おやすみ マーニ。 マーニの日記/月の時間/暮らしの雑貨マーニ・マーニの家

ソールとマーニ、北欧神話の太陽と月を司る神

おやすみ マーニ

が描いた、狼に追われるマーニとソール(1909年)。 『』第一部『』第11章から第12章で、次のように説明されている。 という男が、自身の2人の子供があまりに美しいことから、娘に(太陽)、息子にマーニ(月)という名をつけた。 神々はこれに怒り、2人を捕らえて、太陽を牽く馬車の馭者をさせた。 ソールは太陽の運行を、マーニは月の運行と満ち欠けを司る。 馬の名は(「早起き」の意)、(「快速」の意)といい、体を冷やすための 鞴 ふいご が取り付けられている。 月は常にという狼に追いかけられているため、急いで運行しなければならない。 ヴィズフィンル という男の子供である彼らが月に付き添う姿は、地上からも見える。 『ギュルヴィたぶらかし』第51章において、の時、月は狼(ハティもしくは)に捕らえられて大損害を受けるといわれている。 脚注 [ ] [].

次の

2019年発売予定!マーニ「750S トリビュート」はウットリするほど美しい!

おやすみ マーニ

2019年発売予定!のモデルをポツポツと紹介してきました。 コレを最後にしようかな、と思います、そろそろ飽きてきたし…… これまでに掲載した記事のなかで一番多く読んで頂けた(と思われる)のは…… このスズキ「カタナ」リバイバルを猛烈に後押しするヨイショ記事。 スズキさんから一文たりとも貰えない筆者が、何故ここまでスズキを応援するのか……それは私にもわかりません。 次に多く読んで頂けたのは……ドゥカティ史上最速の公道モデル「パニガーレV4 R」。 エンジンパーツをジャカジャカ掲載しましたし、実際恐ろしいほどに速い特別なモデルですから、皆さん興味あったんですかね? マーニ「750S トリビュート」はMVアグスタ「750S」へのオマージュ! さて、コチラが今回のお題、マーニ「750S トリビュート」。 何がトリビュートなのかといえば…… 奥に見えるのがオリジナルの「750S」。 そして手前側がリバイバルされる「750S トリビュート」。 1970年代前半にMVアグスタが生産していた伝説的モデル「750 S」へのオマージュとして企画・開発されたモデルなのであります。 丁度オリジナルの「750S」がオークションに出品されるらしく、MVアグスタ公式サイトに出ていましたよ!コチラのオリジナルの設計者はアルトゥーロ・マーニさんと申しまして、後にコンストラクターとして世界に名を轟かせました。 イタリア車をベースにした高性能で美しいモデルを細々とリリースしたのです。 そしてそのご子息が今もコンストラクターとしてお仕事を続けており、マーニの2019年モデルとして「750S トリビュート」が世界初公開されたのです。 オリジナルの「750S」は空冷4気筒DOHCエンジンを搭載。 それを誇示するかのような4本出しのエグゾースト。 そして艶めかしい局面で作り出され3色にペイントされた美しいガソリンタンク……イタリアンバイク好きなら堪らない1台でございます。 ちなみに蛇足ですが、「750S」のオマージュとしては、MVアグスタ側でも既にニューモデルを発表しておりまして、それも当サイトで記事にしています。 よろしければ、どうぞ! マーニ「750S トリビュート」最大の魅力は魅惑のボディ! ということで、リバイバルされる「750S トリビュート」ですが、その最大の魅力はエンジンではなくて……この美しいボディにあると言えましょう。 ガソリンタンクの複雑な形状とペイントはオリジナルそっくり!言い方をソレっぽくすると「オリジナルのデザインを忠実に再現している」って感じでしょうか?タンク上面に見える星の数はMVアグスタが獲得した世界タイトルの数でございます。 クリップオンハンドルもビシっと決まってます! 搭載するエンジンが空冷から水冷とされ、今回のエンジンはシリンダーがかなり前傾されていることから、フレーム形状は変更されているものの、これまたオリジナルの雰囲気を再現すべく、配慮されたフレーム構成とされています。 もちろんレッドにペイントされています。 エグゾーストは右2左1の3本出しとされました。 シートのカッコよさといったら……言葉で表現するのは不可能です! フロントサスペンションはORAM製正立タイプをチョイス。 43mmのフルアジャスタブル。 あまり知られていませんが、1951年設立のイタリアの老舗ブランドです。 安易にオーリンズを選ばないのは何か良い感じがします。 とは言え、止まらないと危険なのでブレーキはブレンボ製品をチョイスと…… そしてホイールにはJoNich製品をセレクト。 コチラは軽量高剛性なスポークホイールの専門メーカー。 車両の雰囲気にマッチしていますね! こんなところもオリジナルに忠実に再現しています。 まぁ高価な車両だから何でも出来るって面もありますが、それにしても天晴なコダワリ具合です。 エンジンは水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ。 総排気量は798cc。 早い話、「ブルターレ」のエンジンが乗せられるはずです。 マーニ「750S トリビュート」は日本で買えるのか? ということで今回は、2019年発売予定の魅力的なモデル、マーニ「750S トリビュート」をご紹介してみました。 エンジンを除いては、オリジナルモデルに負けないくらい美しく仕上げられていますね。 ただ残念なことに日本での発売については……あまり期待できません。 合掌…….

次の

ソールとマーニ、北欧神話の太陽と月を司る神

おやすみ マーニ

マーニ・スポルト1200s…。 MaGNI-1200sイタリア車らしい限定バイクで手づくりの良さが感じられる…クラッシックレーサーわずか39台限定のマシーンの心臓部には1999年9月15日にSUZUKI製GSXイナズマの1200ccエンジンが搭載された。 マーニ【MAGNI】は1978年イタリアはミラノにてアウトロマーニ氏が創業した会社です。 マーニ氏はMVアグスタで活躍し、コンプリートマシーン&カスタムパーツなどを製造、後にPU 総合エネルギー供給システム を用いオリジナルなバイクを作成し始めた… 参照元:MaGNIホームパージ 要するにイタリアのビモータ【Bimota】や車で例えるならドイツのアーマーゲー【AMG】の様なカスタムメーカーでしょう… マーニバイクはビモータとは違ったクラシカルレーサー的な雰囲気が漂う…共通するのは自社製フレームワークから他社製エンジンの流用で組み上げられたスペシャルなカスタムバイクというところでしょうか…。 マーニ-スポルト1200sについて magni-sport-1200s Photo by toyama イタリアンなMVトリコロールカラーのMAGNI 1200S MVアグスタ系カスタムバイクこのマーニsport1200SはSUZUKI GSF1200エンジン;油冷4サイクルDOHC4気筒を搭載されMVファンにはたまらない一台に仕上がってます…限定39台の希少モデルであります。 MVエンジンが絶滅しHONDA CB900FのDOHC4気筒エンジンから始まり、BMW R100の水平対向2気筒エンジン、MOTOGUZZのV型横置き2気筒エンジン、このMOTOGUZZ製Vtwinの時代は10数年にも及び初期【HM1】から20年の歳月が流れて日本製SUZUKIエンジン搭載されました… MV Agusuta750Sにあやかって、マーニ社最後となるDOHC4気筒モデルとも言われているのですね…はたして…… マーニ-スポルト1200sに出逢ったToyama氏に今回も話をうかがってみた。 オーナーさんもその通りおっしゃってました! Arturo Magniは、1947年にEngadgetの指導の下、Gileraレーシング部門でオートバイの仕事を始めました。 Remor:最初の4気筒ギララエンジンを組み立てるメカニックのひとりです。 引用:MaGNI イタリアンバイクの魅力満載の限定車ですね 出典 イタリア車の魅力満載の限定車ですね、バイクの鼓動が聞こえてきそうです… レトロracerレプリカの雰囲気がファンを魅了し世界的、特に欧州では人気がジワジワと上がり価格も高騰しているのだとか…相場が現在250〜300万円ですが僅か生産数39台となるとこの先はプレミアでしょうね…投資として持っていても…コレクターにはたまらないでしょう。 さて、SUZUKI GSXイナズマのエンジンが搭載されたスポルト1200Sですが GSX1200FSの後続モデルGSF1200 のスペックとほぼ変わりませんが、車重が軽い!200kgを切る196kgとGSXに比べて10数kg軽量なのです!詳しく知れたい方は下記に掲載有り… マーニ・スポルト1200S…知れば知るほどに魅了されますね バイク本来の価値観の違いはあるでしょうが…アラフィフ以降の方であれば…その魅力に気づかれる事でしょう… MV・マーニのclassical racerなこのデザイン!MVマーニの信頼性に加えプレミア感!racer経験比の優れた走行性や、それになんといっても信頼性豊かなジャパニーズエンジンSUZUKI !バンテッドや隼の流れを受け継いだエンジンともなればハートが疼きますよね。 まさにイタリアン!なんともいえないクラシカルracerデザインに…バイク本来の美しさがあるのではないでしょうか…。 イタリアMAGNIバイクの主な車種 それではカスタムバイク【MAGNI】の主な車種をみてみましょう! MAGNI-1200Sまでの流れ 各車両の年代 エンジン流用マシーン 1980年【HM1】 HONDA-CB900F 1982年【MB2】 BMW-R100 1985年LeMans1000,LeMans1100 MOTO GUZZ-Vツイン 1987年【アルトゥーロ1000】 LeMans1000カウル付きレトロバージョン 1987年【クラシコ1000】 Le Mans1000ノンカウルレトロバージョン 1989年【スフィーダ1000】 ロケットカウルにシングルシート 1992年【スフィーダ400】 1993年【オーストラリア】 MOTO GUZZ-ディトナ1000RS 1996年【スフィーダ1100】 1998年【ジャポーネ52】 スフィーダ1100フルカウル 2000年【スポルト1200】 SUZUKI-GSF1200 MAGNI-Sport-1200sとSUZUKI-GSX1200スペック比較 マーニ・スポルト1200sは1999年9月に心臓部のベースとなる、スズキが1998年4月に発売したGSX1200のエンジンで形式GV76A油冷エンジンが搭載される。 Photo by MaGNI• Photo by Wiki-tomiyama MaGNIとSUZUKIの公式ホームページおよびMaGNIオーナーブログ、Wikipediaより参照したデータを元にまとめてあります。 1948年ロードレース活動を開始し初勝利。 以降通算3,027回 優勝し、そのうち270回ワールドグランプリレースで勝利を得た。 MAGNI-MV Agusut750Sスペック 出典 スペック詳細はこのMV-Agusut750Sの雑誌Two Wheelsによる数週間の徹底的なテスト結果である。 最高速度 196㎞ ゼロヨン クォーターマイル 13. 最初の10台中の1台でオーストラリア2台中の1つといわれます。 Photo by 【 MV AGUSTA 750S】オーストラリアの雑誌Two Wheelsによると「750Sは期待にこたえてくれた、数週間にわたり徹底したテストの結果、バイクは最高の高速パフォーマンスを備えているという結論に達しました」と雑誌TwoWheelsは語った。 Despite weighing in at a substantial 535 lbs 242 kg , the magazine recorded a top speed of 122 mph 196 kph. Zero to 60 mph came up in around five seconds, and the quarter mile in a creditable 13. In short, a sports bike that is racing iron made civilized.

次の