ブロック 塀 の 作り方。 ブロック塀をDIY

コンクリートブロック塀の基準を確認(法律に違反しないための知恵)

ブロック 塀 の 作り方

新しくブロック塀を作る方の手引き ブロック塀はプライバシーの確保、防犯や防火など、また町並みの景観に私たちの生活に大いに役立っています。 しかし、地震においてはコンクリートブロック塀が倒壊するという事例もあり、その安全性の確保については、地域社会の共通する願いです。 では、安全なブロック塀とはどういうものでしょう。 それは、「何が起きても瞬時に倒れない塀」です。 地震や台風などによる大きな横からの力を受けても、簡単に倒れることなく、人がその場所から避難するための時間や空間が確保される、粘り強いコンクリートブロック塀が安全な塀です。 1.注意する5つのポイント(建築基準法に抵触する規模の大きさ) ブロック塀の設計の最低条件が建築基準法で定められ、さらに日本建築学会では、より安全性の確保を考慮した「コンクリートブロック塀設計規準」、「ブロック塀施工マニュアル」などで細かく設計・施工について規定されています。 重要な点は下の図にも示すように 【1】 鉄筋コンクリート造の基礎を設ける。 ・基礎はI形でなく、逆T形やL形の形状にすると転倒に対する抵抗力が増します。 【2】 基礎は、地中深く根入れをする。 ・コンクリートブロック塀設計規準では、35cm以上 塀の高さに比例した数値とする と規 定されています。 【3】 縦および横方向の鉄筋は、間隔80cm以下(ブロック2個毎)で配筋し、頂部には横筋を配 置する。 ・塀の高さにより鉄筋の径と間隔が規定されています。 ・化粧ブロックの場合は縦方向の鉄筋を60cm以下で配筋する。 【4】 ブロックは、JIS品またはJIS品と同等以上の品質で正しい厚さのものを使う。 ・ブロックは塀の高さにより12cm、15cmの厚さ以上と規定されています。 【5】 控壁は3. 4mごとに設ける。 ・控え壁は塀と同じブロック(空洞を全充填)などでつくり、必ず塀の鉄筋とつなぎます。 また、あなたも施 工中に最小限のチェックをしてください。 しかしながらこれを使ってのコンクリートブロック塀となりますとその耐用年数は約30年 といわれています。 常に外気に接し 、風雨にさらされているブロック塀は、降雨・降雪等の気象条件でブロックのなかに水が入ること があります。 この水はブロック表面を白く変色させたり(白華現象)、ブロックのなかで凍ったり 、汚れがついたり、さらには鉄筋にさびなどがでて、これによりブロックにひび割れがでるなど、 コンクリートブロックの外観や耐久性を損なわせるもとになります。 したがって、これらの現象を 防ぐためには、コンクリートブロック内部へ水を浸透させないよう防水対策やメンテナンスが必要 です。 あなたが住んでいる建物は適切なメンテナンスをしていると思います。 ブロック塀も建物以 上にメンテナンスを必要としています。 できれば、施工をした工事店に定期的な点検をお願いする と良いでしょう。 一般にブロック塀といわれている塀は、正式には補強コンクリートブロック塀といわれ、コンクリートブロックを積んだ壁 塀 を鉄筋で補強したものをいいます。 これに使われるブロックはJISで決められており、その種類のうち圧縮強さによる区分の記号で12(B)16(C)を、厚さは12cm 塀の高さ2m以下 と15cm 塀の高さ2. 0~2. 2m を使います。 また、ブロック表面に化粧を施したブロックも使われますが、これもJIS品と同等以上の品質を有したものを使います。 建築基準法では、コンクリートブロック塀の最大施工高さは2. 2m以下と規定されています。 この高さを超えて施工する場合は、国土交通大臣が定める基準に従った構造計算によって安全であることを確かめる必要があります。 施工現場の条件をよく検討し構造設計をすれば施工可能となります。 (社)日本建築ブロック・エクステリア工事業協会が実施するブロック塀診断士制度があります。 各地区に多くのブロック診断士が登録されています。 ブロック塀全般において材料、施工、規準様々な視点で既設ブロック塀について調査点検をして頂けます。 詳しくはガーデンビスタに、お問合せください。

次の

ブロック壁の壊し方

ブロック 塀 の 作り方

インスタントセメント、インスタントモルタルなど、セメントと砂や砂利が配合され、水を加えて練るだけの簡単なものもあり、簡単DIYにオススメです。 コンクリートやモルタルを練るときは、トロ舟というプラスチックの大きな箱を使います。 使う量が少しの場合は、バケツなどを利用しても良いでしょう。 水を加えた後混ぜるための練りクワ、練ったコンクリート、モルタルを運ぶときに使う角スコップなどを用意します。 部分の補修や雑貨作りなどは、小さなコテなどがあると便利です。 セメントは強アルカリ性です。 素手で作業をすると手荒れを起こしますので、必ずゴム手袋などを使用するようにしましょう。 その他、防水シート、軍手、防塵マスクなど、必要に応じて用意しておきましょう。 テラスなどを作る位置と高さを決め、型になる枠を組みます。 枠は、15mmくらいの厚さのヨコ木を置き、ヨコ木どうしをクギで打ちつけて止めます。 次に枠の外側にクイを打ち込みます。 枠の内に大きめの砂利を敷きつめて、太めの角材でよくついて固めます。 砂利の他に、小さめの割りぐり石や、ブロックの破片などを入れても良いでしょう(割りぐり石:基礎工事に用いる、小さく砕いた石のこと)。 ワイヤーメッシュなどを入れると、ヒビ割れがしにくくなります。 ワイヤーメッシュは、人間が歩く程度の通路では3mm前後の細めのもの、駐車場など車が通る場所には太めの6㎜程度のものを入れます。 スペーサーブロックと呼ばれる小さなブロックをところどころに置き、その上にワイヤーメッシュを置いてコンクリートを流し込み、コンクリートの中にワイヤーメッシュが埋まるようにします。 目地には伸縮目地やレンガ目地などの種類があり、好みに合わせてオシャレに仕上げる事も出来ます。 コンクリートはやわらかめに練って枠に流し込みます。 このとき、コーナーを角材や棒などで突きながら流していくと、隅々まで流れ込むので空洞ができません。 表面をコテでならし、余分なコンクリートを取り除きます。 表面の滑りを抑えるために、水で濡らしたホウキで掃きならして凸凹をつけます。 コンクリートは、急速に乾燥させると割れたりヒビが入ったりすることがあるので、防水シートや段ボールを被せ、ゆっくりと乾燥させます。 カーポートなどの場合は、1週間くらいは車を入れないようにします。 完全にコンクリートが固まったら、枠を外します。 枠が外れないときは、木片をあて、金槌で軽く叩きます。 お好みで、モルタル仕上げをします。 4章でご紹介した要領で、コンクリートたたきを作った上に、モルタルを上塗りします。 モルタルはコンクリートに比べて滑らかなので、仕上がりがきれいです。 モルタルは、ホームセンターなどで購入できる粉末のモルタルと砂、水を混ぜ、練って作ります。 仕上げ材として使う場合のモルタルと砂の割合は1:3です。 「インスタントセメント」などといわれる、はじめからモルタルに砂が混ざっているものもあります。 水とモルタルの割合は、約1:6です。 少しずつ水を入れ、練りながら水を足していきます。 水を入れると硬化が始まります。 硬化の時間は商品によって異なります。 事前に取り扱い説明を確認しておきましょう。 練り終えたら、コテで塗っていきます。 土台のコンクリートを水で濡らし、部屋の奥から出入り口の方へ塗っていきます。 部屋の奥を最後にしてしまうと、身動きが取れなくなってしまいます。 床面の仕上げには、2~3センチの厚みが適当です。 厚くなる分には良いですが、薄すぎるとヒビ割れの原因になるので注意しましょう。 モルタルは一度に厚く塗らず、下塗り、中塗り、上塗りと3段階に分けて塗っていきます。 下塗り、中塗りの表面は、平らにせず凸凹にしておきます。 平らにならすと上に塗るモルタルがつきにくくなります。 上塗りの際、多少の勾配をつけると水はけが良くなります。 表面の水が引いてきたら、仕上ゴテや刷毛で表面をならします。 金ゴテで押さえて表面をつるつるにする方法もありますが、かなりの技術が必要です。 DIYでモルタル仕上げをするなら、多少の凸凹や塗りムラは気にしないようにしましょう。 DIYで作った物置や小屋の壁、庭などのフェンスをモルタルで仕上げる方法です。 まず、モルタルを塗る部分の下地を確認します。 ブロック塀などの上に塗る場合は、まず元のブロック塀の汚れをきれいに掃除しておきます。 ブロックを充分に湿らせ、モルタルを塗っていきます。 ブロックが湿っていないと、充分な接着ができず、モルタルが落ちてしまいます。 木材の上から塗る場合は、アスファルトフェルトなどの防水シートを貼り、ラスと呼ばれる菱形に編みこまれた金属製の網を取りつけてから、モルタルを塗ります。 防水シートを貼るときは、壁の下の方から貼っていき、継ぎ目は上に被せるように重ねて貼ります。 こうすることで、上から流れてくる雨水の侵入を防ぎます。 地面に接触するところは、落ちた雨などが侵入してしまわないように、水切りを設置するなどの注意が必要です。 お風呂のモルタル壁にヒビ割れや剥がれを見つけたら、早急に補修をしましょう。 ヒビ割れや剥がれた部分から水が入り込んでしまうと、土台や基礎を腐敗させてしまいます。 1ミリ以下の小さなヒビ割れは、浴室用のコーキングや充填材で補修します。 大きく剥がれたり欠けたりしている部分は、皮すきなどで取り除きます。 周りの部分も叩いてみて、ぺこぺこと浮くようなら一緒に取り除きましょう。 土台のコンクリートがヒビ割れを起こしている場合は、浴室用のセメントパテなどで補修します。 下地を充分に濡らした状態、もしくはセメント接着増強剤を塗った状態で、練ったモルタルを塗ります。 完全に硬化したら、仕上げに浴室用のペンキなどを塗ります。 補修の際は、必ず浴室用などの防水セメントを使用しましょう。 庭やポーチ、玄関の前などに、ポストや表札、インターフォンなどが設定された壁のようなものを見かけることがあります。 これを門柱といいます。 門柱を作ることで、防犯効果が高まるとも言われています。 ここでは、モルタル仕上げされた既存の門柱を塗り替える方法をご紹介します。 ポストやインターフォンなど、門柱に設置されているものがあれば、取り外しておきます。 剥がれかけている塗装やモルタルなども、できる限り剥がしておきます。 それが終わったら、モルタル用の接着剤を門柱に塗ります。 続いて、水で練ったモルタルをコテで門柱に薄く塗ります。 中塗り、上塗りと薄く重ねながら仕上げます。 このとき、モルタルを厚めに塗って、モルタル造形を作ることができます。 厚めに塗ったモルタルが固まる前に、コテの縁やヘラなどを使って、溝をつけたり削り落としたりすることで、レンガや岩などの模様にしたり、朽ちたイメージに仕上げることができます。 固まったらペンキなどで着色することができます。 コンパネで木枠を作ります。 作りたいシンクの外寸の大きさのものと、シンクのくぼみの大きさより一回り小さめのものを作りましょう。 外側の木枠は、最後に取り外しやすいように外側からビスで固定します。 内側の木枠は角材などを角になる部分に当てて、角材側から枠板をビスで固定すると、最後にビスを外しやすいです。 底の部分に補強の鉄筋を入れ、排水用に短く切った塩ビ管を立てておきます。 塩ビ管は外しやすいように、シリコンスプレーなどをかけておきましょう。 造形用に練ったモルタルを底の厚みの高さまで流し込み、固めます。 内枠を設置して、立ち上がり部分にモルタルを流し入れて固めます。 立ち上がりの高さが高い場合は、鉄筋を入れておくと強度が出て安心です。 固まったら、木枠と塩ビ管を取り外します。 外しにくい場合は、革すきを隙間に挟みてこの原理で外すか、ノコギリや金槌などで壊して外します。 小さな凸凹やバリがある場合は、紙ヤスリなどでならしておきます。 さらに表面をきれいに仕上げたい場合は、薄く上塗りをします。 シンク部分に防水材を塗布して完成です。 コンクリートやモルタルは、一般ゴミとして捨てることはできません。 セメントを水で練る前に、使う量を計算して用意しましょう。 少しずつ練り、足りなくなったら少しずつ追加するなど、材料が残らないように慎重に行いましょう。 もし残ってしまった場合は、牛乳パックや木枠などに流して固め、コンクリートブロックとして使ったり、モルタルプランターなどの雑貨を作っても良いでしょう。 やむを得ず廃棄する場合は、古新聞の上に置いたり牛乳パックに入れたりして固め、産業廃棄物として廃棄します。 産業廃棄物の出し方については、各自治体に問い合わせてください。 道具を洗う際は、水道で直接洗ってはいけません。 まず、道具についたコンクリートやモルタルをできるだけ取り除いてから、トロ舟や大きめのバケツなどの中に少量の水をためて洗います。 使った道具を洗った水は、詰まりの原因になるので、排水溝に流してはいけません。 セメントは水の中でも固まります。 大量の水と一緒に流せば大丈夫と思ってはいけません。 排水管や下水道の中に、流れきらなかったセメントが堆積して固まり、水の流れが悪くなり詰まってしまいます。 また、庭に直接流すのもNGです。 セメントは強アルカリ性なので、植物の生育に影響を与えてしまいます。 植物に影響のないところに穴を掘って流しましょう。 道具を洗う際は、極力水を使わないように心がけることが大切です。

次の

ブロック塀の作り方を知りたい! DIYでも挑戦できる?|Tips for Life

ブロック 塀 の 作り方

コンクリート基礎の図面 型枠の高さは9センチ。 上から1センチは均しモルタルとするので、基礎コンクリートの打設厚さは、8センチとなる。 上の図面の通りとすれば必要なコンクリートは、 2. 495 - 2. 46-1. 232856m 3 重さにして500~600kgだ。 コンクリートミキサー車でも呼びたいところだけど、• コンクリートやの知り合いがいない• ミキサー車を呼ぶにしてはちょっと量が少ない ということで、DIYでコンクリート練りすることにする。 500kgのコンクリートをDIYで作らなければならないというのは始める前から気が重い話だ。 DIYでコンクリート工事 ここからが500キロのコンクリートを練る工程。 コンクリートを練る 一度に大量にコンクリートを練るのは体力的にしんどいので、一輪車の中で何度か分けながら練り作業を行う。 まずは砂とセメントを空練り。 ここまでは比較的容易なDIYだけど、砂利を入れると急に重くなりしんどくなる。 さらに水を入れるとさらに混ぜのDIYは負担だ。 暑い中、少しずつコンクリートを練っていく。 妻もいつものように日焼け止めを塗って参戦してくれた。 我が家のDIYは家族総出。 というよりも妻も半ば強制的にDIYに駆り出される羽目になっている。 コンクリートを打設 混ぜ終わったコンクリートを強靭バケツに入れ型枠まで運ぶ。 そして一気に流し込み、空隙ができないようにシャベルや棒などでひたすら突付く。 突きが甘いとコンクリートにたくさん空隙(ジャンカ)ができてしまうので、この作業は入念にやる。 ここでも妻が容赦なくDIYに参加。 頑張ってくれる妻に感謝。 セルフレベラーでコンクリートの天端均し コンクリートの打設が終わったら、天端を均す。 どうせ基礎の上にコンクリートブロックを置いてしまうので、この作業は必要はないのだけど、なぜこんなことをするのかというと、 「セルフレベラーをDIYで使ってみたかったから」 ただそれだけでそれ以外にな~んの理由もない。 セルフレベラーを流して数日後 基礎コンクリートは「カチカチ」かつ「ピカピカ」に固まった。 水平にはなったけど、この基礎コンクリートの上にモルタルを載せる時にモルタルと基礎の付着が悪くて困りそうだ。 やっぱ、これはベースに施工するものではないと実感した。 大量のクラック発見 一見ツルツルの基礎コンクリート天端だけど水で濡らすと細かなクラックが大量にあった。 クラックは、一般的に水が多い時に現れる現象だ。 セルフレベリングコンクリートは水の配合量が厳格に決められているので配合の間違いはないはずなのだけど、• 練りが甘かった• 練り置きしている間にセメントが沈んでしまった のいずれかにより、品質にムラがあったのかもしれない。 基礎コンクリート完成 とりあえず、基礎コンクリートのDIYが完成した。 型枠を外す コンクリートが固まるまで待ち、翌週型枠を外す。 型枠を止めるために取り付けてあった板ナットを取り外す。 そして、型枠の板を外す。 型枠の高さが10センチ程度と低かったためか、ちゃんと油を塗ってあったためか、型枠はすんなりと外すことができた。 型枠を外すと見えてきた問題点 型枠を外すと、これまで見えてこなかった問題点が見えてきた。 上の写真がコンクリートの締め固め不足によるジャンカ。 右の写真も同じようにジャンカができた跡。 空隙があったためにどんどんセルフレベラーが流れていってしまった様子がよくわかる。

次の