伊勢 神宮 交通 規制。 お盆休みを利用して伊勢神宮に行きたいのですが、宿は津市のビ...

【初詣 2019】伊勢神宮の駐車場裏技、交通規制かかる時間帯を予想!シャトルバスの利用方法や時間も公開!

伊勢 神宮 交通 規制

伊勢神宮 とは 伊勢神宮はよく耳にする有名な神社ですが、何の神か知らない人も多いのではないでしょうか。 伊勢神宮には太陽を神格化した天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祀られており、日本で最も格式が高い神社ですよ。 創建は西暦26年ごろと言われており、昔は皇室以外の人の参拝は禁止されていました。 伊勢神宮 初詣の期間や時間は? 伊勢神宮の初詣の期間は、例年では1月1日から7日まで。 4日までは終日参拝可能で、5日は0時から午後10時まで、6日と7日は午前5時から午後10時までです。 今年も例年通りの参拝が可能になるでしょう。 終日やっているとは言え、年末からかなりの混雑が予想されていますよ。 伊勢神宮 初詣で運勢をあげるコツ 伊勢神宮には内宮(ないくう)と外宮(げくう)があります。 参拝順序である外宮から内宮へと参拝して行くと縁起がいいと言われていますよ。 外宮の正宮には衣食住の神様である「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」が祀られています。 日常的に関係のある衣食住なので、外宮からしっかり参拝して運気をあげたいですね。 伊勢神宮 夜間参拝の注意点は? 伊勢神宮の夜間参拝で絶対に気をつけたいことは、服装です。 初詣の時期の平均気温は3度から5度となっています。 車で来る方は特に薄着になりがちなので、しっかり防寒対策グッツを持って行きましょう。 暖かい格好はもちろん、手袋やカイロなど小物も忘れないようにしたいですね。 また、伊勢神宮自体は終日参拝が可能ですが、交通機関や宿泊先の門限は変更がないこともあります。 帰れなくなって夜中ずっと外にいなくてはならなくなると大変です。 しっかりと時間を下調べして、計画通りに参拝して行きたいものです。 帰りの時間指定がある方は、ゆとりを持って早めの行動がオススメですよ。 伊勢神宮 アクセス方法と駐車場情報 伊勢神宮に一番近い駐車場は「内宮A1とA2」で207台分あります。 混雑する日にはA2が観光バス専用にもなるため使用できないものと思っている方がいいかもしれません。 他にも内宮A4(53台)、内宮B2(98台)、内宮B1(254台)、内宮B3(73台)、内宮B4(110台)、内宮B5(625台)などがあります。 内宮Aは伊勢神宮の目の前にあり、内宮Bはおかげ横丁などを通過して伊勢神宮に向かう駐車場です。 内宮は最初の1時間が無料で、2時間まで500円、2時間以降は30分ごとに100円が加算されていきます。 また外宮には300台駐車でき、駐車料金は無料になっていますよ。 箱根駅伝を見たいけど初詣で見れない人は必見! リアルタイムで箱根駅伝がスマホで見れる! 関連: 伊勢神宮 交通規制はある? 伊勢神宮の初詣期間には、周辺道路で交通規制がかかる場合があります。 2019年がどのように成るかは分かりませんが、例年では伊勢西ICに出口規制、伊勢ICに使用時間の指定などされていました。 また、内宮外宮周辺でも交通規制がされます。 規制については地図を参考にしてみてください。 伊勢神宮 駐車場を賢くチョイスする裏ワザ 伊勢神宮の周りには、先ほど紹介したようにたくさんの駐車場が用意されています。 紹介した駐車場のうち、比較的に回転が速いのが内宮B5と外宮です。 少し距離がありますが、混雑時間によっては最初からこちらを選ぶ方が賢いとも言えます。 また伊勢神宮から離れた場所に、年末年始には臨時駐車場が設けられます。 駐車料金は1000円かかりますが、そこから無料シャトルバスを利用することもできますよ。 初詣参拝者106万人と言われる超混雑期なので、たくさんあるとは言え待ちが出てしまいます。 下手して車で何時間も待つのは避けたいですよね。 事前に駐車場をチェックして、なるべく待ち時間を避けましょう。 臨時駐車場は普通・軽自動車、側車付自動二輪車が対象です。 利用可能時間は 午前9時から午後5時までです。 状況により変動は多少ありますが、基本的には条件の変更はありませんので注意して利用してくださいね。 伊勢神宮の初詣 臨時駐車場は複数あるようですね。 今日初詣で伊勢神宮へ行く人。 安土桃山文化村と言う場所が臨時駐車場として解放され、かつ結構穴場です。 インターは二見を使うと便利ですよ。 今頃ではありますが、2014年元旦(AM0時~AM3時)に伊勢神宮の初詣行った時に利用したサンアリーナ駐車場について書きました。 伊勢神宮からは少し離れてしまうものの、臨時駐車場をはじめから狙っていくのも裏ワザの一つ。 伊勢神宮周辺には主に4つの臨時駐車場があり、初詣のシーズンにはグリーントピア(660台)、陸上競技場(220台)、五十鈴公園球技広場(220台)、神宮工作所(330台)がオープンします。 それぞれ内宮まで徒歩で15~20分の距離となっていますが、台数にも余裕があるため専用の駐車場よりも停めやすい利点があるといえるでしょう。 最近の三連休の様子が伝わる写真がありますので、ご覧ください。 伊勢神宮内宮:正式名称は地名の付かない「神宮」/説明不要の伊勢神宮です。 伊勢神宮に来ております。 凄い人。。。 お正月でなくてもこの込み具合なので、年末年始は常にこの混雑が予想されます。 昼間の出歩きやすい時間帯に行くのはちょっと、と思う方もいるのではないでしょうか。 そんな方は混雑する時間を知っておくといいかもしれません。 参拝者のピークは午前9時ごろからになります。 その後は日が落ちる午後5時ごろまでは最も混雑しています。 混雑を避けたい方は、上記の時間よりももっと前の早朝か、日が落ちきった午後7時以降を狙って参拝するのがオススメです。 1日は深夜でも混雑していますので、少しでも避けたい方は落ち着く3日頃がいいのではないでしょうか。 伊勢神宮 シャトルバスの利用方法と時間について 伊勢神宮の初詣では、離れた場所からシャトルバスが運行されます。 臨時駐車場でもある「見え県営サンアリーナ駐車場」から乗車が可能ですよ。 バスの本数も多く、不自由さを感じさせないシステムですよ。 12月31日の22時から1月1日の16時までと2日・3日・6日・7日の午前9時から16時までです。 運行時間は午前9時から16時までの間です。 伊勢神宮からの帰りの最終出発時刻は18時30分なので、ここは覚えておきたいですね。 内宮駐車場からの発着場は「市営内宮B1・B2駐車場」、外宮発の乗り場は「三重銀行伊勢支店前」付近、外宮着の降車場所は「伊勢市駅バスロータリー」付近です。 詳しくは地図で確認してみてくださいね。 「【初詣 2019】伊勢神宮の駐車場裏技、交通規制かかる時間帯を予想!シャトルバスの利用方法や時間も公開!」まとめ 伊勢神宮は毎年100万人以上が初詣に参拝しており、12月31日から非常に混雑が予想されます。 近隣の駐車場を狙うより、少し離れた駐車場の方が駐車可能台数も多く、比較的回転が早くて駐車しやすくなっていますよ。 また少し離れた場所に臨時駐車場も準備されるので、そちらを利用するのも賢い方法です。 バスの本数も非常に多く不自由さを感じさせないので、駐車場待ちでイライラするよりは、こちらを利用するのがオススメですよ。 交通規制も近辺と高速などでそれぞれ行われるため、余裕を持って参拝に向かうのがいいですよ。 箱根駅伝を見たいけど初詣で見れない人は必見! リアルタイムで箱根駅伝がスマホで見れる!.

次の

伊勢神宮、GWに車で行くなら駐車場はどこがおすすめ?渋滞と交通規制

伊勢 神宮 交通 規制

津市の中心街から伊勢神宮までは最短で30数kmです。 しかし、どうせなら伊勢市内や鳥羽方面の宿に宿泊したほうがよろしいでしょう。 伊勢志摩は昔からの観光地ですから、公共の宿も老舗旅館も、あらゆるタイプの宿があります。 お盆ですと予約がいっぱいかも知れませんが…。 穴場としては神宮直営の宿泊施設があります。 なお、伊勢市内はともかく休日は伊勢自動車道が渋滞しますので、電車がお勧めです。 近鉄の新型特急が人気です。 補足拝見しました。 津市まで車でいくなら、どの道渋滞に巻き込まれます。 その先だけ電車にするのは、あまりメリットがありません。 伊勢自動車道の渋滞は伊勢市内とは比較になりません。 伊勢神宮の渋滞は内宮前(おはらい町)付近だけでしょう。 内宮前から1kmほど離れた駐車場までふくめれば、正月でも余裕がありますから、駐車できないということはありません。 むしろ、逆に伊勢まで電車で行って、現地でレンタカーを借りる方がいいでしょう。 しかし、今さらですが、なぜ、津市のホテルなのでしょう? 伊勢市内のホテルがとれないとしても、松阪市とか、もっと伊勢に近いところがいいでしょう。 津市は観光地じゃないし、松阪市なら松阪肉とかもあります。 最近、休みの日には神宮周辺の駐車場は比較的早い時間からいっぱいになります。 また、高速道路の出口も規制され、パークアンドライド方式がとられる日もあります。 お盆の時期ですと、きっと伊勢志摩辺りのホテル等は満室だったり、お高かったりだと思います。 津に泊まられる予定ということですので、電車を使われるほうがかえって自由がきくのでは?と思います。 外宮・内宮間は、バスが出ていますし、渋滞にはまったり、駐車場を探したりするよりかえって楽かな?という気がします。 津から伊勢市駅ですと、急行でも30分少々、540円だったと・・・。 (外宮参拝はせず、内宮のみの参拝でしたら宇治山田駅でもいいかもしれません。 内宮の最寄り駅は五十鈴川駅ですが、バスでのアクセスがいまいちかも・・・。 ) また、津で泊まられるのでしたら、津駅周辺のホテルがお勧めです。 この数年、ビジネス系ですが新しいホテルができてきました。 津新町駅周辺だと、プラザ洞津(公立共済の宿になっています)くらいしか・・・。 津駅周辺でしたら、お食事場所にも困らないのでいいのではないでしょうか。 お気をつけてお出かけくださいね。 ご参考まで・・・。 【補足について】 早朝に伊勢に到着できるのであれば、伊勢に車を置く・・・というのもアリかもしれませんが。。。 お盆の期間は、普段よりも渋滞がひどくなるのでは?と予想されます。 次の日、名古屋まで移動されること、またその後山口にお帰りになられることも考えると、公共の交通機関にされた方が幾分体が楽かな・・・と思います。 渋滞の心配もありませんし・・・。 ただ、人気の「しまかぜ」は残念ながら、津には停車しません。 もし、特急を使われるのであれば「伊勢志摩ライナー」かな?と思います。 近鉄特急は車両に工夫もあり、人気もあるかと思いますが、その分(特に)繁忙期は予約がとりにくいので、あらかじめ予約をされるほうがいいと思います。 でも、津~伊勢(宇治山田)間であれば、急行で十分かなという気もします。 (座席指定ではないので、座れないかもしれませんが).

次の

【初詣 2019】伊勢神宮の駐車場裏技、交通規制かかる時間帯を予想!シャトルバスの利用方法や時間も公開!

伊勢 神宮 交通 規制

出発地 目的地 日時 出発 到着 表示 最適ルート 乗換が少ない 徒歩が少ない 検索 【初詣・伊勢神宮】初詣に行きたいけど夜も参拝できるの? 例年、年末年始は終日参拝しており、夜間参拝ができます。 2016年12月31日(土)午前5時~終日 2017年1月1日(日) 終日 2日(月) 終日 3日(火) 終日 4日(水) 終日 5日(木) 午前0時~午後10時 6日(金) 午前5時~午後10時 7日(土) 午前5時~午後10時 8日(日) 午前5時~午後10時 1月9日(月・祝)以降は午前5時から午後6時まで参拝可能 お車の場合、パークアンドバスライドなど交通規制がありますので、こちらからご確認ください。 【交通・アクセス】伊勢志摩への車でのアクセスは? までの目安時間としては以下のとおりです。 東京方面からの場合 東名高速道路で約6時間 大阪方面からの場合 名阪国道で約2時間30分 名古屋方面からの場合 東名阪自動車道で約1時間30分 三重県へのアクセスの概要については をご覧ください。 高速道路の料金・時間などについては をご覧ください(伊勢神宮は伊勢ICが最寄りとなります) 【交通・アクセス】セントレア(中部国際空港)から伊勢志摩へ行く便利な手段は? セントレアから高速船で津なぎさまちへ約45分、津なぎさまちから伊勢へ三重交通バスで約70分と、乗換が少なく距離が短いルートがありますのでご利用ください。 料金、乗り方などはこちらからご確認ください。 【交通・アクセス】伊勢志摩内の公共交通機関でのアクセス方法は? スポット間を移動するにはバスが便利。 フリー区間が乗り放題になる1日-2日間の周遊きっぷもあるので、ぜひご利用ください。 伊勢市~鳥羽~鵜方~賢島と、エリア間を移動するには近鉄が早くて便利です。 伊勢神宮の外宮~内宮間の移動や、夫婦岩、鳥羽水族館、ミキモト真珠島、伊勢志摩スカイライン等を運行。 大阪・京都・名古屋と伊勢市・鳥羽・賢島をつなぐ。 座席もサービスも驚くほどラグジュアリー。 乗車券と特急券・しまかぜ特別車両券が必要です。 個室の場合は個室券も必要です。 しまかぜ同様、大阪・京都・名古屋と伊勢市・鳥羽・賢島をつなぐ。 乗車券と特急券だけでも利用可能。 コンパートメント型の「サロンカー」や、リッチな「デラックスカー(要特別車両料金)」など、個性ある車両も。 【交通・アクセス】伊勢神宮近辺の公共交通機関でのアクセスは?(外宮~内宮~おはらい町~おかげ横丁) JR・近鉄伊勢市駅から外宮へは徒歩約7分 外宮から内宮は路線バス(三重交通)で約20分です。 外宮前~内宮前の (曜日により異なります) 内宮とおはらい町とは徒歩圏内で隣り合っています。 おかげ横丁はおはらい町の真ん中あたりの賑やかなエリアを指します。 【交通・アクセス】レンタカーはどこで借りられるの? 以下のお店でレンタカーの予約ができます。 トヨタレンタカー 【交通・アクセス】タクシーを頼める会社は? 以下のタクシー会社があります。 【交通・アクセス】伊勢神宮近辺の渋滞状況・駐車場は? 神宮周辺は大変混雑しますので、公共交通が便利です。 特に外宮周辺は午前中が、内宮周辺はお昼過ぎが渋滞のピークです(天候に大きく左右されます。 1日中渋滞のこともあります。 ) 外宮の駐車場は2時間までご利用いただけます(無料)。 内宮の駐車場は1時間までが無料で、以降は有料となります。 【交通・アクセス】連休の時期には交通規制があると聞いたのだけど? 連休の時期には伊勢神宮に来られる方が大変多いので、交通渋滞緩和のために伊勢市内では交通規制等が実施されます。 規制情報についてはこちらからご確認ください 【交通・アクセス】鳥羽市の石神さん(神明神社)へのバス・車でのアクセスは? 鳥羽三女神のひとつ・、「女性の願いをひとつは叶える」と言われており、女性に人気の神社。 バスでのアクセスの場合、JR・近鉄鳥羽駅から「かもめバス」の鳥羽~国崎線で「相差(おうさつ)」下車、バスの乗車時間約40分、バス停から徒歩約5分です。 車でのアクセスの場合、伊勢インターチェンジから伊勢二見鳥羽ライン経由で約40分です。 【交通・アクセス】志摩市の横山展望台へ公共交通機関でのアクセスは? 英虞湾の美しいリアス海岸を一望できることで人気の。 公共交通機関の場合、路線バスは無いためからタクシーを利用し約10分です。 伊勢志摩国立公園の魅力がよくわかるもありますので、一緒に回るのがおすすめです。 【バリアフリー】伊勢神宮で車いすを借りられる? 入口で「砂利道用車いす」を借りられます。 玉砂利が敷きつめられ、通常の車いすでは走行しにくいので、ご注意ください。 外宮は、表参道の火除橋手前左側の表見張所か、駐車場に近い北御門参道入口右側の裏見張所で、内宮は、宇治橋鳥居右側の衛士見張所・参宮案内所で、それぞれ受け付けています。 なお、外宮の御正宮前には1段の段差が、内宮の御正宮前には30段の階段があり、スロープははありません。 介助の人と一緒にご参拝ください。 【バリアフリー】伊勢志摩を旅行する際にバリアフリー情報について知りたいのだけど? NPO法人 伊勢志摩バリアフリーツアーセンターのページで、観光や交通、宿泊施設のバリアフリー情報をお調べいただけます。 【伊勢神宮関連】伊勢神宮参拝は何時からできますか?また目安の所要時間や順序は? 朝5時から参拝可能です。 参拝時間は月によって下記の通り変わります(年末年始は終日可能)。 【伊勢神宮関連】伊勢神宮へ参拝する際に荷物を預けられる場所はありますか? 【観光全般】伊勢志摩のベストシーズンは?魚介の旬はいつ? お伊勢参りや昔町めぐりがメインなら、桜の春や紅葉の秋が綺麗です。 夫婦岩からの日の出は、毎年5月~7月の間。 夫婦岩の中央から昇るのは夏至の頃。 夏は海女さんがとるアワビが美味しい時期。 海女小屋体験でぜひとれたてを食べてみてください。 シーカヤックなどのマリンレジャーや、キャンプなどのアウトドア、海沿いドライブや観光クルーズを楽しむのにも、夏は人気のシーズンです。 、など、キャンプを根城にお伊勢参りをするという人も。 伊勢海老・カキ・フグの旬は冬。 12月~3月は鳥羽の浦村で「カキ食べ放題」の営業を行うお店がたくさんあります。 温泉がしみじみありがたいのも、やっぱり冬。 お伊勢参りの帰りに入るなら、が便利です。 伊勢志摩の代表的な郷土料理・特産品は? 極太麺に甘辛いタレをからめた「伊勢うどん」と、志摩の漁師が船の上で食べていたといわれる「てこね寿し」が2大郷土料理。 食の神様である外宮のお膝元で、三重県産の米・食材を使って作られた「御饌丼(みけどん)」も新名物。 カキ・エビ・サザエなど、鳥羽の名物をバーガーにした「とばーがー」もぜひご賞味ください。 もちろん、伊勢海老やアワビなど、豪華な海の幸もはずせません。 松阪牛を食べたいという声も少なくありません。 おはらい町の老舗土産物屋「二光堂」に併設された「寶来亭」に松阪牛メニューがあります。 和菓子も充実しています。 定番の赤福餅をはじめ、伊勢には多くの名物餅があるので、食べ比べもおすすめです。 元旦を除いた毎月1日には、季節感を演出した月替わりの「朔日餅」を赤福本店でいただけます。 伊勢の天気を知りたいのですが?.

次の