プロ 野球 開幕 戦い つ。 プロ野球、交流戦が初の中止 5月中の開幕も断念:朝日新聞デジタル

プロ野球、6月19日の開幕が決定 各球団の監督、選手の反応まとめ(Full

プロ 野球 開幕 戦い つ

Contents• プロ野球開幕戦の延期が決定 3月9日、Jリーグと共同で作られた「新型コロナウイルス対策連絡会議」第2回が開かれ、NPBは プロ野球の開幕戦の延期を発表致しました。 3・20のプロ野球開幕の延期決定 — 日刊スポーツ nikkansports センバツ高校野球の記事を先日書きましたが、プロ野球は早々と決定を下しました、、! 意外と早くて驚きでした。 開幕延期といえば9年前の 東日本大震災以来となります。 延期の理由は? 延期の理由は、もはや当然というべきでしょうか、選手、スタッフ、ファンをはじめとするプロ野球に関係する人々を守る 安全面(健康面)の理由が第一です。 また、もう一つは 経営上の理由で「感染対策のための準備が間に合わない(消毒液の確保など)」という理由だそうです。 実際に斉藤コミッショナーは、 「今回はそれ(オープン戦無観客)以上に大変苦しい判断であった。 選手はもとより、スタッフや家族を守り、何よりもファンの方々のご理解、同時にプロ野球の文化も守らなければならない。 そのための決断であることをご理解いただきたい」 このように発言しております。 まずは選手会理事長を務めるソフトバンクの松田選手から。 松田宣浩内野手は「延期になるならなるでしょうがない。 ただ、いつになるのかは早く決めてほしい。 もう2月のキャンプ中ではないし、選手は1日1日が大事になってくる」とコメント。 日本プロ野球選手会理事長を務める松田宣は選手の気持ちを代弁していた。 対応できないとプロではないと思う。 しっかりとプロフェッショナルという責任感と自覚を持って、そのことを言い訳にしないように、選手それぞれ準備しないといけない」 この京田のコメントで感動した。。。 「開幕が延期するのは残念ですが、NPBの決定に従うしかない。 無観客のオープン戦を戦い、改めてファンの声援、応援の力を感じた。 プロ野球は夢を与える仕事でもある。 現時点では以下のコメントがなされていますが、 いつ頃それが決定するのかは定かではありません。 現状のコメントとしては、以下のようになっております。 日刊スポーツより「4月中に開幕できることを一応、目指している」と話した。 ペナントの143試合制の維持は12球団の指針。 その中でNPBが複数の新開幕日程案を提示している。 3週間後の4月10日を軸に、約1カ月後の4月17日などが挙がっているとみられる。 4月10日は札幌、17日はマリンになる。 — とも tomoichi26 こちらを見ると、 3週間後の4月10日が可能性としては高く、次に高い確率で1ヶ月後の4月17日という案が上がっているそうですね。 確かに準備期間を考えれば妥当、ただしこの準備期間内にさらに国内で新型コロナウイルスが蔓延する可能性が十分にあることもまた事実かと思います。 どちらにせよ、 開催するために最善を尽くして行くというところは変わらないですよね〜。 開幕戦延期による影響は? 日程に関して上記の通り、検討され続け、決定されるとは思いますが、開幕戦が延期されたことによる影響としてはどういったことが現時点で考えられるのでしょうか? CS(クライマックスシリーズ)の中止の可能性 まずはこちらでしょう。 CSに関しては、開幕戦が延期になることで、 まず 公式戦143試合の消化を優先するため、開催の優先順位が低くなっているというわけです。 しかしながら、状況も状況になってしまっており、現状のコメントを見ると、全公式戦の消化を目標にするためには、 オリンピック期間中(8月)の公式戦の開催は止むを得ず、という方向性になりつつあるかと思います。 まとめ 2020年が早2ヶ月過ぎ、新型コロナウイルスという疾病とは切っても切れない年になってしまいそうです>< そんな中、今回は3月9日に発表されたプロ野球開幕戦の延期について特に記事にさせていただきました。 今回の記事をまとめますと、 ・3月9日に開かれた第2回「新型コロナウイルス対策連絡会議」によって、NPBは プロ野球の開幕戦の延期を発表。 ・延期分の開幕戦は 3週間後の4月10日が可能性としては高く、次に高い確率で1ヶ月後の4月17日という案が浮上中。 (確定などではない) ・開幕戦が延期になることで出る主な影響としては、 CS クライマックスシリーズ の中止、日本シリーズの12月へのズレ込み、東京五輪期間中の公式戦の開催の可能性。 となるかと思います。

次の

プロ野球、6月19日の開幕が決定 各球団の監督、選手の反応まとめ(Full

プロ 野球 開幕 戦い つ

Contents• プロ野球開幕戦の延期が決定 3月9日、Jリーグと共同で作られた「新型コロナウイルス対策連絡会議」第2回が開かれ、NPBは プロ野球の開幕戦の延期を発表致しました。 3・20のプロ野球開幕の延期決定 — 日刊スポーツ nikkansports センバツ高校野球の記事を先日書きましたが、プロ野球は早々と決定を下しました、、! 意外と早くて驚きでした。 開幕延期といえば9年前の 東日本大震災以来となります。 延期の理由は? 延期の理由は、もはや当然というべきでしょうか、選手、スタッフ、ファンをはじめとするプロ野球に関係する人々を守る 安全面(健康面)の理由が第一です。 また、もう一つは 経営上の理由で「感染対策のための準備が間に合わない(消毒液の確保など)」という理由だそうです。 実際に斉藤コミッショナーは、 「今回はそれ(オープン戦無観客)以上に大変苦しい判断であった。 選手はもとより、スタッフや家族を守り、何よりもファンの方々のご理解、同時にプロ野球の文化も守らなければならない。 そのための決断であることをご理解いただきたい」 このように発言しております。 まずは選手会理事長を務めるソフトバンクの松田選手から。 松田宣浩内野手は「延期になるならなるでしょうがない。 ただ、いつになるのかは早く決めてほしい。 もう2月のキャンプ中ではないし、選手は1日1日が大事になってくる」とコメント。 日本プロ野球選手会理事長を務める松田宣は選手の気持ちを代弁していた。 対応できないとプロではないと思う。 しっかりとプロフェッショナルという責任感と自覚を持って、そのことを言い訳にしないように、選手それぞれ準備しないといけない」 この京田のコメントで感動した。。。 「開幕が延期するのは残念ですが、NPBの決定に従うしかない。 無観客のオープン戦を戦い、改めてファンの声援、応援の力を感じた。 プロ野球は夢を与える仕事でもある。 現時点では以下のコメントがなされていますが、 いつ頃それが決定するのかは定かではありません。 現状のコメントとしては、以下のようになっております。 日刊スポーツより「4月中に開幕できることを一応、目指している」と話した。 ペナントの143試合制の維持は12球団の指針。 その中でNPBが複数の新開幕日程案を提示している。 3週間後の4月10日を軸に、約1カ月後の4月17日などが挙がっているとみられる。 4月10日は札幌、17日はマリンになる。 — とも tomoichi26 こちらを見ると、 3週間後の4月10日が可能性としては高く、次に高い確率で1ヶ月後の4月17日という案が上がっているそうですね。 確かに準備期間を考えれば妥当、ただしこの準備期間内にさらに国内で新型コロナウイルスが蔓延する可能性が十分にあることもまた事実かと思います。 どちらにせよ、 開催するために最善を尽くして行くというところは変わらないですよね〜。 開幕戦延期による影響は? 日程に関して上記の通り、検討され続け、決定されるとは思いますが、開幕戦が延期されたことによる影響としてはどういったことが現時点で考えられるのでしょうか? CS(クライマックスシリーズ)の中止の可能性 まずはこちらでしょう。 CSに関しては、開幕戦が延期になることで、 まず 公式戦143試合の消化を優先するため、開催の優先順位が低くなっているというわけです。 しかしながら、状況も状況になってしまっており、現状のコメントを見ると、全公式戦の消化を目標にするためには、 オリンピック期間中(8月)の公式戦の開催は止むを得ず、という方向性になりつつあるかと思います。 まとめ 2020年が早2ヶ月過ぎ、新型コロナウイルスという疾病とは切っても切れない年になってしまいそうです>< そんな中、今回は3月9日に発表されたプロ野球開幕戦の延期について特に記事にさせていただきました。 今回の記事をまとめますと、 ・3月9日に開かれた第2回「新型コロナウイルス対策連絡会議」によって、NPBは プロ野球の開幕戦の延期を発表。 ・延期分の開幕戦は 3週間後の4月10日が可能性としては高く、次に高い確率で1ヶ月後の4月17日という案が浮上中。 (確定などではない) ・開幕戦が延期になることで出る主な影響としては、 CS クライマックスシリーズ の中止、日本シリーズの12月へのズレ込み、東京五輪期間中の公式戦の開催の可能性。 となるかと思います。

次の

【野球】プロ野球6.19開幕で大丈夫か?3人の感染症専門医に聞いた|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

プロ 野球 開幕 戦い つ

日本野球機構(NPB)は25日、発出されていた緊急事態宣言の全面解除を受けて、2020年シーズンの開幕を6月19日とすると発表した。 この日、オンラインによる臨時の12球団代表者会議を開催して、新型コロナウイルスの感染拡大により延期となっていた開幕の日程を決めた。 当面の間は無観客開催となる。 6月19日のシーズン開幕の決定を受けて、各球団は監督や選手のコメントを発表した。 ロッテ:井口資仁監督 「開幕日が決まったということで、ようやく自分も選手たちも目標に向かって、進んでいけると思います。 開幕日が決まらない状況で選手たちは難しい調整の日々が続いていました。 その中でシーズンを戦える体を作り、感染症予防を徹底しながらプロとしての体調管理をしっかりと行ってくれたことを誇りに思いますし感謝をしています。 イレギュラーなシーズンで試合数も減りますが、その中で今年のチームスローガン『突ッパ』をもう一度、思い出して戦い抜く、勝ち抜く。 そんな一年にします。 今まで経験したことがない戦いの中で思いがけない事もあるかと思いますが、どんな逆境にも負けず、勝利を目指して戦い抜く姿を見せることでファンの皆様に喜んでもらいたい。 そう考えています。 スタートから突っ走っていきます」 DeNA:アレックス・ラミレス監督 「ついに開幕の日程が決まり、大変うれしく思います。 我々も、この決定をとても楽しみにしていましたし、何よりファンの皆さんも楽しみにしていたと思います。 シーズンがもうすぐ開幕することを考えると、とても興奮しています。 チームは開幕に向けて更に準備を進めて参ります。 日々、しっかりと最善の準備を行い、開幕戦に照準を合わせたいと思います。 開幕は、もうすぐそこまで来ています。 我々の今年の目標は、セ・リーグ優勝、そして日本一です。 毎日、グラウンドに足を踏み入れれば、我々はベストを尽くします。 ファンの皆さんも準備をして下さい。 これから開幕する2020年シーズン、我々にとって素晴らしいシーズンにしましょう!」 西武:辻発彦監督 明確な目標が定められたので、我々はそこにむけて調整していくだけです。 ファンの方々も開幕を本当に待ちわびていらっしゃったかと思いますので、とてもお待たせしてしまいましたが、楽しみにしていただきたいです。 我々もしっかり開幕に向けて練習していきます。 どんな形であれファンの皆さんに野球をお見せできることを楽しみにしています。 オリックス:西村徳文監督 「最初は無観客試合ということですが、日程が決まるということは、我々にとってはもちろんですが、ファンのみなさんにとっても、とてもいいことだと思います。 しかし完全に終息したわけではないので、油断せずに気を引き締めて、そこへ向けて準備していかなければいけないと思います」.

次の