ムスカ 落ちる シーン。 ラピュタ崩壊後のムスカがその後の落下シーンに映っている!

天空の城ラピュタでムスカの落下の真相!年齢や目はどうなった?

ムスカ 落ちる シーン

タイプ 知的悪党 悪人度 10 かっこよさ度 4 強さ 5 存在感 7 作品貢献度 8 「見ろ!!人がゴミのようだ!!」 あ ら ま し 政府の密命を受け、ラピュタ調査隊として軍隊を同行させてラピュタ捜索をするが、 実は政府の為ではなかった。 自分自身もラピュタ王家の血を継いでいることを知り、ラ ピュタを私利私欲の為に利用しようとしていた男。 本名は「ロムスカ・パロ・ウル・ラ ピュタ」。 考 察 はじめは本性を隠しインテリを気取っているが、最後には本性剥き出しの鬼畜と化す 絵に描いたような極悪人。 自分は王家の血を継いでいるからラピュタを利用して何をしてもいいと思ってる勘違 い野郎であり、子供相手にムキになっているところを見るとかなり負けず嫌いなようだ。 マザコンにも見える(それを確証付けるものは一切無いが)。 途中、聞き分けないシー タに、「あの少年の運命は君が握ってるんだよ」と耳打ちするシーンは悪役のお約束的 脅迫である。 「人がゴミのようだ!!」はあまりにも非人道的な台詞。 どう贔屓目に見てもいいところがないこの人物を演じている俳優の「寺田 農(みの る)」氏はドラマでも悪役を演じることが多く、見るたびにムスカを思い出してしまう。 とてもいい配役だ。 このムスカを両手を上げて「好き!」とは言えないが、私には無縁のこの独裁者ぶり で(言い切れるか?)、かなり印象深い悪役の一人ではある。 この考察を書くにあたって、ルパン三世「カリオストロの城」のカリオストロ伯爵の 方にしようかとも思ったのだが、より極悪性の高い方を選んでみた。 名 言 「見ろ!!人がゴミのようだ!!」 ラピュタの衛兵ロボットによる強襲で、戦艦ゴリアテの兵士がポタポタと海へ落ちるシ ーンの台詞。 「跪け!命乞いをしろ!次は耳だ!!」 ヒロイン・シータを玉座の間へ追い込み、銃を放ち、おさげ髪を切り落とした後に吐い た台詞。

次の

【天空の城ラピュタ】海に落下した?ムスカのその後を考察!

ムスカ 落ちる シーン

ラピュタってキャラクターの魅力とか描かれている世界観とか、どのジブリ作品よりも好き。 何度見ても面白いし、ハラハラするし、なぜか涙が出る。 たぶん合計で100回くらいは見てる程ラピュタ好きな僕ですが、なんと今回はその僕が個人的に名場面だと思うシーンをランキングで紹介しちゃいたいと思いまーす! Yeahaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! ヒューヒュー!! 待ってたぜぃぃぃぃぃぃぃい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! もったいぶらないで教えろやこのやろうー!!!!!!!!!!! なんて温かい歓声が聞こえてきそうですが、考えてみれば投票者=僕、メインの閲覧者=僕 ってことで完全に自己満足、っていうか一人で自作自演まがいなことして楽しんでる世界でもたぐいまれない程残念な人間なんだなー自分は・・・・・・っっっと!危ない危ない!!!完全に負のループにドハマりしそうだった・・・。 気を取り直して本舗初公開、ラピュタの名シーンランキング、行ってみヨー〇ドー!!!! スポンサーリンク 第5位:一緒に毛布にくるまって語り合うシータとパズー 第5位はラピュタに向かう海賊船 タイガーモス号 で夜中の見張りをしているパズーのところにシータが上がってきた場面。 夜中の上空はめちゃくちゃ寒いので、二人で毛布にくるまって語り合っているシーンです。 ジブリだから当たり前なんだけど、シータとパズーは一緒に毛布にくるまったり、抱きあたったりする場面が結構あるけど、全然いやらしい感じを受けない、 むしろ美しくも微笑ましくもあるのがいいよね。 そして飛行石なんか捨てればよかったというシータに さらっとパズーはかっこいいことを言うんですね。 笑 第4位:シータが空から降ってくる出会いのシーン このシーンは名言はありません。 ってかセリフがありません。 でも描写だけで美しい。 後にパズーはシータを 天使だったらどうしようと思ったと言ってましたが、 なに言ってんですかこの純粋イケメンは。 シータは天使そのものでしょ。 飛行石が輝きながら空からゆっくりとシータが降ってきてパズーの手に静かに落ちる出会いのシーンは、こういう出会いをいろいろ真似する映画は見ましたが比べものにならない名場面です。 これが放送される時間帯にはラピュタだけでなく 日本のネットサーバーが崩壊するくらいの負担がかかると言われる滅びの呪文。 個人的には少し不安な表情をしているシータとは対照的に、しっかりと先を見据え、 どんなことがあってもシータを守るという決意が感じられるパズーの瞳にやられました。 第2位:玉座の間でムスカに立ち向かうシータ 飛行石を捨てるため、ムスカから石を奪う逃げるシータ。 うっざいムスカは銃をもってシータを追い詰めていくんだけど、二人がたどり着いた玉座の間での名場面。 バルスに注目が集まってなかなか評価されないけど、シータが故郷であるゴンドアの谷に伝わる 「ゴンドアの谷の歌」について話すシーン。 拳銃ぶっ放すムスカを相手に 「土から離れては生きられないのよ」と、堂々とラピュタが滅んだ理由は科学力に過信し自然を捨てたことであることを語るシーンは間違いなくラピュタの中でも名場面です。 さて、次はお待ちかねの第1位です!!高まる~~~!!!! スポンサーリンク 第1位:シータを救出するパズーとドーラ 個人的にこれはダントツで1位!軍に捕らわれたシータをパズーがドーラ一家と手を組んで救出しにいく場面。 最後の中刷りキャッチは何度見ても最高のシーンですが、そこに至るパズーやドーラも好き。 第1位は特別、細かなシーンごとに分けて紹介しちゃいまーす。 フラップター ドーラ一族が乗る空飛ぶ乗り物 に乗り全速力でシータの救出に向かうパズー。 ゴリアテの乱射の標的になるため出直しだというドーラーにパズーが 「シータだ!シータがいる!」とロボットと塔の上にいるシータを発見 さぁー!シータを助けにきましたー! かっこいいーーーーー!!! あとちょいなんだけどこれ以上機体がシータに近づけず・・・失敗 ミサイルで飛び散った城壁の破片がドーラの顔面に直撃!船長気を失う・・・・・ ピンチ 真っ逆さまに海面に落ちるフラップラーをなんとかパズーが操作し体制を立て直すが・・ 爆進する先に崖・・・ 「上がれーーーー!!!!!!!」 パズー若干ヤケ。 笑 崖に激突直前にドーラ復活。 「最後のチャンスだ。 すり抜けながらかっさらえー!」「ハイ!!」 その手に出たかー!!!アクロバティックパズー!! ナーイスキャッチ!!!超かっこいいスーパープレー!!!! 逆さの状態で抱き合う 厳密に言うと落ちないように掴んでるんだけど シーンってのはこれ以外見たことないけど、 なんかめちゃくちゃいいよね!もうこのシーンだけで余裕で150回くらいは見てる気がする。 笑 この一連のシーンはかなりハラハラドキドキするんだけど、ドーラもパズーも本当にかっこ良くて、ぜひとも見て頂きたい最高の名場面です。 ってことで、ラピュタの名場面・名言ランキングでした。 おしまい。 スポンサーリンク.

次の

【映画】天空の城ラピュタの都市伝説まとめ!ラストのその後も調査

ムスカ 落ちる シーン

そういえば、ラストシーンのその後があるって聞いたことがあるんだけど! テレビ放送されるたびに話題になる映画「天空の城ラピュタ」 1986年8月2日に公開されてから、現在までたくさんの人に愛されているスタジオジブリ作品の代表作ですよね。 さて、そんなたくさんの人から愛されている作品ラピュタだからこそ、たくさんの都市伝説があります。 この 記事では、映画「天空の城ラピュタ」の都市伝説まとめと、ラストのその後も調査しています。 ぜひ、映画を観る時の参考にしてみてくださいね。 天空の城ラピュタの都市伝説まとめ では、さっそく天空の城ラピュタの噂されている都市伝説をまとめていきますね。 天空の城ラピュタのモデルとなった場所が存在する?• 天空の城ラピュタの元ネタはラーマヤナ• ラピュタ城のモチーフは「ガリバー旅行記」の浮島• 飛行石は「沙漠の魔王」に登場した宝石が元ネタ• ラピュタの呪文「バルス」の語源はトルコ語ではない?• シータの本当の名前に隠された意味がある?• ムスカも王位継承者?• ラピュタ城からムスカが落ちるシーンがある?• 未来少年コナンのレプカはムスカの末裔?• シータはドーラの娘になる予定だった!?• ドーラの息子たちの名前はフランス王の名前が元ネタ?• ラピュタのロボットと巨神兵は同じ?• ラピュタのロボットがルパンに出ていた?• 天空の城ラピュタと不思議の海のナディアは同じ話? すごい人気のあるラピュタは、たくさんの都市伝説が生まれています。 各都市伝説について では、先ほど紹介した都市伝説の内容と本当なのかを検証していきます。 天空の城ラピュタのモデルとなった場所が存在する? この 都市伝説は、空に浮かんでいるラピュタ城のモチーフとなったのが「ガリバー旅行記」の浮島ではないかというものです。 実は映画の中で、ガリバー旅行記という言葉が出てきているんです。 パズーが空から落ちてきたシータを助けた後の自宅での会話に パズー:それ、父さんが飛行船から撮った写真なんだ。 「ラピュタ」っていう、空に浮いている島だよ。 シータ:空に浮いている島? パズー:うん。 伝説って言われてたけど…ぼくの父さんは見たんだ。 その時撮った写真なんだよ。 ガリバー旅行記で、スウィフトがラピュタのこと書いてるけど、あれはただの空想なんだ。 これは、父さんが書いた想像図。 今はもう、誰も住んでない。 宮殿に、たくさんの財宝が眠ってるんだって。 …でも、誰も信じなかった。 引用元:映画天空の城ラピュタ こんなセリフがありました。 「ガリバー旅行記」と言っているし、誰も住んでいないというのもラピュタ城に似ていますね。 天空の城ラピュタと同じ感じだね。 そう、とても似ているんです。 ここで、宮崎駿監督は過去のインタビューの内容を紹介しますね。 宮崎駿監督は、ラピュタの映画を作っている時に空に浮いている宝島を登場させようと思いつき、ガリバー旅行記についてこんなコメントをしています。 企画書に「ガリバー旅行記・第三部」に出てくると書くと、それを読んだことのないオジサンたちが、何となく、ああ、そうか! と思うでしょ。 説得力があるんですよ(笑)。 女房に電話して、百科事典を調べてもらったら、ラピュタという名前だと聞いて、ガッカリしましてね。 これは良くない名前だなと思ったんだけど、ヤケクソで「ラピュタ」って題名にしちゃったんです!(笑) 引用元:ジブリのせかい ここまで明確に宮崎駿監督が言っているので、 ラピュタ城のモチーフはガリバー旅行記の浮島という都市伝説は本当と言っていいでしょう。 無限の力はラピュタの飛行石と似ているね。 でも、この情報はどこから出たの? どうやら、飛行石は砂漠の魔王に出てくる宝石であるという情報の出どころは、編集者・漫画原作者でWeb雑誌「電脳マヴォ」の発行者でもある竹熊健太郎さんという方のツイートのようです。 宮崎駿監督と対談をしたこともある竹熊さんのブログには 福島鉄次「沙漠の魔王」。 宮崎が少年時代最も熱中した絵物語。 「飛行石」のネタ元。 引用元:たけくまメモ と書かれています。 また、砂漠の魔王は戦後直後に発売され、カラーページや異国情緒あふれる内容で宮崎駿監督だけでなく、たくさんの少年たちが熱狂したマンガだったそうです。 竹熊さんの沙漠の魔王は宮崎駿監督の愛読書だったという情報と、戦後に大ヒットしたマンガということを考えると ラピュタに出てくる飛行石は「沙漠の魔王」の宝石という都市伝説はかなり信憑性が高いと言えますね。 ラピュタの呪文「バルス」の語源はトルコ語? マンガの中で確かに「バルス」と書かれていますね。 これも先ほど飛行石で紹介した竹熊さんがツイートした内容となっていて、ブログでは宮崎駿監督との対談で2時間もマッドメンの話をしたと書かれています。 ピジン語でバルスとは、飛行機やハトという意味があるそうです。 実際に映画の中でもパズーが飛行機を作ったり、ハトを飼ったりしていましたよね。 もしかしたら、あの有名な「バルス」はマッドメンのピジン語の影響をかなり受けているのかもしれません。 ただ、 バルスがトルコ語説、マッドメンのピジン語説、どちらに関しても制作側からの発表はないので可能性があるかもしれないという都市伝説になっています。 ちなみに、シータがおばあちゃんから教えてもらった呪文(おまじない)の「リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール」は映画の中で「我を助けよ。 光よ甦れ」という意味で使われています。 ラピュタ語は特に深い意味などはないそうですが、ロマンアルバム 映画天空のラピュタGUIDEBOOK 復刻版で、ケルト語などを参考にしたと宮崎駿はコメントしています。 従属とは 権力や威力のあるものに依存して、それにつき従うこと。 引用元:goo国語辞典 という意味になっています。 ラピュタ城からムスカが落ちるシーンがある? シータとパズーが「バルス」を唱えた後、ラピュタ城が崩壊してロボットや瓦礫が海に落ちていきます。 その時に、 ムスカが瓦礫と一緒に落ちていくシーンがあるというのが都市伝説になります。 画像を見てもらうと分かりやすいので紹介しますね。 じゃあ、シータがドーラの娘っていう都市伝説は本当なの? この都市伝説に関して、天空の城ラピュタの製作時に作ったスタッフの寄せ書きの中に「シータが年をとるとドーラになるのだ。 宮崎さんがいったからホントの話だぞ!」と書いてありました。 ということで、 シータがドーラの娘という設定だった都市伝説は本当という可能性が非常に高いと考えています。 ドーラの息子たちの名前はフランス王の名前が元ネタ? この 都市伝説は、ドーラの息子たちの名前がフランス王の名前が元ネタではないかという内容になります。 では、一人ずつドーラの息子の名前を確認していきましょう。 パズーの親方と強さの張り合いをしていたヒゲモジャが、 長男のシャルルです。 でも、似てるよね? そうなんです、ラピュタのロボットと巨神兵のデザインはとても似ています。 実は、どちらもエヴァンゲリオンの監督・庵野秀明さんがデザインしたものなんです。 どちらも庵野秀明監督が書いたのでデザインが似ていて、このような都市伝説が生まれたのかもしれませんね。 ラピュタのロボットがルパンに出ていた? この 都市伝説は、ラピュタのロボットがルパンに登場しているという内容になります。 ロボットが登場するのが、ラピュタより前に宮崎駿監督が作ったルパン三世の第2シリーズ「さらば愛しきルパンよ」の最終回になります。 ルパンに出てくるロボットは「ラムダ」という名前があって、町を破壊する兵器として登場しています。 ラピュタのロボットと同じだ! そうなんです、ラピュタのロボットと同じデザインになっているんです。 ラピュタの制作当時、ロボットが同じデザインである理由について宮崎駿監督が、「ロボットとわかればいいので、新規にデザインする必要がなかった」という内容の発言をしていたという情報がありました。 なので、ルパンのロボットもラピュタのロボットもデザインが同じということになります。 ただ、ラピュタのロボットが自分で動いているのに対して、ルパンのロボットは操縦しないと動きません。 ということで、 ラピュタのロボットがルパンに出いてたという都市伝説は、ロボットのデザインが一緒なのは本当でロボット自体は違うという結論になりました。 天空の城ラピュタとふしぎの海のナディアは同じ話? だからどっちも似ている話なんだ! そうですね、元ネタが未来少年コナンなのでラピュタもナディアも宮崎駿監督が絡んでいることになりますね。 ということで、 天空の城ラピュタとふしぎの海のナディアの話が同じという都市伝説は、元ネタが未来少年コナンなので似ているという結論になります。 天空の城ラピュタのラストのその後を調査 さて、ここまでたくさんの都市伝説を紹介してきましたが、もっとも謎とされているのが、 天空の城ラピュタのラストシーンのその後が描かれてるという内容ではないでしょうか? では、まず現在確認できるラストシーンについて観ていきましょう。 現在確認できるラストシーン 天空の城ラピュタののラストシーンは、「バルス」の呪文の後にラピュタ城が崩壊しますが、シータとパズーは無事に脱出! ドーラ一家も無事に脱出してシータとパズーとの再開を喜び、それぞれ別れていき、ラピュタの木が空に浮かんでいるところにスタッフロールが流れるというものですよね。 そんなシーンあるの? そうなんです、これは現在確認できるエンディングとは違いますよね。 都市伝説の天空の城ラピュタのラストシーンのその後を調査 では、都市伝説として噂されているラストシーンのその後について紹介していきます。 結論から言うと、 エンディングの別バージョンは放送されたけど、ラストシーンのその後が描かれているというわけではありませんでした。 どういうことかというと。 その後が描かれいていると言われているエンディングの内容は• パズーとシータが抱き合っている• シータが水牛を連れている• 凧に乗っているパズーとシータ• 飛行機に乗ってパズーがシータに会いに行く このシーンにスタッフロールが流れているというものになります。 そうそう!最後のイラストがシータに会いに行くパズーだと思っちゃう。 確かにそうなのですが、ラピュタのラストシーンのその後については存在しないとジブリはコメントを発表しています。 ちなみに一部で「天空の城ラピュタ」に別のエンディングがあるという噂が流れているようですが、そういうことは一切ありません。 恐らく、アニメージュ文庫で出ている小説版に後日談がほんの少し書かれており、また、映画公開後に宮崎さんが描いたイラストには後日談を連想させる物があること(たとえば「スタジオジブリ作品関連資料集I」の65ページ掲載のイラスト。 パズーがオーニソプターに乗ってシータを訪問する様が描かれています。 ちなみにこの「作品関連資料集」シリーズも、マニアックな指向性のある方には大変面白い本です、とPR)などから膨らんだ想像が、いつのまにかそういう噂になったのでしょう。 引用元:ジブリ日誌 そうなんだ! それで、小説に書いてある後日談ってどんな内容なの? 小説に書いてある公式に発表になっている後日談は、ラピュタが崩壊してから半年間、パズーとシータは一緒に暮らしますがシータは故郷に帰ってしまいます。 そして、ラストはシータがパズーからの手紙を読むシーンで終わります。 手紙には、パズーが作っていた飛行機「オーニソプター」がそろそろ完成すること、近いうちにシータに会いに行くことが書かれているもの。 小説のラストシーンを観る限り、日テレが制作したエンディングで流れたイラストを想像させる内容になっています。 ということで、 都市伝説である「天空の城ラピュタのラストシーンのその後」については、別のエンディングがテレビで流れたのは本当でしたが、その後が描かれているものではありませんでした。 パズーとシータのその後は、小説に書かれている• 半年間は一緒に暮らしたが、シータは故郷へ帰った• 故郷に帰ったシータにパズーは手紙を送り、会いに行く約束をする という内容になっています。 放送されるたびに、サーバーが落ちるほどの人気の映画「天空の城ラピュタ」なので、別バージョンのエンディングと小説の内容がリンクしてこのような都市伝説が生まれたのではないかと思います。 他にも、 映画「魔女の他急便」は幻のラストシーンではなく、ラストが変更されたという噂があります。 本来のラストシーンはどんなものだったのか、なぜ変更されることになったのか調査した記事はこちらになります。 【魔女の他急便内部リンク予定】 人間だったのに豚になってしまったポルコが主人公の 映画「紅の豚」に関してはラストシーンだけでなく、実はストーリーやポルコの設定そのものが全部違っていたという都市伝説があるようです。 全く別のストーリーやポルコの設定はどんなものだったのか、こちらの記事で解明していますので、ぜひご覧ください。 【紅の豚内部リンク予定】 まとめ 今回は、天空の城ラピュタの都市伝説まとめと、ラストのその後も調査してきました。 天空の城ラピュタの都市伝説については• そして、天空の城ラピュタのラストシーンのその後については、別バージョンのエンディングが流れたのは本当で• パズーとシータが抱き合っている• シータが水牛を連れている• 凧に乗っているパズーとシータ• 飛行機に乗ってパズーがシータに会いに行く このシーンにスタッフロールが流れているというものでした。 ただ、このエンディングはその後を描いたものでないことはスタジオジブリが否定しています。 ジブリが公式に発表しているラストシーンのその後は、小説で描かれていて• 半年間は一緒に暮らしたが、シータは故郷へ帰った• 故郷に帰ったシータにパズーは手紙を送り、会いに行く約束をする ここで終わります。 たくさんの都市伝説がある映画「天空の城ラピュタ」は、それだけ素晴らしい作品ということなのかもしれません。 ぜひ、天空の城ラピュタを観る時に参考にしてみてくださいね。

次の