内定 補欠合格。 面接結果の連絡が遅い場合に考えられる理由

【公務員を辞退する方法】電話・メールで断る場合の例文と注意点

内定 補欠合格

8月1日の選考解禁が到来すると一気に内定辞退が増えることも予想されますね。 内定辞退はどこの会社もある程度の数は予想しているでしょうが、予想以上に辞退が出て想定している採用枠数が大幅に埋まらなかった時にはどうしたらよいのでしょうか。 内定辞退が多く発生し採用人数が少なくなった場合の対策について紹介します。 補欠合格者に連絡を取る 最終面接の際には合格者には面接後にすぐに合格の連絡をする場合が多いことから、「1週間以内に連絡をします」と伝えている会社が多いです。 しかし、内定を辞退される場合もあることから「2週間以内に連絡します」と言っておいた方が無難です。 2週間以内に設定をしておけば内定辞退が出た際に次点の補欠合格者に連絡できる可能性が高いですね。 実はこの補欠合格者ほど入社後には会社で活躍してくれる人材に化ける可能性が高いのです。 最終面接から2週間経っても内定をもらっておらず、ぜひ御社に入社したいということであれば志望動機も高く、内定辞退の可能性は低いです。 最終面接の際には面接の連絡期間を長めに伝えておくことと、補欠合格者を設定しておくことをお勧めします。 追加でセミナーを行う 新卒採用は春・夏までの選考がすべてではありません。 秋に追加のセミナーを行うところもたくさんありますし、卒業まであきらめずに就職活動を続けている学生もたくさんいます。 これから9月、10月にセミナーを行っても参加者はそれなりに集まるでしょう。 また、この時期になるとまで内定が取れない学生用の就職フェアが行われる場合もありますのでそれに参加してみると集客が期待できるかもしれません。 更に、若手の就職を応援するサイトに求人を掲載したり、非公開求人を依頼したりするのも効果的な方法です。 これまでとは全く違った場所でのアプローチ方法を検討してみるのも良いですね。 新卒採用以外での人材の補充を検討する 新卒採用で埋まらなかった人数枠は次のような人材でも埋めることができるのではないでしょうか。 既卒者の応募• 第二新卒の応募• 来年度の新卒採用人数枠を増やす• 関連会社から若手の人材を受け入れる 各社によって事情は様々でしょうが、新卒採用に代わる人材に出会える機会はたくさんあります。 既卒や第二新卒などは非公開求人ができるところもありますし、ある程度応募者を絞ることも可能ですね。 今までは取り入れていなかった方法もぜひ前向きに取り入れてみて下さい。 取りあえず面接をしてどんな人物に出会えるかを体験してみるのもよいでしょう。 採用活動が多様化している現代では今までにない採用経路でも優秀な人物に出会える可能性は大いにあります。 これまでの常識を覆す発想も重要 内定辞退の大量発生が起きたら愕然としている暇はありません。 採用ナビサイトで多くのエントリー者を集め、その中で優秀な学生を絞るだけで新卒採用を済ませられる時代は終わりが近いもかもしれませんね。 これを機に新しい採用手法を模索してみてはいかがでしょうか。

次の

補欠ってどうなんですか??

内定 補欠合格

この記事の目次• 公務員の補欠合格の連絡がきたけれど? 公務員試験を受けて落ちたと落ち込んでいる人もいるかもしれません。 でも、落ちたと思ってたら、補欠合格の連絡が来ることもあるんですよ。 補欠合格ってなんだろうと思いますよね。 これは、もしも合格者の人が辞退する、もしくは急に別の職員の誰かが辞める場合などに繰り上げで合格なるということなのです。 不合格であれば、もうそこで戦いは終了ですが、補欠合格の場合はまだチャンスがあるということです。 かといって、必ず採用の通知が来るというものでもありません。 もしも本当に採用であれば、連絡は来ます。 でも、残念ながら不合格になれば、連絡は来ないでしょう。 補欠合格は期限が過ぎれば無効になったり、また採用試験を受けることにもなるようです。 なので、期待せずに、もし気になる採用試験などがあるようであれば、そちらを優先した方がいいかもしれませんね。 公務員の補欠合格の連絡がきたからといって安心はできない? 公務員の補欠合格の連絡がきたからといって安心はできません。 それはすぐに採用が決まったというワケではないからです。 例えば、人事委員会のある都道府県や大都市の場合、試験区分ごとに採用候補者名簿というものが登録されます。 そして、その中から採用者が決まるというものです。 これは、辞退者がいることを考えているため、どこの自治体でも実際の採用人数よりも合格者を出しているということです。 なので、例え合格していても、成績が下の方だったりすると採用されない可能性もあるというのです。 また、もし試験に合格しても、職種で必要な資格や免許の取得見込みの人で取得できなかった場合などは採用されません。 それから、受験資格がなかったり、面接のカードに記載した内容に間違いがあったりすると採用されなくなるでしょう。 ですから、公務員の補欠合格の連絡がきたからといって安心はできないのです。 公務員の補欠合格の連絡がきたら真摯に対応しよう もしも、公務員の補欠合格の連絡がきたときは、その連絡を真摯に受け止めましょう。 補欠合格から繰り上げ合格になる可能性もあるからです。 その場合、後日繰り上げ合格になったと連絡がくるでしょう。 このとき、もしも他の企業に就職が決まっていたり、就職を考えている市町村などがあるのであれば、それを聞かれるかもしれません。 そして、自分の気持ちが決まっているのであれば、それを素直に答えましょう。 もちろん、他にそのような状況がなければ、喜んで返事するべきです。 採用担当者もきっと喜んでくれることでしょう。 採用が決まったら、それに向けた書類が送られてくることもあるでしょう。 はじめから合格した人や聞いていた書類と違うこともあるかもしれません。 もし、気になった場合は確認してみてくださいね。 公務員の合格通知は一般企業と少し違う? 公務員の合格通知について 公務員の場合、合格者というのとは別に採用候補者と言う形で最終合格者が登録されるそうです。 そして、その名簿の中から本採用者を決めるというものだそうです。 それからは、またパターンがあるようで、採用候補者名簿に登録されている人の中から、もう一度直接の採用先で面接試験を受けなければいけない場合があります。 なので、採用面接を受けても落ちる場合もあるので、いつまでも採用が決まらないこともあるみたいです。 また、登録された全員が内定になるパターンもあるんだとか。 できれば、その方が嬉しいですよね。 そして、採用候補者登録された人の中で成績の良い順番に内定が決まっていくということもあるみたいですよ。 これは、ただ待つしかないみたいです。 でも、とにかくは採用候補者の中に入ることを目指しましょう。 なかなか一般企業では、こういった採用の仕方はないかもしれませんね。 公務員の補欠合格の連絡でお断りする場合 公務員の補欠合格の連絡がきても、すでに他の民間企業などの内定が決まっていたりすると断わらなければいけない場合もありますよね。 公務員の内定を辞退するときには、志望している業界や民間企業から内定をもらったことで、その企業で働きたいと考えていることを正直に話していいでしょう。 公務員試験では、毎年内定を辞退する人はよくいるそうです。 もしも、民間企業から内定をもらっている場合、それを理由に断る時には、業界や業種の違いを理由に断るのもいいでしょう。 自分の適性が向いている方を選択したというのもいいですよ。 だからと言って、第一志望から内定をもらったなんてそこまで正直に答える必要はありません。 そして、辞退を電話で伝えるときには、始業時間のはじまりや昼の休憩の時間帯は避けるなど時間帯に注意しましょう。

次の

【公務員の内定辞退】併願先への辞退届の書き方は?電話での伝え方例も

内定 補欠合格

県庁から第三次試験(最終試験)の合否通知の書類が郵送されてきときのことです。 既にホームページで結果(合格)は確認していたので、ドキドキ感は無かったのですが、4月の採用までのスケジュールとか、必要提出書類についての指示が記載されたペーパーが同封されているのだろうと、期待しながら封書を開封しました。 中には、A4の用紙が一枚。 「あなたは、先に実施された第三次試験に合格しました」という一文が書いてあるだけで、どこにも、「最終合格」や「採用内定」の文字がありませんでした。 今後のスケジュールも示されておらず、果たして自分は本当に最終合格したのか、4月に採用してもらえるのかと不安になった記憶があります。 試験案内を読み間違えていて、実は次に第四次試験が控えているのかもと思い、試験案内を再読しましたが、やはり「最終合格者は、第三次試験の得点の高い順に決定」と書いてありました。 わたしは第三次試験には「合格」したが、得点順位が低く、「最終合格」ではなくて「補欠合格」なのかもしれないなどと、色々と最悪の事態を想定しました。 県庁の人事課に電話をかけて問い合わせてみようかとも思ったのですが、県ホームページの職員採用のところにQ&Aがあったことを思い出し、確認してみました。 以下、抜粋します。 この名簿の中から採用予定者数に応じて、任命権者(県知事)が採用者を決定します。 つまり、必ずしも合格=採用決定ということではありません。 しかし、過去においては、本人が辞退しない限り全員が採用されています。 なお、採用の時期については、職種によって異なる場合があります。 」 Q「合格してから採用までの手続きはどうなっていますか?」 A「最終合格発表のあと、任命権者(県知事)から就職の意向についての照会があります。 その後、採用内定通知があり、必要書類等の提出についての指示があります。 しかし、ネットで色々調べてみると、2chにおいても、「最終合格からの不採用に怯えるスレ【地方公務員】」というスレッドが立っているとおり、みんな同じ不安を抱いているんだと実感しました。 本当かどうかは分かりませんが、 「最終合格して、名簿にも登載されたけど、採用されなかった。 死亡」 という書き込みも結構見られ、わたしみたいな転職組だと、 「公務員試験に最終合格したから、勢い余って会社を辞めたものの、採用されなかった」 なんてことになったら、本当に首を吊らないといけない状況に陥る人もいるはずです。 そんなことを考えながら、県知事名での「意向調査」を待っていました。

次の