マジック ザ ギャザリング スマホ。 『マジック:ザ・ギャザリング』のスマホ用アプリが配信開始!ルールやデッキ構築を覚えよう

『マジック:マナストライク』の概要がついに公開! 『マジック:ザ・ギャザリング』の世界観はそのままにシンプルで戦略的なリアルタイム対戦ゲーム

マジック ザ ギャザリング スマホ

とはいえ「難しそう」というイメージだけで遠ざけるには、M:tGは惜しい魅力を持つTCGです。 日本では田村淳さん(ロンドンブーツ1号2号)や佐竹雅昭さん(元格闘家)、津田大介さん(ジャーナリスト)らがM:tGが好きな有名人として知られます。 M:tGの魅力と始め方を1つ1つ見ていきましょう。 ルールが複雑? M:tGのルールは「勝利条件を把握すること」から逆算し、徐々に覚えていくことがおすすめです。 クリーチャーの特殊能力など例外的なルールまで、最初から覚えようとすると専門用語が多すぎて挫折することもあるからです。 ここで勝利条件を確認します。 M:tGにはいくつか勝つ方法がありますが、 最もメジャーなものは相手のライフを0にすることです。 各 プレイヤーは最初、20点のライフを持っています。 このライフをクリーチャーの攻撃や呪文を通じて、0になるまで削り切ります。 1つ1つのフェイズの意味は後ほど解説します。 まずは「M:tGのデッキは最低60枚」「ライフは20点」「相手のライフを0にするか、相手のデッキを0にすることで勝利」という基礎と、ターンの大まかな進み方を把握しておけばOKです。 カードが高額? M:tGのカードはしばしば、他のTCGに比べて高額と言われます。 たしかにマジック:ザ・ギャザリングのカードは他のTCGに比べて高騰することが多く、デッキ構築の費用が数万円〜十数万円かかることもあります。 しかし実はカード一枚あたりの単価は、他のTCGよりも安いことも事実です。 1ボックスあたりの価格を、マジック:ザ・ギャザリングと遊戯王OCGを例に、比較してみましょう。 ボックス価格 パック数 パック価格 パック枚数 1枚あたり価格 遊戯王OCG 4860円 30パック 162円 5枚 約32円 マジック:ザ・ギャザリング 13860円 36パック 385円 15枚 25円 このように比較すると、ボックス価格は遊戯王OCGの3倍近く。 しかしその分、収録パック数も1パックあたりの収録枚数もマジック:ザ・ギャザリングの方が多く、カード1枚あたりの価格は遊戯王OCGよりも下回ります。 では、なぜマジック:ザ・ギャザリングは「高い」と言われるのでしょうか。 理由は3つです。 1つ目は純粋なボックス価格の高さ。 収録枚数が多く、1枚あたりの価格が安いとしても「定価が1万円越え」という価格設定は購入のハードルとして高めです。 遊戯王OCGの5000円を切る価格設定の方が、TCGのプレイヤーにとってははるかに手が届きやすいでしょう。 2つ目は希少性とシングルカードの高騰。 2019年2月のデータでは、遊戯王OCGの販売金額は53億2千万。 マジック:ザ・ギャザリングの販売金額は1億5千万。 同じTCGでも遊戯王OCGに比べ、マジック:ザ・ギャザリングははるかに日本国内での市場規模は小さいのです。 市場規模が小さいということは、発行枚数が少ないことを意味します。 発行枚数が少ないということは、スタンダード環境で主力として活躍するシングルカードやイラストアドが取れるカードは需要と供給が見合わず、高騰しやすいことを意味します。 即ち、デッキ構築費用が高騰しやすいです。 3つ目はパワー9の存在。 M:tGの歴史上、もっとも有名なカードが《ブラック・ロータス》。 価格は状態や版にもよりますが、数百万円。 状態が悪いものでも50万円〜100万円で取引されます。 発行枚数が少なく、なおかつ人気が集中する初期の一部カードは投資対象として取引されることも。 このように一部のカードの値動きがメディアで報道されることで、マジック:ザ・ギャザリングに対して「高い」というイメージを持つ人もいます。 「フォーマット」って何? マジック:ザ・ギャザリングには「フォーマット」が存在し、どのフォーマットを選ぶかによって使用可能なカードプールが大きく違います。 もしも事前に「このデッキで遊んでみたい」「このカードを使ってみたい」というデッキやシングルカードが存在する場合は、そのカードが以下のフォーマットのどれに該当するかを調べましょう。 スタンダード 直近1年半に発売されたパックのカードのみ使用できる モダン 第8版(2003年7月発売)以降のカードの殆どが使用できる レガシー すべての公式セットのカードが使えるが、一部のカードが使用禁止。 初心者におすすめの環境はスタンダード 初心者にもっともおすすめの環境はスタンダードです。 使用可能なカードプールが直近1年半に発売されたパックのものに制限されているため、0からM:tGを始めても必要なカードがすぐに集まります。 マジック:ザ・ギャザリングの面白さ 美麗で魅力的なカードデザイン M:tGの最大の魅力の1つが、美麗で魅力的なカードデザイン。 通常のTCGとして、カードを対戦に使用するだけでなく、トレーディングカード用の額に入れて壁に飾るとインテリアの1つとして非常に輝きます。 Time Walk 1 青 ソーサリー あなたは、このターンに続いて追加の1ターンを行う。 フレーバーテキストが面白い M:tGのフレーバーテキストはユニークで、わずかな文章の中に面白さや深い知識が詰まっています。 M:tGのカードの背景にはいずれも物語が存在し、フレーバーテキストはそれらを断片的につなぎ合わせる役割を持っています。 たとえば、管理人が愛用するクリーチャー《死の影》のフレーバーテキストは下記の通り。 その蝋燭の作る影は、その灯りが乏しくなる程高く伸びる。 もちろん、M:tGのフレーバーテキストは特に深いことを考えなくとも十分に楽しめます。 たとえば《蛙変化》 ちなみに管理人は青と黒との相性が良好です。 個人的に【死の影】デッキが非常に好きなので、納得感がある結果でもあります。 ただし、カラーパイ診断の結果によると黒に対しては「反発度も高い」とのこと。 黒は管理人にとって「認めてはいるが、深層心理では反感も抱く対象」なのかもしれません。 数学的な発想も必要とされる奥深さ 初心者が本格的にM:tGと向き合う時、考えなくてはいけない難題の1つが土地の採用枚数。 土地は単体ではこれといった効果を持たない一方、土地の枚数を減らしすぎると「使いたいカードが手札にあるのに、マナが足りないから使えない」という事態になります。 デッキの枚数を60枚より増やすと、ドローソースを多用しない限りは「必要なカードを引ける確率」が下がるばかり。 「最適な土地枚数」を検討する上で、好材料となるのが「マナカーブ」。 マナカーブについてはこちらの記事で解説しています。 どのカードを何ターン目で唱えたいかによって、必然的に採用すべき土地の枚数が変わることを数学的に証明可能。 M:tGを突き詰めると、こうした数学的発想とも向き合うこととなり非常に奥が深いです。 マジック:ザ・ギャザリングを0から始めるための5STEP 1. M:tGの「好きな色」を選んでみよう まずはM:tGの赤・青・緑・白・黒の5色の中から、自分の「好きな色」を選んでみてください。 M:tGでは「どの色が強く、どの色が弱い」ということはありません。 それぞれに得意とすること、苦手とすることが存在するのみです。 相対的に「最新の環境で上位のデッキに対して、この色を中心とした構築が有効」というシチュエーションはありますが、あくまでそうした状態は一過性のものにすぎません。 特にモダン環境・レガシー環境では、発行日が古いカードを最新の環境でも使用可能。 よってM:tGでは一度購入したカードを長きに渡って使うことになります。 そしてデッキの構築費用は、前述の通りある程度高めです。 だからこそ「自分が好きだと思う色」を直感に従って、素直に選ぶことをお勧めします。 どうしても色を選びきれない場合は、性格診断を通じて自分と好相性の色を選べる「カラーパイ診断」も活用してみてください。 M:tG公認店舗で無料のウェルカムデッキをもらおう 1で選んだ色が「赤」であれば、赤のウェルカムデッキを店舗で貰い、実際のカードに触れながら遊んでみると良いでしょう。 1 M:tG公認店舗が近くにない場合は構築済みプレインズウォーカーデッキを購入しよう M:tG公認店舗がもし自宅の近くに存在しない場合は、1で選んだ自分の好きな色に沿った構築済みプレインズウォーカーデッキを購入しましょう。 構築済みプレインズウォーカーデッキは、各パックの主力となるプレインズウォーカーをテーマに、すぐに遊べるように主要なカードを全て同封した状態で販売されている「構築済み」デッキ。 はじめてデッキ作りをするならば、構築済みデッキをカスタマイズしていくとスムーズです。 ゲームの流れを覚えよう 2でウェルカムデッキ、もしくは構築済みデッキを入手したら実際にプレイし、ゲームの流れを覚えましょう。 ターンは大きく分けて• アップキープ• アンタップ• ドロー• 戦闘前メイン• 戦闘後メイン• 終了 となります。 それぞれの工程の持つ意味は、こちらの表にまとめています。 アップキープ 通常は特に気にしなくとも問題ありません。 ただし一部に「アップキープの開始時に〜」という効果を持つカードがあります。 その効果を解決するためのステップです。 アンタップ アンタップとは「横向きのカードを縦向きに直すこと」です。 カードが横向きになるタイミングは2つ。 1つはカードの効果でこれをタップする(タップというのが横向きにすることです)というもの。 もう1つはクリーチャーの攻撃。 攻撃するとタップになります。 ドロー ライブラリーからカードを1枚引きます。 戦闘前メイン クリーチャーを出したり、土地を出したり、ソーサリーを唱えるなどなんでも出来ます。 但し、土地は1ターンに1枚しか置けません。 戦闘 クリーチャーを使って相手を攻撃します。 攻撃されたプレイヤーは、自分のクリーチャーで防御できます。 ここで注意が必要なのが「自分のクリーチャーが攻撃指定できるのはプレイヤーかプレインズウォーカーだけ」ということ。 相手のクリーチャーを、直接自分が攻撃指定することは出来ません。 あくまで「ブロックするクリーチャー」を選ぶのは、自分ではなく対戦相手です。 戦闘後メイン 戦闘前メインと全く同じです。 終了 ターンの終了時に〜のような効果を解決したり、クリーチャーが負ったダメージを回復します。 (1ターンの間にクリーチャーが死ななかった場合、ターンの終了時に全回復します) 4. デッキを強化してみよう 3でターンの流れを把握したら、デッキのカスタマイズを行ってみましょう。 60枚デッキのうち、自分にとって「使用頻度が少ない」と感じるカードの採用枚数を減らしたり、逆に「使用頻度が多い」と感じるカードの採用枚数を増やしてみることがおすすめです。 また土地にショックランドやフェッチランドを採用。 2色マナを安定的に生み出す環境を整え、単色デッキではなく多色デッキにトライしてみるとさらに構築の幅が広がります。 60枚デッキを自分で1から組んでみよう 5でデッキ構築に慣れたら、新たなクリーチャーやプレインズウォーカーを中心に置いたデッキを1から自分で構築してみましょう。 マジック:ザ・ギャザリングで初心者がつまづくポイント ターンの流れが覚えきれない マジック:ザ・ギャザリングで初心者がつまづくポイントの1つは、ターンの流れが覚えきれないというもの。 より厳密に言うと「どのタイミングでマナを生み、どのタイミングで使用できるのか」といった主に土地とマナの概念と回し方にかかる箇所がつまづく箇所になりやすいです。 日本で多く遊ばれている遊戯王OCGには、そもそも土地とマナの概念が存在しないため「土地」「マナ」に馴染みがないTCGプレイヤーも多いのでしょう。 こうした悩みを解消するのに最良の手段は、実際のプレイ動画を見ることです。 自分が構築したデッキと同じデッキを使っている人のプレイ動画をYouTubeで探し、実際の対戦の様子をチェックしてみてください。 回し方のイメージがつかめるはずです。 例えば【エスパーコントロール】関係の動画であれば、こちらがおすすめです。 遊戯王OCG 遊戯王OCGにはM:tGにおける「土地」と「マナ」の概念が存在せず、代わりに「リリース」と言う概念が中心にあります。 リリースとは上級モンスターを召喚する際には、自分フィールドのモンスターを生贄に捧げることをさします。 モンスター以外のリリース要員としては手札コストやライフコスト、ターン1制限、リミットレギュレーションなど様々な枷を強力なカードにはめることで環境を調整しています。 M:tGの「スタンダード」「モダン」「レガシー」といったフォーマットを導入しておら図、初期カードから最新のカードまで同じ環境で使用できる点もポイント。 「フォーマット」「土地」「マナ」という考え方に馴染めない方は、遊戯王OCGの方がよりマッチしているかもしれません。 デュエル・マスターズ M:tGとデュエル・マスターズは兄弟関係で、デュエル・マスターズはM:tGのルールの複雑な点を簡素化・ブラッシュアップしてよりティーン向けに仕上げています。

次の

『マジック:マナストライク』の概要がついに公開! 『マジック:ザ・ギャザリング』の世界観はそのままにシンプルで戦略的なリアルタイム対戦ゲーム

マジック ザ ギャザリング スマホ

トレーディングカードゲームの元祖として知られる 「マジック:ザ・ギャザリング」をiOS端末向けにデジタル化した「」が,2015年7月8日からApp Storeで配信されている。 料金形態は基本プレイ無料(アプリ内課金あり)となっており,友達やAIとの対戦プレイはもちろん,プレインズウォーカー5人の物語を描いたキャンペーンも楽しめる,ボリューム満点のスマホ向けTCGである。 本稿では,そんなマジック・デュエルズのプレイインプレッションをお伝えしていこう。 1人で遊べるオフラインモード,1対1や2対2が楽しめるオンラインモードが搭載されている。 なお本作は,全コンテンツ(カードを含む)がゲームプレイを通じてアンロックできるとされている まずは,マジック:ザ・ギャザリング(通称マジック)というトレーディングカードゲームについて簡単に説明しておこう。 マジックは,1993年にウィザーズ・オブ・ザ・コースト社が発売した世界初のトレーディングカードゲーム。 驚異的な人気を博してさまざまな国の言語に対応し,1995年には日本訳版が発売された。 その人気は今なお衰えることはなく,多額の賞金を用意した大会が世界各国で活発に行われ,2005年の「世界選手権」では日本人が初めて世界王者に輝いている。 初期投資ゼロで始められるスマホ向けTCG トレーディングカードゲームを始めるには,デッキが必要になる。 そのための購入資金を用意するというのは至極当たり前のことだが,デジタル版の本作はアプリをダウンロードするだけで,すぐにマジックの世界に飛び込めるのだ。 もちろん,ルールを覚えるためのチュートリアルも用意されているので,そういう意味でもハードルはかなり低くなっている。 マジックに,ひいてはトレーディングカードゲームに興味はあったが,なかなか腰を上げられなかったという人にとって,本作は打ってつけのタイトルと言える。 新たなカードを購入し,マイデッキに入れるかどうかを吟味するというのもトレーディングカードゲームのだいご味だが,「カードパックの購入費用が結構かかるのでは」と心配する人も多いかもしれない。 本作のカードパックはアプリ内課金を利用して手に入れられるが,ゲーム内通貨「コイン」(対戦やデイリークエストなどでもらえる)を使っても購入できるので,そこは安心してほしい。 コインは対戦や,指定されたクエストをクリアすることで集められる 組んだデッキの強さを確かめたいなら,オフラインのAI対戦がオススメ プレインズウォーカー5人の物語を描いたストーリーモード ストーリーモードでは主人公の物語を追いかけながら,マジックのルールを学ぶことができる。 進展に応じてコインがもらえるので,ゲームを開始したらまずストーリーモードを進めるといいだろう。 チュートリアルの解説にはナレーションがついており,かなり丁寧に教えてくれる。 彼らはカードとして,表面にプレインズウォーカーに覚醒する前の姿,裏面にプレインズウォーカーに覚醒した姿が描かれる形で表現されており,プレイヤーがそれを手札として使って,AIとの対戦を勝ち抜いていくことになる。 マジックは5つの色を持つマナ(資源)を使って戦うのが特徴のTCGで,主人公はそれぞれの色に対応している。 各色の主人公はカードとしてどういった使い方ができるのかを紹介しておこう。 回復やダメージ軽減といった能力に長けた 「白」のギデオンは,敵の攻撃を引きつけたり,無敵の状態になって敵に攻撃したりでき,非常に扱いやすいカードだ マジックのルールの一つに,対戦相手のデッキを使い切らせれば勝利というものがある。 ゲームに慣れないうちは後者のモードでデッキを構築し,実戦を経ながら少しずつ自分好みのデッキへと仕上げていくというのがおすすめだ。 デッキウィザードではまず大まかにデッキの方向性を決めることになる すると,デッキに入れるべきカードが候補として提示される 候補のカードから,これだと思ったものをデッキに加えていこう 候補から一定の枚数を加えたら次のステップへ デッキの中身によってCPUが自動的に土地カードを選んでくれる 最後に,デッキの見た目を決めたら完成だ 新たなカードを手に入れるとコレクションに登録され,その所持枚数が表示される 改善点を見受けられるが,デジタル化による恩恵はデカい 筆者はiPhon6を使ってプレイしてみたが,あえて苦言を呈するとしたら,対戦テンポの悪さと,発熱の2点を挙げる。 対戦テンポについては1ターン1ターンの流れが遅く,1試合にわりと時間がかかること。 発熱については1試合が終わる頃にはiPhone 6本体を持っているのが辛いほど熱くなったことが,それぞれ気になったのだ。 今後のアップデートなどでの改善に期待したいところである。 とはいえ,デジタル化されたことでデッキの管理や編集も行いやすいので,ちょっとした時間でも場所を選ばずにデッキを構成し,さらにそのまま対戦で試してみたりできる。 加えて先述のとおり,本作はリアルマネーを使わなくても楽しめるスマホ向けTCGだ。 一度試しに遊んでみる価値は大いにある。 なお,10月には新たなセット「戦乱のゼンディカー」の発売が控えており,その登場によってこれまで鉄板とされてきた戦術は大きく変わるだろう。 新たな戦術を考案する楽しみが尽きないマジックの世界に,本作を通じて一度は飛び込んでみてほしい。 (C)2015 Wizards of the Coast LLC. and other countries. All rights eserved. (C)2015 Wizards of the Coast LLC. and other countries. All rights eserved. (C)2015 Wizards of the Coast LLC. and other countries. All rights eserved.

次の

カード一覧|Dig マジック:ザ・ギャザリング情報

マジック ザ ギャザリング スマホ

昨年末、マジック: ザ・ギャザリング偽造品カードの販売・使用による換金が出回っているという報告がプレイヤーから届くようになりました。 ウィザーズ・オブ・ザ・コーストはゲームの品位を守るということを非常に重要視しているため、直ちに世界的規模の包括的な一連の調査を開始しました。 弊社は、この問題がプレイヤー・コミュニティの皆様も大いに関心を持たれている事項であることを承知しておりましたが、調査に関するいくつかの情勢が未解決の間はコメントすることができませんでした。 本日、直近までの成果についていくつかご報告できるようになりましたことを喜ばしく思います。 世界中の捜査当局および民間パートナーとの協働により、ウィザーズは中国にある製造拠点を特定し、これによって相当数の偽造品カードが市場に流入することを防ぐことができました。 いくつかの市場でごく少数が発見された偽造品カードの供給源が、深センを本拠地とする印刷会社であることが判明しました。 当該会社およびその主要海外営業担当者らは最終的にウィザーズの要求に応じ、捜査に協力してすべての侵害行為を停止しました。 また、ウィザーズは悪名高い偽造品販売ウェブサイトおよびいくつかの小規模・低品質な印刷会社や販売者に対して効果的な一斉調査を実施し、それらはそれぞれ最終的にすべての侵害行為を停止することに合意しました。 さらに、ウィザーズは連邦および現地の警察当局と協力することで、米国内における偽造品の主要販売者として活動していたノースカロライナ州を本拠地とする個人の摘発に寄与することができました。 この協働により、容疑者の調査に対する全面的な協力および容疑者が所有していた偽造マジック・カードの回収に至りました。 ウィザーズは、マジックの高まる人気から無節操な個人が不正な利益を得ることを目論むことの可能性を認識しており、引き続き精力的にマジック・コミュニティを偽造者から保護することに尽力しています。 弊社は違法行為に対し引き続き警戒し、偽造マジック・カードの製造または流通からプレイヤーを保護するため、世界中の捜査当局と共に迅速かつ断固とした活動を今後も続けます。 また、偽造品を取り扱ういかなる個人または販売店も、コミュニティの最善の利益に反しているということを、弊社は可能な限り最大限に強調して繰り返し申し上げます。 ウィザーズは偽造品カードを故意に流通させたすべての者をDCIまたはWPNから排除しており、今後も続けてまいります。 ウィザーズはその執行努力に加え、マジック・カードが真正品であることの立証ならびに今後における偽造の防止を手助けするために導入する、革新的な機能を常時研究しております。 プレイヤーの皆さまには、精力的にご自身およびそのコレクションを守られることを喚起したく存じます。 信頼する人とのみトレードを行い、需要の高いカードは注意深く観察し、そして「信頼するには好条件すぎる取引は、多くの場合正規のものではない」という長年をかけて実証済みの法則を覚えておいてください。 最後に、前述の調査および捜査にご協力いただきましたすべてのプレイヤーおよび販売店に対し、深く御礼申し上げます。 偽造マジック・カードに関する情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、最寄りの警察当局に通報いただくか、弊社()宛てにいつでもご連絡いただくことを推奨いたします。

次の