しぃアンテナ スマホ。 BSアンテナが壊れたので便利なスマホアプリを使ってBSアンテナ(BC45R)を簡単に交換する。4k8k非対応BSアンテナでも4k放送は見れるの?

5Gスマホ、アンテナに商機あり ミリ波対応で「AiP」必須に

しぃアンテナ スマホ

ワールドカップが始まってTVを見る時間が増えた。 スマホでTV番組を見たい。 が、問題が。 2018・ワールドカップロシア大会が始まってTV番組を見る時間が増えました。 部屋にTVもありますし、パソコンにもPT3があってTVも見れるんですが、パソコンデスクの上においてあり寝転びながらTVを見にくい。 わざわざTVやモニターを移動したくない。 そのため、スマホでTVを見たいんですが、部屋ではワンセグは映りますが、フルセグは電波状態が悪くて映らないことが多い。 地味にワールドカップは地上波でほとんどの試合をするので、スマホのワンセグやフルセグは大活躍しています。 自分がTVを見るために使っているスマホはfujitsuのARROWS NX F-01F。 これには元々アンテナ付きのイヤホンケーブルが付いているはずですが、自分は中古で買ったのでアンテナ付きイヤホンケーブルは付いていませんでした。 ARROWS NX F-01Fに付いているアンテナ付きイヤホンケーブルは多分これ。 これを買うのが一番安心ですが、値段が自分が見たとき(2018年6月25日)の値段が1700円もします。 さすがにちょっと高いので他に無いのか、と探してみたんですが これがよく売れていてレビューの評価もそれなりに高い。 多分、これを買えば大丈夫。 10cmと30cmがありますが、体感的にアンテナケーブルは長いほうが電波を拾いやすい気がするので30cmの方を選ぶべきだと思います。 これをヨドバシカメラに買いに行ったら10cmの奴しか売っていなかったので購入見送り。 ちなみにこのアンテナ付きイヤホンケーブルを挿してもイヤホン判定されず、スマホのスピーカーから音が出ます。 ですが、端末によって違うかもしれません。 一応、対応端末かどうか調べるのを忘れずに。 端末が対応していなかったら、ステレオミニプラグ付きのPCスピーカーを買うのがおすすめです。 昔はイヤホン、スマホのスピーカーを強制的に切り替えるアプリがあったようですが、最近のAndroidOSでは使えなくなっているようです。 アンテナケーブル付きイヤホンケーブルではなくイヤホンケーブルでもフルセグは見れる? 結論から言えば、見れます。 自分は家に転がっていた1m20cmくらいの普通のイヤホンケーブルでフルセグでポーランド対コロンビアの前半部分を電波的にはなんの問題もなく見ることができました。 外でもランニングやウォーキングのときにスマホに有線イヤホンを挿せば、大抵フルセグが見れるようになります。 だからイヤホンを付けながら、長時間スマホでTVを見たくない。 外でフルセグやワンセグを見るときにアンテナ代わりにイヤホンを使っていてもそれ程気にならないんですが、家の中では長時間イヤホンやヘッドホンを使うと疲れやすいですね。 それを何とかするために上に書いたとおり、ヨドバシカメラにアンテナ付きイヤホンケーブルを買いに行ったんですが、アンテナ付きイヤホンケーブルの長さが不安だった為、購入見送り。 100円ショップのダイソーで耳もとキューブスピーカーを購入。 で、ヨドバシカメラに買い物の途中に気づいたんですが、別にアンテナ付きイヤホンケーブルでなくてもいいだろう、という事に気づきました。 要は、テレビアンテナの代わりのそれなりの長さのケーブルとイヤホンを付けずにスマホのフルセグの音を聞ければいいわけです。 なら、普通にステレオプラグ付きのスピーカーを使えばいいだろう、と思いつき、早速ダイソーへ(昔は家にPC用のステレオプラグ付きのスピーカーがあったんですが、処分して無くなってしまった) で、買ったのが耳もとキューブスピーカー。 まあ、これで大丈夫だろう、と思って購入し、家で早速試してみましたが・・・。 ここで又、問題発生。 電波的には大丈夫でした。 耳もとキューブスピーカーを付ける前はこんな感じで、全く映らなかったり、ノイズまみれで映ったり。 耳もとキューブスピーカーのステレオミニプラグをスマホのイヤホンジャックに挿すとしっかりフルセグの電波を捉え番組がみれます。 じゃあ、問題って何? それは、音が全然聞こえない。 耳もとキューブスピーカー、の商品名のとおり、かなり耳に近づけないと聞こえません。 確かにパッケージには「本品は音を大きくするための商品ではございません」と書いてありましたが、この小ささはちょっと予想外でした。 これでは使い物にならないので、この案はボツに。 さて、どうしようか、と考えて、一つ思いつきました。 それはイヤホンのケーブルを途中で切ったら大丈夫じゃないか? 普通イヤホンをスマホに挿すと音はスマホのスピーカーからではなくイヤホンから聞こえます(当たり前) イヤホンを挿した時点で、スマホがイヤホン判定をして、イヤホンから音が出るようになるわけです。 それを途中でカットしてやれば、イヤホンケーブルをスマホのイヤホンジャックに挿しながら、スマホから音声が出せるんじゃないか? で、この方法の問題としてイヤホンのどこの部分でスマホはイヤホンをイヤホンと判断しているのか?という所。 今まではなんとなくイヤホンジャックに挿すステレオミニプラグの部分で判断するんだろうな、と思っていましたが・・・結果から言えばそれは間違いでした(あくまで自分が使っているイヤホンはです) イヤホンケーブルを途中で切断したら、スマホにイヤホンケーブル挿してもイヤホンと判定されなかった。 そこら辺に転がっていた昔ドスパラで買った300円のイヤホンのイヤホンケーブルを途中で切断。 場所はイヤホンのケーブルが二股になる少し手前の部分。 テキストだけだとわかりにくいので画像も。 この部分。 で、切断したイヤホンケーブルをスマホのイヤホンジャックに挿す。 これでスマホが切断したイヤホンケーブルをイヤホン判定せずに、スマホのスピーカーから音が出るようになりました。 チャンネルは変わっていますが、フルセグの電波強度。 やっぱりチャンネルによって電波の強さは違うようです。 自分のへやではTBSが弱かった。 フジ系の仙台放送は電波強め。 まあ、スマホを床じゃなくて少し高めのテーブルに載せたら、TBSでもしっかり映るようになりましたけどね。 ダイソーのイヤホンケーブルを途中で切断したらイヤホン判定されて失敗。 昔、100円ショップのダイソーで買ったどこでも売っているイヤホン。 こちらも切断。 こちらをスマホに挿したら、なんとイヤホン判定されてしまい、スマホから音が出ない。 赤い方はイヤホン判定されなかったイヤホン。 フルセグの電波強度の隣にイヤホンマーク無し。 ダイソーで買った青いイヤホン。 電波強度の近くにイヤホン判定マークあり。 要は信号を送る企画の違いらしいですが、3本線の4極プラグの方は規格が統一されてないらしいです。 線2本の方は3極プラグというらしいです。 今まで、ステレオプラグとモノラルプラグの違いしかわからなかった(笑) さすがに沢山実験はできないので、イヤホンの切断はこれでオシマイ。 大事なことなんですけど、 あくまで自分の持っているイヤホンのイヤホンケーブルを途中で切断したら、スマホからイヤホン判定されなかった、というだけです。 他のイヤホンでイヤホンケーブルを切断してもどうなるか、こちらではわかりません。 あくまで自己責任ということでお願いします。 失敗したくない人はアンテナ付きイヤホンケーブルを買いましょう。 アンテナ付きイヤホンケーブルなら、イヤホンを挿さない限りスマホのスピーカーから音が出るはずです。 端末が対応していなかったら、ステレオミニプラグ付きのPCスピーカーを買うのが正解かもしれません。 昔はアプリでイヤホン、スピーカーを切り替えできたようですが、今はできないことが多いようです。 ただ、最近USBで音声入力するPCスピーカーも多いので、そこは注意してください。 耳もとキューブスピーカーのケーブルを切断してイヤホンジャックに挿したらイヤホンと判定された。 試しにダイソーで買った耳もとキューブスピーカーのケーブルを途中で切断して、スマホのイヤホンジャックに挿して見ましたが、イヤホン判定されてしまいスマホからは音が出ませんでした。 こんな感じで切断。 どうせ音が小さすぎて使えないし。 他に試したのは オーディオ分岐ケーブル。 こちらもイヤホン判定されました。 あと片方がステレオプラグになっていて、片方が赤と白のプラグになっているオーディオケーブル。 こちらもイヤホン判定されました。 こういう奴。 100円ショップで買ったリール型のオスーオスのオーディオプラグ。 こちらもイヤホン判定されてしまい、スマホのスピーカーから音が出ませんでした。 yodare0.

次の

この10年の間にiPhoneがもたらしたサプライズ!

しぃアンテナ スマホ

テレビチューナー内蔵のAndroidスマートフォンは根強い人気があります。 動画配信サービスとは異なり大量のパケットを消費する心配がない、ニュースやスポーツ中継など独自のコンテンツがある、など理由はさまざまですが、自分専用で場所を選ばず使えるスマートフォンに適したアプリケーションであることは確かです。 そんなAndroidスマートフォンでのテレビ視聴ですが、付属の「アンテナケーブル」を3. 5mmイヤホンジャックとイヤホンの間にセットし、テレビアンテナとして使うというスタイルで行います。 アンテナケーブルといっても、一見短めの延長ケーブルで作りはシンプル。 しかし、わざわざ付属するからにはなんらかの仕掛けがあるはずです。 その答えは、アンテナケーブルの端子部分にあります。 一般的なイヤホンプラグ(ステレオミニプラグ)は3極ですが、アンテナケーブルは4極。 このうち2極を使い、イヤホンケーブルが受信した地デジ信号をスマートフォン内部のテレビチューナーへと伝えるのです。 アンテナケーブルを省いて直接イヤホンをスマートフォンに接続しても地デジ信号を受信できますが、イヤホンから聴こえるテレビの音声は片方のチャンネルのみとなります。 なお、Type-C端子に接続するタイプのアンテナケーブルも存在しますが、ステレオミニプラグ変換アダプタとしての機能が追加されていることを除けば、基本的なしくみは同じです。 利用するイヤホンのケーブル長や被膜の素材によって受信感度が変わることも同じですから、いちど試してみては?.

次の

アンテナ

しぃアンテナ スマホ

ワールドカップが始まってTVを見る時間が増えた。 スマホでTV番組を見たい。 が、問題が。 2018・ワールドカップロシア大会が始まってTV番組を見る時間が増えました。 部屋にTVもありますし、パソコンにもPT3があってTVも見れるんですが、パソコンデスクの上においてあり寝転びながらTVを見にくい。 わざわざTVやモニターを移動したくない。 そのため、スマホでTVを見たいんですが、部屋ではワンセグは映りますが、フルセグは電波状態が悪くて映らないことが多い。 地味にワールドカップは地上波でほとんどの試合をするので、スマホのワンセグやフルセグは大活躍しています。 自分がTVを見るために使っているスマホはfujitsuのARROWS NX F-01F。 これには元々アンテナ付きのイヤホンケーブルが付いているはずですが、自分は中古で買ったのでアンテナ付きイヤホンケーブルは付いていませんでした。 ARROWS NX F-01Fに付いているアンテナ付きイヤホンケーブルは多分これ。 これを買うのが一番安心ですが、値段が自分が見たとき(2018年6月25日)の値段が1700円もします。 さすがにちょっと高いので他に無いのか、と探してみたんですが これがよく売れていてレビューの評価もそれなりに高い。 多分、これを買えば大丈夫。 10cmと30cmがありますが、体感的にアンテナケーブルは長いほうが電波を拾いやすい気がするので30cmの方を選ぶべきだと思います。 これをヨドバシカメラに買いに行ったら10cmの奴しか売っていなかったので購入見送り。 ちなみにこのアンテナ付きイヤホンケーブルを挿してもイヤホン判定されず、スマホのスピーカーから音が出ます。 ですが、端末によって違うかもしれません。 一応、対応端末かどうか調べるのを忘れずに。 端末が対応していなかったら、ステレオミニプラグ付きのPCスピーカーを買うのがおすすめです。 昔はイヤホン、スマホのスピーカーを強制的に切り替えるアプリがあったようですが、最近のAndroidOSでは使えなくなっているようです。 アンテナケーブル付きイヤホンケーブルではなくイヤホンケーブルでもフルセグは見れる? 結論から言えば、見れます。 自分は家に転がっていた1m20cmくらいの普通のイヤホンケーブルでフルセグでポーランド対コロンビアの前半部分を電波的にはなんの問題もなく見ることができました。 外でもランニングやウォーキングのときにスマホに有線イヤホンを挿せば、大抵フルセグが見れるようになります。 だからイヤホンを付けながら、長時間スマホでTVを見たくない。 外でフルセグやワンセグを見るときにアンテナ代わりにイヤホンを使っていてもそれ程気にならないんですが、家の中では長時間イヤホンやヘッドホンを使うと疲れやすいですね。 それを何とかするために上に書いたとおり、ヨドバシカメラにアンテナ付きイヤホンケーブルを買いに行ったんですが、アンテナ付きイヤホンケーブルの長さが不安だった為、購入見送り。 100円ショップのダイソーで耳もとキューブスピーカーを購入。 で、ヨドバシカメラに買い物の途中に気づいたんですが、別にアンテナ付きイヤホンケーブルでなくてもいいだろう、という事に気づきました。 要は、テレビアンテナの代わりのそれなりの長さのケーブルとイヤホンを付けずにスマホのフルセグの音を聞ければいいわけです。 なら、普通にステレオプラグ付きのスピーカーを使えばいいだろう、と思いつき、早速ダイソーへ(昔は家にPC用のステレオプラグ付きのスピーカーがあったんですが、処分して無くなってしまった) で、買ったのが耳もとキューブスピーカー。 まあ、これで大丈夫だろう、と思って購入し、家で早速試してみましたが・・・。 ここで又、問題発生。 電波的には大丈夫でした。 耳もとキューブスピーカーを付ける前はこんな感じで、全く映らなかったり、ノイズまみれで映ったり。 耳もとキューブスピーカーのステレオミニプラグをスマホのイヤホンジャックに挿すとしっかりフルセグの電波を捉え番組がみれます。 じゃあ、問題って何? それは、音が全然聞こえない。 耳もとキューブスピーカー、の商品名のとおり、かなり耳に近づけないと聞こえません。 確かにパッケージには「本品は音を大きくするための商品ではございません」と書いてありましたが、この小ささはちょっと予想外でした。 これでは使い物にならないので、この案はボツに。 さて、どうしようか、と考えて、一つ思いつきました。 それはイヤホンのケーブルを途中で切ったら大丈夫じゃないか? 普通イヤホンをスマホに挿すと音はスマホのスピーカーからではなくイヤホンから聞こえます(当たり前) イヤホンを挿した時点で、スマホがイヤホン判定をして、イヤホンから音が出るようになるわけです。 それを途中でカットしてやれば、イヤホンケーブルをスマホのイヤホンジャックに挿しながら、スマホから音声が出せるんじゃないか? で、この方法の問題としてイヤホンのどこの部分でスマホはイヤホンをイヤホンと判断しているのか?という所。 今まではなんとなくイヤホンジャックに挿すステレオミニプラグの部分で判断するんだろうな、と思っていましたが・・・結果から言えばそれは間違いでした(あくまで自分が使っているイヤホンはです) イヤホンケーブルを途中で切断したら、スマホにイヤホンケーブル挿してもイヤホンと判定されなかった。 そこら辺に転がっていた昔ドスパラで買った300円のイヤホンのイヤホンケーブルを途中で切断。 場所はイヤホンのケーブルが二股になる少し手前の部分。 テキストだけだとわかりにくいので画像も。 この部分。 で、切断したイヤホンケーブルをスマホのイヤホンジャックに挿す。 これでスマホが切断したイヤホンケーブルをイヤホン判定せずに、スマホのスピーカーから音が出るようになりました。 チャンネルは変わっていますが、フルセグの電波強度。 やっぱりチャンネルによって電波の強さは違うようです。 自分のへやではTBSが弱かった。 フジ系の仙台放送は電波強め。 まあ、スマホを床じゃなくて少し高めのテーブルに載せたら、TBSでもしっかり映るようになりましたけどね。 ダイソーのイヤホンケーブルを途中で切断したらイヤホン判定されて失敗。 昔、100円ショップのダイソーで買ったどこでも売っているイヤホン。 こちらも切断。 こちらをスマホに挿したら、なんとイヤホン判定されてしまい、スマホから音が出ない。 赤い方はイヤホン判定されなかったイヤホン。 フルセグの電波強度の隣にイヤホンマーク無し。 ダイソーで買った青いイヤホン。 電波強度の近くにイヤホン判定マークあり。 要は信号を送る企画の違いらしいですが、3本線の4極プラグの方は規格が統一されてないらしいです。 線2本の方は3極プラグというらしいです。 今まで、ステレオプラグとモノラルプラグの違いしかわからなかった(笑) さすがに沢山実験はできないので、イヤホンの切断はこれでオシマイ。 大事なことなんですけど、 あくまで自分の持っているイヤホンのイヤホンケーブルを途中で切断したら、スマホからイヤホン判定されなかった、というだけです。 他のイヤホンでイヤホンケーブルを切断してもどうなるか、こちらではわかりません。 あくまで自己責任ということでお願いします。 失敗したくない人はアンテナ付きイヤホンケーブルを買いましょう。 アンテナ付きイヤホンケーブルなら、イヤホンを挿さない限りスマホのスピーカーから音が出るはずです。 端末が対応していなかったら、ステレオミニプラグ付きのPCスピーカーを買うのが正解かもしれません。 昔はアプリでイヤホン、スピーカーを切り替えできたようですが、今はできないことが多いようです。 ただ、最近USBで音声入力するPCスピーカーも多いので、そこは注意してください。 耳もとキューブスピーカーのケーブルを切断してイヤホンジャックに挿したらイヤホンと判定された。 試しにダイソーで買った耳もとキューブスピーカーのケーブルを途中で切断して、スマホのイヤホンジャックに挿して見ましたが、イヤホン判定されてしまいスマホからは音が出ませんでした。 こんな感じで切断。 どうせ音が小さすぎて使えないし。 他に試したのは オーディオ分岐ケーブル。 こちらもイヤホン判定されました。 あと片方がステレオプラグになっていて、片方が赤と白のプラグになっているオーディオケーブル。 こちらもイヤホン判定されました。 こういう奴。 100円ショップで買ったリール型のオスーオスのオーディオプラグ。 こちらもイヤホン判定されてしまい、スマホのスピーカーから音が出ませんでした。 yodare0.

次の