養豚ミックス図鑑。 ようとん場mix(ミックス)のポイント・オークションについて。

ようとん場mix(ミックス)のポイント・オークションについて。

養豚ミックス図鑑

Oxford Sandy and Black オックスフォード サンディー アンド ブラック  オックスフォードサンディーアンドブラックはイギリスのオックスフォードシャー州に由来する豚の品種です。 古いバークシャーとタムワースの品種に関連して、それは英国に生まれた最も古いブタの一つです。 オックスフォードサンディーアンドブラックは、丈夫で従順な豚で、屋外で飼育するのに適しています。 その色は日焼けから保護されています。 オックスフォード・サンディー&ブラック・ポッグ・ソサエティ(Oxford Sandy&Black Pig Society)の努力のおかげで、この品種は2度絶滅したが、回復している。 クネクネは髪の毛が丸く、下顎から垂れ下がったワットル(またはピリピリ)を抱えることがあります。 彼らの色は、白黒から生姜色(赤[黄]褐色)、クリーム、金色の先端、黒、茶色、三色にまで及ぶ。 彼らは従順な性質を持ち、現在はペットとして飼われています。 この品種は、捕鯨者や貿易業者によって、19世紀初めにニュージーランドに導入されたアジアの国内の品種に由来すると考えられています。 彼らは、ニュージーランドで知られているヨーロッパ原産の野生のブタと著しく異なっています。 ニュージーランドのネイティブのマオリ族はクネクネを採用しました。 クネクネという言葉はマオリ語で "太ったと丸い"という意味です。 1980年代には、推定50匹の純粋なクネクネのみが残っていました。 ワイルドライフパークの所有者であるマイケル・ウィリスとジョン・シスターは、繁殖回復プログラムを開始した。 2010年現在、この種の品種は、もはやニュージーランドとイギリスの両方の品種共同体で絶滅に瀕していません。 クネクネは髪の毛で覆われていて、長くても短くてもよく、まっすぐでも縮んでもよい。 ヘアカラーには、ブラック、ブラウン、ジンジャー、ゴールド、クリーム、スポッティッドの組み合わせがあります。 それには黒い短い鼻、中には半円形の耳または尖った耳があります。 それは短い短い脚を持つ短い円形の体を持ち、その顎の下に2つのタッセル(ピリピリと呼ばれる)を持つことができる。 クネクネは高さが約60cm(24インチ)になります。 大人のクネクネの体重は60〜200kgです。 クネクネの自然生息地は森林と牧草地です。 彼らは唯一の真の放牧豚であり、栄養補給なしで草のみで育てることができます。 クネクネの雄ブタは6〜7ヵ月で繁殖するが、雌は5カ月で妊娠することができる。 母豚は子育てが上手であり、平均7匹の子豚を産みます。 シュヴェービッシュ・ハル種は、牧草の消化能力が他種に比べて高く、放牧に適しているという特徴があった。 また、脂質が多めで、肉質は多少固く色は比較的暗い。 しかし、畜舎内で集約的に豚を短期間飼育する方法が定着するにつれてシュヴェービッシュ・ハル種の豚は減っていき、1982 年までには殆ど見られなくなった。 1986 年から保全と復活の取組を始め、農家が小規模に飼っている豚群の中で7頭の雌豚と1頭の雄豚を見つけ出し、それを少しずつ増やして行った。 2012 年にはBESH 全体で 3,100 頭の母豚を所有し、70,000 頭の子豚を生産するまでになった。 最後に この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。 三元豚とは? 三元豚とは、3種類の純血種を掛け合わせた雑種豚という意味であり、三元交配豚とも呼ばれる。 交配の目的は、雑種強勢効果を利用して、高いレベルで、繁殖性、産肉性、肉質等のバランスをとるためである。 現在は、繁殖性の優れたランドレース種(L)と大ヨークシャー種(W)を掛け合わせた雑種豚(LW)を子取り母豚とし、さらに止雄豚として肉質の優れたデュロック種(D)を掛け合わせた雑種豚(LWD、WLD)を肉豚にすることが主流となっている。 最近では、繁殖性や産肉性を犠牲にしてでも、最高の肉質を追求して差別化を図る銘柄豚も生産されており、バークシャー種を掛け合わせたものが出てきている。 各品種の特徴は、以下の通りである。 三元豚はこれらの特徴を勘案して、養豚生産者が好みによって掛け合わせたものである。 ・ランドレース種 :繁殖に優れている。 ・大ヨークシャー種:繁殖に優れており、産肉性とのバランスが良い。 ・デュロック種 :肉にサシ(網目状の脂肪)が入り、霜降り状になる。 獣臭が強い。 ・バークシャー種 :黒豚。 肉質の「きめ」が細かく、食味が良いが、発育性に難がある。 ・ハンプシャー種 :高付加価値の部位の比率が多く、産肉性に優れている。 明治時代までに国内で成立し、又は導入され定着した品種。 在来種一覧 現在、在来種と認められているのは以下の品種である。 カルニチンはエネルギー産生において重要な役割を果たしている。 カルニチンは長鎖脂肪酸をミトコンドリア内に運搬し、酸化(燃焼)することでエネルギーを産生している。 さらにカルニチンは、生成された有毒な物質をミトコンドリアの外に運びだし、蓄積するのを防いでいる。 こういった重要な役割を担っていることから、カルニチンは骨格筋や心筋に多く存在し、脂肪酸を燃料として利用している。 このミトコンドリアは一つの細胞に数十から数万という大変な数が含まれています。 これらのミトコンドリアは細胞の中で呼吸をしてエネルギーを生産しているのです。 我々が肺から吸い込んだ酸素は、血液によって体内の細胞に運ばれ取り込まれ、ミトコンドリアによって糖や脂肪を燃やす燃料として使われていることになります。 燃やすといっても生化学的に糖などを分解していく過程でエネルギーが発生するわけで、我々はそのエネルギーを利用して体温を保ち運動をして生きていることになります。 魚油の成分であるエイコサペンタエン酸、大豆油やコーン油などのリノール酸、オリーブオイルのオレイン酸などに含まれる。 フランスのブルトン種やトルマン種を基礎に改良されましたが、ブルトン種の影響を強く受けています。 毛色は、明るい淡褐色から暗い黒褐色までさまざまですが、単色で体の下部や四肢の内側は色が淡く、頭、頸(くび)、尻(しり)に濃色のボカシのあるものがほとんどです。 体は小型で、細くてきゃしゃな骨格をしており、顔はしゃくれていて目が大きいので、鹿のような可憐な印象を与えます。 性質は活発ですが、やや神経質です。 体が小さいため、乳量は年間約4000kgとそれほど多くありません。 しかし、乳脂肪率が高く(約5%)、脂肪球も大きいのでクリームが分離しやすく、その上、カロチン含量も高くて美しい黄色がでるので、バター原料乳として最適です。 また、耐暑性が比較的強いため、熱帯地方の乳用牛の改良に多く利用されています。 黒単色、無角が特徴であり、小型。 成雌で125cm、550kg程(雄で135cm、800kg程)。 枝肉歩留に重点をおいて改良されたので、一層肢が短くコンパクトな体型である。 環境適応性でショートホーンに優り、飼いやすい。 1916年にスコットランドから輸入され、無角和種の改良に貢献した後、絶えていたが、1961年にアメリカから輸入され、北海道・岩手・青森で1,500頭ほどまで増えたと報告されている。 日本におけるアンガス牛の発祥は、大正時代に山口県で和牛と交配してできた「無角防長種」にはじまります。 昭和に入ってからは、さらに無角防長種との交配が進み、「無角和種」が作られることになりました。 正式にはホルスタイン・フリーシアン種といいますが、日本では省略してホルスタイン種と呼んでいます。 毛色は黒と白の斑紋(はんもん)です。 ホルスタイン種は「乳用牛の女王」と呼ばれ、全世界で広く飼育されていますが、地域によって体型が若干異なります。 アメリカ型は四肢が長くて体高が高く、体型が角張った乳専用タイプです。 ヨーロッパ大陸型は後躯の肉付きがよく、乳用種ではありますが、生産物としては乳と肉の両方を目的としています。 これらの中間のタイプであるのがコンパクトな体で四肢が短いイギリス型で、ブリティッシュ・フリーシアン種と呼ばれています。 性質は穏和で飼育しやすく、寒さに強いのですが暑さには弱く、体質はそれほど強健ではありません。 ホルスタイン種の産乳能力は年間6000-8000kgときわめて高い。 乳脂肪率は3~4%で、カロチンをビタミンAに変えて乳汁中に出すので、乳は黄色味が薄く、白いのが特徴です。 しかも、乳用牛としては産肉性が高く、1日増体量は1. 1kgです。 現在日本の牛肉生産の中で、ホルスタイン種のオスの肥育は重要な位置を占めています。 明治4年、この南部牛にアメリカから輸入されたショートホーン種とデイリー・ショートホーン種を交配して改良がすすめられました。 改良の方針は、岩手、青森、秋田、山形、北海道など、それぞれ飼育地によって一致していませんでしたが、昭和18年に登録を開始して、褐毛東北種と呼ばれる牛が誕生し、昭和32年に審査標準を統一、日本短角種として登録を一元化しました。 毛色は濃赤褐色、和牛としては大型です。 メスの体高は132cmで体重590kg前後です。 肉質は繊維が粗く、脂肪交雑も黒毛和種に比べて劣ります。 日本短角種の最大の特徴は、粗飼料の利用性に富み、かつ北日本の気候・風土に適合していることです。 また、放牧適性が高く、粗放な放牧でも野草を採食する能力が優れています。 性質も温順で、夏期間は放牧し、冬期間はサイレージや乾草の給与でよく、飼育農家にとっては、水田や畑作物の栽培で忙しい夏は山に放牧しておけばよいので、手間がかからないという利点があります。 雌牛は産乳量に優れ、子育てがよいのも特徴です。 大正9年に、広島県七塚原の、農林省畜産試験場中国支場で生産されたアバディーン・アンガス種と和牛の一代雑種のオスが山口県に貸し付けられ、これが発端になり、以来アンガス種による改良が続けられました。 大正12年には標準体型が作成され、翌年に登録が開始されました。 昭和5年には、イギリスからアバディーン・アンガス種のオスを輸入してさらに改良、無角防長種として名を高め、昭和19年に無角和種として認定されました。 毛色は黒毛和種よりも黒が強くなっています。 鼻鏡や蹄も黒く、完全に無角で、体の幅が広く、腿はよく充実、四肢は短く、全体に丸みを帯びており、典型的な肉用牛型をしています。 体格は小型で、オスの体高は145cmで、体重980kg、メスの体高は128cmで、体重580kgくらいです。 和牛の中では比較的早くから肉用に重点をおいて改良がすすめられており、増体速度が速く、飼料の利用性も良好です。 ただ肥育がすすむと皮下脂肪が厚くなりやすく、肉質の面では脂肪交雑やきめなどが黒毛和種に比較すると劣っています。 高知系は「毛分け」と称する角、蹄、眼瞼、舌、尾房、肛門などの黒い牛が好まれている。 体格は黒毛和種に比べてやや大きく、雌130cm、体重470kg(雄で140cm、750kg)。 中躯の伸びが良く、後躯も充実している。 筋繊維はやや太く脂肪沈着も黒毛和種に劣るが、耐暑性に優れ、粗飼料利用性がかなり良い。 エネルギー含量の多い穀類を多給するとすぐに太って脂っこい肉質になる傾向にある。 ) いわゆる「サシ」のことで、胸最長筋についてビーフ・マーブリング・スタンダード(B. S)の12段階の基準で 5~1の等級に区分され、背半棘筋及び頭半棘筋の状態を参考にする。 等級 B. 8 ~ No. 5 ~ No. 3 ~ No. 4 1- ~ 1 2 やや少ないもの No. 2 0 1 ほとんどないもの No. 1 0 B. 等級 項目(歩留) A 部分肉歩留が標準より良いもの B 部分肉歩留の標準のもの C 部分肉歩留が標準より劣るもの 肉質等級 「脂肪交雑」、「肉の色沢」、「肉の締まり及びきめ」、「脂肪の色沢と質」の 4項目で決定します。 前 3項目の判定部位は、第6~第7肋骨間切開面における胸最長筋並びに背半棘筋及び頭半棘筋の断面。 「脂肪の色沢と質」の判定部位は、切開面の皮下脂肪、筋間脂肪、枝肉の外面及び内面脂肪です。 肉質等級の区分は 5区分であり、等級呼称は肉質の良好なものから 5、 4、 3、 2、 1の 5段階で評価されます。 等級 脂肪交雑 肉の色沢 肉の締まり 及び きめ 脂肪の色沢と質 5 かなり多い かなり良い かなり良い かなり細かい かなり良い 4 やや多い やや良い やや良い やや細かい やや良い 3 標準 標準 標準 標準 2 やや少ない 標準に準ずる 標準に準ずる 標準に準ずる 1 ほとんどない 劣るもの 劣り 粗い 劣るもの ハイポー 「ハイポー」とは「ハイブリットポーク」からきています。 オランダで計画的に育種改良された優れた品種の名前です。 長年研究しつくされて生まれた「ハイポー豚」は色んな品種のいいとこ取りをした豚です。 生物の場合は、異なる品種を交配することにより、雑種である子が両親より優れた遺伝的能力を得る「雑種強勢」という現象を利用してより優れた品種を作り出しています。 ハイポー豚は、この雑種強勢を利用し、「四元交配」と呼ばれる方法で作り出されたまさに理想的な豚なのです。 異なる種のかけあわせで産まれてきたで子の能力が、両親より優れた遺伝的能力を有する雑種強勢という現象を利用して、人間が求める理想に近い豚を産出しようとして出来上がったものです。 PICを日本語訳すると「豚改良会社」となります。 豚を改良するために特に重要なことは「遺伝的能力」と「健康」です。 PICはこの2つを改善するためのプログラム作りをイギリスのケンブリッジ Cambridge 大学とエジンバラ Edinburgh 大学にお願いしました。 「ケンボロー Camborough 」とはこの2つの大学の名前を組み合わせて命名された種豚のことです。 以来、優れた能力を持つ「ケンボロー豚」はイギリス に留まらず、世界中の国々で生産販売されるようになりました。 今では世界60数カ国で生産される肉豚の頭数は年間5千万頭以上に達しています。

次の

ようとん場MIX

養豚ミックス図鑑

『 ようとん場MIX』は豚さんを 捕獲・飼育・交配して数を増やし立派になった彼らを出荷していく 豚育成ゲーム。 前作『』と比べて絵の見た目はそのままに、種類と機能が大幅UPしたのがこの作品だ。 ぶたセンターで 購入したり、 子ぶたハントで捕まえた可愛らしい子豚を 豚小屋に集めて飼育しよう。 フンの 掃除をしたり、子豚の好みに合った 餌を用意してあげたり、病気にかからないように ワクチンを接種したり… 豚が大きく成長したら出荷の時期だ。 トラックに乗せられた豚の …うん、まあ…ちょっと心が痛むけど、 より多くの種類の豚を出荷できれば出来ることがどんどん増えていくのでせめて美味しいお肉になるように愛情込めて育ててあげよう。 ゲームの流れ タイトルロゴ。 いろんなコスプレ…いや個性的な豚が登場します。 まずは豚を集めよう。 ぶたセンターで最初に買えるのはCランクの豚のみだけどたまにレアなのが入荷できるので侮れない。 レアなのが欲しければ豚ハントを行った方が確率が高い。 ハントチケットはぶたセンターで購入可能だ。 前作は麻酔銃だったけど今回は投げ縄で豚を捕まえるぞ。 子豚に優しい?仕様になったけど難易度が高いので事前に練習だ。 入荷したばかりの豚は空腹状態。 うまく豚の好きな餌を探し出して与えてあげよう。 立派に豚が育ったら後ろのトラックにドラッグ&ドロップで出荷。 ドナドナ~…。 同じデベロッパのゲームに「」があるのだけど…分っているな、というべき? 3匹豚を出荷したら新たに交配機能がアンロック。 育てた豚を掛け合わせて新しい豚を生み出そう。

次の

ようとん場MIXのレビューと序盤攻略

養豚ミックス図鑑

・右上の「メニュー」のボタンを選択するとwiki内の各ページへのリンクが出てきます。 「ぶた図鑑」などがおススメです。 ・メニューの右の「その他」>「掲示板」から掲示板に行けます。 新しいぶたは掲示板に情報が寄せられてるかも。 ・wikiを 一通り調べたけどわからないという方は で聞いてみましょう。 ヒマな人が答えてくれるかも。 普通の図鑑のぶたは に、 イベントぶたの情報は にあります。 そこにも情報が無い、という場合は で情報交換がされているかもしれません。 色よりも偏食の度合いが優先されるので注意。 (色は区別しにくいので) ページ内リンク: ----- 逆引き後リンク:---- ----• 偏食:好物以外食べない。 2種類の場合は両方を食べさせないと育成に失敗する。 放牧:放牧が必要な豚は放牧場で放牧しないと雑種になる。 エサ回数:一定数のエサを食べさせないと育成に失敗する。 ハント:子ぶたハントでのみ出現するかどうか。 「豚セ」はぶたセンターで入荷可能という意味。 売価目安:出荷ptの目安。 (適当です)• 交配:ブリーディングの系統の種類。 逆引:ソートすることで逆引きっぽく並び替えられます。 色よりも偏食の度合いが優先されるので注意。 図鑑にヒントが。 育成失敗を恐れずチャレンジ。

次の