岡山 ピコ ちゃん。 ホストクラブ情報 岡山ホスト・お店掲示板|爆サイ.com山陽版

ホストクラブ情報 岡山ホスト・お店掲示板|爆サイ.com山陽版

岡山 ピコ ちゃん

どうも、岡ラボのReバース担当?です。 Reコンボにより条件付きでパートナーアタックを行うことができます。 DEFがやや低いのが気になりますが、可愛いので4枚採用。 単純ゆえにクセがなく、メインアタッカーとして活躍します。 《北米から来たサムライ イヴ》 『Pastel*Palettes』の特徴であるスタンド封じ能力を持っています。 スタンド封じは除去とは違い、相手のメンバーに空きを作らないことがポイント。 相手はアタック1回分諦めるor手札とコストを使って上から別のメンバーを出すことになるのでかなり強力です。 《微笑みの鉄仮面 千聖》 スパーク能力でスタンドを封じます。 除去のスパークと違い、そのターンのアタックを止めることはできませんので、一長一短といったところでしょうか。 《荒れ狂う機材ヲタク 麻弥》 ドローします。 『Pastel*Palettes』はドローカードが乏しいので重要度は高め。 《水着でお仕事 イヴ》 そこそこのスタッツとそこそこな効果を持ったカード。 「リタイアが相手より少ないなら」という条件をサポートできますが、本領発揮の際に数えるリタイアも減ってしまうという裁定らしく、いまいち使いづらい感がするカードです。 とはいえ現在の狭いカードプールでは他に入れたいカードが特にないので採用。 《アイドルに憧れるアイドル 彩》 とりあえずお試し枠。 《最後尾へご案内 彩》 メンバーに空きを作ることで次ターンのエントリーインに繋げることができる優秀なカード。 プロモカードでやや入手しづらいのが難点。 《事実を告げる 紗夜》 普通の除去スパークです。 『Pastel*Palettes』には 《微笑みの鉄仮面 千聖》がいる代わりに除去スパークがないため、他バンドから採用。 リタイアに落ちた場合は回復で優先的に選びたいです。 《水着でお仕事 日菜》 『Pastel*Palettes』専用のブロッカー。 とりあえず深く考えずに4枚採用しています。 《パジャマパーティー 千聖》 スタートカードです。 1コストをスタートにすることで、最初のエントリーインで1コストがめくれた際に再度エントリーインすることができます。 1コストのカードはメンバーに出しやすい一方で、相手のアタック中にエントリーインすると低スタッツを晒してしまうという欠点もありますので、何枚採用するか難しいところです。 《ゆるふわアイドルバンド『Pastel*Palettes』》 《とびだせエゴサーチ 彩》の連動Reバースカード。 回復スパークとデッキの相性が良いので4枚採用。 《健康ランド・さーくる》 2種類目の回復スパーク。 回復スパークとデッキの相性が良い(2回目)。 上にも書きましたが、『Pastel*Palettes』にはドローできるカードが少なく、手札が枯れがちなのでこちらのカードを採用しました。 今回はなるべく『Pastel*Palettes』に寄せた構築にしましたが、他のバンドで相性の良いカードがないか、今後対戦回数を増やして検証していきたいと思います。 また次回の記事をお楽しみに!.

次の

大ちゃん (たいしゅうかっぽう だいちゃん)

岡山 ピコ ちゃん

おもちゃ王国 いないいないばあっ!エリア ワンワンカー&ゴットンと写真が撮れる ワンワン、うーたんと記念撮影ができる ふわふわボールプール 子どもが大好きな、巨大なボールプールもあります。 0~2歳までの年齢制限もあるので、安心して遊ばせることができそうです。 ワンワン、ジャンジャンと遊ぼう ガラピコぷ~エリアと同じように、モニターで体操やワンワンやジャンジャンの映像が流れています。 ワンワンとはるちゃんが踊る、ピカピカブーの映像も流れていていますよ。 ピカピカブーの音楽が流れだすと、息子はちょっと離れたい場所で遊んでいても、その場で踊ったりここまで来て踊ったりしていました。 ワンワン、うーたんのおもちゃで遊べる いないいないばあっ!のおもちゃが、たくさん置いてあって遊ぶことができます。 ボールを入れたらクルクル回って出てくるおもちゃや、音の出るおもちゃ、絵が描けるおもちゃ、ブロックなどがありました。 この砂鉄と磁石を使って絵を描けるおもちゃは、書いた線がなめらかで書くのが気持ちいい! 家に同じような仕組みのおもちゃがあるんですが、ちょっと書いた線の濃さにムラがあるんですよね。 こどもスタジオ ガラピコぷ~エリア チョロミー、ムームー、ガラピコの大きな人形で記念撮影 記念撮影にぴったりなコーナーですね。 人形自体しっかりしていて、多少触ったくらいではビクともしないので、安心して子どもに触らせてあげれるのもよかったです。 ブロックすなば たくさんのブロックが置いてあって、組み立てて遊べるコーナーです。 ブロックで作られたような、ガラピコぷ~のキャラクターもかわいいですね。 BIGキューブパズル 大きなキューブ型のパズルを組み立てて遊べます。 パズルとして遊ぶより、上に乗って遊んでいる子どものほうが多かったです。 キュリオマートのボール入れ 穴の中にボールを入れて遊べます。 子どもって、穴にボールを入れるの好きだから、永遠とできますよねぇ。 からだダンダンが踊れる クッションマットをしいてあるスペースに、大きなモニターがあって『からだダンダン』やガラピコぷ~とダンスができる映像が流れています。 踊りが好きなこどもは、ここでかなり遊べそうです。 公式サイトでは、『ブンバ・ボーン!』になっていますが、最新のからだダンダンが流れますよ~。 おもちゃ王国 みいつけた!エリア いすのまちで記念撮影 みいつけた!エリアではコッシーたち、いすのまちのキャラクターたちと、記念撮影をすることができます。 なりきりオフロスキー みいつけた!エリアのもう1つ記念撮影スポットが、なりきりオフロスキー。 オフロスキーになりきれる湯上りタオルを着て(ハンガーにかけてあるので自由に使えます)、あのバスタブで記念撮影ができますよ~。 描いた絵がスクリーンに映し出される こどもスタジオに入るときに、スタンプラリーのカードがもらえるんですが、裏に絵を描けるようになっています。 描いた絵を専用の機械でスキャンすれば、みいつけた!エリアの壁に映っているいすのまちに、自分が書いたキャラクターが現れるんです。 こどもスタジオは、年齢が低い子向けのものが多いんですが、6歳の娘もこのお絵描きはたのしかったようです。 みいつけた!のおもちゃで遊べる いくつか机があって、上にはバランスよく積み上げるイスの積み木や、絵合わせがありました。 サボさん、オフロスキーと遊ぼう みいつけた!エリアのモニターでは、オフロスキーが「よんだんす」をする映像などが流れていました。 こどもスタジオの感想 メインの展示は、Eテレキャラと写真を撮ろうといった感じのものが多かったです。 じっくりと遊べるようなコーナーは少なかったんですが、置いてあるおもちゃにハマればかなりの時間を過ごせそうでした。 わが子とEテレキャラの写真を撮りたい人にはおすすめです。 NHKキャラクターショップで買ったもの こどもスタジオの隣には、NHKのいろいろな番組のキャラクター商品が売られているNHKキャラクターショップがあります。 キャラクターショップは、こどもスタジオに入らなくても見れるので、お土産だけ買うこともできますよ。 (おもちゃ王国の入園料は必要です) いないいないばあっ!やおかあさんといっしょ、みいつけた!だけでなく、おしり探偵やおさるのジョージ、少年アシベ、はに丸など、いろんなキャラクターのグッズが販売されてます。 おもちゃ王国のお土産は特別感がなかったので、NHKキャラクターショップでグッズを買っていったほうがいいかも。 我が家は、NHKキャラクターショップでピッコロとジャンジャンのぬいぐるみ、ゴマちゃんの靴下を買いました。 おもちゃ王国 こどもスタジオ 開園時間 10:00~17:00 おもちゃ王国 こどもスタジオ 休園日 毎週火曜日(ただし、祝日、GW、春休み、夏休み、冬休み期間中は営業) 7月の休園日:2日 9日 9月の休園日:3日 10日 17日 24日 10月の休園日:1日 8日 15日 22日 29日 8月は休まず営業しています。 おもちゃ王国 こどもスタジオ 入場料金 こどもスタジオは、 おもちゃ王国の入園料とは別に、0歳から1人400円の入場料が必要になるので注意。 おもちゃ王国の入園料は、• 大人(中学生以上):800円• 子ども(2歳以上):600円 です。 おもちゃ王国の、雨でも遊べる室内施設についてはコチラの記事を参考にしてください。

次の

大ちゃん (たいしゅうかっぽう だいちゃん)

岡山 ピコ ちゃん

どうも、岡ラボのReバース担当?です。 Reコンボにより条件付きでパートナーアタックを行うことができます。 DEFがやや低いのが気になりますが、可愛いので4枚採用。 単純ゆえにクセがなく、メインアタッカーとして活躍します。 《北米から来たサムライ イヴ》 『Pastel*Palettes』の特徴であるスタンド封じ能力を持っています。 スタンド封じは除去とは違い、相手のメンバーに空きを作らないことがポイント。 相手はアタック1回分諦めるor手札とコストを使って上から別のメンバーを出すことになるのでかなり強力です。 《微笑みの鉄仮面 千聖》 スパーク能力でスタンドを封じます。 除去のスパークと違い、そのターンのアタックを止めることはできませんので、一長一短といったところでしょうか。 《荒れ狂う機材ヲタク 麻弥》 ドローします。 『Pastel*Palettes』はドローカードが乏しいので重要度は高め。 《水着でお仕事 イヴ》 そこそこのスタッツとそこそこな効果を持ったカード。 「リタイアが相手より少ないなら」という条件をサポートできますが、本領発揮の際に数えるリタイアも減ってしまうという裁定らしく、いまいち使いづらい感がするカードです。 とはいえ現在の狭いカードプールでは他に入れたいカードが特にないので採用。 《アイドルに憧れるアイドル 彩》 とりあえずお試し枠。 《最後尾へご案内 彩》 メンバーに空きを作ることで次ターンのエントリーインに繋げることができる優秀なカード。 プロモカードでやや入手しづらいのが難点。 《事実を告げる 紗夜》 普通の除去スパークです。 『Pastel*Palettes』には 《微笑みの鉄仮面 千聖》がいる代わりに除去スパークがないため、他バンドから採用。 リタイアに落ちた場合は回復で優先的に選びたいです。 《水着でお仕事 日菜》 『Pastel*Palettes』専用のブロッカー。 とりあえず深く考えずに4枚採用しています。 《パジャマパーティー 千聖》 スタートカードです。 1コストをスタートにすることで、最初のエントリーインで1コストがめくれた際に再度エントリーインすることができます。 1コストのカードはメンバーに出しやすい一方で、相手のアタック中にエントリーインすると低スタッツを晒してしまうという欠点もありますので、何枚採用するか難しいところです。 《ゆるふわアイドルバンド『Pastel*Palettes』》 《とびだせエゴサーチ 彩》の連動Reバースカード。 回復スパークとデッキの相性が良いので4枚採用。 《健康ランド・さーくる》 2種類目の回復スパーク。 回復スパークとデッキの相性が良い(2回目)。 上にも書きましたが、『Pastel*Palettes』にはドローできるカードが少なく、手札が枯れがちなのでこちらのカードを採用しました。 今回はなるべく『Pastel*Palettes』に寄せた構築にしましたが、他のバンドで相性の良いカードがないか、今後対戦回数を増やして検証していきたいと思います。 また次回の記事をお楽しみに!.

次の