ヒートスティック ヒーツ 違い。 IQOSに新フレーバー、ヒートスティック【HEETS】6種類の商品レビュー|いまいちど.ログ

海外でしか手に入らないIQOSヒートスティック【HEETS】入手!マルボロとのフレーバーの違いを徹底チェック!最大の違いは葉の巻き方にあった

ヒートスティック ヒーツ 違い

HEETS ヒーツ は、フィリップモリスから新たに登場したアイコス IQOS で使えるヒートスティックのタバコだ。 フラットなデザインを採用したパッケージは、どこか若々しく弾けるような印象を受ける。 HEETSを含めたヒートスティックは、火は使わないもののフィリップモリスが販売をする歴としたタバコ製品だ。 未成年の喫煙は法律により認めておらず、吸えば吸うほどに依存症を引き起こしてしまう製品だ。 非喫煙者並びに未成年者は、もし周りに進められても頑なに拒むようにしよう。 お金と時間を消費するだけで何もいいことはない。 アイコス IQOS で使用できる加熱式たばこであるヒートスティックは、日本ではマルボロのブランドのみが販売されていたが、2018年10月22日より一部地域でHEETSブランドのヒートスティックを手に入れることができるようになった。 肩身の狭い喫煙者に追い打ちを掛けるかのようにタバコの増税が施行され、マルボロのヒートスティックも500円の価格をつけるようになった昨今、満を持して日本市場に登場したのがHEETSブランドとなる。 日本での価格はマルボロに比べて30円安い470円と設定されており、価格だけでもHEETSに魅力を感じる方も多いのではないだろうか。 元々はイギリスで販売されていた物と同じようなのだが、その辺りの詳細は不明だ。 残念ながら販売地域は限定的で、都市部を完全に除くような形で西の方 と、なぜか北海道 を陣取っており、東京などでは あまりお目にする機会のない物となっている。 HEETSの全体的な印象 冒頭でも述べたようにパッケージその物が味になっているように覗える。 どれを嗜んでも全体的に少なからず酸味を感じることができる。 葉由来の物なのか、それとも香料による物なのかは定かではないが、マルボロのヒートスティックに比べて軽やかだが角の立った印象を受ける。 マルボロのヒートスティックを嗜んだ際に、どうしても従来の紙巻きタバコと比べがちになってしまうのだが、ヒーツに限っては「タバコとは本来こういう物なのだ。 」と別枠で考えてしまう印象を受けたのが一番大きな違いだろう。 その違いは何なのかを比較していったところ、マルボロのヒートスティックにあるトウモロコシ臭というか芋臭というか、何かを蒸したときに出るような香りがヒーツでは幾分抑えられており、これが違和感を感じない一番の理由かもしれない。 HEETSの立ち位置は ヒーツはメンソールを使用しないレギュラーを主体としたラインナップだ。 紙巻きタバコではレギュラーを嗜んでいた方が、アイコスでは物足りなさを感じてメンソールを嗜むようになることはよく聞く話だったが、ヒーツを試すとレギュラーに戻る方が増えるのではないかと感じられた。 もう一つの特徴は、ヒーツは非喫煙者に煙たがれない存在に一歩近づいたヒートスティックかもしれないという事だろう。 こんなことを言ってしまうと多方面から怒られるのかもしれないが、マルボロのヒートスティックは非喫煙者や喘息持ちの方に少なからず煙たがれていた存在だ。 普通のタバコの煙では「臭い」意外に何の反応も示さない非喫煙者が、マルボロのヒートスティックでは咳き込んだり体調を崩してしまう方が私の周りにも多くいた。 それがヒーツに関しては、ほとんど確認できなかった。 とはいえ、副流煙は良い物ではない。 極力風下へ移動したり離れた場所で嗜むように、できる限り心がけたい。 HEETSの味 概ね上で述べたとおりの味だ。 非喫煙者に加熱していない新品のヒートスティックを嗅いでもらったところ、「ディープブロンズとクリアシルバーは、お父さんのタバコの 葉の におい。 」と言われてしまった。 幼少期に火の付いていない開封したての紙巻きタバコを嗅いだことがあるのだそうで、そのタバコの葉っぱと同じ臭いがしたそうだ。 残念ながら銘柄は不明だが、確かに言われてみれば、マルボロのヒートスティック特有の臭いではなく、ヒーツは普通のタバコの葉自体のニオイしているのが印象的だ。 加熱したニオイに関しても そのニオイが単に加熱されているだけのニオイで、周りの人からすれば「クサイと言えばクサイが、想像を絶するようなニオイではない。 」そうだ。 HEETS ディープブロンズ ディープブロンズとブレンド26は方向性がよく似ている。 2つを比べた時に、吸いごたえはディープブロンズだろう。 ブレンド26は まろやかな葉巻のような味わいが印象的なヒートスティックだが、ディープブロンズはブレンド26のマイルドさを少なくしてキック感を与えた印象だ。 普段使いにディープブロンズ、落ち着いた場所で嗜むにはブレンド26と使い分けをしても全然違和感がないように思う。 HEETS クリアシルバー クリアシルバーは、ディープブロンズを軽やかにし、角張った印象をより鋭くしたような印象の味わい。 マルボロのスムースレギュラーと比較したところ、スムースレギュラーの方がキック感が強く濃かった。 しかし、クリアシルバーの方が葉の雑味が感じられるため、何を好んでそれを愛用しているかで好みが分かれそうな一品だ。 HEETS バランスドイエロー 酸味を強く感じるクリアシルバーといったところだ。 濃さとしては、ディープブロンズとクリアシルバーの中間に位置するのかもしれないが、それよりも酸味を感じる新しい風合いが印象的。 こういう洋菓子があった気がする。 HEETS フレッシュエメラルド フレッシュエメラルドはほのかに酸味を感じるメンソール。 バランスドイエローにメンソールをプラスしたような印象が強く、好き嫌いがはっきりと分かれそうな一品だ。 若干舌に刺さるような刺激が感じられるのも特徴の一つだろう。 マルボロのイエローメンソールよりは幾分穏やかな印象だが、メンソールだと思って購入すると複雑な味わいに少し首をかしげるかもしれない。 口が慣れてくると不思議な感じなくなるようだ。

次の

アイコスの新しいヒートスティック「HEETS」の吸い心地はどうか?

ヒートスティック ヒーツ 違い

おっさんです。 最近あれやこれや忙しく明日もちょっと労働時間長めです。 IQOSに今最も期待されているのは新フレーバーではないでしょうか?オーナーシェア数的にパープル・メンソールとスムース・レギュラーが今年の3月に発売されたのは仕方ないと思います。 しかしあれからIQOS人気もオーナー数も爆発的に増えているし、gloやプルームテックも早速新フレーバーの発売を決定しています。 最もオーナーの関心の高いパーラメントも一向に噂を聞かなくなりました。 海外のIQOS事情としてはマルボロブランドのヒートスティックの展開と今回ご紹介するHEETSと言うブランドに大別され国別展開されています。 今回は海外からのお土産にIQOSヒートスティック【HEETS】を頂いたのでレビューしたいと思います。 この記事の目次 期待のヒートスティック【パーラメント】は幻のフレーバーに終わるのか 好事家の間では海外オークションで海外でしか販売されていないヒートスティックを買う人も少なくありません。 しかし海外購入は出品先のタバコ価格になってかなり割高になっています。 またワンカートンから買うのがほとんどでパーラメント+HEETSを買うと送料&手数料で8万近くかかったりします。 ただ最近では韓国を始め色んな国にIQOSは展開しているので5000円ほどでワンカートンが買えることもあります。 日本では海外から買ってTwitter辺りで転売している人もいますがタバコの個人売買は違法です。 お土産も度が過ぎないレベルなら問題なくて以前にベトナムや中国のタバコをもらった事があります。 そんなIQOSヒートスティックですが日本では計6種のフレーバーが展開されていますが海外ではパーラメントがあります。 おっさんはあの手この手でなんとか入手しましたが結構色んな技を駆使してIQOSヒートスティックパーラメントを体験した方は多いようです。 このIQOSヒートスティックパーラメントは非常に評判が良くに日本での販売を待ちわびている人が多くおっさんもそのうちの1人になります。 IQOSヒートスティックパーラメントは2種あります。 レギュラーのブルーとメンソールのFRESH。 どちらもマルボロにはない美味しさがあって早く日本での販売を開始して欲しいと切に願っています。 海外ではマルボロで展開していない国があってそこではHEETSと言う銘柄でIQOSヒートスティックが販売されていますがマルボロがない分IQOSヒートスティックのマルボロの海外銘柄だろうと言う声が多いのですがその実は全く違っていました。 IQOSヒートスティックマルボロとHEETSの違い BLUE LABELを見ていきます。 注射器のアイコンの下にハングル文字です。 その下にHEETSと記載されています。 背面を見ていきましょう。 背面も大きく変わりませんが注射器マークはあります。 注目すべきは下の方にMarlboroの記載があります。 HEETSもマルボロファミリーだと言うことが分かります。 上部にBLUE LABELと印字されていますがこの印字があるのはBLUEとGREENのメンソールフレーバーだけです。 レギュラーフレーバーにはありませんでした。 日本のIQOSヒートスティックマルボロと並べてみます。 今回はヒートスティックのメンソールとHEETSのGREENを並べていますがこれハング文字と注射器アイコンがないともっとおしゃれなんですがおしゃれにすると売り上げ上がるからワザとこうしてるんでしょうね。 IQOSヒートスティック【HEETS】を開封します。 開けたところは祝儀袋の生地みたいな感じでザラザラしていますがこれはIQOSヒートスティックパーラメントと同じ作りです。 もちろんパックコードはありません。 日本のIQOSヒートスティックマルボロは銀紙になっているのでここが大きく違います。 取り出したヒートスティックがマルボロの刻印がなくて3本ラインが入っています。 ヒートスティックを2つ並べてみます。 左がIQOSヒートスティック【HEETS】右がIQOSヒートスティックマルボロです。 全然違いますね。 それではいよいよ吸い比べてみたいと思います。 IQOSヒートスティック【HEETS】を吸ってみた感想とIQOSヒートスティックマルボロとの違い それでは早速ご賞味させて頂きます。 ものすごく期待が高まる反面マルボロと同じだったらどうしようと言う不安もあります。 まずはSILVER LABELから吸ってみます。 IQOSヒートスティック【HEETS】SILVER LABEL まずスタンダードっぽいレギュラーフレーバーのIQOSヒートスティックHEETSのSILVER LABELです。 おっさんとしてはこれは勝手にIQOSヒートスティックマルボロのレギュラーと言うポジションとして捉えていました。 ヒートスティックの臭いは実に香ばしい臭いでなんか臭った事があります。 文字通りSILVERの3本ラインの刻印が入っています。 それでは早速吸ってみます。 うーん甘い。 これはIQOSヒートスティックマルボロで言うレギュラーでもバランスドレギュラーでもなくスムース・レギュラーに近いって言うかスムースなんですがめっちゃ甘いです。 甘いのもありますが濃厚なタバコのフレーバーを感じます。 スムース・レギュラーをベースに作られたIQOSヒートスティックでしょうね。 IQOSヒートスティック【HEETS】AMBER LABEL 女性的な赤に近いカラーのアンバーカラーなので勝手にメンソールフレーバーだと決めつけていたIQOSヒートスティック、HEETSのAMBER LABELですがレギュラーフレーバーでした。 開けた途端フィルターのアンバーラインが目に焼き付きます。 IQOSヒートスティックを臭ったところスースーしません。 レギュラーの香りなんですがさっきのSILVER LABELよりきつく香っています。 ホルダーに入れてスイッチオン! むむ…むむむむむ…。 これバランスドかなあ…ほんのり漂う昭和の床屋臭。 これバランスド・レギュラーですよ。 おっさんの最も苦手なフレーバーですがこれはまんまバランスドレギュラーなんですがなんか熱のき方が半端なく熱いです。 IQOSヒートスティック【HEETS】BLUE LABEL これも勝手に青いからレギュラーフレーバーだと思っていたIQOSヒートスティック【HEETS】BLUE LABEL。 実はこの時点でかなりスースー上がってくるメンソールです。 それでは頂きます。 これ凄いです。 多分今まで吸ったIQOSヒートスティックで1番美味しい。 gloのインテンスリー・フレッシュを一回り美味しくさせた感じです。 めっちゃメンソールきついです。 おっさんがメンソール好きなのもありますがここまではっきりくっきりス~ときてちゃんとタバコフレーバーがするとIQOSヒートスティックとは思えない美味しさがあります。 これ国内販売してくれないかなあ。 IQOSヒートスティック【HEETS】GREEN LABEL 美味しいものは最後に食べる派です。 だから明らかにメンソールなIQOSヒートスティック、HEETSのGREEN LABELは最後に持ってきました。 イメージカラーからも分かる通りメンソールフレーバーです。 期待高まる分メンソールの定番となるとIQOSヒートスティックメンソールと大きな差異化はないような気もします。 これも結構きつめにスースーが臭ってきます。 それでは期待を込めてスイッチを押します。 BLUE LABELが結構なメンソールだったのでこれはひょっとしてミントの立ち位置かなと思ったりもしましたがIQOSヒートスティックマルボロのメンソールぐらいきます。 感じはIQOSヒートスティックマルボロメンソールなんですが若干違いがあってメンソール感はIQOSヒートスティックマルボロのメンソール強度なんですが、タバコフレーバーがやや抑え気味な印象を受けます。 よりクリアなメンソールって言うかこれも日本で販売してよ。 IQOSヒートスティック【HEETS】とマルボロの違いまとめ それでは一気に頂きましたIQOSヒートスティック【HEETS】の感想ですがマルボロと大きく違いがないのはAMBER LABELのバランスドだと思います。 SILVER LABELのスムース・レギュラー感は濃くして甘さが増えた感じです。 GREEN LABELはIQOSヒートスティックマルボロメンソール好きなら食いつくのは間違いありません。 特筆すべきはBLUE LABELのメンソールの強さと清涼感でおっさんは一気に気に入ってしまいました。 総合的には BLUE>>>GREEN>>>>>SILVER>>>>>AMBERとなります。 おっさんのIQOSヒートスティックマルボロの閾値は メンソール>>>>>ミント>>>>>>レギュラー>>>>>>>バランスドとなっていますのでこれを自分の好みに合わせてください。 IQOSヒートスティック【HEETS】のフィルターは湿らない?決定的な違いが巻き方にあった 昨日から気に入って吸っているIQOSヒートスティック【HEETS】ですが気になっていることがありました。 IQOSを吸う際に上手く吸えてるかのステータス?であるフィルターの湿りがIQOSヒートスティック、HEETSには余り出ません。 これが目一杯な感じの湿り方です。 IQOSヒートスティックマルボロの吸い殻と並べると一目瞭然です。 そんなわけで気になったので吸い殻をバラしてみるとIQOSヒートスティックマルボロとHEETSの大きな違いが判明しました。 なんと紙巻きの内に更にもう一枚銀紙が施されています。 IQOSヒートスティックマルボロと並べてもその違いははっきり分かりますが、この銀紙でフィルターの湿りが少なくなっています。 これで吸った湿気が減っていわゆるヤニ汁が出ない様になっています。 これでIQOSホルダーの汚れ軽減も考慮した作りだと思いますが同じところで製造しているはずなのになぜ製法が違う。 IQOSヒートスティック【HEETS】の入手方法 冒頭でも述べましたがIQOSヒートスティック【HEETS】は国内で販売されていませんので個人輸入がメインとなります。 定番は海外オークションサイトeBayになります。 その他方法はおっさんの様に海外在住の日本人や海外旅行に行く人のお土産に頼むかFacebookのIQOS好きな外国人と仲良くなって送ってもらうのがいいと思います。 ゆめゆめネットで販売している個人の業者からは買わないでください。 どこから足がつくか分かりませんからね。 なおタバコは20歳から。

次の

アイコスの格安ヒートスティック「HEETS」(470円)を吸ってみた! 早く全国発売せんかいコラーーッ!!!!

ヒートスティック ヒーツ 違い

IQOSで吸える銘柄 今までIQOSで吸える銘柄といえばマルボロのヒートスティック 1箱500円 のみでフレーバーは全9種類ほど。 このマルボロのほかに新銘柄HEETSが吸えるようになりました。 IQOSについては、新型 IQOS3と IQOS3 MULTIが発売を控えており、使いやすさなど注目の実機です。 全都道府県のうち 18の県などで発売 今後の販売地域は未定 がスタート。 買えるところは、 コンビニ・たばこ販売店・対象地域にあるIQOSストア、たばこ通販の店などです。 東京ではIQOSストアでさえ置いてませんでした。 在庫状況はわかりませんが、通販を使えば買えると思います。 ただその場合、送料も気にしないいけないですね。 比較的、大きい通販のお店でも取り扱いがないところがあり、注意です。 今まで限定販売だったものが全国販売に切り替わったフレーバーもあるため、もしかしたら今後HEETSも人気が出れば、全国販売になる可能性はあるかもしれません。 HEETS ヒーツ はマルボロのスティックよりはお得|価格は470円と安い マルボロのRegular レギュラー とHEETS バランスドイエロー。 箱の大きさは変わりません。 2018年のたばこの値上げで、マルボロは460円から 500円になりました。 HEETSは、 470円なので、マルボロのヒートスティックよりは安いことになります。 どっちも、1箱にスティックが 20本入っています。 Marlboro マルボロ 500円 HEETS ヒーツ 470円 HEETSを吸ってみた感想・味など HEETSを全4種類のフレーバーを吸ったので、レビューしていきます。 全体的に、例えばミントの味が強いとか、そういったフレーバーは強くなく、クセのない味です。 IQOSのマルボロでいうと、レギュラー系をベースにしたような感じです。 では、まずは クリアシルバーからです。 HEETSの4種類の中では最もクセがなく、オーソドックスな味。 つまり、たばこ葉の味です。 加熱前のスティックの葉が詰まった部分の匂いはあまりありません。 そんなに味に特徴はなかったものの、4つの中では個人的に一番好きです。 マイルドな味で、吸った後の満足感もあるし、吸った後スッキリした感じで口の中に嫌な味・臭いが残りません。 ほのかに甘みも感じられて、マルボロのレギュラーとはまた違った風味ですよ。 DEEP BRONZE ディープブロンズ 銅の色、ブラウンカラーのディープブロンズ。 名前から味が想像できませんよね。 加熱前、スティックの匂いは甘い匂い。 一瞬、ブランデーやラム酒を想像してしまいましたが、 よくよく匂うと、チョコレートの香りに近いかもしれません。 吸った感じは軽くてマイルド。 だけど、吸いごたえはありました。 このディープブロンズもクセがなく、ゆっくり静かに吸っていると美味しく感じられます。 少しだけ、ハーブなどの香草を熱したような、バランスドイエローの香ばしさがもありましたね。 個人的には、また吸いたくなるような味でした。 FRESH EMERALD フレッシュエメラルド 甘い、ミントの香りがします。 次はフレッシュエメラルドです。 スロートキックもあり、吸った気は確かにするのですが、 はっきりしない味でもありました。 一応、このフレッシュエメラルドはメンソール系でしょうが、控えめのメンソールという感じで、 スースーする、ヒンヤリするする感じはそこまでありません。 個人的にはちょっと微妙な味でした、半分レギュラー半分メンソールという感じですかね。 メンソールの刺激を求める人には向いてない印象です。 BALANCED YELLOW バランスド・イエロー 最後はバランスドイエロー。 ちょっと甘みのある匂いですね。 味にも、ほんの少しレモンのような柑橘系のフレーバーが感じれます。 特に蒸気を吸うときは、かすかにそういったフレーバーがありますね。 例えると、クリアシルバーに香ばしい味付けをして、少し柑橘系のフレーバーを足したようなものです。 マイルドで、かつ、かつお節? 、燻製 くんせい のような味もしましたね。 なかなか複雑な味です。 HEETS ヒーツ とマルボロを比較、味の違いなど 吸う条件が影響したのか、エメラルドフレッシュを吸ったあとは、吸い殻のスティックがかなり湿っているというか汚れていました。 HEETSの味は全体的にマイルドと言いましたが、最初に吸ったときは、 マルボロよりも蒸気が重たく感じましたね。 フレッシュエメラルドを除いては、 マルボロのレギュラーをライトにして、香ばしさ・甘みを足した感じです。 ただマルボロのようなはっきりした味はしませんね。 HEETSは海外ではフレーバーが4種類以上ありますが、現状、日本で買う場合は4種類。 対して、マルボロのヒートスティックは9種類のフレーバーがあるのでより充実しているということは言えますね。 価格は繰り返しますが、30円だけHEETSのほうが安いです。

次の