僕ら の インベンション。 KOSHIRYOKU: イノベーションとインベンションの違い

インヴェンションとシンフォニア

僕ら の インベンション

概要 [ ] 時代の頃の作品であり、同年、バッハは()に就任した。 ライプツィヒ時代には教育目的のクラヴィーア曲が多数作曲された。 なお、同書の前半部には「」(1722年)の初稿が含まれる。 初稿の曲名は「プレアンブルム」(Praeambulum, 32-46曲, 36-51頁)と「ファンタジア」(Fantasia, 49-62曲, 58-73頁, 72-73頁散逸)だった。 は2声部の、は3声部の、的な書法による様々な性格の小曲である。 シンフォニアは「 3声のインヴェンション」と呼ばれることもある。 自筆浄書譜には次のような表題がある : 率直なる手引き、これによってクラヴィーア愛好人士、ことに学習に意欲を燃やす人々が、(1)2声部をきれいに演奏することを学ぶばかりでなく、さらに上達した段階で、(2)3声部の・パートの処理を正しく立派に行う明確な方法が示され、あわせて同時に良い着想を案出するのみでなく、それをりっぱに展開すること、しかしなによりもの奏法を身に付けること、それに加えて作曲への強い興味と愛好を呼び覚ますことへの指針を掲げるものである。 著作者ヨーハン・ゼバスティアン・バッハ、アンハルト=ケーテン侯宮廷楽長。 この通り、演奏だけでなく、作曲も視野に入れた優れた教育作品として、現在も高く評価されており、現代のピアノ学習者のための教材としても広く用いられている。 また教育作品に留まらず、バッハの他のクラヴィーア楽曲と同様、多くの奏者やが演奏や録音を行なっている。 当時は多くの調号を持つ調は頻繁に使われるものではなかったため、割愛したものと考えられる。 ただし、バッハは同時期に全ての調を網羅した「平均律クラヴィーア曲集 第1巻」も編纂している。 バッハは、初稿を「インヴェンションとシンフォニア」として編纂改訂した際、曲の配列を大幅に変更した。 初稿と最終稿の番号は以下の通り: 初稿 調性 最終稿 第1番 第1番 第2番 第4番 第3番 第7番 第4番 第8番 第5番 第10番 第6番 第13番 第7番 第15番 第8番 第14番 第9番 第12番 第10番 第11番 第11番 第9番 第12番 第6番 第13番 第5番 第14番 第3番 第15番 第2番 この初期配列は、バッハが当初想定していた難易度の相対関係を反映していると考えられている。 しかし、バッハは編纂改訂にあたり、この難易度上の配慮を破棄し、「平均律クラヴィーア曲集」と同じく半音階上行の配列にした。 その結果、相対的に高難度の楽曲が容赦なく前半に再配置されることなった。 そのため、など、初期配列を参考にした、独自の順序による学習を推奨している音楽家もいる。 楽曲 [ ] 他のバッハの曲集と同様、古くから多くの校訂版が出版されてきた。 特にインヴェンションとシンフォニアは、学習者の需要があることから、にはない表現記号を校訂者が補筆した「実用版」が多い。 その解釈は極めて多様であり、このことは演奏を幾つか聞き比べすることでも実感できる。 解釈や装飾音の選択等によっては、各曲の印象や難易度はかなり変化する。 インヴェンション [ ] 第1番 ハ長調 BWV 772 4分の4拍子。 主題はC-D-E-F-D-E-Cの16分音符とG-C-H-Cの8分音符とからなる。 主題のうち16分音符の後半(階段状に下がるF-D-E-Cの部分)をすべて3連符にした異稿(BWV 772a)が残っており、こちらをバッハの最終的な意図(改訂)として採用するのような演奏家もいる。 新バッハ全集では一つの変奏例と位置づけている。 第2番 ハ短調 BWV 773 4分の4拍子。 8度(オクターブ)のカノン。 後半は左手が先行する。 冒頭の10小節と(2小節の間奏を挟み)後半の6小節目までは2小節遅れの厳格なカノン。 主題には溜息の音型が含まれる。 第3番 ニ長調 BWV 774 8分の3拍子。 左手のオクターブの上に右手が優雅な主題を奏でる。 第4番 ニ短調 BWV 775 8分の3拍子。 上昇音階を中心にした主題。 しばしば非常に速いテンポで演奏される。 第5番 変ホ長調 BWV 776 4分の4拍子。 二重対位法。 第6番 ホ長調 BWV 777 8分の3拍子。 (切分法)で書かれた曲。 右手と左手の兼ね合いが妙味を出す。 「ソナタ形式を彷彿させる二部形式」。 繰り返し記号が2カ所に付いているため、他の作品よりも演奏時間が少し長くなる。 第7番 ホ短調 BWV 778 4分の4拍子。 左手の8分音符によるオクターブ下降が特徴。 第8番 ヘ長調 BWV 779 4分の3拍子。 カノン。 打楽器的な主題。 F-A-F-C-Fの8分音符と下降音階の組み合わせ。 の電子効果音にも使われるなど、古典が現代に通じる新しさを備えた秀作。 第9番 ヘ短調 BWV 780 4分の3拍子。 滑らかな下降音階をもとにが登場する。 第10番 ト長調 BWV 781 8分の9拍子。 ジーグ風の曲にフーガ様式を組み合わせている。 緩いが支配する。 第11番 ト短調 BWV 782 4分の4拍子。 16分音符と8分音符による部分的な半音階が印象的。 第12番 イ長調 BWV 783 8分の12拍子。 左手の音階に乗って右手がA音を伸びやかに歌う。 第13番 イ短調 BWV 784 4分の4拍子。 右手アルペッジョと左手のシンコペーションが交代しながら完成されたポリフォニーを築く。 第14番 変ロ長調 BWV 785 4分の4拍子。 32分音符と16分音符の組み合わさった軽やかな主題。 転調が激しい。 第15番 ロ短調 BWV 786 4分の4拍子。 シンフォニア [ ] Randolph Hokanson pf これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、をご覧ください。 第1番 ハ長調 BWV 787 4分の4拍子。 伸びやかに上昇する音階主題。 第2番 ハ短調 BWV 788 8分の12拍子。 落ち着いた曲。 音階が随所に登場し単調さを避けている。 第3番 ニ長調 BWV 789 4分の4拍子。 冒頭で下属調の第4音であるCが出てくるため、あたかもト長調であるかのような印象を受ける。 平行3度の音階、複雑な左右の受け渡しが発生するストレッタなど、高度な技巧が要求される。 第4番 ニ短調 BWV 790 4分の4拍子。 16分音符のD-Cis-Dのあと4度下降、8分音符で6度上昇する動機が多く用いられる。 第5番 変ホ長調 BWV 791 4分の3拍子。 異稿(BWV 791a)がある。 左手は一定の音型を繰り返す。 第6番 ホ長調 BWV 792 8分の9拍子。 管弦楽曲風。 第7番 ホ短調 BWV 793 4分の3拍子。 第8番 ヘ長調 BWV 794 4分の4拍子。 第9番 ヘ短調 BWV 795 4分の4拍子。 3声のフーガ。 溜息の音型を含む第1主題、半音階下行のラメント・バス、16分音符の部分からなる3つの主題が同時に対位する三重対位法で書かれている。 バッハの生前から評価が高かった。 第10番 ト長調 BWV 796 4分の3拍子。 第11番 ト短調 BWV 797 8分の3拍子。 分散和音の下降のあと8度跳躍する主題。 第12番 イ長調 BWV 798 4分の4拍子。 動機とバスを交互に分散した形の16分音符が多用される。 第13番 イ短調 BWV 799 8分の9拍子。 始まりは素朴だが、即興的に次々と新素材が導入され、終結部は壮大な多重フーガの観を呈する。 第14番 変ロ長調 BWV 800 4分の4拍子。 下降的主題を持つ。 終曲直前の流れるような下降音階が印象的である。 第15番 ロ短調 BWV 801 16分の9拍子。 スラーとスタッカートの組み合わされたリズミカルな動機、H-Cis-D-Cis-Hの動機、32分音符のアルペッジョからなる。 脚注 [ ].

次の

2020年度 全日本吹奏楽コンクール課題曲 打楽器パート徹底解説【Ⅲ】僕らのインベンション 解説:井上 登紀

僕ら の インベンション

このゆらゆらとした拍子の変化やテンポの流れに付いていくのは大変そうですね。 8分の6は1・2・3、1・2・3で行けそうですが、8分の5は1・2・3・1・2になるので慣れないうちは難しそう。 そこから4分の2は・・・えっとえっとってなりそうですね。 4分の2だと8分の4になるので1・2・3・4のカウントをすると分かりやすいのかも・・・ 楽譜がメモだらけになりそうな予感 笑 そして楽譜を一生懸命見ていたら指揮を見れなくて合わないパターン・・・ 音楽を小さいころからやっている得意な人ならいいけど、吹奏楽で音楽を始めた人にはなかなか厳しそうな楽譜です。 でも、変拍子の曲に慣れている学校なら楽勝かも? 曲に乗って演奏出来れば数えなくても感覚でできちゃいますし・・・ 変拍子の曲を演奏したことのある学校は、この曲も楽しく演奏できそうですね。 この辺りから聞くとよくわかりますよね。 木管も金管のメロディーを追いかけていますし、バスパートも同じような旋律を追いかけています。 つまり僕らのインベンションは現代のバロック音楽とも言えるのかもしれませんね。 ってことは、音階のインベンションっぽいところはあまり表情をつけず、一定の音量で道から外れないように演奏するのかな? という発想にうちの子は行きついたようです。 でもそれだとつまらないからテンポが変わったり拍子が変わったり、調が変わったりすることで曲に表情をつけてる・・・? うぅぅぅ・・・と悩んでいます。 どちらにしても曲の理解も曲の演奏も技術的にも、難しそう。 良薬は口に苦しじゃないけど素敵な曲は難しい・・・ スポンサーリンク 僕らのインベンション テンポと導音 作曲者の宮川彬さんは「音は常に主音に行きたがっている」「音楽理論」という言葉を会報吹奏楽で、メッセージとして語られています。 そこにテンポと合わさってリズムが生まれると。 私は音楽の専門家じゃないからよくわからないけど、「気持ちのいい音の響きになるように音はいつでも動きたがっているっていう解釈でいいのかなぁ?」なんて子供と話していました。 そう思って「僕らのインベンション」を改めて聞いてみると、最初の出だしの部分は音を探してキョロキョロ、小さな生き物のように動いている感じが読み取れる気がします。 そしてユーフォ&ボーンのメロディで、まず最初の居場所を見つけた感があるのかな。 宮川彬さんは音楽理論で1夏遊べる曲とおっしゃられています。 難しい事はよくわからないけど、適当に楽器を吹いていたらなんとな~く 「この音の次はこれが来たら気持ちいいのに」と思う瞬間や「この音の次がどうしてこの音につないだんだろう?」と思う音の組み合わせってありますよね。 例えば龍潭譚ならラの次はシじゃなくてシのフラットじゃないとなんかしっくりこない。 僕らのインベンションで言うなら、短調のところも暗くなりすぎないように、極力明るい音で鳴らしたい。 だからニ短調の「レミファソラシドレ」も、全部じゃなくて一部をちょっとニ長調にまぜたら僕らのインベンションっぽい響きになるよね、みたいな。 知っている曲とかアニソンなんかをインベンションぽくテンポや拍子を変えたら僕らのインベンションみたいになった、っていう瞬間があったりするはず。 しっかり練習することになったらまた感覚は変わるのかもしれないけど・・・ そんな感じの捉え方でいいのかなぁ?と思ったりしています。 個人的な感想ですけど。 楽曲を演奏してガツガツ練習するのもいいですが「このフレーズインベンションっぽよねー」なんて言いながら遊んだりすると、仲間同士での理解も深まるんじゃないかなと。 勝手に想像していますが子供は受け入れてくれるのかどうか・・・ 笑 この記事では僕らのインベンションのテンポと拍子、そして曲に付いてご紹介しました。 この曲、聞いた瞬間にすごくいい!って思いましたよね。 でもその裏には考え抜かれた音楽理論があるのだと知ると、人間の感情や心情も全部理論で説明できるものなのかなぁと考えさせられます。 感情とは論理で理論で説明できるんですと言われてるみたいでちょっとさみしいけど、全ての自然現象は数式があてはまると誰かが言っていたように感情を揺さぶる音楽も理論や数式でできちゃうってことなんですね。 1つの曲からこんな話に発展することになるとは思いませんでしたが、結局、音楽も座学と練習の積み重ねってことなのかなと。 宮川彬さんは、練習ばかり熱心にするのもいいけどその裏にある音楽理論も、音楽を一生懸命やっている人には知っておいてほしいなと言う気持ちもあったのかな~なんて思ってしまいました。

次の

イノベーション、発明、インベンションの違い、使い方

僕ら の インベンション

宮川彬良さんは、奥さんの宮川由利子さんもヴァイオリニストという音楽一家の家系なんだよね 「僕らのインベンション」の意味 曲名について、作曲者の 宮川彬良さんは次のように述べられています。 (中略)「僕らの」と名付けたのは「現代の」という意味です。 そしてインベンションは「発明」です。 バッハが発明した二声の自由、掛け合い助け合い溶け合う事から生まれる本当の自由。 是非、その事に気づいて欲しい。 そこにこそ僕らの未来がある、と僕は信じています。 もうひとつ言っておきましょう、「下降導音」というのもあるのだ。 ま、この二つで十分ひと夏遊べるでしょう。 課題曲スコアより なんだか興味深いコメントですよね。 私は、これまで何度か 宮川彬良さんのコンサートに行ったことがあるのですが、アキラさんは ピアニストとしてオーケストラと共演しながら、指揮も司会進行もトークもさらりとやってのけるんです! そのくらいアキラさんは多才で、トークや書き言葉にまでユーモアがあって楽しい方です。 アキラさんのコメント全文を読みたい方は、スコアまたは全日本吹奏楽連盟会報「すいそうがく」(2019年12月号)をご覧になってください。 皆さん、ひと夏かけてこの曲で遊んでみましょうか。 『僕らのインベンション』の編成 編成は以下のとおりです。 Picc. opt. opt. opt. opt. Sax. Sax. Sax. Bass opt. 1 Vibra. , Glock. or Tubularbells , Xylo. , B. , Casta. 2 Tamb. , C. Cym. , Tri. , S. 3 Casta. , S. , W. Block 演奏動画をご紹介します それでは、演奏動画を4つご紹介します。 なお、複数の演奏動画をご紹介していきますが、当サイトは 演奏の良し悪しなどの批評を行うことは目的としておりませんので、その点をご理解いただいた上でご覧いただければと思います。 ちなみに、演奏動画は、Web上での公開状況に応じて今後も適宜追加していく予定です。 全国大会の常連さんということで、この対応の速さはさすがだと思います。 近年注目の吹奏楽団さんです。 吹奏楽経験者の方にはもはやご説明不要の「 WISH Wind Orchestra」による演奏です。 当サイトではいつもお世話になっている吹奏楽団さんです。 「 WISH Wind Orchestra」も、毎年早い段階から課題曲の演奏動画をたくさん提供してくださっています。 本当にありがたいですよね。 吹奏楽をこよなく愛するアマチュアトランペット奏者。 みんなのランキング公認「吹奏楽マイスター」 中学の吹奏楽部でトランペットに出会い、高校・大学では吹奏楽の他にオーケストラに活動の幅を広げ、現在は社会人の吹奏楽団・オーケストラ・その他アンサンブルなど各種団体に所属してトランペットの演奏活動を続けています。 本業は、丸の内の金融マンですが、仕事のかたわら、趣味で吹奏楽団やオーケストラでトランペットの演奏活動を続けつつ、吹奏楽や吹奏楽曲を広めるためのブログ記事を書いたりしています。 音楽以外では、美味しい料理やお酒を求めて国内外に旅に出たりすることが好きです。 海外への旅は、特にヨーロッパへのひとり旅が好きで、時々休暇を取って海外に出かけますが、現在はコロナの関係で海外旅行は自粛中です。 旅先ではコンサートやオペラの鑑賞を楽しんだり、好きな音楽家の生家やゆかりの地や聖地を巡ったりするなど、やはり音楽にまつわる旅をすることが大好きです。 このブログを通して、多くの吹奏楽ファンの方々とつながることができれば幸いです。 Twitterからお気軽にメッセージください。 フォロー・いいねもお待ちしています。

次の