レッツ 天才 てれび くん 異 次元 獣。 キメラ異次元獣と次元ホール

天才てれびくん

レッツ 天才 てれび くん 異 次元 獣

注意! 私式擬人化ネタをぶっこんでます。 この小説はセロハンテープ〜カスタネットまでです。 実際私が初めて戦った異次元獣は靴下です。 よくセロハンテープでぐるぐるにしたり、足元にテープを仕掛けたりと迷惑なところもある。 しかし傷つきやすいところがあり、捨てられた際はショックのあまり異次元獣となった。 まぁ彼を捨てた時の久保田さんと同じ気持ちだったのだろう。 壊れた物はすぐにセロハンテープで直すくせがある。 久保田さん大好き。 「ここにセロハンテープをぐるぐるぐるぐる…これでよし!!」 「あはは〜ごめんごめん!僕の作品あげるから許して〜」 我を忘れた時、落ち込んだ久保田さんを笑顔にするために街をセロハンテープだらけにした。 「辛いよね…苦しいよね…大丈夫僕が全部セロハンテープで貼ってあげるから笑顔になって…ワクワクさん…」 異次元No. ちょっとひねくれたところがある。 自分の好みにあった男性がいるとキスマークをつけるため彼女持ちの人は危険(本人は悪気なし) ツンデレなところもあり、たまに好きな人にデレーとなる。 歌やダンスを習っていて、見た感じは女優。 化粧が得意だが我忘れ時は信じられないほど失敗していたらしい。 (本人によると) 「古臭いのって苦手なの。 ま、私ももともとは古かったけどね。 」 「別に私があなたについていくのは役に立つかもって思ってるだけよ。 勘違いしないで。 」 我を忘れた時、自分はいらない、役に立てないと誤解し口紅で被害を起こした。 「私は役に立てないと思ってるんでしょ!?だからこういうことしてるの!!役に立ちたい…あなたたちがいると役に立てないの!!」 異次元No. しかしプリンと猫が好きというギャップがある。 未来で地球を穴ぼこにするなど恐ろしいことをしてきたが我を忘れても坂田社長のことは誰よりも思っており世界を消して社長と一緒に暮らすのを夢見ていた。 むっちゃ怪力でその威力はどちゃもんを4匹用意しないといけないくらい強い。 食事はほぼスプーンらしいがラヤルによると箸も使えるらしい。 「あー…プリン食いてぇ……ん?意外そうな顔してんな…俺実は甘党なんだ。 」 「実は俺一人じゃないんだぜ?ほらここにもスプーンがいるだろ?こいつらは俺の仲間なんだ。 え?動いてない?…まぁ意志持ってんのは俺だけだからな…」 我を忘れた時、社長に元気を与えられないのは周りの人間のせいと思い世界を穴ぼこにしようとする。 「社長はな!面白くて優しくていると幸せに感じるんだよ!なのに…お前らのせいで社長は元気を無くして…!社長を幸せにしねぇ奴らなんていなくなればいいんだ!!…待ってろよ社長…俺が社長を助けてやるからな!!」 異次元No. 愛が無い少女。 いつも愛を探している。 人に乗りうつることが得意でタツオさんや虎南分析官、カレンちゃんに取り憑いていた。 辞典で調べることが癖になっているが、一応マンガや小説も読める。 常に無口だが話すときは話す。 彼女の輪っかくるくる回ってるからか、戦いの前や挨拶の時は必ずくるんとその場で一回転する。 どちゃ玉を二回当てないといけないくらい強い。 作ったタツオさんの人生を知っており、いつか彼の国語辞典が世界に広がって彼の愛を取り戻させたいと願っていた。 愛を探してるのはそのためである。 「……愛とはなんなの…?私は愛を知るために生まれたんだ…。 」 「分からない言葉があったら国語辞典を使って。 きっと何かわかるから…」 我を忘れた時、国語辞典を使わない人がいることに激怒し、国語辞典の素晴らしさを教えるために混乱を起こす。 「彼は…彼は国語辞典の素晴らしさを広めるために努力していた…彼は妻子を亡くしても一生懸命辞典を作った…私は…愛を探すと同時にあなた達に辞典の素晴らしさを伝える!それも…彼のために!!」 異次元No. 竹内さんのことが大好き。 クリスマスに竹内さんの手に渡ってからクリスマスが大好きであり、クリスマスになるといつもより機嫌がいい。 以前似た者同士のもものうちと協力してたがのちに少し「こいつとあわねぇな」と思うようになった。 あかのやまをワンパンで飛ばすほどの腕力を持っている。 リベラとは仲が良くない。 「クリスマスは竹内力との大切な思い出…竹内力…覚えてるかな…。 」 「ぬいぐるみは喋らないけど心はあるの。 私は彼らの気持ちがわかるの。 」 我を忘れた時、人間は大人になるとおもちゃで遊ばなくなることに絶望し世界をおもちゃに変えていった。 「人間なんてイラナイ!みんなおもちゃになって楽しく暮らすんだ!!だから邪魔するなァァァァ!」 異次元No. ほっぽされるのが大嫌いなのでかまってもらえるようにいつもテンションMAX。 小さい子が知ってる曲や最近流行りの曲も好む。 周りの手は叩くとうるさい。 飯島ちゃんと同じ性格なところもあり、ちょっとうっかりやで天然なところや仲間が悪いことをしてたら叱るところも似ている。 「ねーねー!この曲いいことない!?今練習してるんだ!!」 「カスタネットをなめないでよ!これでもいい楽器なんだから!」 我を忘れた時、ほっとかれたショックで暴走するがなんか楽しそう… 「あはは!!ねーねー!あたしと一緒にカスタネットで遊ぼう!?遊ばなかったら噛みついてでも遊ばせるから!!」.

次の

異次元獣の進入をくい止める

レッツ 天才 てれび くん 異 次元 獣

2016年度データ 月-木曜日 18時20分~18時54分 初回放送 2016/04/04 司会者 大野拓朗、虎南有香 てれび戦士• 瀧澤翼• 飯島緋梨• 林武尊• 原田明莉• 小澤竜心• 桐畑カレン• 黒川桃花• 皆川寧々• 稲垣 芽生• 柿澤仁誠• 久保みのり• 胡内奏芽• 辻晴仁 レギュラー出演者• 麿赤兒• 蝶野正洋• 中田敦彦• 藤森慎吾• 茂木淳一• 森田まりこ• こいで• 森崎博之• 田村裕• 川島明• 庄司智春• 益子卓郎• 福田薫• 松永天馬• 大水洋介• 飛永翼 ナレーション 三木眞一郎 おかなつこ 主なゲスト スタジオCGキャラ どちゃもん メインCGキャラ 声担当 武田直人 下田麻美 合田明日佳 岩男潤子 他多数 その他CGキャラ 舞台設定 第5やたがらす丸 主なコーナー 木生 どちゃもんを救い出せ! どちゃもんを救い出す 決戦!異次元獣 異次元獣と戦う 茶の間戦士訓練 蝶野教官が茶の間戦士を鍛え上げる どちゃもん じゅにあ アニメ(月曜日) 少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん アニメ(火曜日) ねこねこ日本史 アニメ(水曜日) 音楽関係 オープニング Let's天才てれびくんオープニングテーマ2016 エンディング たりないドアー イベント 大野課長in岡山 瀧澤、原田 「きてみて体感!NHK」 「大野課長とてれび戦士がやってくる!」飯島、竜心、仁誠、みのり 大野課長in山形 瀧澤、寧々 BKワンダーランド 「大野課長とてれび戦士がやってくる!」瀧澤、原田、武尊、黒川 NHK文化祭2016 辻、飯島、瀧澤、黒川、芽生、小澤 NHKコミュニティー・スクールin南千住 「大野課長とてれび戦士がやってくる!」瀧澤、原田、武尊、黒川 ホームページ企画 どちゃもん図鑑 次回放送予定 次回の番組放送内容を掲載。 烈天ブログ 用語集 天てれグッズ CD Let's天才てれびくん ベスト2014-2017 サウンドトラック 本 - 備考 ・Let's天才てれびくんが3年目に ・新しくどちゃもんの異次元獣が登場.

次の

異次元獣の進入をくい止める

レッツ 天才 てれび くん 異 次元 獣

『天才てれびくん』『天才てれびくんワイド』 [ ] 概要 [ ] 『無印』『ワイド』の10年間はストーリーに連続性があるとされる。 しかし、ストーリー連動のドラマパートがないため、各年度の初期設定からストーリーが進行することはない。 そのため舞台設定や出演者の変更に伴うストーリーの急展開は年度末(総集編期間の2月から3月)に起きた出来事として新年度のプロローグで語られる。 10年間の共通設定として、てれび戦士はテレビ番組「天才てれびくん」の制作スタッフである。 メインCGキャラクターはてれび戦士や総合司会より身分が上の番組最高責任者であり、てれび戦士が関わらないアニメやドラマのコーナーはメインCGキャラクターがプロデュースしたコーナーである。 オープニングタイトル [ ] 1993年度 時は21世紀…人間とリモコンの言いなりになってきたテレビがついに反乱を起こした。 ブラウン管がカンカンに怒り、カラーバー光線が人々を襲う。 そんなメディアの戦場に今、9人のてれび戦士が立ち向かおうとしていた。 1994年度 時は21世紀…テレゾンビたちはついにメディアタワーを占拠した。 地球は彼らの思うままに操られ、人々は生きる意欲を失った。 てれび戦士たちはテレビを再び人間の手に取り戻し地球を救うため、宇宙へと飛びたった。 1995年度 時は21世紀…メディアステーションは突如、巨大なブラックホールにのみ込まれた。 かろうじて脱出したてれび戦士たちは異次元の不思議な世界、メディア砂漠に迷い込んだ。 そこで彼らは何もないメディアの砂漠に自分たちの街をつくることを決意した。 1998年度 エエカゲンニ星第3テレビ文明…その栄光を取り戻すため、てれび戦士たちが立ち上がった。 ストーリー [ ] 1993年度 21世紀の地球。 人間とリモコンの言いなりになっていたテレビが反乱を起こしてテレゾンビとなり、地球人を苦しめる。 メディアタワーに集結した9人のてれび戦士は打倒テレゾンビを掲げ、先住者おあいこトリオやアンドロイド・プロデューサーてっちゃんと共に、面白い番組の放送を目指す。 1994年度 テレビ魔王率いるテレゾンビ軍にメディアタワーを占拠されてしまい、地球はテレゾンビの支配下に堕ちた。 宇宙へと逃れたてれび戦士たちは、地球の軌道上に建設されたメディアステーションを新たな拠点とし、地球を取り戻すための番組を放送を続ける。 一方、クリスと「」出演者は間違えてメディアステーションの周りに浮かぶミュージック衛星に移住、他のてれび戦士と別行動となる。 1995年度 ブラックホールに吸い込まれていくメディアステーション。 間一髪で脱出に成功したてれび戦士とおあいこトリオは、メディア砂漠に不時着する(1回目のワープ)。 この不毛な土地を楽園にするべく、先住民と協力して理想の街を築き上げるため、先住民の小学生8人を新たなてれび戦士として仲間に加える。 1996年度 てれび戦士数名は突如パラレルワールドに迷い込んでしまう(2回目のワープ)。 初代てれび戦士の栗山祐哉はてっちゃんと再会を果たし、「テレビより面白い物が存在する世界」であることを告げられる。 キャイ〜ンとてっちゃんが新たに選任したてれび戦士と共に、テレビ復活を賭けた面白い番組作りを開始する。 1997年度 てっちゃんはてれび戦士の指揮権を息子の「てつまろ」に託して隠居する。 てっちゃんはロケットを開発して、まだ見ぬテレビ文明を調査しながら、地球に帰還する計画を立てていた。 1998年度 まだ見ぬテレビ文明を調査するため宇宙を旅するてれび戦士。 旅の途中で6人を新人てれび戦士としてスカウトしていた。 やがて辿り着いたエエカゲンニ星は、テレビ文明が滅亡した星だった。 てれび戦士はこの星の山崎邦正ディレクターとリサ王女と共に第3テレビ文明の復興を目指す。 10か月後「」、てれび戦士の歴史を振り返り、テレゾンビとの最終決戦のため地球に向けて旅に出る。 1999年度 エエカゲンニ星のテレビスタッフと一緒に、地球に向けて旅をするてれび戦士。 旅の途中で7人を新人てれび戦士としてスカウトする。 地球に到着したてれび戦士たちは、テレゾンビの攻撃を恐れて、ロケットの中で番組を制作・放送する。 2000年度 高層マンションに拠点を移し、地球に定住。 屋上に放送設備を設置し、番組を制作・放送する。 2001年度 3001年、イカサンダル王国では「笑わない病」が深刻化していた。 王様の命令により笑いを届けるための組織「笑わせ隊」を結成させる。 笑わせ隊は1000年前の地球で面白い番組を放送していたというてれび戦士を助っ人として未来に招集するため、タイムシップ「天才丸」でイカサンダル王国を目指す船旅が始まる。 2002年度 2か月半前、初代てれび戦士とおあいこトリオが去ってから7年が経過した無人のメディアステーションをテレゾンビ軍が占領。 テレゾンビ制作のテレビ番組を地球に向けて放送する。 天才丸の船旅を終え、21世紀の地球に帰還した俵姉妹はテレゾンビが制作したテレビ番組に愕然。 「つまらない」とつぶやくと、番組に出演していたテレゾンビが激怒。 メディアステーションに拉致されてしまう。 そこには、テレゾンビにお菓子で勧誘されたてれび戦士がおり、「僕たちだけじゃ心細い」と新たに6人をてれび戦士としてスカウトしていた。 俵姉妹が「テレゾンビはてれび戦士の敵」であることを伝えると、テレゾンビは泣き落とし作戦で、「毎週木曜日のゲームでてれび戦士が勝利したらメディアステーションの一部を返還する」という条件のもと、テレゾンビとてれび戦士が協力してテレビ番組を制作する。 登場人物 [ ] てれび戦士 [ ] 小中学生で構成される「天才てれびくん」の主役。 同世代の視聴者に向けて「みんながテレビでこういうことをやりたいというのを代わりにやる」を合言葉に番組制作に取り組む。 1993年度初代:テレゾンビに対する特殊な抵抗力を持つ地球人。 1995年度新人:メディア砂漠の先住民。 1996年度新人:パラレルワールドの先住民。 1997年度新人:パラレルワールド出身。 1998年度新人:エエカゲンニ星に到着するまでにスカウトされた宇宙人。 1999年度新人:地球に到着するまでにスカウトされた宇宙人。 2000年度新人:地球人。 2001年度新人:3001年のイカサンダル王国出身。 2002年度新人:地球人。 てっちゃん [ ]• 声: 1993年度・1994年度・1996年度のメインCGキャラクター。 番組史上、最も多くの番組出演者(てれび戦士、司会者)に関わったキャラクターである。 テレゾンビの反乱を鎮めるため自らアンドロイドとなった番組プロデューサー。 昭和23年福岡生まれの元人間。 1993年度から2000年度まで(行方不明となっていた1995年度を除く)てれび戦士のメンバー選任に関わり、打倒テレゾンビを掲げ「面白い番組」を作り続ける。 1993年度:メディアタワーにてれび戦士を招集。 テレビ番組「天才てれびくん」を開始する。 1994年度:新たな拠点メディアステーションを建設して地球を脱出。 1995年度:てれび戦士とはぐれ、一足先にパラレルワールドに迷い込む。 メディア砂漠出身者、パラレルワールド先住民の中から新たにてれび戦士を選任。 キャイ〜ンとともに番組作りを再開させる。 1997年度:息子の「てつまろ」を後継者に指名し、隠居。 地球への帰還を模索し、ロケットを開発する。 エエカゲンニ星に不時着する。 ダチョウ倶楽部や初代てれび戦士からは「リアルてっちゃん」と称され、顔や髪型は忠実に再現されているらしい。 おあいこトリオ [ ]• 演: 1993年度・1994年度・1995年度の総合司会。 メディアタワーに隠れ住んでいた3人組。 テレゾンビと対決するために集められたメンバーではないため、「」ではてれび戦士を裏切る行為が描かれている。 1993年度初回では「ダチョウ倶楽部」として、本来の芸名で自己紹介。 その後、てれび戦士が「素敵な名前」を付けることに、「おあいこトリオ」は須山彩、「グースケ」「チョッキー」「パータン」は田原加奈子が名付け親。 グースケ• 演: 1993年度:手は「グー」、前期の隠れ家および後期の下半身は「」。 上半身は「」 1994年度:衣装は「」。 1995年度:衣装は「」。 チョッキー• 演: 1993年度:手は「チョキ」、前期の隠れ家および後期の下半身は「」。 上半身は前期が「」、後期が「」 1994年度:衣装は「」、海賊帽に「チョキ」。 1995年度:衣装は「」。 パータン• 演: 1993年度:手は「パー」、前期の隠れ家および後期の下半身は「風の」。 上半身は「を巻いた人物」 1994年度:衣装は「」、に「パー」。 1995年度:衣装は「」。 玉三郎 [ ]• 声: 1995年度のメインCGキャラクター。 メディア砂漠の先住民。 キノコのような体型に水玉模様、頭部にパラボラアンテナが付いている。 季節によって体の色が変化する。 愛称は「玉ちゃん」、名付け親は田原加奈子。 キャイ〜ン [ ]• 演: 1996年度・1997年度の総合司会。 パラレルワールドの先住民。 番組オリジナルの組織に所属しておらず、個人としての役名もない。 てつまろ [ ]• 声: 1997年度のメインCGキャラクター。 アンドロイドプロデューサーてっちゃんの息子。 てっちゃんのことは「お父様」と呼ぶ。 小学校低学年のような容姿をしており、ランドセルを背負ってる。 出身地(地球 or パラレルワールド)、形態(人間 or アンドロイド)ともに不明。 エエカゲンニ星 第3テレビ文明 [ ] エエカゲンニ星のテレビ局。 王女がキャスターを務め、ディレクターが司会進行を補助する。 1999年度 - 2000年度では地球での番組制作を手伝う。 山崎邦正• 演: 1998年度・1999年度・2000年度の総合司会。 エエカゲンニ星 第3テレビ文明の敏腕ディレクター。 本名は「ゴールデン・リトリバー・黒い犬はラブラドール・レトリバー・カワイイノー」略して「山崎邦正」。 リサ・ステッグマイヤー• 演: 1998年度・1999年度・2000年度の総合司会。 エエカゲンニ星の王女。 本名は「メディア」略して「リサ」。 TKくん• 声: 1998年度のメインCGキャラクター。 エエカゲンニ星 第3テレビ文明の編成担当コンピューター。 顔のデザインと名前の由来は「鉄仮面」および「タイムキーパー」。 TKくん2• 声: 1999年度のメインCGキャラクター。 モデルチェンジとバージョンアップを施した「 TKくん」。 TK子ちゃん• 声: 1999年度のサブCGキャラクター。 TKくんの妹。 TKくん2不在時の臨時スタッフ。 エバラン• 声: 2000年度のメインCGキャラクター。 TKくんの弟。 偉そうな口調や態度が特徴。 笑わせ隊 [ ] イカサンダル王国で3001年に流行していた笑わない病を治すために結成された組織。 角田信朗• 演: 2001年度の総合司会。 笑わせ隊の隊長。 山川恵里佳• 演: 2001年度の総合司会。 笑わせ隊の副隊長。 モンゴ• 声: 2001年度のメインCGキャラクター。 上半身が「」、下半身が「」の「イカネコ」。 イカサンダル王国の王様のペット。 王様直々の命令を笑わせ隊を伝えて仕切る。 演:てれび戦士2001 2001年度の「新人」てれび戦士は3001年のイカサンダル王国出身。 21世紀から招集されたてれび戦士を含めて、2001年度のてれび戦士「全員」が笑わせ隊の隊員である。 テレゾンビ軍 [ ] 1993年度・1994年度・2002年度の敵対勢力。 テレゾンビ 人間の身体に憑依したテレビ。 顔の部分がブラウン管テレビのテレゾンビは戦闘員。 テレビ魔王• 演: テレゾンビの首領。 「」(1994年1月1日 - 2日):クリスを誘拐して結婚を迫る。 1994年度プロローグ(1994年4月4日):小林一裕が寝ている間に奇襲をしかけ、メディアタワーの乗っ取りを成功させる。 カトウ ディレクター• 演: 2002年度の総合司会。 テレゾンビのスーパーディレクター。 ヤマモト アシスタントディレクター• 演: 2002年度の総合司会。 テレゾンビのミラクルAD。 ブッチョー部長• 声: 2002年度のメインCGキャラクター。 テレゾンビの部長。 カトウ、ヤマモトの上司。 用語 [ ] 地球 [ ] テレゾンビの誕生により、テレビ文化が廃れた惑星。 時代設定は21世紀。 1994年度の「」では現代で音楽を学ぶ20年後にクリスの父親となる人物が登場することから、32年後の未来、番組初年の1993年で2025年と推測される。 メディアタワー [ ] 1993年度の舞台設定。 地球にある巨大なテレビ局。 「面白い番組」を制作・放送する最後の砦。 1993年度:てれび戦士の本拠地。 「」や「」もメディアタワーの施設内で制作されているテレビ番組となっている。 1994年度:テレゾンビに占拠される。 メディアステーションとメディアタワーは最新技術で「直結」しており、電波ジャックや地球への出入りが容易にできる。 メディアステーション [ ] 1994年度・2002年度の舞台設定。 地球の軌道上にある。 テレビ局の設備と長期滞在可能な居住エリアがある。 1994年度:てれび戦士の本拠地。 周辺に「」出演者が間違えて移住したミュージック衛星がある。 2002年度:2か月半前にテレゾンビ軍が無人となっていたメディアステーションを占領。 テレゾンビ軍が制作するテレビ番組を開始するが、つまらないため誰も見なくなる。 番組を立て直すため、てれび戦士に協力を仰ぐ。 メディア砂漠 [ ] 1995年度の舞台設定。 異次元の不思議な世界、何もないメディアの砂漠。 VIRTUAL TOWN メディア砂漠にある空中都市。 おあいこトリオとてれび戦士が自分たちの理想の街を作るための本拠地。 テレビ局、寺院、公園「MEDIA PARK」、ボウリング場「TENSAI-BOWL」が主に使われ、映画館やレストランもある。 パラレルワールド [ ] 1996年度・1997年度の舞台設定。 キャイ〜ンが住んでいる地球によく似た惑星。 エエカゲンニ星 [ ] 1998年度の舞台設定。 テレビ文化が廃れた惑星。 王女がキャスターを務めるテレビ局がある。 イカサンダル王国 [ ] 3001年に「笑わない病」が流行した王国。 王様の命令により笑いを届けるための組織「笑わせ隊」を結成させる。 2001年度の番組設定は「天才丸でタイムトラベルする過程」であり、年度末に3001年に到着するものの、イカサンダル王国の内部が描かれることはなかった。 似た名前の「」が作中に登場する『』を意識したものかは不明。 天才丸 2001年度の舞台設定。 船型の。 てれび戦士vsテレビ魔王 [ ] お正月だよ! 天才てれびくん」で放送された番組レギュラー総出演のCGセットドラマ。 番組の初期設定であるてれび戦士とテレゾンビの戦いを描く。 放送日時 初回放送• 1994年1月1日 土曜18:30-19:00• 1994年1月2日 日曜18:30-19:00 再放送• 1994年9月7日 水曜18:00-18:30• 1994年9月8日 木曜18:00-18:30 あらすじ テレゾンビの首領「テレビ魔王」はクリスを誘拐して結婚を迫る。 てれび戦士はクリスの救出やテレビ魔王の打倒のため、旅に出る。 登場人物• テレビ魔王(演:) テレゾンビの首領• トカチャンピオン(演:) テレビ魔王の部下• ドラキューリ(演:) テレビ魔王の部下• 善人マスター(演:) てれび戦士と仲直りをしたいおあいこトリオに、不思議なお酒「善の心」を手渡す。 天才てれびくんMAX [ ] 概要 [ ] シリーズ11年目の2003年度、『MAX』への改題とともに過去10年間のストーリーとの関連はリセットされた。 『MAX』前半の4年間は同一司会者()であるが、舞台設定は毎年変更された(2006年度は2005年度の500年後の設定)。 2004年度から2008年度までは舞台設定に合わせて司会者やてれび戦士たちが2つのチーム(2008年度では3つ)に分けられた(司会者はそのチームのリーダーという設定)。 『MAX』初年度(2003年度)のプロローグではてれび戦士が「天てれ学園小・中学校」の児童・生徒として登場する(放送は3分未満でにワープする)。 奇しくも『MAX』最終年度(2010年度)の舞台設定は「」である。 年度 世界観 ストーリー連動ドラマ 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2009年度 [ ] 概要 [ ] 舞台は高層ビルの屋上。 「現実世界とテレビの中の世界との境界線に存在する面白い番組を発信する広場」となっており、『MAX』になって初めて「てれび戦士が面白い番組作りをする」というコンセプトが復活した。 舞台設定の公式名称は発表されないままだった。 登場人物 [ ] 総合司会• スミッコ(演:) 最新メイド型ロボット ウキウキ! 木曜 設定は秘密基地「ウキウキベース」• (こんどん)• (みのぽー) 天てれ学園 [ ] 天てれ学園(てんてれがくえん、Ten Tere Gakuen)は『天才てれびくんMAX』の2010年度に登場する架空の学校。 概要 [ ] 2010年度の番組設定。 10年間卒業出来ない大先輩の生徒がいる学園。 にも「天てれ学園小・中学校」が登場するが、関連は不明。 ちなみに2003年度は実写、2010年度はCGセットである。 登場人物 [ ] 先輩生徒• 演: 総合司会の番組設定。 10年間卒業出来ない天てれ学園の大先輩。 てれび戦士 服装は中学生は制服着用、小学生は服装自由(私服風)。 中学生• 當山優奈• 伊藤元太• 野村翔• 松岡美羽 小学生• 浅野優惟• 小川向陽• 金子凜太朗• 田代ひかり• 椋木ホセマルティン• ウキウキ木曜! 設定は運動場「ウキウキスタジアム」• (みっポン)• (ユッキーナ) 大! 天才てれびくん [ ] 「」および「」も参照 あらすじ [ ] 2014年度 西暦2114年の地球から異次元空間に捨てられた廃棄物が「異次元獣」と呼ばれる怪獣に変貌し、2014年の地球に怪奇現象をもたらしながら接近していく。 地球への異次元獣侵入を防ぐ為、2114年の人類は「国立異次元獣対策センター」を設立。 センター内の時空関係調整課に所属する大野拓朗課長は2014年のNHK放送センターに行き、新てれび戦士発表記者会見に乱入すると出席していたてれび戦士を「戦士」という単語だけでスカウトする。 てれび戦士たちは唯一異次元獣と戦える精霊「どちゃもん」を求め、タイムシップ「第5やたがらす丸」で日本各地を旅する。 2015年度 異次元獣との戦いが始まってから1年。 西暦2015年に滞在中の第5やたがらす丸で異次元獣と戦ったどちゃもん達を呼んでの慰労パーティーが盛大に行われた。 しかし閉会後、徳島どちゃもん・かさぽんたすが欠席していたことを知り、一同が通信を取ってみると、かさぽんたすは慌てふためいている様子。 そこで徳島県へ急行してみるが、発見したかさぽんたすは罠に引っかかり、檻に閉じ込められていた。 そんな中、第5やたがらす丸の前に掃除機型飛行船「超次元チリトラー808」が出現。 その船に乗っていたのは異次元世界の巨大国家「超次元帝国」からやって来た超次元帝国清掃課地球係の面々だった。 彼らは異次元空間への廃棄物投棄を続ける地球人を害悪と見なし、異次元獣を送り込んで掃除を名目に絶滅させようとしたがことごとく失敗に終わり、最大の障害となるどちゃもんを排除しようと自ら出向いてきたのだった。 てれび戦士たちは地球とどちゃもんの未来を守るため、超次元帝国との戦いに挑む。 2016年度 地球と超次元帝国の戦いが始まって2年の歳月が過ぎた西暦2016年。 第5やたがらす丸ではてれび戦士のメンバー変動が行われていた。 新たなてれび戦士と面会する大野課長たちだが、そこへ国立異次元獣対策センターの麿赤児長官から超次元帝国に連れ去られて行方不明の広島どちゃもん・ぷうかを救うには謎の物体を集めなければならないという重要情報がもたらされ、てれび戦士は謎の物体「よすがん」を探すために日本各地へ旅立つ。 一方、超次元帝国は今度こそ地球を滅ぼすべく、これまでに連れ去ったどちゃもんを異次元獣に改造して送り込む。 用語解説 [ ] 国立異次元獣対策センター [ ] 異次元獣による危機から地球を守るために22世紀に設立された機関。 略称はITAISEN(イタイセン)。 人物 時空関係調整課長 - 22世紀から来た未来人。 国立異次元獣対策センター(ITAISEN)・時空関係調整課の課長。 やや脳天気で女性に甘く、各地で紹介される料理に気が逸れたり、緊張感が必要な場面でダジャレを言うなど、指揮官としては頼りなく見える所があるが、「地球を守る」という内に秘めた使命感は本物であり、虎南分析官やてれび戦士たちからも表向きはなんやかんや言われるものの人望は厚い。 2014年度の神奈川編では、カスタネット異次元獣の引き起こす怪現象の影響でカスタネットに噛まれてしまった。 2015年度の山口編では、幕末からタイムスリップしてきた自分に生き写しの長州藩の武士・野村靖(大野の二役)の凛々しく頼もしげな姿を見て指揮官としての自信を失いかけるが、その野村から「君にしかできないことがある」と励まされ、立ち直った。 また、福島編では福島どちゃもん・さすらかすらを励ますために雪合戦に参加し、金魚1号に乗り込んで清掃課の手からさすらかすらを守った。 特定脅威分析官 - 環境保安省からITAISENに派遣された分析官。 木曜日の生放送ミッションではミッション内容の説明なども行う。 常に冷静かつ真面目で、不真面目な態度を取る大野課長を叱責することも多いが、自身に関連する話題やネタなどに関しては大野課長以上にはしゃぐことも多く、2015年度兵庫編では男装をしてどちゃらづか歌劇団の男役のオーディションに合格したり、茨城編では2105年第77代ミス納豆娘コンテスト納豆ネバネバ特別賞を受賞していたり、2016年度北海道編ではタラバガニの甲羅を弾丸としたタラバズーカを放って北海道どちゃもん・るるを助けたり、宮城編では本部から課せられた極秘ミッション「虎南に頼らず、てれび戦士の力だけで宮城どちゃもん・ぎやみを立ち直らせる」のために置き手紙を残して第5やたがらす丸から姿をくらませるなど、自由な行動をとることも多い。 また、生放送での謎解きでは「名探偵虎南」として振る舞うことも多い。 2016年度の三重編ではうぎろう異次元獣の引き起こす怪現象の影響で一時的に麿長官と立場が入れ替わった。 茶の間戦士訓練教官 - 環境保安大学校から第5やたがらす丸に派遣された訓練教官で茶の間戦士(データ放送で参加する視聴者)の訓練を行う。 強面だが、好物はプリンとババロアでダジャレも嗜む。 訓練に対しては厳しいものの、不甲斐ない成績だった茶の間戦士にも奮い立たせる言葉をかけるなど部下思いである。 2016年度では「ニセ教官」として原口あきまさが乱入してくるようになった。 装備開発課主任研究員 - () ITAISEN装備開発課の主任研究員で、てれび戦士たちからは「博士」と呼ばれる。 会った人や考えたこと、歩いた歩数から体重まですべて記録している。 2016年度では研究のために自ら呼び寄せたナマハゲによって五郎の手紙を奪還したことが勝因となった。 装備開発課助手 - (オリエンタルラジオ) ITAISEN装備開発課の助手。 見た目と言動がチャラいが、中田博士からは信頼されている。 次元ダンスマスター - 22世紀のニューヨークからやってきたスーパーダンサー。 麿長官に招聘され、パワーを生み出すダンスを開発している。 長官 - ITAISENの最高責任者で大野課長や虎南分析官の上司。 第5やたがらす丸を21世紀に送りこんだ。 2014年度ではダンベルスプーンを使っていた。 2015年度ではカメラ異次元獣の引き起こす怪現象の影響で金縛り状態になったり、2016年度の三重編ではうぎろう異次元獣の引き起こす怪現象の影響で一時的に虎南分析官と立場が入れ替わったり、こまちまちこ異次元獣の引き起こす怪現象の影響でなまはげに襲われたりした。 現地調査アンドロイド ITAISENが開発した調査用アンドロイド。 いち早く最前線に送り込まれ、てれび戦士の活動をサポートする。 日本古代の軍事武装を思わせるヘルメットとアーマーを装備し、各機体で性能や性質が異なる(演者の性格やキャラクターが基になっている)。 多数の芸人(森崎9号のみ演劇ユニット)が演じており、各機体に演者の名前とナンバリングを組み合わせた名前がつけられている。 また、各機体共通の機能として、機能停止したら左耳を引っ張ると再起動する、停止状態からの起動は名前を呼んで目覚まし時計を鳴らすというシステムがある。 小出水7号 -• 森崎9号 - ()• ノブ13号 - ()• 大悟14号 - (千鳥)• 田村4号 - ()• 川島3号 - (麒麟)• 庄司2号 - ()• 益子18号 - ()• 福田17号 - (U字工事) 装備・発明品 第5やたがらす丸 ITAISEN時空関係調整課が運用する大型タイムシップ・やたがらす型の5番艦。 2095年1月竣工。 22世紀と21世紀の、ちょうど100年離れた2つの時点の間を行き来できる。 全長66. 6m、重量120t。 空間内の最高飛行速度はマッハ2. 名前が示す通り3本足の鳥のような外見で、背中の上には天守閣を思わせるデザインのメインブリッジがある。 メインエンジンはのような形状をしており、メカの手のようなパーツで革を打つ事で稼働するシステムである。 桃花は略して「ごやまるちゃん」と呼んでいた。 2016年度の富山編では清掃課のコンピューターウイルスによって風邪を引いてしまったが、キッチリンAで正常化した。 次元エントリーシップ 金魚1号 人間が生身で侵入すると危険な、どちゃもんの巣などの空間用に開発された次元エントリーシップ・金魚型の1番機。 名前のごとく白い金魚のような外見をしている。 2人乗りで、ロケに行ったてれび戦士か乗員選抜試験の成績優秀者が搭乗する。 どちゃもんをくすぐる「こちょこちょビーム」やどちゃもんの技を防ぐ防御用のバリア、時間の影響から搭乗者を守る「ウラシマバリア」が装備されている。 また、機体の下にはアイテム運搬用のクローを装備。 「どちゃもん二次元化装置」でゴキゲンにしたどちゃもんをカードに収め、仲間として使役できるようにする。 なお、2016年度は登場しなかったが、異次元獣にされた岐阜どちゃもん・うぎろうを救う手がかりを得るためにてれび戦士が巣の探索に向かった話が出てくる。 同型機として、緊急脱出用に配備された単体でもタイムワープ可能な金魚2号もあり、スプーン異次元獣戦に際して大野課長らが一旦22世紀に戻る際に使用された。 金魚R テレビのリモコンを使って遠隔操作する、茶の間戦士専用の小型次元エントリーシップ。 Rはリモート(Remote)の略称で、大量生産されている。 どちゃもんの巣やオモイデ界で活動することができ、金魚1号同様こちょこちょビームやアイテム運搬用のクローを装備する。 金魚1号や超蝶野ロボの護衛・サポートを行う。 超蝶野ロボ 2015年度から登場する遠隔操縦式探索・戦闘用ロボットで、操縦はてれび戦士1名が行う。 全高3m。 超音波ビームを放って蝙蝠を追い払う「蝶野ロボ(2014年12月18日放送回に登場)」の改修型。 茶の間戦士訓練教官・蝶野正洋をモデルにしており、蝶野教官の顔に短い手足がついたような外見で腕は4本ある。 下側の腕はロケットパンチとして発射可能で、主に超次元ゴミ回収カプセルの破壊に使われる。 他にはこちょこちょビームと防御用のバリアを装備し、背部には蝶の羽に似た形状の翼がある。 後に清掃課の忘れ物の超次元バッテリーを搭載され、強力な体当たり攻撃「超蝶野アタック」が使えるようになった。 2016年度東京編では清掃課に盗み出されてネットオークションに1億円で出品され、それを東京どちゃもん・もものうちが購入。 てれび戦士は手作りのおもしろロボットを製作してもものうちに交換を持ちかけ、無事超蝶野ロボを取り戻した。 第5やたがらす丸のメインコンピューターを経由して22世紀の国立異次元獣対策センター本部のウルトラスーパーコンピューターとリンクしている。 あらゆる情報の検索、船内の機器の操作を行うことができる。 茶の間エネルギー転送装置・チャランポリン 2016年度の対異次元獣戦で使用される、茶の間戦士がテレビリモコンで送信したアイテムのパワーを戦場のどちゃもんに転送する円形の小型トランポリン。 現地にいる出張茶の間戦士(事前応募によって選ばれた視聴者)が使用し、これで何度も跳ねることでパワーが転送される。 次元通信機・ドダイNS-1号 どちゃもん研究会(下記参照)の際に、ゲストとなるどちゃもんと通信するための装置。 立体投影システムを備えた円柱形の台座のような形状で、本体上の空間にどちゃもんの姿が立体映像として映る。 どちゃもん探知バー 略称「どたんバー」。 どちゃもんを探す際に使われる探知機。 アイスバーに酷似した外見とは裏腹に、人間に化けたどちゃもんにも反応するほどの高性能を誇る。 うずましーん 周囲から吸い取った回転力をエネルギーに変えて放出する装置。 超次元バリアに閉じ込められた徳島どちゃもん・かさぽんたすの救出に使用された。 アンドロイドリセット装置・しょきかそうる 清掃課の超次元きびだんごで洗脳されてしまった大悟14号を初期状態にリセットする装置。 てれび戦士はカラオケで「」を歌う事でこの装置にエネルギーをチャージし、リセットビームとして第5やたがらす丸から大悟14号に照射するが、リセットによって自分との思い出が消えてしまうことを恐れたノブ13号が大悟14号に組みつき、ビームの狙いを外させた。 (いったりもどったりおいも) に含まれる「時空跳躍澱粉」を、サツマイモ3択クイズに答えることで活性化させて造り出された特殊な芋で、食べた者をタイムスリップさせる力を持つ。 鹿児島どちゃもん・くろはやとんを郷土の英雄・西郷隆盛に会わせるために使われた。 その後、一部が山口どちゃもん・ふくぺらぶうの手に渡り、幕末の長州藩の武士たちが第5やたがらす丸にタイムスリップしてくる騒ぎになった。 長州藩の武士たちを元の時代に戻す鍵を握るふくぺらぶうを誘い出すため、使用された。 きときと弾 結界に閉じ込められた富山どちゃもん・ふぁましすを救出するために使用。 最初はしわしわのボールだが、富山ご当地クイズやビーチボールバレーできときとパワーを充填することで力を発揮する。 特製ロケットミキサー 人間の姿になった和歌山どちゃもん・もさくを元に戻すために用意された、果物と野菜の盛り合わせ「キラフル丼」から「モトニモドース」という成分を抽出する装置。 タラバズーカ の甲羅を巨大化させて弾として発射する。 虎南分析官が、超次元チリトラー808に潜入した北海道どちゃもん・るるの脱出を手助けするため、これで砲撃した。 どちゃもん関連のアイテム [ ] ビリビリの書 栃木どちゃもん・とちぼるたが書いた手紙。 鬼を祭るにおかれていた。 チョコトッピングうずまきせんべい 新潟どちゃもん・こめくるりんの怒りっぽい人格であるおせんべくるりんをもてなすために作成した、チョコレートがトッピングされた。 おせんべくるりんには好評だった模様で、これを食べたおせんべくるりんは「おせんべいの大凧合戦」と言っていた。 まじないの 島根どちゃもん・ずぶろんの蛇のパワーの源となる銅鐸。 いやしの銅鐸 島根どちゃもん・すぶろんの頭の蛇を鎮める銅鐸で、2164年に発見されたという。 金の扇子 京都どちゃもん・みやこんが攻撃技である「大文字ファイヤー」を繰り出す際の笛の楽譜が書かれた扇子。 の都御流の家元の女性が所有しており、てれび戦士は譲ってもらうために彼女の一番弟子と投扇興で勝負をした。 最強の 愛媛どちゃもん・みぽんひめが使うと最強の力を発揮できる短冊。 Zー1レースのチャンピオンが所有しており、てれび戦士は譲ってもらうために雑巾掛け勝負をした。 どちゃ畳 熊本どちゃもん・どもっこすを呼び出すために必要な黒い星マークがついた。 の畳投げ大会の優勝者であるが所有しており、てれび戦士は譲ってもらうために彼と畳投げで勝負をした。 究極の 空腹になった和歌山どちゃもん・もさくを回復させるためにてれび戦士が調達した梅干し。 の本誓寺に保管されていた。 LEOSO どちゃもん界のファッション雑誌。 宮城どちゃもん・ぎやみはこのLEOSOのカリスマモデルである。 3期ではこの雑誌からぎやみが伊達政宗を尊敬していることが判明した。 桃べこ様 福島どちゃもん・さすらかすらの巣の中にある大きな桃色の。 さすらかすら曰く、ワープホールを制御する守り神。 静岡トラックのテープ 静岡どちゃもん・ぎゅたあくがオモイデ界を開く際に必要な曲が録音されたテープ。 静岡のゆるキャラであるちゃっぴーが所有していた。 初恋焼き 田中卓志が広島どちゃもん・ぷうかに作ると約束していたお好み焼き。 に漬けたハート型のレモンやすりおろしレモンが入ったトマトソースがトッピングされている。 スターリンゴ 青森どちゃもん・かざまのおどがよすがんを生成する際に必要な光を放つ。 りんご姫 青森どちゃもん・かざまのおどがよすがんを生成する際に必要な黄色の林檎。 キッチリンA 薬作りの達人である富山どちゃもん・ふぁましすが調合した薬で、清掃課のコンピューターウイルスに侵されて風邪を引いた第5やたがらす丸の治療に使われた。 材料はの干物、、、の煮干し、、、の姿干し、黄金の(の)目玉。 焼き芋味の 埼玉どちゃもん・だんきちのテンションを上げるために製作したアイスキャンディー。 糖度39の焼き芋でできたアイスキャンディーにふかし芋とチョコレートアイスがトッピングされている。 ドロゴンボール 愛知県の愛の結晶で、見た目は赤いハートがついた泥団子といった感じである。 ハートの数が1つ、2つ、3つ、4つ、5つ、6つ、7つ付いた物の7種類があり、7つ全てを揃えると「神泥龍(シェンドロン)」という赤い龍神が現れ、どんな願いも1つだけ叶えてくれる。 以前、清掃課に操られて暴走した岐阜どちゃもん・うぎろうの被害者となった愛知どちゃもん・ふぃろそふぃあは、その時の怒りからこれの力で異次元獣に改造されたうぎろうを消し去ろうとしたが、清掃課の乱入もあって最終的に叶えられた願いは「ふぃろそふぃあとうぎろうの思い出を出す」だった。 そしてこれで現れたうぎろうからの贈り物の似顔絵を見たふぃろそふぃあは昔の友情を思い出し、彼を許すことを決意した。 なお、ハートが4つのものはふいろそふぃあが初めから所有、1つ、2つ、3つのものはそれぞれ、、の喫茶店にあり、7つのものはゆるキャラのが所有、5つ、6つのものはふいろそふぃあが後に自ら入手していた。 きずな卒業文集 岐阜どちゃもん・うぎろうの卒業文集。 週刊誌に掲載された「うぎろうの黒い過去」とは違って、「この世を喜びと笑顔でいっぱいにしたい」と書いてあり、これによってうぎろうが実は優しい心の持ち主であったことが判明した。 型 佐賀どちゃもん・ひがたろうがオモイデ界を開くために必要なムツゴロウの形をした羊羹。 てれび戦士がの和菓子作りの名人の協力を得て作成した。 フクベタンA 栃木どちゃもん・とちぼるたをかばって清掃課の放水攻撃を受け、倒れてしまった後輩のがんぐろうを回復させるために使用。 ふくべ(の実)の成分を、栃木のグルメクイズやかんぴょうボウリングで活性化させる事で造り出された。 伝説の 和歌山どちゃもん・もさくがオモイデ界を開くために必要であるの胡麻豆腐。 よすがん 奈良どちゃもん・きんしゃかがを奏でることで召喚される白い鹿。 これにを大量に食べさせることでよすがんが生成される。 雪の女王の 北海道どちゃもん・るるがオモイデ界を開くために必要なアイテムの一つで、雪の女王(演:)が所有していた。 黄金の 北海道どちゃもん・るるがオモイデ界を開くために必要なアイテムの一つで、のガラス工房にあった。 究極の 北海道どちゃもん・るるがオモイデ界を開くために必要なアイテムの一つで、が所有していた。 金のわんこ 岩手どちゃもん・わんこねるらがオモイデ界を開くために必要な黄金色の。 チョコレート投薬マシーン・とんぷく3号 宮城県のゆるキャラ・チョコえもんから借り受けた、バズーカ砲型の投薬マシーン。 宮城どちゃもん・ぎやみの顔につけられた超次元VRゴーグルを外すため、これでぎやみの口にてれび戦士が製作した鮫型を撃ち込んだ。 クロウサギの金のフン 黄金のどちゃだまを完成させるために必要な物で、の「ウシノトリゴモリ」と呼ばれている巨大な滝の近くで発見された。 てれび戦士 [ ] 今作でのとは、ITAISEN時空関係調整課にスカウトされた地球人の少年少女たちのことを指し、日本各地の最前線で時空関係調整活動を行う。 各自に制服であるベストと第5やたがらす丸との通信機能や現在位置発信機能を持つバッジ、それに第5やたがらす丸倉庫内のロッカーと直結した専用の転送ロッカーを支給されており、自宅や学校の近くに隠されたこのロッカーを用いて第5やたがらす丸に出入りできる。 なお、このロッカーを使用するには制服のベストを着用する必要がある。 (あかさき つきか) 2014-2015年度。 (さいとう まひる) 2014-2015年度。 (つじむら こうすけ) 2014-2015年度。 (たきざわ つばさ) 2014-2016年度。 (いいじま あかり) 2014-2016年度。 小西憧弥(こにし とうや) 2014-2015年度。 林武尊(はやし たける) 2014-2016年度。 原田明莉(はらだ あかり) 2014-2016年度。 (おざわ りゅうしん) 2014-2016年度。 桐畑カレン(きりはた カレン) 2014-2016年度。 (ささはら なおき) 2014-2015年度。 (すぎもと あきら) 2014-2015年度。 黒川桃花(くろかわ ももか) 2016年度。 皆川寧々(みなかわ ねね) 2016年度。 (いながき めい) 2016年度。 (かきざわ にま) 2016年度。 久保みのり(くぼ みのり) 2016年度。 胡内奏芽(こうち かなめ) 2016年度。 辻晴仁(つじ はると) 2016年度。 どちゃもん [ ] 詳細は「」を参照 異次元獣 [ ] 2014年に異次元から突然現れた怪獣で、地球から異次元に投棄された廃棄物が捨てられた恨みや悲しみによって変化した物。 様々な不可解な事件を巻き起こし地球を混乱に陥れ、滅亡へ導く恐るべき存在。 凶暴性が高く地球の武器では倒すことはできず、倒すためにはどちゃもんの力が必要となる。 2015年になって、超次元帝国清掃課地球係が大量のゴミを異次元に撒き散らすため害悪とみなした地球をお掃除(殲滅)するために、地球からの廃棄物をコアとして造り上げた物であることが判明した。 さらに2016年度では、それまでに清掃課の手で回収されたどちゃもんを洗脳・記憶操作し暴走衝動を強めた上でコアとした新型の異次元獣も投入されている。 3年間で計13体の異次元獣が投入されたが、異次元獣は全てITAISENとどちゃもんたちに撃破され、コアにされた物体やどちゃもんは皆解放された。 これを受けて清掃課総監・ぱぺらぴ子は異次元獣戦13連敗となった地球係をクビにし、現時点で回収している4体のどちゃもんを全て合成した「キメラ異次元獣」の投入を計画したが、その後次元ホール消去作戦の成功を受けて計画を中止し、4体のどちゃもんは全て地球に返還された。 なお、元来は清掃課の清掃活動のために製作される物で、製作は清掃課技術センターの異次元獣係が行っている。 この異次元獣係からは月刊で「異次元獣コアカタログ」というコア候補の廃棄物のカタログが発行されており、地球係を始め現地対策課はこのカタログから希望のコアを申請する。 恨みや悲しみの念が深いコアを使うほど強力な異次元獣となるが、その分コストもかかるという。 スプーン異次元獣の事件では、22世紀の地球は異次元獣によって穴ぼこだらけになり、わずかに生き残った地球人は地球を捨てて宇宙移住を始め、そのための限られた宇宙船のチケットを奪い合う争いが起きていた事が明らかになったが、その後21世紀で襲撃してきたスプーン異次元獣が倒された事で歴史が変わり、22世紀の地球も平和になったという。 他にも、国語辞典異次元獣の事件では22世紀の地球のあらゆる場所に辞書の説明書きが出現したり、こまちまちこ異次元獣の事件では22世紀の地球が増殖するに支配される事が明らかになるなど、22世紀の地球がたびたび異次元獣によって危機に陥る描写があった。 超次元帝国清掃課 [ ] 幾つもの次元世界の頂点に立つ巨大国家「超次元帝国」の組織の一つ。 最高責任者は「総監」と呼ばれている。 22世紀の地球から大量の廃棄物が投棄された件により帝国は地球人を「ゴミを撒き散らかす迷惑千万な人種」とみなし、3名の清掃課地球係員に地球人を一人残らず抹殺する命令が下された。 係員は地球からの廃棄物を異次元獣に改造して21世紀の地球に送り込んだが、22世紀に設立されたITAISENと21世紀の地球人たち、どちゃもんとの攻防戦の末に全て撃破される。 この件を受けた係員は21世紀の地球にタイムワープし、最大の障害と見たどちゃもんの排除に乗り出す。 ITAISENからは「超次元帝国の人」「トンガリ野郎」「お掃除トリオ」などと呼ばれるほか、大野課長からは毎回木曜生放送で「せいとんか」「へいそうか」などと名前を呼び間違われている。 超次元帝国の国民「超次元人」は、外見はほぼ地球人と同じだが、は地球人とは異なっているらしい。 また、手からは電撃などの超能力を放ったりもできる。 飛永と大水はこまちまちこ異次元獣を用いた地球殲滅が失敗した後、天馬係長の決意を聞かされた事で自分たちも次元ホール消去作戦に協力する事を決意。 ITAISENの中田開発主任と藤森助手に接触して第5やたがらす丸と超次元チリトラー808のエンジンを直結する作業を行うと共に、ぱぺらぴ子に対しては回収しているどちゃもんの返還を懇願した。 中間管理職で権威に弱い。 自分が大好きな自信家ではたきを使う掃除が好き。 オカマっぽい口調で喋り、ヒステリックかつコミカルに部下を叱咤する姿がよく見られる。 2016年度では、超超次元能力であかのやまから化粧まわしを盗み、ぷうか異次元獣戦では彼女の記憶操作に関わっていたことが判明している。 ある時、誤ってチリトラー808から転落した所をの一家に助けられ、それがきっかけで彼女に淡い恋心を抱くようになる。 そしてこまちまちこ異次元獣戦では、前日に奪った五郎さんの手紙をなまはげに取り返され、コアが分離した後の異次元獣のボディに自らダミーコアとなって融合し、懸命に戦うが結局は敗北。 その後ぱぺらぴ子からの粛清通告を受けて「もう帝国には帰れない」と悟り、地球を第二の故郷とする事を決断。 部下たちに別れを告げ、ITAISENの次元ホール消去作戦に協力する事を決意する。 作戦成功後、てれび戦士の緊急記者会見が終わった後に会見会場の清掃員として登場し、てれび戦士と再会した。 その後、2020年3月4日放送の天てれYOU最終回ラストシーンで財布を落として清掃員になっていた団長をはたきを持って説教する人がいたが天馬係長本人かは不明。 地球係 メカ開発・整備担当 - () ぬめり取りが好き。 地球係の母船・超次元チリトラー808の整備も行う。 どちゃもんに化ける能力を持ち、三重どちゃもん・にんまるに化け、本物のにんまると同士討ち。 また東京どちゃもん・もものうちに声が似ているのを利用して(上記の通りもものうちの声は大水が担当している)もものうちに化け、第5やたがらす丸に潜入して超蝶野ロボを盗み出したこともあった。 地球係 異次元獣・薬品製造担当 - (ラバーガール) 超次元アイドル「ぱぺらぴ子(下記参照、ただし彼女が上司である事は知らなかった)」のファン。 超次元帝国に妻を残して単身赴任中。 細かい所の掃除が好き。 滋賀どちゃもん・よしばっばを捕獲した際は彼女に母親の面影を見て情が移り逃がしてやったり、同じぱぺらーである事を利用して山形どちゃもん・だまちゃだめの捕獲を試みた際はぱぺらーとして純粋に喜ぶ彼の姿に罪悪感を覚え、罠である事を教えて逃がしてやるなど、清掃課地球係の3人の中では優しい一面を見せることが多い。 また大水ほどではないが、彼も少々ヌケているところがある。 物語の終了時には超次元帝国に帰還したと思われるが、2017年4月24日放送の『』では、その回の挑戦者であるラバーガールが当番組に出演していた事について言及されていた。 超次元帝国清掃課 総監 - ぱぺらぴ子(声:浜崎容子(アーバンギャルド)) 黄色いのような顔をした超次元帝国人で、超次元帝国清掃課の最高責任者にして超次元アイドル。 彼女のファンは「ぱぺらー」と呼ばれており、またぱぺらぴ子自身は超次元帝国を代表するコンサートホール「超次元サンプラザ」でのライブなど幅広く活動しているらしい。 彼女のナンバー「キスミーきれいみー」は聴いた者を超次元帝国に心酔させる洗脳ソングであり、清掃課はこれを地球人に聴かせる事で帝国の信奉者を増やしていた。 他には自分のポスターを通じた瞬間移動、意思一つで自由に物体をお片づけ(消去)する、口から光の紐のような物を伸ばして相手を捕縛・拘束するなどの能力を持つ。 おくとぱすみれ異次元獣戦では彼女の記憶操作に関わっている事も判明しており、「初舞台に立てなかったのは長谷川のせいであり、彼に復讐を果たせばあなたの悲劇は終わる」と吹き込んでいた。 基本的に己の目的を果たすためには冷酷非道だが、若干ツンデレの気もある。 こまちまちこ異次元獣を用いた地球殲滅が失敗した後は地球係の3人をグレートスイトラーに回収させた上で、現在手元にあるどちゃもん4体を用いた「キメラ異次元獣」の投入を計画するが、地球係がITAISENと協力して地球からのゴミ投棄の要因である次元ホールの消去作戦を始めた事を知ると「それで地球を滅ぼさずにすむようになるのなら」と粛清通告を天馬係長への解雇通告に切り替えて地球係を後押しし、次元ホール消去作戦成功を条件に回収しているどちゃもんの返還を決断した。 関連アイテム [ ] 超次元チリトラー808(はちまるはち) 超次元帝国清掃課地球係が使用する超次元シップ。 次元を超えてどこにでも瞬間移動できる。 全長25m。 黒い掃除機のような形状をしている。 係員が滞在するコントロールルームは見かけも設備も貧弱で格安アパートの一室も同然。 ゆえに第5やたがらす丸に通信をかける際は、大きな板に未来的な装備の数々を描いた偽装を背景に立てて内部をごまかしている。 コチリトラー 超次元チリトラー808の先端のノズル部分が分離した小型高速シップ。 スティック型掃除機のような形状をしている。 最高飛行速度はマッハ2. 通常は2人乗りだが、強引に3人搭乗することも可能。 全長約10m。 ノズル部分で目的の物を吸入し、本体上部に設置された超次元ゴミ回収カプセルに収容できる。 人型の戦闘用ロボット「コチリトラーロボ」にも変形可能(ロボ形態ではカプセルは腹部に位置する。 2016年度では全身に装甲が追加されパワーアップしている。 超次元ゴミ回収シップ・グレートスイトラー 超次元帝国清掃課回収係が運用する大型ゴミ回収船。 巨大な円盤形で直径およそ3,000m。 自動運転でさまざまな次元を定時運行し、超次元ゴミ回収カプセルを回収する。 地球にやってくるのは毎週木曜日の午後6時52分。 底面に清掃課のシンボルである目のマークがあり、そこから出す回収ビームでカプセルを回収するシステムである。 逆に回収したカプセルを出すことも可能。 超次元ゴミ回収カプセル グレートスイトラーが自動認識して回収するゴミ箱。 胴部分が半透明のゴミバケツのような形状をしている。 グレートスイトラーはこのカプセル以外の物は回収することができない。 超次元マイアンテナ 清掃課メンバーがかぶっている黒くて長い一本角のついた帽子。 清掃課を始め、超次元帝国の国民が成人した際に必ず与えられる物で、超次元帝国住民課と常時通信してあらゆる個人情報(健康状態・学歴・職歴・家柄・預金残高・公共料金の支払状況など)の管理を行えるほか、触れることで日時を把握する時計の役割も果たしているらしい。 帝国内ではマイアンテナのペーパークラフトなどの玩具が子供たちの人気アイテムになっているという。 なお、番組公式サイトではこのマイアンテナとゴミ回収カプセルのペーパークラフトを配信しており、ダウンロードして製作できるようになっているほかマイアンテナをかぶった状態の写真を募集していた。 超次元焼きまんじゅう 群馬どちゃもん・はにまじんを手なずけるために製作されただが、飛永の調合ミスによって食べたはにまじんを巨大化させ暴走状態にしてしまう。 どちゃもん捕獲マシン・二郎さん 黒いの姿をしたロボットで、広島どちゃもん・ぷうかに近づき結婚の約束を交わす。 第5やたがらす丸内での結婚式の最中に正体を現しぷうかを拉致するが、最後は彼女への愛に目覚め、ぷうかを助けるために回収カプセルを壊そうとしたが叶わず、ぷうかごとグレートスイトラーに回収されてしまう。 その後ラジカセに改造されていた事が判明する。 鳥取どちゃもん・うさきゅうの手でITAISENに持ち込まれ、異次元獣に改造されたぷうかを救うヒントをてれび戦士にもたらした。 なお、その後は救出された妻のぷうかが所有している模様。 超次元 2015年度山梨編で第5やたがらす丸に化けた山梨どちゃもん・かげむしゃむしゃを墜落させるために使用された鳥黐。 ふなずし7s 清掃課地球係が売り出した通常の60倍の匂いがする。 値段は6万9800円。 レインボーこんにゃく 清掃課地球係が赤こんにゃくを真似て作った。 赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の7色がセットになっている。 超次元大仏 2015年度滋賀編で滋賀どちゃもん・よしばっばが巣から脱出するのを防ぐために使用した3体の大仏。 超次元電池 愛知どちゃもん・ふぃろそふぃあの巣に偶然置き忘れた巨大な橙色の。 ITAISENに回収され、超蝶野ロボの強化(エネルギーゲインが5倍以上に増大した)に活用された。 超次元スコップ 2015年度茨城編で茨城どちゃもん・かっぱろけの巣に落とし穴を作るために使用した。 超次元メガネクモリーナー 福井どちゃもん・ほやのんの大事な眼鏡を汚し、力を奪った。 簡単には落とせないが、飛永曰く、24時間で効果が切れる。 超次元ポンコツラーメン 2015年度福岡編で福岡どちゃもん・ちゃっちゃくちゃらを捕獲するために使用した、近づいた相手にビームを撃って気絶させてしまうラーメン。 超次元きび団子 食べた者を洗脳し、角が生えた鬼に変えるきび団子。 全ての現地調査アンドロイドを洗脳して全国のどちゃもんを一網打尽にする作戦のテストとして、まず岡山県で使用された。 大悟14号がこれで鬼になり、岡山どちゃもん・ももふぇを拉致する騒ぎを起こし、さらに鬼軍団を率いて岡山全土を征服しようとした。 超次元茶釜やぼーん5000 近くにいる者の野望を増大させる薄紫色ので、大水が岐阜どちゃもん・うぎろうに貢ぎ物として贈った。 これで天下統一の野望を増大させたうぎろうを利用してどちゃもんの同士討ちを誘う作戦だったが、うぎろうがその勢いに乗りすぎて超次元チリトラー808に攻め込み、一時占拠してしまう騒ぎに発展した。 超次元ノイズアンテナ 神奈川どちゃもん・ぷにょらの持つ黒たまごに仕掛けた、騒音を発する黒いアンテナ。 これでぷにょらを騒音源にして神奈川県内にいられなくなった所を捕獲しようとした。 恨みガス カメラ異次元獣を強化するため、日本中の捨てられたカメラを巨大な壺に集め、かき混ぜる事で抽出されたガス。 超次元あまあま汁 熊本どちゃもん・どもっこすを赤ちゃん返りさせてしまった桃色の液体。 どもっこすを元に戻すため、てれび戦士は「気合の入った」を製作した。 超次元ドライヤー 超次元チリトラー808の先端のノズルから熱風を噴射し、はにまじんを乾燥させて小さなに変えた。 これを元に戻すため、てれび戦士はで群馬のご当地ソング「」を演奏した。 ハイヒールリンゴ 2016年度青森編で使用した、が乗った紫色の林檎。 これを食べた超蝶野ロボは動けなくなってしまい、青森どちゃもん・かざまのおどは金魚Rと協力してバッテリーを回復させる虫を集めることになった。 超次元ウォーターガン ダンボール箱の体を持つ埼玉どちゃもん・だんきちを狙撃するために製作された。 これで濡らされて弱ってしまっただんきちを救うため、てれび戦士は防水ダンボールで新しい体を製作した。 超次元炎上エネルギー変換装置炎ジョイ1号 うぎろう異次元獣のエネルギーとなる「炎上エネルギー」を生み出す装置。 清掃課は雑誌やで「うぎろうの黒い過去」と称する捏造情報を流して世間や他のどちゃもんたちのうぎろうに対する敵意を煽り、この装置で炎上エネルギーに変換し、うぎろう異次元獣侵入前日に6兆5535億溜まったことが判明している。 偽オモイデ様 2016年佐賀編でオモイデ様になりすまして佐賀どちゃもん・ひがたろうの心を傷つける際に使用。 本物との違いは頭部に清掃課のものと同じ突起がついていること。 2016年栃木編にも登場した。 電気吸い取り剤入り、電気吸い取り剤入り干瓢巻き、電気吸い取り剤入り 2016年度栃木編で前述の偽オモイデ様と共に使用。 見た目は何の変哲も無い苺、干瓢巻き、餃子であるが、実は電気吸い取り剤が仕込まれており、これを食べた超蝶野ロボと金魚Rはバッテリーが減少し、栃木どちゃもん・とちぼるたも雷エネルギーが消滅してしまった。 超次元お笑い封じマシーンワラエナイザーEX 超次元チリトラー808の先端のノズル部分に取りつけて使う円盤形のアタッチメント。 緑色の煙のようなを放ち、大阪どちゃもん・はまじゅんを含めた大阪中の人々から笑いを奪った。 てれび戦士はこれを中和するために大阪のに使用される小麦粉「ナニワコナモニウム」を第5やたがらす丸から散布し、これによってワラエナイザーは爆発して地球係の3人は粉まみれになってしまった。 超次元イケメンスプレー 大水が通販で購入した、使うとイケメンになれるスプレー。 副作用の懸念があった事から実験として和歌山どちゃもん・もさくの巣の前に置かれ、これを使ったもさくは緑の服の青年(演:)に変身した。 超次元鹿 2016年度奈良編で奈良どちゃもん・きんしゃかが召喚したよすがん鹿に葛餅を食べさせられないようにするために使用した白い鹿。 しかしよすがん鹿が冬毛なのに対して超次元鹿は夏毛だったため、奈良県のゆるキャラのてんまるに見破られた。 こまちまちこの異次元獣取扱いマニュアル チリトラー808に潜入した北海道どちゃもん・るるが、こまちまちこを解放する方法を探すために盗み見ようとしたマニュアル。 見始めた所でぱぺらぴ子が現れてお片付けした。 超次元乾燥わかめ 超次元帝国産の乾燥。 天馬係長が、自分を助けてくれた滝口ひかりの家にお礼としてこれを届けようとしたが、そこに三陸ワカメを探しに行っていた一家の父親(演:げんしじん)が帰宅したため、こっそり家の郵便受けに入れていった。 超次元VRこまちまちこ 宮城どちゃもん・ぎやみの顔に取りつけた、秋田どちゃもん・こまちまちこの映像を映すVRゴーグル。 触ると電撃が走るため普通の方法では外せない。 超次元 2016年度宮城編でぎやみがよすがん生成に必要なを食べられないようにするために使用した、超次清掃課地球係員の姿を模したこけし。 数字の1、2、3、4、5が書かれたものの5種類があり、このうち5と書かれたものだけが非常に大きい。 偽こまちまちこ 北海道どちゃもん・るるを騙すために使用したこまちまちこのホログラム。 1回目は騙すことに成功したが、2回目はるるを騙すことはできなかった。 超次元虫除けスプレー 超次元チリトラー808の周囲に強力なバリアを張り、あらゆる物の侵入を防ぐスプレー。 マタギの五郎の手紙を取り返そうとしたるるに対して使用。 超次元トランジスター 次元ホール消去作戦において、チリトラー808と第5やたがらす丸のエンジンを直結するために用意された装置。 リポーター [ ] 「週刊ニュース深追い」のキャスター。 異次元獣の被害状況をリポートしているが、自身が異次元獣の被害に遭うことも少なくない。 その他関係者 [ ] セロハンテープ異次元獣のコアとなったセロハンテープの持ち主。 以前姪のために作ったセロハンテープのを受け取ってもらえなかったために八つ当たりしてセロハンテープを捨ててしまい、これがセロハンテープ異次元獣の誕生に繋がってしまった。 異次元獣戦には助っ人として登場。 異次元獣に新聞紙のを見せ、勝利に貢献した。 2016年度にもの方法を教えてくれるゲストとして登場している。 () ぷうかの親友。 2014年度ではぷうかが働く屋の客として登場した。 2015年度ではぷうかと二郎さんが結婚することをてれび戦士に明かしたほか、結婚祝いのビデオメッセージを送っている。 2016年度ではぷうかに初恋の味のお好み焼きを作る約束をしたことを明かし、マネージャーの制止を振り切って異次元獣戦に協力。 初恋焼きを見せてぷうかの救出に大きく貢献したほか、ぷうかにが1位である吉報を伝えた。 口紅異次元獣のコアとなった口紅の持ち主。 ファンから貰った口紅を大切にしていたが、一度も使わないままいつのまにか紛失してしまい、これが口紅異次元の誕生に繋がってしまった。 てれび戦士に真相を明かした後、口紅異次元獣の暴走阻止を託した。 スプーン異次元獣のコアとなったスプーンを製造していた会社の社長で杉本の幼馴染。 売り上げが伸びず多額の借金をしたため、自暴自棄になって大量のスプーンを捨ててしまい、このうちの一つが異次元獣になってしまうことになった。 異次元獣戦前日に異次元獣の体内に閉じ込められてしまうが、異次元獣のコアが剥き出しになったことで救出された。 路上で自ら製作した国語辞典を売り歩いていた男性。 虎南と瓜二つの妻イヨと、カレンに瓜二つの一人娘エミがいるが、2人とも10年前に他界している。 国語辞典に人々が見向きもしないことを悲しんでいたがために国語辞典異次元獣に憑依されてしまうが、辻村と笹原によって事なきを得る。 実は彼が売っていた国語辞典は「愛」の項目の説明文が抜けている未完成の国語辞典で、家族を失い、愛の意味を見出せなかったために書けなかったと話す。 しかし虎南とカレンの励ましにより国語辞典を完成させて売り出すことを決意し、同時に国語辞典異次元獣が愛に飢えていることを伝えた。 茂田才来(演:) バイクの事を「単車」と書いてマシンと読んでいるライダー。 最初は彼女を乗せてツーリングに出かける最中にくまのぬいぐるみ異次元獣の影響でバイクが玩具サイズに縮められ、おまけに彼女にも振られてしまった。 他にも2015年度福岡編ではラーメン屋台異次元獣の影響でヘルメットが提灯と化してしまい、カメラ異次元獣決戦編では金縛り状態になり、2016年度和歌山編ではひったくりに遭った後、おくとぱすみれ異次元獣の影響で突然起き上がってミュージカルを始めてしまうなど度々異次元獣の被害に遭う。 熊のぬいぐるみの異次元獣のコアとなったテディベアの持ち主。 本人によると5歳の時のプレゼントに熊のぬいぐるみを貰い、「ピーちゃん」という名前をつけて大切にしていたが、中学生時代、学校に持ち込んだことがばれて級友たちにからかわれたため捨ててしまい、これが異次元獣誕生に繋がってしまった。 異次元獣戦にはの姿で登場し、ロックポイントのキーワードから「赤鼻のトナカイ」を歌えばよいことを思いつき、勝利に大きく貢献した。 (演:大野拓郎) I. Oを食べてしまったために現代へとワープしてきた侍。 ふくぺらぶうをわざと怒らせて膨らませることでコチリトラーに吸い込まれるのを防ぐというキレっぷりを見せた。 その一方で心が荒んでいた大野課長を慰めて立ち直らせる心優しい一面も持っている。 靴下異次元獣のコアとなった靴下の持ち主。 本人によると嘗て芸の練習に使っていた靴下のうち右側だけを捨ててしまい、これが異次元獣誕生に繋がってしまった。 異次元獣戦では清掃課に捕まってしまうが、異次元獣に靴下を吐き出させて弱体化のきっかけを作ったり、ロックポイントの解除方法を大水に吐かせてそれを筒抜けにするなど、勝利に大きく貢献した。 ラーメン屋台異次元獣のコアとなった屋台の持ち主。 もともとこの屋台は彼の父のもので、それを粗大ゴミとして捨てたことが異次元獣誕生に繋がってしまった。 異次元獣戦では大水がうっかり喋ってしまった余計な一言から父の夢を思い出し、勝利に貢献した。 カメラ異次元獣のコアとなったフィルムカメラの持ち主。 もともとこのカメラは彼の祖父のもので、重くて使いにくいという理由で捨ててしまったことが異次元獣誕生に繋がってしまった。 異次元獣戦では清掃課に捕まってしまい、味方の振りをした上で「ずんだ餅を買いに行く」と称して脱出を試みるも失敗。 最終的にさすらかすらの喜多方ラーメンで気を引く作戦により脱出に成功し、異次元獣に祖父の自撮り写真を見せ、勝利に貢献した。 () かつてうぎろうと「鵜頂天」というコンビを組んでいた芸人。 自らコンビを解消したためにうぎろうが暴走したという自責の念に駆られており、どちゃどちゃ会議には通信で参加してうぎろうの救出を訴えた。 異次元獣戦では清掃課に捕まってしまうが、通信越しに「愛は憎しみを消す」と告げて異次元獣弱体化のヒントを教えた後、記憶のかけらのキーワード「てんかとろうぜ」を見て、合言葉であることを思い出してその苦労話を語り、清掃課を泣かせてその隙に脱出しITAISEN一行に合流。 うぎろうの解放と勝利に貢献した。 () 芸能事務所「クマムシエンターテイメント」の社長。 おくとぱすみれにスカウトを拒否されたため彼女の活動を妨害していたが、実は内心ではおくとぱすみれの歌声を気に入っており、「ファン1号」を名乗って文通をしていた。 異次元獣戦にも協力し、おくとぱすみれの解放に大きく貢献した。 家の玄関を掃除していた時、たまたま落ちてきた天馬係長と出会った女性。 五郎(演:) こまちまちこの恋人だった。 畑の作物を横取りしたり、嘘をついて回っていたろくでなしの男で、そのことから「ほらふき五郎」と呼ばれていた(そしてこまちまちこは、彼がそういう男だと知った上で愛していた)。 しかしこまちまちこに対する好意と愛情は本物でそれを手紙に書き残しており、この手紙がこまちまちこの救出のキーアイテムとなった。 週刊ニュース深追い [ ] 「」のパロディ。 異次元獣の被害を放送するニュース番組。 キャスターは茂木淳一と森田まりこ。 茂木淳一 05月12日 7 口裂けメークが大ブーム! 森田まりこ 05月19日 8 口裂けメークブーム終了! 大阪の町が穴だらけ 茂木淳一 09月 01日 18 異次元獣の謎に迫る 10月 09日 19 レストランの食事 すべてアイウエオ順に出される 10月14日 20 国語辞典の異次元獣被害広がる! 森田まりこ 10月20日 21 ことばの意味を説明しすぎる事件 広がる 茂木淳一 10月27日 22 慣用句が現実に?被害広がる 11月10日 23 国語辞典の怪事件 ふたたび! 森田まりこ 11月17日 24 洋服がおもちゃの人形サイズに!? 11月24日 25 またも怪事件! 乗り物がおもちゃに 茂木淳一 12月 09日 26 全国のおもちゃにナゾの文字出現 森田まりこ 12月16日 27 おもちゃ革命党が緊急記者会見 茂木淳一 12月22日 28 異次元獣との戦いを振り返り 今後の異次元獣対策を考える 2015年1月15日 29 あなたの街のフシギ探訪 01月19日 30 またも怪事件 カスタネットがオフィスに! 丸いものがちょうちんに! 森田まりこ 11月16日 57 乗用車がリヤカーに? 交番のランプがちょうちんに? 川の水がとんこつスープに? モノがとまる 茂木淳一 2月15日 61 またもや怪事件! 写真を撮ると人が止まる 2月22日 62 異次元獣の影響? 剣道の竹刀が…!? 5月23日 66 異次元獣の影響か!? ひっくり返り事件多発 森田まりこ 5月30日 67 ナゾのちょんまげ虫 大発生 芝木淳一 6月22日 68 まりこのトレンドなう(頭にちょんまげがつく) 森田まりこ 6月27日 69 スポーツ施設で怪現象つづく 茂木淳一 7月4日 70 特集 人気急上昇! 森田まりこ 9月21日 73 徹底検証! うぎろうの黒い過去!! 森田まりこ 11月8日 77 緊急リポート! 魚屋で信じられないできごとが!! 茂木淳一 11月14日 78 バッグをひったくられる さらに怪現象が!? 11月22日 79 異次元獣の影響か? 人々が悲劇のヒロイン化 12月5日 80 異次元獣の影響か? 人生に絶望する人々が続出! 森田まりこ 12月12日 81 異次元獣の影響? またもや怪奇現象発生 全国できりたんぽ列車大量発生! 新たな怪現象発生! 両親がなまはげに変身? 2月14日 特別編など [ ] どちゃもん研究会 DRS [ ]• 場所:第5やたがらす丸 ブリーフィングルーム• 司会: 2014年度 曜 タイトル てれび戦士 どちゃもんゲスト 放送日 月 どちゃもんのカラダ大研究 赤崎月香、桐畑カレン、小西憧弥、笹原尚季、杉本瑛 かさぽんたす(徳島) 2014年10月 06日 火 どちゃもんのパワー大研究 齋藤茉日、笹原尚季、瀧澤翼、林武尊、原田明莉 かざまのおど(青森) 10月 07日 水 どちゃもん性格診断テスト 茶の間戦士のお悩みどちゃもんが解決 茶の間戦士からぷうかへの質問 赤崎月香、飯島緋梨、小西憧弥、杉本瑛、辻村晃佑 とちぼるた(栃木)、ぷうか(広島) 10月 08日 2015年度 曜 タイトル てれび戦士 どちゃもんゲスト 放送日 火 どちゃもんの名言を研究、どちゃもん性格診断 飯島緋梨、小澤竜心、桐畑カレン、小西憧弥、辻村晃佑、原田明莉 2015年 07月14日 水 どちゃもんのカラダを研究、どちゃもんに直撃取材 ぴぱざえもん(長崎)、くろはやとん(鹿児島) 07月15日 どちゃもん目撃情報 [ ] どちゃもん研究会の中で、この時点で未登場だったどちゃもんの目撃情報を、視聴者から投稿された絵という形で大野課長の描いた絵も交えて紹介した。 どちゃもんへのお悩み相談 [ ] どちゃもん診断テストと併せて行われたコーナー。 視聴者から寄せられた悩み事にゲストのとちぼるたとぷうかが回答したほか、他のどちゃもんからの回答も紹介された。 放送日:2014年10月8日• 司会:大野拓朗、虎南有香• どちゃもんゲスト:とちぼるた(栃木)、ぷうか(広島) 47都道府県全制覇記念・どちゃ王決定戦 [ ] 大野課長の判断で開催された、てれび戦士のどちゃもんに関する知識を競う大会。 場所:第5やたがらす丸 ブリーフィングルーム• 司会:オリエンタルラジオ• 放送日:2016年12月19日 - 12月21日• 参加てれび戦士• 19日:林武尊、原田明莉、桐畑カレン、皆川寧々、久保みのり、辻晴仁• 20日:瀧澤翼、小澤竜心、胡内奏芽、柿澤仁誠、飯島緋梨、稲垣芽生、黒川桃花• どちゃもんゲスト:うめたろう(高知)、もさく(和歌山) 世界ねんどちゃもん遺産 [ ] 「ニャンちゅうワールド放送局」からのスピンオフコーナー。 おねんどお姉さんこと岡田ひとみが、紙粘土でどちゃもんのフィギュア(19日はかさぽんたす、20日はほやのん)を製作した。 茂木淳一のもぎたてワイド [ ] リポーターの茂木淳一がMCを担当する情報番組。 2015年度では、麿長官がこの番組に清掃課がゲスト出演するよう陰で糸を引き、ITAISENメンバーは視聴者として質問コーナーで清掃課の情報を聞き出した。 2016年度ではITAISENメンバーがゲストとして第5やたがらす丸からの中継で出演し、これまでの異次元獣との戦いやオモイデ界などについて紹介した。 また、飛永が番組内で紹介されたぱぺらぴ子のファンの一人として、本人役でも出演している(清掃課の飛永とは別人という設定)。 もぎ訓練が行われた。 放送日:2015年7月16日、2016年7月14日• 司会:茂木淳一• ゲスト(2015年度):超次元帝国清掃課(松永天馬、大水洋介、飛永翼)• 第5やたがらす丸:大野拓朗、虎南有香、飯島緋梨、小澤竜心、辻村晃佑、原田明莉 第66回紅白フタ合戦 [ ] のジャックを目論む清掃課を欺くためにITAISENが仕組んだ偽番組。 固く締まったジャムの瓶の蓋を開ける競技でITAISENと清掃課が対戦した。 放送日:2015年12月30日• 司会:森田まりこ• ゲスト:超次元帝国清掃課(松永天馬、大水洋介、飛永翼)• ITAISEN:大野拓朗、虎南有香、てれび戦士、蝶野正洋 天才てれびくんYOU [ ] あらすじ [ ] 2017年度 [ ] シーズン1 新番組「天才てれびくんY」の放送中に突然物が腐る事件が発生。 スタジオに現れた立花団長はてれび戦士をスカウトし、原因となるもじ魔獣に立ち向かい、ふてくさーるを元の姿に戻すことに成功した。 シーズン2 オンリー・ロンリー・ローリーは愛のミュージシャンとなる。 突如新たな闇のもじ守、銀沢アイスかずこが現れ、れいかをもじ魔獣に変えてしまう。 守守団はれいかが大事にしていた言葉を教えたすべるーかすを仲間にし、見事れいかを元の姿に戻したのであった。 シーズン3 新たな敵、シロッキークロッキーが汚のもじ魔獣の話でもじレンジャーを利用し、ほわないとをもじ魔獣に変えてしまった。 シロッキークロッキーの狡賢い言動をかいくぐり見事、ほわないとを含むもじレンジャー4人を救い出した。 シーズン4 守守団のもとに団長の祖父、遊蔵が帰ってくる。 団長がまえたを助けに22年前にタイムスリップしたところ、父、勇の最期の瞬間を目撃。 そしてなまえんじぇるをもじ魔獣から元の姿に戻すと、謎の仮面男・ドクターがついに姿を現すのであった。 2018年度 [ ] シーズン1 もじ魔獣との戦いが始まって1年の月日が経ち、人間を激しく憎む闇のもじもん達が活動を開始。 自ら禍禍団と名乗って、人間の体を乗っ取り最強のもじ魔獣を生み出すシステムを完成させて人類滅亡を企んでいた。 新たな敵を前にした守守団は闇のもじもんの一体であるぐれんちがもじ魔獣となってその力により、解散寸前に追い込まれてしまう。 しかしその危機を乗り越え、朋橋弘至と共に、ぐれんちを元の姿に戻し、世界を救ったのであった。 シーズン2 立花団長は禍禍団によって捕らえられた勇を救出するも、実は黒うさぎが化けた偽者だった。 さらにまにーごーるどがもじ魔獣に変異し、その力で守守団は本部を買収され、追い出されるという最大のピンチを迎えてしまう。 高橋メアリーと共に本部を奪還し、まにーごーるどを元の姿に戻すと同時に、ドクターが自ら仮面を脱ぐと、その素顔は団長の父、勇であった。 シーズン3 守守団はまねしんぼうとぎらみーを仲間にし、真実の鏡を完成させることに成功。 禍禍団のリーダー、ドクターがついに真の姿を現した。 その正体は魔のもじもん・までぃえす。 までぃえすは団長の父、勇の体を使い自らもじ魔獣化、そして勇の意識を操り守守団を追い詰めていく。 そして決戦の日、守守団は辛くも勝利をおさめ、までぃえすを撃退。 無事に勇を救出したのであった。 シーズン4 ついに禍禍団の首領である力のもじもん・どみねすとろんぐが活動を開始。 守守団はどみねすとろんぐに対抗するために、力封じの筆を求め、それに必要な3本の筆を持つ伝説の三ゆう士の試練に挑み、いさましうす、あそびっくりんの試練に成功するが、最後のとぅーもんの試練に失敗し、力封じの筆を完成させることができなかった。 そんな中、どみねすとろんぐのもじ魔獣化に利用されたまでぃえすからどみねすとろんぐの哀しき過去を知り、石板に隠された暗号を解読して裕之心とどみねすとろんぐは良好な関係であったことを知る。 そしてかつて守守団の敵であった、ぐれんち、まにーごーるど、までぃえすと共に最終決戦に挑み、ついに勝利。 どみねすとろんぐをもじ魔獣から元の姿に戻し、2年間に渡る禍禍団との戦いに終止符が打たれた。 2019年度 [ ] シーズン1 禍禍団との戦いを終えて平和を取り戻した守守団はもじもんよろず相談所を始めた。 そんな中、もじもんの能力が暴走するもじ化け現象を引き起こす新たな敵、モジール王子が現れた。 モジール王子はもゆるをもじ化けさせてモジゲンレコードに閉じ込めると同時に小島主任型ロボットを使ってモジルスーツを制作。 守守団は発表会に乗り込み、モジルスーツを撃破してもゆるの奪還に成功した。 シーズン2 守守団の前にモジール王子の妹、カキトリーヌ王女が現れる。 大悟研究員に保護されたタコプーこそがカキトリーヌ王女だったのだ。 カキトリーヌ王女は兄の暴走を止めるため、守守団に協力を依頼してきたらしい。 一方モジール王子はからくりこんをもじ化けさせて新たなモジルスーツを生み出し、再び戦いを挑んでくる。 守守団は全国の茶の間戦士と共に勝利をおさめ、からくりこんを奪還したのであった。 シーズン3 モジルスーツ2号の敗北や、小島主任に振られたことで自暴自棄になったモジール王子はモジゲンレコードの闇のオーラを浴びて凶悪化。 それによりオンくんはモジール王子の元から離反し、自ら初期化することを決意した。 そしてモジール王子はいきるーとをもじ化けさせて完成させたモジルスーツ3号を使い、生き物の生気を吸い取っていく。 そんな中、守守団は三度に渡るモジルスーツとの戦いに勝利し、いきるーとを救出することに成功。 一方、モジルスーツ3号から放出した闇のオーラの影響でモジール王子が消滅したことを守守団は知る由も無かった…。 最終章 モジール王子の消滅によって漢字と人間を激しく憎むようになったオンくんはモジゲンレコードの闇のオーラを浴びて「怨君」に変異し、全てのもじもんがバケピタンの通用しない特殊なもじ化けを食らってしまった。 そんな中、カキトリーヌ王女がいきるーとによって抜け殻状態のモジール王子を連れてくる。 ごっどまーまからくれた愛の毒でカキトリーヌ王女と入れ替わる形でモジール王子が復活し、怨君を止めるために守守団への協力を約束。 もじもんが完全消滅し漢字の概念が無くなる中、遊蔵から「怨君はどみねすとろんぐのもじ魔獣に似ている」という手紙が届き、再び力封じの筆を集めに行く。 守守団はモジール王子と協力して勇気の筆、遊び心の筆、友情の筆を手に入れ、ついに力封じの筆が完成。 守守団とモジール王子が力を合わせもじもんと世界とオンくんを救うために怨君との最終決戦に挑み勝利する。 戦い後、オンくんは自動消滅プログラムで感情を暴走させる闇のオーラを道連れにマイクロチップを残して消滅。 その後カキトリーヌ王女も目を覚ましモジゲンレコードを再封印し、怨君を倒したことで消滅していたもじもんを含む全てのもじもんが復活。 また、残されたマイクロチップを元にモジール王子はオン君2号を作り上げ記憶をそのままに復活。 すべてを元に戻すことができた。 そして立花団長は修行の旅へ出発し3年間に渡る守守団の物語は幕を閉じた。 用語解説 [ ] 守守団 [ ] 古くからもじもんと共に生きてきた「もじ守」の子孫と、その仲間たちによる秘密組織。 本部は団長が経営している「立花書道教室」の地下に存在し、建物正面に置かれた自動販売機が秘密の出入り口になっている。 スローガンは「友情、勇気、遊び心、そしてWith With YOU! 第50週ではマニマニランドCEOシイ飯尾によって本部を買収され、立ち退きを余儀なくされたため、第51週では高橋メアリーの家を借りて「仮本部」を設営していた。 48代目のもじ守で、祖父から守守団を受け継ぎ団長に就任。 普段は「立花書道教室」で新米先生をしている書道家でもあるが、実は文字を書くのが下手でみんなには内緒にしていた。 責任感が強く、もじもんに対しては常に真摯に接する一方、もじ魔獣やもじ化け、洗脳の影響を受けやすい(「腐」の字の影響で心が腐るなど)などメンタル的には未熟といった欠点もあるが、土壇場で解決策を思いつくなど勝負強い面も見られる。 また、書道教室の経営はあまりうまくいってないにも関わらず、小島主任が様々なメカを開発するなど予算に心痛めることも多い。 また、通常週のミッションロケでもタコ釣りやフラフープ、山ご飯作り、手押し車、のミッションに参加したりするなど自らミッションに挑戦することも多い。 小島主任とは幼馴染として仲は良いものの、余計な一言を言ってしまうなど女心には鈍感。 幼少の頃から「父(勇)は亡くなった」と聞かされており、時の砂時計を使って22年前に行った際には父親が石にされる瞬間を目撃しショックを受け1人で抱え込むなど父に対しては人一倍思いが強い中、「禍禍団のドクター」となった父と対峙。 激闘の末、勇を正気に戻す事に成功する。 2019年度からは新たに「もじもんよろず相談所」を設立。 その過程でもじ化けを知り対処、そしてモジール王子との対決や世界を守る事を目指していく。 モジール王子に「怨君を必ず取り戻す」と宣言し、力封じの筆で世界消滅は防いだものの、怨君ともじもんたちを自力で救えなかったことの責任を取り団長を辞めることを決意。 が、モジール王子とカキトリーヌ王女によってオンくんももじもんも復活し建前上は翻意するが、フィナーレに喜ぶてれび戦士に気づかれぬよう小島主任に見送られ放浪の修行の旅へと出かけた。 開発主任 - (幼少期:川瀬翠子) 天才的な発明家で、立花団長の幼馴染。 もじもんを発見するためのアイテムや、敵と戦うための装備を開発する。 幼少期から立花団長が壊してしまったポケベルを修理するなどり腕は確かだが、失敗してしまう事も多い。 真面目で研究熱心であり、様々な装置を短時間で開発するが、予算に糸目を付けないため常に守守団は困窮状態である。 一方、幼少期友達と仲良くするのが苦手だったため立花団長が唯一の親友と呼べる状況だったが、後に「女子会」を通じてカキトリーヌ王女と、「発明仲間」としてモジール王子とも心を通わせていく。 普段は立花団長に対するツッコミ役も兼ねているが、なんだかんだ仲は良好。 立花団長ほどではないものの、もじ魔獣やもじ化けによる影響も少なからず受ける事がある(例としては暴言を吐くなど)。 西川貴教の大ファンであり、「マーヴェラス西川」のモデルの他、過労の時でも西川貴教のライブDVDを注文しただけで元気を取り戻している。 立花団長が守守団の団長を辞めてからは代わりに守守団をまとめてあげている。 立花遊蔵 - 46代目のもじ守。 立花団長の祖父で守守団の先代団長。 蛸の飾りがついた丸眼鏡をかけており、筆のような弓矢(離れた人にメッセージを伝える役割)を持っている。 根は朗らかで、もじもんに詳しく、もじもんの知り合いも多い。 解決策を授けたり、心が挫けそうになる立花団長に立ち直らせる言葉を与えるなど、祖父として、先代もじ守として立花団長を優しく見守る。 一方、小島主任をアイドルに仕立て上げ金儲けをしたり、大事な決戦でダミーアイテムのコインチョコを流したうえ食べようとするなどどこか抜けている面もある。 禍禍団の事件解決後は改めて一線を離れ悠々と生活していたが偶然タコ(後述のたこプー)を釣って本部に渡した事が新たな事件の引き金となる。 マーヴェラス西川 - 小島主任によって開発された、西川貴教そっくりの姿の茶の間戦士トレーニングロボット。 キレキレの歌とパフォーマンスで「トレーニングライブ」を行い、茶の間戦士を訓練する。 走力は100mを2. 58秒で走る俊足の持ち主。 胸の守守団マークからは皆をハッピーにするマーヴェラスキャノンを発射するが、何が起こるかは本人にもわからないらしい。 彼のマイクはバッテリーを授けるのに使うほか、ティッシュペーパーがしっとりする機能もある。 第20週ではぐりんきゅあらを癒すため急遽助っ人として参戦、11月8日放送回では故障で白煙を吹いたため急遽小島主任からメンテナンスを受けていた。 トレーニングが好きで、にくそんとはライバル関係。 第51週ではシイ飯尾に本部を買収されたため、倉庫でトレーニングを行うことになった。 また、2020年2月17日~20日に放送された『』でもゲストと出演している。 ノブ研究員 - () 岡山・桃太郎大学出身。 もじもんの歴史に詳しく、昔の書物を読むのが得意。 趣味は、「クセの強い人」を観察すること。 本部内での活動が中心だが、回によっては『Let's』のアンドロイドのようにロケに参加することがある。 大悟研究員 - () ノブ研究員とは岡山・桃太郎大学からの付き合い。 もじもんの生態、能力に詳しい。 寝坊が多いのが玉にキズ。 立花勇 - (魔女形態時:東理紗) 47代目のもじ守。 立花団長の父。 当初本名は不明だったが、2018年度公式サイトでフルネームが判明した。 生真面目な性格でであり、遊蔵と稽古をするなどもじ守の活動に熱心な一方、生真面目が行き過ぎて無茶な発言をしてしまう事も多い。 また、目的に忠実であり、そのためには自分の命を投げ出す覚悟もある。 嫌いな食べ物はニンジン。 立花団長が22年前にタイムスリップした際に、「力」のもじもん・どみねすとろんぐの攻撃で石化される。 その後手紙によって禍禍団に捕らわれている形で存命していることが判明。 立花団長と再会を果たし守守団に匿ってもらうが、実際はウサギを化けさせた偽物であり、団長のもじ守の筆を曲げて使えなくするために禍禍団が仕組んだ罠だったことが判明する。 禍禍団では「ドクター」として親玉を担っていたが、まにーごーるどのもじ魔獣戦後、作戦本部の通信に割り込み正体を明かし、立花団長との親子対決であることを明かす。 だが、実際はもじ魔獣となったまでぃえすに憑依されていることが発覚。 一旦はまでぃえすが分離しアジトから出ようとするも守守団を裏切る形で再び離脱。 実際は「人ともじもん達を繋ぐ架け橋」になるためあえて禍禍団の軍門に下っていたことが判明。 さらに、までぃえすに操られており、「真の悪」と呼ばれる何者かに飲み込まれかかっていることが発覚する。 までぃえすのもじ魔獣戦では立花団長率いる守守団と茶の間戦士を苦しめ、最後は立花団長に接近してもじ守の筆の発動を防ごうとするが、までぃえすのもじ魔獣が浄化されたことにより洗脳が解け、本当の再会を果たした。 その後は守守団及び立花団長とは少し距離を置きつつも別行動を取っており、もじ魔獣対策の情報を与えたり、体を張っててれび戦士を守るなどサポートしている。 立花裕之心 - (演:立花裕大) 立花家の38代目のもじ守。 かつて力封じの筆を使ってどみねすとろんぐを封じている。 石板に隠された暗号を解読した結果、大祀と晃によってもじ魔獣に変えられる前、実はどみねすとろんぐと良好な関係であった。 タコプー/カキトリーヌ・テン=カクスー・ハライトメーノ (声:(たこプー)、演:(カキトリーヌ)- ) 遊蔵が釣り上げたタコ。 飼うために選んだ大悟研究員が飼い主になっている。 もじ化け発生後、突然モジゲン空間に行くよう指示を出したり、後述のタコイカダの設計図を残すように伝えるなどもじ守の筆同様謎の面が多かったが、その正体はモジゲン空間の住人で王女、そしてモジール王子の実の妹。 おそれっくすを使って博物館の学芸員に扮し守守団を試した直後、正体を明かし兄の暴走を止めるよう頼んだ。 兄とは逆に漢字ともじもんが大好きだがなぜかイカを食べてしまうとタコの姿になってしまう。 また、月曜ラストコーナー『ちょうどいい漢字』では毎回その週のメインとなったもじもん達と共に漢字の由来を教える解説役を務めている。 なお、当初はたこプーの姿だったが、シーズン2のらっかすたーの解説以降本来の姿で解説を行う。 小島主任と共同で「いきるんるん」を開発し、モジルスーツ3号の撃破に貢献した。 が、モジール王子とオン君を救うため、ごっどまーまから受け取った「愛の毒」を飲んでモジール王子と入れ替わる形で力尽きる。 その後は守守団本部で保護されていたが、最終決戦後に毒の効果が抜けたことで復活。 モジゲンレコードを再封印し全てに終止符を打った。 装備・アイテム [ ] もじ守の筆 立花団長が所持している巨大な筆でもじ守の一族だけが扱える。 もじ守の小筆 守守ゴーグルと同じく魔獣との決戦に使うアイテム。 もじ守の筆を基に一般人にも使えるようした片手サイズの筆で、決戦で呼んだもじもんを再度召喚して戦わせることができる、茶の間戦士から送られた回復アイテムでもじもんを回復させるなどの機能がある。 また、通信機も兼ねており本部に映像ごと通信ができる。 2019年度シーズン2以降からは小島主任専用のもじ守の小筆が登場した。 守守ゴーグル もじ魔獣との決戦に使うVRゴーグル型の装備で、現場に出動したてれび戦士がもじ守の小筆と共に使用する。 コトバパット 2017年度のもじ魔獣戦で、もじ魔獣にされたもじもんの浄化の鍵となる「大事な言葉」を捜索するのに使う型の装置。 捜索現場の光景を映した1分間の「コトバレーダータイム」の間に茶の間戦士が大まかに割り出した現場の物品に、現場のてれび戦士がこれをかざすと物品に篭もった言葉を音声で聞くことができ、そこからもじもんが大切にしている言葉を探し出す。 海鮮隊 モジゲン空間探索用のメカ。 たこ8号、号、号、号の4種類で構成されており、木曜日の生放送ミッションで登場する。 たこ8号はてれび戦士が守守団本部から遠隔操作するタコ型のロボット。 かに号・くらげ号・かつお号はテレビのリモコンを使って遠隔操作する茶の間戦士専用のロボットで、週ごとにランダムで選ばれる。 モジゲン空間の探索のほか、もじ魔獣戦、モジルスーツ戦ではリモコンの操作によって言霊を強化する、もじもんをモジルスーツから脱出させる「力玉」を生成し、現場に送信する役割も担う。 ミニ8号 ぐれんちのもじ魔獣戦で初投入されたたこ8号の小型版。 ラジコン操作で動きもじ魔獣の心の中に入ることが出来る。 また、「心の壁」の破壊にも使われる。 タコイカダ 2019年度の生放送で初登場したモジゲン空間移動船。 たこプーが残した設計図を元に小島主任が開発した。 守守団本部の地下倉庫にあり、本体に守守団メンバー、後ろの輸送エリアにもじ化けしたもじもんを乗せて移動する。 通汁 モジゲン空間の入り口を開くために必要な物。 緑色の液体が入った珠の形をしており、各週で守守団を認めて一同を試すべくもじもんから与えられる。 また、バケピタンの材料が入った箱を開ける際にも使われる。 信汁 もじもんとの信頼の証である虹色の液体。 2017年・2018年度の生放送ではこれを制限時間までに100%集めればもじもんを仲間にすることができる。 封汁 もじ魔獣に変異したどみねすとろんぐを封じるのに必要な赤い液体。 力封じの筆 かつて裕之心が大祀と晃によってもじ魔獣に変異させられたどみねすとろんぐを元に戻すために使った筆。 いさましうすが持つ勇気の筆、とぅーもんが持つ友情の筆、あそびっくりんが持つ遊び心の筆が合わさると完成する。 2018年度では友情の筆を手に入れられず決戦で使わなかったが、2019年度では怨君の暴走ともじもんの消滅がどみねすとろんぐのもじ魔獣化に酷似していると気づかれた遊蔵の手紙から一同と王子は再び集めに回り、無事に力封じの筆を作るのに必要な3本の筆が揃い、復活の儀と茶の間戦士全員が送ったパワーによってによってついに完成した。 しかし、その正体は立花団長と一体化して強大な力を発するものであり 、最終決戦では茶の間戦士全員の力を結集させた超力玉を作ることで巨大化して、怨君にトドメを刺した。 超漢水 力封じの筆復活の儀式を行うが、復活が難航してさらに三ゆう士も消滅の危機が悪化、バケピタンも効かない状況下にもじもんの漢字パワーを集め抽出することで3体を復活させる漢字エネルギー補給薬『チョイピタンD』の原料となる水。 「勇」、「友」、「遊」の3つを用意されたボトルを72時間以内に集めなければいけない。 守守団とてれび戦士が全国を縦断して集めることに成功、無事にチョイピタンDを集めて三ゆう士に届け飲むことで全員回復した。 バケピタン もじ化けしたもじもんを元に戻すのに必要なエネルギー。 もじもんごとにそのもじもんと関係のある異なる材料から作られる。 決戦の際には何等かの方法で手に入れた箱に入っているバケピタンを使用する。 調査員 [ ] 毎回てれび戦士をサポートするメンバー。 書道教室のOBたちで構成され、毎回ポケットが多くついた赤いベストと道着風のズボンを着用している。 てれび戦士からは段位または級位で呼ばれる。 2018年度には向井3段と菅3級の2人が新しく調査員メンバーに加入した。 2019年度で後藤3段と福徳3段が抜け、代わって田渕6級が加入した。 コカド8段 - コカドケンタロウ() 第4週から登場。 調査員の中では小島4級に次いで登場回数が多い。 佐藤7段 - 佐藤哲夫() 一番最初に登場した調査員で、初登場時には月謝を滞納していることが判明した。 黒瀬6段 - 黒瀬純(パンクブーブー) 第3週から登場。 後藤3段 - 後藤淳平() 第5週で初登場し、2018年度まで登場。 向井3段 - () 第36週から登場。 福徳3段 - 福徳秀介(ジャルジャル) 第6週で初登場し、2018年度まで登場。 小島4級 - 第2週から登場。 全調査員の中で最も登場回数が多い。 調査員の中では意外に物知りであり、小島主任とも相性が良く、調査依頼されることもある。 菅3級 - (パンサー) 第43週から登場。 田渕6級 - 田渕章裕 () 第57週から登場。 木曜生放送のレポーターとしても登場する。 てれび戦士 [ ] 今作でのてれび戦士とは、もじ魔獣に対抗するために守守団からにスカウトされた地球人の少年少女たちの事で、「Let's」同様各地で調整活動を行う。 各てれび戦士は制服であるベストやジャケットを着用しているが、私服姿をみせることもある。 なお、2018年度の新人メンバーは「なまえんじぇるのもじ魔獣戦」の直後、現れたドクターからの宣戦布告VTRの直後、団長からのメッセージを受けて新たにスカウトされたメンバーになっている。 第63週では友のもじもん・とぅーもんがゴリ押しで人間に姿を変えて御法川マサオと名乗り、一時的に加入することになった。 原田明莉(はらだ あかり) 2017年度。 (おざわ りゅうしん) 2017-2018年度。 黒川桃花(くろかわ ももか) 2017年度。 向鈴鳥(むかい すずと) 2017-2018年度。 皆川寧々(みなかわ ねね) 2017-2018年度。 (くすみ けんと) 2017-2019年度。 玉城美海(たまき みう) 2017-2019年度。 (いながき めい) 2017年度。 柿澤仁誠(かきざわ にま) 2017年度。 辻晴仁(つじ はると) 2017-2019年度。 (せぎさわ ゆい) 2017-2019年度。 齋藤泰世(さいとう たいせい) 2017-2019年度。 船越夏子(ふなこし なつこ) 2017-2018年度。 (ささき ゆら) 2018-2019年度。 冨士原生(ふじは らいく) 2018-2019年度。 梅田芹奈(うめだ せりな) 2018-2019年度。 ギュナイ滝美(ギュナイ らあら) 2018-2019年度。 御法川マサオ(みのりかわ マサオ) 演 - 森尾俐仁 2018年度第63週でとぅーもんのゴリ押しにより加入した、東京都立帝王大学付属中学校に通う中学2年生(14歳)。 真面目かつ礼儀正しいが、厳しい面もあり、向のギャグにダメ出しをする有様。 正体は少年に化けたとぅーもんだったため、とぅーもんは自分の友達だと話すなどしてはぐらかしていたが、バーベキューの匂いだけは誤魔化せなかったようで、立花団長に気づかれていた。 岸蒼太(きし そうた) 2019年度。 小田菜乃葉(おだ なのは) 2019年度。 川岸釈天(かわぎし ときたか) 2019年度。 筧礼(かけひ れい) 2019年度。 週刊ニュース深追い [ ] 『Let's』時代同様、リポーターがもじ魔獣の被害を放送するニュース番組。 時にリポーターの2人ももじ魔獣の被害に巻き込まれることも。 一度禍禍団に乗っ取られてしまったが、守守団とあるくめですの活躍により復活することができた。 リポーター もじ魔獣の被害報告に加え、木曜生放送での中継を担当する。 なお、本来は「天才てれびくんY」の司会(チャン)とレポーター(高田)という役割だった。 もじもん [ ] 古来より日本各地に生息する漢字の精霊で、各々が漢字にちなんだ外見と能力を持つ。 かつては人間とも親しかったが、時代が下ると共に人前に姿を現さなくなっていった。 闇の袋とじ紛失事件以後に起こった闇のもじ守及びもじ魔獣の脅威に対抗するため、守守団は彼らの協力を得ようとする。 また闇のもじ守が「暗黒の歌」と「憎しみの心」でもじ魔獣を生み出す為の素体でもあり、人間を激しく憎み、禍禍団の一員である闇のもじもんもいる。 2018年10月25日よりキャラクターデザインを担当しているYKBXが描いたもじもんのキャラクター原画が公開された。 モジゲン空間 全てのもじもんの故郷である世界で、広大な海の中央に、巨大な鉛筆が立ち並び一軒の寺院のような建物がある「鉛筆の島」が浮かぶ。 もじ守の筆と通汁を使うことで書道教室上空に入り口が出現する。 守守団は毎週、もじもんを仲間にするためにここに入ってもじもんからの試練に挑むことになる。 2018年度シーズン1から新たに海底のエリア、2018年9月からさらに時計を中心に針型の定規(一部の回では針のように定規が動く)や分度器、様々な学校用具などが混ざった「定規の島」が新しく登場した。 2019年度では更に後述のモジゲン遺跡が登場した。 モジゲン遺跡 バケピタンの材料がある遺跡。 入口・季節に応じて、が咲き乱れる「桜の間」、沢山の竹や、がある「竹の間」に変わる内部、もじ化けを治す材料がある「宝の間」の3つに分かれている。 また過去に封印されていたモジゲンレコードと字源の間はその一部だった。 もじ化け 2019年度でもじもんに起きる現象。 後にモジール王子の仕業と判明した。 突然もじもんの体の一部にある漢字が本来ない漢字に変わってしまい 、その結果もじもんは化した状態になり、もじてんは新旧合わせて説明が無茶苦茶になってしまう。 さらに状況が悪化するともじもん達は自我を失い、人間に被害を及ぼす行為を(「漢字と逆のことが起きるケース」「漢字の力が過剰となり行きすぎた状態になるケース」及びその両方)起こしてしまうが、何の影響も及ばない場合もある。 バケピタンがないと完治できないが、一時的にもじ化けを弱めて自我を戻したり、筆を使ってモジゲンレコードの漢字を元に戻して完治することは可能。 木曜生放送ではバケピタンを使っての完治を目指すが、失敗した場合はもじ化けしたままモジゲンレコードに閉じ込められてしまう。 怨君の場合は、完治するには怨君の暴走を止める必要があり、ごっどまーまを除いてバケピタンでも治すことが不可能である上、勇気の筆ももじ化けしてしまう他、もじもんが完全に消滅してしまうとその漢字の概念もなくなってしまう。 もじ魔獣 [ ] もじもんが怪物化した姿。 善良なもじもんが闇のもじ守によって変えられたり、人間と融合した闇のもじもんが憑依者の心の闇を吸収することでもじ魔獣化する。 日付が立つにつれ成長しながら甚大な被害を引き起こし、完全体になると世界は滅亡する。 ただし、もじ魔獣が元のもじもんに戻ると被害の爪痕は消滅する。 倒すためにはもじもんの力が必要となるため、通常の生放送では戦いに協力してもらうためにもじもんを仲間にする必要がある。 敵 [ ] 闇のもじ守 [ ] 守守団と対峙した4人の悪のもじ守たちで2017年度の敵対勢力。 元々は何らかの負の感情や欲望を抱えた人間で、毎回、各々が何らかの形で入手した闇の袋とじの力を使い、「暗黒の歌」と「憎しみの心」でもじもんをもじ魔獣に変えてその力で世界を滅亡させようと企む。 後に2017年度の闇のもじ守は禍禍団が送り込んできた刺客であり、全員がまでぃえすに利用されていた被害者だったと判明する。 また、どみねすとろんぐをもじ魔獣に変えたのも闇のもじ守であることが判明した。 オンリー・ロンリー・ローリー(演:) 「天才てれびくんY」に乱入してきたミュージシャンで、最初の闇のもじ守。 腐のもじもん・ふてくさーるをもじ魔獣にし、世界を腐らせようと企む。 ソーリーという双子の弟がいる。 純粋に音楽を愛するが、バンド仲間に裏切られて自身が作曲した曲を盗まれ、ネットで自分の曲を紹介するも、酷いコメントで滅多打ちにされ、全てを恨むようになった過去がある。 ふてくさーるが元の姿に戻ったことで敗北。 世界を腐らせる野望は打ち砕かれ、ふてくさーるから「自分と置かれた立場が似ている」ことを理由に同情する言葉をかけられ、自ら負けを認めて去っていった。 その後、愛のミュージシャンとなって、愛の花を咲かせるようなすばらしい曲を作って地道にやっていくことになった。 銀沢アイスかずこ(演:()) 氷のもじもん・れいかを誘拐した犯人で、2人目にして唯一の女性の闇のもじ守。 以前は選手で、その時の名前は金沢かずこ。 一同を陥れるために高田の中継をジャックしてれいかのもじ魔獣が完全体になる日を予告したり、みずえのファンを自称して盗聴器入りの水瓶を渡し、れいかのみずえに対する負の感情を利用してもじ魔獣を巨大化させるという狡猾な面もある。 れいかのもじ魔獣は完全体にして襲い掛かるが、もじもんと守守団の奮闘によりれいかが元の姿に戻ったことで敗北。 世界を氷漬けにする野望を打ち砕かれたことで僻んでいたが、れいかに「凍りついた世界で独りぼっちのアイスショーをしても寂しいだけ」という指摘と夢が破れた事への同情の言葉をかけられると素直に去っていった。 その後、朝日ダンスたいちと手を組みの道を歩む。 シロッキークロッキー(演:()) 画家を名乗る3人目の闇のもじ守で本名は 白木黒蔵。 当初は「『汚』のもじ魔獣に襲われた」と言ってそれに唯一対抗できるという白のレアもじもん「ほわないと」を仲間にするべく、ほわないとの召還に必要な「原色戦隊もじレンジャー」の3体のもじもん(『赤』のもじもん『れっどれお』、『青』のもじもん『ぶるーく』、『緑』のもじもん『ぐりんきゅあら』の3体)を探すことを依頼。 風変わりな外見だが、毎回絵を描いててれび戦士にアドバイスをするなど表向きはいい人に見えたが、その真の目的はほわないとをもじ魔獣に変えてその力で世界中を真っ白にして人々を白けさせたり、人々の言葉を告白させたりし、世界中を真っ白に染めて母親の絵で埋め尽くすことであり、最初に彼が襲われたと言っていた『汚』のもじ魔獣の話はすべて立花団長と守守団全メンバーを騙すための真っ赤な嘘だった 幼い頃から絵を描くことが大好きだったが自分の描く絵は周りに受け入れられず、母親(演:)だけが自分の絵のセンスの唯一の理解者であり、その母親が1年前に亡くなった事が暴走のきっかけである。 また、もじレンジャーを白くさせ動きを封じる 、もじ魔獣化したほわないとを操ってモジゲン空間の入り口を消す、ほわないとの友人という立場につけ込んでかめんれおんを脅迫し立花団長のお宝を奪わせるなど狡賢い作戦が多い。 決戦では周囲を白黒にしてもじもんの攻撃を封じたり、アイテム送信を妨害などで優勢になるも、出張茶の間戦士の活躍で挽回されもじ魔獣が停止。 復活させようとする前にほわないとを元に戻され敗北し泣き崩れたが、弟の克弥とほわないとの励ましで謝罪した。 熱海の旅館「湯加減よさ荘」を経営する湯加減よし子の息子で、本名は 湯加減ほど吉。 『名』のもじもん・なまえんじぇるを「暗黒の歌」と「憎しみの心」でもじ魔獣化させ、人名や地名、名所など様々な「名前」を操る悪事を行って動画視聴者を増やしていたが、その真の目的は全世界で一番有名になるためである。 当初は遊び感覚でやっており、わざわざ事件の真相がわかる動画を投稿したり、もじもんをアジトではなく人目につく公園でもじ魔獣に変えるなどだったが、次第にきのこのこに八つ当たり的したり、守守団を食った言動をし、さらに立花団長の記憶を奪うなどエスカレートしていった。 決戦でなまえんじぇるのもじ魔獣は完全体となり守守団と交戦。 激闘の末なまえんじぇるが元の姿に戻ったことで敗北し、醜態を晒す形で有名になってしまった。 敗北後には夢が破れて落ち込み、立花団長にも罵声を浴びせられ不貞腐れていたが、もじもん達の励ましを受け元気を取り戻した。 しかし、突然までぃえすが乱入し、実は夢見崎を含む4人の闇のもじ守はいいように利用されていた被害者だったということが判明した。 その後、名前を湯加減ほど吉に戻し、旅館の手伝いしながら「立派なYOUチューバーになる」と地道な努力をするようになった。 大祀、晃(演:天照) かつてどみねすとろんぐをもじ魔獣に変えた張本人である2人組の闇のもじ守。 回想シーンでもじ魔獣を生み出す場面と裕之心に動きを止める札を貼られて倒れる場面のみの登場だったため、どのような経緯で闇落ちしたか、及びもじ魔獣を倒された後の去就については謎である。 なお最終決戦でどみねすとろんぐのもじ魔獣の心の中のにあった2人の写真を見た向は「見るからに悪そう」と言っていた。 闇のもじ守によってもじ魔獣に変異させられたもじもん 腐のもじもん・ふてくさーる(声:) 氷のもじもん・れいか(声:) 白のもじもん・ほわないと(声:) 名のもじもん・なまえんじぇる(声:) 関連用語や関係者 闇の袋とじ 闇のもじ守が所持している袋とじ。 表紙部分には「閲覧禁止」と書かれ、中にはもじ魔獣を生み出す方法が記されている。 元々はもじてんに綴じられていたが、立花団長がもじてんを持ち出してうたた寝していた間に行方不明になってしまった。 その後、ゆらがとれじゃーのの羽の力を使い無事に回収して奪還に成功するが、までぃえすが「人の体を使い最強のもじ魔獣を生み出す新システムを完成させたため用済み」という理由で燃やしてしまう。 禍禍団 [ ] 人間に牙をむく闇のもじもん達の組織で2018年度の敵対勢力。 人間の体を乗っ取り、最強のもじ魔獣を生み出す新システムを完成させ人類を滅ぼし世界征服を企む。 その後、もじ魔獣から浄化されたぐれんちとまにーごーるどは改心して離脱し、までぃえすも浄化されて一度は敗走した後に復帰するが、どみねすとろんぐをもじ魔獣化させた後に用済みとなる形で離脱し、残るどみねすとろんぐも浄化されて人間を憎まなくなったため、消滅した。 暴のもじもん・ぐれんち(声:) 守守団が最初に対峙した右手の姿をした乱暴者のもじもん。 かつては「暴れストリーム」と呼ばれる動画投稿サイトで、「暴」に関する実況動画を投稿していた。 しかし3年前にスピード違反を犯したトラック運転手の阿馬れる男の暴走映像を投稿し、阿馬れる男が勤めていた会社がクビなり、妻にも逃げられたことで恨まれ、罵倒されて人間を憎むようになった。 目撃したものをガラスに映し出すことができ、秘密を暴くこともできる。 戦闘力も高く、3日三晩に渡ってらっかすたーと戦ったほか、鉄棒を曲げたり、朋橋の体を使って地割れを起こすこともできる。 朋橋の体を乗っ取り、プロレスの試合に負けた悔しさを使って五つ首のヒドラのようの姿にもじ魔獣化し、その力で一時は守守団を解散寸前に追い込む力を見せた。 サナギ化すると全世界の人々が自暴自棄になる暴徒と化し、その後完全体になる。 守守団の活躍により元の姿に戻っても相変わらず怒っていたが、阿馬れる男の謝罪の動画を見て離脱した。 実はきのこのこの元カレである。 金のもじもん・まにーごーるど(声:) 禍禍団の紅一点で、守守団が2番目に対峙したもじもん。 ぎんじょるのに思いを寄せており、告白につもりでいたが、ぎんじょるのが素直になれないためフラれたと思い込み、人間の男性と交際を始めるが、金は金塊を使っては捨てられることを繰り返され、最後の彼氏となった将棋棋士の金田四五六にもフラれてしまい人間を憎むようになった。 運動神経が高く、何でも一位になれる。 高橋の体を乗っ取り、「お金が欲しい」という欲望を使って阿修羅のような姿にもじ魔獣化し、その力で山を金山に変え、ニュース深追いを乗っ取り、サナギ化してからは金に物を言わせ守守団本部を含めた土地を買収し、最後には食べ物やあらゆるものを金に変えてしまい動けなくさせた。 決戦にて守守団によって号泣しながら元の姿に戻り、ぎんじょるのの愛の告白を受け離脱した。 魔のもじもん・までぃえす(声:) 禍禍団のリーダーであるドクターの正体である白衣とゴーグルを来た黒猫のもじもん。 かつてほうほうほうしと共に、村で村人たちに魔法を披露して楽しませていたが、ほうほうほうしが留守をしている頃に子供たちに「大きな温泉を作ってほしい」と言われて村を水没させてしまい、その責任を村人たちに押し付けられ、心石を捨てると同時に人間を激しく憎むようになった。 勇の体を乗っ取って暗躍し、闇の袋とじを送り付けて闇のもじ守となる刺客に仕立てていたが、守守団の活躍で闇のもじ守となった4人が敗れた後、人間の負の感情を利用して最強のもじ魔獣を生み出すシステムを完成させて本格的に活動を開始。 ぐれんちとまにーごーるどが離脱した後、仮面を脱いで素顔を見せた。 真実の鏡で正体が暴かれると同時に勇の負の感情を使って自らもじ魔獣化し、僅か一週間でサナギ化。 勇の意識を操り、魔法の杖を使って身近な人間を消滅させて守守団を圧倒した。 決戦では目覚めの言葉を突き止められて混乱し、最後のあがきとして勇の体を使ってもじ守の筆の発動を防ごうとするも、間に合わず元の姿に戻されて敗北を喫した。 その後、復帰してからはどみねすとろんぐをもじ魔獣化させて再び人類を滅亡させようとするが、実はどみねすとろんぐに利用されただけであり、用済みにされる形で離脱。 守守団に弱っていた所を助けられ、ぐれんちとまにーごーるどに引っ張られる形でどみねすとろんぐのもじ魔獣戦に協力した。 力のもじもん・どみねすとろんぐ(声:) 禍禍団の首領である黒騎士の姿をしたもじもん。 かつて人々に知力、体力、気力を与え、平和的に共存していたが、突然争いが起き、人々に利用されては捨てられることを繰り返し、挙句の果てには争いの種として恐れられ、恨み嫌われるようになってしまい人間を激しく憎むようになった。 その後立花家38代もじ守、裕之心と出会い、初めて良好な関係を築き上げることができた。 しかし突如現れた大祀と晃によって紫色のスライムのような姿のもじ魔獣に変異させられ、裕之心は力封じの筆を放って元の姿に戻るも友情は崩壊。 22年前では立花家の跡継ぎが強大な力を秘めていると噂になり、それを心の底から恐れて幼かったころの立花団長を誘拐し勇と対峙したが、決死の行動で相打ちとなって勇と共に封印されてしまった。 現代に至り、ぐれんちとまにーごーるどの手で封印が解かれ、までぃえすが敗走すると本格的に活動を開始。 復帰したばかりのまでぃえすを利用して再びもじ魔獣となり、までぃえすを吹き飛ばした後、さらにはまでぃえすから送られた強大な魔力も通用しない強敵となる。 最終決戦で目覚めの言葉を突き止められて元の姿に戻ると同時に刺さった矢も抜け、最後は守守団の魅力が伝わり、人間に対する憎しみが消え去った。 その後2019年度では単独で字源の間に乗り込むが、怨君の攻撃を受けバケピタンを与えても再発する特殊なもじ化けを食らい、最後は怨君の攻撃を立花団長たちを庇って完全に消滅。 その後、怨君の消滅によって復活を遂げた。

次の