マイクスタンド おすすめ。 【騙されちゃいけない!】マイクスタンドは●●で選べ!

マイクスタンド おすすめ製品を種類別で解説【ライブ配信・DTM向け】

マイクスタンド おすすめ

ゴム製足付き三脚タイプで、安定感に優れているマイクスタンドとなっています。 高さは約80cm~140cmに調節可能で自分に合った高さで使用できます。 角度360度回転が可能なので、自由自在に使うことができます。 脚部は折りたたみが可能となっているので、使用しない時は収納にして、持ち運びにとても便利です。 ストレートタイプ兼用で、使いやすい 2wayマイクスタンドとなっています。 宅録、講習会、ライブ録画、弾き語りの際にはボーカルマイク用・アコギ集音マイク用を取り付けることができます。 様々な音楽シーンで活躍しとても便利です。 差し込みタイプと挟みタイプのマイクホルダー付きで、ネジが一個付属して、マイクの設置に最適なマイクスタンドです。 ロコミでは 身長の高さまでしっかりと伸びるので使いやすく便利だそうです。 マイクスタンドの中には身長に届かず使いづらい商品も多いのでちゃんと調節ができ伸びるタイプだと安心して使えます。 留め具もしっかりしているのでズレることもなく安心して使えます。 アーム式マイクスタンドは耐久性ん優れたスチール製で、マイクを机にしっかり固定できます。 調整可能なシザーアームスタンドがすべで スチールで構造されて、安定性と耐久性があります。 丈夫で安定感があるマイクスタンドをお探しの方におすすめです。 折り畳み可能なタイプなので、マイクを自由に動かすことが可能です。 高さや角度をお好みの使いやすい位置に調整もできます。 調整可能な固定装置で凹凸な表面でも適応できます。 ご自身のスタイルに合わせてカスタマイズできまおすすめのマイクスタンドです。 汎用ホルダーがあり、全てのマイクに適用できます。 ロコミではしっかりと固定することができ安定感もあるので使用しやすいそうです。 360度自由に動くのでとても便利だそうです。 ポップガードが付いているのでレコーディングもしやすくなっています。 音楽用に機能性も充実しているのでおすすめのマイクスタンドです。 卓上での使用に最適なマイクスタンドです。 インターネット生放送やゲーム実況用としての仕様や宅録用として、更には講演会や各種イベントなど 様々なシーンで活躍します。 高さは微調節可能なので、どなたでも使いやすい仕様となっております。 調節ネジを緩めてお好みの高さにし、ネジを締めなおすのみの簡単仕様で初めて使われる方にも非常に使いやすくなっています。 土台部分は、 重厚感があり安定感も抜群です。 マイクホルダーが付属しており、届いてすぐに使用可能です。 余計な部品を買い揃える必要もなくおすすめのマイクスタンドとなっています。 直径約2. 5cmまでのマイクが使用可能です。 ロコミでは お値段がお手軽なので購入された方が多いようです。 大きさがあるので安定感もあり便利だそうです。 少し サイズが大きいのでスペースが必要になります。 高さも丁度良く使い勝手も良くなっています。 気軽に使えるので卓上マイクスタンドをお探しの方におすすめです。 マイクスタンドは スチール製なので、 耐衝撃があり、丈夫で使いやすくなっています。 マイクスタンドを長く使えるためには、こまめなお手入れが必要です。 折り畳み式で、持ち運びに便利です。 色々な場所で使いたい方におすすめです。 マイクを自由に動かすことが可能で、高さや角度をお好みの使いやすい位置に調整できます。 高品質のメタルで作ったクランプでどこでも固く設置できます。 長時間の録音を行う際に手が解放しで楽です。 マイクを装着して、 アームが重みで動くことはありません。 スタジオ、ラジオルーム、生放送などいろいろな環境で使えます。 ロコミでは小さく使いやすいそうです。 重さがあるマイクでもちゃんと固定するので安心して使うことができおすすめのマイクスタンドとなっています。 お値段もリーズナブルで お値段以上の品質と大変喜ばれています。 マイクホルダー付きで、 ブームとストレート両用タイプ可能なマイクスタンドとなっています。 脚部は折りたたみが可能で、使用しない時は収納にして、持ち運びにとても便利です。 ブームマイクスタンドはステンレス製パイプを採用して、安定性と重量感に優れています。 コンパクトに畳めるので普段使わない時にも邪魔にならず、 スタジオやライブハウス等への使用の際もとても便利でおすすめのマイクスタンドとなっています。 弾き語りの際にはボーカルマイク用スタンドとしても、 アコギ集音マイク用スタンドとしてのどちらにも対応しています。 コスパも良く手軽なマイクスタンドが欲しい方におすすめです。 ロコミでは 軽量なので持ち運びが楽だそうです。 ただ、倒れやすいのでストレートとして使う方が安定感もありおすすめでそうです。 使用後はコンパクトに折り畳め収納できるので収納スペースも取ることがなく便利です。 スタジオなどでもお使いいただけます。 こちらのマイクスタンドは 重すぎず軽すぎず持ち運びも疲れない重さとなっています。 本体主材質が金属のため強度もあり、3本の脚でしっかり支えます。 しっかりと安定したマイクスタンドでおすすめです。 3本の脚部は 折りたたみができコンパクトに収納できます。 説明書は付属しておりませんがマイクホルダーを付けるだけの簡単仕様で初めて使用される方もおすすめです。 手軽に使えとても便利なマイクスタンドです。 ロコミでは持ち運ぶように軽量の物を探されていた方がよく購入されております。 マイクスタンドはスタジオでもよく使われるので楽器と一緒に持ち運ぶことも多く軽量のマイクスタンドが比較的人気となっておりおすすめです。 マイクホルダーも2つ付いているので大きいサイズのマイクでも安心して使えます。 動画の撮影やレコーディング時のスマホのセッティングに困った事はありませんか?このマイクスタンドは スマホをクリップで簡単に固定できるので、スマートフォンを取り付けて快適にレコーディングや撮影が行えます。 スマートフォンを取り付けて、 歌詞をみながらスマホのメモを見ながらなどの作業などにおすすめです。 マイクホルダーを付け替える事で 1本のマイクスタンドに2本のマイクをセッティングすることが可能です。 チューニングアプリ、リモートコントローラー、アンプシュミレーターなどのアプリを操作しながら リモートコントロールアプリをスマホにインストールしてマイクスタンドにセッティングすれば、録音やプレイバックなどの操作がやりやすくなります。 ロコミでは現代ではスマートフォンで撮影や録画する方も多く非常に人気となっているマイクスタンドです。 スマートフォンを取り付けて使用されている方が特に多く皆さんが求められているマイクスタンドの代表的な商品です。 角度も調節できるので自分に合ったスタイルでお使いいただけます。 折り畳み可能なマイクスタンドで使用後はコンパクトにでき、簡単に持ち運ばぶことができます。 適切な角度と高さを調整することにより、レコーディングなどがよりしやすくなております。 多くの重量に耐えることができるように、アームスタンドは 超強力なバネが装備されています。 保持力もあり、へたること無くマイクを支えてくれるので安心に使えおすすめのマイクスタンドです。 卓上マイクより、机の上が広くなり快適に使えます。 全てのマイクに簡単に適応できます。 大型のキャリングも適応するためにコンパクトなマイクスタンドがデザインされています。 どんな場所にも柔軟で固定にしっかり締め付けられます。 ロコミではマイクも色々な種類のマイクでも対応しているので便利とのことでした。 卓上マイクよりはスペースも取らないのであまり スペースが確保できない方にもおすすめです。 スチール製のシンプルなマイクスタンドとなっています。 ストレート、ブームスタイル兼用であらゆるシーンで活躍します。 ポップフィルターも付属されているので、レコーディング時のノイズもカットします。 フィルター部分に繊維製ネットを2枚使用しています。 よりデリケートでクリアーな録音を可能にします。 マイクホルダーも2個付属しております。 グースネック式アームは、 自分が好きな角度を自由に調整ができます。 歌詞を見ながらレコーディングできます。 幅10cm以内のスマホをホルダーにセットできとても便利でおすすめのマイクスタンドです。 使用用途はライブだけじゃなく講習会や講演会にも大活躍します。 アーム部は180度角度調節、長さの調節が可能です。 三脚部分のネジを回すことにより、 スタンドをコンパクトに収納することが可能です。 ロコミでは自宅で外でも使えどのシーンでも便利です。 スマートフォンも取り付けできるので大切な資料を見ながらでも使えます。 スマートフォンに情報を保存している方も多いのでセットできるととても便利ですよね。 軽量で安定しているので持ち運びにも便利なマイクスタンドです。 マイクホルダー付きで、 ブームとストレート両用タイプ可能なマイクスタンドとなっています。 ラバーは長時間使用して耐摩耗で固定力を維持できます。 取付部は金属製なので耐久性も優れています。 ブームマイクスタンドは高品質の 厚手ステンレス製パイプを使用しているので、安定性と重量感に優れています。 マイクスタンドのブームは、360度回転することができます。 コンパクトに折り畳みができるので、収納に便利です。 宅録、ライブ録画にも適しております。 安全にしっかりとしたマイクスタンドをお探しの方におすすめです。 ロコミでは作りもしっかりしており安全性にも優れているそうです。 三脚部分も安定性があります。 重量が少しあるので持ち運びには向いていないのでご自宅などで使われる用のマイクスタンドとしておすすめです。 折り畳んで収納できるのでとても便利なマイクスタンドです。

次の

【定番】おすすめのマイクスタンド

マイクスタンド おすすめ

読みたい場所をクリック!• 主にストレートとブームと呼ばれるスタンドがあり、上の写真がブームスタンド。 下の写真がストレートスタンド。 また、マイクスタンドという名前ですが、先端についているマイクホルダーを外せば、マイク以外を取付けることも可能。 ライブハウスやスタジオにいくとマイクスタンドは常設されているので、基本は持ち込む必要はありません。 そこで、今回は 自 宅でのライブ配信やDTM、YouTube動画をとることを想定して解説を進めていきます。 自宅で使用するマイクスタンドの種類は主に3種類。 自身の使用用途に合わせて、どのマイクスタンドを買うかを考える必要があります。 何も考えずに買うと、買い替えたり、買い増したりする羽目になりやすいのがマイクスタンドです。 それぞれのマイクスタンドを解説していくので、あなたの使用用途にあったものがどれかを確認していきましょう。 コンデンサーマイク用 おすすめマイクスタンド ダイナミックマイクだと重量300g程度のものが大半ですが、コンデンサーマイクは300g~800gまで製品によって幅があります。 そして、 卓上スタンド(自立型)は大抵が耐荷重500gまでとなっています。 なので、コンデンサーマイク用のマイクスタンドを選ぶ際はマイクの重量とスタンドの耐荷重を確認して買うようにしましょう。 コンデンサーマイク用のおすすめマイクスタンドは もしくはです(商品は後述)。 耐荷重は余裕をもって選びましょう。 卓上マイクスタンドとして使うには大きい• 畳んで片付けるのは面倒 まずは通常のマイクスタンドであるブームスタンド。 路上ライブなどに使うので、弾き語りすとだと持っている人は比較的多いですね。 ブームスタンドは安定性が高く、重たいコンデンサーマイクを付けても問題ないです。 そして、可動域が広く足元のアンプなどの音を拾うことも可能。 反面、自宅で使うにはサイズ感が大きいです。 僕も以前はブームスタンドをデスクの横に設置して、伸ばしてPCの前に持ってきていましたが何かと不便でした。 置きっぱなしだと邪魔なので、片付けるんですけど毎回出し入れするのも面倒なんですよねぇ。 よって、 自宅専用のマイクスタンドとしては不向きです。 路上ライブと兼用する方か、自室にブームスタンドを設置するだけのスペースが確保できる方向けのマイクスタンドです。 おすすめのブームスタンド KC MBCS マイクスタンドではド定番のメーカー、KCのです。 ライブハウスやスタジオでも見かけることが多い、スタンドですね。 三脚で安定性も高く、ブームの可動範囲も広めで良好です。 マイクスタンドは安いのもありますが、不安定だったり、すぐにネジが歪んで閉められなくなる…など外れが多い部類の商品です。 特に路上で使用する人は少し高くても、KCなど安定の定番メーカーを選びましょう。 デスクが傷つく• デスクがないと使えない• 500g以上の重さのマイクだと厳しい ライブ配信者で最も使用者が多いであろう、マイクアーム。 省スペースで設置できて、常時つけっ放しでも邪魔にならないので非常に便利。 デメリットはデスクが傷つくことです。 傷から守るクッションマウントはついているものの、長期間使っているとさすがに傷跡はクッキリとつきます。 なので、デスクに傷を付けたくない人は止めたほうが良いです。 また、比較的重たいコンデンサーマイクでも耐えられます。 僕が使っているはコンデンサーマイクの中でも最も重たい部類に入る(860g)でもギリギリ使えます。 角度によっては重さで下がっていってしまうので、設置に自由度はありません。 ただ、自由度がないのは(860g)の話で、 500g程度のマイクであれば、問題なく使えます。 ダイナミックマイク・コンデンサーマイク共に500g未満の製品は多いので、使い勝手は良いと言えます。 (1kg以上はある)などを活用すると厳しいので、重いものを使うならにしておきましょう。 自宅でのライブ配信やDTMによる使用であれば、 が最も使い勝手が良いです。 そもそも、デスクがないと設置できないタイプなので、自宅の環境によりますがデスク前で作業する方にはおすすめです。 おすすめのマイクアーム Roycel 安定性も高く評価の高いです。 僕も使っていますが、実際に伸びる角度や長さもよく安定性も良いです。 耐荷重については記載がないですが、僕が使っている分にはRODE NT2A(860g)でも角度に気を付ければ使えます。 普段はNeumann TLM102とショックマウントを付けて使っています。 マイクとショックマウントを合わせた重さは500g程度で、この程度であれば全く問題ないです。 しかも、価格も1,600円程度とマイクアームの中でも最も安い部類なので中々に良い製品です。 歌うだけもしくは話すだけの方(ストレート)• 少し離して、歌とギターを1本のマイクで収音する方(ストレート)• 300g未満の軽いマイクであまりブームを伸ばさず使用する方(ブーム) おすすめの卓上マイクスタンド(自立型)キクタニ AD-63 土台をとにかく重くして倒れないように頑張っている、卓上マイクスタンド(自立型)の。 重量、2. 5kgと卓上マイクスタンド(自立型)の中では飛びぬけて重たいです。 しかし、 マイクがそこそこの重さでブームを伸ばしすぎると、重心が傾いてあっけなく倒れます。 逆にブームをあまり伸ばさずにストレートよりやや曲がった感じで使うなら、500gくらいのマイクでも耐えられます。 そもそも、 卓上マイクスタンド(自立型)のブームタイプは不安定でおすすめしません。 ただ、環境的に他に選択肢がない人にはをおすすめします。 一番安定性がマシな製品です。

次の

おすすめのPCマイク9選を紹介 スタンド型・クリップ型・フラット型を使い分けよう

マイクスタンド おすすめ

最近暇さえあればYouTubeを見るほどハマッています。 結構そんな方も多いのではないでしょうか。 ただ見るだけでなく、 自分で配信したいと思っている方もいるはず。 そういえば最近の職業ランキングでは小中高、大学生の 「なりたい職業TOP10」には当たり前のように ユーチューバーがランクインしています。 時代の流れを感じますね。 僕の時代では、野球選手やお医者さんなどが多かった気がします。 小学生ながら大蔵省(現財務省)に入りたいといっていた同級生がいましたが・・・今は何をやっているのでしょうか。。。 それはさておき、動画の配信や宅録をやるには機材が必要になります。 そこで今回は収録に必要なおすすめマイクを紹介します。 マイクの種類について マイクには大きく分けてダイナミックマイク、コンデンサーマイクの2種類があります。 それぞれの特徴は ダイナミックマイク• 周りの音を拾いにくく、ハウリングが起きにくい• 電源を必要とせず、マイク端子へ接続すればそのまま使える• 多少の衝撃では壊れない耐久性の高さ コンデンサーマイク• 接続機器からの電源供給が必要• 周波数特性が広く、バランスよく集音可能• ダイナミックマイクに比べ感度が高い• 湿気や温度変化、衝撃に弱い となります。 配信や音楽のレコーディングに使用する際は コンデンサーマイクがおすすめです。 実はコンデンサーマイクにも色々な種類があり、用途も異なります。 そこでおすすめのマイクをランキング順で紹介します。 おすすめ 第1位 RODEはオーストラリアに拠点を置くマイクメーカー。 プロ御用達のマイクもラインナップしている、コンデンサーマイクの定番メーカーです。 商品の設計から製造まで全て本国で行っており、なんとマイクの保証期間は10年間(一部モデルを除く)もあります。 品質に対する自信の表れですね。 N T1-Aは高級マイクも含めサウンドハウスで一番人気のあるコンデンサーマイク。 人気にはもちろん理由があります。 まず、2万円を下回る価格ながら、高級マイクに匹敵するサウンドクオリティ。 特に高音域の再現性に優れており、ボーカルから楽器の集音まで万能に対応します。 ノイズの少なさもポイントです。 専用ショックマウントホルダー、ポップガード、マイクケーブルも付属しており、オーディオインターフェイスとマイクスタンドがあればすぐに使えるのも嬉しいですね。 おすすめ 第2位 リーズナブルな価格、クールなデザイン、サウンドの良さと3拍子揃った製品を数多く生み出すマイクメーカーMXL。 V67G-HEはMXLの中でも一番人気の高いモデルです。 他のマイクメーカーとは異なる独特なマイクデザインには高級感があり、入門用コンデンサーマイクには見えません。 また、この価格で専用ハードケース、ショックマウントホルダー、ポップガードが付属。 他にはないコストパフォーマンスを実現しています。 MXL製品全般の傾向として、ビンテージサウンドを意識しており、中域がしっかりしていながらも、しっかりと抜ける高域が特徴的です。 必要なものが一通りセットになったリーズナブルなコンデンサーマイクをお探しの方におすすめです。 おすすめ 第3位 言わずと知れたマイク、ヘッドホン・イヤホンの定番ブランドAKG。 マイクではC414シリーズやC451Bなど、プロが必ずといっていいほど所有しているコンデンサーマイクを生み出しています。 「そんな憧れのマイクには手が届かないけど、AKGのサウンドが欲しい」という方におすすめの商品がC214です。 今回紹介するマイクの中では少し価格が高めですが、専用ケース、ショックマウントホルダー、ウインドスクリーンが付属します。 C414を彷彿とさせる長方形のデザインも嬉しいところ。 ローカット、PADを装備し、楽器からボーカルまで幅広いソースに対応します。 レコーディングの定番マイクC414 XLIIと同等のダイアフラムを搭載しており、高域に特徴のあるサウンドはメインボーカルやメインパートの楽器などに最適な音質です。 おすすめ 第4位 これまで紹介してきたマイクと少し毛色が異なり、こちらはUSBによりパソコンと直接接続できるマイクです。 オーディオインターフェイスが必要ないため、パソコンさえあればすぐに使うことができます。 専用のポップガードとスタンドが付属しており、卓上に置けば準備は完了。 パソコンの音源とマイクボリュームをコントロールするつまみ、ヘッドホンボリュームのツマミがマイク側面にあるため、パソコンを操作せず、手元で簡単に調整することができます。 もちろんサウンドはRODEクオリティ。 歪みの少ないクリアな音質はレコーディングからインターネットの動画配信まで幅広く使えます。 手軽に集音したいという方にはもってこいのマイクです。 いかがでしたでしょうか。 意外とリーズナブルな価格で、本格的なマイクを購入することができるのです。 自分にあったマイクを見つけ、レコーディングや配信などでどんどん使っていただければと思います。 有名になった方は、ぜひぜひ使用マイクの紹介をお願いします(笑)• タグ:• 関連記事• 2020-07-08 テーマ: こんにちは!今回は高音質なレコーディング・動画撮影が自宅でも簡単にできるMikmeをご紹介します。 突然ですがみなさん、 自宅で簡単にレコーディングしたい! こう思うことはありませんか? そんなときはこの子の出番です• 2020-07-07 テーマ:, 家での時間が長くなった今、生配信が注目されています。 見るのも楽しいですが、自分で雑談や演奏を配信する人も増えてきています。 また、イベントの様子を生中継したり、レッスンなどでオンライン配信の活用を考えている人も多いのではないでしょうか。 そこで• 2020-06-30 テーマ: スタジオモニターと言えば、一般的にイメージするのはデスクトップのディスプレイの左右に置いて、音楽を聴いたり、ミックスしたりというものですが、大体の場合、フルレンジのスタジオモニターそれだけで満足されているのではないかと思います。 自分もそう思• 2020-06-29 テーマ: 前回、EON600シリーズ専用コントロールソフト「EON Connect」の接続方法を紹介しました。 今回は、JBLポータブルPAスピーカーの最高峰PRX800シリーズの専用ソフト「PRX Connect」をマニュアルを見ないで挑戦してみたい• 2020-06-24 テーマ: 緊急事態宣言解除後、ウイルスを警戒しまだまだ自粛ムードが漂っています。 一日も早く収束してほしいですよね。 これから購入を考えていらっ.

次の