蒔か ぬ 種 は 生え ぬ。 蒔とは (シとは) [単語記事]

「蒔生」に関連した英語例文の一覧と使い方

蒔か ぬ 種 は 生え ぬ

では、種をまく、をまく、まきちらす、という意味がある。 〔・巻一〕に「更()めて別に種うるなり」とある。 〔・第十二〕に「蒔、立なり」「蒔、更なり」とある。 字形 形。 音訓 は、シ(音)、ジ(音)、は、うえる、まく。 規格・区分 人名用である。 に人名用に採用された。 第一準。 異体字• 畤は、〔集韻〕に「ひは作る」とある異体字。 また別の意味がある。 第二準。 秲は、〔〕〔広韻〕などにある異体字。 また〔広韻〕に「稻の名。 秲𥣬」とある。 𦔌は、〔正字通〕に「俗の蒔字」とある異体字。 𦱗は、〔正字通〕に「蒔の本字」とある異体字。 は時の。 𦱎は、〔正字通〕に「俗の蒔字」とある異体字。 𦸎は、〔集韻〕に「ひは作る」とある異体字。

次の

野菜のタネ 農業屋.com

蒔か ぬ 種 は 生え ぬ

春蒔・秋蒔兼用の早生種。 根揃い抜群で味も最高 【特性】 早春から晩秋までいつでも種をまくことが出来ます。 根身15cm位、橙赤色で先端まで肉付良く、揃いも良好です。 家庭菜園に最適で、食味良く栄養価も豊富です。 【利用法】 甘味に富み煮物、炒め物、サラダ等に好適です。 間引いた時の人参の葉はおひたし、汁の具等に利用できます。 【土づくり】 ・種まき前に石炭を散布し、よく耕して土を中和させておきます。 ・肥料は堆肥、油かす等を元肥に施しますが、肥料の塊があると分岐根になりやすく注意。 【たねまき】 ・40cm幅のうねにスジまきします。 ・タネがかくれる程度、土をかけます。 ・発芽まで土が乾燥しないように水を与え、適度な湿度を保ちます。 【栽培のポイント】 ・発芽後は順次間引きし、株間を10cm位にします。 根部が肥大すると土寄せします。 ・肥料は間引き後と生育に伴い化学肥料等を時々与えます。

次の

蒔とは (シとは) [単語記事]

蒔か ぬ 種 は 生え ぬ

秋まき、春まき両方できる極早生種! 【特性】 野崎系より極早生のものを目的とし育成した、秋まき、春まき共に何処にも適す品種です。 収穫日数45〜50日で淡緑色、柔軟で頭部の包合性と緊りが良いです。 1球1.5kg位、寒暖何れの地にも栽培容易です。 播種期は8月中旬〜9月中旬が最も良く能力を発揮します。 【栽培方法】 <苗づくり> 直径9cm(3号)のポリポットに4粒のタネをまき、2〜3回の間引きで1本立ちにし、本葉5〜6枚にします。 <植えつけ> 本葉5〜6枚の植え付け適期の苗を準備します。 一週間前に土作りを済ませておいた幅60cmの畝の中央に40〜45cm間隔で植え穴にジョウロの水を注ぎ込み、水が引いたら苗を植え付けましょう。 植付け後、ハス口をつけたジョウロでたっぷり水をかける。 <病気・害虫対策> 雨による泥のはね返りなどで軟腐病などの病気にかかるのを防ぐにはマルチ栽培が効果的です。 ハクサイにはアブラムシやアオムシなどの害虫がつきやすいので、植えつけ直後に防虫ネットをトンネルがけにして予防しよう。 <追肥、中耕、土寄せ> 植えつけの2週間後から2週間に1回程度、化成肥料を追肥します。 追肥後は土と肥料がよく混ざるように軽く耕し、株元に土寄せしましょう。 株の直径が40cm程に成長したら、いったんマルチをめくって畝の方に肥料をまきましょう。 <収穫> 球の上部を手で押してかたく締まっていたら採りごろです。 品種ごとの収穫までの日数の目安も参考にするとよいでしょう。 外葉を押し広げ、株元を包丁などで切り取って収穫します。 すぐに収穫しないときは、外葉ごとヒモで縛って、中の球を寒さから守ってあげましょう。

次の