伯方の塩。 伯方の塩勉強会

伯方の塩勉強会

伯方の塩

概要 [ ] の旧と他の合併により、今治市の一部となった。 により及びと「陸続き」である。 島の南部にのがある。 4社があるほか船主体ながらの集積も見られ、との島として知られる。 また「」発祥の地でもある。 「はかた」と読むのは難読の部類に属する。 2005年の合併前までは同じの中に(なみかたちょう)があり、混同されることもあった。 自然 [ ]• 宝股山 - 島の最高峰• 開山(ひらきやま) - 桜の名所として知られる。 海峡 近くの島々との海峡は潮流も急で、特にとの間の、との間のは急潮で知られる。 産業 [ ] 第一次産業 [ ]• 農業 - 、花き栽培(菊など)• 水産業 - 養殖 第二次産業 [ ]• - 島内に4造船所• - 島内に2社あり:(伯方の塩)、伯塩産業(調理の塩)の生産で全国的に知られる。 縫製業 第三次産業 [ ]• - が多数島内に存在している。 主体である。 社会 [ ]• かつてはを用いた製塩業が栄えたが塩田は廃止され、跡地はクルマエビ養殖場などになっている。 造船業が盛んで、近隣の島からも造船工が通ってくる。 大島、大三島とともに(さんとうごちょう)と呼ばれる、島しょ部の中心に位置し、警察署、消防署、法務局出張所や電話会社や電力会社の営業所が置かれた。 ただ、しまなみ海道など交通の便の向上と過疎化にともなう利用件数の減少に伴い、法務局出張所は廃止されている。 学校 [ ] 高等学校• 中学校• 伯方中学校• 西伯方中学校 2007年閉校伯方中学校に統合 小学校• 伯方小学校 有津小学校 - 2007年3月閉校、伯方小学校に統合 伊方小学校 - 2007年3月閉校、伯方小学校に統合 北浦小学校 - 2007年3月閉校、伯方小学校に統合 文化 [ ] 海にちなむ文化が息づいている。 矢崎浜のえんこ(河童)石(古民話) 伯方島の南岸・の近くの矢崎浜あたりの海にその昔()が棲みついていた。 河童は砂浜で遊ぶ地元の子どもたちや通りすがりの人によくいたずらをして、人々を困らせていた。 一計を案じた村人が砂浜でこのかっぱを生け捕りにした。 捕まえられた河童は村人たちに「もう二度と悪さはしません。 助けてください。 そのしるしに証文を渡します」と涙ながらに謝った。 村人たちもやがてかわいそうになり、縄をほどいて放してやった。 河童はたいそう喜んで、沖の方に向かって大声で叫んだ。 すると河童が大勢で海の中から大きい石を担いできて砂浜へ担ぎ上げ、「この石が証文だ」と告げ石を置いて海に帰っていった。 その日から河童は姿を現わさなくなった。 村人はこの石を「えんこ石」と呼び、大切にした。 今日、矢崎浜には「えんこ石」の石碑が建っている。 子どもが一人で海で遊ぶと波にさらわれて危ないということを戒めるための話と推測される。 同様の河童話はやなどにもある。 エンコは河童のこと。 「石碑」は「えんこ石」とひらがな表記のため、文中、原則としてひらがな表記とした。 交通 [ ] 道路 [ ]• の1つ・しまなみ海道()が通る島の1つであり、で大島とで大三島と結ばれている。 島内にはがある。 海上交通 [ ]• 港湾 - (きのうらこう)、、(くまごこう)、 木浦港 木浦は島の東部でかつての役場があり、民家が密集している島最大の集落。 港の近傍には造船所2社があるほか、停泊している船舶も多い。 ここの2Km沖での今尾連絡船「」が遭難、死者397名を出す県内最悪のとなった。 これがしまなみ海道架橋の契機となった。 曹洞宗禅興寺に慰霊塔が有る。 快速船 - ()間の航路が寄航している。 寄港地は上記に加え、今治 - 友浦 - 木浦。 一日9往復、が運航。 フェリー航路 による今治港 - 土生港間の航路が寄港していたが、に今治 - 友浦(大島) - 木浦間は休止され、木浦-岩城() - 佐島 - 弓削() - 生名(生名島) - 土生(因島)間のみにて一日4往復が運航されていた。 しかし、輸送量の減少、燃料コスト高もあって、2008年5月末で廃止された。 北浦港 伯方島の北部に位置し、と対している。 江戸時代の末頃にが築造され、塩の積出港として発展してきた歴史がある。 、桟橋竣工。 の塩業近代化臨時措置法が成立し、同年末に塩田は廃止された。 その跡地を利用しての養殖が営まれてきた。 かつてはへのフェリー航路が運航されていたが、西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)の開通により廃止され、現在は定期航路はない。 熊口港(くまごこう) 島の西部に位置し、前面はを隔てて大三島(今治市上浦町瀬戸崎)の対岸にある小さな港。 三方に山が迫り、港の背後は集落があり、伊方小学校もある。 市町村管理港湾。 今治 - 航路の寄航港として発展してきた。 また、今治港 - の快速船が一日6往復運航されていた時期もあった。 関連航路は西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)の開通により廃止された後、から有限会社の今治-三原間の高速船が寄航開始したが、燃料油価格の高騰などを理由にに再び休止された。 尾浦港 島の南部、の宮窪に向き合った位置にあり、宮窪との間にフェリー航路がある。 名所 [ ]• 開山 - 山頂周辺が開山公園として整備され、桜の名所になっている。 船折瀬戸• 伯方歴史文化公園 名産 [ ]• (「」ほか)• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

【企業の雑学】伯方の塩がメキシコ産なのに国産品な理由

伯方の塩

伯方さん 伯方さん。 伯方さん。 プロフィール• 本名:伯方シオ(はかたシオ)• 称:しおたん• 出身地:生まれ、育ち• 両親:民の、人の• :の、略してシオ• 得意な歌の:歌(えんか)• 苦手なもの: 性別 伯方さんの性別はあくまでも「不明」であり 「両性」ではない。 伯方さんは? のを着用しているためまだ性別は確認できていないが、も達はそんな伯方さんのを見て 研究を続けるのだ。 伯方さんがバンザイしてくれるその日まで・・・ 誕生 全てはのから始まった。 しおたん誕生の間である。 しおたんのはに掲載されているのでそちらを参照願う。 しおたんが伯方さんとしての表に出た切っ掛けは、の「」である。 呼称 元々、んでしたため、「しおたん」と呼称されることがほとんどであった。 本記事もしおたんで呼称を統一している。 でもにおいてはしおたんの称で親しまれているが、最近のでは「伯方さん」のほうが流となっている。 はいてない? しおたんがのはのが元。 にははいてるしおたんのも少しだけだがある。 男か女どっちか分からんので性別はに描いた。 : \ i ゝ- yイ ヽ. ', ヽ ト、. jノ ,ノ ヽ: :. ノ ノノ,. :〉、ヽ_ノヽ'、 |i ヽ i:. :イ ヽ \: : : :ヽ | '、 ヽ ヽ:.. ', ): : : :. i 、 ヽ ヽ 、 `ヽ:.

次の

伯方(はかた)の塩工場見学!【愛媛県今治市】

伯方の塩

概要 [ ] の旧と他の合併により、今治市の一部となった。 により及びと「陸続き」である。 島の南部にのがある。 4社があるほか船主体ながらの集積も見られ、との島として知られる。 また「」発祥の地でもある。 「はかた」と読むのは難読の部類に属する。 2005年の合併前までは同じの中に(なみかたちょう)があり、混同されることもあった。 自然 [ ]• 宝股山 - 島の最高峰• 開山(ひらきやま) - 桜の名所として知られる。 海峡 近くの島々との海峡は潮流も急で、特にとの間の、との間のは急潮で知られる。 産業 [ ] 第一次産業 [ ]• 農業 - 、花き栽培(菊など)• 水産業 - 養殖 第二次産業 [ ]• - 島内に4造船所• - 島内に2社あり:(伯方の塩)、伯塩産業(調理の塩)の生産で全国的に知られる。 縫製業 第三次産業 [ ]• - が多数島内に存在している。 主体である。 社会 [ ]• かつてはを用いた製塩業が栄えたが塩田は廃止され、跡地はクルマエビ養殖場などになっている。 造船業が盛んで、近隣の島からも造船工が通ってくる。 大島、大三島とともに(さんとうごちょう)と呼ばれる、島しょ部の中心に位置し、警察署、消防署、法務局出張所や電話会社や電力会社の営業所が置かれた。 ただ、しまなみ海道など交通の便の向上と過疎化にともなう利用件数の減少に伴い、法務局出張所は廃止されている。 学校 [ ] 高等学校• 中学校• 伯方中学校• 西伯方中学校 2007年閉校伯方中学校に統合 小学校• 伯方小学校 有津小学校 - 2007年3月閉校、伯方小学校に統合 伊方小学校 - 2007年3月閉校、伯方小学校に統合 北浦小学校 - 2007年3月閉校、伯方小学校に統合 文化 [ ] 海にちなむ文化が息づいている。 矢崎浜のえんこ(河童)石(古民話) 伯方島の南岸・の近くの矢崎浜あたりの海にその昔()が棲みついていた。 河童は砂浜で遊ぶ地元の子どもたちや通りすがりの人によくいたずらをして、人々を困らせていた。 一計を案じた村人が砂浜でこのかっぱを生け捕りにした。 捕まえられた河童は村人たちに「もう二度と悪さはしません。 助けてください。 そのしるしに証文を渡します」と涙ながらに謝った。 村人たちもやがてかわいそうになり、縄をほどいて放してやった。 河童はたいそう喜んで、沖の方に向かって大声で叫んだ。 すると河童が大勢で海の中から大きい石を担いできて砂浜へ担ぎ上げ、「この石が証文だ」と告げ石を置いて海に帰っていった。 その日から河童は姿を現わさなくなった。 村人はこの石を「えんこ石」と呼び、大切にした。 今日、矢崎浜には「えんこ石」の石碑が建っている。 子どもが一人で海で遊ぶと波にさらわれて危ないということを戒めるための話と推測される。 同様の河童話はやなどにもある。 エンコは河童のこと。 「石碑」は「えんこ石」とひらがな表記のため、文中、原則としてひらがな表記とした。 交通 [ ] 道路 [ ]• の1つ・しまなみ海道()が通る島の1つであり、で大島とで大三島と結ばれている。 島内にはがある。 海上交通 [ ]• 港湾 - (きのうらこう)、、(くまごこう)、 木浦港 木浦は島の東部でかつての役場があり、民家が密集している島最大の集落。 港の近傍には造船所2社があるほか、停泊している船舶も多い。 ここの2Km沖での今尾連絡船「」が遭難、死者397名を出す県内最悪のとなった。 これがしまなみ海道架橋の契機となった。 曹洞宗禅興寺に慰霊塔が有る。 快速船 - ()間の航路が寄航している。 寄港地は上記に加え、今治 - 友浦 - 木浦。 一日9往復、が運航。 フェリー航路 による今治港 - 土生港間の航路が寄港していたが、に今治 - 友浦(大島) - 木浦間は休止され、木浦-岩城() - 佐島 - 弓削() - 生名(生名島) - 土生(因島)間のみにて一日4往復が運航されていた。 しかし、輸送量の減少、燃料コスト高もあって、2008年5月末で廃止された。 北浦港 伯方島の北部に位置し、と対している。 江戸時代の末頃にが築造され、塩の積出港として発展してきた歴史がある。 、桟橋竣工。 の塩業近代化臨時措置法が成立し、同年末に塩田は廃止された。 その跡地を利用しての養殖が営まれてきた。 かつてはへのフェリー航路が運航されていたが、西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)の開通により廃止され、現在は定期航路はない。 熊口港(くまごこう) 島の西部に位置し、前面はを隔てて大三島(今治市上浦町瀬戸崎)の対岸にある小さな港。 三方に山が迫り、港の背後は集落があり、伊方小学校もある。 市町村管理港湾。 今治 - 航路の寄航港として発展してきた。 また、今治港 - の快速船が一日6往復運航されていた時期もあった。 関連航路は西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)の開通により廃止された後、から有限会社の今治-三原間の高速船が寄航開始したが、燃料油価格の高騰などを理由にに再び休止された。 尾浦港 島の南部、の宮窪に向き合った位置にあり、宮窪との間にフェリー航路がある。 名所 [ ]• 開山 - 山頂周辺が開山公園として整備され、桜の名所になっている。 船折瀬戸• 伯方歴史文化公園 名産 [ ]• (「」ほか)• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の