メインクーン 性格。 メインクーンの性格まとめ。人懐っこく穏やかな性格の猫

メインクーンの子猫値段、おすすめキャットフードの価格などお金まとめ

メインクーン 性格

メインクーンの起源に関しては多くの伝承や逸話が残されていますが、定かなことは分かっていません。 中には「フランスのマリーアントワネットの猫だった」という眉唾物(まゆつばもの)の興味深い逸話もあります。 『1793年にマリーアントワネットが処刑される直前、サミュエルクラフ船長の助力によりフランスから逃げ出そうと試み、彼女が大切にしていた6匹のを船に積み込んだ。 結局計画は失敗したものの、6匹の猫だけはアメリカ・メイン州のウィスカセット海岸にたどり着き、それが今のメインクーンの始祖となった』というのが「マリーアントワネット説」の概要です。 もう少し現実的な説ですと、メインクーンの耳に見られる飾り房(tuft)がヤマネコの風貌に似ていることから、『ヤマネコと土着猫とのハイブリッド種説』があります。 しかし一般的にブリーダー間で支持されているのは、『ヴァイキング説』でしょう。 これ11世紀ごろ、ヴァイキングの舟にのっていた猫が各地方の土着猫との間に子猫を設け、この子猫が何らかのルートを通じてアメリカ大陸に渡ってきた、というものです。 この説は、同じくヴァイキングによってもたらされたといわれているとの、外見上の類似性を説明するものとして支持されています。 近代の話に戻りますと、1950年代には、ペルシャを始めとする長毛種に人気を奪われて「絶滅した」とまで言われました。 しかしその後、熱心な愛好家たちの尽力により、1980年代に復活を遂げています。 北アメリカの厳しい環境に適応した体は厚い被毛で覆われ、体格もひときわ大柄です。 名前はの由来は、メイン州の「Maine」とアライグマを意味する「Racoon」を合わせたもので、今ではメイン州の「州猫」(State Cat)に定められています。 また「アメリカンロングヘアー」(American Longhair)とも呼ばれます。 紛らわしい名前として「メイクィーン」がありますが、これはジャガイモの品種です。 メインクーンの特徴・性格 メインクーンの特徴は、過酷な自然に鍛えられたがっしりとした体型と豊富な被毛です。 オーバーコートはシルキーで防水効果があり、胸元にはライオンのたてがみに似た長い毛があります。 大きなオス猫では体重が10キロを超えることもありますが、通常の猫に比べて体の完成が遅く、成猫になるまでには2年ほどかかるとも言われています。 2010年のギネス記録では、「」と言う名のオスのメインクーンが、「世界で最も体長が長い猫」として世界一に認定されました。 記録は123cmです。 メインクーンの性格は、野生的な外見とは裏腹に非常に温和で優しいです。 特にアメリカのメインクーンでは「多指猫」が多く見受けられます。 多指とは通常の指の数(前足10本+後足8本)を超えて指がある状態のことです。 初めて見た人はギョッとするかもしれませんが、2016年に行われた調査により、健康には何ら影響を及ぼしていないことが確認されています。 フランス・パリ東大学を中心とした共同研究チームはヨーロッパ、カナダ、アメリカに暮らしている70頭のメインクーンに対して手と足のレントゲン撮影を行い、48頭の多指個体と22頭の通常個体の間に、どのような違いがあるのかを解剖学的に比較しました。 その結果、手や足の指に連なる手根骨や足根骨の構造に違いは見られたものの、前腕を構成している橈骨(とうこつ)には明確な差異がなかったと言います。 またこの知見は、3ヶ月齢の多指個体と通常個体、および成猫の多指個体と通常個体を比較した場合も同じだったとのこと。 こうした事実から研究チームはメインクーンで見られる「多指症」が、猫の健康や福祉を損なっているという証拠は見出せなかったと結論づけました。 メインクーンのお手入れ・注意点 コロナウイルスとは、ウイルスの表面にまるで太陽のコロナのような突起を持つ一本鎖RNAウイルスの総称。 猫では病原性の弱い「猫腸コロナウイルス」(FeCV)と、病原性の高い変異種「猫伝染性腹膜炎ウイルス」(FIPV)があります。 今現在、病原性の低い「猫腸コロナウイルス」(FECV)と致死性の高い「猫伝染性腹膜炎ウイルス」(FIPV)を事前に見分ける有効な方法は存在していません。 ひとたび後者を発症してしまうと効果的な治療法がなく、二次感染を防ぐための抗生物質の投与、免疫力を高めるためのネコインターフェロンの投与、炎症を抑えるための抗炎症薬の投与などで様子を見るというのが基本方針です。 白猫関連の聴覚障害.

次の

メインクーンはどんな猫?大きさ、性格について知ろう!

メインクーン 性格

優しくて温和• 飼い主に忠実• 学習能力が高い• 活発で好奇心が強い みてもらえると分かるのですが、 実はかなり性格の良い猫種なんです。 初心者にもおすすめと言われるほど飼いやすい温和な性格をしており、子どもの居る家庭でも難なく飼うことができます。 また、先住猫や先住犬が居たとしても問題をおこしません。 環境適応能力も高く、少々のことなら受け入れてくれます。 しかし、その反面少し困った部分も存在しています。 そこでここから詳しくそれぞれの性格を分析していき、性格が悪いといわれる原因を探ってみましょう! 優しくて温和 メインクーンは優しく温和な性格で、嫌なことがあっても大抵は許してくれます。 そのため子どもがいる家庭でも飼うことができ、イタズラ好きな先住猫が居たとしても大丈夫です。 しかし、それはあくまで我慢しているだけで、ある一定の許容量を超えれば温和なメインクーンだって怒ります!これは人間でもそうですよね。 そして体が大きい分爪も歯も強力です。 いきなり攻撃された場合、人間側は結構なダメージを受けます。 そのため、なるべくメインクーンが怒らないような環境を整えてあげてください。 1度怒らせると、その怒りが結構長引きます! 教授は怒らないけど、たまに拗ねるわよね! 飼い主に忠実 メインクーンは飼い主に忠実で、よく懐いてくれます。 一緒の部屋にいると膝の上に乗ってきたり、構ってと擦り寄ってきたりします。 また、飼い主のことが大好きなので言うことも良く聞く利口な猫です。 そのため先ほどまで甘えていたのに急に去っていったりします。 猫らしい性格といえば猫らしい性格ですが、 人によっては性格が悪いと感じるかもしれません。 学習能力が高い メインクーンはとても学習能力が高い猫です。 人の言葉を理解する能力があるとされ、簡単なことなら口で説明すれば分かってくれます。 しかし、 賢いということは人が嫌がる行動もよく理解しています。 ストレスが溜まった時や機嫌が悪い時には、八つ当たりされることもあり、嫌がらせもします。 トイレを違う場所でしてみたり、大事な物を落としたりとかなり困ったちゃんに変身することもあります。 メインクーンの性格が悪いとされるのはこの部分が原因で、人によってはかなり厄介と感じるのかもしれませんね。 あーーーっ!すっかり忘れてたー! 活発で好奇心が強い メインクーンは活発で好奇心が強く何にでも興味を持ちます。 気になる物があればすぐに見に行きますし、さわりに行きます。 それは生き物に対しても同様で、初めて見る動物にも興味津々で近寄っていくんです。 もちろん人間に対しても同様で、初対面であっても物怖じせず近くに寄っていきます。 猫好きの来客相手なら最高の接客係りとなってくれるでしょう。 ただし、 好奇心も行き過ぎると困りものです。 虫を追いかけて網戸にひっかっかたり、大事な物を落としたりといったトラブルも起します。 骨が太く頑丈な体なのでよっぽどでない限りは大きな怪我に至りませんが、飼い主がヒヤッとすることは多々あります。 メインクーンの性格はオス猫とメス猫でこんな風に違う! どんな動物でもオスとメスは性格が違います。 それはメインクーンも一緒です。 それではどんな性格をしているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。 そ、そうなんだ!(マジ?冗談のつもりだったのに) メインクーンのオスはまるで犬みたいな性格! メインクーンのオスはかなりの甘えん坊で、構ってもらいたい性格です。 簡単にいえば飼い主大好きな犬みたいな感じですね! メスにくらべて人にくっつていくることが多く、飼い主の足にまとわり付いてきます。 その姿はいくら体が大きいと言えどもとてもかわいいです。 しかし、その分つまづいたり蹴ったりといったトラブルが多いのもオスの特徴です。 また体が重いので甘えて飛び乗られると、場合によっては骨折なんてことも…。 しっかりしつけておきましょう! メインクーンのメスは猫らしい独立した性格! メインクーンのメスは独立した性格をしており、オスのように飼い主にベタベタな性格ではありません。 自分の好きな時に甘えに来る猫らしい性格をしています。 野生下のメス猫は子猫が生まれると、子どもを守る為にほかの猫を全て追い払います。 それは産んだ子猫が襲われないようにするための防衛本能で、警戒心という形で妊娠前から存在しています。 そのため、人間相手でも警戒心を解かずクールな性格になるんです。 これはどの猫種も同様で、メインクーンに限った話ではありません。 いろいろな所を歩き回り、冒険をするのが大好きです。 しかし、それは あくまで去勢前の性格!去勢をすると性格が変わるんです。 全ての生き物のオスは去勢をすることにより、男性ホルモンが減って女性ホルモンが優位になります。 そうなると活動や攻撃的な部分が無くなり、おとなしくのんびした性格になるんです。 メインクーンの場合ならオス猫の甘えん坊な部分のみが残るということですね! 避妊手術を受けた猫は子どもを作れないので、 自分を飼い主の子どもだと錯覚するそうです。 そのため、オス・メス問わず甘えん坊になるといわれています。 子猫の頃のメインクーンは活発でやんちゃな性格! メインクーンの子猫時代はほかの猫同様に活発でやんちゃです。 また、子猫は怖いものを知りませんし、人間と暮らすルールをまだ理解していません。 そのため自分がしたいことだけをするので、自由な性格をしているともいえます。 よく動き回りなんでも触って遊ぶので、危険な目に合わないように注意してあげてくださいね! 特に頭をぶつけるのはNGです。 子猫の間は頭蓋骨が柔らかく脳に直接ダメージを受けるので、場合によっては てんかんや 身体麻痺といった重大な障碍を負う可能性もあります。 そして、メインクーンは成長が遅い猫です。 そのため子猫の性格がほかの猫より長く続き、2歳まではやんちゃで活発です。 では、性格はどうなのでしょうか?両者を比較してみたので、参考ににしてみてください。 種類 メインクーン ノルウェージャンフォレストキャット 姿 行動 活発 活発 懐くかどうか よく懐く よく懐く 甘え具合 ほどほどに甘えん坊 かなりの甘えん坊 賢さ かなり賢い かなり賢い どちらも飼いやすい猫種ということで、性格も良く似ています。 とても活発でよく動き回りますし、飼い主に対してよく懐くのも同じです。 また、どちらも賢いことで有名で、芸などを仕込むことができしつけも楽です。 では、全く同じなのかと言うとそれは違います。 甘え方が大きく異なるんです。 メインクーンは甘えん坊ですが、嫉妬をするほど飼い主べったりにはなりません。 しかし、ノルウェージャンフォレストキャットはかなりの甘えん坊で飼い主にべったりです。 一人になるとストレスを抱えるほど飼い主に懐きますし、ほかの猫や動物に対して嫉妬もします。 見た目だけじゃなく中身も良く似ているメインクーンとノルウェージャンフォレストキャット。 それでは、被毛の色によって性格はかわるのでしょうか? 実はメインクーンの性格と 被毛の色にはなんの関係性もありません。 どの色のメインクーンも優しくて甘えん坊で賢く活発です。 こちらも性格に関係していないので、 被毛と合わせて好みのメインクーンを探してみてください! メインクーンの性格に合わせた飼育の注意点は? メインクーンは飼いやすい猫ですが、いくつかの注意点が存在しています。 の注意点とはどんなものでしょうか?• 適度に構う• 運動をさせる• 大事な物は片付ける 以上のものがメインクーンを飼う際の注意点になります。 どれもメインクーンの性格から考えれば、わかりやすいものですよね!それでは、それぞれの注意点を詳しくみていきましょう。 適度に構う メインクーンは甘えん坊ですが、ずーっと構ってほしいわけではありません。 特にメスはその傾向が強く自分が構って欲しい時に構って欲しいんです。 これは、人間でもそうですよね! また、温厚な性格ということでメインクーンはあまり怒りませんが、それは我慢をしているだけです。 あまりにしつこく構うとストレスがどんどん溜まっていくので、 寄って来たときにだけ構ってあげるようにしてください。 運動をさせる メインクーンは活発な猫なので運動をさせてあげましょう。 動くことでストレスの発散にもなりますし、肥満対策にもなります。 特に去勢や避妊をしたメインクーンは、おっとりとした性格になりあまり動きません。 そうなると 糖尿病リスクなどがあがるので、しっかりと運動させてあげてください。 キャットタワーなどを設置すれば上下運動により、効率よく運動させることができます。 また、一緒に遊と絆がより深まるので、暇を見つけて遊んであげるのがおすすめです。

次の

メインクーンのオスとメスの違いを比較!体重や大きさ、性格は?

メインクーン 性格

公認されているものだけでも50種類はいると言われている。 その中でも、今回はメインクーンにフォーカスを当ててご紹介していきます。 とっても大きな体が魅力的な猫ちゃん!メインクーンをペットに! 世界一大きな猫としてギネスにも認定されている猫、メインクーン。 大の大人でも抱えきれないほどのその大きな体とは裏腹に、非常に温厚な性格で飼いやすい猫としても知られています。 今回はそんなメインクーンの誕生の歴史や、大きさや毛色といった身体的特徴、性格やかかりやすい病気まで徹底的に解説します。 【目次】 メインクーンをペットにするなら知っておきたいコト:歴史は? 元々は北アメリカ(ニューイングランド地方)のメイン州が原産と言われており、メイン州では州の公式な猫として認定されているのです。 アメリカの農場にいた猫と、ヨーロッパから輸入された長毛種の猫が交配したことによって生まれた猫が祖先だと言われています。 その他にも起源は諸説存在しています。 もっとも有名なものとしては、メインクーンは猫とアライグマの交配で生まれたとする説です。 現実的にはありえない組み合わせなのですが、メインクーンの体の大きさや毛のふさふさ感、それに加えて毛色や被毛の特徴から生まれた都市伝説だと言えます。 名前の由来としては、メインクーンは「メイン」と「クーン」に切り分けて考えることができます。 「メイン」はアメリカのメイン州を表しており、「クーン」はアライグマの仲間を意味する「ラクーン」からきています。 別名「アメリカンロングヘアー」と呼ばれていて、愛称は「ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」です。 正しいと思われる起源については、北欧の猫が海賊経由、または交易のルートで北米に渡り、北米の猫と交配をすることによって生まれたとする説です。 メインクーンはノルウェージャンフォレストキャットとの類似点が多いことからも、こちらは有力な説と言われています。 アメリカでは早くからキャットショーとして活躍しており、1895年にマディソンスクエアガーデンで行われたショーでは最高賞を受賞しているほどです。 しかし、1900年に入るとペルシャをはじめ他の猫の種類に人気を奪われてしまいました。 メインクーンの人気はどんどん衰退していきますが、1950年代から再びキャットショーに参加させられるようになり、人気が再び出てくるようになりました。 そして、1960年代になるとメインクーンを愛するブリーダーたちがMCBFA(メインクーン・ブリーダー・ファンシャーズ・アソシエイション)を設立しました。 MCBFAにはメインクーンの保護を目的とした人々やメインクーンを愛する人々が集まり、今ではその数1,000人以上にも及びます。 これを歯切りに、メインクーンは徐々に人気を確立していったのです。 今でも続いているMCBFAは、200人のメインクーン専門ブリーダーやキャッテリーと、1200人以上のファンシャー(愛猫家)が参加するほどの大きな組織になっています。 また、1980年頃にメインクーンはTICA、CFAなどの公認団体に猫種として正式に認定され今に至ります。 メインクーンをペットにするなら知っておきたいコト:値段は? メインクーンをペットショップで購入する場合はおよそ15万円から20万円、ブリーダーから直接購入する場合は10万円前後ほどになります。 非常に人気のある品種なのでブリーダーも多く、入念にブリーダーをあたれば安く数万円程度でも購入することができるでしょう。 できれば値段もお手頃なブリーダーを探し求めるのが良いです。 加えて、メインクーンの専門ブリーダーであればなおさら信頼できるでしょう。 メインクーン専門ブリーダーであれば、それぞれ扱っているメインクーンの個体によって違いの出やすい性格や特徴も把握しているでしょうし、飼い主に引き取られるまで親猫のそばにいる場合が多いのでストレスもあまりかからない傾向にあります。 ペットショップの場合はたくさんの人目に触れられてしまいますし、他の動物が常に周りにいる環境ですので、ブリーダーから購入するよりも精神的ストレスを抱えている子は多くなりやすいでしょう。 メインクーンをペットにするなら知っておきたいコト:寿命は? メインクーンの寿命はおおよそ10歳から15歳程度と言われています。 通常の猫の平均年齢である15歳とあまり変わらないですね。 つまり、メインクーンが15歳の場合は人間でいうところ60歳ということになります。 通常の猫ちゃんは成猫になるタイミングが1〜2歳の間なのですが、メインクーンは成長がゆっくりとしていて、成猫になるのは4〜5歳ほどです。 それまでの間は子猫扱いになるので、キャットフードをはじめとするご飯も年齢に合わせて子猫用・成猫用と出し分けてあげましょう。 に関して詳しくまとめた記事もありますよ! ギネス記録では、もっとも長生きしたメインクーンの記録は24歳です。 人間の年でいうと100歳近くになりますね。 長生きさせるコツとしては、外のウイルスに触れないように家の中で飼うこと・適度な食事と適度な運動をさせること・定期的に動物病院に診てもらうことなどがあげられます。 適切な に関してまとめた記事もありますので、参考にしてみてください。 メインクーンをペットにするなら知っておきたいコト:大きさは? メインクーンは猫の種類の中で最も大きくなる品種です。 体長は100cmにもなることがあり、体重は男の子で6kgから8kg、女の子で4kgから6kgほどになります。 通常の猫と比較するとおよそ倍近くにもなる大きい猫ちゃんですね。 また、世界一大きな猫として有名で、なんとギネス記録にも載っているほどです。 ギネス記録に載っているメインクーンは、アメリカのもので体長が123cm、体重が15. 8kgありました。 これは、小学校2年生の男子と同等ぐらいの大きさで、体重も重いため気軽に抱っこすることは容易ではありません。 メインクーンは大きくてなおかつ運動もたくさんする分、他の猫に比べて高く食費がつくことは考慮しておかなければなりません。 メインクーンをペットにするなら知っておきたいコト:特徴は? 頭の良い猫の種類で、他の猫よりも前足を器用に使う傾向があります。 例えば、水を飲むときに手ですくって飲んだり、手を使ってドアを開けたりすることもできます。 知能が高い分、しつけもしやすい猫ということが言えますね。 メインクーン最大の特徴は何より大きくて長毛なところです。 その毛並みはもふもふで最高ですが、お手入れが大変になってきます。 抜け毛が多いので、頻度は一日に二回程度はやっておいてあげたいですね。 ブラッシングを頻繁にやっていないと毛玉を吐いてしまう要因となってしまいます。 なるべくメインクーンに毛玉を溜めてストレスを与えてあげないよう、 コミュニケーションも兼ねて丁寧にブラッシングしてあげてください。 メインクーンをペットにするなら知っておきたいコト:性格は? メインクーンは物凄く大人しくて、それでいて遊ぶことは大好きです。 人懐っこいところもありますが、ベタベタはしてこないので愛着が湧いて可愛いと思えるシーンが多いと思います。 注意しておきたい点としては、遊びが大好きで体が大きいということもあり、ある程度のスペースを確保してあげた上で飼う必要があるということです。 十分な場所を用意してあげられるのであれば、ペットとして飼うことを検討してください。 万が一、そこまで場所を確保できないという場合はおもちゃで目一杯遊んであげることを意識すれば運動不足の解消に繋がります。 有名どころの猫じゃらしをはじめ、今では飼い主が手を動かさなくても自動で動いて猫ちゃんと遊んでくれるおもちゃもあったりします。 飼い猫に飽きがこなければずっと使いまわせるので、 を値段別にまとめた記事も参照してみてください。 メインクーンをペットにするなら知っておきたいコト:かかりやすい病気は? メインクーンは下記3つの病気にかかりやすいと言われています。 肥大性心筋症 肥大性心筋症は遺伝性の疾患で、血栓ができて動脈を詰まらせてしまい、心不全や手足のしびれを誘発します。 突如として後ろ足を激しく痛がり始めたり、急に命を落としてしまう可能性がある非常に怖い病気です。 発病のリスクを少しでも軽減するために、定期的に動物病院で検診することが大切になってきます。 熱中症 北アメリカの寒い地方原産の猫ということもあり、長毛で寒さには強いのですが、暑さにはあまり強くありません。 人間と違って猫は汗をかかないので、急激に体温が上がると簡単に体温を下げることができないので、温度を一定に保つ習慣をつけてください。 特に真夏でお出かけの際にメインクーンをお留守番させるときなどは注意が必要です。 日のあたらない涼しい部屋に入れてあげたり、いつでも水が飲めるような環境にしてあげましょう。 毛球病 猫は体を自分で舐めて毛づくろいをしますが、そのときに毛玉で胃がつまったり、胃から小腸への出口が塞がってしまったり、体内で悪さをしてしまう病気です。 毛玉が関連してくるので、短毛種ではなく長毛種に発症しやすい病気です。 日頃からのブラッシングも重要なのですが、今では毛玉ができづらくするキャットフード等も販売されているので、それらを使うことも効果的です。 メインクーンの基本データ 英表記:Mainecoon 原産国:アメリカ 誕生年:1770年代 公認団体:CFA・TICA 体型:大型で、太い骨格と長めのボディが特徴 毛種:長毛種 毛色:ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、クリーム 目色:毛色に準ずる 入手しやすさ:容易 値段:ペットショップで購入する場合は15〜20万円、ブリーダーから購入する場合は10万円前後です 寿命:10〜15歳程度 大きさ:男の子で6kgから8kg、女の子で4kgから6kgほど(ギネス記録に載っているほど猫で最も大型な種類) 特徴:毛がもふもふしているところ 性格:大人しくて遊び好き かかりやすい病気:肥大性心筋症 メインクーンは大きくて穏やかな性格を持っている可愛い猫ちゃんです。 大きな体に顔をもふもふさせたい!という方は、 是非とも家族の一員にしてあげてください。

次の