ゆで あずき 缶 ぜんざい。 【業務用】あずき(ゆで)500g

【業務用】あずき(ゆで)500g

ゆで あずき 缶 ぜんざい

ぜんざいのレシピ作り方・あずきの煮方 ゆで方 ぜんざいのレシピ あずきの煮方 冬になると食べたくなる人気のぜんざい(関東では汁粉と呼びます)。 最近は茹で小豆も売られていてそこそこおいしいですが、自分で小豆を煮た手作りの味にはかないません。 小豆(あずき)の煮方・炊き方はやってみると意外に簡単。 小豆を煮ている時に焦がさないように気を付けるのが初心者には一番大事かもしれません。 今回は、北海道産の大納言小豆を自分で煮て、ぜんざいを作ってみました。 ぜんざいを作るポイントは、あずきの煮方一つです。 煮あがったあずきは、水分を多めにすればそのままぜんざいになりますし、水分を飛ばせば粒あんとして利用できます。 ぜんざいのレシピ - 小豆は煮る前に洗う 小豆は煮る前に洗います。 「小豆を研ぐ」という言い方もあるようですが、小豆の場合は特にコメを研ぐように念入りに洗う必要はないようで、ささっと、ゴミや汚れを落とす程度でOKです。 小豆を洗ったら一度水を切ります。 ここで小豆は、水に浸してしばらく置いておく必要はありません。 小豆は皮が軟らかいので、水に浸しておくと逆に柔らかくなりすぎて、煮ている間に崩れやすくなるそうです。 洗った水を捨て、そのまま小豆を鍋に入れて新しい水を注ぎます。 ぜんざいのレシピ - 小豆を煮る前にさっと茹でて小豆のあくを取る 小豆に豆の量の約3倍の水を加え、強火で沸騰させます。 でもまだ本格的に煮るのではありません。 いったんあく取りをします。 小豆は皮が軟らかい代わりに、あくがあるので、あく取りが必要なのです。 小豆の鍋が沸騰したら、すぐに火を止め、ざるに小豆をあけて茹でた湯(煮汁)を捨てます。 こうすることによって、小豆の持つあくを取ることができます。 ぜんざいのレシピ - 小豆を煮る 次に、小豆を本格的に煮て行きます。 先ほど茹で汁を切った小豆を鍋に戻し、今度は豆の量の4-5倍程度の水を入れます。 強火にかけ、沸騰させます。 沸騰したら火を弱め、沸騰が続く程度の火加減(弱火)で、豆の芯が柔らかくなるまで1~2時間くらい小豆を煮ます。 豆を指ではさんで、楽につぶれるようになったらOKです。 豆に芯を残すと、後の味付けがうまく行きませんので、必ず柔らかくなるまで煮てください。 小豆を茹でている鍋の中の様子を見て、時々浮いてくるあくを取り除き、また、差し水をしてください。 うっかり強火のままにしていると焦げます。 ぜんざいのレシピ - 小豆を煮ながら砂糖で味付けする 小豆が心まで柔らかくなったら、小豆と同じ重さの砂糖と、塩少々を入れてください。 写真を見ると、かなり大量の砂糖を投入しているように見えますが、多分、これでも砂糖の量は足りないと思います。 ただし、これ以降は好みですから、味を見ながら、砂糖の量を加減してください。 この時、火は超弱火にする方が良いです。 砂糖が入ったので、余計に焦げ付き易くなっています。 最初に砂糖を入れ過ぎると、薄めることはできませんから、最初は小豆と同量から始めて徐々に増やすのがポイントです。 お好みの甘さに仕上がったら、ぜんざいの汁の出来上がりです。 ぜんざいのレシピ - 最後の仕上げ さていよいよ、ぜんざいの作り方です。 実は小豆を煮上げた時点で9割がたはできているのですが。 ぜんざいを作るには、炊きあがった小豆に焼きもちや白玉を投入すればOK。 おいしい手作りぜんざいになります。 ちなみにここで言うぜんざいは中部以西のぜんざいで、同じものを関東では「汁粉」と呼びます。 してあります。 あずき餡にするには あずき餡にするには、ぜんざいの状態から汁を捨て、さらに味を見ながら砂糖と塩少々を加えて行きます。 粒を残せば粒餡になります。 木べらなどで小豆を潰しながら仕上げれば、練り餡になります。

次の

ハシモト「ゆであずき」の缶詰でぜんざいを作る方法(作り方)

ゆで あずき 缶 ぜんざい

鏡開きとは 「鏡開き」とは、お正月に歳神様にお供えした鏡餅を1月11日(土)に下げて、お雑煮やぜんざいに入れて食べることをいいます。 最近の鏡餅は、鏡餅の形をしたプラスチックの中に小餅が入っているものをお供えしている家庭が多いようですが、以前は大きな餅で鏡餅を用意していました。 鏡開きの行事は、元々は武家社会の風習であったことから刃物を使って「切る」ことは縁起が悪いとされたので、包丁や刃物を使わないで木槌で割るなどして小さく分けていました。 また「割る」も縁起が悪い言葉とされ、「開く」という言葉を使い、「鏡開き」というようになったそうです。 超簡単!あずき缶で作るぜんざいの作り方 本格的にあずきを煮て作る時間がないときは、ゆであずきの缶詰を利用すると手軽にぜんざいが作れます。 ゆであずき缶は、砂糖も塩も入っていて、そのままでも十分美味しく作れて時間も短縮できて便利です。 あずき缶で作るぜんざいの材料(2~3人分) ・ゆであずき缶(210g) ・水 ・・あずき缶と同量 ・餅 ・・・2~3個 ・塩 ・・・ひとつまみ あずき缶でつくるぜんざいの作り方• お餅をオーブントースターで焼き始めます。 お餅はアルミ箔より、クッキングペーパーの上にのせたほうが張り付かず取りやすいです。 お鍋にゆであずきと、缶と同量の水を加え、火にかけます。 木じゃくし等でゆっくりと混ぜ、沸騰したら2~3分煮立てます。 甘味を調整し、塩ひとつまみを入れて、甘味を引き締めます。 (入れ過ぎに注意)• 碗に3のぜんざいを盛り、焼いた餅を入れたら出来上がり! ゆであずき缶の大きさは色々ありますので、人数や食べる量で選んでください。 加える水の量は、小豆缶と同量でOKです。 四季の行事を楽しむのって、いいですね! もちろん、ぜんざいは鏡開き以外でも作ってOKですよ!.

次の

【楽天市場】【12缶セット】 【公式】天狗缶詰 ゆであずき 中国原料 2号缶 1,000g 12缶 [7,000円以上で送料無料※一部除く/給食用 業務用 食品 食材] 製菓材料、あんこ、ぜんざい、おしるこ、イベントに:業務用e缶詰屋こてんぐ 天狗缶詰

ゆで あずき 缶 ぜんざい

ぜんざいのレシピ作り方・あずきの煮方 ゆで方 ぜんざいのレシピ あずきの煮方 冬になると食べたくなる人気のぜんざい(関東では汁粉と呼びます)。 最近は茹で小豆も売られていてそこそこおいしいですが、自分で小豆を煮た手作りの味にはかないません。 小豆(あずき)の煮方・炊き方はやってみると意外に簡単。 小豆を煮ている時に焦がさないように気を付けるのが初心者には一番大事かもしれません。 今回は、北海道産の大納言小豆を自分で煮て、ぜんざいを作ってみました。 ぜんざいを作るポイントは、あずきの煮方一つです。 煮あがったあずきは、水分を多めにすればそのままぜんざいになりますし、水分を飛ばせば粒あんとして利用できます。 ぜんざいのレシピ - 小豆は煮る前に洗う 小豆は煮る前に洗います。 「小豆を研ぐ」という言い方もあるようですが、小豆の場合は特にコメを研ぐように念入りに洗う必要はないようで、ささっと、ゴミや汚れを落とす程度でOKです。 小豆を洗ったら一度水を切ります。 ここで小豆は、水に浸してしばらく置いておく必要はありません。 小豆は皮が軟らかいので、水に浸しておくと逆に柔らかくなりすぎて、煮ている間に崩れやすくなるそうです。 洗った水を捨て、そのまま小豆を鍋に入れて新しい水を注ぎます。 ぜんざいのレシピ - 小豆を煮る前にさっと茹でて小豆のあくを取る 小豆に豆の量の約3倍の水を加え、強火で沸騰させます。 でもまだ本格的に煮るのではありません。 いったんあく取りをします。 小豆は皮が軟らかい代わりに、あくがあるので、あく取りが必要なのです。 小豆の鍋が沸騰したら、すぐに火を止め、ざるに小豆をあけて茹でた湯(煮汁)を捨てます。 こうすることによって、小豆の持つあくを取ることができます。 ぜんざいのレシピ - 小豆を煮る 次に、小豆を本格的に煮て行きます。 先ほど茹で汁を切った小豆を鍋に戻し、今度は豆の量の4-5倍程度の水を入れます。 強火にかけ、沸騰させます。 沸騰したら火を弱め、沸騰が続く程度の火加減(弱火)で、豆の芯が柔らかくなるまで1~2時間くらい小豆を煮ます。 豆を指ではさんで、楽につぶれるようになったらOKです。 豆に芯を残すと、後の味付けがうまく行きませんので、必ず柔らかくなるまで煮てください。 小豆を茹でている鍋の中の様子を見て、時々浮いてくるあくを取り除き、また、差し水をしてください。 うっかり強火のままにしていると焦げます。 ぜんざいのレシピ - 小豆を煮ながら砂糖で味付けする 小豆が心まで柔らかくなったら、小豆と同じ重さの砂糖と、塩少々を入れてください。 写真を見ると、かなり大量の砂糖を投入しているように見えますが、多分、これでも砂糖の量は足りないと思います。 ただし、これ以降は好みですから、味を見ながら、砂糖の量を加減してください。 この時、火は超弱火にする方が良いです。 砂糖が入ったので、余計に焦げ付き易くなっています。 最初に砂糖を入れ過ぎると、薄めることはできませんから、最初は小豆と同量から始めて徐々に増やすのがポイントです。 お好みの甘さに仕上がったら、ぜんざいの汁の出来上がりです。 ぜんざいのレシピ - 最後の仕上げ さていよいよ、ぜんざいの作り方です。 実は小豆を煮上げた時点で9割がたはできているのですが。 ぜんざいを作るには、炊きあがった小豆に焼きもちや白玉を投入すればOK。 おいしい手作りぜんざいになります。 ちなみにここで言うぜんざいは中部以西のぜんざいで、同じものを関東では「汁粉」と呼びます。 してあります。 あずき餡にするには あずき餡にするには、ぜんざいの状態から汁を捨て、さらに味を見ながら砂糖と塩少々を加えて行きます。 粒を残せば粒餡になります。 木べらなどで小豆を潰しながら仕上げれば、練り餡になります。

次の