ダンシング キイ。 ダンスインザダーク

再現配合

ダンシング キイ

6-6-6 36. 7-34. 9 34. 4 晴 11 17 4 8 17. 8 5 4 55 芝1600 良 1:32. 3 0. 2 5-3 34. 2-35. 0 34. 0 晴 10 18 6 12 53. 9 13 3 56 芝2000 良 2:00. 1 0. 0 4-3-3 37. 0-33. 6 33. 3 468 -4 3,354. 6 曇 11 17 2 4 5. 3 2 8 56 芝1800 稍 1:47. 4 0. 7 16-17-17 36. 4-33. 9 32. 7 472 -10 雨 9 14 7 12 6. 0 3 12 55 芝2000 良 2:03. 6 2. 5 4-3-2-3 36. 2-36. 7 39. 1 482 0 曇 9 14 5 8 3. 3 2 8 57 芝1800 良 1:47. 8 1. 1 2-2-2-2 36. 0-35. 8 36. 5 3 18 56 芝1600 良 1:36. 0 3. 7 5-5 33. 9-34. 9 38. 6 1 9 56 芝1400 良 1:21. 4 1. 1 13-10 34. 1-34. 8 34. 9 1. 6 453 ALEXANDER GOLDRUN 晴 11 16 8 15 7. 2 4 2 54 芝1600 良 1:33. 3 0. 3 7-9 34. 9-34. 6 34. 4 462 -4 3,903. 2 曇 11 17 2 4 38. 3 13 2 54 芝2000 稍 1:59. 1 0. 2 3-3-3 35. 8-35. 1 34. 9 466 -8 5,404. 4 晴 11 18 1 2 1. 7 1 4 55 芝2000 良 1:59. 3 0. 9 3-3-2-2 35. 5-34. 9 35. 7 474 0 1,300. 0 晴 6 13 6 2 55 芝2000 良 0. 0 計不 TICKER TAPE 曇 11 18 3 5 1. 4 1 4 55 芝2400 稍 2:27. 8 0. 6 7-6-6-6 36. 6-35. 0 35. 0 晴 11 18 5 9 2. 9 1 1 55 芝1600 良 1:33. 6 -0. 3 6-6-2 34. 7-34. 6 34. 9 雨 11 15 6 10 1. 2 1 1 54 芝1800 重 1:50. 9 -0. 2 2-2-2-2 37. 1-36. 6 36. 5 晴 9 12 3 3 1. 2 1 1 54 芝1600 良 1:34. 3 -0. 1 2-2-2 35. 7-35. 2 35. 0 晴 5 16 1 2 1. 3 1 1 54 芝1600 良 1:36. 0 -1. 0 1-1-1 35. 1-36. 6 36. 6 452 0 700.

次の

牝系

ダンシング キイ

この記事の目次• あの名牝から新たな名馬を作り出そう!オススメ史実繁殖牝馬一覧 実際の競馬では、競走馬として優れていた馬でも繁殖に上がったらパッとしないということは多くあります。 これはウイニングポストにおいても例外ではなく「子出し」という隠しパラメータで繁殖能力が再現されています。 今回オススメする牝馬たちはこの子出し能力と血統構成のバランスが素晴らしく、強い産駒を産むだけでなく牝系確立や種牡馬づくりでも大活躍できるポテンシャルを持った名牝たちです。 また、史実の名馬を産む場合はその辺も加味しています。 ダンシングキイ ご存知90年代名繁殖牝馬の代表格、ダンシングキイさん。 ダンスパートナー、ダンスインザダーク、ダンスインザムードのG1馬3兄妹に加えてウイポなら世界一のステイヤーになれるエアダブリンを産んでくれます。 ダンスパートナーからはフェデラリスト、ダンスインザムードからはダンスファンタジアやカイザーバルに血統が繋がるので長期に渡ってダンスを楽しむことができます。 ダンシングキイ おすすめ配合相手 ミスプロ系のアンブライドルドやシーキングザゴールド、フォーティーナイナー。 トウショウボーイ、サクラユタカオー、サッカーボーイ他異系の名種牡馬たち。 史実子孫からはバーディバーディが生まれます。 ミスプロとノーザンダンサーが入っているので配合相手は選びますが爆発力を稼ぎやすいので始祖牝馬として優秀です。 メイプルジンスキー おすすめ配合相手 リヴァーマン、ロベルト、トウショウボーイ、サクラユタカオー、ミルジョージ、ミルリーフなどND、MPの血を持たない種牡馬。 トウカイテイオーやメジロマックイーン、ミホノブルボンなど90年代の名馬から後継を作る時にもおすすめ。 アグネスフローラ アグネスタキオンとアグネスフライトのクラシックホース2頭の母であり、自身も桜花賞馬であるアグネスフローラ。 タキオンは所有すれば系統確立可能です。 そしてフローラの血統は零細系統が代々重ねられているので、ボールドルーラーが日本で流行しなければ様々な配合理論を取り入れることが可能です。 スカーレットブーケ ダイワメジャー、ダイワスカーレット兄妹を産む他、ダイワルージュを経てダイワファルコンも誕生します。 ダイワメジャーは系統確立まで可能性のある名種牡馬となりますし、スカーレットも競走馬としては牝馬最強クラス、繁殖としても現実と違い大活躍してくれます。 ちなみにスカーレットブーケの母スカーレットインクを購入しておくとスカーレットレディからサカラート・ヴァーミリアン・ソリタリーキング・キングスエンブレムの兄弟をはじめ多数の重賞馬が続々誕生、あっという間に牝系構築していきます。 スカーレットブーケおすすめ配合相手 スペシャルウィークなど初期SS系種牡馬は安定して良い子を出します。 また、アグネスタキオンを付けてダイワスカーレットの全弟、全妹を作るのもロマンがあります。 その他シアトルスルーやエーピーインディなど米国パワー種牡馬からダートのチャンピオンを狙っていくのも面白そうです。 ベガ 93年、ウイニングチケットと共に種牡馬トニービンの優秀さを知らしめた2冠牝馬ベガ。 競走馬としては3冠を狙える他世界でも活躍可能ですが、やはり繁殖入りしてからが真骨頂。 史実産駒にダービー馬アドマイヤベガ、ダート王アドマイヤドン、有馬記念2着アドマイヤボス。 そして子孫からはハープスターが生まれる牝系はまるで煌めく星空です。 カラムーン、カンパラ、トニービンと連続確立しているような場合はその破壊力は凄まじいでしょう。 ベガおすすめ配合相手 ロマンを追って試してみたいのがトウカイテイオー。 サンデーサイレンス配合前はテイオーを付けるという話があったそうです。 ウイポではノーザンダンサーのインブリードが発生する点がどう出るかですね。 優秀なので何を付けても走ってくれますが、ミスタープロスペクター系と相性が抜群です。 キャットクイル ファレノプシスとキズナのお母さん。 子出しは良くありませんがストームキャットとダマスカスが重ねられた血統背景は魅力的。 この血統で適性が芝なのも良いですね。 キャットクイルおすすめ配合相手 キングマンボ、シーキングザゴールド、フォーティーナイナーなどミスプロ系大物種牡馬。 またはウイニングチケット、トウカイテイオーなど日本のダービー馬との配合も夢があります。 ウインドインハーヘア 現実の競馬界において、2017年現在最も活力のある牝系。 3冠馬ディープインパクトをはじめ、その兄ブラックタイド(キタサンブラックの父)姉レディブロンド、弟のオンファイアにニュービギニングが誕生する他、子孫からはゴルトブリッツ、リルダヴァル、ヴォルシェーヴ、ミッキーペトラなどが生まれる。 また2017年のダービー馬 レイデオロもレディブロンドを経たウインドインハーヘアの子孫です。 ウインドインハーヘアおすすめ配合相手 キングカメハメハとの産駒は現実で見てみたかった配合。 ミスプロ、ノーザンダンサー持ちなのでアウトブリードを狙うならSS系やトニービン系、ロベルトなど。 どんな相手からも活躍馬を出すはずです。 エアグルーヴ 出ました、名牝の代名詞エアグルーヴ! ウオッカにジェンティルドンナやブエナビスタなど、近年牡馬を蹴散らす凄まじい名牝が続々混合G1を制していますが、エアグルーヴがバブルをねじ伏せた天皇賞、ピルサドスキーとの死闘を演じたJCは日本競馬史に置ける牝馬のパフォーマンスとしては最高級だと思います。 繁殖成績も超一流でアドマイヤグルーヴ、ルーラーシップと2頭のG1馬が出ています。 さらにアドマイヤグルーヴからは2冠馬ドゥラメンテが生まれ、この血統の底力を知らしめました。 エアグルーヴおすすめ配合相手 ノーザンダンサーのクロスを避ければどんな相手からも最強クラスを輩出してくれます。 ロマンを追うならば同時期に相対した牡馬のスターホースたち。 バブルガムフェローは言わずもがな、エルコンドルパサーにスペシャルウィークにマーベラスサンデー、そしてサイレンススズカとの子供で世界を目指すなんていうのも最高ですね。 ちなみに同期の名繁殖牝馬ビワハイジもおすすめの繁殖です! シーキングザパール 日本初の海外G1馬にしてシーキングザダイヤの母でもあるシーキングザパールは、ウイポ内屈指の神繁殖です。 SP系でSP因子持ち、シーキングザゴールドにシアトルスルーという血統構成も素晴らしく、どんな種牡馬からも活躍馬を輩出できます。 シーキングザパールおすすめ配合 バンバン流星馬が生まれるのが グラスワンダーとの配合。 マイルから中距離で無双してくれます。 当時の競馬を観ていた人が目指したいのはタイキシャトルとの配合でBCマイル制覇でしょうか。 トゥザヴィクトリー エリザベス女王杯の武豊騎手の見事な直線一気とドバイワールドカップでの激走が印象深い名牝は繁殖入り後も活躍してくれます。 トゥザグローリー、トゥザワールド、トーセンビクトリーはいずれも複数重賞勝ち。 ウイポならG1も十分狙えます。 父SS、母父ヌレイエフという血統構成も素晴らしいので数いるSS系繁殖の中でもおすすめしたい牝馬です。 トゥザヴィクトリーおすすめ配合 同世代の名馬たちであるクロフネやジャングルポケット、タニノギムレットとの配合は次世代にも繋げやすそうです。 ちょっと捻ってナリタトップロードとの産駒で三冠馬を目指すなんてのも楽しそう! ビリーヴ SS産駒の繁殖牝馬としても、スプリンターとしても活用したいのがビリーヴです。 自身も名スプリンター、産駒にはファリダットがいます。 早逝していなければ牝系を広げる名繁殖になっていたと思います。 相手は選びますが母を彷彿としたスプリンター輩出が望めます。 ビリーヴおすすめ配合相手 しのぎを削ったショウナンカンプやアドマイヤコジーンと世界一のスプリンターを作るのはウイポならではの醍醐味です。 手堅く強い馬ならばミスプロ系でしょうか。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は厳選11頭を紹介しましたが、まだまだポテンシャルを持った牝馬はいますので次回は00年代名繁殖牝馬を記事にしたいと思います! ウイニングポストの記事一覧はこちらです!.

次の

ダンシングキイの血統表

ダンシング キイ

今週発売された競馬の9 2020を購入したという記事は以前書きました。 まずは初年度である1991年までのプレイ内容を書きました。 それからゲーム内では2000年まで進めてみたので、今回はそれまでのプレイ内容について書きたいと思います。 ちなみに引継ぎなしの難易度ノーマルでスタートしましたが、史実馬の活躍が目立ちました。 能力はこんな感じ。 94年のでは同じく所有馬のベガとワンツーを決めましたが、レコードで勝利しました。 史実ではとの2冠を制した馬です。 このゲーム内ではアッサリと3冠を達成しました。 ベガは4歳まで走って16戦13勝。 史実と違って4歳でもベガは高いパフォーマンスを出していました。 そしてベガを所有していれば、初仔であるも生産し、所有することができます。 一族の活躍 さらに金札を使ってを購入しました。 画面はのものですが、はやグッドウッドといった長距離レースに勝利しました。 は欧州寄りの芝適性ですしね。 史実では勝ちきれないレースが多かったのですけどね。 弟のは史実と同じく3歳までしか競馬に使わなかったのですが、こちらは牡馬クラシック3冠を達成しました。 能力はこんな感じ。 の軌跡 そして自分が好きだったを残りの金札で購入。 この馬が国内では最強で、グランプリは5連覇しました。 5歳まで走らせれば殿堂入りはできると思います。 こちらも牡馬3冠などを制しました。 国内では無敗で、唯一の敗戦は4歳時にに敗れたです。 もはやゴールドハンターの 銀札で貰えたは2000年でも6歳で現役。 銀札ではオススメできる馬ではないでしょうか。 90年代後半は自家生産馬でもクラシックで活躍した馬や、ダート路線で活躍した馬を生産できたので、データ引継ぎなしの場合はまずは史実馬を使っていくのが良いかと思います。 その他の出来事 結婚システムが復活したので、牧場長に指名した牧野若葉さんと結婚。 2000年秋には第1子が誕生予定です。 99年には最優秀馬主のタイトルを受賞しました。 2000年春時点ので馬主情報です。 ちなみに2000年4月にクラブ運営の話がきました。 クラブ設立には10年ほどのプレイとある程度の実績が必要なのかもしれません。 2000年春まで進めたので、ゲーム内ではプレイ開始から10周年となります。 データ引継ぎなしでもnetkeiba無料会員特典で金札を貰って、有効的に使えば軌道に乗るのは早いと思います。 そして以前書いた9 2020の記事にアクセス数が多かったので、引き続き9 2020に関する記事も追加していければと思います。 関連記事を追加しました.

次の