夜桜 たま 転生。 夜桜たまの引退理由は運営とのトラブル?復帰の可能性と今後は?.LIVEと契約解除で事実上の引退か

柾花音と楠栞桜が嫌いだ|夏みかん|note

夜桜 たま 転生

実際何が有ったのかはわかりません。 なので全て推測でしか話せません。 猫乃木もちさんは歌や演技の面でもっと活発に活動したかったけれど、アイドル部のhPaの様に歌を制限し特別感を持たせるプロデュース方針のため活発に活動できず、契約が枷になっていたのだと思います。 仲が良かった八重沢なとりさんは学力テストでの「おいそこの猫」や配信の中での話から、リアルでの交流も深かった様ですし、自分のやりたい事を契約の枷なしにもっと活発にやって行ける様に、限られた若い時間をもっと全力で生きるために、前向きな意味で契約解消に至ったと一定の理解をしているのではないかと思います。 夜桜たまさんはもっと長時間配信をしたい、もっと頻繁に配信したいと言っていた事があります。 また、どうも半年程前からダンスレッスンやボイトレが多くなっていた様ですし、たまさんはどちらも苦手で心身にも時間的にも負担だったのではとも思えます。 北上双葉さんは動く姿を見せたい見せられそうと喜んでる面がありましたし、メンバー達がやりたい事とたまさんがやりたい事がどんどん乖離して行く負担が一因だったのかもしれません。 連日の様に2~6時間麻雀を中心にTRUE REMENBRANCEの続きの朗読配信などをする様になるのではないかと思います。 限られた人生を生きる上で、アイドル部のプロデュース方針に納得しているメンバー達と、本当に本人がやりたい事の乖離が大きい子が契約解消したのではないかと私は思えます。 1年半は若い子達にはとても大切で長い時間です。 大部分の男性視聴者層とは時間の感覚が全く違うのかもしれません。 私個人は、本人達が自分のやりたい事にもっと全力になれる様にという、前向きな契約解消なのではないかと思います。 そう思いたいと思います。 牛巻りこさんの活動休止は入院沙汰や点滴沙汰など過労は前々から有ったと思います。 ただ勤務先からVR機材を借りて使ってみたり、事務所も光学センサーが整ったり、配信で色々なプログラムを使ったり、自身のモデルを回転~移動で飛んで見せたり、この界隈でいずれ進むVRLive配信を最初にやっていた先輩の事務所に居る事は、やりたい事をやれる将来性を感じていると思います。 ただ牛巻りこさんが本気でやれる技術の限りの配信をしてしまうと、アイドル部のイメージが壊れる様な事をしてしまったり、他の子にも同じ事をやって欲しいという要望が来ると不平不満の元になってしまう恐れがあって、現状自由に全力で配信に技術を利用する事が制限されているのではないかとも思います。 夜桜たまさんはアイドル部の事を大切にしていました。 だからずっとやりたい事と違う負担が有っても我慢し続け、そこに更に負担が増え限界になった所で、希望 ソロライブ を与えられ失望を与えられた事で、心が折れたのではないかと思います。 そういう流れだったのではないかと。 行き過ぎた献身は自分を幸せにはしません。 たまさんは家庭の境遇的にも一番無理な献身をしやすいと思います。 たまさんは残されるメンバー達にも先輩にも可能な限り前向きな説明をしていたのではないかと思います。 もちさんとなとりさんの表に見えない親しい距離感があったりする様に、たまさんとちえりさんや双葉さんとの間にも表に見えないそれが有ったのだと思います。 ピノさんが2日に言った様に、運営はこれまでも親馬鹿に色々な事を叶えて来ました。 しかし12人も居れば多数決の意思決定は少数派に無理を強いるのが常です。 活動開始時にした契約を解消する事で2人を自由に活動できる様にする事は、子供を思い通りにしようと縛り脅す親に比べれば、自由に羽ばたかせる親馬鹿な気持ちもある様に思えます。 また卒業という言葉を使わせなかったのは、私はたまさんじゃないかと思います。 仲の良かった双葉さんやちえりさんは卒業せず在籍するのに自分達だけ卒業というのは皆で守って来た世界観の形を壊す事になるから、メンテちゃんなどのワードの様にあくまで現実的なメタ部分として契約解消という言葉を使って下さいと強く強く強いたのはたまさんなのではないかと。 私個人の見て来た範囲での推測による質問への回答は以上となります。 あと少しだけ返信で追記するつもりです。 運営は2014年頃にかなり開発が進んでいたと思われるスマホゲームのメインキャラから、2017年6月にVTuberデビューさせ、サブキャラから2018年4月にアイドル部をデビューさせました。 もし、1年後にたまさんが新たにVTuberとして活動し始めたなら、ちえりさん、双葉さん、牛巻とはコラボ配信を幾度か組む可能性はあると思います。 可能ならもちさんとなとりさんも。 説明を誤るとマルチアカウントで荒らしている人達が騒ぐので説明不足がどんどん積み重なっている様に思えます。 若さへの注目、若さを失っても続く人生と将来と生活費と報酬と現実と説明不可な点も多々有るでしょう。 今後も十分な説明がされるか不明ですが、私はこの運営ならば別の形の「続き」がいつかあってもおかしくはないと思っています。

次の

楠栞桜&柾花音、アイドル部の今後について|みた|note

夜桜 たま 転生

楠栞桜中の人(前世)は夜桜たまだった! 楠栞桜中の人(前世)は夜桜たまと、特定されました。 本人も隠すつもりないですが、転生に至った理由が所属運営からの契約解除という、揉めた過去があるので、積極的にも言いたくない様子です。 楠栞桜は2019年12月24日に友人の柾 花音(まさき かのん)と声のみでデビュー配信を行い、2020年1月17日に彼女のチャンネルでVtuberとして、デビューを果たしました。 それからは、やはり経験者として新人らしからぬ勢いで活躍中です。 麻雀界の救世主になると言われています。 「よん」自身がTwitterで自身が夜桜たまだと暴露したからです。 既に該当のTwitterアカウントは削除されており、実物を見ることは不可ですが、内容は以下の通りです。 — よん AgyoKagyoSagyo 言ったらネタにされそうで尺だから絶対言いたくなかった — よん AgyoKagyoSagyo さらに、ニコニコ動画でリークされた動画によって、「よん」が「てんま」という人物(男性)と頻繁にゲームをしていたことが追跡されました。 夜桜たまのsteamIDを捜索をしていたら、「夜桜たま」=「よん」と特定されたので、 「よん」=「夜桜たま」=「楠栞桜」と特定されました。 nicovideo. モザイクがカカているけど、美形なのは隠せていないです。 楠栞桜も髪が長いように、中の人も髪は長いですね。 本人も隠すつもりないですが、転生に至った理由が所属運営からの契約解除という、揉めた過去があるので、積極的にも言いたくない様子です。 夜桜たまのsteamIDを捜索をしていたら、「夜桜たま」=「よん」と特定されたので、 「よん」=「夜桜たま」=「楠栞桜」と特定されました。 事務所に所属しない個人勢で、麻雀最強戦2020公式アンバサダーにも就任し、今後麻雀界の最強女王に君臨しそうですね。 Vtuberとしても、雀士としても今後の活躍が楽しみです。

次の

【朗報】アイドル部の猫乃木もちさんが、VTuber・柾花音さんに転生しました!

夜桜 たま 転生

Live所属の猫乃木もちとは?. Live所属の猫乃木もちさんは、2018年5月6日にデビューして以来、アイドル部メンバーとして活躍しておりました。 金髪のサイドポニーに、短いスカートとギャルっぽい見た目の女性VTuberですが、なぜか赤い猫耳が生えている。 本人曰く、いつの間にか生えていた また、ギャルっぽい見た目に違わぬハキハキとした元気な性格をしており、言葉遣いやツイートから「いかにもギャル」という印象を受ける。 しかしながら、子供っぽい一面も持ち合わせており、ギャップに魅了されたリスナーも多い。 ・嫌いな食べ物がピーマンである。 ・機械音痴である。 突然の引退!? そんな猫乃木もちさんですが、なんと2019年12月4日に突如引退をしました。 このとき、同じアイドル部所属のVTuberである夜桜たまさんも引退しております。 引退の理由として、運営からの説明は「猫乃木もちさん本人の希望」とのことでした。 しかしながら、引退する以前、アイドル部メンバーと運営間でトラブルが発生し2019年10月ごろから猫乃木もちさん、夜桜たまさんは活動を休止しておりました。 そして、突如引退へと至りました 残念ですが... では、柾花音さんについて深堀していきましょう! 柾花音はVTuberじゃない? 柾花音さんは、「普通の19歳の女の子」と公言しており、自身がVTuberであることを否定しております。 また、同時デビューをした麻雀系VTuberの楠栞桜さんとは違って、麻雀やゲーム実況には力を入れず、歌や芝居、バイノーラルマイクを活用したコンテンツ作成などに力を入れるとのこと。 しかしながら、当サイトでは広義の意味として「VTuber」という用語に統一しているため、「柾花音=VTuber」といたします。 脱線してVTuberの定義についてお話しましたが、柾花音さんの活動についてお伝えします。 柾花音さんは、YouTubeチャンネル「まかのん channel(仮)」を開設しておりますが、名前通りまだ仮チャンネルのため、動画投稿等はされておりません。 そのため、現在活動している場はツイキャスとなっており、雑談配信をしている。 今後、YouTubeチャンネルなどで活動の場を広げていくでしょう。 ぜひ、注目していきたいです。

次の