彼方 の アストラ 11 話。 彼方のアストラ11話ネタバレと感想。カナタの右腕伏線回収がすごい!

彼方のアストラ(テレビアニメ)

彼方 の アストラ 11 話

前回あらすじ カナタ達が学んだ歴史とポリーナが体験した歴史に齟齬があることが判明。 ポリーナによれば、地球は隕石により滅亡し、アストラ星は地球人が移住していた。 最後の惑星ガレムに到着。 カナタが三たびワームホールに襲われ、地球を目前にして行動が本格化してきたことを考慮し、ついに裏切り者を指摘することを決意する。 カナタが指摘した裏切り者はシャルスだった。 そして、彼は自分が内通者であることを認めるのだった。 11話あらすじ シャルスはヴィクシア王ノア・ヴィクスのクローンだった。 ノアが年老いたときのリペアとして育てられ、シャルスもその使命を全うするように洗脳されて育った。 成長したシャルスは王女であるセイラの付き人を任される。 セイラが平民の子というのはシャルスの嘘であった。 セイラもノアにクローンを勝手に製作されていたが、セイラはそれに反対。 代理母とクローンを王国外に逃亡させた。 そのクローンがアリエスであり、代理母がアリエスの母親のエマであった。 シャルスはアリエスに出逢い、全員始末の計画を変更。 アリエスだけは救出するという目的を持った。 カナタ達はシャルスを説得するが、シャルスはもう後戻りできないと自分を追い込んでしまう。 そしてワームホールで自爆を試みる。 カナタは走高跳の要領で、ワームホールを飛び越え、シャルスを救出。 しかしカナタの右腕がワームホールに飲み込まれてしまった。 シャルスは涙を流し、自責の念に駆られるが、カナタは自分の右腕となってくれとシャルスを責めることなく、彼を許し続けるのだった。 シャルスの真の過去 セイラは平民の子ではなくて、本当は王女だった。 これは シャルスの嘘だということになるが、シャルスの発言が嘘だということを、視聴者が検証することは難しかったように思う。 私が過去の感想で「平民なのにクローンが作れるのか?」と疑問を書いたことがあったが、この世界における平民の立ち位置というのがはっきりとは分からないので、それだけで、シャルスの発言は嘘だという結論に至るのは難しかったように感じる。 アリエスとセイラが同一人物の可能性もあったし。 それで気になるのは、ザックが全員クローンだと指摘したときに、アリエスを貴族のクローンだと言ったシーンである()。 ザックはアリエスの過去を知らないはずなので、アリエスが貴族のクローンであることを知らないはずなのに、 なぜ彼女が貴族のクローンだと分かったのだろうか。 ここからシャルスとザックの共犯説というのも考えられるが。 自己犠牲精神について カナタが腕を失ってもシャルスを説得するシーンは感動する人は多いと思うし、右腕になってくれが伏線になっているところに驚く人も多いとは思う。 それ自体を否定するわけではないが、だけど個人的には、自分を犠牲にしてでも他者を守るという展開はあまり好きではない。 自己犠牲精神は美談として語られることが多いし、たくさんの人の胸を打つのは分かるが、褒められるべきものではない。 たとえば駅伝で自分が選手生命を賭けてでもタスキを繋ぐ選手とか、甲子園で腕がぶっ壊れるまで投げるピッチャーとか、そういうのを美談にするような時代はもう終わっている。 『彼方のアストラ』は少年漫画だし、『スケットダンス』の作者なので、どうしてもこういう展開に最後はなっちゃうのだろうとは思っていたのだが、やっぱり今回の話は好きになれなかった。 もちろん、SFサスペンスとしては上手くできていると思うし、ミステリー的にも少年誌らしからぬ本格派なので、その部分は面白かったし、評価はしていることは付け加えておきたい。 嫌なら見るなと言われればそれまでだが、小中学生には、あまりカナタに感化されすぎないでほしいなと思う。 当然仲間思いだったり諦めない心を持っていることはいいことではあるが。

次の

【海外の反応】彼方のアストラ 11話「ここまで素晴らしい回想と会話エピソードは初めて見た。」

彼方 の アストラ 11 話

刺客のシャルスは自分の出自を話し出す。 過去回想 シャルスは小さいころから、ヴィクシアの王から自分は王の肉体となるという使命を負っていることを聞かされて育った。 シャルスは城の外に出ることを許されない。 彼は毎日外の世界の情報を調べつくす。 その中で一番興味を持ったのは生物学だった。 事情を知る王女はシャルスを気にかけてくれ、一緒に動物や植物の観察をした。 この楽しみが彼のすべてだった。 そういうふうに育ったシャルスは、自分の人生がこれでいいのかとも何も疑わなかった。 自分の使命が誰かに決められたことであるにもかかわらず、何も疑問を持たないシャルス。 小さいころから洗脳されてきたシャルスは、これが常識だと思ってしまうのも無理はないなぁ。 このこと以外知らないんだから、世界にはもっと楽しいことがあることを知らなかったんだよね。 だから一番旅を楽しんでいたんだと感じる。 ずっと笑顔だったし。 王女セイラのクローン シャルスを理解できないカナタたちに、シャルスは王のために死ねることは素晴らしいことだと訴え、仲間なんていないと言う。 しかし、シャルスの本心は違うと思っているカナタは、シャルスに 「仲間じゃねえなんて言わせねえ」と叫ぶ。 シャルスは、何度もカナタたちを殺す機会があったが、途中でやめている。 彼が抹殺を途中でやめたのは、アリエスが原因だった。 アリエスは王の一人娘、王女セイラのクローンだった。 セイラとシャルスの過去回想。 セイラはクローンを生み出す父に反対していたが、父は自分のクローンだけでなくセイラのクローンも産んでしまった。 そしてセイラはエマという代理母の女性にアリエスを託した。 セイラが名前をアリエスとしたようだ。 そしてアリエスとエマはヴィクシアを去った。 カナタのセリフがカッコイイ!シャルスは自分たちの仲間だと訴える演技は鬼気迫る感じや気持ちを爆発させている感じがして、鳥肌が立つほどです! シャルスはセイラのことが本当に好きだったのが伝わってきます。 もし、セイラとシャルスが結ばれたら親と同じ顔の夫になってしまいますが。 これを考えてもクローンは作るべきじゃないと感じます。 クローン抹殺計画 シャルスは自分を気にかけてくれるセイラを守ると決めていた。 しかし、セイラは何者かに殺される。 そこで疑われたのはシャルスで、その後ずっと監獄で生き続けた。 そしてクローンに対する法律が変わり、クローン抹殺計画が動き出し、それを担うのはシャルスとなる。 アリエスとセイラを一緒の人間だと思っているシャルスにカナタは 「アリエスはアリエスだ、一緒にすんな」と訴える。 全て王のためだと話すシャルスにカナタは 「王女が死んで悲しんだのも、アリエスを見つけて喜んだのもお前自身だ」と言う。 帰ったあと、また宇宙に戻って死ぬと言うシャルスにアリエスたちは 変わればいいと涙ながらに訴える。 監獄で生きたのに苦しそうではないシャルスを見て本当に可哀想だなと思うし、異常な人間に育てられたことがひしひしと伝わってくる描写でした。 B5班一人一人が涙を流しながら変われると訴えるシーンは、感動して涙が出る。 このときにB5班の今までの旅のことが思い出されて感動が倍になります。 カナタの右腕 分かっているが、もうどうしようもないと泣きながら言うシャルス。 シャルスは死ぬつもりで球体を出し、「ごめんよ、皆、本当は好きさ」と初めて本音を言う。 カナタはシャルスを助けようと走るが球体の後ろに回り込むのは間に合わないと感じる。 そしてカナタは反重力シューズを使い球体の上をジャンプしてシャルスのもとに行くが、右腕が球体の中に入ってしまう。 そこでシャルスは球体を焦って消すが、カナタの右腕は切断され、宇宙のどこかに飛ばされる。 そして涙を流して謝るシャルスにカナタは「お前は俺の右腕だ」と言うのだった。 シャルスが前に話したカナタの右腕として頑張るよというセリフがここで伏線回収されるとは本当に鳥肌が立った! 全然、伏線だったことにすら気づいていなかったし、本当にすごい!右腕が切断されることも考えていたのはすごすぎる! シャルスの本音が出て死ぬ覚悟をして呟くシーンが感動する!本当は皆と共に地球に帰りたいけど、本当は皆との旅が楽しかったけどもう自分ではどうしようもないことがこの呟き一つで全て伝わってくる! そしてシャルスを助けたカナタのカッコよさ!ここで思うのは、カナタは主人公という役割だけでなく、皆の心を解き放ち、助けるヒーローのような役割もあるんじゃないかなあ。 さらにカナタが痛みに耐えながら「お前は俺の右腕だ」と言うシーンが、シャルスに絶対これを伝えないとという意思があるように感じた。 全体的にB5班の旅で育まれてきた絆がどれだけ強いかを表した集大成のような回だったと思います。

次の

海外の反応 【彼方のアストラ】 第11話 完璧な伏線回収! 声優さんたちの演技が素晴らしい

彼方 の アストラ 11 話

あらすじ 刺客の正体が判明する・・・! 戸惑いを隠せない仲間たち。 なぜメンバーの一斉殺処分という使命を請負い続けるのか? 仲間の問いかけに、自分の出生の秘密を語りだす。 作品情報• 著者 : 篠原健太 コミック• 放送期間 : 2019年• 話数 : 全12話 登場人物• カナタ・ホシジマ・・・主人公。 将来の夢は宇宙探検家。 アリエス・スプリング・・・天然。 一度見たものを忘れない映像記憶能力の持ち主• ザック・ウォーカー・・・IQ200の青い瞳の少年。 宇宙船の操縦免許を持っている。 キトリー・ラファエリ・・・金髪でヴァイオレットの瞳、褐色の肌の少女。 ザックと幼なじみ• フニシア・ラファエリ・・・キトリーの義理の妹• ルカ・エスポジト・・・グレーの瞳の色をしたお調子者の小柄な少年。 手先が器用• シャルス・ラクロワ・・・生物の知識が豊富な少年。 金髪緑眼。 二枚目で料理も得意• ユンファ・ルー・・・黒髪でブラウンの瞳、長身の眼鏡少女。 引っ込み思案• ウルガー・ツヴァイク・・・ニット帽を被ってアンバーの片目が前髪で隠れている少年• ポリーナ・リヴィンスカヤ・・・惑星イクリスで、コールドスリープ状態で発見される.

次の