蒼井そら 作品。 蒼井そら、誹謗中傷は「慣れることは絶対にない」「見ないことが一番」

蒼井そら、誹謗中傷は「慣れることは絶対にない」「見ないことが一番」

蒼井そら 作品

02年にグラビアデビューし、AV女優としても活動を始める。 その人気の高さから映画やテレビ、ラジオなどにも活動の場を広げ、映画「GUN CRAZY Episode4 用心棒の鎮魂歌<レクイエム>」や「HEAT 灼熱」(ともに03)、「嫌われ松子の一生」(06)に出演。 「なま夏」(05)や「聴かれた女」(07)では主演を務める。 TVドラマでは「ガリレオ」(07)や「嬢王 Virgin」(09)などに出演。 なかでも中国で絶大な人気を誇り、蒼井老師、空老師(「老師」は「先生」の意)などと呼ばれている。 13年に解散したアイドルグループ「恵比寿マスカッツ」の初代リーダーだった。 関連作品(映画)• - 2019年公開• 5 2017年公開• 8 2015年公開• 0 2011年公開• 8 2011年公開• 7 2010年公開 写真・画像.

次の

蒼井そら

蒼井そら 作品

2002年6月にグラビアデビュー。 それから4年間、グラビア、バラエティ、アダルトビデオ、Vシネマなどで幅広く活躍してきた。 2005年からは「お笑い登龍門」 CX系 にレギュラー出演し、「嬢王」「下北GLORY DAYS」 ともにテレビ東京系 などのTVドラマに出演するなど、その存在はお茶の間にも認知されるようになってきた。 一方で、2005年夏には自身がプロデュースしたTシャツを発売。 同じく2005年夏には、自らを被写体に撮影に臨んだ写真集『polgasun aoisola』も手がけ、撮られるだけでなく撮る才能も発揮した。 同作品はイタリアのカルチャー誌「Pig magazine」やドイツのアート誌「EUROPEAN PHOTOGRAPHY」で紹介されるなど、国際的な評価を得た。 同じAV女優でも飛躍できる人、そうじゃない人がいるけど、自分を持っている人は魅力があって活躍の場を広げる事ができるのだなと思いました。 AV業界に限らず、どんな仕事でも、自分の仕事に誇りを持って悩みながらでも一生懸命にやっている人はチャンスが与えられるのだなぁと感じます。 ただ、ほとんどの人がそこまで強い信念を貫き通せずにくじけてしまう。 だから、全てをさらして、それでいて前向きに自分の人生を歩もうとしている蒼井そらは凄い人だと思います。 ただ、内容はそれほど濃くないです。 自分を表現したかった。 平凡な人生で終わらせたくなかった。 スカウトされた。 色々悩んだけど飛び込んでみる事にした。 時代の流れもあり、大変な事もあったけど世界が広がった。 上手くいった。 以上で集約されるような内容でした。 直接ブログを見れば書いてあるから本にしなくてよくないかい? そう思ってましたが、ブログに書いた以外に書き足した文章が2、30ページあります。 それ以外は1年分くらいのブログがそのまま載っているので、 ブログを見てる人には書き足し分に興味がなければ購入する必要はないかもしれないです。 書き足し分は、性やお金などのテーマにそって、蒼井そらが思うことを書いてあります。 テーマに対して1人の女性としての蒼井そらの考え・意見を読むことができるようになっています。 メインのブログの内容は、サバサバした感じで読んでいても不快感なくスラスラ読めます。 AV女優の蒼井そらの日々や、素の蒼井そらの日常などが見れて楽しい内容です。

次の

蒼井そら、誹謗中傷は「慣れることは絶対にない」「見ないことが一番」

蒼井そら 作品

2002年6月にグラビアデビュー。 それから4年間、グラビア、バラエティ、アダルトビデオ、Vシネマなどで幅広く活躍してきた。 2005年からは「お笑い登龍門」 CX系 にレギュラー出演し、「嬢王」「下北GLORY DAYS」 ともにテレビ東京系 などのTVドラマに出演するなど、その存在はお茶の間にも認知されるようになってきた。 一方で、2005年夏には自身がプロデュースしたTシャツを発売。 同じく2005年夏には、自らを被写体に撮影に臨んだ写真集『polgasun aoisola』も手がけ、撮られるだけでなく撮る才能も発揮した。 同作品はイタリアのカルチャー誌「Pig magazine」やドイツのアート誌「EUROPEAN PHOTOGRAPHY」で紹介されるなど、国際的な評価を得た。 同じAV女優でも飛躍できる人、そうじゃない人がいるけど、自分を持っている人は魅力があって活躍の場を広げる事ができるのだなと思いました。 AV業界に限らず、どんな仕事でも、自分の仕事に誇りを持って悩みながらでも一生懸命にやっている人はチャンスが与えられるのだなぁと感じます。 ただ、ほとんどの人がそこまで強い信念を貫き通せずにくじけてしまう。 だから、全てをさらして、それでいて前向きに自分の人生を歩もうとしている蒼井そらは凄い人だと思います。 ただ、内容はそれほど濃くないです。 自分を表現したかった。 平凡な人生で終わらせたくなかった。 スカウトされた。 色々悩んだけど飛び込んでみる事にした。 時代の流れもあり、大変な事もあったけど世界が広がった。 上手くいった。 以上で集約されるような内容でした。 直接ブログを見れば書いてあるから本にしなくてよくないかい? そう思ってましたが、ブログに書いた以外に書き足した文章が2、30ページあります。 それ以外は1年分くらいのブログがそのまま載っているので、 ブログを見てる人には書き足し分に興味がなければ購入する必要はないかもしれないです。 書き足し分は、性やお金などのテーマにそって、蒼井そらが思うことを書いてあります。 テーマに対して1人の女性としての蒼井そらの考え・意見を読むことができるようになっています。 メインのブログの内容は、サバサバした感じで読んでいても不快感なくスラスラ読めます。 AV女優の蒼井そらの日々や、素の蒼井そらの日常などが見れて楽しい内容です。

次の