せックスレス辛い 対処法。 ジャークベイトが得意なアメリカンロッド、クアンタム『グラフェックス561M』のレビュー・インプレ。

専門家が指摘するセックスレスの原因とは? 解消のために妻ができること3か条(1/2)

せックスレス辛い 対処法

もう少し掘り下げると・・・・・ 男性は女性に比べ、セックスに対して精神的な要素が大きく影響するようです。 なので、職場での人間関係等のストレスや仕事上のプレッシャーが原因で、性欲が湧かないことも多々あるようです。 さらに、そんな性欲が湧かない状況で、妻に求められて、いざ性交渉に臨んだとしても、勃起不全により、中折れなどが原因で最後までイケずに終了してしまい、そのこともストレスの要因となり、性欲減退に拍車をかけてしまいます。 実際、勃起不全に関する症状がある場合は、実は病気として捉えて、医師に相談したうえで適切に治療をする必要があるんです。 でも、多くの人は病気という認識がないままに、過ごしてしまい、性欲が衰えても「年のせい」と思ってしまい、夫婦間のセックスレスが恒常化してしまう訳です。 また、子供ができたり、新婚から時間が経過すると、セックスレスのなってしまう理由の一つとして、妻は自分の可愛い子供の母親ってみるようになってしまい、性の対象として見れなくなってしまうことも、セックスレスの原因になります。 この場合は、決して妻に対する愛情が無くなった訳ではなく、先に述べた通り、子供の母親として愛して尊敬している訳です。 ちなみに夫妻のセックスレスの共通点は ・住環境(狭い・子供が隣に寝てる)などの問題で落ち着いてできない ・なんとなく面倒くさいと感じる ・パートナーが浮気している ・性的なことに対する嫌悪感 ・パートナーに性的不満を感じることがある ・セックスよりも楽しいことがあり、時間が勿体ない ・パートナーにつまらない、下手などと言われて不安がある おおむねこんな所が共通点になります。 また、男性に限っているならば、AVの観すぎで、過度な演出を当たり前だと勘違いしてしまい、現実とのギャップによりセックスレスに陥るケースもあるようです。 なんとなく、夫婦がしっかりと、普段からしっかりとお互いの事を思って、会話を重ねていれば起こらないようなきもします。 特にコミュニケーション不足によるセックスレス化は、10年以上の夫婦関係が続く場合の多く見られます。 また、パートナーが浮気相手に夢中になればなるほどパートナーとのセックスを拒絶する傾向にあるそうです。

次の

セックスレスが原因で浮気をしました。私は悪者?

せックスレス辛い 対処法

セックスレスとは、具体的にどれぐらいの間セックスをしていない状態のことを指すと思いますか? 日本性科学学会では、次のように定義されています。 『特別な事情が認められていないにも関わらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャルコンタクトが1ヶ月以上なく、その後も長期に渡ることが予想された場合をセックスレス・カップルという』 これを読んで、「え!? じゃあ、うちもセックスレスってこと!? 」と焦ったママはけっこう多いのではないでしょうか? 実際、二松先生によると、20代、30代の夫婦でも、1ヶ月以上セックスのない夫婦は珍しくないと言います。 中には、年2回、1年に1回、数年に1回 … …というケースもあります。 そして、二松先生の相談所に訪れるセックスレス夫婦で圧倒的に多いのが、「夫が抱いてくれないんです … …」というケースだそうです。 セックスレスが深刻化すると、夫婦仲だけでなく、女性の美にも悪い影響を及ぼします。 満たされた良いセックスがあると、女性ホルモンが活性化し、艶っぽくなると言われています。 また、精神的にも安定します。 夫婦のセックスレスは、家族のためにも、自分のためにも、早めに対策を打つことが大切です。 なぜ妻を抱けない夫が増えているのか? なぜ妻を抱けない夫が増えているでしょうか?それは、「世間の風潮がそうさせている部分も大きい」と、二松先生はおっしゃっています。 一昔前は、男性は外で働いて、家では一家の大黒柱としてなにもせずドーンと構えているのが主流でした。 しかし今は、男女共働きが主流の時代。 「イクメン」という言葉が普通になってきたように、男性は外で仕事もするけれど、子どもの世話や家事も積極的にこなすのが理想的とされていて、実際に男性が家庭に関わることが増えています。 家庭や子育てと性の世界はかけはなれており、男性にとってスイッチの切り替えが難しいのです。 また、朝から晩まで会社で働き、夜は育児や家事にも参加して … …となると、疲れてセックスをする気がなくなるのも当然で、性欲低下気味の男性がとても多くなっていると感じているとのこと。 そんな男性に、「家事や育児はしっかりやってほしい、そして夜はワイルドになって迫ってきてほしい」というのは、ちょっと難しい話。 考えてみると、昼間は穏やかで優しいけれど、夜になって子どもが寝るといきなりワイルドに豹変する夫というのも、ちょっと怖いですよね。 夫が淡白になってしまっているのは、世間の風潮、そして妻のほうにもある程度原因があるということです。

次の

寝付きが悪い原因や対処法 ストンと眠るには?

せックスレス辛い 対処法

クアンタム社とは? 「QUANTUM(クアンタム」は、1984年にアメリカで創業したメーカー。 ケビン・バンダムなど、海外で活躍するトーナメントプロが使用しているメーカー。 スペック クアンタム 『グラフェックス GXC561M』 長さ:5フィート6インチ(約168cm) 適合ライン:4〜8ポンド 適合ルアーウエイト:1. ロゴデザインはいかにもアメリカンな印象。 便利なルアーフックキーパーがついている。 コルクグリップ。 トリガーの位置に少しクセを感じる。 詳細は下記にて。 ミディアムパワー。 適正ルアーウエイトは1. 8〜10gだが、20gくらいまで投げられる。 ガイド素材は不明。 ステンレス?? クアンタム「グラフェックス」を1年間使ってみて感じたこと クアンタムの『グラフェックス』を1年ほど使ってみて感じたことは「 ショートロッドはバスフィッシングには必要不可欠」というもの。 ミノーのジャーキングやトップウォーターの釣りをするのには、ロッドが長すぎると、ロッドワークでアクションさせにくいだけでなく、手首への負担も大きくなる。 冬の時期のジャーキングや夏のトップゲームでは、ロッドワークを必要に迫れれるときがある、そういったシーンでグラフェクスのショートレングスが非常に役に立った。 シングルハンドでキャストすることが前提のため、グリップ長は短め。 短いからジャーキングなどのロッドワークをしているときにグリップ先が邪魔にならず、長時間ロッドワークを繰り返していても苦にならないのが便利。 対応ルアー クアンタムの『グラフェックス』の対応ルアーウエイトは1. 8〜10gとなっている。 しかし上限の10gを超えるザラスプーク(17g)などもしっかり投げられるので、扱えるルアーの幅は広い。 トップ以外だと、上記にも挙げたがジャークベイト(ミノー)にも適正がある。 ボーマーの『ロングA(14A)』やスミスウィック『ラトリンログ』などのジャークベイトの使用感はピカイチ。 『ロングA 15A)』も投げられるが、15Aのような大きめのミノーは使うのにはロッドパワーがもうちょっと欲しいと感じる。 小さい野池などで遊ぶときなどには、クアンタム『グラフェックス』は強い味方になってくれるだろう。 下限が1. 8gとなっているので、ベイトフィネスなどにも扱えるかというと、僕個人としては微妙だと思った。 穂先(ロッドティップ)の繊細さ、シェイクなどの細かい操作には少々荒削りな感じも見受けられ、軽量ルアーを使ったワーミングにおいては向いていない印象がある。 ただ、ワーミング以外の軽量プラグの扱いは良いので、ベイトフィネスリールを使ったシャッド、小型クランクなどには適正がある。 しなやかでモチモチとしたブランクスなので、ハードプラグの扱える範囲は広い。 キャスト感が気持ちよい ショートロッドの特徴を楽しく味わえるクアンタム『グラフェックス』だが、キャスティングの質の面においてもグッドな特徴を感じた。 アメリカのロッドにはしなやかでモチモチな作りのものが多いが、それはグラフェックスにおいても同じようなことが言える。 気持ち良く曲がるブランクスが非常に気持ち良い。 小型のバスでもファイトを楽しめる。 『ルアーの重さをしっかりと感じながら、ロッドを曲げ、その反発を利用して狙ったスポットへ投げる』といったキャスティングの一連の動作を気持ちよく行うことができるため、『グラフェックス』はルアーフィッシングのキャストを存分に楽しませてくれるロッドだと感じることができた。 また、グラフェックスは5. 6フィート(約168cm)という短めのロッドなので、ピンポイントに向かってルアーを投げやすいのもグッドポイント。 ショートグリップ クアンタム『グラフェックス』はグリップが短め。 写真一番上から『ゾディアス158ML-2』、『ゾディアス166M』、『グラフェックス』。 昨今のロッドはグリップが長いものが多く、ショートグリップ+ショートレングスのロッドは少ない。 そのためシングルハンドキャストをやったことがない人もいると思うが、そういった人こそグラフェックス561Mを使ってみてほしい。 クアンタム『グラフェックス』は、「ビシバシ決まるピンポイントキャスト!ルアーの重さをしっかりロッドに乗せ、気持ちよくキャストを決めていく」というルアーフィッシングの醍醐味を感じさせてくれるだろう。 クアンタム「グラフェックス」の残念なところ 個人的に『グラフェックス』を使っていて思った残念な点は「グリップトリガーの位置」だ。 手が大きいアメリカ人向けに作られているからなのか、トリガーの位置に少し違和感を感じる。 ジャーキングなどでついつい力んでしまうと、リールを握る手の小指と薬指の付け根あたりが痛く感じることがあった。 僕は175cm、中肉中背という体格だが、グラフェックスのトリガーの位置は少し気になる点。 ただし、女性や子供、手の小さい方だと使用感は変わるだろうから、トリガーの位置に関しては個人差があるのかもしれない。 トリガーの位置による手の痛みは、グローブをつけたり、リールを握る手をフォーフィンガーグリップにするなどして対応できるので、人によっては気にならないポイントだと思う。 常に品薄 その他の残念な点としては、 クアンタム『グラフェックス』は、知る人ぞ知る隠れた人気商品なので入手しにくいというところだ。 僕が知る限り『グラフェックス』の入手方法は、ヒロ内藤さんも携わっているアメリカンルアー専門店『アメリカンバスショップ』か、ネットオークション、中古釣具(ベリーネットなど)くらいしか見当たらない。 僕は運良く『アメリカンバスショップ』で購入することができたが、クアンタムの『グラフェックス』はここ日本では入手しにくいのが現状。 購入のし難さは『グラフェックス』の残念なポイントとして挙げられる。 ジャークベイトが得意なアメリカンロッド、クアンタム『グラフェックス561M』のレビュー・インプレ。 |まとめ クアンタム『グラフェックス』は、ライトなワーミングにおいては少々扱い辛い印象が見受けれれるものの、最もよく使われる10g前後のルアーに対しての適正はかなり高い。 軽快なロッドワークで10g前後のルアーを操作したいと考えているアングラーにはまさにピッタリなロッドと言えるだろう。 入手し辛いのがネックではあるが、クアンタム『グラフェックス』が気になる方はこまめにネットサイトをチェックするなどして使ってみてほしい。 「えっ!?アメリカのロッドってこんなに使いやすかったの?」と新たな体験ができること間違いなしだろう。

次の