茶道 歴史。 【茶道の歴史】茶道はどのように始まったのか?初期茶の湯の姿もーわかりやすく解説します

「お茶の歴史」発祥、伝来、そして発展

茶道 歴史

日本で今や日常的に飲まれているお茶。 煎茶やほうじ茶、抹茶など、好みによってもその場によっても飲み分けている方も多いのではないでしょうか。 そんなお茶ですが、実ははるか昔の平安時代に日本にわたってきたといわれています。 このころは、「遣唐使」と呼ばれる中国からの使者によって今のウーロン茶に似た茶色のお茶が日本へ運ばれ、薬として適量を飲んでいたとされています。 この風習は貴族の間でその後も続くこととなるそうです。 時代は変わって鎌倉時代になると、栄西という僧侶が中国からお茶を持ち帰り、九州の地に植えたことが分かっています。 これが宇治の商人の手にもわたり、「宇治茶」としてその後長く愛され続けるようになるのです。 そうしてお茶が生産され始めると、今度はお茶を飲むという習慣も武士階級にいたるまで浸透していき、お茶の作法や儀礼を定めた書物も誕生していきます。 室町時代になると、飲んだお茶の銘柄を当てるという「闘茶」という勝負事が流行していきました。 「闘茶」はお金が動くひとつの博打として多くの大名の間で流行しましたが、足利義政のお茶の師匠である村田珠光がこれを禁止すると、精神的なあり方を重視する「侘茶」の原型ができていくことになります。 千利休のこだわり その後は安土桃山時代に千利休らの手によって確立されていきます。 侘茶は武士階級や大名に深く愛されるようになり、多くの弟子も誕生しました。 千利休といえば「茶道」という印象が強いという方もいらっしゃるかと思いますが、利休が独自の「茶の湯」を確立させたのは、60歳を過ぎてからだったこともわかっています。 利休自身も、それまでは先人たちに倣った従来の茶道をそのまま受け継いでいたのです。 また千利休は、茶道の作法や儀礼だけでなく、茶室や庭にも言及し理想形を追求しています。 茶室でいえば、利休は「草庵茶室」を心がけ、従来の茶室とは異なる極端に狭いスペースを求めました。 これはお茶をたてて飲むことだけに従事するようにと創案された茶室であり、明るさも自由に調整できるような窓も組み込まれています。 一方で、庭に関しても茶庭である「露地」にこだわりを見せています。 「露地」とは茶室の周りの庭のことをいうのですが、これを客へのもてなしの道とし、見事な風景を望めるようにしています。 千利休はもちろん茶の湯に関して、その作法や心構えについても説いています。 それが、「四規七則」という心得です。 この場合の「四規」とは和敬清寂の精神のことを指しており、お互い仲良く 和 、敬いあい(敬)、心を清らかにし(清)、どんな時にも動じないように(寂)するべしという教えとなります。 一方「七則」とは、以下のような7つの心構えについてを指しています。 ・茶は服のよきように点て 心を込めてお茶を点てましょう ・炭は湯の沸くように置き(茶の本質を見極めましょう) ・冬は暖かく夏は涼しく 季節感を大事にしましょう ・花は野にあるように入れ(命を尊びましょう) ・刻限は早めに(時間にゆとりを持ちましょう) ・降らずとも雨具の用意 やわらかい心を持ちましょう ・相客に心せよ 互いに尊敬しもてなしましょう 茶道は日本に現存している伝統芸能の中でも、「総合芸術」と言われています。 茶道に使う茶碗や茶室を彩る掛物は美術的に優れている物を選ぶため、まずそれを鑑賞する楽しみがあります。 また、茶室や庭などを整え優れた空間づくりをするという心構え、そして茶の席で摂る食事、もてなしの手前作法など、1回の場で数々の芸術に触れる機会があるのは茶道だけです。 これが茶道が総合芸術と称されるようになった所以です。 また、茶道には「三千家」と呼ばれる3つの代表的な流派があります。 それぞれ、「表千家」「裏千家」「武者小路千家」です。 これらは千利休の亡き後に確立されており、茶の点て方やお菓子を載せる器、茶筅(ちゃせん)などにいたるまで、それぞれが異なった定義を持っています。 現在は裏千家が主流となっており、茶道の教室などをみても裏千家が多くみられるようになっています。 日本人が親しみやすい茶道.

次の

表千家、裏千家、武者小路千家の違いは?由来や歴史も解説!

茶道 歴史

日本で今や日常的に飲まれているお茶。 煎茶やほうじ茶、抹茶など、好みによってもその場によっても飲み分けている方も多いのではないでしょうか。 そんなお茶ですが、実ははるか昔の平安時代に日本にわたってきたといわれています。 このころは、「遣唐使」と呼ばれる中国からの使者によって今のウーロン茶に似た茶色のお茶が日本へ運ばれ、薬として適量を飲んでいたとされています。 この風習は貴族の間でその後も続くこととなるそうです。 時代は変わって鎌倉時代になると、栄西という僧侶が中国からお茶を持ち帰り、九州の地に植えたことが分かっています。 これが宇治の商人の手にもわたり、「宇治茶」としてその後長く愛され続けるようになるのです。 そうしてお茶が生産され始めると、今度はお茶を飲むという習慣も武士階級にいたるまで浸透していき、お茶の作法や儀礼を定めた書物も誕生していきます。 室町時代になると、飲んだお茶の銘柄を当てるという「闘茶」という勝負事が流行していきました。 「闘茶」はお金が動くひとつの博打として多くの大名の間で流行しましたが、足利義政のお茶の師匠である村田珠光がこれを禁止すると、精神的なあり方を重視する「侘茶」の原型ができていくことになります。 千利休のこだわり その後は安土桃山時代に千利休らの手によって確立されていきます。 侘茶は武士階級や大名に深く愛されるようになり、多くの弟子も誕生しました。 千利休といえば「茶道」という印象が強いという方もいらっしゃるかと思いますが、利休が独自の「茶の湯」を確立させたのは、60歳を過ぎてからだったこともわかっています。 利休自身も、それまでは先人たちに倣った従来の茶道をそのまま受け継いでいたのです。 また千利休は、茶道の作法や儀礼だけでなく、茶室や庭にも言及し理想形を追求しています。 茶室でいえば、利休は「草庵茶室」を心がけ、従来の茶室とは異なる極端に狭いスペースを求めました。 これはお茶をたてて飲むことだけに従事するようにと創案された茶室であり、明るさも自由に調整できるような窓も組み込まれています。 一方で、庭に関しても茶庭である「露地」にこだわりを見せています。 「露地」とは茶室の周りの庭のことをいうのですが、これを客へのもてなしの道とし、見事な風景を望めるようにしています。 千利休はもちろん茶の湯に関して、その作法や心構えについても説いています。 それが、「四規七則」という心得です。 この場合の「四規」とは和敬清寂の精神のことを指しており、お互い仲良く 和 、敬いあい(敬)、心を清らかにし(清)、どんな時にも動じないように(寂)するべしという教えとなります。 一方「七則」とは、以下のような7つの心構えについてを指しています。 ・茶は服のよきように点て 心を込めてお茶を点てましょう ・炭は湯の沸くように置き(茶の本質を見極めましょう) ・冬は暖かく夏は涼しく 季節感を大事にしましょう ・花は野にあるように入れ(命を尊びましょう) ・刻限は早めに(時間にゆとりを持ちましょう) ・降らずとも雨具の用意 やわらかい心を持ちましょう ・相客に心せよ 互いに尊敬しもてなしましょう 茶道は日本に現存している伝統芸能の中でも、「総合芸術」と言われています。 茶道に使う茶碗や茶室を彩る掛物は美術的に優れている物を選ぶため、まずそれを鑑賞する楽しみがあります。 また、茶室や庭などを整え優れた空間づくりをするという心構え、そして茶の席で摂る食事、もてなしの手前作法など、1回の場で数々の芸術に触れる機会があるのは茶道だけです。 これが茶道が総合芸術と称されるようになった所以です。 また、茶道には「三千家」と呼ばれる3つの代表的な流派があります。 それぞれ、「表千家」「裏千家」「武者小路千家」です。 これらは千利休の亡き後に確立されており、茶の点て方やお菓子を載せる器、茶筅(ちゃせん)などにいたるまで、それぞれが異なった定義を持っています。 現在は裏千家が主流となっており、茶道の教室などをみても裏千家が多くみられるようになっています。 日本人が親しみやすい茶道.

次の

茶道

茶道 歴史

茶道とは 「茶道」とは、日本の伝統的な様式に則り、亭主が客人にお茶を点(た)て振舞い、客人は亭主のおもてなしを受け、お茶をいただくことを言い、「茶の湯」とも言われます。 「茶道」では、お茶の点て方(点前)、いただき方、座り方、礼(お辞儀)の仕方、立ち方、歩き方の動作にも色々な決まりがあり、これを作法といいます。 この作法は、客人をもてなし、お茶をおいしく差し上げるため、また客人がもてなしを受け、お茶をおいしくいただくためにできたものです。 「茶道」は単にお茶を客人に振舞い、お茶をいただくだけではなく、亭主と客人との精神的な交流を重んじる精神性や思考、そのための茶室や庭、茶室のしつらえ、茶道具の選別や鑑賞、振舞われる料理や手前作法などの審美性が融合した総合芸術ともいえます。 また、客人をもてなす茶道の精神は、現代の日本人のおもてなしの精神にも通じています。 おもてなしの心に触れながら、お茶を楽しむことが、茶道では大切です。 お茶は中国から渡来し、鎌倉時代(1185-1333)には禅宗(臨済宗)と共にお茶を持ち帰った栄西により、禅宗と共にお茶も全国的に広まったといわれています。 そして、室町時代(1392-1491)には、中国からの「唐物」がもてはやされ、それを使用したお茶会が流行する一方で、「和物」といわれる日本製の茶道具を使用し、亭主と客人との精神的な交流を重んじる「わび茶」を村田珠光(1423-1502)が成立させ、茶室・茶道具も次第に派手で華美なものから、精神性を尊ぶ質素なものが尊重されるようになりました。 その後、その精神を武野紹鷗 1502-1555 が受け継ぎ、その弟子の千利休(1522-1591)が、安土桃山時代(1573-1603)に、「わび茶」を完成させました。 それが今日の「茶道」・「茶の湯」の礎となっているといわれています。 これまでに千利休の子孫による「表千家」「裏千家」「武者小路千家」のいわゆる「三千家」を始め、多くの流派が誕生し、今日でも広く人々に親しまれています。

次の