ライン アイコン 性格。 LINE(ライン)アイコンで心理がわかる?男性女性別心理23選&アイコンを変える理由

なんであえてその写真!?LINEのアイコンで性格がわかる!?

ライン アイコン 性格

ほとんどの人が使っているLINE! だからこそ、ちょっと気になっちゃうのがLINEのアイコン写真です。 おしゃれな画像や、友達や恋人と写った写真を登録している人もいて、本当に人によって様々。 しかし、実はアイコンの画像によってその人の性格や個性が分かるって知っていましたか? ここでは、LINEのアイコン画像で分かる性格像を詳しく紹介していきます! LINEのアイコンって十人十色!でもよく見てみると・・・ 友達のLINEアイコンってすごく個性的ですよね。 アニメのキャラクターの画像であったり、綺麗な景色の写真であったり、友達や恋人と一緒に写った写真であったり・・・。 しかし、よく見てみると画像によってその人の性格が顕著にあらわれていることが多いです。 普段は見せていない一面が、ふとしたところで出てしまうこともあります。 下記では、LINEのアイコンごとにその人の隠された性格をご紹介していきます。 例えば、自撮りアイコンの場合。 こういった写真をLINEのアイコンに設定している人は、「自己顕示欲・承認欲求がかなり強い」ことが分かります。 普段はそんな態度は見せないだけで、本当は誰かに見られたい・認められたいという思いがあるのです。 それでは、他の写真を設定している人は、一体どのような性格なのでしょうか? 詳しくご紹介していきます。 アイコン画像3タイプ LINEのアイコン画像を大きく分けると以下のようになります。 自撮りにせよ、他人と映っているにせよ、自分が映っている写真をLINEのアイコン画像にする人は「みんなに見てもらいたい」という思いが少なからずあります。 故に、自分が映っている写真をアイコンにするのです。 それでは、他の写真についても詳しく見ていきましょう。 ばっちりキメ顔な自撮り写真 ばっちりキメ顔な自撮り写真をLINEのアイコン画像にしている人は、ちょっと承認欲求が強い傾向にあります。 「自分のことを見てほしい」 このような思いがあるため、無意識のうちにLINEのアイコン画像を自撮りにしてるのかも! 逆に言うと、「自分の世界を持っている」「自分に自信を持っている」という心理のあらわれでもあります。 誰かに撮ってもらった写真 自撮りよりもナチュラルで、自己顕示欲はそこまで高くないと言えますが、モデルみたいに背景もバッチリ決まってる場合は、他人から見られる自分を強く意識しているタイプかもしれません。 「普通の女の子じゃ、変顔なんてしないでしょ?でも私は違うよ」 「変顔だって普通に出来るから、もっと見てほしい」 このような心理が働いているため、あえて変顔の写真をアイコンにするのかも! ピースで顔を隠したり、後ろ向きの写真 ピースで顔を隠したり、後ろ向きの写真は「恥ずかしいけど、やっぱりいろいろな人に見てもらいたい」という性格を表しています。 顔をだすのは恥ずかしいけど、ファッションや髪型に注目してほしい・・・自撮り女子よりも若干面倒な性格なのが特徴的です。 大人数で映った写真 大人数で映った写真をアイコンにしている人は、「人とうまく関われる私」をアピールしている可能性が! 周りから「大人数の人でも仲良くなれるいい人なんだ」と思われたい、という心理が働いているため、このような写真をあえて登録するのかも! もちろん、そんな気もなくただ一人の写真が気恥ずかしくて大人数の写真にしていることも多いです! ウエディングフォトやカップルの写真 ウエディングフォトやカップルの写真をアイコンにしている人は、「今のしあわせを伝えたい」という心理が働いているのかも。 犬や猫などの自分のペットの写真 犬や猫などの自分のペットの写真をLINEのアイコン画像にしている人は、寂しがり屋な性格であることが多いです。 犬や猫といったペットは、無条件で愛情を得れる生き物。 故に、「誰かから無償の愛情を受け取りたい」「寂しいから誰か構ってほしい」という心理が働き、あえてペットの写真を登録するのかも! コアラ、パンダなどの可愛い動物の写真 コアラやパンダなどの可愛い動物の写真は、「誰かに話しかけられたい」という性格を表しています。 可愛い動物の写真を登録しておけば、いろいろな人から「その画像かわいいね?どこで撮ったの?」って言われますしね。 ライオンやシマウマなどワイルドな動物の写真 逆に、 ライオンやシマウマなどのワイルドな動物の写真は、「自分を強く見せたい」という性格を表しています。 きれいな花の写真 綺麗な花の写真をLINEのアイコンにしている人は、温和な性格であることが多いです。 小さなモノでも慈しめる心を持っているからこそ、あえて花の写真を登録するのかも! 樹木や葉っぱなど緑の写真 樹木や葉っぱなど緑の写真をアイコンにしている人は、控えめかつ努力家な性格を表しています。 葉っぱや樹木は、長い年月を経て密かに成長していきます。 内向的ながらも努力家な性格が無意識にあらわれるため、LINEのアイコンで緑系の写真を登録するのかも! おわりに 今回は、LINEのアイコン画像で分かる性格像をご紹介していきました! LINEのアイコンは、その人の性格が顕著にあらわれます。

次の

男性がLINEのアイコンを変える心理10選!性格も分かっちゃう! | 女子のカガミ

ライン アイコン 性格

えむ心理研究室室長、臨床心理士の石割美奈子と申します!よろしくお願い致します。 スポーツトレーナー、メンタルコーチ、心理相談員の経験を経てさらに心理学を深く学ぶ必要性を感じ、東京国際大学大学院臨床心理学研究科(博士課程前期)を修了。 臨床心理士の資格を得て、心理カウンセラー、メンタルコーチ、スポーツメンタルトレーナー(テニス・バレーボール等)、およびプロ家庭教師として活動しております。 2013年、心理学・教育学・スポーツ科学の統合的な研究と専門性を活かしたメンタルサポートをポリシーとする「えむ心理研究室」を立ち上げました。 【臨床心理士および「家庭教師カウンセラー」として】 心理カウンセラーとしては、精神分析を専門としており、主にカフェにてカジュアルなかカウンセリングを提供しています。 訪問心理療法、オンライン相談も承っております。 また、全国でも珍しい【臨床心理士でありプロ家庭教師でもある「家庭教師カウンセラー」】として、ご近所から遠方にお住いの方まで、幅広く学習支援と心理的な支援を同時にさせて頂いております。 得意な相談内容は以下のとおりです。 ・不登校・ひきこもりの方と親御さんの支援 ・発達の特性を持つ方と親御さんの支援 ・夫婦関係の改善支援 ・親子関係の改善支援 ・精神分析的リワーク(復職支援) ・職場の人間関係の改善支援 日常生活ではなかなか得られない、心理的な洞察を深める和やかな相談時間をお約束します。 日本では「カウンセリング」というとまだまだ抵抗のある方も多いかと存じますが、より充実した日々を送るためのツールのひとつととらえて頂ければ光栄です。 どうぞお気軽にご相談ください。 【メンタルコーチとして】 スポーツ選手の方、 難関校合格を目指す大学受験生さん、 コミュニケーションに課題を感じる方を対象に、 メンタルコーチングをさせて頂いております。 勝利のために、夢を叶えるために、より良い対人関係のために。 精神分析を主軸とした自己洞察やイメージトレーニング、ロールプレイングなどを通じて一緒にがんばってまいります * コラムlatteでは心理学関連の記事を担当させていただきます。 jimdo.

次の

LINEのアイコンでわかる!深層心理とは? |愛カツ

ライン アイコン 性格

不自然でない自撮り写真は、やっぱり自分で撮った方が良いタイミングで撮れ、何度でもやり直しがきくので、少しでも良い自分を見せられるようにと、自撮り写真に力を注いでいる女性は多くいます。 一番自分の良い角度で撮れ、まさに自分の長所を存分にアピールできるのは、大きなメリットです。 最近では、スマホで撮ってアプリで簡単に写真が加工できるので、目をちょっと大きくしたり肌を綺麗にしたりすることが可能です。 しかし、 気合を入れすぎてしまうと、男性がちょっと引いてしまうこともありますので、デコレーションや加工のやり過ぎには気をつけてください。 上手に自然な自撮りをするポイントは、 照明の色は自然光、もしくは白色灯がおすすめです。 肌だけでなく全体的に温かみのある色に見えます。 蛍光灯だと寒々しく、暗い印象になるので注意してください。 角度に関しては、真正面からアップで撮った写真は自分好き過ぎるという印象を与えがちなので、 一般的な撮り方として、斜め上からのショットがベストです。 逆にラインのアイコンをずっと変えない人もいます。 そういう人は ラインにあまり依存していない人です。 精神的に自立しており、ラインアイコンの変更に依存しないということです。 また「 浅い付き合いが嫌い」という考えもあります。 ラインだけに限らず、 気に入ったものは長く大事にしたいという心理も鑑みられ、 とても信頼が置けます。 仕事やアルバイトにとても忙しく、趣味や好きなものに掛ける時間がないので、更新することがない可能性もありますが、 アイコンを頻繁に変えると自分を覚えてもらえないというリスクを考えてそのままにしている方もいます。 いつもコンタクトをとっていた人のアイコンが変わると、いつの間にか見逃すようになってしまいます。 これは、他のSNSでも同じです。 つまり、それだけ「 アイコンは人のイメージ」 として定着しているということです。

次の