風邪 仕事。 風邪で仕事を休めないときどうやって乗り切る?1日で治す方法も紹介

【研究結果】風邪でも仕事に来る人、休む人の違いは?

風邪 仕事

無理をしてまで出社する人の理由• 他の社員に仕事を任せられない• 自己管理能力が甘いと思われたくない• 欠勤連絡をすると診断書が必要でめんどうくさい• 休んだ分仕事が増えそう しかし、出社したものの他の社員にうつすとマズイと判断され、仕事をせずに帰される人もいます。 また、他の社員に風邪がうつれば業務もスムーズに進まなくなります。 業務がスムーズに進まなくなり、結果仕事量もふえて納期に大幅に遅れが出たという人もいます。 あなたが風邪をうつしたことで、周りにとても迷惑がかかります。 また、仕事だけがあなたの人生ではありません。 たかが風邪と思って仕事を優先していたら、悪化して重症化する可能性もあります。 風邪が重症化して仕事に復帰できなくなった人もいます。 仕事のために、あなたの健康を疎かにするのは間違っています。 「今どき、風邪くらいで休むなんて…」と言う考えの上司がいたら時代遅れな考えだと思いましょう。 仕事を優先するより、あなたの健康が第一です。 ですので、体調が悪いと感じたら、無理せず休みましょう。 風邪で仕事を休むかどうかに関するアンケート結果 風邪で休むかどうかに関するアンケート結果も出ています。 第一三共ヘルスケア株式会社実施の30代~40代の直近3年で、風邪を引いた経験がある人の6割が風邪でも休みにくいと答えています。 また、責任ある役職に就いている人ほど、風邪でも休みにくいと答えている人が多いです。 6割は多いですよね。 休むための解決策• 普段から他の社員にも、仕事を任せられるようにデータを作っておく• 仕事復帰後に仕事がスムーズに進むように、他の社員への割り振りを考えておく 「風邪で休むなんて甘い…」と考える方がおかしいです。 他の社員にうつしてしまったら、元も子もないですよね。 無理をせず休んだ方が、得策といえます。 参考:第一三共ヘルスケア株式会社実施「」2016年10月6日~10月11日のインターネット調査結果より 風邪で仕事を休む時の注意点 次に、風邪で休む時の注意点が3つあります。 平熱は人それぞれなので、何度以上で休むという基準はない• 症状を見極める必要がある• ウソはやめる 以下に、注意点をくわしくまとめましたので、参考にしてください。 平熱は人によって違うので何度以上で休むという基準はない 平熱は人によって違うので、何度以上なら休むという基準はありません。 平熱は36. そのため、何度以上出たら休みましょうとは言い切れません。 あきらかに、普段と違うだるさを感じたら、無理をせず休むようにしましょう。 本当に風邪なのか症状を見極める必要がある 本当に風邪なのか、症状を見極める必要があります。 インフルエンザの症状• 全身倦怠感• 食欲不振• 関節痛• 筋肉痛 上記のような症状が、急激に現れるのがインフルエンザの特徴です。 風邪と違い感染力が強いです。 風邪と思い込み出社していたら、実はインフルエンザで他の社員にうつってしまい、取り返しのつかない事態になったという人もいます。 熱はなくてもいつもよりだるく、筋肉痛や関節痛のような症状があれば、無理をせず病院を受診しましょう。 早めに、あなたの身体の異変に気付いて対策することが、周囲に感染を広めないためにも必要です。 ストレスによる体調不良の場合 次に、風邪ではなくストレスによる体調不良の場合もあります。 ストレスによる体調不良でも、風邪と似たような症状があるので判断が難しいです。 ストレスによる体調不良で出る症状の例としては以下が挙げられます。 身体がだるい• 頭がボーっとする• めまいがする• 微熱がある ストレスによる体調不良は、少し働きすぎている可能性もあります。 仕事がまともにこなせないなら、無理をせず休みましょう。 体調不良のまま、仕事をしていても会社に迷惑がかかるだけです。 有給休暇が残っていれば、いい機会なので有意義に使いましょう。 休んで、体調を万全にしてから仕事に取り組む方が、効率が良くなります。 また、ストレスによる体調不良が、休んでもなかなか良くならなければ、病気が潜んでいる可能性もあります。 心配であれば、専門家に相談してみましょう。 ウソはやめる 風邪だとウソをついて、会社を休むのはやめましょう。 ウソをついて休むのは、高確率でバレます。 また、社会人として恥ずかしい行為です。 ウソをつけば、あなたへの信頼が無くなります。 あなたへの信頼が無くなれば、会社にも居づらくなります。 最悪、クビになることもあるので、絶対にやめましょう。 風邪で会社を休む時の連絡方法は、2通りあります。 電話で連絡• メールで連絡 以下に、2通りの連絡方法の解説と、連絡をする時の注意点をまとめましたので、参考にしてください。 電話で連絡 まず、電話で連絡する場合です。 連絡を入れる相手は、基本的に直属の上司です。 会社によっては、連絡を入れる相手が違う場合もあるので、よく確認しておきましょう。 連絡を入れるタイミングは、就業開始時間の10分前~15分前には入れるようにしてください。 また、電話で伝えるポイントは5つあります。 休む理由• 症状の説明• 仕事の進行状況• 仕事の引継ぎ説明• 急ぎの仕事があれば伝える 電話での切り出し方は、 「おはようございます。 昨夜から風邪を引いて熱が出てしまったので、本日お休みをいただいてもよろしいでしょうか?」 と言った、切り出し方で大丈夫です。 上司から休む許可が下りたら、担当している仕事の状況を伝えてください。 また、電話で連絡を入れる際は休ませていただくワケなので、低姿勢を心がけましょう。 低姿勢の心がけ• 申し訳ない気持ちをこめる• 上司や会社に配慮を心がける• 「お休みをいただいてもよろしいでしょうか?」などへりくだった言い方を使うと角が立ちにくい• 電話が終わるまで、失礼のない態度を取るようにする また、電話の際ヘタに演技をすると逆効果になる場合もあるので、やり過ぎには注意しましょう。 メールで連絡 次に、メールで連絡する場合です。 メールで連絡するタイミングは、就業開始時間の1時間前~30分前には連絡するようにしてください。 メールで連絡するときのポイントは3つあります。 件名で内容がわかるようにしておく• 本文は上記であげた5つのポイントを記入• 本日、熱があるためお休みをいただきたいです。 休む理由• 症状の説明• 仕事の進行状況• 仕事の引継ぎ説明• 急ぎの仕事があれば伝える これらを書いたあと、最後にあなたの名前を書きます。 メールで連絡する場合は、おおまかな文章でかまいません。 また、メールの場合休みの許可がいらないので、「お休みをいただきます」と断定的に書いて大丈夫です。 そして、最後に日付と欠勤連絡と名前の記入漏れがないか、必ず確認してください。 メールで連絡後、フォローの電話を入れると、誤解も生じずスムーズです。 また、欠勤連絡用のテンプレートも、インターネットで検索すると出てきますので、参考にしてください。 また、相手が読みやすいように、本文は長文にならないように注意しましょう。 風邪で仕事を休めない会社はヤバい 風邪で仕事を休めない会社はヤバいと思った方がよいです。 風邪を引いているのに、出社を強要してくるなら「ブラック企業かも…」と疑ってください。 風邪を引いているのに休めない会社は、社員を大切にしていない証拠です。 その他、下記のような特徴が当てはまる場合はブラック企業である可能性が高いです。 会社や上司に思いやりがない• ほめられたことがない• 残業が多い• 会社全体が殺伐としている• 圧力をかけられている 社員を大切にしていない会社で働き続けていれば、あなたの身も心もボロボロになっていくのは、目に見えています。 今の会社はヤバいかもと思ったら、転職を考えるのもアリです。 転職は逃げではありません。 あなたの身体を守るための、1つの手段です。 本気でヤバいと感じたら、転職を検討しましょう。 主な風の予防方法• うがい• 手洗い• マスクを着ける すぐ思いつくのは、上記の3つでしょう。 うがいや手洗いを徹底したり、マスクを着けるだけでも効果はあります。 また、ウィルスは乾燥した粘膜に付きやすいので、のどや鼻を潤すために加湿器をデスク周りに置いておくことも効果的です。 また、外からだけではなく、内側から強い身体を作ることも風邪予防に効果的です。 内側から身体を強くするには、以下の方法を試してみましょう。 十分な睡眠を取る• しっかり栄養を取る• 運動をする• サプリメントを補助的に飲む 免疫が低下していると風邪を引きやすいです。 免疫を上げるには、十分な睡眠や食事で栄養をしっかり取り、運動をして体を鍛えると良いです。 運動は、無理のない範囲で継続できるものが理想です。 そして、栄養補助的にサプリメントを摂取するのも良いでしょう。 また、寒暖差にやられて風邪を引く場合もあります。 寒暖差で、自律神経の調整がうまくできず、体調を崩してしまうのです。 寒暖差が原因の場合でも、規則正しい生活を送り、睡眠や栄養をしっかり取って免疫を上げるようにしましょう。 ここまで、基本的な風邪の予防方法について紹介してきました。 今後の参考にしてみてください。

次の

風邪で仕事を休むのはアリ!風邪で仕事を休む時の3つの注意点

風邪 仕事

「風邪や熱で休むのは社会人失格」がおかしい2つの理由 バイオテロになる可能性があり、マクロな視点で考えたら社会全体の生産性を下げてしまうからです。 風邪や熱で会社に来ると「他の人にうつすかもしれない」と考えないのはヤバい 風邪や熱で体調が悪いまま会社に来ると、周りの人にうつす可能性があるかもしれませんよね? もしサービス業など、お客さんと顔を合わせる仕事であれば、身体の中にあるウィルスが相手にうつってしまう可能性もあります。 つまり会社規模で考えたら「労働力が減る」ですが、社会規模で考えたら「バイオテロ」なわけです。 お客さん側の立場から考えても、「仕事場に来るなよ」とか「風邪引いてるのに来ないで!うつったらどうするの!?」って思いますよね。 他人から風邪をうつされたらイラっとしませんか? そして、風邪薬や解熱剤ではウィルスは止められないし、マスクをしていても100%カットできるわけではありません。 そう考えた時に、2次災害が起こるかもしれないわけで、、、危険なウィルスを持った人を、わざわざくだらない常識のために来させる方がどうかしてますよね。 どんなに気をつけても風邪はひくし熱は出る(努力ではどうにもならない) それに当たり前ですが、どんなに予防をしても100%防げるわけではありません。 どんなに気を付けて体調を管理したとしても、風邪をひく時はひくし、熱出る時は出ます。 つまり「どんなに気を付けていたとしても、完璧に防ぐことなんて不可能」なんです。 本来、 風邪を引いたり熱が出たら「運がわるかったな」くらいなコトなんです。 自分ではどうしようもできない確率的なことに関して「体調管理ができてないなんて社会人失格!」なんて考え方は、ちょっと根性論過ぎませんか? 体調悪くなったものはしょうがないわけですよ。 それに仕事の面で考えるなら、無理して仕事をしてもらうよりも、1日でも早く治してバリバリ働いてもらったほうが間違いなく生産性は上がります。 「風邪や熱で休むのは社会人失格」が通用しない世代の生き方 自分自身を大事にして長期的な視点で考える事です。 無理せず身体を休ませることが立派な社会人です 「風邪や熱を出して会社を休むなんて社会人失格」「薬飲んでも働きに来い」って考え方は、働けば働くほど経済成長していた時代の常識です。 「いかに高い付加価値を作るのか?」を考えずに身体を動かせば売上が右肩上がりになっていた時代や、ルーティンワークだけやっていれば勝手に給料上がる時代の時は通用したかもしれません。 だけど今は付加価値が情報空間に移行してるので、「 労働の価値を上げて付加価値を増やしていくことが必須」になってます。 つまり「いかに抽象思考し続けて、世の中のニーズを満たすのか?」という頭脳労働が中心となってるわけです。 特にこれからの社会では、常に抽象思考をし続けて付加価値を上げてく必要があるので、「風邪や熱が出ても働け」と、とにかく身体を動かして「いかに長く働いたか?」では通用しません。 仕事だけでなくて人生全体で考える 仕事だけで考えるのでななくて、健康などの人生全体で考える人が、これからますます富む時代です。 むしろ「体調悪くてもとにかく働け!」という根性論的な考え方の人は、付加価値を高めていくための抽象思考が出来ないので、格差が急激に広がる現代社会では、気づいたら貧しくなってしまいます。 僕たちはほぼ間違いなく一生働き続ける事になります。 そして単純労働だけして給料があがって、「定年退職&年金暮らし」で逃げ切れる世代ではないので、通用しない変な常識に縛られると、ますます生きにくくなるだけです。 働く意味を再確認していこう 時代は大きく変化して、働き方も価値観もパラダイムシフトを起こしてます。 産業革命以上の変化じゃないかなと思います。 まさに僕たちは時代の激流の中で泳いでいるわけですね。 なので僕たちがやるべき事は、働く意味を再確認することです。 僕はマインドコーチとしても活動してますが、セッションをする時には必ず「仕事のゴール」についてもう一度再確認していきます。 まず仕事の定義を明確にします。 仕事とは「 自分の機能を社会に提供してよりよい社会を実現する事」です。 つまり自分が「どんなことで社会にかかわりたいのか?」が仕事だという事です。 例えば 仕事:パティシエ 提供してる価値:おいしいお菓子を食べて幸福感を得る事で、日ごろのストレスを解消してほしい みたいな感じです。 職業は「仕事のゴールを達成するための手段」なわけですね。 仕事のゴールの設定方法については を参考にしてください。 自分で働き方を選べるポジションに移行する 僕たちは間違いなく一生働き続けます。 平均寿命も100歳超えることは間違いなくて、例えば現在30歳だとすると、、、あと70年も働き続ける事になります。 となると企業の平均寿命は23. 5年()なので、一生のうちで3回は会社を変わる可能性があるという事です。 つまり僕たちは、「同じ場所で一生働き続ける」ポジションをとるのではなくて、 「自分で働き方を選べる」ポジションに移行すべきという事です。 「じゃあどうすればいいのか?」というと、まずは「自分は自由に働き方を選べる人間だ」という自己イメージを創ることです。 なぜなら僕たちは「自分が正しいと思ってる自己イメージ通り」に、現実を創ってしまうからです。 潜在意識は、自分がどれほど優秀か、どれほど成功しているか、どれほど壮健か、どれほど頭が良いいか、どれほど愛情豊かかという、現在のあなたの考えを守ろうとします。 以前はどうだったか、将来はどうなりたいか、どんな潜在能力があるのかを考慮に入れることはありません。 現在のあなたが十分だと決めたことを維持するのです。 アファメーション ルータイス著p121 だからこそまずは自分自身を変えていくべきです。 「自分で働き方を選べる」ポジションに移行すべきいうと、例えば「自分で稼ぐ力を身につける事」です。 なぜなら僕も経験しましたが、苦しい環境に身を置かざる負えない原因は「職場を辞めたら食べていけない」という恐怖心があるからです。 だからこそまずは周りではなく自分自身を変える必要があります。 そのための方法は にまとめてあるので参考にしてください。 どんどん休んで長期的に人生を考えて生きていこう 短期的に考えたら体調不良を押して我慢して働いたほうがいいかもしれませんが、単純作業的な仕事は残念ながら、人工知能の普及でなくなっていきます。 このまえ東京に行ってホテルに泊まった時にびっくりしたことがありました。 それはホテルのフロントが1名しかいなくて、清算やチェックインなどの作業をすべて「備え付けの機械」で、お客さん自身がやるようになっていたことです。 ビジネスホテルだと「全てフロントを通すもんだ」と思ってましたが、まさか機械でやるなんて思ってもみませんでした。。。 今回はホテルの話でしたが、これから人が特に携わらなくてもいい作業は機械化することは間違いないありません。 コンビニも2025年までに自動レジを導入するという方向で動いてますし、単純作業という「やらなくていい仕事」を代わりにやってくれる時代は、すぐそこまで来てます。 だからこそ僕たちは、自分で高い付加価値を生み出せるように、今から働き方を変えたほうがいいです。 そういう意味でも「風邪や熱で会社を休むなんてNG」とか「体調管理が出来てないなんて社会人失格」なんていう間違った常識を捨てる事から始めるべきです。 「10年後、20年後に付加価値を高めて、自分の1時間当たりの価値を最大化するためにはどうしたらいいんだろう?」 と長い目で考えて、働き方を選択した方がいい事は間違いありません。 そのためにも10年後、20年後のゴール 目標 設定をしてみるといいです。 風邪とか熱が出た時はさっさと休んで、将来を見据えて行動してきましょう。 もしあなたが将来を見据えた正しいゴール設定ができるようになることで、「風邪や熱で休むのは社会人失格」という現状を打開して、仕事の悩みを解消出来るようになりたい場合は、下記の無料動画講座で学んでください。 『仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスから解放する』マインドコーチ 社会人としての夢を描けないまま、東証一部上場企業を新卒入社後、たくさん読書をする中で、「このまま働き続けても未来がない」と危機感を覚え、10ヵ月で退職。 そして転職先を精神的ストレスで1日で行けなくなり辞めてしまう。 転職大失敗後に親しい人たちから批判されまくり、人間不信になって2ヶ月引きこもった後、3年間フリーターとして働く。 「こんな生き方で人生を終えたくない」ともがき続けたときに、コーチングと出会って衝撃を受けた後、コーチングとビジネスを実践しまくる。 その結果、3か月で独立して、やりたいことだけする生活を送り、晴れて自由の身に。 趣味活動や、創作活動に打ち込んだり、好きな場所へ好きな時に行ったり、自分が興味関心を持っていることや、大好きな人たちと自由につながる毎日を送っている。 岐阜県生まれ岐阜在住。 心の底からやりたい仕事をして人生を楽しく豊かに生きるためのマインドの使い方、思考、戦略をブログや動画、メルマガで配信中。 現在メルマガにて「」を期間限定で無料公開中。 詳細はにて。 「 自分なりの幸せ・価値基準で生きる」をテーマにしたメルマガをはじめました! ブログやYouTubeでよく聞かれる、コーチングの使い方や仕事の悩みを解消するコツ、ビジネスの事などを体系的にまとめて配信します! さらに 「仕事の悩みを解消するためのマインドの使い方」を習得できるように、5つのコーチング動画プログラムにまとめて、今だけ無料公開中! メルマガとコーチング動画講座をもとに、あなたにも仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスを解消する状況を作っていただき、自分と未来に誇りと確信をもって幸せに生きてもらいたいと思います。 このブログでは、 頑張っても仕事の悩みが解決できずに 「このままの人生でどうすればいいんだろう」と未来に絶望していた状態から、 コーチングで正しいマインドの使い方を習得した結果、 仕事の悩みを全て解消して、自分でビジネスを始めて起業するまでに至り、 やりたいことだけをする生活をしていて、自由と豊かさを得て人生を変えた方法 について話をしています。 岐阜県生まれ岐阜在住。 福岡大学卒。 普段は岐阜と名古屋を拠点にしつつ、日本中や海外から仕事の依頼を受けて活動しています。 色んな分野の本を読む読書好き。 もっと詳しく僕のことを知りたい人は、 下記から読んでください。

次の

新型コロナウイルス、症状は? 風邪とどう違う? 医師が解説

風邪 仕事

風邪をひいてしまった際には、仕事を休みじっくりと眠ることがもっとも望ましいと言えます。 風邪は、原因となるウィルスへの感染と抵抗力の低下によって生じます。 風邪をひいてしまった場合には体の抵抗力を強めて風邪の原因となったウィルスを倒してしまうことが重要です。 そのためには、じっくりと睡眠時間をとり眠ることが重要となります。 しかし、現実には風邪を引いてしまってもなかなか仕事を休めないという方も多いのではないでしょうか。 一般の会社では、多少の風邪を引いてしまっていても仕事の忙しさからなかなか休めない場合が多いようです。 風邪であってもどうしても仕事を休めない場合には一体どうすれば良いのでしょうか。 ドリンク剤を活用する 風邪をひいてしまったけれども仕事を休めないときには、なにはともあれ「その日1日をなんとか乗り切る」ことが至上命題と言っても過言ではありません。 風邪を治すためには睡眠時間をとり体を休めなければ根治はしないので、とにかくその日の仕事をこなし家に帰ることが重要となります。 仕事を休めないのが1日程度であれば、薬局やコンビニなどで販売しているドリンク剤に効き目を期待することができます。 特に、一般の疲労回復用ドリンクよりも風邪用のドリンクが、風邪で休めない時には効果的です。 ビタミンC入りの栄養ドリンク・対風邪用ドリンクもあります。 ビタミンCは食後の摂取すると効果が高いため、仕事を休めないときには昼食後などに飲まれると良いでしょう。 薬局は早朝では開いていない場合もありますので、コンビニを活用されると便利です。 マスクとうがいをする 次に、風邪をひいても休めない場合にはマスクをして出勤をして仕事中はこまめにうがいをされることが重要です。 これは、前述した栄養ドリンクが「休めない時にとにかくその日をクリアする」ということを目的とするのに対して、風邪が悪化するのを防止するということを目的とするものです。 風邪を引いているあいだは体の抵抗力が弱まりますので、外からなおたくさんの風邪のウィルスを取り込んでしまい、風邪が悪化することが考えられます。 そこでマスクをすることで風邪のウィルスをさらに感染してしまうことを防止することが期待できます。 また、うがいは風邪のウィルスの活動を低下させることができます。 つまり、風邪ウィルスは、乾いた環境で活発に活動しますので、うがいでのどを湿らせることで風邪のウィルスの活動を弱体化させることができます。 もちろん、のどにはいったウィルスを洗い流すという効果も期待することができます。 仕事を休めない時であっても、オフィスでうがいをすることは比較的可能であると思われます。 マスクをして出勤し、職場ではこまめにうがいをすることで風邪が悪化することの予防を期待することができます。 どうしても風邪がひどい時には思い切って早退をする 風邪で仕事を休めない場合であっても、限界を超えてしまい職場で倒れるなどとなってしまっては、かえって仕事に迷惑をかけてしまいかねません。 また、ご自身の体のためにもいかに仕事で休めないと言っても限界は設けるべきでしょう。 具体的には、38度を超える発熱がある場合には、仕事を早退されることを強くおすすめでします。 「休めない」といって働く場合であっても、38度以上の熱が出ているような場合には倒れてしまうおそれなどもあり、もはや限界であるということができます。 どんな場合であっても資本はあなたの体であり、風邪を治してから、また一生懸命働けば良いのです。 風邪で38度を超える熱があるような場合には、もはや「休めない」ということの限界を超えているものとして、早退の手続きを取られることを強くおすすめします。 風邪だけど仕事を休めない場合には、「その日を乗り切る」ということが大きな課題となります。 仕事を休めないことを前提に、1日仕事をするのであればコンビニや薬局の栄養ドリンクを利用することがおすすめできます。 栄養ドリンクは疲労回復用のものよりも風邪用のものを選ばれたほうが効果的です• 風邪だけど仕事を休めない場合には、「その日を乗り切ること」に加えて風邪を悪化させないことも重要です。 風邪を悪化させないためには、マスクをすることやこまめにうがいをすることなどが重要です• 風邪で仕事を休めないと言っても限界はあります。 具体的には熱が38度を超えてしまった場合などには、健康のために早退をして休まれることが強くおすすめできます.

次の