妊活 ファスティング。 ファスティングで妊活!(第3回NY妊活クラブ、妊活ワークショップ報告)

妊活ファスティングで卵子の質を上げる

妊活 ファスティング

いきなり1週間で始めると倒れてしまうよ どうしてファスティングをするのか 人は、いつも普段から食べたいものを食べていますと、必要な栄養素もありますが、腸内環境を悪化させ、有害な毒素を体内に蓄積してしまい、 代謝力の低下や消化不良を起こしたりしてしまいます。 その結果、健康が阻害されてしまい、肌荒れを起こしたりといろいろなトラブルを引き起こしてしまいます。 そのため、固形物を食べないことで、日ごろから働きつづけている内臓を休ませることで、体の中にため込んでいた有害物質を排出できるようになります。 ファスティングを行いますと、固形物などの食事を食べていませんので体重はその分減りますが、消化器官を休ませることにより、 美容だけではなく、代謝が上がったり味覚が敏感になったりと、健康な体を維持する効果も見られます。 人が働きすぎると疲れるように内臓も同じなのね いっさい口にできないの? ファスティング中は、固形物を食べることはできませんが、 水分は飲むことができます。 そのためファスティング中でも必要な栄養は摂る必要がありますので、 酵素水などの栄養成分が入った飲み物をを飲みファスティングをされる方が多いですね。 ファスティングには準備期間が必要 ファスティングを行う前後では、お粥など体に負担がかからないような食事をすることが必要です。 突然、ファスティングを始めますと、体が食べないことに慣れていませんので、食事内容を体の負担が少ないものに見直して、ファスティングを行うための体に慣らしていく必要があります。 ファスティングが終わった後も、好きなものを食べるのは禁物です。 ファスティング中に、何も食べていなかったのに、突然胃の中にお肉など食物が入って来ますと体もびっくりして負担になりますので、体に良くありません。 ファスティングを始める前と同じように、少しずつ、体を慣らしていく必要があります。 初心者の方は、ファスティングを行うにあたり、準備期間や回復期にどのような食事を食べたり、水分を飲んだり行えばよいか、難しい面もあります。 ファスティングに向かない人もいる ダイエットのため、デトックス効果があるからと、誰もがファスティングに向いているとは言えません。 成長期の方や体力のない高齢者の方は、体への負担から健康を害してしまう恐れもありますので、ファスティングは控えた方が良いでしょう。 準備期間や回復期も必要ですので、忙しい人も体調を崩しやすいこともありますので、控えた方が良いです。 体調を崩す人もいる ファスティング中は、 好転反応という、排出された毒素が血液の中に押し出されて、体調不良になる人もいます。 体内から毒素が出ている反応なので、正常とも言える反応ですが、辛ければ無理に続けるのは危険なので止めた方が良いです。 1DAY CLEANSE SET(ワンデイクレンズセット)であれば、スケジュールと 必要なものは用意されているので、そのまま負担なくスムーズにファスティングの世界を感じることができるでしょう。 実際に1日ファスティングを突然やってみると 実際に1日だけ何も考えずにファスティングを1日だけ突然やってみると大変でしたね。 ただただお腹が空いて、ファスティングが終わることだけ考えていましたw ファステキングをするのに前日にラーメンはダメよ! 食べていない分、排泄をしたあとであれば胃の中がないぶん 体重は減っています。 そして、若干の スッキリ感は感じます。 でもお腹が空いてご飯が美味しかったですw やはりファスティングをするのでしたら、 きちんと準備をして始める方が良いです。 しかし、1日だけと言っても実際は、準備期3日と回復期3日があるため、ファスティング日と合わせて1週間をかけて行います。 その1週間のに必要な、プログラム・酵素スムージー11包・ジンジャースープ2包・クレインズがゆ1包が用意されていますので、それに従って行うだけで、手軽にファスティングができるアイテムとなっています。 ファスティングセット12食分のカロリーは、酵素スムージーは429カロリー・ジンジャースープは30カロリー・クレインズがゆは92カロリーとなっており、全部摂取しても551カロリーとなっています。 他に自身で用意しなくても、 基本これだけで良いので便利ですよね。 慣れて来ますと、ファスティングの日数を伸ばしてみるのも良いかもしれませんね。 みなさん続けられている人は、慣れてしまえば、それ程辛くはないと言われています。 何事も慣れということでしょうか?w ファスティング前と後の食事から飲み物まで、これだけで大丈夫だから安心してできるね お値段は お値段は、通常価格ですと7980円ですが、短期集中クレインズコースですと初回限定で送料のみのお値段で600円で行うことができます。 ただし注意点があり、最低4回以上の継続が条件ですが、割引もあり2回目以降は25%OFFの5980円(税別)で15日毎に一箱送られてきて、ファスティングができますので、お得なお値段となっていると思います。 まとめ 最近、流行ってきているファスティングですが、思いつきで始めてしまいますと、健康を害してしまうこともありますので、知識や経験がなくても手軽にできるファスティングセットは便利かと思います。 しかも割引もあり、継続して続ける人にもお求めやすくなっており、定期的に週末ファスティングを行うのも良いかもしれませんね。 この機会に検討してみてはいかがでしょうか? みなさんのダイエットのお役に立てましたら幸いです。

次の

【妊活ファスティング①】田中式ホリスティック妊活法体験者の声

妊活 ファスティング

昔は妊活という言葉自体がなかったのに、最近ではよく耳にする妊活という言葉。 なぜ、昔は不妊で悩む人が少なかったのか、ファスティングマイスターの目線から考えてみました。 早速、不妊の原因から見ていきましょう。 不妊の原因は食生活が関係されている ・食の欧米化 ・菓子パンに入ってるマーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸 ・コンビニ弁当の保存料や添加物 ・ウインナー、ハム、ベーコンの発色剤 ・有害金属 ・肉や牛乳、ヨーグルトに含まれるホルモン剤 など、人間の体に不必要なものが毎日食べている食品に含まれています。 昔は和食しかありませんでしたが、輸入品が増えたり、コンビニの普及により添加物を食品に入れるようになりました。 自覚症状がなく、食べてるつもりがなくても知らず知らずのうちに体内へ吸収されているという事ですね。 このような添加物や有害金属を体に蓄積されると、不調や病気の原因になってしまいます。 イライラ・疲れやすい・ネガティブ・落ち込みやすい・体が重たい・物覚えが悪くなった・太りやすくなったなどの症状ありませんか? 今は寝たきりや介護が必要なお年寄りが多いですし、末期がんで苦しんで亡くなる方も多いですので、寿命は延びているけれど、健康寿命は短命の日本なんですね。 元気な赤ちゃんを授かる為には、まずは自分(お母さん)の体調や体質を改善していきたいので、毎日の食事はとても大切にして頂きたいと思います。 それでは、2つ目の不妊の原因を見ていきましょう。 エネルギー発電所の役割・ミトコンドリアが少ない なかなか妊娠しづらい方は、卵子が活発ではなく、量も少ないと言われています。 この卵子を若返らせる事はなかなか難しいと言われていますが、本当でしょうか。 私は、ファスティングを勉強してからは、卵子も若返らせる事が出来るんじゃないのかなと思っています。 不妊に悩んでいる方のほとんどは、 ミトコンドリアが極端に少ないそう。 先ほど書いた、食べ物の添加物や有害金属でこのミトコンドリアは、傷いて減少してしまうのです。 普段から、深呼吸をしよう!!とよく言いますが、ミトコンドリアを活性できるので、妊活中じゃなくても深呼吸は毎日の日課にしたいですね。 ファスティングでミトコンドリアを活性しよう ファスティングでミトコンドリアにストレスを与えましょう。 断食することによって、ミトコンドリアが刺激されて活性されて増える事がわかっています。 ミトコンドリアを増やす食事は、 マグネシウム、Lカルニチン、シリカ、MSM、乳酸菌など。 これは、ミネラルファスティング専用ドリンクに含まれています。 (KALA) 毎日サプリメント代わりに、少しずつ摂取するのもいいですね! 病院でホルモン剤などで治療をお考えの方は、まずは ファスティングで妊活も選択肢のひとつとして試してみては、いかがでしょうか? できるなら、パートナーと2人でのファスティングをオススメします。 (精子は常に作られているので、ファスティングは有効的だと考えています) ドイツのことわざで【断食で治せない病気は医者でも治せない】と言われているんですよ 赤ちゃんが欲しいから、無農薬の野菜食べたりサプリメント飲んだりしている方も多いと思いますが、腸が汚れていたのでは吸収されにくいのです。 ファスティングで腸内環境をリセットすることによって、オーガニックの食材がより吸収されたり、サプリもしっかり吸収されると思いますので、まずは「 腸を綺麗にすること」を意識してくださいね。 赤ちゃんを授かる前にファスティングは絶対やった方がいいと私は思っています。 それは、現代の子供にアトピーや喘息が多いのは、お母さんの腸内環境が赤ちゃんに遺伝すると言われているからです。 (もちろんお母さんの腸内環境が全ての原因ではありませんが) お母さんの長年蓄積された有害物質や有害ミネラル、食品添加物などの毒素を子供に持たせてしまう場合があるそうです。 女性にとって出産と授乳が1番のデトックスと言われるのも、母体から子供に・・・と言うことなのです。 水俣病もみなさんご存知かと思いますが、水銀中毒に侵された母親の臍帯を通して、胎児の脳へと水銀が流れて、産まれてきた赤ちゃんは胎児性水俣病(先天性水俣病)を発症しました。 カミネ油症事件PCB(猛毒ダイオキシン)が混入した食用油を摂った母親から生まれた赤ちゃんが肌が黒くガサガサしていて、剝げ落ちるなどの病気が先天的に発症したました。 油症患者がファスティング(断食)を行なった結果、約9割の患者のダイオキシン類の排泄量が増えて症状が大幅に軽減 したそうです。 妊活中の方は、是非ファスティングで赤ちゃんの為にも、有害ミネラル、有害金属をデトックスして万全な準備をしてくださいね!.

次の

酵素ファスティングとは|一般財団法人 内面美容医学財団(IBMF)

妊活 ファスティング

スポンサーリンク 妊活で「ファスティンング」がもたらす3つの効果 1、体液の浄化ができる 卵子も 細胞なので当然 体液によって運ばれてきた 栄養素を受け取り、老廃物を排出しています。 しっかり栄養を受け取った卵子は受精も着床もしやすくなります。 そして 受精した瞬間から お母さんの 血液で成長していきます。 腸内環境が整うことで 血液が綺麗になります。 なぜなら、 血液は腸で作られているからです。 栄養たっぷりの血液で成長した受精卵が行き着く先は、きれいな体液で満たされた 子宮です。 きれいな体液で赤ちゃんを迎え入れましょう。 ドロドロの血液よりも、きれいなサラサラした血液の方が、流れが良いです。 血流が良いと、 体の隅々まで栄養が届きます。 もちろん、 卵子や子宮にも届きます。 なかなか赤ちゃんができないということは、まず 卵子に栄養が届いていない可能性が高いのです。 ファスティングで血流を良くしましょう。 3、副腎疲労の暖和ができる あらゆる ストレスに対してカラダを守ろうとするのが 副腎の仕事です。 不妊の 80%がこの副腎という臓器がが疲れている『 副腎疲労』が原因だと言われています。 その 副腎を疲れさせている原因は、体の中に 有害物質があるために 体の内側からストレスを受けているためです。 酵素ファスティンングをすることで、有害物質を体外に排出することができます。 これに対し、 『 酵素ファスティング』は 1、『準備期』 2、『酵素ファスティング期』 3、『回復食期』 ファスティングで 重要なのは、ファスティング 前の 準備食、そしてファスティング 後の 回復食です。 特に、 回復食で、 消化に悪いものや、 質の悪い油、 食品添加物を摂ってしまうと、3日間のファスティングが 台無しです。。。 効果的な正しいやり方を守って『酵素ファスティング』に臨みましょう。 では、酵素ファスティングのやり方を『 準備期』『酵素ファスティング期』『回復食期』の3つに分けて説明します。 準備期 2日間 『酵素ファスティング』を行う前の2日間は、 体を慣れさせるための準備期間です。 ファスティング中、何も食べれないからといって、ファスティング直前に、お肉やファストフードなどで どか食いをしたり、コーヒーなどの カフェイン、 アルコール、 食品添加物やトランス脂肪酸などの 悪い油を摂っていると、この後の3日間のファスティングで 頭痛が起こったり、 空腹に耐えれないといった事があります。 なので、 ファスティング前の2日間は、『ファスティング用アシスト食』以外は摂らない方が賢明です。 どうしてもお腹が空くようでしたら、フルーツやサラダを良く噛んで食べたり、お味噌汁など、食品添加物が入っていない、 消化に良いものなら良いでしょう。 ファスティング入る 1週間前からは、酵素を無駄使いしてしまう、高GI食品、食品添加物、肉、揚げ物、お菓子、チョコレート、ファーストフード、コーヒー、アルコールを できるだけ控える事が重要です。 酵素ファスティング期 酵素ファスティング期間中、口にするのは、専用の 『酵素ファスティングドリンク』と 『水』のみです。 酵素ファスティングは、 体調が優れない時や、 生理時を 避けて行ってください。 大人1日の水分の 摂取量は1. 酵素ファスティング(回復食期)後の食事 リセットされた体に、良い栄養素を入れていきましょう。 ここで気を緩めて、ファストフードや外食などを控え、ここから 細胞に良い栄養を届ける事が大事です。 できるだけ、以下の食品を多く食べるように心がけることが効果的です。 酵素をたくさん含む、生のフルーツを積極的に摂りましょう。 生の野菜も 酵素がたくさん含まれています。 サラダには亜麻仁オイルをかけて食べるのがオススメです。 ワカメ、もずく、昆布などの 海藻類は、ヨード、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ビタミンB群が豊富です。 大豆食品には、良質なタンパク質、食物繊維が豊富で、納豆や味噌の 発酵食品を摂る事で善玉菌が増え腸内環境を整えます。 きのこには、食物繊維が豊富で、腸のお掃除をしてくれます。 また、 多糖体(免疫力を高める)も含んでいます。 ゴマやナッツには、オメガ3の脂肪酸を含み、 細胞に栄養と酸素を届けてくれます。 また、 ビタミンEが 女性ホルモンのバランスを整えます。 青魚の DHAもオメガ3の脂肪酸で細胞に栄養と酸素を届けます。 そのほかにも、妊活に必要な 亜鉛や 鉄も多く含みます。 芋類は、 食物繊維が多く腸内を綺麗にしてくれます。 また芋に含まれる ビタミンCが ストレスを暖和し 卵巣を守ります。 唐辛子は、ビタミンが豊富です。 また体温の上昇に役立ち、 酵素の働きを良くしてくれます。 玄米や雑穀は 食物繊維や ミネラルが豊富で、血糖値の上昇を緩やかにするため、 細胞の劣化を防ぎます。 まとめ 酵素ファスティングは、固形物を食べない事で 細胞のリセットや 腸内環境を整えたり、 脂肪を糖に変える回路にスイッチを入れるといった、 細胞レベルで体質が変わります。 その『 リセットされた体』に 良い栄養素を入れる事が最も重要です。 空腹を心配されますが、準備期に体を慣らしておくと、思ったほど空腹になりません。 また、酵素ドリンク(発酵飲料)で 栄養は摂れていますから、糖分が足りなくて頭がぼーっとすることもありません。 ただ、『噛まない事』に耐えるだけです。 最初は心配かもしれませんが、2回目、3回目は要領をつかみ慣れてきます。 細胞をリセットできる 唯一の方法『 酵素ファスティング』。

次の