スクリーン タイム パス コード 解除。 易々と突破出来る!スクリーンタイムの抜け道

iPhoneの「スクリーンタイム・パスコード」を忘れた時の対処法 | signup.schoolbook.org

スクリーン タイム パス コード 解除

スクリーンタイム・パスコードは自分、もしくは保護者が過去に設定した4桁の数字です。 仮に入力に失敗しまくってもiPhoneがロックされたりすることはないので、個人的には 「なんとかパスコードを思い出して解除する方法」を強くおすすめします。 以下より、スクリーンタイム・パスコードを思い出すために役立つネタをいくつか紹介しておくので、ぜひ参考にしてみてください。 ・Appleやキャリアに聞いてもスクリーンタイム・パスコードは教えてくれない!! 会員制サイトやアプリなどのパスワードは多くの場合、忘れてしまってもメールアドレスやSMSを使って再設定できるようになっていますよね。 「スクリーンタイム・パスコード」や「機能制限パスコード」はAppleやKDDIに問い合わせをしても、確認や解除ができません。 機能制限を設定したときに「2回」入力しているコードですので、思いつく4桁の数字を試すなど、出来るだけ思い出すようお願いします。 こちらはauのサポートページより引用したものですが、au公式も 「出来るだけ思い出すようお願いします」ですからねw au以外のキャリアも同様で、スクリーンタイム・パスコードを忘れた場合に問い合わせなどしても無駄なので控えましょう。 ・スクリーンタイム・パスコードに初期設定値はない!! 「スクリーンタイム・パスコードなんて設定した覚えはない!! 」 ・・・こういう人も多いかと思います。 ですが、 スクリーンタイム・パスコードに初期設定値はないので、かならず自分、もしくは未成年の場合は保護者が以前に設定していることになります。 ただし、連続で6回以上入力に失敗するとペナルティとして入力不可時間が課せられるので注意が必要です。 6回失敗すると1分・7回失敗で5分・8回失敗で15分・9回以降は毎回60分間、パスコードの入力ができなくなります。 毎回1時間待たされるのはしんどすぎるので、なんとか9回以内に解除したいところですね。 まとめ:スクリーンタイム・パスコードを忘れるとかなり厄介!! iPhoneのスクリーンタイム・パスコードを忘れた場合、対処法はなんとかパスコードを思い出して解除するか、iPhoneを初期化するしかありません。 しかし、スクリーンタイム・パスコードがわからない状態でiPhoneを初期化するのはかなり困難なので、なんとかパスコードを思い出して解除する方法がおすすめです。 「以前に自分が設定した4桁の数字」と考えれば、候補はそこまで多くならないはずです。 9回以上連続で間違えると毎回1時間待たされてかなりしんどいので、なんとか9回以内に仕留めましょう・・・!!

次の

スクリーンタイムパスコードについて

スクリーン タイム パス コード 解除

質問:先ほどiPhone 7 Plus ドコモ をiOS 12にアップデートしました。 早速新機能のスクリーンタイムを確認したところ、設定した覚えもないのにスクリーンタイムパスコードが設定されていました。 0000や心当たりのある数字を入力しましたが、どれもダメで「5分後に入力してください」という段階です。 これは次のアップデートを待つしかないのでしょうか……。 みなさんはどのような状況でしょうか。 - Apple コミュニティ みなさんは上述のような問題にあったことがありますか?スクリーンタイムパスコードを設定する記憶がないのに、はじめて開く際、パスコードの入力が要求されて悩んでいます。 それでは、設定したスクリーンタイムパスコードを忘れた場合に、どのように解決できますか?方法を紹介された次のガイドを続けて読んでください。 そのスクリーンタイムパスコードは元の機能制限のパスコードです。 このパスコードを入力したら、解除できます。 でも、もしそのパスコードが忘れたら、どうすればよいのでしょうか。 詳細な手順は次の通りです: 手順:設定 > 一般 > リセット > 「すべての設定をリセット」順でタップしてすべての設定をリセットします。 設定をリセット 方法 2:初期化してパスコードのないバックアップからデバイスを復元する すべての設定をリセットしてから、スクリーンタイムパスコードはまだ解除できないなら、初期化しかできません。 でも、初期化してから復元する際、パスコードのあるバックアップが元のパスコードがありますから、利用しないでください。 そして、もし重要なデータだけを復元したいなら、という専門なバックアップ・復元ソフトをおすすめします。 このソフトを利用してデータを復元する際、次のようなメリットも持っています:• 連絡先、メモ、写真、ビデオ、Safari、メッセージなど様々データを復元できます• 必要なデータだけを復元できます• パソコンに復元するか、iPhoneなどのデバイスに復元するか自由に決めます• 復元する前に、データをプレビューでき、できる限り誤操作を避けます• データをそのままに復元して利用できます• iTunesバックアップ・iCloudバックアップ・iCloud同期ファイルからもデータを復元できます それでは、さっそく、大切なデータを復元しましょう!.

次の

iPhoneの「スクリーンタイム・パスコード」を忘れた時の対処法 | signup.schoolbook.org

スクリーン タイム パス コード 解除

強制初期化する もし別機能のパスコードを試しても失敗する場合、iPhoneを強制初期化するしかありません。 注意:iPhone個別データをバックアップする 初期化をすると、本体に保存された写真や電話帳などあらゆるデータが消えてしまうため、可能な限りデータのバックアップをしましょう。 スクリーンタイム・パスコードが分からなくても、iCloudやiTunesでバックアップは可能です。 ただこの方法だと、分からなくなったスクリーンタイム・パスコードまで一緒にバックアップが実施され、スクリーンタイム・パスコードが設定された状態で復元されるため、問題を解決できません。 そこでバックアップをする場合は、写真やムービー、LINEデータなど、個別コンテンツごとにバックアップ作業を行う必要があります。 iPhoneを強制的に初期化する iPhoneを強制的に初期化する方法として、下記3種類があります。 一般的なiOSの初期化手順として「設定」から実行する方法があります。 ただ作業の途中でスクリーンタイム・パスコードを要求されるので、パスコードが分からないと初期化できず、結果的に強制的な初期化が必要となります。 iOSの一般的な初期化方法は関連記事【】で解説しています。 初期化ができたら、いつも通りアクティベーション(=初期設定)を実施します。 初期設定では「新しいiPhoneとして設定」を選択しましょう。 iCloudやiTunesから復元すると、スクリーンタイム・パスコードまで一緒に復元される可能性があります。 最後にスクリーンタイムの設定がオフになっているか確認し、 バックアップしたコンテンツを個別に復元し完了です。

次の