 アルコールやスナックが用意されているラウンジもあります。 羽田空港の第1ターミナルのPOWER LOUNGE NORTHでは、朝の時間帯はクロワッサン等のパンもありました。 以下は成田空港のラウンジ「IASS EXECUTIVE LOUNGE 1」です。 席の脇には電源コンセントもありスマホ・タブレット・PC等を充電できます。 成田のラウンジはビールかウイスキーが1杯無料です。 柿の種をおつまみにして無料で飲めるのは嬉しいですね^^ ミネラルウォーター、お茶類、ジュース、コーヒーなどソフトドリンク類も揃っています。 以下は関西国際空港のラウンジ「比叡」です。 アルコールはありませんが、コーヒー・お茶・お水・野菜ジュース・ジュースなどソフトドリンクは充実しています。 ソファータイプの椅子、普通の椅子など複数のタイプが有り、電源コンセントが机の脇にある席もあります。 おつまみが豊富で、おかき・チョコ・柿の種が用意されており、ビジネスの仕事ができるデスクもあります。 海外アシスタンスサービス ハローデスク 海外アシスタンスサービスの窓口 ハローデスク が世界各地に用意されています。 au PAY ゴールドカード会員は海外で安心して立ち寄ることができます。 現地情報の提供やレストランの予約など、現地スタッフが日本語で問い合わせに応えてくれます。 株 JTBグローバルアシスタンスが運営しています。 サービス内容の例は下表のとおりです。 実費・手数料を要するものもあります。 また、サービス内容によっては、一部に提供できないデスクもあります。 ジャンル サービス内容 インフォメーションサービス 現地の最新情報、通貨や気候など 都市案内、交通機関情報 空港案内出入国の案内 フライト案内、航空会社の電話番号、営業所案内 ホテルの紹介、案内 ショッピング、免税店などの案内 レストランの情報提供 スポーツ、イベント、エンターテインメントの情報提供など リザベーションサービス レストラン予約、チケット手配など ホテルの予約 レストランの予約 レンタカーの予約 現地観光ツアーの案内 航空座席のリコンファーム 航空券の予約・手配 観光・ガイドの手配 リムジン送迎(空港・ホテル・レストラン)手配 スポーツ・イベント・エンターテインメントのチケット手配など エマージェンシーサービス トラブル時の現地警察への取次ぎなど パスポート・トラベラーズチェックの紛失、盗難時の手続きの案内 事故・トラブル時の現地警察・医療機関・保険会社などへの連絡取次ぎ 日本語医師・医療施設の紹介 事故時の各種アドバイス 緊急時のアテンドの手配など ハローデスク一覧は下表のとおりです。 現地にて問い合わせる際には、au PAY ゴールドカードが必要です。 通話料金は有料です。 コレクトコールは利用できません。 エリア 都市名 ヨーロッパ ロンドン、パリ、ローマ、ミラノ、フランクフルト、ウィーン、マドリッド、バルセロナ、アテネ、アムステルダム、カイロ、イスタンブール、ブダペスト、コペンハーゲン アジア 香港、バンコク、シェムリアップ、ホーチミン、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、シンガポール、台北、北京、上海、ソウル、釜山、バリ、グアム、サイパン、大連、セブ オセアニア シドニー、ゴールドコースト、ケアンズ、パース、オークランド、クィーンズタウン、フィジー アメリカ ニューヨーク、オーランド、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ラスベガス、シカゴ、バンクーバー、トロント、カンクン、ホノルル、サンパウロ、リマ スポンサーリンク 海外・国内レンタカー優待 国内外のレンタカーで割引を受けられます。 国内はトヨタレンタカーなど、海外ではハーツレンタカなど世界各国のレンタカーサービスが優待価格で利用できます。 名前 ゴールドカード特典 備考 トヨタレンタカー 基本料金の5%割引 免責補償料・付帯料金は対象外 ニッポンレンタカー 基本料金の5%割引 免責補償料・付帯料金は対象外 タイムズカーレンタル 基本料金の5%割引 免責補償料・付帯料金は対象外 MMCレンタカー 基本料金の25%割引 免責補償料・付帯料金は対象外 沖縄では利用時期に応じた割引価格 ハーツレンタカー ・基本料金の5%~20%割引 ・車種のアップグレードサービス アメリカ合衆国・カナダ・グアム・サイパン・ヨーロッパ・シンガポール・韓国・オーストラリア・ニュージーランドが対象 エイビスレンタカー ・円建てスーパーバリュー 基本料金のみ10%割引) ・円建てウルトラパック(基本料金・保険・税金の合計金額から10%割引) ・円建てウルトラGPSパック(基本料金・保険・税金・GPS代の合計金額から10%割引) ・現地通貨建てスーパーバリュー 現地払料金から10%割引 ハワイ・アメリカ合衆国・グアムを含むミクロネシア・カナダ・ニュージーランド・オーストラリア・ヨーロッパの主要国が対象 バジェットレンタカー ・円建てプラン 各円建てプランの合計金額から10%割引 ・現地通貨建てプランから10~15%割引 ハワイ、アメリカ合衆国が対象 アラモレンタカー ・ボーナスプラン特別価格(合計金額から10~15%割引) ・ゴールドプラン特別価格(合計金額から10~15%割引) ハワイ、アメリカ合衆国が対象 充実の付帯保険 海外旅行あんしん保険 au PAY ゴールドカードには海外旅行傷害保険が付帯しています。 嬉しい自動付帯です。 「au PAY ゴールドカード」で支払わなくても、海外旅行中のケガや病気の治療費、カメラなどの携行品の破損・盗難、ホテルの設備破損時の損害賠償、航空機遅延時の補償が自動付帯します。 出発前の手続きは不要です。 au PAY ゴールドカード加入日以降に出発する旅行から対象となり、補償期間は1旅行につき最長3ヶ月で、旅行の都度適用されます。 補償項目 保険金額 傷害死亡・後遺障害 5,000万円 傷害治療費用 200万円 疾病治療費用 200万円 救援者費用 200万円 賠償責任 3,000万円 携行品損害 100万円 自己負担3,000円 航空便遅延費用 乗継遅延費用 2万円 出航遅延・欠航・搭乗不能費用 2万円 海外旅行傷害保険の中で最も利用頻度が高くて重要な「疾病・傷害治療費用」に対する保障が、最高200万円と充実しています。 これはなんと年会費20,000円 税抜 のと同じ水準で卓越しています。 外国でケガ・病気によって医療費が発生した場合に役立ちます。 ただし、海外は医療費が高額な地域が多く、病院に運ばれて入院したら数百万円といった費用になることもあります ジェイアイ傷害火災保険の。 3~7日間の入院でも400万円前後の費用が発生することもあります。 このようなデータを見ると、200万円の補償では心許ないですね。 海外旅行保険を上乗せしたい場合は、年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯するBooking. comカード、エポスカード、横浜インビテーションカードをサブカードで持つのがおすすめです。 異なるカード会社が発行する海外旅行保険付きクレジットカードを複数所有している場合、傷害・疾病治療費用保険は 、複数のクレカの補償額が合算されます。 au PAY ゴールドカードに加えてこの3枚のカードを保有していたら、合計で 770万円の傷害治療費用、700万円の疾病治療費用の補償を確保できます。 これらは持っているだけで海外旅行保険が充実するので、です。 ここまで保険を無料で確保できたら、相当な大病や大事故でない限りはびくともしない難攻不落の体制を築けます。 鬼に金棒であり、鉄壁のディフェンスを構築できます。 国内旅行あんしん保険 国内旅行傷害保険も付帯しています。 こちらは利用付帯であり、au PAY ゴールドカードで事前に旅行代金を支払っていた場合が対象です。 国内航空機・船舶・バス・タクシーなどの公共交通乗用具搭乗中のケガ、宿泊施設に宿泊中の火災などによるケガ、募集型企画旅行参加中のケガが補償されます 補償項目 保険金額 傷害死亡・後遺障害 5,000万円 傷害入院 1回につき 5,000円 傷害通院 1回につき 3,000円 ショッピング保険 国内外で「au PAY ゴールドカード」で購入した品物の破損・盗難などの損害を購入日より90日間補償します。 「お買物あんしん保険」という名前です。 保険種類は動産総合保険です。 ちょっとお堅い名前ですね。 年間最高300万円まで補償されます。 年300万あれば、ほとんどの方にとってはカバーされる範囲です。 免責金額があり、1回あたり自己負担額が3,000円となります。 スポンサーリンク au PAY カードと同一の特典 その他、au PAY ゴールドカードの特徴は、au PAY カードと同一です。 還元率1. au WALLETポイントアップ店だとポイントアップ• ポイントは 1ポイント1円で現金同様に利用可能• au PAY プリペイドカードへのチャージも1%(チャージ&利用で1. 5%)• au PAY以外のも幅広く利用可能(、、、、)• 電子マネーへのチャージはポイント対象外• あんしんのメール通知サービス au PAY ゴールドカードは、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAなどの電子マネーへのチャージ・利用分はポイント付与の対象外となります。 この点もau PAY カードと同一です。 その他、au PAY カードの詳細は以下で徹底解説しています。 auのケータイ料金・通信料金• 携帯電話の購入・修理、オプション品購入• ゲームや楽曲などのデジタルコンテンツ• マツモトキヨシ現金ポイント、スターバックスカード、ACCORDIA GOLFポイントへの交換• グルメ・雑貨・家電等と交換• au STAR ギフトセレクション• au STARクーポン au PAY ゴールドカードとクレジットカードの比較 au PAY ゴールドカードとクレジットカードのどちらが良いのか迷う方もいらっしゃると思います。 そこで違いを比較するために主要項目を表にまとめました。 その代わりに諸々の特典が付帯します。 それに年10,000円 税抜 支払う価値はあるかという観点で検討することになります。 なお、au PAY カード、ゴールドカードは即時利用サービスも開始しており、より一層便利で使いやすくなっています。 他のゴールドカードとの比較 au PAY ゴールドカードはサービスが充実していますけれども、他のゴールドカードと比べるとどうなん?という点は気になりますよね。 年会費がほぼ同じであるセゾンゴールド・アメックス、JCBゴールドとの比較をまとめました。 5% 0. com・星野リゾート界・休暇村等の優待など JCBトラベル Oki Dokiトクトクサービス ショッピング 最大4,000ptの年間ボーナス 西友・パルコ・ロフトが5%割引 JCBゴールドと比較すると、24時間無料の医療電話相談、健康チェックサービス、JCBトラベル Oki Dokiトクトクサービス、海外旅行傷害保険、航空機預託手荷物遅延・紛失費用保険、国内旅行傷害保険はJCBゴールドが上回っています。 他方、一般加盟店でのポイント還元率、au STARでの最大10%還元、Relux5%OFF・1万円クーポン、最大4,000ptの年間ボーナス、ポイント有効期限、au PAY マーケットクーポン1,000円分 毎月 はau PAY ゴールドカードが上回っています。 は、JCBの最上位カード「 JCB THE CLASS」 JCB ザ・クラス のインビテーションが届くのもメリットです。 プラチナカードあるいはブラックカードです。 年会費は50,000円 税抜 です。 家族カードは8枚まで発行できて年会費は全て無料。 8名無料というカードは滅多にありませんね。 パワフルです。 JCB THE CLASSの主なメリットは以下のとおりです。 年1回のプレゼント• 、などザ・クラス会員限定イベント、• 高級レストラン2名以上利用で1名無料• 飲食店で合計代金・コース料理が30%OFF• 飲食店の30%OFFサービス・ダイニング30については、以下にまとめています。 特に充実しているのは、ディズニーランド関連のオリジナル特典です。 ディズニーリゾート内の会員専用ラウンジを利用できて、休憩後は待たずにアトラクションに搭乗できます。 メンバーズセレクションでは、 ディズニーリゾートのパークチケット パスポート 2枚、ディズニーグッズのセットが選べます。 年1回は夫婦や恋人でディズニーランドかディズニーシーを満喫できます。 パスポートは大人8,200円、グッズはダッフィー&シェリーメイのぬいぐるみだと8,800円なので、税込25,200円相当となり、年会費に占める金額はなんと約45. 8%とパワフルです。 メンセレにはUSJスタジオ・パスとJCBプレモカードのセットもあり、年会費の半分近くはこれらの特典で元が取れてしまいます。 ディズニーやユニバーサル・スタジオ・ジャパンがお好きな方には絶大なメリットがあります。 の筆頭であり、コスパ最上級のブラックカードです。 JCB THE CLASSの詳細については、以下で徹底解説しています。 メンセレ、東京ディズニーリゾートやUSJのラウンジ、会員限定イベント、プライオリティパスなどの特典があるので、です。 セゾンゴールド・アメックスと比較すると、4,000円支払うとJALマイルの付与率が1. 125%に上がる点、国内旅行傷害保険の家族特約、西友・パルコ・ロフト5%割引、海外旅行傷害保険、海外旅行時の手荷物無料宅配、一休. com等の優待などは、が上回っています。 他方、一般加盟店でのポイント還元率、au STARでの最大10%還元、Relux5%OFF・1万円クーポン、最大4,000ptの年間ボーナス、au PAY マーケットクーポン1,000円分 毎月 はau PAY ゴールドカードが上回っています。 また、アメックス・グリーンというゴールドカード相当のクレジットカードもあります。 海外でのステータスが随一なのが特徴です。 マイル付与率1%、リターン・プロテクション、豊富なマイル移行先、往復の空港手荷物無料宅配、無料ポーター・空港クローク、エクスペディア・一休. comの優待などがメリットであり、au PAY ゴールドカードにはない魅力もあります。 QUICPayに割り当てられた場合、「QUICPay+」の機能もあるため、QUICPay+加盟店では2万円を超える金額も決済できます。 加盟店はビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、Right-on、auショップ等です。 Mastercardブランドのカードの場合、店舗でのお買い物だけではなく、Suicaへのチャージなど Apple PayのSuicaの支払いにカードを利用することも可能です。 JR東日本が出しているiPhone用の「Suica」アプリにVISAのカードを登録して、Suicaアプリ内で「クレジットカード」によるチャージを行う場合は、VISAでもSuicaチャージが可能です。 au PAY ゴールドカードはQUICPayの利用だとWALLETポイントが得られますが、へのチャージはポイント付与の対象外です。 モバイルSuicaと同様の取扱いです。 アップルペイでのSuicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードについては、以下で分析しています。 一般の加盟店でも還元率1. セブン-イレブン、イトーヨーカドー、マツモトキヨシ、出光、へのチャージなど、au WALLET ポイントアップ店なら1. 5%以上の還元率に昇華してお得です。 入会特典として最大20,000円分のポイントを得られます。 対象料金プランによっては、月額のau利用料金が10,000円 税抜 の場合、年間のポイント還元の上乗せが12,000円となるので、au PAY ゴールドカードの年会費をフルにカバーできます。 このような方ですと、au PAY ゴールドカードは持たないと損といっても過言ではないハイ・クオリティー・カードです。 au PAY ゴールドカードはauで至れり尽くせりのベネフィットを享受できます。 auでのです。 の筆頭であり、auユーザーにとっては絶大なメリットがあるゴールドカードです。 ドコモのと比較してもエッジが効いています。 ただし、auの契約がない場合、料金が大きくない場合はメリットが乏しいのが難点です。 その場合は他のゴールドカード・がおすすめです。 一部に年会費3,000円で、が付帯しており、かつがあります。 いつもお世話になります。 とありますが、実際にはau STARロイヤルでのポイント付与は16年以上利用でも上限80ポイントです。 10000円使ったからと言って800ポイントもらえるわけではありません。 さらに利用料ではなくデータ定額料に対してになるので、利用料1万円だからと言ってもデータ金額が5000円なら計580ポイントしか貰えません。

次の

世界一わかりやすい『au PAY ゴールドカード』解説|あなたにベストな1枚かわかる!

ゴールドカード 比較 au

auユーザーの皆さん!au WALLET クレジットカードでお得な毎日を過ごしてみませんか? 実はau料金をau WALLET クレジットカードやゴールドカードで支払うと、口座振替よりも何倍もお得になります。 仮にau WALLET クレジットカードやゴールドカードで「毎月8,000円」を支払ったとしましょう。 支払いをau WALLET クレジットカードに変更するだけで、簡単にポイントが貯まりますし、この他にもauユーザー必見の特典が待っています。 この記事では、各au WALLET クレジットカードの比較や特典&優待を余すことなく解説します。 au WALLET クレジットカード&au WALLET ゴールドカード共通特典&優待は? ポイント還元率は1%!ポイントアップ店&ポイントタウンで最大15倍にアップ au WALLET クレジットカード&au WALLET ゴールドカードの共通特典として「ポイント還元率」が挙げられます。 au WALLET クレジットカード&ゴールドは家族カード最大9枚発行可能|ETCカードの枚数は? au WALLET クレジットカード&au WALLET ゴールドカードは、家族カードを最大9枚まで発行できます。 しかし、発行した年に1回以上利用すれば手数料分がキャッシュバックされます。 もし複数枚の家族カードやETCカードを求めるなら、au WALLET クレジットカード&au WALLET ゴールドカードが良いでしょう。 au WALLET クレジットカードで貯めたポイントは6つのサービスに利用可能 au WALLET クレジットカード&au WALLET ゴールドカードで貯まったポイントは、請求分からの割引を含め様々な場所で利用できます。 中でもおすすめなのが1番の「クレジットカードの請求額に充当」することです。 仮に1万円のお買物をする際、その場でポイントを利用するよりも後から請求額に充当させれば ポイント還元率が変わることなく貯められます。 au WALLET クレジットカードでau携帯料金を支払うと、 利用料金とは別にポイントが貯まります。 1年間も利用すれば、合計で1,680ポイントも貯まりますので実質「1,680円分」お得ですね! au WALLET クレジットカード以外では、二重取りはできませんのでauユーザーは携帯料金の支払い時に是非とも活用しましょう。 最高2,000万円の海外旅行傷害保険&お買物あんしん保険付帯|不正利用時の対応は? au WALLET クレジットカードは海外旅行や出張の方々をサポートする「海外旅行傷害保険(利用付帯)」が付いています。 そして、au WALLET クレジットカードで購入した商品に、年間100万円まで補償が受けられる「お買物あんしん保険(自己負担3,000円)」が付帯します。 またカードを紛失・盗難され、不正利用された時に補償するサービスも用意! このように、海外旅行傷害保険以外にも、数々の保険やサービスが付帯しているのもau WALLET クレジットカードの強みです。 auユーザーである限り年会費無料!auサービスの解約は絶対にNG! これほど充実したサービスのau WALLET クレジットカードは、あなたがauユーザーである限り「年会費無料」で使えます。 ゴールドカード会員のau携帯電話料金のみですが、上記のように通常還元ポイントの他に毎月のゴールドカード特典が入ります。 仮にau携帯料金8,500円を、au WALLET ゴールドカードで支払えば1ヶ月で890ポイント、1年間で10,680ポイントも貯まります。 携帯電話料金の支払いを少しでもお得にするなら、au WALLET ゴールドカードは欠かせません。 未加入の場合、ポイント還元率は異なります。 年間利用金額で最大4,000ポイントプレゼント!毎年1万円のauクーポンも見逃せない! au WALLET ゴールドカードは、年間利用金額に応じたボーナスポイントを用意しています。 1年間で100万円利用すると500ポイントプレゼントされ、最高4,000ポイントも獲得できます! 更に、au WALLET ゴールドカード会員限定で家族も使える 「1万円分」のauクーポンが毎年プレゼントされます。 ただ、auクーポンを受け取るためには「au WALLET プリペイドカード」が必要ですので予め用意しましょう。 更に国内&海外レンタカーを優待価格で使え、なおかつ海外で地域情報やあなたに代わってレストラン&ホテル予約、またはトラブル時に相談に乗る日本語対応の海外アシスタントサービスを用意しています。 豪華特典を見逃さず旅行前や旅行中、存分に活用しましょう。 最高5,000万円の国内&海外旅行傷害保険付帯|最高300万円のショッピング保険も見逃せない au WALLET クレジットカードでも充実した海外旅行傷害保険が、ゴールドカードになって更に充実した内容になりました。 自動付帯の最高5,000万円の海外旅行傷害保険になり、なおかつ新たに「航空便遅延損害」が付帯します。 また、 利用付帯ですが「国内旅行傷害保険」が用意されています。 その上「お買物あんしん保険」がゴールド会員に限り 「年間300万円」にアップしたのも見逃せません。 年会費を無料にする方法はありませんが、ゴールドカードの中でも年会費が手頃でありながら豊富な特典&優待を用意する、正にコストパフォーマンスの高い1枚です。 内容は毎月の携帯料金「8,000円」に加え、ショッピングや公共料金の支払いで毎月「8万円」利用した場合です。 それでは早速見ていきましょう。 au WALLET クレジットカード 1. 携帯料金:毎月160ポイント、1年間で1,920ポイント。 支払い:毎月800ポイント、1年間で9,600ポイント。 au WALLET ゴールドカード 1. 携帯料金:毎月880ポイント、1年間で10,560ポイント。 支払い:毎月800ポイント、1年間で9,600ポイント。 このように、au WALLET クレジットカードでも1万円以上貯まりますし、ゴールドカードは年会費以上のお得を実現します。 こうしてみると、いかにauユーザーに恩恵があるクレジットカードかご理解いただけたと思います。 まとめ 最後に、これまで紹介した2枚のau WALLET クレジットカードはどなたにおすすめか? 筆者の感想ですが、auユーザーの方で維持費がかからずに、いつもの支払いをお得にしたいなら「」です。 一方、携帯料金を含め毎月の支払い全てをクレジットカードにまとめ、なおかつゴールドカードの特典や優待を楽しみたいなら「」をおすすめします。 シュミレーションで確認したように、毎月の支払い額が大きい方なら軽くゴールドカードの年会費分のポイントを稼げます。 そのため、闇雲にau WALLET クレジットカードを選択せず、あなたのニーズに合った1枚を発行しましょう。

次の