五 等 分 の 花嫁 104。 アニメ『五等分の花嫁』声優まとめ!主要キャラを演じるキャスト陣を紹介!【五等分の花嫁】

【五等分の花嫁】104話ネタバレ!風太郎が二乃ともキス!

五 等 分 の 花嫁 104

二乃を父親に会わせようとする風太郎 二乃を待たせ続ける五つ子たちの父親に、風太郎はバイクで二乃を父親の所に連れて行こうとします。 しかし、二乃は招待状を呼んでも来ない父親に反発し、風太郎には父親の所には行かないと言います。 その時、放送部が持ってきたテープの映像から五つ子の父親たちが日の出祭に来ていた事が確認できました。 その後、職場から電話があり病院の方に戻ったようです。 二乃は、弱気になっていた自分をらしくないと言い、押しても引いても手応えがなくても…、さらに攻めるのが私だと言います。 その時、パンケーキを見て思い出すのは、五つ子の母親で、恩師でもある零奈先生との思い出です。 1分1秒でも長く生きて欲しいと、自分がしたくてしている事だと言い、零奈ももう少しだけ甘えさせて貰うと言います。 そして痰飲した際には、パンケーキをぜひご馳走させて欲しいと言います。 このパンケーキの生地は三玖が作ったものだと言い、料理が下手だった三玖が目指すものを見つけて頑張っている、五人全員の成長をそばで見ていて欲しいと二乃は父親に言います。 パンケーキを食べた父親は、次は家族全員で食べようと言います。 父親に家族で一緒に食べようと言ってもらい、受け入れてもらえ喜ぶ二乃と風太郎です。 二乃と父親の関係が良い結果になって、ひとまずトイレに席を立つ風太郎です。 しかし、それが私に出来なかったことだと言い、風太郎に家庭教師を頼んでよかったと心から思うと父親に言ってもらえます。 そして親として、風太郎が娘たちとの関係を真剣に考えてくれることを願うと言われます。 危うく父親の前でキスをするところでしたが、何とかギリギリセーフでキスを回避出来ました。 当然驚く、風太郎です。 三玖が作った生地で二乃はパンケーキを焼き父親に振る舞います。 父親は五つ子たちの母親、零奈先生の思い出も思い出して、今度は家族全員で一緒に食べようと、二乃は言ってもらえます。 父親が娘たちの事をきちんと考えてくれていて良い話で終わりそうでしたが、何故か都合よく倒れそうになる二乃を庇おうとし、キスの体勢になってしまいます。 結局、キスは未遂になったと思いましたがその直後、結局二乃から強引に父親の前でキスを奪われてしまいます。 しかし102話の冒頭でこの後、二乃と風太郎は何事もなかったように一花と会話をしている風にも見えるので、風太郎にとってはすごい状況だと思います。 102話 冒頭のシーン、病院に駆け付けた一花、二乃、風太郎、普通に会話しています。 二乃と風太郎がマルオの病院に駆けつけるのだから姉妹の誰かが倒れたということに少しは言及すると思いきや全く触れずに終わりましたね。 でも色々と情報が明らかにされ考察好きとしては楽しい二乃編でした。 さてマルオが姉妹との距離を置く心境や理由の一端が今回描かれていました。 下田さんの話では五月が零奈に似ているとのことでしたので、だんだん似てくる姉妹を見ると思い出し距離を置こうとするのは分かる気がしますが、だからと言って鉄仮面&不愛想になる必要はない。 零奈と話すシーンでのマルオは不愛想な様子はなく、後に今のようになったのは分かりましたが、姉妹に対してもう少し表情を見せてもいいような気がします。 零奈との約束で教育の観点から厳しい態度をとるのはわかりますが・・照れ隠しや不器用ということなのでしょうか!?個人的にはマルオは父の立場ではないからとも思っているのですが・・.

次の

アニメ『五等分の花嫁』声優まとめ!主要キャラを演じるキャスト陣を紹介!【五等分の花嫁】

五 等 分 の 花嫁 104

第99話から開幕し、以降かなりのハイペース進行でお届けされてきた「学園祭」編でしたが、ここでついに春場先生による 「時間軸巻き戻し」テクニックが披露されることとなりました。 どちらも十分にありえそうな雰囲気ですが、いずれにせよ 「最後の祭り」と銘打たれているだけに、今回の学園祭編は「七つのさよなら」を超える歴代最長長編となりうるのかもしれませんね。 一花さん視点からスタート! どのような展開を経て 「3日目最終日」の告白へと物語が収束していくのか。 今週はエントリーナンバー1番「中野一花さん」のお話であります。 <関連記事>• 学園祭初日15時に教室に来てくれ。 という郎からのメールを確認し、お仕事モードから「恋する乙女」モードへと一気にを遂げるお可愛い一花さんの姿が描かれていましたが、有名人である以上そう気軽に学園祭を歩いて回るわけにもいかず、 一花さん二乃へと変身 準備していた変装セットで二乃に化けてその場をやり過ごす(結果的に失敗ではありますが.... )ことに。 無論これ自体は既に第99話でも伏線めいたものが描写されていたので読者的には驚きも何もありませんが、一方で、約束の時間である15時よりも前に郎と一花さんが出会っていたという点はちょっと興味深いポイントでしたよね。 しかも、 郎は二乃に変装していた彼女が一花さんだと最初から気付いていた節がある (変装に驚いた様子が全くなかった) というおまけ付き。 変装一花さんに気付いていた? もっとも、置かれている状況(制服を着ていなかった点やその直前に別の場所で二乃と会っていた可能性もありうる.... などの諸条件)から 「生徒に追われている二乃=一花さんの変装」と判断することはさほど難しくはないとも思えますので、これが 「"愛"ゆえの気付き」だったのかどうかと言えば些か判断に苦しむところではありますが。 まぁ、ここまで色々な積み重ねを経験してきた郎ですから、今は「彼女達の変装を少しずつ見抜けるようになっていても不思議ではないのかな..... 」くらいの認識でいれば良いのかもしれませんね。 将来的には(=物語のラストでは)間違いなく「愛」を以って彼女たち一人一人の違いを見抜けるようになっていくのだと思いますし。 この点は 「零奈」や「写真の子」などの諸要素と絡んでくる可能性も十分に考えられますので、今後郎がどのように 「入れ替わり」「五つ子トリック」問題に答えを出していくのか。 俄然期待していきたいところです。 中野一花は知りたい イでもノーでも..... 一方、そんな掴みどころのない状態だった郎へ勇猛果敢に切り込んでいく一花さんの姿がまた最高に素晴らしかったですよね。 イでもノーでも 先延ばしにすればするほど酷だよ という一花さんのセリフはまさしく 「読み手である僕らの声」そのものであり、同時に彼女の心情を表現するものでもある。 二乃と三玖からは直接的な「告白」を受け、当の一花さんからは「全部 嘘」という意味深な言葉と共に「頬へのキス」までされてしまっているこの現状。 三玖が 「次は郎の番」とその答えを問うていたように、いつまでも告白の返事をし続けることは、ハッキリ申し上げて誰の為にもなりません。 そんなものは「愛」ではない。 彼女たちを大切に思えばこそ、出さなくてはならない「結論」がある。 いつか必ず振り向かせて見せると宣言してくれた二乃、郎からの「答え」を待つ決心を示してくれた三玖、そして直接的に「選択」を迫ろうと歩み寄る一花さん。 答えを知りたい一花さん そんな 「三様の恋愛スタイル」で郎を慕っているヒロインたちの在り方にそれぞれの個性が感じられてとても興味深く思えたわけですが、 私じゃなくていい 二乃でも... 三玖でも... 姉妹の誰であっても... これでこの気持ちに 区切りがつけられるんだ と自分を律しつつも、心のどこかで 「淡い期待」を抱いてしまう一花さんの在り方がまたいじらしくて本当に可愛かったですね。 「この気持ちに区切りをつけたい」という言葉も"本心"であり、同時に 「私を選んでほしいと思う恋心」もそこにある。 シスターズウォー以降やや遠慮がちな様子も見受けられていた彼女でしたけれど、しかし本質的にはやはり彼女もまだ諦めてはいなかったのだと。 フータロー君と結ばれたい。 そんなささやかな願いを抱く少女からの問いかけに対し、上杉郎がきっぱりと口にした言葉。 それは...... 、 郎の答え 誰も選ばない..... という、様々な"含み"を感じさせる「答え」だったのでありました。 誰も選ばないという答え なるほど。 そんな流れで冒頭の黄昏一花さん(3日目最終日に独り夜景を眺めている構図)へとシーンが繋がっていくわけですか。 ここできちんと「区切り」をつけたいと思っていたのに、「誰も選ばない」というまさかの結論を突きつけられる。 結果的に「郎の想い人」が誰なのかもわからぬまま諦めるべきなのかどうかの判断もつかず、ただただ面喰って困惑。 「答え」を出す.... という郎の台詞を 「姉妹のうちの誰か一人を選ぶことだ」と解釈していた一花さんの立場からすると、まぁそんな状態だったのかなとも思います。 郎の認識 とはいえ、郎サイドからすれば、このような「答え」を出すに至った「理由」が間違いなくあるはずですよね。 今の関係を大切にしたいという本心を語りつつも 「三玖からの告白」と「五月からの助言」を受けて「答え」を出す覚悟を決めていたわけですし、「告白」を先延ばしにすることの是非に関しては、まさに一花さんと議論をしたばかりなわけですから。 物語の文脈を踏まえても「誰も選ばない」という選択の理由が「告白の先延ばし」に起因したものだとは思えない。 郎の中で 「誰も選ばない理由」あるいは 「誰も選べない事情」があり、その気持ちに従って自身の結論を述べた。 現時点ではそんな解釈が妥当なのではないでしょうか。 郎の答え 無論、じゃあ一体その「理由」とは何なのかという点が主題になるわけですが、ここに関してはちょっと判断材料が少なすぎてまだ何とも言えないところですね。 「郎の中で好きな人が未だに定まっていない」ゆえに下された結論だったのか、はたまた 「高校を卒業するまでは誰とも付き合うつもりはない」という意味の決意表明だったのか。 ここら辺、読者のみなさんがどのようにお読みになられたのかも気になるところです。 キスの相手は誰なのか 一花さんの意味深発言 また、そんな流れも踏まえて今回非常に意味深だったのが、一花さんが突如として放り込んできた"キス"にまつわる 「衝撃発言」でした。 フータロー君だって経験済みだもんね という台詞。 女優なんだからキスシーンくらいあって当然でしょ.... と語る流れで告げられたこの言葉ですが、果たして一花さんはどんな意図でこの台詞を口にしたのか。 ぱっと思い当たる可能性としては以下の4パターンでしょうか。 郎がキスをしたことがあるという事実に対してある程度の確証をもって会話をしていたようにも見えましたし、 「誰とキスをしたの?」という問いかけに関しても最初から五つ子のうちの誰かと決め込んだような話し方をしてもいましたからね。 郎自身が「事故」と結論付けているにも関わらず 深く追求しようとするその剣幕もやはり印象的で、ただの 「かまかけ」にしてはちょっと意味深に過ぎる描写だったのかなと。 そんな印象は受けました。 一花さんは鐘キスを知っている? 一方で、「一花さんが鐘キスの相手だった」のかどうかといえば、それもどうなんだろうと思わなくもなかったり。 という状況はある種腑に落ちる面もあるのですよね。 「こっそり」というワードて この事情を知り得ていた人物は姉妹の中でも限られていたはずで、ストレートに解釈をするのなら今回の一花さんがその人物に当てはまりそうな気もします。 そもそも、事の経緯はともかくあの時わけですから、直接見ていなくともおおよその検討がついていた可能性もなきにしもあらずですからね。 もっとも、鐘キス関連の伏線はどこまで現実的な視点を取り入れて考えるべきなのか、どこまで状況証拠を考慮に入れて考察をしていくのかによって全く意見が変わりそうな部分ですので、まだ何とも言えないところだとは思ってもいますけれど。 郎に心当たりはあるのか? 加えて今回少々気になったのは、果たして 「本当に郎はキスの相手が誰なのかわかっていないのか」という点。 まぁ、言葉通り気付いていない可能性も十分にあるかと思いますが、もし仮にある程度のあたりが既についていた場合、告白を受けて気持ちが明確にわかっている「二乃 または 三玖」を相手に「事故」という結論に至るかどうかはちょっと微妙な気も。 そういう意味では、郎が「事故」だと思い至っても全く不思議がない「ちゃん または 五月」の可能性が高まったと言えるのかもしれませんね。 「愛があれば見分けられる」という至上命題がコンセプトにある以上、郎がキスの相手を見抜く展開はほぼマストと言って良いと思いますし、やはり最終的にはきちんとちゃんや五月の想いも掬いあげる形になっていくのかなと。 そんな期待も感じさせる、第101話のエピソードでございました。 というわけで今回の感想をまとめると、 それぞれの学園祭 それぞれの学園祭と郎の選択 ここから先の展開がとても楽しみだ!ってことですよ。 ~それぞれの学園祭~ 二乃 ・・・マルオとパンケーキ 三玖 ・・・ちゃんの想いに気が付いてしまった ちゃん ・・・竹林さん襲来で揺れ動く内面 + 代打で引き受けた演劇について 五月 ・・・食堂に向かっていた"謎のおじさん"との邂逅 今後のお話で各ヒロインそれぞれ上述したトピックスを中心に「学園祭の出来事」が掘り下げられていくのか、はたまた、予想外の大どんでん返しが起こるのか。 huwahuwa014.

次の

『五等分の花嫁』2大プロジェクト発表 公式キャラブックや初の展覧会開催

五 等 分 の 花嫁 104

『五等分の花嫁』あらすじ 高校2年生の上杉風太郎は、「焼き肉定食 焼肉抜き」で食いつなぐほどの超がつくド貧乏。 破格の給料で家庭教師のアルバイトを引き受けた彼の目の前に、同じ顔、同じ体型の5人の美少女転校生、一花、二乃、三玖、四葉、五月が現れます。 一卵性の五つ子である彼女たちは、同じ見た目に反して一人一人が強い個性を持ったクセ者で、全員が勉強嫌いの赤点候補。 以前の学校を落第しかけたために、風太郎の学校に転校してきたのでした。 さまざまな困難を乗り越え、風太郎が誰とゴールインするのかが見どころです。 あなたの推しは何番目? 『五等分の花嫁』 主要人物紹介 「美少女がかわいいハーレム漫画」といえばそれまでですが、では本作はなぜこんなにも面白いのか? それは、五つ子たちが全員異なる個性を持ち、あの手この手で風太郎と読者の心をかき乱すから。 それぞれの魅力が全力で描かれ、誰が花嫁になってもおかしくないのが面白さの一因です。 あとかわいいから。 そこで、まずは五つ子を中心に、中心人物をチェックしていきましょう。 〈その他の主要キャラ〉 上杉風太郎 この物語の主人公。 全教科100点満点を取るほど頭脳明晰。 しかし、デリカシーがなく、女心がわからないなど、人格に多数問題アリ。 照れたり困ったりすると前髪を触る癖があります。 上杉らいは 純粋無垢な風太郎の妹。 能天気な父親に代わり、上杉家の家事を担当するしっかり者。 風太郎だけでなく、五つ子からも溺愛されています。 零奈 五年前、まだ金髪だった風太郎が京都で出会った美少女で、風太郎の初恋の相手。 その正体は……。 5人のうち誰が風太郎と結婚するのかは、読者全員が気になるところでしょう。 しかし、巻ごとに各キャラと風太郎の接近度には変動が起きており、誰が最有力候補かはなかなか言い切れません(春場先生の匠の技…!)。 そこで、現在発売されている11巻までを巻ごとに分析し、五つ子と風太郎の接近度を5段階で勝手に評価。 風太郎との接触の多さ、風太郎への接し方を中心に、最も接近度が高い場合を五つ星ならぬ五つハートで示します。 しかし、学食で風太郎ともめた後は一貫して塩対応を貫きます。 比較的リベラルなのは一花ですが、ミステリアスで大人のお姉さん的な雰囲気(と部屋の汚さ)に風太郎の反応はイマイチ。 四葉はその純粋さで親しげに風太郎に近づきますが、ただの優しさ以上の感情は読み取れません。 そんな中、戦国武将好きをきっかけに素直になり、いち早く風太郎に懐いた三玖は……。 ということで、三玖が一歩リードです。 本作でもそのセオリーに則り、5人それぞれが活躍する名場面が目白押しです。 二乃の家族想いな一面が発覚する第6話。 おんぶや手繋ぎなど、風太郎と三玖の無自覚のいちゃつきが見られる第9話。 一花の秘密が明かされる第11話。 そして、四葉がお人好しの殻を破った第13話。 どれも各キャラをより好きになれるいい話ばかりです。 そんなわけで今回のハイライトは、あえて全員が揃ったこのシーンをセレクト。 美少女の浴衣って最高だよね。 一方、一花の応援を受けて三玖は積極性を見せていきます。 そんな一花も、風太郎の優しさに触れ、徐々に自分の想いに気づき始めます。 このもだもだした感じがハーレムラブコメの醍醐味ですよね! しかし、実はこっそりと五月も風太郎との距離を縮めているのです。 素直になれない五月が三玖のふりをして風太郎と勉強するシーンでは……。 三玖が一花に宣戦布告をするシーンは非常に印象的。 レストラン、スパ、買い物……と、こういうベタなデート回は正直たまらんの一言です。 天真爛漫なため、ほかの4人に比べてあまり色気を感じさせない四葉ですが、その分素朴な公園デートで風太郎の全力の笑顔を引き出すことに成功しました。 長い髪をバッサリと切り、マンションに帰ることに。 以降、デレ多めのツンデレキャラとして、5人の日常が元に戻ることに。 ようやく5人全員から信頼を得るという展開上、五つ子と風太郎との接触度は全体的に穏やか。 比較的バランスが取れた状態です。 暮らしを支えるために女優業に邁進する一花、味オンチながらバレンタインのチョコレート作りに励む三玖、さらには四葉のほっぺチューなど、名シーンが多すぎて正直迷います。 が、ここにきて震えるほどのデレを見せつけた二乃に乾杯! 気を許したのは第6巻と遅まきながら、誰よりも思い切りのいいこの告白ぶり……恐ろしい子。 温泉旅行や、難易度の高い五つ子見分けゲームを通じて、五人への関わり方にも変化が生じます。 恋の戦いは相変わらず一花、二乃、三玖を中心に展開。 そのかたわら、天然すぎて何を考えているかわからない四葉と、風太郎をまだ友達としてしか見られない様子の五月にどんな変化があるかワクワクします。 臆病な乙女心が、恋のバトルをかき乱します。 また、9巻で意味深なのが、風太郎とともにクラスの委員長となった四葉の言動。 接点が増え、風太郎の優しさに頬を赤らめる一方で、付き合っているのかと問われればバッサリと否定。 風太郎が誰を好きになっても全力で応援するという四葉……一体、何を考えているのでしょうか!? また、零奈のことを思い出させるため、五月も積極的に風太郎に接近。 徹底的にサポートに回る四葉を残し、ラブバトルはヒートアップしていきます。 一花はまたもや三玖になりすまして姉妹を出し抜こうとしますが、結果として三玖を応援することに。 ほかの4人に陰で支えられた三玖は……。 姉妹の中では最も子供っぽいとされ、風太郎と誰が一緒になっても応援すると言うほどお人好しな四葉の独白に、誰もがキュンとしたことでしょう。 ここにきて風向きが変わってきましたね! ワクワク。 学園祭の出し物が男子+二乃の支持するたこ焼きと、三玖が提案し女子が支持するパンケーキに分裂してしまった風太郎のクラス。 三玖と風太郎の水族館デートや二乃のステージでの(四葉に代わっての)大活躍も気になるのですが、なんといっても学園祭最終日が姉妹ごとのルートに分かれており、本気で誰とくっつくかわからなくなってくるところが…。 もはや選挙の最後のお願い状態。 12巻の後半は一花と二乃のターン。 お忍びでやってきて夜のベンチで…という一花ルート、バイク二人乗りシチュにときめきつつも家族を思う気持ちがあたたかい二乃ルート、どちらも最高でしかありません。 もはやハートの数がキャラごとに差別化できなくなってきています。 過去編で風太郎と一緒に修学旅行に行った竹林さんの再登場など意外な展開もありつつ五つ子全員が本気を出し始める、恐ろしい巻です。 クラスを二分してしまったたこ焼きvsパンケーキの闘いに決着をつけようと頑張る三玖ルート、あくまで自分自身のままで風太郎と向き合おうと決意するも無理がたたって倒れてしまう四葉ルート、さらに五月ルートでは五つ子の出生の秘密が意外なかたちで明かされ、そして五月ルートでは、誰よりも母の面影にとらわれて苦しんでいた五月の気持ちが少し和らぎます。 学園祭を5人そろって楽しんだ後、風太郎はついに本当の意味でひとりを選ぶことになります。 そのひとりとは…!? 風太郎が最終的に誰かひとりを選ぶ巻ではありますが、夢に向かって頑張る気持ちが見えたり、家族を気遣ったりする姿が尊すぎて読後「五つ子最高…!」という気持ちしかなくなります。 もはや接近度の計測は無意味なので、全員接近度最高にしておきました。 察してください…! 今までの五つ子それぞれの接近度をまとめたグラフがこちらです。

次の