ビンゴ アプリ。 このアプリについて

Microsoft Bingo を入手

ビンゴ アプリ

(1) ゲットクラブの無料ビンゴ抽選アプリを使用します。 (2) 参加者にビンゴカードを1枚づつ配ります。 (3) 初めにビンゴカード中央にある「FREE」に穴を開けます。 (4) ビンゴゲームのアプリでスタート! (5) 司会者が読み上げる数字が、手元のカードにあれば穴を開けていきます。 (6) 縦、横、斜めいずれかの列に穴が4個開けば「リーチ」。 他の列も同時にあとひとつで揃うなら「ダブルリーチ」。 (7) 縦、横、斜めいずれかの列に穴が5個開き1列揃えば「ビンゴ」! 1列揃った時は、大きな声で「ビンゴー!!」と叫びましょう。 (8) 進行係は、ビンゴカードのカード番号4桁をアプリに入力し当選確認を行います。 当選なら「BINGO!」、不当選なら「NOT BINGO」と表示されます。 (9) ビンゴになった順に豪華景品を渡していきましょう。 バリエーション・アドバイス.

次の

一人でも皆でも盛り上がる!スマホで楽しめる最強ビンゴアプリ13選

ビンゴ アプリ

パーティーなどの機会にビンゴゲームをしたくても、ビンゴマシンを持っていくのは大変です。 そこでスマホやパソコンでビンゴを行いたいという幹事の方もいらっしゃると思います。 ところが忘年会、新年会、結婚式の二次会など大きな宴会やパーティーでは人数も多くスマホやタブレットでは画面が小さくて参加者に分かりにくくなってしまいます。 そんなときにはPCとプロジェクターを使うのがおすすめです。 その場合はビンゴアプリは無料のフリーソフトが使えます。 ここでは以下についてご紹介していきます。 ・オフラインで使えるビンゴゲームフリーソフト ・プロジェクターとの接続方法 この記事を読んでいただければ、使うアプリ、機器の接続など準備に必要な情報を得ることができます。 ビンゴゲームに無料で使えるフリーソフトWindowsパソコン版 ビンゴゲームに使うアプリは購入しなくても無料のものがいくつかリリースされています。 Windows用としてリリースされている ビンゴゲームの フリーソフトを数点ご紹介していきます。 今回は Windows7以降に対応したアプリをご紹介します。 また、宴会場によってはネット環境に接続できないこともありますので、ネット接続がなくてもオフライン、web不要で使うことのできるアプリからおすすめしていきます。 それぞれのアプリの詳細についてはこちらの記事にまとめました。 スピーチビンゴ2016 スピーチビンゴはビンゴゲームを効果音、BGMと共に楽しめるフリーソフトです。 BGMに関してはコンピュータの音楽ファイルを選択して演奏することになります。 操作に関しては画面表示のコマンドを見るだけで直感的にわかると思います。 windows10でも動作するので使い勝手が良いですね。 1~75の数字をルーレットにてランダムに表示します。 ルーレットの停止はストップボタンによる手動停止のほか、一定時間後に自動で停止させることが出来ます。 MacBINGO キーを押すと、ビンゴの抽選を行います。 また、抽選した番号を読み上げる機能が追加されています。 text-to-speechが必要です 動作OS OS X Mic BiNGO free BINGOの抽選と景品選択ができる多機能抽選ソフトです。 プロジェクター投影に必要な機材は次のようになります。 ・パソコン Windows or Mac ・プロジェクター ・接続ケーブル 接続用の端子は VGA端子、HDMI端子、Thunderbolt端子、USB端子などがあります。• VGA端子 もっとも一般的にプロジェクターの接続に使われる端子。• HDMI端子 最近はこの端子が付いたパソコンも多いです。 デジタル出力で画質が良く音声も同時に伝送できます。• Thunderbolt端子 Macのディスプレイ用端子。 アダプタでVGAに変換してVGA接続します。• USB端子 USB端子付きのプロジェクターであればこれも使えますが、ドライバのインストールが必要などちょっと面倒な場合もあります。 使う前に使用するパソコンとプロジェクター双方で使える端子を確認しておきましょう。 スポンサーリンク Windowsパソコンの場合 まずパソコン側の出力端子を確認します。 VGA端子またはHDMI端子のいずれかがあればそれを使用します。 プロジェクター側の入力端子も同様にVGA端子またはHDMI端子があることを確認します。 基本的にはVGA端子の接続にすれば問題ありません。 VGA端子同士の接続にはVGAケーブルを使用します。 またパソコン側がHDMI端子、プロジェクター側がVGA端子の場合はHDMI-VGA変換ケーブルとVGAケーブルが必要になります。 Macパソコンの場合 Macパソコンを使用する場合は VGA端子、Thunderbolt サンダーボルト 端子が使用できます。 機種によりサンダーボルト端子しかない場合はVGA変換用のMini DisplayPort-VGAアダプタを用意して、VGAケーブルと共に接続するようになります。 プロジェクターによってはUSB接続もできますが、OSバージョンは10. 1以上、またドライバなどのインストールが必要と面倒なのでおすすめしません。 会場のプロジェクターを借りる場合はプロジェクター側の端子と使えるケーブルをしっかり確認しておきましょう。 また、必ず事前に接続テストをしておきましょう。 パソコンが苦手な方は得意な同僚や友人を巻き込んで意見を聞きながら準備した方が良いと思います。 また、会場ではプロジェクターを借りられない場合もあると思います。 普段それほど使うものでもないので購入するというのもちょっと考え物です。 そんなときはレンタルがおすすめです!必要なときだけ借りられるレンタルであれば、費用も抑えつつ、高機能のものを使うことができます。 レンタルを検討してみてはいかがでしょうか ビンゴの景品もお忘れなく ビンゴゲームの準備についてお話してきましたが、ビンゴのメインはやはり何が当たるのか楽しみな景品です。 個別にいろいろと用意する方法もありますが、それはちょっと面倒という場合は、景品セットで用意するのが簡単です。 予算と人数にあわせて購入できるので、幹事さんも選びやすいのではないでしょうか。 楽天で人気なのはこのあたり。

次の

ビンゴのPC用フリーソフトのおすすめと、盛り上げる方法について徹底解説します!

ビンゴ アプリ

最近ブームになりつつあるオンライン飲み会。 自宅で過ごす時間を楽しめるという事で開催する人が増えているようです。 居心地の良い自宅で、時間を気にすることなく、リラックススタイルで、好きな飲み物や料理を用意して、気軽に楽しめることがオンライン飲み会の魅力です。 このオンライン飲み会をより一層楽しむために、オンラインでビンゴゲームを開催してみてはいかかでしょうか? こちらの記事では、 オンラインでの飲み会&ビンゴゲームを開催するために、必要なツールや準備するもの、ビンゴゲームの進行手順をご紹介しています。 オンライン飲み会を計画している幹事さん必見です!!ぜひ参考にしてみてくださいね。 index• オンライン飲み会って何? オンライン飲み会とは、スマホやタブレット、パソコン等でビデオ通話が可能なツールやサービスを利用して飲み会を行うことです。 幹事が決めた時間にオンライン上に集まり、ビデオ通話をしながら飲み会を楽しむのです。 最近では、コロナ禍の中、 「おうち時間」を楽しめるとういうことで開催する人が増えています。 オンライン飲み会と言っても、お酒を飲むことだけにこだわらず、お茶会やランチ会もあり。 もちろん井戸端会議もありです。 オンライン上に参加者を集めて同じ時間を共有し、コミュニケーションをとる。 離れた場所にいる友人や職場の仲間、家族と簡単につながる事が出来ます。 一人一台のスマホ時代である今、誰でも簡単に開催でき、自宅にいながらゆったり飲み会を楽しむのもいいですね。 オンライン飲み会に必要なもの オンライン飲み会に必要な物、必要な環境をまとめて見て行きましょう。 同時ビデオ通話では、画面が参加人数分に分割されるため、人数が多いオンライン飲み会ではパソコンやタブレットの方が見やすくおすすめです。 利用しているデータプランにより、制限があったり、Wi-Fiがつながりにくいなど、途中で通信が途切れてしまう場合もあるようです。 固定回線を利用するか、大容量プランへの見直しを検討する必要もありそうです。 最近のノートパソコンやスマホ、タブレットはこれらがすでに備わっている場合も多いですが、デスクトップパソコンの場合は内臓されていないモデルもあるため、事前にフロントカメラやマイク・スピーカーを別途用意しましょう。 必要であればヘッドセットやイヤフォンの準備も。 メンバーが使用している端末によりそれぞれの特徴があるため、よく検討する必要があります。 利用するサービスやツールが決まったら、アプリをインストールし、IDやアカウントを取得しましょう。 お店で飲むより、予算も抑えられてお財布に優しいのが嬉しいですね。 お酒でなくても好きなソフトドリンクや、お酒の肴の代わりに好きなスイーツでもOK。 自由に用意して気楽に参加しましょう。 オンライン飲み会におすすめのツール オンライン飲み会で利用されるツールはどんなものがあるのでしょうか。 テレワークや在宅勤務が増えたことにより、利用者が増えているビデオ会議システムの 「ZOOM」。 このZOOMを利用した「ZOOM飲み会」や利用者が多いSNSアプリ「LINE」の「LINE飲み会」などと呼ばれています。 それぞれの特徴を知り、自分に合ったオンライン飲み会に必要なツールを探ってみましょう。 ZOOM• 幹事(主催者)はアカウントが必要。 参加者はミーティング(飲み会)に参加するだけならアカウントは必要ない。 幹事(主催者)はメンバーにURLを送るだけで招待が簡単にできる。 参加者は送られてきたURLにアクセスして、あとは簡単な操作だけで参加できる。 事前にアプリをインストールしておきましょう。 無料版の場合3人以上で40分間の時間制限がある。 (1対1は無制限) LINE• 利用している人が多いので、事前準備も少なくすぐに始められるので初心者にもおすすめ。 参加者全員がアカウントが必要。 オンライン飲み会用にグループの作成が必要。 無料(データ通信料は必要)• ビデオ通話をタップするだけで操作が簡単。 Skype• 老舗のため馴染みがある人が多いので比較的簡単に利用できる。 参加全員にアカウントが必要。 無料(データ通信料は必要)• 最大50人まで無制限 Googleハングアウト• 参加者全員にGoogleアカウントが必要• Android版、ios版、パソコン版それぞれ対応あり• 無料版は最大10人でグループチャットが可能• 制限時間8時間 Messenger• Faceboookアカウントが必要• 最大50人までビデオチャット可能• 時間制限なし• Facebookで友達になっていない人とも会話ができる• 多彩なエフェクトやバーチャル背景がある ZOOMを使ってビンゴ大会 様々なビデオ通信サービスがある中、今回は「ZOOM」を使用して、オンライン飲み会が2倍楽しくなるビンゴ大会をご紹介します。 題して 「ビンゴ大会inZOOM飲み会」としましょう。 「ビンゴ大会inZOOM飲み会」で準備するもの オンライン飲み会でビンゴゲームを始める前に、準備しておくものを確認しておきましょう。 幹事と幹事以外の参加者では若干準備するものが違ってきます。 始める前に必要なものが揃っているかチェックしておくと安心ですね。 準備するもの 幹事• アプリストアから好きなビンゴアプリをダウンロードしておく• 景品を用意する 幹事以外の参加者• パソコンやスマホ、タブレット• オンライン飲み会が出来る環境• 飲み会が開催される前に幹事はZOOMのアカウントを作り、参加者を招待するミーティングルームと招待URLを作成しておきましょう。 ビンゴゲームの進め方 1. まずは「乾杯!」簡単な挨拶でスタート! ある程度歓談を楽しんでビンゴゲームを始める。 ビンゴゲームの説明をする。 景品の紹介をする 幹事は景品をカメラの前で紹介します。 を購入した場合は、ZOOMの「画面共有」機能でDVDを再生するのがおすすめ。 参加者全員と景品の内容が共有でき、インパクトがある映像や音響で一気にイベント感が増して盛り上がります。  4. ルーレットを回し、出た番号を参加者に分かるように、カメラの前に見せて発表していきます。 ある程度ゲームが進んだところで、今まで発表した番号リストを表示し参加者に分かるようにカメラの前に見せます。 ビンゴになったら景品をプレゼント ビンゴした人には、先に発表しておいた景品をプレゼントします。 ビンゴ一抜け者から1等としてもいいですし、あらかじめ景品に番号やアルファベットを振っておき、好きな数字やアルファベットを選んでもらう方法でも良いでしょう。 景品受け取り方法を教える ゲーム終了後、幹事は当選者のZOOMの「チャット」機能や個人メールまたはLINEなどに、景品を受け取る方法を教えます。 景品は目録景品で用意するのがおすすめ 目録景品とは、目録封筒の中に当選した景品を受け取るための申し込み方法が記載された用紙が入っています。 その用紙に記載された ・景品交換サイトのURL・お問い合わせ番号・PIN番号を伝えるだけで、あとは当選者が好きなタイミングで申し込みます。 オンライン飲み会で当選者に景品を渡す方法• 幹事は目録封筒の中の「景品申込み方法」の用紙をスマホで撮影し当選者に送信。 受け取った当選者は、景品申込み方法に従って操作する。 ビンゴ景品はWEBで交換だから準備も楽々。 先にもご説明した通り、オンライン飲み会で使用する景品を、「景品ショップマイルーム」で購入した場合、 幹事は現物を用意する必要はありません。 幹事に届いた目録封筒の中の 「景品申しみ方法」を当選者に伝えるだけ。 後はショップにお任せします。 当選者はWEBで簡単に当選した景品の申込みが出来ます。 WEBで簡単申込3ステップ• スマホまたはパソコンで景品交換サイトへアクセス• お問い合わせ番号、PIN番号の入力• 必要事項とお届け先の入力 後日指定した場所に景品が届きます。 これほどまでに景品が簡単に用意できるのは忙しい幹事はもちろん、不要不急の外出を控えているこのご時世ではとてもありがたいサービスですね。 オンライン飲み会を2倍楽しむためのまとめ オンライン飲み会でビンゴゲームを楽しむ手順をご紹介してきました。 リアルな飲み会と同じように、オンラインでも景品が当たるゲームがあるとさらに飲み会が盛り上がるのでおすすめです。 ビンゴ景品はweb上で簡単に交換できるので、現物を買いに行く手間もなく、オンライン飲み会には特におすすめです。 今回は ZOOMを利用した 「ビンゴ大会inZOOM飲み会」でしたが、参加者の使っている端末やネットワーク環境に合わせて他のアプリで開催するのもよいでしょう。 オンライン飲み会で必要なビデオ通信サービスには、無料で使えるアプリやアカウントがなくても利用できるものも多くあるため、「ちょっとやってみようかな」と気軽に始められるところも利点です。 ただし無料アプリの場合、時間制限があることや参加人数に上限があるなど、いくつか条件もあるため、飲み会の規模に合わせて選ぶ必要があります。 スマホを当たり前のように利用している現代では、誰でも簡単にオンライン飲み会に参加できます。 またオンライン飲み会の良い点は、会場までの交通費や飲食代などのコストも抑えられ、終電時間など時間を気にする必要がないこともひとつ。 普段と違った飲み会に新鮮さを感じるかもしれませんね。 ぜひ、 「おうち時間」を楽しむべくオンライン飲み会にチャレンジしてみてください。

次の