全身 性 エリテマトーデス 完治。 11

全身性エリテマトーデス 人気ブログランキングとブログ検索

全身 性 エリテマトーデス 完治

膠原病のSLEは完治しないのでしょうか。 SLEとは、 「全身性エリテマトーデス」 の英語表記「Systemic Lupus Elythematosus」 の頭文字をとったものです。 SLEは慢性の自己免疫疾患である膠原病のひとつです。 スポンサーリンク 免疫は、細菌やウイルスから身体を守る働きをしますが、その際に自分の細胞は傷つけないという仕組みになっています。 しかし、何らかの原因でその仕組みが異変をおこし、免疫細胞が全身の臓器を攻撃するようになったものを総称して膠原病と呼びます。 SLEは関節リウマチなどとともに、代表的な膠原病のひとつです。 膠原病全てに言えますが、この病気についてもはっきりとした原因はわかっていません。 SLEでは、全身倦怠感、発熱、体重減少など全身の炎症をうかがわせる症状と、皮膚や粘膜にあらわれる症状はほぼすべての患者に見られます。 最も特徴的な症状は、蝶形紅斑と呼ばれる蝶が翅を広げたような形をした発疹が両頬にできることです。 スポンサーリンク 予後を左右する重篤な症状としては、子宮体腎炎(ループス腎炎)が起き、重症化すると腎不全を起こして透析が必要になります。 また、中枢神経の症状もSLEを代表する重篤な症状であり、うつ、妄想、見当識障害などの精神症状やけいれん、脳血管障害が起こります。 しかし、SLEのような膠原病を完治させる方法は今のところありません。 完治ではなく寛解と考えて、症状をコントロールして病気と生涯付き合っていくことが大切になります。 副腎皮質ステロイドは副作用も大きいため、慎重に使用しなければいけません。 症状が治まったために完治したと解釈して勝手に薬の使用をやめると、非常に危険な症状が起こることがあります。 次はこちらの記事です。 スポンサーリンク この記事は、気に入っていただけましたでしょうか? 少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。

次の

実は膠原病にかかっている芸能人(有名人)まとめ☆

全身 性 エリテマトーデス 完治

膠原病の全身性エリテマトーデスになると、寿命はどのくらいなのでしょうか。 全身性エリテマトーデスは、古典的膠原病のひとつです。 膠原病とは、1942年にアメリカの病理学者クレンペラーが提唱した概念です。 スポンサーリンク それまで病気というものはどこかの臓器が侵されて起きるものとの考え方でしたが、クレンペラーは全身性エリテマトーデスのように全身に炎症が起き、様々な臓器が同時に障害を受ける疾病もあることに気づきました。 古典的膠原病にはこの他にリウマチ熱、強皮症、関節リウマチ、結節性多発性動脈周囲炎、皮膚筋炎および多発性筋炎があります。 現在では、シェーングレン症候群、ベーチェット病など多くの病気が膠原病関連疾患と認められています。 膠原病は原因不明の全身性疾患であり、多臓器が障害され、寛解と悪化を繰り返す慢性疾患で、結合組織のフィブリノイド変性を起こす自己免疫疾患であるという共通点があります。 全身性エリテマトーデスでは、女性:男性が10:1の割合で患者のほとんどは女性です。 初発症状としては、発熱、全身倦怠感、体重減少などが見られます。 スポンサーリンク 全身性エリテマトーデスの特徴的な症状に蝶形紅斑があります。 頬から鼻にかけて蝶が羽を広げたような形に出る丘疹状の紅斑ですが、患者全員に出るわけではなく半数程度に見られます。 「全身性」と病名にあるように、全身の臓器に病変が及ぶため、光過敏症、レイノー症、口腔潰瘍などの皮膚症状、関節炎・関節痛、筋炎、神経症状、腎症状、肝症状、血液症状、脳血管症状など症状は多彩で、診断はアメリカリウマチ学会の診断基準に基づいて行なわれます。 治療の課題は炎症を止めることと免疫系の働きを抑えることです。 そのために中心的に使われるのは副腎皮質ステロイド薬です。 これに加えて免疫抑制剤が使用される場合もあります。 寿命を決定するのは多くの場合で中枢神経系障害や腎不全、感染症です。 次はこちらの記事です。 スポンサーリンク この記事は、気に入っていただけましたでしょうか? 少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。

次の

実は膠原病にかかっている芸能人(有名人)まとめ☆

全身 性 エリテマトーデス 完治

膠原病のSLEは完治しないのでしょうか。 SLEとは、 「全身性エリテマトーデス」 の英語表記「Systemic Lupus Elythematosus」 の頭文字をとったものです。 SLEは慢性の自己免疫疾患である膠原病のひとつです。 スポンサーリンク 免疫は、細菌やウイルスから身体を守る働きをしますが、その際に自分の細胞は傷つけないという仕組みになっています。 しかし、何らかの原因でその仕組みが異変をおこし、免疫細胞が全身の臓器を攻撃するようになったものを総称して膠原病と呼びます。 SLEは関節リウマチなどとともに、代表的な膠原病のひとつです。 膠原病全てに言えますが、この病気についてもはっきりとした原因はわかっていません。 SLEでは、全身倦怠感、発熱、体重減少など全身の炎症をうかがわせる症状と、皮膚や粘膜にあらわれる症状はほぼすべての患者に見られます。 最も特徴的な症状は、蝶形紅斑と呼ばれる蝶が翅を広げたような形をした発疹が両頬にできることです。 スポンサーリンク 予後を左右する重篤な症状としては、子宮体腎炎(ループス腎炎)が起き、重症化すると腎不全を起こして透析が必要になります。 また、中枢神経の症状もSLEを代表する重篤な症状であり、うつ、妄想、見当識障害などの精神症状やけいれん、脳血管障害が起こります。 しかし、SLEのような膠原病を完治させる方法は今のところありません。 完治ではなく寛解と考えて、症状をコントロールして病気と生涯付き合っていくことが大切になります。 副腎皮質ステロイドは副作用も大きいため、慎重に使用しなければいけません。 症状が治まったために完治したと解釈して勝手に薬の使用をやめると、非常に危険な症状が起こることがあります。 次はこちらの記事です。 スポンサーリンク この記事は、気に入っていただけましたでしょうか? 少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。

次の