令 和 ベスト テン。 P機 これまでのパチンコ台の常識を覆す 驚愕の実態について迫ります。

80年代の「ザ・ベストテン」に学ぶ美しき世代交代、懐かしむより超えてゆけ!

令 和 ベスト テン

1992年から登場した「 CR機」から「 P機」に変わろうとしています。 「 P」とはパーソナルシステムの Pとも言われていますし、パチンコの Pとも言われています。 「 CR機」と「 P機」何が違うの?と言うことですが、現状見た目は全く変わりません。 「 P機」の特徴としては「 6段階の設定が可能」「釘調整ができない」 「台の中に数百個の玉が内蔵されていて、その玉を循環させて、内蔵の計量器で玉数を管理する」など。 封入式パチンコと言われるものですね。 しかし今の「 P機」は完全な封入式ではなく、まだ未完と言われています。 将来的な封入式パチンコとは玉には一切触れられず 機械的に玉を循環し、盤面裏の構造や枠の形を全メーカー共通にした形になると言われています。 つまりは今の牙狼のようなおもちゃは付けれないと言うことですね。 封入式パチンコとは 玉を台に封入して内部循環式にしたパチンコ。 島管理ではなく 1台ごとに玉を管理できる。 出玉や戻り玉はデジタル表示、打込みと差玉がすべて管理可能。 パーソナルシステムの発展系と言える。 パチンコメーカー組合での呼称は「 ECO遊技機」。 上皿部分には液晶タッチパネルがあり、玉数は液晶部分に表示される。 下のスペースに iPad程の大きさの液晶があり、データロボ機能の他、テレビや動画も見れる。 新台情報や店の広告映像を流したりもできる。 友人同士のチャット機能、会員特典機能、携帯電話連動機能、アバター機能などの展開も。 また上皿、下皿は存在せず玉を触ることはできない。 ゴト対策として、全面的に鉄板で防御して隙間をなくし、電波感知センサーを装備。 基盤を交換されると動かなくなる等、ゴト対策が強化されている。 とだいたいこんな感じが噂されていますね。 これをみた私の率直な感想は・・・ゲーセンやん。 そして今の「 P機」では 2018年度の規約改正が適用されており 一回の大当たりの出玉は上限 1500玉。 また 6段階の設定が可能。 となっており、出玉スピードが大幅に落ちた仕様となりました。 また 4時間遊戯で 5万円 12500発 以下に出玉を制限する。 とあり、 まぁ実際に「 P機」を打ってみましたが、たらたら増えたり減ったりしているイメージですね。 今後この噂されている真の封入式パチンコが導入された時 資金力のないパチンコ店はどんどんとなくなっていき 大手パチンコ店だけが残る未来を想像してしまうのは私だけでしょうか。

次の

チャート梁山泊

令 和 ベスト テン

1978年1月から約12年間続いたTBSの音楽番組「ザ・ベストテン」が、同局のCS放送「TBSチャンネル2」で再放送される。 これまで特番などで名場面が流れることはあったが、今回は当時の丸々1時間の放送となる。 6月20日土曜の午後7時にスタート。 初回は五輪真弓(69)の「恋人よ」が1位だった80年12月25日放送分。 近藤真彦(55)、田原俊彦(59)、松田聖子(58)と80年代のスーパーアイドルがそろって出場した華やかな回だ。 以後、放送順ではなく、スタッフが特に話題を集めた回を厳選して不定期で放送していく。 ベストテンはTBSにとって「8時だョ!全員集合」と並ぶキラーコンテンツで、再放送を望む声が多数寄せられてきた。 その一方で近年、若者の間では昭和歌謡がブーム。 新橋などの昭和歌謡曲・ポップスを流す居酒屋にも若者の姿が目立った。 スタッフは再放送を目指し1年ほど前から、各アーティストや関係者と許諾の交渉を続けてきた。 そんな中、先月下旬、昭和歌謡曲を特集した同局の「マツコの知らない世界」が番組史上最高の視聴率15・4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。 スタッフは手応えを感じた。 ベストテンは全編生放送で、松田聖子が新幹線のホームで歌ったりと「生」ならではのハプニングが満載。 とんねるずが、ファンにもみくちゃにされながら歌ったこともあった。 コンプライアンスが厳しく、さらに3密回避の現在ではあり得ないシーンが続出。 これらの回が放送されるかは今後歌手サイドとの交渉になるが、ファンにとって超貴重な映像がオンエアされる可能性もある。 初回は12年間にわたって久米宏(75)らと司会を務めた黒柳徹子(86)とゲストとの特別対談を合わせたスペシャル版。 黒柳は「令和の時代によみがえった『ザ・ベストテン』をお楽しみください」と呼び掛けている。 89年9月まで通算603回放送。 出場歌手は380組。 初代司会は黒柳徹子と、当時TBSアナウンサーの久米宏。 初の1位はピンク・レディー「UFO」。 最高視聴率は81年9月17日の41・9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。 得点は売り上げのみで算出せず、有線やラジオでのオンエア、はがき投票を合算した世間への浸透ぶりに重点を置いたもの。 最高得点は79年4月5、12日に西城秀樹さんが「ヤングマン」で2週連続で記録した9999点満点だった。 約12年の歴史の中で満点はただ一人。

次の

アナザーゴッドハーデス 令和ベストテンが設定1で全回転をひくまで企画 1日目

令 和 ベスト テン

1992年から登場した「 CR機」から「 P機」に変わろうとしています。 「 P」とはパーソナルシステムの Pとも言われていますし、パチンコの Pとも言われています。 「 CR機」と「 P機」何が違うの?と言うことですが、現状見た目は全く変わりません。 「 P機」の特徴としては「 6段階の設定が可能」「釘調整ができない」 「台の中に数百個の玉が内蔵されていて、その玉を循環させて、内蔵の計量器で玉数を管理する」など。 封入式パチンコと言われるものですね。 しかし今の「 P機」は完全な封入式ではなく、まだ未完と言われています。 将来的な封入式パチンコとは玉には一切触れられず 機械的に玉を循環し、盤面裏の構造や枠の形を全メーカー共通にした形になると言われています。 つまりは今の牙狼のようなおもちゃは付けれないと言うことですね。 封入式パチンコとは 玉を台に封入して内部循環式にしたパチンコ。 島管理ではなく 1台ごとに玉を管理できる。 出玉や戻り玉はデジタル表示、打込みと差玉がすべて管理可能。 パーソナルシステムの発展系と言える。 パチンコメーカー組合での呼称は「 ECO遊技機」。 上皿部分には液晶タッチパネルがあり、玉数は液晶部分に表示される。 下のスペースに iPad程の大きさの液晶があり、データロボ機能の他、テレビや動画も見れる。 新台情報や店の広告映像を流したりもできる。 友人同士のチャット機能、会員特典機能、携帯電話連動機能、アバター機能などの展開も。 また上皿、下皿は存在せず玉を触ることはできない。 ゴト対策として、全面的に鉄板で防御して隙間をなくし、電波感知センサーを装備。 基盤を交換されると動かなくなる等、ゴト対策が強化されている。 とだいたいこんな感じが噂されていますね。 これをみた私の率直な感想は・・・ゲーセンやん。 そして今の「 P機」では 2018年度の規約改正が適用されており 一回の大当たりの出玉は上限 1500玉。 また 6段階の設定が可能。 となっており、出玉スピードが大幅に落ちた仕様となりました。 また 4時間遊戯で 5万円 12500発 以下に出玉を制限する。 とあり、 まぁ実際に「 P機」を打ってみましたが、たらたら増えたり減ったりしているイメージですね。 今後この噂されている真の封入式パチンコが導入された時 資金力のないパチンコ店はどんどんとなくなっていき 大手パチンコ店だけが残る未来を想像してしまうのは私だけでしょうか。

次の