佐川 急便 集荷 料金。 【佐川急便】料金一覧|送る・受け取る

【佐川急便】料金一覧|送る・受け取る

佐川 急便 集荷 料金

Contents• 佐川急便とは 佐川急便の事業内容 はヤマト運輸と並び称される事も多い大手運送会社の一つです。 佐川急便は物流に関する幅広い事業を手がけており、企業向け配送、宅配事業はもとより、特殊物輸送や鉄道車両、航空便ビジネスなど総合物流企業として先進的なロジスティクスを展開しています。 一方、その親会社であるSG(佐川)ホールディングスとは、もともと佐川急便から誕生した純粋持株会社であり、現在の 佐川急便はそのSGホールディングスのグループ企業という位置付けで物流というインフラを担っています。 『信頼、創造、挑戦』• お客様と社会の信頼に応え 共に成長します• 新しい価値を創造し 社会の発展に貢献します• 常に挑戦を続け あらゆる可能性を追求します 佐川急便の将来性 佐川急便 (SGホールディングスグループ)は2017年12月に東証一部上場を果たした日本を代表する総合物流企業で、その業績は高い水準で安定しています。 近年のEC市場の爆発的な成長によりセールスドライバーの仕事は需要が高く、人手不足が続いてる業界である事から、今後も佐川急便のセールスドライバーは安泰 といえるでしょう。 佐川急便が求める人材 のセールスドライバーの仕事は、ただ荷物を運べば良いという単純な仕事ではありません。 その業務の幅はとても広く、荷物の配達や集荷、集金に営業活動と多岐に渡ります。 それは少し難しい仕事かもしれませんが、とてもやりがいのある仕事であるとも言えます。 佐川急便の企業理念、『信頼、創造、挑戦』から察する通り、佐川急便が求める人材 は誠実であり自分で考えて行動し挑戦する事を忘れず、自らを成長させることができる人物ということがいえるでしょう。 佐川急便の社内の雰囲気 佐川急便のセールスドライバー は職業柄、体育会系が多いと言われています。 佐川男子という言葉があるくらい、 活発で元気な社員が多いため は明るい 活気のある現場であると言えるでしょう。 ただ営業マンとして常に数字を求められる環境にもありますので、セールスドライバー 同士の競争意識も高く、適度な緊張感のある職場という事が言えます。 佐川急便は女性が働きやすい環境が整っている セールスドライバー はEC市場の拡大や少子高齢化の影響で今後もドライバーの不足が懸念ています。 そこで期待されるのが女性ドライバーの活躍です。 運送事業者にとって女性が働きやすい環境を整える事は直近の課題となっていますが、 佐川急便では を策定し、積極的に女性が安心して活躍できる環境の整備を推進しています。 佐川急便のセールスドライバーの種類 佐川急便のセールスドライバーとは は主に小型トラックに乗務して 法人向けを中心とした荷物の集荷、配達等を行う佐川急便 の代表的な職種になります。 その 業務内容はセールス活動、集配業務、物流提案、料金回収など多岐にわたり、現場の最前線で活躍する佐川急便のセールスドライバー は非常に重要なポジションを担っています。 佐川急便 のセールスドライバー はオフィス街などの一定のエリアを任されており、その任されたエリアの責任者、言わばエリアの社長という自覚を持って仕事を行わなければなりません。 それは厳しい一面もありますが、一方で個人の能力や人間性、努力が自分の業績となって現れるため、やり甲斐があり、担当エリアを育てていくという喜びもあります。 佐川急便軽四セールスドライバーとは 佐川急便 のセールスドライバー は力仕事が中心というイメージがあり、体力勝負な部分があります。 しかし は主に個人向け荷物の集荷、配達 が業務の中心になるため、、取り扱う荷物も小さなものが多く、体力的な負担も少ない職種になっています。 担当エリアが決まっていてエリア内の集配を行うという点ではセールスドライバー と同じ仕事内容ですが、 取り扱う荷物は宅配向けの小さなサイズを基本としている為、女性や年配の方など幅広い人たちが活躍しています。 佐川急便のセールスドライバーの具体的な仕事内容 荷物の配達と集荷 佐川急便のセールスドライバーはオフィス街など法人を中心としたエリアを担当し、2トン車などの小型トラックや中型トラックを運転して エリア内の顧客の荷物の集荷と配達を行います。 トラックを降りて顧客のもとに迅速に荷物の受け渡しを行うドライバーの動きは佐川急便のセールスドライバー の特色になっています。 営業 佐川急便 のセールスドライバー は 担当エリア内の顧客(企業)が他社に依頼予定の荷物を運賃交渉して 佐川急便で扱ってもらえるよう営業 したり、 佐川急便を利用した事のない企業に対して利用してもらえるように新規開拓の営業 を行ったりします。 物流プランニング 佐川急便のセールスドライバーは顧客に対して物流 効率化のための提案も行います。 顧客によっては通常の荷物発送だけではなく、佐川急便 の総合的な物流 システムを駆使したトータルな物流 の提案を任される場合もあります。 そんな時に顧客に対して真摯に向き合い効率的な物流 を提案する物流プランナー としての役割が佐川急便 のセールスドライバー には求められるのです。 佐川急便のセールスドライバーの1日の仕事の流れ 佐川急便 のセールスドライバー の1日の流れは以下のようになります。 出社・朝礼• 荷降ろし:営業所に到着した配送のトラックから荷物を降ろします• 仕分け:荷物を担当の地域ごとに仕分けます• 積み込み :自分の担当エリアの荷物をトラックに 積み込み ます• 配送:荷物の配送と同時に営業活動、物流プランニングも行う• 集荷:荷物の集荷と同時に営業活動、物流プランニングも行う• 夜間配達・再配達• 事務処理:伝票の整理、処理などを行います• 退勤 佐川急便 のセールスドライバー の仕事は担当エリアの個人事業主(社長)になるという考え方ですので、荷物の積み込み、集配、営業活動、事務処理など全て本人が責任を持って行うことになります。 佐川急便のセールスドライバーのきついところ 業務内容の幅が広い 佐川急便 のセールスドライバー の業務内容は多岐にわたります。 その業務は荷物の積み込みから始まり、集配から営業活動、物流プランニングに事務処理など多種多様です。 そういった 様々な業務内容にやりがいを感じる事ができる人であれば天職になるでしょうし、そうでなければ佐川急便のセールスドライバー はきついという事になってしまいます。 基本給が安い 佐川急便のセールスドライバーの仕事は基本給 が安い傾向にあります。 これはセールスドライバーの仕事は成績重視の歩合制の給与体系をとっているためで、佐川急便のセールスドライバー の仕事ではそれがより顕著になります。 基本給 が安い代わりに本人の成績や頑張りに手当てや賞与で答えるのが佐川流です。 ただ、上場してからは佐川急便の基本給も従来よりも上がって安定してきているとの声もあります。 残業が多い 佐川急便 のセールスドライバー は任された担当エリアの社長といった感覚があります。 売り上げのノルマを達成するには集配以外にも新規開拓など営業活動も行わなければなりません。 当然、 業務内容が多岐に渡るため、どうしても残業が多くなってしまうところも 佐川急便のセールスドライバー のつらいところです。 体力がきつい 佐川急便 のセールスドライバー が担当するエリアの顧客は数十件に上ります。 それだけの数の顧客を相手にする佐川急便 のセールスドライバー にのんびり荷物の集配を行う時間はありません。 当然オフィス街を走りまわる事も日常茶飯事ですし、体力の必要な重い荷物の積み下ろしもあります。 佐川急便 のセールスドライバー を目指すのであれば日頃から体を鍛えておいた方が良いかもしれません。 宅配は再配達がきつい 最近では宅配ボックスやのサービスなどが一部出てきていますが、日本ではまだまだ抵抗感のある方も多く、一般的とはいえません。 時間指定された荷物でも配達にいったら不在だったという事例もよくあり、 再配達は 佐川急便のセールスドライバー にとって大きな負担になっており、配送サービスを利用する側のモラルも問われています。 佐川のセールスドライバーの良いところ 安定して働ける 佐川急便 (SGホールディングス)は東証一部上場の大手企業であり、運送業界を牽引するリーディングカンパニーです。 その 業績はインターネット通販の普及もあり右肩上がりで伸びて続けており、安定して働けるところが佐川急便の大きなメリットといえるでしょう。 佐川急便のセールスドライバー として働く事はブランドであり誇りとなっています。 福利厚生などの待遇が充実している 佐川急便のセールスドライバー として働くうえでの大きなメリットは大企業らしく福利厚生や待遇面が充実している事が挙げられます。 のはもちろん、地域によっては週休3日制などユニークな働き方を採用している点も業界大手ならではと言えます。 しっかり休める 一般的なトラックドライバーは休日が少ない傾向にありますが、佐川急便 ではコンプライアンス、働き方改革を他社に先駆けて実践してきた実績があります。 佐川急便のセールスドライバー の休日は月9日が基本になっており、 十分な休日があるうえ休暇制度もしっかりしているため、プライベートも充実させる事ができます。 様々なスキルが身に付く 佐川急便のセールスドライバー の業務は多岐に渡るため、その業務をこなしていく中でさまざまなスキルが身に付くメリットがあります。 それは運転技術はもちろんの事、道にも詳しくなり、営業スキル、接客のスキルも身につきます、また 佐川急便 では研修制度が充実しているため、未経験者でも安心して働けるメリットもあります。 直接お客様からの感謝の声を聞くことができる 佐川急便 のセールスドライバー の仕事は地域密着型の営業マンの役割もあります。 その仕事の中で顧客からの意見や提案に耳を傾け、 荷物を届ける中で直接お客様から感謝の声を聞く事ができるのは 佐川急便のセールスドライバー にとって大きなメリットであり、モチベーションのアップに繋がっています。 職場の雰囲気が良い 佐川急便 のセールスドライバー は明るく前向きな人が多く、体育会系で元気な人が多いといった特徴があります。 また 風通しの良い社風も相まって佐川急便の職場の雰囲気はとても良いと評判です。 これには 運送業界トップの 佐川急便 で働く事のブランド力、誇りが社員のモチベーションのアップに繋がっている事も要因にあると思われます。 キャリアアップが目指せる 佐川急便のセールスドライバーには、さまざまな が用意されており、そのための教育体制が整っている点にも注目です。 本人の頑張り次第で一般社員からまずは主任へ、そこから係長、課長のポストが用意されており、さらには所長へとキャリアアップが目指せる事が大きなメリットとなっています。 もちろん現場にこだわってセールスドライバー の仕事を極める社員も多くいます。 佐川急便のセールスドライバーの給料・年収 佐川急便のセールスドライバーの は固定給ではなく歩合制を採用している事から本人の成績によっても変わってきます。 また 週休2日制、週休3日制のどちらかを選択できる営業所もあるため選択する休日によっても変わってきます。 そんな 佐川急便のセールスドライバーの平均的な給料・年収ですが月収35万円前後、年収 ベースで400万円〜500万円となっています。 佐川急便のセールスドライバーの労働時間・残業 佐川急便のセールスドライバー の労働時間は営業所にもよりますが、多くが8時間30分 勤務となっており、 休憩を含めて9時間30分が拘束時間となっています。 勤務時間は7:30〜17:00ないし8:00〜17:30となっている場合が多いですが、早出の場合もあり、実際にその時間内で業務が終わる事は少なく 3時間〜4時間の 残業 が発生する場合が多いようです。 佐川急便のセールスドライバーの休暇 佐川急便のセールスドライバーは休日はもちろん休暇 も充実しており、 有給 休暇や、特別休暇、育児・介護休暇や慶弔休暇 があります。 有給休暇 については事務職に関して言えば申請はまず通るようですが、セールスドライバーは繁忙期やその時の人員によっては却下される場合もあります。 佐川急便のセールスドライバーの福利厚生 は業界大手だけにトップクラスの充実度を誇っています。 その内容は以下のようになります。 待遇・ 福利厚生• 任意保険加入(全車両)• 自社教習所あり• 社会保障完備• 制服貸与• 退職金制度• 共済会制度(慶弔見舞金・入学祝金等)• 育児・介護休暇制度• 退職金制度• 交通費支給 佐川急便のセールスドライバーになるのに必要な免許資格 佐川急便のセールスドライバー になるのに、特別な資格は必要ありません。 普通 免許(AT限定可)ひとつあれば佐川急便のセールスドライバー を目指す事が可能です。 もちろん中型免許や大型免許 があればより仕事の幅も広がりますのでそういった資格があるに越した事はありません。 それは採用面接の際のアピールポイントになるでしょう。 佐川急便のセールスドライバーに向いている人 コミュニケーション能力が高い人 佐川急便 のセールスドライバー の仕事は荷物の配送の他に営業の仕事もあったりと人と関わる事が多い職種です。 荷物の受け渡しのほか、料金回収や自社サービスの提案など、 お客さんと接する機会の多い 佐川急便のセールスドライバー の仕事に向いている人はコミュニケーション能力が高い人になります。 責任感が強い人 佐川急便 のセールスドライバー の仕事はとにかく多忙で、安全確実な配達はもちろんの事、営業活動から顧客のクレーム対応までその業務内容は多岐に渡ります。 そんな 佐川急便のセールスドライバー に求められるのはどんな困難な事があっても仕事を投げ出さない強い使命感と責任感が強い人になります。 佐川急便の軽四セールスドライバーの具体的な仕事内容 は 主に 個人 宅を中心とした宅配の仕事を行います。 その 仕事内容は 荷物の配達、集荷 、料金回収、そして営業活動になります。 佐川急便 の 軽四セールスドライバーの仕事で扱う荷物は個人向けの軽く小さい荷物 が多いため、 女性の 軽四セールスドライバーや年配の軽四セールスドライバー も多く活躍しています。 佐川急便 の軽四セールスドライバーはより地域に密着した住民のインフラを支える身近な町のセールスマンとして重要な役割を担っています。 佐川急便の軽四セールスドライバーの1日の流れ 佐川急便 の軽四セールスドライバー の1日の流れは以下のようになります。 出社: 朝礼を行ったあと配達用の軽四バンを駐車場に取りに行きます。 積み込み :自分の担当エリアの荷物をトラックに積み込み ます• 配送:荷物の配送と同時に営業活動• 集荷:荷物の集荷と同時に営業活動• 夜間配達、再配達• 事務処理:伝票の整理、処理などを行います• 退勤 個人宅の宅配が中心となる佐川急便 の軽四セールスドライバー の場合、時間指定や再配達が大きなネックになっています。 佐川急便の軽四セールスドライバーのきついところ 再配達の手間がきつい 佐川急便の軽四セールスドライバー の仕事は個人向けの宅配が中心になります。 宅配の配達では日中では留守にしているお客様も多く が業界でも大きな問題になっています。 また再配達に向かっても不在であったり時間指定の荷物であるにも関わらずお客さんが不在といった場合もあり、再配達は軽四セールスドライバー の悩みのタネになっています。 ノルマがある 一般的なトラックドライバーの仕事であれば配達さえきちんとこなしていけば、ある程度の給料は保証されます。 ところが セールスドライバーの仕事の場合は売り上げのノルマを達成していかなければ満足いく収入を得る事ができません。 佐川急便の軽四セールスドライバー のきつい理由のひとつがこの歩合制で売り上げのノルマがある事ではないでしょうか。 体力的にきつい 佐川急便の軽四セールスドライバー の仕事は配達する件数が一日数十件もあり大変忙しい仕事です。 場合によっては住宅地を荷物を持って走りまわらなけばならない状況もあるなど、人によっては体力的にきついといった場合があります。 佐川急便の軽四セールスドライバーの良いところ 荷物が基本的に軽い 佐川急便の軽四セールスドライバーの仕事で扱う荷物は小さく軽い物である事が多いため、力の弱い女性の方や体力に自信のない男性の方でも安心して働く事ができます。 実際の現場でも主婦や年配の男性などさまざまなバックボーンを持った人が活躍しています。 そういった敷居の低さが佐川急便の軽四セールスドライバーの良いところではないでしょうか。 効率的に働ける 佐川急便の軽四セールスドライバーの業務はあらかじめ担当エリアが決められていて、一度地理を把握してしまえば効率的に働く事ができます。 仕事に慣れてしまえば自分なりの効率の良いルートを構築する事ができてテンポよく集配する事ができる点もこの仕事の魅力になっています。 特別なスキルは必要ない 佐川急便 の軽四セールスドライバ ーが担当する地域は主に住宅地になります。 その 軽四 セールスドライバーが乗務する車は機動性を重視した軽自動車になりますので特別なスキルは必要ありません。 オートマチック車も導入しているため、トラックの運転にはちょっと抵抗があるといった方やAT 限定免許 の方でも安心して仕事をする事ができます。 お客様からの感謝の声を直接聞ける 佐川急便 の軽四セールスドライバー は地域に密着した、ラストワンマイルの仕事で、地域住民の生活を支えるインフラの仕事になります。 そんな 佐川急便の軽四セールスドライバー にとって配達先のお客さんから直接感謝の声が聞ける事や、顔馴染みになったお客様との何気ないやり取りはモチベーションのアップ、仕事のやり甲斐につながっています。 佐川急便の軽四セールスドライバーの給料・年収 佐川急便の軽四セールスドライバー は準社員、アルバイト、パート社員などで採用されています。 もちろん 正社員の登用制度があるので、本人の頑張り次第でより高待遇な正社員を目指す事もできます。 軽四セールスドライバー の給料・年収は、準社員で月給で20万円前後、年収ベースで250万円〜300万円程度になります。 アルバイト、パート社員で時給1100円〜1400円程度になっています。 佐川急便の軽四セールスドライバーの労働時間・残業 佐川急便の軽四セールスドライバー の労働時間は営業所によって多少異なりますが、 準社員で8:00〜17:00、もしくは9:00〜18:00が定時の労働時間になっています。 ただ実際には 早出や 残業もあり、定時で終業できる事は少なく月40時間〜50時間程度の残業 があります。 その他、 アルバイトは1日8時間で週5日勤務、パート社員は1日4時間で週2日から可となっており、主婦や子育て世代も活躍しています。 佐川急便の軽四セールスドライバーの休暇 佐川急便の軽四セールスドライバー の休暇は年間の休日が110日程度で週休2日制になっています。 基本的には 月9日間のローテーション制で人員をまわしています。 その他有給制度、育児・介護休暇もあります。 佐川急便の軽四セールスドライバーの福利厚生 佐川急便の軽四セールスドライバー は準社員、アルバイト、パート社員で構成されており正社員ほど手厚い待遇ではない点は注意が必要です。 以下の表が佐川急便の軽四セールスドライバーの福利厚生になっています。 待遇・福利厚生• 交通費規定支給• 評価制度(年2回)• 賞与規定支給(年2回)• 制服貸与• 社会保険完備• 育児・介護休暇• 雇い止め規定あり(上限65歳) 佐川急便の軽四セールスドライバーの免許資格 軽自動車を運転して荷物の集配を行う佐川急便の軽四セールスドライバーはその敷居の低さが魅力になり特別な資格や免許は必要ありません。 普通免許(AT限定可)があれば佐川急便の軽四セールスドライバー を目指す事ができます。 その他に必要なものはやる気と頑張りになります。 佐川急便の軽四セールスドライバーに向いている人 きめ細かい配慮ができる人 宅配の荷物は個人のお客さんを相手にする仕事ですので、荷物の破損や対応の不備は即クレームにつながってしまいます。 そういった事からその接客態度や荷物の取り扱いには一層の丁寧さが求められます。 佐川急便の軽四セールスドライバー の仕事は営業職でありサービス業でもあるため、全ての業務に対し細かい配慮ができる方が求められるのです。 女性 佐川急便の軽四セールスドライバーの仕事は、荷物が小さく軽いものがほとんどなので女性 の方でも安心して働く事ができます。 また荷物の取り扱いや接客対応に、繊細さや丁寧さが求められる仕事ですので、 細かい配慮ができる 女性 にはうってつけの仕事といえるでしょう。 時間の融通がききやすい事も女性 におすすめな点といえます。 実際に主婦の方や子育てママが佐川女子として活躍しています。 慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。 ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、 「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば 情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。 ただ、ドライバーの仕事は忙しいので じっくり探す時間はなかなか取れないものです。 ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。 それなら、• 転職するしないに関係なく完全無料でサポート• 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる• もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです! ドライバーズジョブは ドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします! 登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

次の

佐川急便の飛脚宅配便の規格や料金など特徴を徹底解説!

佐川 急便 集荷 料金

佐川急便への集荷依頼の仕方 法人でなければ、集荷をしてもらえない・・と思っている人もいるようですが、佐川急便では個人であっても集荷に来てもらえます。 もちろん、貨物が一個であっても集荷に来てくれます! 佐川急便への集荷依頼方法は簡単です。 電話での集荷依頼 まずは電話での依頼方法から。 これは、佐川急便のフリーダイヤルへ電話をすれば、その地域担当区域の営業所につながりますので、 「送りたい貨物があるので集荷をお願いします。 」 と伝えればOK。 あとは、住所を言って大体の引き渡し時間を確認しましょう。 佐川急便の電話番号の調べ方 集荷依頼をする際の電話番号の調べ方ですが、 佐川急便のホームページから、「担当営業所検索」をします。 自分のお住まいの地域を選んでいくと、 一番近い営業所の情報にたどり着きます。 そこに記載のある 集荷専用電話番号 (0120から始まるフリーダイヤル) へ電話します。 裏ワザ 宅配ボックスがある所に住んでいる方は、不在票がはいっていることがあると思います。 そこにはドライバーさんの携帯電話番号が載っていることがありますよね。 この番号を控えておけば、直接ドライバーさんに連絡することも出来ちゃいます。 集荷依頼じゃなくても、早く受け取りたい配達を待っているときなんかに、 いつ来てもらえるの?と電話すると一番はやいです。 インターネットでの集荷依頼 佐川急便の集荷依頼をインターネットでする場合は、佐川急便のホームページから「WEBサービス」に登録する必要があります。 IDやパスワードを設定し、ログインしてから集荷依頼をしなければならないので、ネットになれていない人は面倒と感じるかもしれません。 メリットは、24時間集荷依頼を出来るところです。 (集荷に来てもらう時間帯が24時間ではありません。 地域によってはあるようですが) また、頻繁に佐川急便を利用する方もネット登録をしておくのもよいでしょう。 Sponsored Links 佐川急便への集荷依頼は余裕をもって! 込み合っている時は、すぐの集荷は難しい! 例えば、旅行に行く当日に貨物を送りたいとおもって午前中に集荷依頼をしても、込み合っていると午後しかいけませんという返事が返ってくることも。 そうなると、送ろうと思っていた貨物を自分で旅行先にもっていかなければならなくなります。 特に、お盆や年末年始などの忙しい時期には、そういうことが頻繁に起こります。 なので、余裕をもって一日前には集荷依頼をして貨物を送ってしまいましょう。 佐川急便での貨物の集荷依頼についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 集荷依頼は追加料金がかかるものではないので、こんな便利なものはありませんね。 ぜひ、利用しましょう。 関連記事: 佐川急便の貨物の集荷依頼についても方法を詳しく紹介しています。 Sponsored Links.

次の

佐川急便で着払いの荷物を送るにはどうしたらいい?送り状はどこでもらえるの?

佐川 急便 集荷 料金

【2018年2月28日追記更新】 こんにちは、横浜メガネ()です。 日本で小包を送るとすれば、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の3社のどれかを利用している方が多いと思います。 日本全国での小包総取扱個数の約9割がこの3社で扱っています。 シェアから見ると、ヤマト運輸が約47%、佐川急便が約32%、日本郵便が約14%となっています。 平成27年度の小包の総取扱個数は約37億個。 前年比約103%。 これだけ取扱っている数が多いのに、3%の伸びは凄いですね。 もっともっとネット通販が増えてくることが予想され、近いうちに総取扱個数が40億個を超える日が来ると言われています。 そんな中、トップのヤマト運輸が総量抑制や基本運賃の全面値上げをすると、話題を振りまいています これに続き、佐川急便と日本郵便も大口顧客を対象に値上げ交渉を行うようです。 ヤマト運輸が2017年10月1日、佐川急便が2017年11月21日に料金改定を行いました。 また、日本郵便が2018年3月1日に料金改定予定と報道発表がありました。 ここで気になるのが大口顧客との値段交渉ではなく、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の基本運賃の値上げ。 現状(2017年3月)では、まだ値上げがいくらになるのか分かってはいません。 今のところ、他社が個人顧客を対象に値上げをするとは発表されていませんが、気になるところです。 取扱い個数上位3社の値段がいくらなのかが気になり、料金や配達日数、差出せる場所などを、今後利用する際の参考にしたいと思い調べてみました。 勝手な想像でしたが、佐川急便が安くて、ヤマトは翌日配送エリアが広いと思っていましたが、意外な結果でした。 スポンサーリンク ヤマト運輸 宅急便料金(神奈川県差出) 区別 60サイズ 80サイズ 100サイズ 120サイズ 140サイズ 160サイズ 北海道 1,339 1,555 1,793 2,009 2,246 2,462 北東北 1,015 1,231 1,469 1,685 1,922 2,138 南東北 907 1,123 1,361 1,577 1,814 2,030 関東 907 1,123 1,361 1,577 1,814 2,030 信越 907 1,123 1,361 1,577 1,814 2,030 北陸 907 1,123 1,361 1,577 1,814 2,030 中部 907 1,123 1,361 1,577 1,814 2,030 関西 1,015 1,231 1,469 1,685 1,922 2,138 中国 1,123 1,339 1,577 1,793 2,030 2,246 四国 1,123 1,339 1,577 1,793 2,030 2,246 九州 1,339 1,555 1,793 2,009 2,246 2,462 沖縄 1,339 1,879 2,441 2,981 3,542 4,082 ・価格は税込み ・3辺(縦・横・高さ)の合計が160cm以内、重さが25㎏までの荷物が対象 ・上記サイズ、重量を超える荷物は「ヤマト便」で取扱い可能 ・直営店(営業所)、取次店、コンビニへの持込みで、1個につき100円割引 ・上記料金より、クロネコメンバー割は10%、クロネコメンバー割BIG は15%割引(適用条件あり) ・直営店(営業所)での荷物の受け取り指定で、差出し時に54円の割引(新設制度) ・料金表内、北東北と南東北に属する県 北東北(青森県、秋田県、岩手県) 南東北(宮城県、山形県、福島県) スポンサーリンク 佐川急便 飛脚宅配便(神奈川県差出) 区別 60サイズ 80サイズ 100サイズ 120サイズ 140サイズ 160サイズ 重量 2㎏ 5㎏ 10㎏ — 20㎏ 30㎏ 北海道 1,188 1,458 1,793 — 2,247 2,463 北東北 864 1,134 1,469 — 1,923 2,139 南東北 756 1,026 1,361 — 1,815 2,031 関東 756 1,026 1,361 — 1,815 2,031 信越 756 1,026 1,361 — 1,815 2,031 東海 756 1,026 1,361 — 1,815 2,031 北陸 756 1,026 1,361 — 1,815 2,031 関西 864 1,134 1,469 — 1,923 2,139 中国 972 1,242 1,577 — 2,031 2,247 四国 1,080 1,350 1,685 — 2,139 2,355 北九州 1,188 1,458 1,793 — 2,247 2,463 南九州 1,188 1,458 1,793 — 2,247 2,463 沖縄 1,880 3,456 4,601 — 7,442 10,368 ・価格は税込み ・3辺(縦・横・高さ)の合計が160cm以内、重さが30㎏までの荷物が対象 ・上記サイズ、重量を超える荷物は「飛脚ラージサイズ宅配便(260サイズ50㎏まで)」で取扱い可能・営業所、取次店への持込みで、1個につき100円割引 ・料金表内、北東北と南東北、北九州と南九州に属する県 北東北(青森県、秋田県、岩手県)南東北(宮城県、山形県、福島県) 北九州(福岡県、佐賀県、長崎県、大分県)南九州(熊本県、佐川県、鹿児島県) ・沖縄県が差出地もしくは宛先地の場合、「飛脚宅配便」ではなく「飛脚航空便」での取扱いとなるため、本来なら飛脚宅配便の料金表には載っていませんが、比較のため記載してあります。 日本郵便 ゆうパック(神奈川県差出) 区別 60サイズ 80サイズ 100サイズ 120サイズ 140サイズ 160サイズ 170サイズ 県内 800 1,010 1,260 1,500 1,750 1,970 2,300 第一地帯 850 1,080 1,310 1,560 1,800 2,020 2,370 第二地帯 950 1,180 1,410 1,660 1,910 2,120 2,480 第三地帯 1,080 1,290 1,530 1,770 2,020 2,230 2,590 第四地帯 1,280 1,500 1,730 1,980 2,220 2,440 2,800 第五地帯 1,280 1,500 1,730 1,980 2,220 2,440 2,800 第六地帯 1,330 1,600 1,870 2,130 2,400 2,610 3,000 ・価格は税込み ・3辺(縦・横・高さ)の合計が170cm以内、重さが 3025㎏までの荷物が対象 ・重さ25㎏を超え30㎏までの荷物は、新たに設定された「重量ゆっぱく」の値段が対象 ・上記サイズ、重量を超える荷物は引受け不可 ・郵便局、取次店、コンビニへの持込みで、1個につき120円割引 ・各地帯に属する地方 県内(同一県内にて引受および配達を行うもの) 第一地帯(東北、関東、信越、北陸、東海地方)第二地帯(近畿地方) 第三地帯(中国、四国地方)第四地帯(北海道) 第五地帯 九州)第六地帯(沖縄) ・地帯は差出地域により変わります。 沖縄から北海道へ発送した場合、北海道は第七地帯となります。 現行料金は、下記ホームページで確認できます。 調べてみたら意外な結果でした。 総合的に値段の安い郵便局のゆうパック。 3社の中で一番取扱い個数が少ないのに、値段がヤマト運輸より安かったです。 料金表の「県内」って枠もゆうパックのみで、面白い考えかただなと思いました。 同一県内なら、トラックも関わる人も最小限で済みますので、値段を抑えれるんだと思います。 遠ければ遠いだけ、経由するターミナル郵便局、トラックに荷物が載る回数、関わる人が増えますからね。 同一県内で3社を比較したら佐川急便より高いですが、僕は神奈川県に住んでいるので、神奈川県内で60サイズの荷物なら、800円です。 更にコンビニへ持込むと700円です。 利便性を考慮したコンビニへの持込み割引だけで考えるなら、ゆうパックが一番安いです。 この利便性についてはのちほど説明しますが、ヤマト運輸と日本郵便が佐川急便を圧倒しています。 たまに出すだけなら、そこまで気にならない金額差ですが、頻繁に出す人なら積もれば大きいと思います。 意外だった佐川急便。 目的地のターミナル拠点や営業所まで、通常の運送方法であるトラックを利用する飛脚宅配便の料金設定に沖縄がなかったことです。 ヤマト運輸や郵便局も、基本的には佐川と同じような運送方法で行っているのに、沖縄は料金表に設定されています。 佐川急便では最初から別の料金設定をしている、飛脚航空便での取扱いとなるようです。 ただし、異常に高い値段設定になっています。 一番大きいサイズで比較すると、一番安い郵便局で、3,000円、ヤマトで4,082円。 佐川は10,000オーバーです。 沖縄へ旅行に行ったときに、荷物を送るとしても佐川急便は選択できないです。 割引制度新設定のヤマト運輸。 サービス面でやはり色々と頑張っていることが分かります。 一番はクロネコメンバーズですね。 ヤマト運輸独自の会員制の割引制度です。 これに入っているならば、間違いなくヤマト運輸が一番安い料金設定です。 ただし、微妙に使い勝手が悪いような気がします。 メンバーカードに入金されている金額で割引率が変わるそうですが、頻繁に使う人なら入金していてもいいですが、たまにしか利用しない人はそもそも入金しないと思います。 そしてこのカードを使って支払えるのは、ヤマト運輸の営業所、もしくは集荷に来てくれたドライバーの持つ端末でしか決済ができないそうです。 ちょっと使いにくい印象です。 ですが、このクロネコメンバーズに登録していると、他社を圧倒する割引が可能になります。 ・クロネコメンバー割 ・デジタル割 ・持込割 ・クロネコメンバーズの持込割 ・直営店 営業所)受け取り割 上記の5つを併用すると、最大345円も割引かれることになります。 佐川急便も日本郵便も、この割引には現状勝てるサービスはありません。 メンバーズの利便性を考えると、頻繁に出さない方にはちょっと敷居が高く感じる割引制度ですが、よく利用する方ならヤマトになるんでしょうね。 クロネコメンバーズを詳しく知りたい方は下記ホームページへ。 スポンサーリンク ヤマトと佐川には郵便局にはないものがある。 それは、料金表以外のサイズや重さの物を出せるところです。 ヤマト運輸なら「ヤマト便」、佐川急便なら「 飛脚ラージサイズ宅配便」と言うのがあります。 ヤマト便は「実重量」と「容積換算重量」を計測し、重たいほうの重量で値段を決めるものです。 ヤマト便の料金表には180㎏まで掲載されていますが、それ以上も「問い合わせてください」と載っています。 飛脚ラージサイズ宅配便は、料金表の下にも記載しましたが、260サイズ、50㎏まで取扱いがあります。 両社とも、相当な大きさと重さのものを運賃を払えば運んでくれるので、大きなものを送りたいときには助かると思います。 ただし、特別大きな車両とたくさんのスタッフで行うサービスではなく、通常のセールスドライバーが行うもので、あまりにも大きく重たいものは、引受けてもらえない可能性があるそうなので、確認は必要ですね。 各社いろいろなサービスがあって、何を出すか、サイズや重さによって引受けてくれるかどうかも違ってきます。 ただ、大口顧客でない一般顧客は、出す大きさもある程度決まってきます。 それを考えると、利便性と料金だけで見るなら「ゆうパック」が一番安いですね。 スポンサーリンク 配送日数(サービスレベル) 次は、配送日数(サービスレベル)を見ていきます。 いくら料金が安くても、配達完了までに何日もかかっては意味がありません。 誰もが、差出したらなるべく早く届いてい欲しいと思います。 期日がギリギリならなおさらです。 翌日配達エリアが、どこまであるのかを調べてみました。 3社のサービスレベル(神奈川県差出) 区別 翌日 翌々日 3日以上 ヤマト 東北・信越・北陸・関東 中部・関西・中国・四国 北海道・九州・沖縄 — 佐川 東北・信越・北陸 関東・東海・関西 北海道・中国 四国・九州 沖縄 日本郵便 東北・信越・北陸・関東 関西・中国・四国・九州 の一部(福岡・佐川・熊本) 北海道 九州の一部(長崎・大分 宮崎・鹿児島)・沖縄 — 配送日数の感想 翌日配達エリアが一番広かったのは、日本郵便でした。 その次がヤマト運輸、佐川急便の順番になります。 大変失礼な言いかたですが、郵便局は意外でした。 ヤマトが一番広いと思っていました。 と言うのも、僕の記憶だと10年ぐらい前までは、郵便局の翌日配達エリアは関西までだった記憶があります。 企業努力をした結果での、このエリアが実現したんだと思います。 ですが、少し足りなかったです。 ヤマトと佐川に足りずです。 基本運賃での翌日配達エリアだけ見るなら、郵便局が一番。 でもヤマトと佐川には、オプションとしての料金を支払えば、翌日中に届けるものや、翌日の10時までに届けるサービスがあります。 値段は少し高いですが、確実に届けたいものがあるなら嬉しいサービスです。 配達日指定、配達時間帯指定は郵便局にもありますが、あくまでもサービスレベル内のことですし、どこの会社でもやっていることなので、そこは強みにならないですよね。 少し高いお金を払っても、届けてほしい日や時間に配達してもらえるサービスがあるのは、やはり強いです。 そして、もし郵便局に持ち込んで届けてほしい日に配達ができなく、ヤマト運輸や佐川急便に持ち込んで大丈夫だった場合、次からは急ぎではなくても利用した企業を使うはずです。 お客なんてそんなものです。 基本料金での翌日配達可能エリアが広くても、サービスが充実している企業が強いです。 ただし、郵便局ができるならヤマト運輸も佐川急便もできるんじゃないのかなと思ってしまいました。 特に佐川急便は、もう少し行けるんじゃないのかなと思います。 そうなると、基本料金での翌日配達エリアも広く、そしてオプションでの翌日配達可能エリアも含めて考えると、ヤマト運輸が一番だと思いました。 スポンサーリンク 差出せる場所の数 運送業界で重要な役割をしているのが、コンビニエンスストア(CVS)の存在だと思います。 自社の営業所がエリアになくても、コンビニがあれば引受に関しては問題ないです。 コンビニと自社営業所の数を見て、どれだけ荷物を持込みしやすいかを見ていきます。 3社の差出可能箇所数表 区別 提携コンビニ 提携 コンビニ店舗数 自社 営業所数 合計 ヤマト セブンイレブン・ファミリーマート (サークルKサンクス含む) スリーエフ・デイリーヤマザキ ポプラ・その他 約39700 約6400 約46100 佐川 提携コンビニなし 0 約420 約420 日本郵便 ローソン・ローソンストア100 ミニストップ・セイコーマート その他 約15600 約24000 約39600 スポンサーリンク 差出せる場所の感想 提携コンビニ数は、圧倒的にヤマト運輸が多かったです。 まず、セブンイレブンの存在が大きいと思います。 その次に、サークルKサンクスを取りこんだファミリーマート。 この2つの店舗数が、他のコンビニよりも店舗数が突出していました。 セブンが約19,000、ファミマが約18,200。 日本郵便と提携しているローソンが約12,500なので、どれだけ多いかが分かります。 以前は、コンビニといえばヤマト運輸ほぼ一色でした。 それが、10年以上前にローソンがヤマト運輸との契約を辞め、日本郵便と新たに契約をしました。 そして、日通ペリカン便との宅配便統合を経たあとに、デイリーヤマザキとサークルKサンクスが、日本郵便からヤマト運輸へ契約を変更し、現在の形になりました。 デイリーヤマザキ等が、ヤマト運輸へ流れた際に「日本郵便が大打撃」と報道されていたことを記憶しています。 それだけ今の物流業界において、コンビニの存在が大きいということになりますね。 ただし、コンビニ業界もいろいろと統合などがされています。 サークルKサンクスもファミリマートに統合されています。 ファミリーマートの統合戦略のあとに続いているのが、ローソン。 サークルKサンクスよりも地域や店舗数が限定されていますが、横浜市に本社があり関東圏に多くの店舗数があるスリーエフ。 スリーエフは、今「ローソン・スリーエフ」と名前を変えて新たに動き出しています。 スリーエフは、まだ全店舗が「ローソン・スリーエフ」となっていませんが、リニューアル後の店舗ではゆうパックの引き受けが始まっています。 コンビニ業界の再編によって、引受個数の変動も多少はありそうです。 たくさんの集荷先へ向かうよりも、コンビニなどの1箇所に集荷へ行くほうが確実に効率がいいので、企業側にメリットがあります。 また、顧客側でも持込み割引が適用されるため、自宅へ集荷を依頼するよりもメリットがあります。 そして、24時間いつでも好きな時に出せるのが一番大きいですよね。 佐川急便に関しては、提携しているコンビニがないので営業所もしくは取次店への持込み、集荷しか選択肢がありません。 一番利便性のあるコンビニがないのが残念ですね。 そして、街中にある商店などと契約する取次店も、佐川急便はあまり見たことがありません。 やはり、佐川急便は個人対個人の取引よりも、企業の絡む取引が多いのでしょう。 そこがヤマト運輸と日本郵便との大きな違いです。 コンビニへの持込みは、ヤマトも郵便局もどちらの会社でも持込み割引を行っています。 もちろん営業所と郵便局、取次店でも同様の割引は行っています。 ただし、24時間営業をしている営業所や郵便局、取次店はコンビニと比べると圧倒的に少ないです。 出しやすさで言えばコンビニが有利です。 そうなると、ヤマト運輸の提携コンビニの多さは、大きな武器となっているのは間違いありません。 都道府県によって、各コンビニの強さもあります。 北海道のセイコーマートがいい例だと思います。 セブンイレブン979店に対して、セイコーマートは1180店になります。 地域特性によるコンビニの店舗数も影響がありそうです。 個人宅配の差出しに関しては、コンビニ頼みが色濃くなるのは今後も変わりなく続くと思います。 割引に関しては料金表の項でも記載しましたが、ヤマト運輸が100円、日本郵便が120円を持込んだ際に割り引いてくれます。 スポンサーリンク まとめ。 クロネコ、佐川急便、郵便局、結果どこを利用するのがいいのか? 料金、配達日数、差出せる場所の3項目を調べてみて、基本料金で使うなら日本郵便が平均的に使いやすいと思いました。 料金も安め、翌日配達エリアも広い、荷物を出せる場所そこそこある。 ただし、別料金を払ってできることが少ないかなと思いました。 なので、基本的にはゆうパックを使い、何か特別な理由があるときはヤマト運輸や佐川急便の使い分けがベストかなと思います。 いろいろと調べてみて思ったことは、3社ともたくさんのサービスがありますが知らないことが多かったことです。 勝手なイメージを持っていたことが本当に多かったです。 ヤマト運輸はテレビCMなどが、本当にうまいなと思いました。 子供のころから「クロネコヤマトの宅急便」は知っていましたし、僕の子供たちも車をみれば「クロネコ」と声に出すぐらいです。 あれだけCMをバンバンやっているので、勝手に一番安いと思っていました。 でも一概には、そうでもないことが分かりました。 発送する荷物の大きさや重さ、宛先で値段が全然違うことも改めて知りました。 これは大事なことかもしれません。 ヤマト提携のコンビニと日本郵便提携のコンビニが並んでいても、「どちらも一緒だろう」と発送していたことがあったかもしませんし、コンビニへ持ち込む多くの方が気にせず出していると思います。 そうだったとしたら、損をしていたかもしれません。 これからは発送する前に、比較してから出してみようと思います。 どうせなら、少しでも安くしたいですからね。 では、また~。 最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

次の